1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 20:00:55.00 ID:gGrEyQ4UO
拷問


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 20:01:49.49 ID:DDpGf3+T0
なんとかの梨って拷問具がイカしてる

苦悩の梨
苦悩の梨




4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 20:03:02.66 ID:qcjfmYKr0
ファラリスの雄牛のマジキチっぷり
ファラリス
ファラリスの雄牛
ファラリスの命令によれば、雄牛は煙が馥郁たる芳香の雲となって立ち上るように設計されねばならなかった。
雄牛の頭部は複雑な筒と栓からなっており、囚徒の叫び声が猛る雄牛のうなり声のような音へと変調される。
雄牛の扉が再び開けられたなら、死体の焦げついた骨が宝石のように照りつく。
実際にそれらはブレスレットとして仕立てられたともいわれている。


ペリロスは僭主にこう言った。
叫び声は「パイプを通じて、いとおしく、ごく情感にあふれ、きわめて音楽的なうなり声となって届くだろう」と。
その言葉に嫌気がさしたファラリスは、その管楽器の音響設備をペリロス自身で試せと命令した。
ペリロスが雄牛にいれられると、すぐに鍵がかけられた。

火が焚かれ、ファラリスは中の人間の叫びを聞くことができた。
ペリロスが死ぬ前に、ファラリスはドアをあけ、中から引っ張り出した。
ペリロスは発明の功績として死罪を免れたと思ったが、
雄牛から解放された彼は、僭主に崖から突き落とされた。
ファラリス自身は、テロンの先祖テレマコスに僭主の地位を奪われたとき、
真鍮の雄牛に入れられて殺されたと伝えられている



19:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 20:09:25.45 ID:swm+1kMx0
歯車の拷問って本当に可能だったのかな
資料とか読んでる限りどうもうさんくさく感じてならない



27:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 20:15:51.91 ID:g/E726B+0
凌遅処死は中国四千年の歴史が生み出した狂気
凌遅刑
清の時代まで中国で行われた処刑の方法のひとつ。
生身の人間の肉を少しずつ切り落とし、長時間苦痛を与えたうえで死に至らす刑。
歴代中国王朝が科した刑罰の中でも最も重い刑とされ、反乱の首謀者などに科された。
また「水滸伝」にも凌遅刑の記述が記載されている。
また、この刑に処された人間の人肉が漢方薬として売られることになっていたとされている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/凌遅刑



30:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 20:18:59.94 ID:pO93XE5N0
手とかを液体窒素か何かで凍らせて金槌でパリーンも聞いたことあるな



31:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 20:19:42.92 ID:LXTW0yy50
ナチスドイツの実験で、双子のうちの片方の心臓を機能停止させて、同時に
健常なもう片方と血管をつなぐ実験があったな



32:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 20:20:23.55 ID:N3jGr3D20
731部隊かな
731部隊
生物兵器の開発などの目的のため、本人の同意に基づかない不当な人体実験も行われていたとする見解がある。森村誠一『悪魔の飽食』などの本で、731部隊は捕らえた多くの朝鮮人、中国人、モンゴル人、アメリカ人、ロシア人や捕虜等をマルタ(丸太)と呼称し、生体実験に供したと言われている(ただし、『悪魔の飽食』は、映画の画像を資料として載せていたなど信憑性に批判がでて、内容を改版している)。終戦後にソ連・中国が行った調査では、犠牲者数は3,000人以上とされていた。これはハバロフスク戦犯法廷での川島清軍医少将(731部隊第4部長)の証言に基づく数値である。但し、ハバロフスクの裁判自体は戦争指導者の石井四郎中将が無罪放免となっているため証言としては疑問である。犠牲者の人数についてはもっと少ないとする者もあり、解剖班に関わったとする胡桃沢正邦技手は多くても700-800人とし、別に年に100人程度で総数1000人未満という推定もある。終戦時には、生存していた40-50人の「マルタ」が証拠隠滅のために殺害されたという。


こうした非人道的な人体実験が行われていたとする主たる根拠は、元部隊員などの関係者の証言である。証拠が資料として存在しないため信ぴょう性はかなり低い。2007年に元731部隊員で中帰連の篠塚良雄(en:Yoshio Shinozuka)は、当時自身が「防疫給水部」というところに配属され、細菌を生きている人へ移すという人体実験を行ったことをアメリカ、イギリス、中国などの歴史番組のインタビューで答えた。篠塚は、当時若かった自分の罪を悔やんでいるとして、2007年には中国のハルピンへ行き、遺族や被害者に謝罪をしている。ただし、撫順戦犯管理所での「教育」によって「大日本帝国による侵略行為と自己の罪悪行為」を全面的に否定するに至った中国帰還者連絡会関係者などの証言については、その信憑性を疑問視する見方もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/731部隊



40:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 20:38:43.38 ID:ONaPLdy40
スタンフォード監獄実験
スタンフォード監獄実験
1971年8月14日から1971年8月20日まで、アメリカ・スタンフォード大学心理学部で、
心理学者フィリップ・ジンバルドー (Philip Zimbardo) の指導の下に、刑務所を舞台にして、
普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、
その役割に合わせて行動してしまう事を証明しようとした実験が行われた。
模型の刑務所(実験監獄)はスタンフォード大学地下実験室を改造したもので、
実験期間は2週間の予定だった。


新聞広告などで集めた普通の大学生などの70人から選ばれた被験者21人の内、
11人を看守役に、10人を受刑者役にグループ分けし、
それぞれの役割を実際の刑務所に近い設備を作って演じさせた。
その結果、時間が経つに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、
受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになるという事が証明された。


実験者
ジンバルドーは囚人達には屈辱感を与え、囚人役をよりリアルに演じてもらう為、
パトカーを用いて逮捕し、囚人役を指紋採取し、看守達の前で脱衣させ、シラミ駆除剤を彼らに散布した。
背中と胸に黒色でそれぞれのID番号が記された白色の女性用の上っ張り (smock)、
もしくはワンピースを下着なしで着用させ、頭には女性用のナイロンストッキングから作ったキャップ帽を被せた。
そして歩行時に不快感を与えるため彼らの片足には常時南京錠が付いた金属製の鎖が巻かれた。
更にトイレへ行くときは目隠しをさせ、看守役には表情が読まれないようサングラスを着用させたりした。
囚人を午前2時に起床させる事もあった。
但し、これらの服装や待遇等は、現在ほとんどの国の本物の刑務所では見受けられず、
実際の囚人待遇より非人道的であり、囚人待遇の再現性は必ずしも高くはなかった。

実験の経過
次第に、看守役は誰かに指示されるわけでもなく、自ら囚人役に罰則を与え始める。
反抗した囚人の主犯格は、独房へ見立てた倉庫へ監禁し、
その囚人役のグループにはバケツへ排便するように強制され、耐えかねた囚人役の一人は
実験の中止を求めるが、ジンバルドーはリアリティを追求し「仮釈放の審査」を囚人役に受けさせ、
そのまま実験は継続された。

精神を錯乱させた囚人役が、1人実験から離脱。
さらに、精神的に追い詰められたもう一人の囚人役を、看守役は独房に見立てた倉庫へうつし、
他の囚人役にその囚人に対しての非難を強制し、まもなく離脱。

離脱した囚人役が、仲間を連れて襲撃するという情報が入り、
一度地下1階の実験室から5階へ移動されるが、実験中の囚人役のただの願望だったと判明。
又実験中に常時着用していた女性用の衣服のせいかは不明だが、
実験の日数が経過するにつれ日常行動が徐々に女性らしい行動へ変化した囚人も数人いたという。

実験の中止
ジンバルドーは、実際の監獄でカウンセリングをしている牧師に、監獄実験の囚人役を診てもらい、
監獄実験と実際の監獄を比較させた。牧師は、監獄へいれられた囚人の初期症状と全く同じで、
実験にしては出来すぎていると非難。

看守役は、囚人役にさらに屈辱感を与えるため、素手でトイレ掃除
(実際にはトイレットペーパの切れ端だけ)や靴磨きをさせ、ついには禁止されていた暴力が開始された。

ジンバルドーは、それを止めるどころか実験のリアリティに飲まれ実験を続行するが、
牧師がこの危険な状況を家族へ連絡、家族達は弁護士を連れて中止を訴え協議の末、6日間で中止された。
しかし看守役は「話が違う」と続行を希望したという。

後のジンバルドーの会見で、自分自身がその状況に飲まれてしまい、
危険な状態であると認識できなかったと説明した。
ジンバルドーは、実験終了から約10年間、それぞれの被験者をカウンセリングし続け、
今は後遺症が残っている者はいない。

実験の結果
権力への服従
    強い権力を与えられた人間と力を持たない人間が、狭い空間で常に一緒にいると、
 次第に理性の歯止めが利かなくなり、暴走してしまう。

非個人化
    しかも、元々の性格とは関係なく、役割を与えられただけでそのような状態に陥ってしまう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/スタンフォード監獄実験



49:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/22(月) 21:06:21.58 ID:swm+1kMx0
スタンフォードは再現映画も出来が良くてマジ怖い



転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1314010855

人体実験にまつわる怖い話
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:29:37.08 ID:j/VcNwxf0
二つある臓器の片方を切除して、
どれくらい生きていられるかって実験を日本軍がしてたとかしてないとか



12:
忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/11/11(金) 03:37:36.63 ID:Ay2OzoGn0
世界大戦中のドイツでの話

被験者には毎日鏡の前で「お前は誰だ?」と写ってる自分に言わせる
数週間もすると自我が崩壊して自分が誰だか分からなくなりまともに会話
することもできなかったらしい
鏡
ゲシュタルト崩壊
家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい

鏡に映った自分を見ながら 『 お前は誰だ 』 と言ってみてください
いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノでは無いんです
鏡に映った自分の眼を見ながら 『 お前は誰だ 』 と言ってみてください

何か不安感というか、奇妙な感覚に囚われるかと思います



大戦中 ナチスがユダヤ人に行なった実験に

人格をコントロールするという名目で
一日数回 被験者を鏡の前に立たせて、鏡の向こうの自分に話し掛けさせ
(例えば『お前は誰だ』とか言わせ)精神の変化を観察記録していったそうな。
実験開始後
10日間経過したころには異変がみられ始めた。
判断力が鈍り
物事が正確に把握できなくなり、
そして3ヶ月経った頃にはすっかり自我崩壊し
「自分が誰だか分からなく」なって 狂ってしまった。


..というのを以前軍板で見たんですが


当事、好奇心旺盛だった友人(以下 )と僕は

「ウソくせー 試しにやってみようぜ」という事になった


468 ゲシュタルト崩壊2/4 sage 2006/05/16(火) 16:32:01 ID:k4IXe2x40
その日、自宅の姿見の自分に向かって「お前は~  とやってみた
夜中、閉めきった部屋だったので不気味極まりないのですが
テンション上がってたので怖くは無かったです
しかしすぐに 気分が悪くなり 吐き気を催し
(僕の顔がキモかったからでは無いです)
やっぱヤバいなと思って私はやめた。

次の日

友人Aに 怖くてちょっとしか出来なかった旨を言うと
「うわ、ダッセー あんなもん怖くもなんもねぇよ」と子馬鹿にされました。
そして二人の間でこの話題はここで終わったのです。

しばらく経って鏡の話など忘れてしまった頃、

Aがしばしば学校を休むようになった。
登校している時に 何かあったのかと聞いてみたが
「ん.. 何でもない」と、どこか上の空のような感じでした

それから数日後

夜中 急にAから電話がかかってきた。そして受話するや否やいきなりAが

『俺って オレだよな? 俺って、相田XXX(Aの本名) だよな?』 と変な事を聞いてきた

『な?な?』って 今にも泣きそうな声で聞いてきた

僕が「何おかしな事言ってんだよ、お前は相田XXXだろ」と答えてやると

『そっか...そう だよな。』と
Aは少し落ち着いた様子でこう続けた
『実はさ、あの後も 何度か鏡に向かってやってたんだ。
 いや、別にナルシストなわけじゃないんだけども鏡の自分に話し掛けてると
 不思議と気分が良かったんだ』
『何かどんどん自分が自分じゃ無くなっていく感覚が気持ちいいんだ』


469 ゲシュタルト崩壊3/4 sage 2006/05/16(火) 16:34:12 ID:k4IXe2x40

おいおいヤバいだろそれは...

私はすぐに止めるようにAに言ったのですが、
『いいんだ、 いや、大丈夫だから、これでいいんだ だいじょうぶ、
 いや コレで良いんだ』と
壊れたオーディオみたいに繰り返し、私が「おい!」と言った瞬間電話を切ってしまった。

心配になってもう一度電話をかけてみたがなかなか出ない。

12回コールしたところでやっと出たAは一言こう言った。

  『 お前.. 誰だ? 』


すぐに断線し それから二度と電話は繋がらなかった。

そしてAは全く学校に姿を見せなくなった

後日

全く連絡のつかないのを不安に思ったAの親がAの下宿先に行ったんだが
Aの奴 すっかり頭が狂ってて、親の顔も認識できなくなってて
唖然とする両親を尻目に
ヘラヘラ笑いながら洗面所の鏡に向かって
ずっと話し掛けてたそうな

勿論、鏡に映った自分とである。


その後Aは実家に連れ戻され地方の病院に入院したので

詳しいことは分かりませんが
人づてに聞いた話によると 今では精神状態も大分良くなったそうな
ただ、Aの病室には自分が映る鏡や鏡面の金属製の物は一切置いてないのだと


470 ゲシュタルト崩壊4/4 sage 2006/05/16(火) 16:35:21 ID:k4IXe2x40

私もまさか、短時間であんなにおかしくなるのとは思わなかったんですが

件の鏡の実験には続きがあって

ある被験者を普通の鏡だけでなく合わせ鏡で行なったところ、
通常の倍の速度で精神に変調が見られたそうだ。

そう、Aの洗面所の鏡は三面鏡だったんです


家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい

鏡に映った自分の眼を見ながら 『 お前は誰だ 』 と言ってみてください
何か不安感というか、奇妙な感覚に囚われるかと思います。
暗示にかかりやすい人は お手軽かつ、簡単に狂うことができるので
絶対に継続してやらないで下さいね。

最近顔を洗って鏡を見たら知らない女が映ってて驚いたが、

よく見たら自分の顔だったって事が良くあるんです。

 私って私ですよね?

http://ja.wikipedia.org/wiki/ゲシュタルト崩壊



22:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:43:50.01 ID:f+pKcbzp0
>>12
え、そんなことってあるのか・・・
ちょっと試してみるか



13:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:38:01.24 ID:FCB9SfL50
海と毒薬
海と毒薬 (映画)
熊井啓の自伝「映画と毒薬」(1987年 キネマ旬報社)によると、
捕虜の人体実験の場面(鼓動する心臓を鷲掴みにするショッキングなシーン)は、
保健所に保護された犬を開胸し撮影したという記述があり、多くの動物愛護団体から苦情が寄せられた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/海と毒薬 (映画)



16:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:39:11.12 ID:t0WzAaAk0
>>13
懐かしい
久しぶりに読んでみるかな



23:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:44:02.32 ID:fgZz1fIM0
被験者を全く動けないようにした後、
「これから熱したアイロンを腕に当てます」
と言ってから熱していないアイロンを
腕につけると腕に火傷の跡ができたみたいなやつ
何か記憶が曖昧だから知ってる人書き込みよろしく



25:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:44:38.40 ID:XVujkfht0
>>23
あと目隠しじゃね?



30:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:49:45.08 ID:mQYXvrxkO
被験者(囚人や捕虜)に目隠しする

足の指をナイフで傷つけ、「この出血量なら○分後に死ぬ」と教える。
足元に置かれた容器からは血が落ちる音が

定期的に「あと○分」と教えてやる

徐々に被験者の呼吸&脈拍が乱れ、カウントダウンが終わるとほとんどの被験者が死んだ


しかし実際は血など出ておらず、足の指に痛みを与えただけ
容器には一定感覚で水を垂らし、本当に出家血していたように思いこませていた



32:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:51:48.74 ID:mQYXvrxkO
>>31
こういうのもプラシーボ効果って呼ぶのかな?



37:
忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/11/11(金) 03:54:18.83 ID:Ay2OzoGn0
>>32
普通は患者に使うらしいけどな
逆もまた然りなんだろうか



54:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 04:26:07.62 ID:mQYXvrxkO
>>37
調べてみたらノーシーボ効果って呼称らしい
実験自体は「ブアメードの血」って呼ばれてる
1880頃にオランダで行われたみたいだけど、
出典が無くて本当に実験されたかどうかは不明なんだそうだ



36:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:53:57.59 ID:7A4Fbh/10
>>30
思い込みで死ぬのかー

夢の中で死んだと思い込んだら、一生目覚めなくて済むのかな



35:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 03:52:11.62 ID:t0WzAaAk0
被験者A、Bを回答者と出題者に分けて、
出題者が出した問題に回答者が間違った答えを言うと
罰ゲーム的に電流を流すボタンを出題者が押していく
電流は徐々に強くなっていき最後のほうは命の危険があるレベル
それを知っていながら出題者は電流のボタンを押す。

回答者の悲鳴も聞こえてる(部屋は違うから姿は見えないし、
実際はこの悲鳴はダミーだったはず)のに、多少は躊躇するけど押す
監獄実験と同じように、人間誰しもある立場より優位な立場に立った時、
残虐行為をいとわない高圧的な人間になる実験だったかな



44:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 04:00:54.73 ID:mQYXvrxkO
>>35
フランスかどこかで実際に放送したんじゃなかったっけ?
回答者だけにはクイズ番組だって教えておいて

電流流すのを躊躇する回答者もいるんだけど、
オーディエンスからはやし立てられるとそれに乗ってしまうんだよな
ミルグラム実験
閉鎖的な環境下における、権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したものである。
俗称としてアイヒマン実験(アイヒマンテスト)とも呼ばれ、
またこの実験の結果示された現象をミルグラム効果とも呼ぶ。

472px-Milgram_Experiment_v2
実験の略図。被験者である「教師」Tは、解答を間違える度に別室の「生徒」Lに与える
電気ショックを次第に強くしていくよう、実験者Eから指示される。
だが「生徒」Lは実験者Eとグルであり、電気ショックで苦しむさまを演じているにすぎない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミルグラム実験



50:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/11(金) 04:09:42.42 ID:xhJR15110
人体実験なのかどうかわからんけど、中国の軍隊が朝鮮兵を統率するために
絶対に不可能な命令を与えて、達成できなかったことを四六時中責めるってのがあって
それを繰り返し繰り返しやられると心の底から家畜のようになって
兵士としては扱いやすいらしい



転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1320949699

もしも人体実験が許されることになった場合
どういう実験をしてほしい

4:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 10:43:48.55 ID:0
どうにかして鳥との子供を産んで欲しい



5:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 10:45:26.55 ID:0
キリンの首が伸びた原理を人間でも活用できるはず



8:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 10:50:02.34 ID:0
まだ言葉を覚えてない子供数十人を何年も監禁し続けたら
勝手に新種の言語とか使いはじめたりするんだろうか



14:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:01:24.17 ID:0
>>8
狼少女
アマラとカマラは現在の西ベンガル州ミドナプール(Midnapore)付近で発見され、
孤児院を運営するキリスト教伝道師ジョセフ・シング(Joseph Amrito Lal Singh)によって保護、養育された。

2人に関する詳細はシング1人により宣伝、報道され、彼は幼少時に親に捨てられた
アマラとカマラがオオカミに育てられたものと主張し、文明から切り離されて育てられた
野生児の事例として有名な逸話となったが、その信憑性について多く議論がなされた。

ヒトがオオカミに育てられるのは生態上困難であることなどから、現在は研究者により
彼女たちは野性児ではなく自閉症もしくは精神障害の孤児だったと考えられている。
また、シングの話にはかなり創作が含まれていると推測されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/アマラとカマラ
amarakamara



19:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:05:47.69 ID:0
>>8
カスパー・ハウザーでググレ
Kaspar_hauser
カスパー・ハウザー
ドイツの今もって素性の不明な孤児。
16歳頃に保護されるまで長期に渡り牢獄に閉じ込められていたため、
その性質上しばしば野生児に分類される。
発見後に教育を施されて言葉を話せるようになり自己の生い立ちを語り出すようになったが、
その全貌が明らかになる前に殺され、判明している事実は断片的で、謎が多い。
特異なまでの鋭敏な五感を持っていた事で有名。
文献も多く、暗殺現場となったアンスバッハでは現在祭礼が二年毎に行われている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/カスパー・ハウザー



36:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:32:49.68 ID:0
>>8
ヘロドトス〈歴史〉に、その実験を古代の王がやった話が出てくる
――プサンメティコスはいろいろ詮索してみたが、
人類最古の民族を知る手段を発見できず、とうとう次のような方法を案出した。

生れ立ての赤子を全く手当り次第に二人選び出し、
それを一人の羊飼にわたして羊の群と一緒に育てるように言いつけ、
その際子供の前では一言も言葉を話してはならぬ、
子供はほかに人のいない小屋に二人だけでねかしておき、
然るべき時々に山羊を連れていって十分に乳を飲ませ、
そのほかの世話もするようにと厳命しておいたのである。

プサンメティコスがこんな手筈を整え、こんな命令を出したのも、
赤子が意味のない喃語を語る時期を脱したとき、
最初にどんな言葉を発するかを知りたいと思ったからにほかならなかった。

この計画は王の思いどおりにいって、羊飼は言いつけられたとおりを行なって
二年たったある日のこと、小屋の戸を開けて中へ入ると、
二人の子供は手を延べて彼のところへ駈けより「ベコス」といった。
はじめ羊飼はそれをきいても、そのことを誰にも語らなかった。

しかし赤子の小屋へゆき世話をするごとにこの言葉を聞くのが度重なって、
羊飼はとうとうそれを王に報告し、王の命令によって赤子を王の前に連れていった。
王も自分の耳でその言葉を聞くと、
「ベコス」という言葉を使うのは何国人であるかを調べさせた。

そして詮索の結果、プリュギア人がパンのことをベコスということが判ったのである。
エジプト人もその実験の結果から判断して、とうとう今までの主張を譲歩して、
自分たちよりもプリュギア人の方が古い民族であることを認めるようになったのである――

フリードリヒ2世の実験
様々な言語が飛び交うパレルモで育ったフリードリヒ2世は、
人は自然には何語を話すのか疑問に思い、生まれたばかりの赤子を集めて
一切話しかけずに育てたところ、いずれも死んでしまったという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)



44:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:43:19.35 ID:0
>>8
ニカラグワ手話は、かなりそれに近い条件で自然発生した言語
ニカラグア手話は、ニカラグア・マナグアの聴覚障害を持つ児童たちによって生み出された。
手話は年月と共に年少者へ受け継がれ、進化・複雑化していっており、
80年代前半までの初期のものをLSN、80年代後半のものをISN、と呼称する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ニカラグア手話



9:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 10:53:08.59 ID:0
記憶の映像化



12:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 10:58:29.99 ID:0
爆音を与え続けて育てた人間を急に静かな場所に連れてったら逆に発狂するのかな?



13:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:00:58.47 ID:0
洞窟の中にある湖で育った魚って目がないやつ多いんだよな
何世代もかけて人間もそういう環境でやったら退化すると思う?



16:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:03:46.64 ID:0
知能指数が高い連中だけで交配を繰り返してスーパー天才を生み出す



28:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:13:43.94 ID:0
>>16
ナチスでやったじゃん



18:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:05:34.78 ID:O
脳をいじってアルジャーノンみたいなのを作る方が早いだろ
人体実験できるならいずれ成功するだろうし
分離脳
脳にある2つの大脳半球を接続している脳梁が、ある程度切断された状態を示す一般用語である。
この状態を生み出す外科手術のことを脳梁離断術 (corpus callosotomy) と呼ぶ。
この手術が行われることはまれではあるが、大抵の場合は難治性のてんかんの治療として、
てんかん発作の猛威を減らすことにより、物理的な損傷を防ぐために行われる。

分離脳となった患者は、その患者の左視野 (つまり両目の視野の左半分) に画像を呈示された際、
それが何の画像なのかを答えることが出来ない。

この理由は、多くの人々において言語優位性半球は左半球なのだが、
左視野にある画像は脳の右半球にのみ伝えられるためと考えられる。

2つの大脳半球の連絡が切断されているため、
患者は右半球が見ているものを答えることが出来なかったのだ。
しかし、患者は左視野にある物体を左手で掴んだり、認知したりすることが出来る。
これは左手が右大脳半球によりコントロールされているためである。

初期の分離脳の研究はロジャー・スペリーによって行われ、
マイケル・ガッツァニーガ (Michael Gazzaniga) によって続けられた。
この研究成果により、脳機能局在論の重要な理論が生まれることとなった。

SplitBrainExperiments
分離脳となった患者を用いた実験の例。左視野に提示された視覚刺激は脳の右半球へと伝えられるため、
その視覚刺激の名前を言語によって答えることは出来ないが、同じものを左手でつかむことは出来る。
http://ja.wikipedia.org/wiki/分離脳

ロボトミー
1935年、ジョン・フルトン(John Fulton)とカーライル・ヤコブセン(Carlyle Jacobsen)が
チンパンジーにおいて前頭葉切断を行ったところ、性格が穏やかになったと報告したのを受け、
同年、ポルトガルの神経科医エガス・モニスがリスボンのサンタマルタ病院で外科医の
ペドロ・アルメイダ・リマ(Pedro Almeida Lima)と組んで、初めてヒトにおいて
前頭葉切裁術(前頭葉を脳のその他の部分から切り離す手術)を行った。

その後、1936年9月14日ワシントンDCのジョージ・ワシントン大学でも、
ウォルター・フリーマン (Walter Jackson Freeman II) 博士の手によって、
米国で初めてのロボトミー手術が激越性うつ病患者(63歳の女性)におこなわれた。

当時に於いて治療が不可能と思われた精神的疾病が外科的手術である程度は抑制できるという
結果は注目に値するものであって世界各地で追試され、成功例も含まれたものの、
特にうつ病の患者の6%は手術から生還することはなかった。
また生還したとしても、しばしばてんかん発作、人格変化、無気力、抑制の欠如、
衝動性などの重大かつ不可逆的な副作用が起こっていた。


しかし、フリーマンとジェームズ・ワッツ (James W. Watts) により術式が「発展」されたこともあり、
難治性の精神疾患患者に対して熱心に施術された。
1949年にはモニスにノーベル生理学・医学賞が与えられた。
しかし、その後、抗精神病薬の発明と飛躍的な発展がされたことと、
ロボトミーの副作用の大きさと相まって規模は縮小し、
脳神経学では禁忌とまでにされて追い込まれる事になる。
また、モニス自身もロボトミー手術を行った患者に銃撃され重傷を負い、
諸々の施術が(当時としては)人体実験に近かった事も含め、槍玉に挙げられ廃れる事になる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/精神外科
http://ja.wikipedia.org/wiki/ロボトミー殺人事件




29:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:15:13.91 ID:O
盲目のイケメンが不細工女の世話になってたけど
手術で視力が回復した途端不細工女を捨てたって話があったな



51:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:48:04.25 ID:0
>>29
先天的盲目の人が手術で見えるようになったあとしばらくして
「世界はもっと美しいものにあふれていると思っていた」といい残して自殺した
という話を昔アインシュタインというTV番組で見たわ



31:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:24:53.72 ID:0
高温・低音・無眠……等々の条件下における人体の耐久性についての
今でも使われている医学的データは、
ナチスドイツでユダヤ人をサンプルとした実験の結果



32:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:26:09.76 ID:0
レーシックだってナチ由来だぞ



53:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:50:30.51 ID:0
目が見えない人でも、夢を見るのか?



45: 名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:43:52.84 ID:0
お前らからパソコンと携帯を取り上げたらどうなるのか



46:
名無し募集中。。。:2010/04/26(月) 11:44:21.59 ID:0
死ぬ


転載元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1272246103