1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:34:34.42 ID:DelRdVeF0
ムービングストーンやウェンディゴの悪魔、教会に作られた構造不明の宙吊り螺旋階段、
ハンマーの化石や二重スリット実験などなど・・・・

現代の科学では未だ解明されない世界の不思議を教えて下さい
ハンマー
ハンマーの化石
アメリカテキサス州で発見された、ハンマーの化石と言われる物。
テキサス州en:Creation Evidence Museum 所蔵。

数億年前のものといわれているが、書籍によって1億4000万年前から4億年前まで記述の幅が広い。
オハイオ州のベイテル記念研究所の分析によると、ハンマー鋳鉄部のX線断層検査の結果は鉄96.6%、
塩素2.6%、硫黄0.74%、珪素0.06%で、現代科学では塩素を含んだ合金が作成不可能なため
オーパーツとされているが、非破壊のX線断層撮影で内部構造の元素分析を行うことは
最新の理化学機器を以っても不可能である上、表面元素分析では付着した塩化物(人体由来等)などの影響も考えられ、分析精度自体が疑わしい。






4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:36:59.69 ID:sdf2oMfN0
ヴォイニッチ手稿とか?
77_1

77_4
77_5
77_6
77_7
77_8
ヴォイニッチ手稿
手稿には、記号システムが確認されている特殊な人工文字によって何かの詳細な説明らしい
文章が多数並んでおり、ページの上部や左右にはかなり詳細で緻密な、植物や花の彩色画が描かれている。
植物の絵が多いが、それ以外にも、銀河や星雲に見える絵や、精子のように見える絵、
複雑な給水配管のような絵、プールや浴槽に浸かった女性の絵などの不可解な挿し絵が多数描かれている。

暗号が解読できないので、豊富で意味ありげな挿し絵の分析から内容を推測する試みもなされたが、成功していない。描かれている植物の絵などは、実在する植物の精緻なスケッチのようにも見えるが、
詳細に調べても、描かれているような植物は実在せず、何のためにこのような詳細な架空
(と考えられる)植物の挿し絵が入っているのかも理解できない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/


6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:37:14.16 ID:xHSJvaDEO
ウェンディゴくわしく

ウィンディゴ
主な症状は、最初は気分の落ち込みと食欲の低下が見られる。
その後、ウィンディゴにとり憑かれたという思いが頭を占めるようになり、
「このままではウィンディゴに変化してしまう」という強い恐怖と不安感と共に、
次第に周りの人が食べ物に見える様になり、猛烈に人肉が食べたくなる。
病が進行すると、通常の食物を一切拒絶するようになり、
会話や身だしなみなど生活に不可欠な能力を喪失する。

最悪の場合は、部族から処刑される、
若しくは、ウィンディゴに完全になる前に自殺してしまう事もある。
身体的自覚症状は、体が内側から凍えるような感覚と、めまぐるしい気分の変化がある。

主な原因は、冬季の食料の乏しい時にはビタミンが不足しがちで、
精神状態に変調が生じやすくなる等、栄養面での影響が考えられている。
主な治療法としては、熊などの脂肪を飲む事が挙げられ、コップ一杯の脂肪で治る。
動物脂肪には、ビタミンが多く含まれており、ビタミン不足を補足できるためと考えられる

http://ja.wikipedia.org/wiki/


23:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:45:52.36 ID:DelRdVeF0
>>6
詳しくは「ウェンディゴ憑き」でggr
カニバリズムや食人の研究には避けて通れない謎の精神疾患


8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:38:11.25 ID:YnWjeW460
教会に作られた構造不明の宙吊り螺旋階段

kwsk!!
ロレット・チャペル奇跡の螺旋階段
奇跡の螺旋階段


32:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:50:18.21 ID:DelRdVeF0
>>8
聖ヨゼフの階段

支柱がない宙吊りになった木製の螺旋階段で物理学的に
なぜ壊れないのか未だに解明されていない世界の不思議の一つ
その階段を作ったとされる集団といきさつもかなり奇妙

奇跡の階段で歌う聖歌隊

聖歌隊


21:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:44:56.23 ID:tIFZma9J0
天狗の詫び証文も気になる
天狗
http://ameblo.jp/izu-a-r-r/entry-10908706723.html


25:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:46:12.64 ID:DER5ETVK0
錆びない鉄柱
さびない
サンス
デリーの鉄柱
99.72%という高純度鉄で作られており、表面にはサンスクリット語の碑文が刻まれている。
直径は約44cm、高さは約7m、地下に埋もれている部分は約2m、重さは約10トン。
現在はデリー南部郊外メヘラウリー村のイスラム教礼拝所やその他の種類の歴史的建造物が集まった
クトゥブ・コンプレックス(Qutb Complex)内にあり、インド有数の観光スポットになっている。
紀元415年に建てられたといわれる。地上部分は1500年以上のあいだ錆が内部に進行していないが、地下部分では腐食が始まっている模様。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%


27:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:46:27.24 ID:dmaEei0sO
ウェンディゴはビタミン不足と精神疾患と文化依存症の合わせ一本
ヴォイニッチ手稿は南アメリカをちょっと歪めて描いたら南極っぽくなっただけ
水晶ドクロは割と最近のヨーロッパ製
一万円札はただの紙


40:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:53:29.40 ID:DnZnWwfBP
>>27
それヴォイニッチ手稿じゃないぞ。ピリ・レイスの地図だろ。

ピリ・レイスの地図
piriorigimg



53:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:57:31.78 ID:dmaEei0sO
>>40
本当だやだ恥ずかしい


43:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:54:02.65 ID:DelRdVeF0
>>27
ウェンディゴは栄養状態が良好でも発症する事が分かっている
文化依存を理由に加えたとしても移入者まで発症する理由は今だに解明されていない


30:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:49:37.49 ID:7ylpBFmjO
サンジェルマン伯爵
3000年以上も生き続ける謎の人物、近年でも目撃されてる


67:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:03:39.10 ID:Etwx1AWWO
>>30
StGermain
サンジェルマン伯爵
記録としては最初に中世ヨーロッパに現れ、20ヶ国の言語を操り歴史も経験した為に詳しい。
現代でも発明出来てないダイヤモンドの傷を消す方法や、歳を取らない事でも知られている。

ヒマラヤの洞窟で300年間修行したり、彼の助手達も数千年を生きれるとされ、小麦と水と霊薬のみを食す。
第二次世界対戦中には中国に現れ、数日後にチベットで目撃される


31:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:50:14.18 ID:C8eCLFBJ0
インドの飲まず食わずで生きてるという老人
70



33:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:50:59.91 ID:bzvwDNBM0
倭
邪馬台国
3世紀に日本列島に存在したとされる国(くに)のひとつである。ちなみに、ここで使われている国(くに)とは、
この時代の中国漢文でいう国(こく)=塀、柵、堀などで囲われた砦の町のことである。
中国の史書では、邪馬台国は卑弥呼が治める女王国であり、倭国連合の都があったとされている。
邪馬台国の所在地が九州か近畿か、21世紀に入っても日本の歴史学者の説が分かれている。



37:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:52:24.85 ID:dmaEei0sO
ファフロッキーズ現象は割と頻繁に起きてるのにまだ理屈が解明されてないのがすげー
怪奇現象って呼ぶには背景がさっぱり見えないけどそこがリアルでいい
ファフ
ファフロツキーズ
ファフロツキーズとは、その場にあるはずのないものが無数に降り注ぐ現象を指す用語である。
飛行機からの散布や竜巻による飛来など原因が判明しているものを除き、
「何故降ってきたのか解らない」ものを指す。

語義からすれば単体でもファフロツキーズと呼べる筈だが、
通常「多数が落下してくる」現象として認識されている。
落下物に明確な共通性はなく、様々な事例が記録されているが、
どういうわけか水棲生物の落下事例が目立ち、また混在ではなく単一種のみであることが多い。
このような現象は古来から世界各地で確認されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/


38:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:52:35.14 ID:XByU0c6o0
麻酔がなぜ効くのか


50:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:56:14.48 ID:LRSu8RtjO
バスク語の起源
系統不明の孤立した言語であり、現在はスペインとフランスにまたがる
バスク地方において話されている言語である。


文章は一般にラテン文字で表記される。音韻論的な特徴としては舌端音と舌尖音の区別があり、
文法的な特徴としては能格と絶対格を使用する格の体系であることが挙げられる。
語彙にはラテン語・スペイン語起源のものが多く見られる。なおスペインではフランシスコ・フランコ将軍の時代、使用禁止になっていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%AF%E8%AA%9E


52:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/20(月) 23:57:29.11 ID:DelRdVeF0
>>50
kwsk


78:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:08:41.12 ID:n9X5Lh7nO
>>52
ルーツが解明出来てないらしい
スペイン語とも似ても似つかない言語
バスクの都市のサンセバスチャンはスペイン語だが、バスク語ではドノスティア


507:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 06:58:32.01 ID:P4yiTWOfO
>>78
街並みにイスラム文化が色濃く残ってるのは
バスク地方だっけ?


89:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:14:47.88 ID:Of2pl47NO
>>50
これは不思議だわ
日本語とめちゃくちゃ似てるらしいな


60:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:00:17.45 ID:JPhBK8HE0
ゴーストカー



61:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:00:38.19 ID:RnkciKaN0
人間の生まれた意味
地球にとっては害でしかないのになぜ生まれたのか
知能だけで世界の生き物の頂点に君臨し掌握した人間達に地球はどんな運命へ導くのか
謎だ。考えても答えは見つからない


75:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:06:19.17 ID:UwUH8uvT0
>>61
地球に害しかないと思っているのは人間だけ
生物は煮えたぎった硫化水素の海から生まれたんだから、
環境汚染なんて実のところ人間が済みにくくなるから騒いでいるだけで、
実際は大した問題じゃないのかもしれない


519:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 07:23:13.36 ID:SB8Bqjts0
>>75
なんか感心した


66:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:02:24.37 ID:UwUH8uvT0
オレゴンヴォーテックスも視覚的なトリックを使った
アトラクションを取り入れて眉唾になったけど、中心部での現象には今だに諸説ある
オレゴンの渦
オレゴンの渦
まだアメリカが開拓される以前、先住民たちが決して近づかない場所があった。
迷い込んだ者は生きては出られない悪魔に呪われた地、彼らはそこを禁断の大地と呼んだ。

アメリカ北西部オレゴンに、オレゴンの渦と呼ばれる場所がある。
人間はおろか、昔から動物ですら近づこうとしない、オレゴン・ヴォルテックス。
ここには長 い時間をかけて地面に引きずり込まれたような傾いた家がある。
この家を中心に直径50mの範囲では、得体の知れない力の渦が回っているというのだ。
家の周 りの木は、全て中心に向かって生えている。

この傾いた家の中では、ホウキが手を離しても何かに支えられたかのように斜めに立ったままになる。
さらに驚いたことに、中心付近では、コンパスがぐるぐると回転し続けてしまう。
ところがここには更なる解明不可能なミステリーがあった。
  家の前にある長方形の石のプレートの両端に、背の高さの違う男の子と女の子に立ってもらう。
女の子が中心に近い方に立っていると、男の子は大分小さく見え る。
しかし、二人に場所を入れ替わってもらうと、先ほどに比べ、身長差が少なくなって見える。
男の子が中心に近い方に移って、背が高くなったのか?

その石のプレートは、どの場所を調べても水平だった。
オレゴンの渦を研究するニック・ネルソンさんは、原因は重力や磁気の影響など、様々に言われているという。
しかし、本当のことは誰にもわからない。
目には見えているのに何故起こるのかは解明されていないというのだ。



86:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:14:06.05 ID:3GFKht9q0
日本語の起源
http://ja.wikipedia.org/wiki/

詳しくわからないらしいけど、なんたらアルタイ語だかに分類されてしまってる


91:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:15:31.38 ID:5ggi3MjZ0
>>86
シュメール語→アルタイ語→日本語だろ


97:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:18:00.49 ID:xQD3yA2+0
>>91
メソポタミア起源とか胸厚


101:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:19:50.36 ID:UwUH8uvT0
>>91
静岡県水窪には古代フェニキア文字の刻まれた石がある
日本語もこういった所から流入して形成された言語なのかもしれない
水窪石


95:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:16:58.06 ID:2yp00OthQ
不老不死の生物が実在するかも知れない
単純なバクテリアなどではなく脊椎動物の数種がそれらしい
断言できないのはそれらの動物が長生きしすぎで観察が難しいのと
保護動物に指定されていて飼育の許可が降りにくいから


100:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:19:27.24 ID:basoCUFZ0
>>95
種名は?


232:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:22:19.80 ID:cSi3bw+j0
>>95
不死=繁殖の必要無しだろ
多分、不死になると繁殖行わない→事故などで段々個体数減少→結局絶滅って感じで
殆どの種が不死をあえて選択しないんじゃねーの?
多分なろうと思えば誰でも不死に進化は出来るんだよ。
一時期、不死ブームがあったけどやっぱ不死ヤバイわ。
って皆やめてったのにやめなかった生き残りと予想


252:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:29:58.45 ID:UwUH8uvT0
>>232
確かに寿命って意図的に組み込まれたシステムなのかもね
事故や病気でしか死なない個体ばかりじゃ多様性が失われて
疫病のような大きな外濫に対して全滅のリスクを高めるだけだからね


264:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:37:39.78 ID:RISOUsTO0
>>252
一応寿命がプログロムされてると研究でもう分かってるよ


281:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:48:48.76 ID:UwUH8uvT0
>>264
分かっているのは細胞単位のテロメアの話だけ

生物を個体単位で見たときの老化自体は、長期に渡る外部からの
ストレスで引き起こされるDNAの損傷による必然的な劣化だと考えられているけど、
俺が思ったのは逆に「不老にしないためのプログラム」があるんじゃないかって話なんだ
実は生物の進化の過程でDNAの完全な事故修復機能も達成できたんだけど、
あえてそれをしなかったんじゃないか・・・って


98:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:18:14.48 ID:5ggi3MjZ0
アトランティス大陸が有名すぎて出てこない
atlantis02
アトランティス大陸
古代ギリシアの哲学者プラトンが著書『ティマイオス』(Тίμαιος, Timaios)及び
『クリティアス』(Κριτίας, Kritias)の中で記述した、大陸と呼べるほどの大きさを持った島と、
そこに繁栄した王国のことである。強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、
ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている。

1882年、アメリカの政治家イグネイシャス・ロヨーラ・ドネリー (Ignatius Loyola Donnelly, 1831-1901) が著書『アトランティス―大洪水前の世界』 (Atlantis, the Antediluvian World)を発表したことにより謎の大陸伝説として一大ブームとなり、更にオカルトと結びつくことで多くの派生研究を生んだ。


102:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:19:56.60 ID:uGo3W7L1O
>>98
南極がそうだという説があったよな


108:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:25:06.84 ID:7lbnIGOqO
キノコ類のほとんどは栽培、飼育が成功していない
我々が食べてるのは数少ない成功した種


127:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:36:14.52 ID:UwUH8uvT0
>>108
キノコと言えば、シイタケを栽培するとき株着けした木の幹をハンマーでガンガン殴る
そうした木とそっとして置いた木とでは、ハンマーで叩いた木の方が圧倒的にキノコの出が良くなる
これは菌糸に衝撃を与えるのが目的で、人工的に衝撃というストレスを加えることで
キノコの出を促す、ということらしいが科学的には全く解明されていない

これと同じ現象で、ただ雨が降った日と、雷が鳴る雨が降った日とでは、
雷が鳴った雨の後の方がキノコがよく育つ事がしられている



130:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:37:33.96 ID:VMSWOhUG0
>>127
音に反応してんのかな


153:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:47:26.05 ID:UwUH8uvT0
>>130
まぁ音も衝撃の一つだから同じかな

キノコだけに限らず植物は危機が近づくと子孫を残すために沢山種子を実らせる
一昨年近くのミカンの木がいつもの倍くらい実を付けてて、
ばぁちゃんが「この木は来年には枯れるなぁ」って言ったら案の定去年枯れちまった
ハウス栽培のミカン農家の間では、わざと水を一ヶ月間与えない事で
擬似的に危機を作り出し、良質の実を作るという手法が広く行われている


122:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:33:04.31 ID:wwpQeNASO
テレビブロスで読んだんだが
地震の多い国ペルーでは、地震で昔の遺跡は崩れないのに
スペイン人が作った新しい建物は崩れるらしい
じゃあ昔の建築方法を使えばいいのに、と思うが
昔の建築方法はいまだ謎らしい


125:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:35:47.45 ID:wKPaUHFt0
>>122
ロストテクノロジーは本当多いよな
五重塔とかもこれに近い気がする


141:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:44:31.73 ID:wwpQeNASO
>>125
日本にもあるのか

ダマスカス鋼なんて見た目からして美しい
レプリカ
ダンスカス


135:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:41:53.74 ID:cY9UHDcx0
ウラル山脈の近くで見つかったネジって結局なんなの
解明されたの?


140:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:44:07.71 ID:bQcQPfn60
>>135
kwsk


152:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:46:59.76 ID:cY9UHDcx0
>>140
ロシアで数万年前の地層から極小のネジなどの部品が発掘された


155:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:51:07.83 ID:VMSWOhUG0
>>152
ソ連時代の不法投棄じゃね


160:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:54:55.83 ID:cY9UHDcx0
>>155
かなり調査はされたみたいだから、そんなんだったらすぐ分かるだろ


136:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:42:00.93 ID:PUphr/xG0
意外と解明されていないのが戦艦大和


156:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:51:59.91 ID:5xoryQhJ0
>>136
気になるkwsk
でもGHQの情報秘匿じゃないの?


167:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:58:56.05 ID:PUphr/xG0
>>156
艦橋内のレイアウトとか、主砲塔の扉の開け方とか


195:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:11:20.37 ID:UwUH8uvT0
>>167
現存している大和の図面には不自然な空間があって、
造船中の事故で亡くなったとされる一人の男性ががそこに閉じ込められ、
そのまま入っていると当時噂されていた


204:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:13:18.97 ID:5xoryQhJ0
>>195
こぇぇぇぇ


325:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:31:00.60 ID:PUphr/xG0
>>195
木島日記にもそんな話が載ってたな


139:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:43:53.29 ID:U1K/JmW10
人体発火
球電
はそろそろ科学で説明できていい頃だと思う


147:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:45:29.56 ID:VUws8kS+P
>>139
人体発火については、化学繊維の未発達による静電気→燃えるのコンボじゃなかったか?


150:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:46:24.16 ID:PUphr/xG0
>>147
あと寝タバコ説があるな


145:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:45:26.49 ID:+9bMUbJT0
ツングースカ
Tunguska_Ereignis
ツングースカ大爆発
地球に落下した天体が爆発したとみられるが、隕石孔や隕石の残片などは発見されておらず、
爆発の原因はいまだに特定されていない。地面の破壊規模から見て、爆発した「物体」の大きさは、
3メートルから70メートルと推定されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/


168:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:59:13.71 ID:+9bMUbJT0
かなりの神話やら民話にノアの箱舟的な洪水伝承が存在している理由
やっぱり昔に馬鹿でかい洪水でもあったのかね

ノアの箱舟
旧約聖書の『創世記』(6章-9章)に登場する、大洪水にまつわる、ノアの方舟物語の事。
または、その物語中の主人公ノアとその家族、多種の動物を乗せた方舟自体を指す。
「はこぶね」は「方舟」のほか、「箱舟」「箱船」などとも記される。



177:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:03:48.61 ID:UwUH8uvT0
>>168
洪水か津波か
Wikipediaの津波の項目に書いてあったけど、
記録上で最大の津波は高さ数百メートルだったらしい
それ以上の津波が来ていたってこともあったのかもしれない


180:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:06:12.53 ID:+9bMUbJT0
>>177
数百メートルって・・・
それは確かに神話になるな。この前のだってせいぜい30あるかどうかだろ


186:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:07:26.70 ID:VUws8kS+P
>>177
50M級は衛星の発達で定期的に観測されてるみたいね。


190:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:09:30.77 ID:uGo3W7L1O
>>186
本当かよ・・・
もっと詳しく


218:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:18:41.60 ID:VUws8kS+P
>>190
遠洋漁業船の漁師達から度々
「すげー大波見たよ!ありゃ100mあったな!!!」
みたいな話がかなり前からあったんだけど
「へー凄いっすねー」(どうせ10mくらいだろw)っておもわれてた。
それが人工衛星で観測された。
よく考えたら津波じゃないかも。


171:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 00:59:44.16 ID:UwUH8uvT0
そういやアガサクリスティーの書いた船が漂流する話と
全く同じ事件が起こったって話があったな
登場人物の名前、漂流した日時、仲間を一人殺して
みんなで食べた一連のストーリー全てが現実に起こった
事件と符号したっていう奇跡の事件


173:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:01:18.26 ID:+9bMUbJT0
>>171
それは流石に偶発性よりも狂信的なアガサファンの模倣犯だと思う


179:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:06:11.69 ID:UwUH8uvT0
>>173
いや、全員旧知の仲の人間だけで起こった事件だったから、
その事件を起こそうと集めた人ってわけじゃない


184:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:06:57.32 ID:+9bMUbJT0
>>179
マジで?マジなら凄いな。まとめ的なサイトある?


201:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:12:56.25 ID:UwUH8uvT0
>>184
テレビで見たんだけどちょっと探してくるわ


230:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:20:55.04 ID:UwUH8uvT0
>>184
みつかんないや
確かアンビリバボーでやってたんだけど、
もしかしたらアガサクリスティーじゃないかもしれない
でも誰でも聞いたことある有名作家だったのは間違いない

誰かしらない?


255:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:30:33.84 ID:VuNBZAoh0
>>230
エドガー・アラン・ポー ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語


267:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:39:52.14 ID:UwUH8uvT0
>>255
これだ!!サンクス!
シンクロニシティってのはまぁ無限にある事象の内の
2つがたまたま似ていたってだけのただの偶然なんだろうけど、
ここまでになると伝説レベル


276:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:44:34.72 ID:uUgAcympO
>>267
似たようなのでタイタニック沈没を予言したかのような
小説「タイタン号の悲劇」(だったっけ?)ってのもある


194:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:11:12.31 ID:kiFJ7Niu0
信長の家来でいたとされる3メートルの大男が出てないな


215:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:17:44.71 ID:eOYiHJu60
>>194
その家来、黒人だっけ。
信長が死んだ時、首を寺に持って行ったという。
その首で作ったデスマスクが現存してた(やりすぎコージーだったかで見た)


224:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:19:28.93 ID:5xoryQhJ0
>>215
黒人の首?
それとも信長?

デスマスクは誰の顔の?


233:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:22:59.14 ID:eOYiHJu60
>>224
信長から「俺が死んだら~~」と命令されてた黒人が、
命令通りに信長の首を、寺へ。
で、信長のデスマスク作成。
でも、自称・信長の子孫はそのデスマスクを顔に当てたりして全然大切にしてなかった


239:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:24:57.64 ID:5xoryQhJ0
>>233
あれ、信長って首渡さないように切腹後燃える寺に留まったんじゃないの?


251:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:29:43.67 ID:eOYiHJu60
>>239
画像あった
http://ameblo.jp/sukattostaff/entry-10871712950.html

「死体見つかってないけど実は、」って話だったみたい


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:27:46.81 ID:kiFJ7Niu0
ちなみに信長に3メートルの大男の家来なんていないよ
ヤスケって黒人ならいたけど
こうやってまことしやかにできてくんだろうなぁ


220:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:19:05.99 ID:/734GLq7O
火星のモノリス
オルドリンの発言は本当なのか
モノリス


231:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:20:56.78 ID:2qpZFbOY0
こういう謎な話がたくさん読めるサイトない?


245:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:27:07.29 ID:NkSVbwjG0
>>231
謎を解き明かしちゃってるサイトなら
http://www.nazotoki.com/


249:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:29:00.94 ID:LSZo8GQ0O
頭が無くなった状態で何ヶ月も生きてたニワトリ
http://x51.org/x/03/10/2502.php


253:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:29:58.50 ID:cY9UHDcx0
>>249
マイク君だっけ


268:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:40:02.17 ID:bD3N9UjCi
光の粒子?が観測という現象に影響を受けて結果が変化するやつ。
あれマジできもい。


270:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:41:31.46 ID:+9bMUbJT0
>>268
二重スリット実験?
あれまとめのサイト見ても全く理解できないんだが


272:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:42:25.09 ID:jtf5zBT10
ラスプーチン
Rasputin_pt
グリゴリー・ラスプーチン
1916年12月29日、皇帝と姻戚関係のあったユスポフ公は皇帝の従兄弟であるドミトリー大公と謀って、
ラスプーチンを晩餐に誘うと青酸カリを盛った食事でもてなした。
しかしその食事に本人は死なず周囲を驚かせる。

食後に平然と祈りを捧げていたラスプーチンは恐れをなした周囲から背後より銃撃を受ける。
ここで反撃に出るがさらに2発の銃弾を受けた。計4発の銃弾を受け、倒れたところに殴る蹴るの暴行を受け、
窓から道路に放り出された。それでも息が残っていたので、ネヴァ川まで引きずられ氷を割って
開けられた穴に投げ込まれた。三日後、ラスプーチンの遺体が発見され、検死の結果、
肺に水が入っていたため死因は溺死とされた。川に投げ込まれた時もまだ息があったのである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/


273:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:42:32.98 ID:1xavcNYt0
マリーセレスト号はガチで気になるな
無抵抗主義の乗客たちが海賊辺りに消されたか?


277:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:45:02.31 ID:uP8aZO5g0
>>273
だったらもっと荒れててもよくない?
食事の準備それもコーヒーまでついであって乗組員だけいないってのも


288:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:52:42.63 ID:mEeU9Khx0
>>277
都市伝説らしいよ
Mary_Celeste_as_Amazon_in_1861
メアリーセレスト号
1872年にポルトガル沖で、無人のまま漂流していたのを発見された船である。
発見当時、なぜ乗員が一人も乗っていなかったかは今もって分かっておらず、
航海史上最大の謎とされる場合もあるが、事件には様々な尾ひれが付けられ、
実際以上に不可思議な事件として都市伝説化しているものである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/


292:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:58:28.24 ID:f9D0kIdj0
瞬間移動の話だとイギリスのタンスからアメリカに飛ばされた子供の話はガチだったはず。
似た話でベトナム戦争中に米兵の見てる横で木箱に入って
消えて出てきたベトナムの子供の話も。


296:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 01:59:50.78 ID:r6Rltslx0
>>292
kwsk


311:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:18:41.15 ID:f9D0kIdj0
>>296
確かイギリスの話は、戦後子供がタンスを空けたら向こう側に見たこと無い景色が広がっていて、
思わず入ってみたらその場所に出現した。近くに居た人に場所を聞いたらアメリカで、
イギリス大使館がその子の身元も直前までイギリスに居たことも確認して連れて帰ったって話し。
当時の新聞とかで報道されたと。

ベトナムは米兵が休んでいると近くで子供が数人で遊んでた。
見てるとその子供が木箱に入って出て来なかった。
米兵が木箱を覗くと中には何も無かった(砂が詰まってたかも?)。
おかしいと思ってたら子供が箱から出てきたりまた入ったりしはじめた。
話を聞こうとしてたら何処かに行ってしまった。


312:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:19:58.09 ID:r6Rltslx0
>>311
面白いな


297:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:00:17.94 ID:G6lkEtDH0
二重スリット実験 解りやすいかも



302:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:05:54.02 ID:+9bMUbJT0
>>297
分かりやすいな。てか、おもしれえええええええええええええ


308:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:10:24.74 ID:VuNBZAoh0
>>302
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/slit.html


309:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:13:01.52 ID:L/D+RgbU0
あのシャンプー垂らすと跳ねるやつは分かってないんだっけ?


317:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:21:50.50 ID:eeKXh/130
>>309


ケイ効果ね
解明されてるみたいよ


321:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:24:32.87 ID:fjvlkfep0
パレンケの石棺
横にすると宇宙船に見えますが
321_1



本来縦に見る物です。
321_2

多分オーパーツとかどの謎もこのレベルの話なんだろうな


332:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:34:46.54 ID:5399Ygs9O
>>321
見た目だけのオーパーツはね
黄金のジェット機とか

技術的なオーパーツの方が本物(?)のオーパーツ


328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:32:32.92 ID:fjvlkfep0
これ一個だけだと飛行機に見えるけど
328_1


多分こういうのの中にたまたま飛行機っぽいのがあっただけ
328_2

とか


322: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/06/21(火) 02:24:54.98 ID:5ZlOd5VY0
カスパー・ハウザーの謎
Kaspar_hauser
カスパー・ハウザー
ドイツの今もって素性の不明な孤児。16歳頃に保護されるまで長期に渡り牢獄に閉じ込められていたため、
その性質上しばしば野生児に分類される。発見後に教育を施されて言葉を話せるようになり
自己の生い立ちを語り出すようになったが、その全貌が明らかになる前に殺され、
判明している事実は断片的で、謎が多い。特異なまでの鋭敏な五感を持っていた事で有名。
文献も多く、暗殺現場となったアンスバッハでは現在祭礼が二年毎に行われている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%


326:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:31:23.35 ID:+9bMUbJT0
カスパーは王様の落胤かなぁ


342:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:43:36.37 ID:6ousmsHHO
モンゴルの輪廻転生少女
転生早くて前世の母に会いに行ってた


343:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:47:18.59 ID:+9bMUbJT0
チベット仏教は輪廻観強いし宗教妄想パラノイアじゃないか?


344:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:47:54.28 ID:VuNBZAoh0
アンティキティラの天文計算機のかっこよさは異常
アンティ


345:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:48:23.80 ID:ehUCt4doO
ハーメルンの笛吹男ってのは実際何があったんだろうね
Pied_piper


408:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 04:58:51.57 ID:6hlf/zPGP
>>345
マスターキートンに、ジェンナーよりはるか昔、天然痘対策として
免疫を持った子供たちを連れて種痘行脚に出たという説がある
個人的には奴隷商人による、集団催眠?を掛けた上での拉致だったと思ってる
(根拠は下の子供十字軍)

昔、平凡社からハーメルンを考証する良本が出てたんだけど、
本の山に埋もれて見つからん

因みにハーメルンの笛吹き男と並び称されるネタとして
「子供十字軍(少年十字軍)」がある
Gustave_dore_crusades_the_childrens_crusade
http://ja.wikipedia.org/wiki/

PeoplesCrusadeMassacre
http://ja.wikipedia.org/wiki/
↑の補足として「民衆十字軍」


346:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 02:48:29.48 ID:cur0kcvr0
ナスカの地上絵を宇宙から見ると矢印に見える、みたいなのなかったっけ
ナスカ


377:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 03:54:06.55 ID:StwvxrsT0
クオリアはやばい
自分が感じている時点で存在していることは確定なのに
存在していることの証明は絶対に出来ないとか意味不明
物理的にクオリアを理解することは不可能とかもうね
クオリア
クオリア
心的生活のうち、内観によって知られうる現象的側面のこと、
とりわけそれを構成する個々の質、感覚のことをいう。
日本語では感覚質(かんかくしつ)と訳される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2


378:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 04:00:54.37 ID:c3fs2SkG0
>>377
何言ってるかわかんねーって思ってwikipedia開いたら余計わかんなくなった


432:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 05:23:10.23 ID:C7nEsU5Q0
写楽とかどうかな
恐らく正体はこのひとってほぼ解明されてるようなものだけど
突然あらわれて一躍人気絵師になるも1年足らずで消えちゃった
謎の多い浮世絵師で、写楽をテーマにした映画なんかも制作されてるよ

Toshusai_Sharaku-_Otani_Oniji,_1794
東洲斎写楽
寛政6年(1794年)から翌年にかけて、およそ10ヶ月の期間内に約145点余の錦絵作品を出版した後、
浮世絵の分野から姿を消した。本名、生没年、出生地などは長きにわたり不明であり、
その正体については様々な研究がなされてきたが、現在では阿波の能役者斎藤十郎兵衛
(さいとう じゅうろべえ、1763年? - 1820年?)だとする説が有力となっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/


436:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 05:25:55.90 ID:W6LuQFz4O
身近だと、東京の地下とか結構謎だよな


468:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 05:43:32.98 ID:6hlf/zPGP
>>436
秋庭俊の東京の地下に関する一連の著作の中の、ある一冊の
あとがきにあったんだけど、東京の非公開の地下網を全て把握しているのは
警視庁公安部(公安委員会、公安調査庁に非ず)らしいね

地下ネタとして好きなのは、大江戸線のトンネルは実は戦前に既に掘削済みで
ゼネコンは労せず巨額の利益を得た?ってのと、丸の内の地下には某財閥系社員を
匿うための巨大なシェルターがあるとか云々ってヤツ



442:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 05:29:03.41 ID:O6WXY80G0
アンティキシラの歯車は、未だに俺をわくわくさせてくれる。
NAMA_Machine


494:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 06:35:13.99 ID:6hlf/zPGP
>>442
何年か前の教育TVで、当時の技術でレプリカを作るBBC(だったか)の番組を流してて

確かこれだったと思うんだけど、ダイジェストのためか
制作過程はカットされてた 残念



447:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 05:31:47.13 ID:RQTUdw500
タクラーン村の少女みたいなやつ
http://occult4cica.blog50.fc2.com/blog-entry-81.html




460:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 05:39:59.98 ID:je8l0/wL0
月に数億年前に墜落した宇宙船があること
かぐやのカメラにもバッチリ写ってるのに公表しない
宇宙船


467:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 05:42:35.08 ID:C7nEsU5Q0
臓器移植を受けたら提供者がすきだったたべものが好きになったとかって
あれはどうしてなの?


476:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 05:49:19.26 ID:6hlf/zPGP
>>467
心臓移植の話だったと思うけど、心臓にはどうやら脳のように記奥を
(ほんの少しだけど)蓄積する箇所/機能があるのでは?という仮説が立ってる
記憶転移
臓器移植に伴って提供者(ドナー)の記憶の一部が受給者(レシピエント)に移る現象である。
そのような現象が存在するか否かを含め、科学の分野で正式に認められたものではないが、
テレビのドキュメンタリー番組で取り上げられたり、この現象を題材にした小説等が作られており、
専門家以外にも知る者のいる現象となっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%98%E6%86%B6%E8%BB%A2%E7%A7%BB


484:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 05:58:28.02 ID:C7nEsU5Q0
>>476
そんなのあったんだありがとう
臓器移植の性質上サンプルが少ないしこれからもなかなか解明されなさそうだ
異なる環境で育った双子の嗜好に不思議と類似性が見られるなんて話もあるし
体って心と繋がってるのかもしれないなあ不思議だー


505:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 06:52:55.97 ID:P4yiTWOfO
うつろ舟はよくわからん…
あの絵自体の出どころを疑いたくなるが
虚舟
816_1


527:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 07:41:48.39 ID:HB23v4h30
リフターとかは?

イオンクラフト
http://www.hamusuta.net/openbbs/pc/ion/index.html




病院であった恐怖体験

【歴史に学ぶ】権謀術数【マキャベリズム】

【失笑!】思わず吹いた秀逸なレス集合『落としたショートケーキ』

【閲覧注意】面白半分で絶対にやってはいけない行為

俺が異世界に行った話をする

ジョジョ作者荒木飛呂彦の健康法

終電逃してヒマなので、独断と偏見で中央線の駅紹介していく