1:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/05/30(月) 09:42:15.89 ID:8TKtKotD0●
都市伝説

17: 名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/05/30(月) 09:52:44.58 ID:bJ4JcoIx0
ヒキコさん
本名は、森妃姫子(もりひきこ)。
苗字と名前を逆から読むと、妃姫子森(ひきこもり)になるため、いじめの原因の一つだとされている。

雨の日、白いぼろぼろの着物を着て、人形のようなものを引きずっている女と出会う。
よく見ると、女の目はつり上がり、口は耳元まで裂けている。
そして女が引きずっていたものは人形ではなく、小学生ほどの子供そのものだった。
そして、すごい力で子供を引きずり回し決まった場所に連れて行き、放置する。

彼女は自分が受けた酷いいじめに対する恨みから、
子供を捕まえては肉塊と化すまで引き摺り回しているのだ、というもの。



20:
名無しさん@涙目です。(愛媛県):2011/05/30(月) 09:53:49.93 ID:WURsu9FG0
アステカで画像検索してはいけないと聞いたことがある
昔だけど
アステカの祭壇
183 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/13 16:24
    前に、ある番組の心霊写真のコーナーを担当してた時のことです。
    ある時、共通の特徴がある数枚の心霊写真を取り上げたことがありました。
    撮影者も日時も場所もバラバラな写真なのですが、
    それぞれに幾何学的な形の赤い光が写り込んでいます。
    写真の向きを変えると、そのいずれもが同じ台のような形になり、
    鑑定者はそれを「ある残酷な儀式に使う台」だと鑑定しました。

    番組終了後、局にジャンジャン電話が掛かってきました。
    その中には、いわゆる霊能者の方からのものが含まれていました。
    彼らの言い分は、煎じ詰めれば同じ内容で、
    曰く「なんというものを放送するんだ」

    詳しい話は誰も聞かせてくれません。
    ただ、口を揃えたかのように「2度と放送するべきではない」と。
    その一方で、番組宛には同じような光の写り込んだ写真が続々と送られてきました。

    「これはただ事ではない」
    そう思った私達は、一連の写真を、手持ちの霊能者に片っ端から見せて廻りました。
    しかし、皆がそろいも揃って「関わるのはイヤだ」と断ります。
    しつこく食い下がると、その内の2人が渋々といった感じで口を開きました。
    「この時期に、日本で****の祭壇がこれだけ多くの写真に写っていることがヤバい」
    「こんな心霊写真は見たことがない。あり得ない。何が起こっているのか…正直怖い」
    録音は停めていたのですが、確かこんなニュアンスだったと思います。

    ぶっちゃけると、最初に放送した写真は実は鑑定者から持ち込まれたもので、
    要するにあの日のコーナーはツクリに近い構成でした。
    そこで、鑑定者に詳しい事情を聞こうとしたのですが、
    案の定「この件にはもう関わりたくない」の一点張りで、
    最後には、この話を臭わせただけで3日ほど一方的に音信不通となりました。

    今のところ、私達には何も起こっていませんし、番組も続いています。
    ただ、写真は未だに送られてきているそうです。しかも、その数は一向に減っていない…

245 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/14 09:37
    183の補足ですが
    鑑定人は、あれはメキシコ(アステカ?)の祭壇だと言っていました。
    放送で使ったかどうかは忘れましたが…
アステカの祭壇画像


58:
名無しさん@涙目です。(宮城県):2011/05/30(月) 10:27:15.64 ID:UJsa7iDR0
マイナスドライバー
30 名前:名無しにかわりVIPが [] 投稿日:2006/06/10(土) 00:31:50.82 ID:XUSumlRs0
そんなに怖くないのですがきいてください
私がまだ4~5歳の頃の話です。
当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。
まだ小さかったので母と女湯に入っていました。

或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の中でプールよろしく遊んでいました。
今迄気付かなかったのですが、湯船の横から階段状になりドアが付いているんですね
(何処もそうなのかも知れません)

私はふとそのドアが気になって段々を昇りドアの前まで行った。
ドアノブの直下に大きな鍵穴があるのです。
ワクワクして覗きました。・・・・・向こう側は何かに覆われて見えない。
なんだ、ツマらない。いったん顔をあげました。
何を思ったかもう一度鍵穴を覗き込んだのです。

ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき器械が見えました
おわースゴい。夢中になって覗いていました。
ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか
突然、私は目を離し身を引いたのです。
そして次の瞬間、鍵穴からはマイナスドライバーの先端が狂ったように
乱舞していました。・・・・・・
私は息を呑みそこを離れ、コワくて母親にさえ話すことが出来ませんでした

31 名前:名無しにかわりVIPが [] 投稿日:2006/06/10(土) 00:32:15.34 ID:XUSumlRs0
子供の私は、あの出来事も速攻で忘れて日々を過ごしていました。
間もなく我が家は引っ越すことになり、家の大掃除した後、あの銭湯に行きました。
私は大掃除で見つけた色々なガラクタを後生大事に持っていったのです。

私は例によって風呂の中で遊んでいるうち、あのドアの鍵穴のことを思い出しました。
しかしあの恐怖を忘れていた私は、ガラクタを入れた洗面器を抱えて鍵穴を覗きに行ったのでした。
また向こう側は何かに覆われて何も見えない。

私はガラクタの中にあった箸を取り出し、おもむろに鍵穴に突っ込んだのでした。
瞬間、ドアの向こうでのドタバタする気配にたじろいだ私は、箸から手を離しました。
箸はブルブル震えながらそのままでしたが、やがてこちら側に落ちてきました。
先から数センチが折れていました。私はまた母親に何も言いませんでした。
その日を最後に、我が家は隣の市へ引っ越して行ったのでした。

数年後、小学生の私は、かつて住んでいたあの町に遊びに行きました。
真っ先に子供の社交場でもあった神社の境内に赴きました。
そこに行けば昔の友人達に会えると思ったのです。しかし予想に反し誰も居なかった。
いや、境内の裏の大木の前で、一心不乱に何かをやっている大きな男が居ました。

瞬間、かつての記憶が蘇りました。彼は我々から‘ミッキー’と呼ばれ怖れられていた青年でした。
透明に近いシルバーの髪、兎の様な赤い目、今考えるとアルビノであった
のかも知れません。
そして彼は病的に粗暴で、メンコやベーゴマに興じる我々の中に
乱入しては、物を取り上げたり殴りつけたりを繰り返す素性が不明の人物でした。

その彼が目の前に居る。私は金縛りに会ったようになり、話し掛けることも逃げることも出来なかった。
彼は動作を止めると、ゆっくりとこちらを向いた。
彼の片方の目は潰れていました。


70:
名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/05/30(月) 10:56:15.06 ID:orTlzUmk0
怪人アンサー
皆さんは「怪人アンサー」をご存じだろうか?

「怪人アンサー」とは、どんな質問にも答えてくれる妖怪のことで、
携帯電話を用いた簡単な儀式で呼び出すことができる。


まず、10人が円形に並ぶ。
そして、1番目の人が携帯電話で隣の2番目の人に電話をかけ、2番目の人は3番目へ、
3番目の人は4番目へ‥‥これを繰り返し10番目の人はまた1番目の人に電話をかける。
この時、全員が一斉に隣の人に電話をかけるため、全ての携帯電話が通話中になるはずである。
しかし、電話は「怪人アンサー」へと繋がり、ここで質問をすることができるのだ。

「アンサー」は10人中9人の質問にはどんなものでも答えてくれるのだが、
1人だけには逆に質問を投げかけてくるという。

その質問はとても難しく、例えば「西暦12万8千25年の9月1日は何曜日でしょう?」といったように、
とても答えられないものである。


そして、この「アンサー」からの質問に答えられなかったり、間違えてしまったりした場合、
携帯電話の画面から手が出てきてその人の体の一部分を奪い去ってしまうという。

実は、「怪人アンサー」の正体は頭部だけで産まれてきた奇形児で、
そうやって体のパーツを集めることにより、完全な人間になろうとしているのだという。



79:
名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/05/30(月) 11:13:41.44 ID:XmKg7mLP0
>>70
10人集める段階で詰むから


126:
名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/05/30(月) 14:44:17.83 ID:XsCWfKEJ0
このソースなら幽霊船の魅力でスレ立てろよ
良栄丸とマリーセレスト以外メジャーどころないけど…

ベイチモ号は流石にもう沈んだかな
ミイラ船良栄丸
12月27日。カツオ10本つる」

1月27日。外国船を発見。応答なし。雨が降るとオケに雨水をため、これを飲料水とした」

2月17日。いよいよ食料少なし」

3月6日。魚一匹もとれず。食料はひとつのこらず底をついた。恐ろしい飢えと死神がじょじょにやってきた」

3月7日。最初の犠牲者がでた。機関長・細井伝次郎は、
「ひとめ見たい・・・日本の土を一足ふみたい」とうめきながら死んでいった。全員で水葬にする」

3月9日。サメの大きなやつが一本つれたが、直江常次は食べる気力もなく、
やせおとろえて死亡。水葬に処す」

3月15日。それまで航海日誌をつけていた井沢捨次が病死。かわって松本源之助が筆をとる。井沢の遺体を水葬にするのに、やっとのありさま。全員、顔は青白くヤマアラシのごとくヒゲがのび、ふらふらと亡霊そっくりの歩きざまは悲し」

3月27日。寺田初造と横田良之助のふたりは、突然うわごとを発し、「おーい富士山だ。アメリカにつきやがった。ああ、にじが見える・・・・。」などと狂気を発して、左舷の板にがりがりと歯をくいこませて悶死する。いよいよ地獄の底も近い」

3月29日。メバチ一匹を吉田藤吉がつりあげたるを見て、三谷寅吉は突然として逆上し、オノを振りあげるや、吉田藤吉の頭をめった打ちにする。その恐ろしき光景にも、みな立ち上がる気力もなく、しばしぼう然。のこる者は野菜の不足から、壊血病となりて歯という歯から血液したたるは、みな妖怪変化のすさまじき様相となる。ああ、仏様よ」

4月4日。三鬼船長は甲板上を低く飛びかすめる大鳥を、ヘビのごとき速さで手づかみにとらえる。全員、人食いアリのごとくむらがり、羽をむしりとって、生きたままの大鳥をむさぼる。
血がしたたる生肉をくらうは、これほどの美味なるものはなしと心得たい。これもみな、餓鬼畜生となせる業か」

4月6日。辻門良治、血へどを吐きて死亡」

4月14日。沢山勘十郎、船室にて不意に狂暴と化して発狂し死骸を切り刻む姿は地獄か。人肉食べる気力あれば、まだ救いあり」

4月19日。富山和男、沢村勘十郎の二名、料理室にて人肉を争う。地獄の鬼と化すも、ただ、ただ生きて日本に帰りたき一心のみなり。同夜、二名とも血だるまにて、ころげまわり死亡」

5月6日。三鬼船長、ついに一歩も動けず。乗組員十二名のうち残るは船長と日記記録係の私のみ。ふたりとも重いカッケ病で小便、大便にも動けず、そのままたれ流すはしかたなし」

5月11日。曇り。北西の風やや強し。南に西に、船はただ風のままに流れる。山影も見えず、陸地も見えず。船影はなし。あまいサトウ粒ひとつなめて死にたし。友の死骸は肉がどろどろに腐り、溶けて流れた血肉の死臭のみがあり。白骨のぞきて、この世の終わりとするや・・・・」


131:
名無しさん@涙目です。(catv?):2011/05/30(月) 15:19:11.81 ID:EvIOHMdL0
まちぶせ
昔ヒットした歌、まちぶせ
片思いの女が、あの歌を口ずさみながら
まちぶせをし続けをした話、結局願いは叶わず
持病が悪化し、待つことができなくなりなくり
『こんな事は、もう終わりにしました』と漏らしていたらしい
その思いが、歌われる、まちぶせの歌に入り込むっていう噂

ちょっと調べてみたが、確認できた

1:25 の部分です。
あなたをふりむかせる(メイントラック)
    ふりむかせる(サブトラック、かすれ声)
    もうおわりにしました・・  ←これ

お分かり頂けただろうか?



134:
名無しさん@涙目です。(catv?):2011/05/30(月) 15:28:53.18 ID:EvIOHMdL0
>>131
注意して聞くと、
もう、おわりにします
だな。



157:
名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/05/30(月) 19:02:33.21 ID:MPNZpOzd0

さっちゃんの都市伝説

410 ayaka-yuuka [2010/09/14(火) 18:08:11]
 初カキコです

 さっちゃんはね

 さちこっていうんだほんとはね
 だけどちっちゃいから
 自分のことさっちゃんって呼ぶんだよ
 可笑しいな
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 バナナが大好きほんとだよ
 だけどちっちゃいから
 バナナを半分しか食べられないんだよ
 可哀相ね
 さっちゃん

 さっちゃんがね

 遠くへ行っちゃうってほんとかな
 だけどちっちゃいから
 ぼくのこと忘れてしまうだろ
 寂しいな
 さっちゃん

 さっちゃんがね

 おべべをおいてったほんとだよ
 だけどちっちゃいから
 きっと貰いにこないだろ 
 悲しいな
 さっちゃん
 
 さっちゃんはね
 線路で足をなくしたよ
 だからお前の足を
 もらいに行くんだよ
 今夜だよ
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 お顔がないのほんとだよ
 だけどちっちゃいから
 自分でお顔を見つけられないの
 悲しいね
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 交通事故ではねられた
 だから顔がどこか遠くへとんでっちゃった
 悲しいね
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 恨んでいるんだホントはね 
 だって押されたから
 みんなとさよなら悔しいね
 あいつらだ 
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 仲間がほしいのほんとにね
 だから君も連れて行ってあげる
 やさしいでしょ?
 さっちゃん

 さっちゃんもね

 悔しかったんだ君の事
 何で君は生きているの?
 君がほしいよ ほしいな
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 今日が死んだ日だから
 誕生日がほしいな♪
 でもきめたんだ
 オマエガホシイ
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 みんなを殺したほんとかな
 だからみんなに嫌われちゃって
 泣いちゃったんだよ
 寂しいね
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 この歌聞くと落ち着くの 
 あなたもいっしょに歌わない?
 あの世でね
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 カマを持ってた見たんだよ
 だからおした人見付けて
 頭をとったんだよ
 うれしいね
 さっちゃん

 さっちゃんはね

 赤いの好きだよほんとだよ
 だからカマを持って
 君の後ろに立ってるんだよ
 振り上げた
 ばいばい

この歌を最後まで知った人の所にさっちゃんはやってくる・・・

旅館の老婆

ある4人家族がとある地方の旅館に宿泊。深夜に娘か母親が
トイレで惨殺されているのが発見された。

全身を刃物で滅多刺しにされ、顔面は誰だか判別がつかなくなる程斬り付けられていた。
死体には舌がなかった。トイレには格子のついた幅30・、高さ10・程の窓と
小さな通風孔があったが、とても人の入れる大きさではない。
カギもかけられていた。誰がどこから侵入してきたのか・・・。

警察はその旅館を経営している夫婦、その息子、近辺の変質者などを
聴取したが、現場が密室だったこともあり、迷宮入りになるかと思われたが、
ある日、旅館経営者夫婦に付き添われたその息子が署に出頭。

「近所の目もあり、なかなか正直に話すことができなかったが、
とんでもないことになったので、お話します」

「息子は盗撮が趣味で再三注意していましたが、事件当夜もビデオカメラで
天井裏から個室を撮影していていたのです。撮影していると格子のはまっている
小窓のガラスが開き、ガラスの破片を持った小さな・・・、いや、
このビデオテープに一部始終がはいっていますので・・・。」

息子はビデオテープについて訪ねられると、恐怖が蘇ったのか半狂乱に。
精神に異常をきたすほどの何かがこのテープに入っているのかと思い、
捜査員達もテープを再生するのを恐れた。

そのテープには女性を俯瞰で撮影した映像が収っていた。
和式便器にしゃがんでいた女性が立ち上がろうとしたその時、

小窓からガラスの破片らしきものを握った小さな、15~20・程の老婆が音もなく飛び込んできた。女性は悲鳴をあげる間もなく咽を掻き斬られ、そして顔中を、体中を斬り付けられ・・・。

女性が息絶えると、小さな老婆は死体から舌と頭皮の一部を切り取り、天井を見上げ、

「次はおまえだよ」

と言って小窓から出て行った・・・。
舌と、髪の毛のついた頭皮とを持って。

捜査員の中には、嘔吐するもの、泣き出すもの、恐怖の余り失禁する者もいたという。
結局事件は未解決のままだが、警視庁に、件のビデオテープが今なお保管されていると言う。

生放送生首

昔、大阪である深夜番組が放送されていました。
笑福亭一門の鶴何とか師匠の番組だったと聞きます。
その番組で、怪奇現象の特集のような回があったそうです。


そこに一葉の心霊写真が送られてきました。女の子が三人写っている写真で、

それぞれ、腕、足、首が写っていない写真でした。

そして、そのうちの二人は事故でなくなり、それぞれ写真に

写っていなかった脚と腕を無くして死んだと説明されました。


写真を送ったのは最後の生き残り、首のなかった女の子でしたが、

彼女は写真の呪いをとても恐れていたそうです。


そこで番組側が、呪いなど存在しないことを番組中で証明しようとして、

彼女に番組に出演して貰おうと考えました。

しかし、深夜の生放送番組のことだったので、彼女の母親も同伴してテレビ局にやってきました。

ところが・・・・・・。


目的地に到着した直後、彼女は突っ込んできた車にはねられ、

写真の通り首を切断されて死んでしまいました。

同行していた母親は錯乱して、娘の首を持ったまま、収録スタジオに飛び込んでしまいました。

そのため、数秒間とは言え、テレビ電波に乗って

生首の映像が大阪府域に放送されてしまったのだそうです。
業界関係者の間では、今でもこの話がタブーになっているのだとか。

ダルマ

ある日本人女性が中国の奥地を旅行していました。
彼女は奥地を旅行するだけあって中国語も堪能で、この旅をとても楽しんでいました。
そしてある山に登ろうと山道を歩いていると「達者」という看板を出している店を見つけました。

「達者」?何のお店だろう?
そう思った彼女は薄暗い店内へと入っていきました。

店の中は薄暗く、中には数人の中国人がいました。
奥のほうには大きな人形が並んでおり、みんなそれを見ているようでした。
彼女は人形の方へ近づいて固まってしまいました。

人形達には手足がありませんでした。
それに加えて、なんと人形達の目や口は動いているのです。
そう、人形だと思っていたのは手足を切断された人間、
つまり「達者(ダルマ)」だったのです!

彼女はその異常すぎる光景に叫ぶのを必死でこらえ、
ただ震えていました。

ようやく落ち着きを取り戻して彼女が急いで店を出ようとしたとき、
達者の一人が口を開いたのです。
「おい、おまえ日本人だろ!?頼む助けてくれ!助けてくれよ!」
達者は必死に彼女の方に顔を向けて叫びました。
店の中国人たちの怪訝な視線が彼女に集まりました。


『ここで日本人ということがばれたらまずい・・・』
そう考えた彼女は日本語がわからないフリをし、
得意の中国語で弁解して急いで店を出ました。

隙間女

ある男性が、自分の部屋の中で何者かの視線を感じるようになった。

あたりを見回したりしたが、部屋の中にいるのは自分ひとりである。

だが見られているという感覚はぬぐえず、しばらく続いた。


男性は不安になり、室内を物色してみたが見つからない。

男性はますます心配になって念入りに部屋を探すことにした。

すると、ふと視線の正体を発見してしまった。

タンスと壁のわずかな隙間から、じっとこちらを覗いている女がいた。

シャコ

度々「東京湾から変死体があがった」などニュースを耳にすることがあるとおもいます。
ここで言う変死体とは、腐乱が進んだり、魚などに食い荒らされた事を指しますが、

引き上げられる死体のほとんどにはシャコがびっしりくっついているそうです・・・。

そしてシャコは肉食で、肉ならばなんでも食す、と・・・。
無論、普段寿司屋で口にするシャコも何かしらの「肉」を食べて育っているわけで・・・。

最後の写真

35 :本当にあった怖い名無し :2006/12/21(木) 20:54:47 ID:ifqcstlFO
ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、
その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうとおもい、
病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。


結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずにその子はなくなってしまいました。
葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、病院で撮った写真の事を思い出しました。


それを現像に出し取りにいって見てみると、その写真が見つかりません。
写真屋さんに聞いてみると、「いや、現像に失敗して、、、」というそうです。


不審に思ったお母さんは娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。
写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし、「見ない方がいいと思いますけれど、驚かないで下さいね。」
と写真を見せてくれました。


そこには、三人の女の子が写ってましたが、

真ん中の亡くなった女の子だけがミイラのような状態で写っていたそうです。
それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養してもらうといい写真を持ち帰りました。


それにしても恐ろしい写真だったため霊能者のところに供養してもらう時に
これは何かを暗示してしているのではないかとたずねました。
すると、霊能者は言いたがりません。


やはり無理に頼み込んで話を聞ける事になりました。


その霊能者が言うには、
「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」

海水浴

大学生の男女数人が、
夏休みを利用して海へ遊びに行きました。

近くの崖の下には深い海があり、
岩もなく上から海へ飛び込める場所がありました。

男子学生達は代わる代わる海へ飛び込んでいました。
下の岸辺で見ていた女子学生たちは
その飛び込んでいる瞬間を写真に収めていました。

しかし、そのうちの1人が飛び込んだ後、
いつまで経っても浮き上がってきません。

ライフセーバーに助けを求めて、
海の中を捜索しましたが彼を見つけることはできませんでした。

しばらくたってから写真を現像に出しましたが、
いなくなった彼の最後を写した写真だけがありませんでした。

写真屋に行き出してくれるように頼みましたが、
写真屋の主は「見ないほうがいいですよ」といいます。

学生たちは彼の最後の写真だから
遺族に渡したいとお願いし、写真を受け取りました。

そこには写っていたのは
青空を背景にVサインをしている彼と、
真っ赤に染まった海から無数の手が伸びていました。

合掌

とある中学校の体育祭でのできごと

十月のよく晴れた日に、毎年恒例の体育祭が行われた。

まず開会式が行われ、その後全員で体操をして体をほぐしてから競技が始まった。
しかしそこで悲しい出来事が起こってしまう。普段から少し心臓の弱かったA君が、

100m競争でゴールした直後に、心臓ほっさを起こして病院に運ばれたが、

手当てのかいもなくそのまま病院で亡くなってしまった。


突然のアクシデントで体育祭は一時大騒ぎになったが、先生たちが生徒たちの騒ぎをおさえて、

なんとか静まり、その後は無事に体育祭は終わった。

生徒たちが、A君が亡くなったのを知ったのは閉会式のあとだった。

そして1週間後、体育祭の写真ができたので、ある先生が自宅で写真のできあがりを見ていた。

この先生は趣味が写真で、あの体育祭のときも、カメラを持ったまま

生徒たちの頑張る様子をたくさん撮っていたのだった。


先生は自分の撮った写真に満足しながら、一枚一枚めくりながら体育祭のことを思い出していた。
「そういえば、体育祭のときに亡くなってしまった子がいたな・・・自分のクラスの子でもなかったけど、かわいそうな子だった。もし、Aの写真があれば、きっと生きているときの最後の写真だし、両親に渡してあげることにしよう。」


そう思い、先生は写真の山からA君が写っている写真を探し始めた。
しばらくすると、お目当てのA君が写っている写真が見つかった
「よかった。体操のときに撮ったのがあったか。うわっ!これは・・・!」
先生は結局、A君の写真を両親に見せることはなかった。いや、見せられなかったのだ。

その写真には、開会式の体操の様子が写っていた。

すこし顔色が悪いながらも頑張って体操をするA君。

しかし、そのまわりで体操する生徒全員がA君の方を向いて手を合わせていたのだった。

まるで、これからどうなるかわかっているように。

落とさないでね

ある若いカップルに子供ができてしまい、
おろそうかどうしようか悩んだあげく、産むことにした。
しかし、まだ若い二人は育てることも出来ず、
相談した結果、その子を殺すことにした・・・。


二人は夜中に湖に行き、おいてあるボートに乗って
真ん中あたりまで漕いで行った。
彼女は何度も「ごめんね、ごめんね。」
と言いながら赤ん坊を湖にポチャンっと落とした。


それから何年かして、そのカップルはようやく結婚することになった。
そして二人の間に女の子が産まれ、幸せに暮らしていた。
その女の子が4歳くらいになったある日、

その子が突然湖に行きたいと言い出した。


父親は気が進まなかったが、あまりにしつこく言うので
仕方なく親子3人で出かけることに。
湖につくと今度は「パパ、あれ乗りたい。」とボートの方を指さして言う。


しつこくねだられ、しぶしぶボートを借りて
湖の真ん中あたりに来たところで、女の子が「パパ、おしっこしたい。」と言い出したので、
仕方がないと思い、周りに誰もいないのを確認して湖にさせようと娘をだっこした。


ちょうど両足を持って、二人が同じ方向を向いていると
娘がくるっと振りかえり、「今度は落とさないでね。」と言った・・・・・。

サザエさん最終回

1つはカツオが商店街の福引でハワイを当て、磯野家はハワイ旅行に旅立ったものの飛行機が墜落し、

海面に投げ出された磯野家の人々はサザエは貝のサザエに、カツオは魚の鰹にといったように

その名が示す海の生き物の姿に戻り海の中へと帰っていったというものがあります。

もう1つはサザエさん一家が幸福であったのはテレビアニメに描かれているあの時期だけで、

それ以降カツオは非行に走り少年院に入り、ワカメは売春で逮捕、

フネは不倫に明け暮れるようになり、心筋梗塞で死んでしまいます。
更にタラちゃんが事故死するに及んでノイローゼになったますおは自殺してしまい、

この一家崩壊の現実に耐えられなかったサザエはキッチンドリンカーになってしまうというものです。




【閲覧注意】有名な事件 事故 天災に巻き込まれた奴の話

日本史における不思議な出来事、奇談。

モンハンの世界で米軍一個小隊(60人)が戦える限界の相手は?

【厳選爆笑】久しぶりに一行で笑わせるスレで勝負

【閲覧注意】見世物小屋に入った事ある奴いる?

2000年以降で見る価値のある面白いドラマ