1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:10:30 ID:SAy
煽りは要らんぞ
2ch系怖い話の恐怖度ランク付けしようぜwwwwwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5164602.html
神


2: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)19:12:08 ID:NY2
古事記・日本書紀にはそのような記述はない。



4: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:12:58 ID:SAy
>>2
でも割と共通する部分あるんでしょ?



6: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)19:14:46 ID:NY2
>>4
古事記・日本書紀の神話は日本がどのようにして出来たかを説明してるだけだから。



9: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:17:35 ID:SAy
>>6
その部分で隣国と共通する展開とかってあるんでしょ?



17: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:23:52 ID:9IW
>>9
まぁあれだな温厚なのよ神道は



26: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:28:21 ID:SAy
>>17
俺も神道好きだよ、そして巡り巡って道教も結構好き
興味ある人は調べてみてね!日本人は結構感性に響く人がいると思う!



5: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:14:26 ID:9IW
ほとんどは中国なんだよな
仏教は
神道は日本の自然が元



9: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:17:35 ID:SAy
>>5
神道は神道で中国の道教と迎合する部分あるよね



7: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:15:44 ID:vrO
世界中の宗教に類似点があるんだろ



9: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:17:35 ID:SAy
>>7
ヤマタノオロチとヒュドラとか、冥界から愛してる女の人を連れ帰ろうとするところとかギリシャ神話とも通じてるよね



8: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:17:11 ID:Vl1
世界中に類似点があるよ

元々世界は多神教が主流だった
エジプトもそうだしアラブ地域もそう
ヒンドゥやアメリカ大陸の宗教も

ユダヤ教さえ元々は多神教だったようなんだけど
どういうわけかいつからか一神教になったんだよな




11: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:18:36 ID:SAy
>>8
世界で類似点あるって怖いしロマンあるよね
原点はどこなんだろう



12: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:19:29 ID:Vl1
>>11
わからん
だけどノアの洪水伝説のようなものはいろんな地域にあるみたいね

エジプトの神話にも出て来るはず



13: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:20:42 ID:SAy
>>12
宇宙人とか絡んでくる陰謀説になりそうだから全世界規模の共通性はここまでしておこうか
でも充分面白い!



10: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:18:09 ID:wEB
アメノヒボコでググるよろし
有名な渡来神



16: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:23:34 ID:SAy
>>10
何か面白いなコイツ
結局何がしたかったんだろう



22: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)19:26:33 ID:NY2
>>16
神話は読めば読むほど、神様というのは宇宙人じゃなかろうかと本気で思う



41: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:36:01 ID:SAy
>>22
モノによっては宇宙人説も考えられるよな
でも、このスレで議論するには余りにもテーマがデカすぎる!



14: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:22:01 ID:Vl1
神道には天国って概念ないのかな
黄泉は地獄のような印象だよね、そういえば



19: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:25:40 ID:SAy
>>14
現世と常世ってやつかー…
地獄や浄土みたいな選択肢はやっぱ仏教が入ってきてからか



15: ななしさん@おーふん 2017/02/15(水)19:23:27 ID:Sjo
仏教は支那を経て変質してる
古神道は太古の南インドから伝来した



23: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:26:54 ID:SAy
>>15
仏教も仏教でブッダが死んでから編纂体系化されたものだからその時点で変容してるんだよね
興味深い



18: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:25:14 ID:mzt
皇室と古代イスラエルとの関係もきになるよな
類似点があまりにも多すぎる



21: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:26:06 ID:Vl1
>>18
皇室というか
渡来してから朝廷に影響を与えた人たち

という印象を持ってるよ



29: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:29:35 ID:mzt
>>21
秦氏だっけか?イスラエル系なのは確実なんだっけ?

古墳発掘して弥生と古墳の変化の特異点みたいなぁ
宮内庁「だめです」 はーつっかえ!



35: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:31:55 ID:Vl1
>>29
難しいとこだけど
秦氏は始皇帝の子孫も自称してるようだよ

ただ、ユダヤ人の遺伝子を持った部族が中国で認定されてイスラエル国籍もらってた気がする
中国まで来てたなら日本に着ていても不思議じゃないよなぁって



37: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:34:45 ID:SAy
>>21
古墳は気になるよなー
戦後GHQが調査しに入ったけど、出てきた後に日本政府に絶対に中に入るな!って命じた古墳とか



39: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:35:32 ID:mzt
>>37
神話とは離れるけど
トンカラリンとかいう日本のピラミッドすき
なんなんやあの施設



63: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:47:44 ID:SAy
>>39
世界との共通性怖いお…



40: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:35:45 ID:Vl1
>>37
古墳は気になるし俺も調査したい気持ちがあるけど
天皇王朝がまだ続いているので墓を暴くというのは非常に失礼なんだよな



44: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:38:05 ID:mzt
>>40
へたすりゃ日本の歴史がひっくりかえって皇室の正当性が壊れる可能性もあるもんな

想像するしかない日本歴史のロマンだよなぁ



30: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:29:52 ID:SAy
>>18
こじつけも含めてもあまりにも類似点多いからなー
藤原氏だったか平家だったかはユダヤ系だったって説もあるよね



20: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:25:49 ID:9IW
真言宗は平安初期では創価とか幸福の科学扱い



33: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:30:35 ID:SAy
>>20
いつの時代も新興宗教は大変だな



36: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:32:40 ID:9IW
>>33
そら既得権益が奪われるからな



24: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:27:11 ID:9IW
ユダヤ人とクルド人が日本と仲良くすれば(棒)



42: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:37:08 ID:SAy
>>24
ユダヤ人はどうもなー…
いや差別するってわけじゃないけど、余りにも深謀過ぎて心許せない感じ



47: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:38:28 ID:9IW
>>42
解るがけどクルドとユダヤとは
関係はよくしないとね



25: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:27:24 ID:g4x
スサノオが最初に降り立った場所 は朝鮮
んで「ここは最悪や」って日本に再度降り立った



46: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:38:12 ID:SAy
>>25
朝鮮に降り立つ前は何処にいたのか気になる
神の世界といえばそれまでだけど



52: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:40:54 ID:g4x
>>46
普通に高天原やろ



27: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:28:59 ID:Vl1
俺も仏教と神道と道教だなぁ
好きなのは



53: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:41:10 ID:SAy
>>27
良いよねぇ~



28: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:29:27 ID:2Ns
皇室が韓半島と縁が深いのも出ていたねぇ



53: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:41:10 ID:SAy
>>28
地政学的に近過ぎるって事もあってホント歴史的に繋がり深いからねぇ
まぁ時代を経るにつれ国家ってアイデンティティを得るとお互い優位性を主張するっていう悪影響もあるけど



32: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:30:09 ID:4HC
そういえば何かの本で
半島を皮肉ってたな。
朝鮮民族は世界有数の
民族至上主義が強い民族
にも関わらず体系的な
神話や信仰、民族の神々が
不足しているって



58: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:43:04 ID:SAy
>>32
まぁ昔の中国人にもそこらへんは言われてたよね



34: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:31:43 ID:2Ns
ベトナムの神話の中には
ベトナムから冒険しに行った奴が日本に居着いたってのがあるらしいね



58: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:43:04 ID:SAy
>>34
詳しく!



38: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:34:51 ID:Vl1
そういえばノアの箱舟らしきものって見つかってたよね
アララト山で



60: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:45:12 ID:SAy
>>38
神話ってフィクションもぎょうさん含まれてるけど、やっぱ史実に基づいた部分もあるよな
いまはその境界線が曖昧に成っちゃってるけどそこを想像するのって結構好き



43: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:37:25 ID:WRe
るしふぁあ?アマツミカボシな

しゔぁ?だいこくさんでw



63: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:47:44 ID:SAy
>>43
こういうの好き



50: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:40:45 ID:Rwl
混沌、もいろんな神話に出てくるね



56: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:42:19 ID:Vl1
>>50
確かにそうだ

すごい着眼点だなぁ



66: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:49:33 ID:SAy
>>50
ほう、カオス!



51: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:40:50 ID:mzt
竹内文書とかいうロマン文書
偽書と捨てられた本の中にも真実はありそうなんだけどなぁ



68: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:50:41 ID:SAy
>>51
神代文字という巨大ロマン



86: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:04:17 ID:mzt
>>68
神代文字って存在したんやろか
というか存在してほしい



54: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:41:29 ID:4HC
前にも南朝鮮が陶山神社の李参平
関連の記録にイチャモンつけてたよな。
イチャモンつけるなら半島でも李参平を
なぜ祀らないのか。陶山神社側も半島
なんかにペコペコするなって思う。

他にも百済神社、平野神社、高麗神社
など、半島から来た神を祀った社はあるが
半島では祀っていない



96: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:29:21 ID:SAy
>>54
ふむふむ!



67: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:49:57 ID:oUB
東南アジアの精霊信仰とは共通点あっても
特定アジアの神話とは関係性がまったく見えない



96: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:29:21 ID:SAy
>>67
そうか…



69: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:52:02 ID:5CQ
金星とかいうどの世界でも「あいつ太陽がある時も月がある時も一人だけ光ってるよやべぇ…」と恐れられる星



70: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:52:12 ID:MZq
太陽神が女性なのはかなり原始的な部類に入るらしいよ
あとポリネシアの神話でも島を原初の神様が産んだか作ってた気がする



97: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:31:22 ID:SAy
>>70
強大な宗教に支配される前って女神が最高神って割とあるよね



75: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:56:39 ID:g4x
女カと伏儀の絵は中華的にそれでいいんか?って思うほどショボい
no title





76: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)19:58:07 ID:oUB
ポリネシアとか東南アジアの神話は全然わからんな
ガルーダとかそうだっけ



80: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:01:04 ID:5CQ
中国神話は謎すぎる
太極から陰陽がわかれてうんぬんかんぬんと
仙境に住む仙人がかかわる仙道と
あと星座の神格化と
その他マイナーな神柱がバラッバラに存在するイメージ



81: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)20:02:15 ID:NY2
>>80
ヒゲはやした仙人が霞みを食ってるしか知らんわ



83: 吉衛門マークⅡ◆978ZEXM/xACG 2017/02/15(水)20:02:43 ID:aeX
神武天皇「兄弟で末っ子って変かなぁ」
ゼウス「せやろか」



84: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:02:45 ID:Vl1
道教の中心は道だよタオ



85: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:03:51 ID:Vl1
道教は仏教と考え方が似ていて
宗教というよりも哲学染みたとこがある




89: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:05:39 ID:oUB
よく知らんが不老不死に憧れてるから
道を極めて仙になりたいっていう
きわめて俗っぽい願望の部分しか見えないんだよな



91: 吉衛門マークⅡ◆978ZEXM/xACG 2017/02/15(水)20:07:58 ID:aeX
中国のバンコみたいな巨人の死体から天地が産まれたって話は日本には無いかなぁ(バビロニアのティアマト女神みたいな感じの)
火の神カグツチや食物女神のオオゲツヒメは巨人というサイズでは無さそうだし



100: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:37:47 ID:SAy
>>91
体の各部から新たに神が生まれるっていうパターンも割と世界共通だよね!



92: 【251円】 2017/02/15(水)20:09:00 ID:TMb
でっかい魚の死体が河をせき止めて湖を作った的な話ならアイヌ神話にあったな



93: 吉衛門マークⅡ◆978ZEXM/xACG 2017/02/15(水)20:10:37 ID:aeX
>>92
さんくす、アイヌ神話にも死体化生神話があるのね



94: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)20:12:02 ID:NY2
そりゃそうと、小中学校で神話教育を復活させるべきだな。
そのような活動してる国会議員とかおるんかね?



104: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:41:45 ID:SAy
>>94
今の日本じゃ無理無理ヾノ・_・`)



95: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:18:13 ID:oUB
精霊信仰は自然現象への対処から発生したと考えれば納得できるけど
陰陽道とかは完全に形而上的な自然の捉え方だよね
そこらへんに文明の形成における思考や手法の差異があるんじゃないかと

つまり一般的には、現実に即しながら自然現象に対処して、対処しきれない部分は「神の怒り」としたと。
逆に支那文明の場合は、観念的なシステム作りが最重要だったんじゃないかと
まず中心となる思想があって、そこに合わせるマニュアルを元にして社会を作った



104: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:41:45 ID:SAy
>>95
宗教や思想さえもシステムの一部に組み込むとは…!



102: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:38:49 ID:orE
日本神話の主神は天皇家と切っても切れない



105: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:42:43 ID:SAy
>>102
今更だけど天皇って何なんだろうな



107: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:45:55 ID:Vl1
>>105
権力を越えた権威の統治者ってとこかなぁ
日本文化で最も古い、木の根幹でもある



108: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:46:47 ID:orE
>>105
その辺は掘ると荒れるから・・・

ニニギの尊や天岩戸の辺りの神話すこ
神なのに人間味がある



109: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:47:34 ID:Vl1
>>108
一神教の神以外、たいがいの神は人間味があるよ



128: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:08:21 ID:MZq
>>105
近畿に豪族連合ができてそれを統括するために祭祀階級を創始したとか
神話の中の国譲りとか東征とかなんらかの歴史的事実あるのかなとか
考えるとロマンあるよね



134: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)21:14:11 ID:NY2
>>128
出雲国譲りは考古学でも本当だと証明されてる。
4世紀以降の土からは戦争の跡がなく、すでに統一王権が存在した証となっている。



135: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:15:18 ID:Vl1
>>134
しかし諏訪神社は元々そこの地方に居た神の子孫を主張している




138: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)21:17:55 ID:NY2
>>135
出雲大社もそうだが、大国主命は国を譲る代わりに出雲大社を残し、
伊勢の神宮と同等にしてくれと、ある種の政治取引をしている。
だから今でも出雲信仰は残っているんだ。

諏訪神社に関してもある種似たような取引があったのではないかと予想できる。



112: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:51:37 ID:MZq
スレと関係無いけど旧約の古い部分読むと他の神様の存在を否定してはなくて
もともと多神教だったみたいなのを入試問題で読んだ気がする



114: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:53:15 ID:Vl1
>>112
うん、その通り

出エジプト記に書いてある
「私は妬む神である」と

他の神に妬むよ?と言ってるんだよね
だから「神は私だけ」という論理になって、よその宗教を邪教だ異端だとなっていった。
仏教だって悪魔の宗教だと法王庁では言ってたよ



116: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)20:56:18 ID:Vl1
モーセがシナイ山に石板を取りに行って
民衆は待ちきれなくて子牛の像を作っておがんでたんだよね

帰ってきたモーセは怒ってそいつら全部殺してるよ



120: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:00:43 ID:orE
エノク?だっけか

エジプトは心臓秤に載せて羽と釣りあわないと駄目とか無茶振り多いな



122: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:01:25 ID:Vl1
>>120
死者の書だね。
ミイラの作り方とか

死んだ後の裁判を受ける方法だとかが書かれてる



123: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:02:44 ID:orE
>>122
ピラミッド建造を休み理由が友人をミイラにしないといけないからってやつ好き



126: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:04:34 ID:Vl1
>>123
エジプトはもうムスリム国家なんだよな

彼らはアイデンティティを失った事になる。

ユダヤの神はひどいと思うよ

非常にすぐれた文明を保っていたのに



129: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:08:29 ID:orE
>>126
気候が変わったから仕方ない
文明以前に川が氾濫しなくなって食い物すらまともに取れなきゃ生きてすらいけない



132: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:11:06 ID:Vl1
>>129
俺はこう思ってる。

ムハンマドの布教活動は戦争だった。
教えを広めるために戦争をしたのか
支配したから布教したのか

順序は定かじゃないのだけど
ムスリムの布教と戦争は結構同一の歴史なんだよね



133: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:12:23 ID:orE
>>132
そこは戦争する為に一票
教徒が内部から蚕食すればどんな強国でも倒せるし



139: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:18:22 ID:Vl1
諏訪氏はタケミナカタの子孫を自称してるわけだけど

古事記では逃げ出してる事になってんだよ
へ垂れて逃げた神という事になってんだ

そんな神を祭る諏訪神社が

社格。神社の位よね
正一位になるんでしょうか?

諏訪神社以外に諏訪神社以上の位を持つのは皇室関連の神社だけだよ
これは古来から皇室が認めてきた社格




140: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:19:23 ID:MxT
>>139
以上ならお稲荷さんも・・・



142: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:19:52 ID:Vl1
>>140
あ、そういえばあれも外来種だったよね



141: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:19:49 ID:orE
稲荷は秦氏の家社がスタートだっけか



144: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)21:22:45 ID:NY2
>>141
稲荷は
雷→ 稲妻

京都の伏見では昔からよく雷が落ちる土地だが、作物がよく育つ土地だった。
そこから、雷が落ちる土地にはよく作物が育つとされ、
稲妻が落ちると土地に利があるから稲荷となり、伏見に稲荷神社ができた。



148: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:24:24 ID:orE
>>144
そうだっけかさんくす
茶詳しいんだな

社格は皇室が決めてたんだな知らんかった
丹内山神社とか社格が微妙なのも納得



153: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)21:29:24 ID:NY2
>>148
社格は上から

・神宮
・宮
・社
と3つにランク分けされ、皇室にゆかり深く大切な神社の神宮の号を与えている。
そしてそれは天皇が決めていて、それを宮号宣げという。
さらに天皇はただの人間を神にする力も持っており、徳川家康なども天皇により神になるのを許され日光東照宮の建設を許された。

まあ今ではムリだけどね



157: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:31:48 ID:KYd
>>153
日光東照宮てそうだったのか。



161: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2017/02/15(水)21:33:34 ID:NY2
>>157
天下泰平に尽力して世を安定させた功績として徳川家康は神になるのを天皇から許された



143: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:21:50 ID:AyI
神道とかいうゴミを信仰するゴミはゴミ
ファラオは神、逆らうと死後地獄行き決定



150: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:26:39 ID:NUg
>>143
マジレスすると、古代エジプト神話に地獄の概念は無い。
生きてる間の罪が重くても死者の楽園に行けなくなるだけで、
概念的にはキリスト教の煉獄の方が近い。



151: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:27:55 ID:Vl1
>>150
死者の書にはね

死んで正しい道を行かないと
化け物に食われたり
虫に食われたりするという話はあるんだよね

ただ、そうなったらどうなるの?とうのはわからんが



156: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:30:25 ID:NUg
>>151
死んでから正しく手順踏まないと苦しむってのは独特だよね。
でも、そこは生前の在り方で苦しむことになる地獄の概念とはちょっと違うんよね。



145: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:23:11 ID:Vl1
諏訪神社も外来種とみられるフシがある

例えば諏訪神社のご神体は守屋山なんだよ

アブラハムが年老いてから生まれた一人息子のイサク

神はイサクを神に捧げろとアブラハムに言って

忠誠心を試した。

結局神はアブラハムの忠誠心は本物だったと理解してイサクは助かった。
旧約の古事なんだけどね

この古事の舞台もモリヤ山なんだよ

そんで、イサクの犠牲同様に、宮司が子供を神に捧げようとするが
命を奪う寸前で止めに入るというほぼ同じ話で諏訪にはお祭りがあった。



146: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:23:56 ID:Vl1
これはイサクの犠牲というタイトルで絵画にもよくなってる



167: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:38:51 ID:MZq
アジアの神話の類似は民族的に同じだったからとか集団的無意識だから
みたいなスレじゃないのか



179: 名無しさん@おーぷん 2017/02/15(水)21:57:45 ID:coe