1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:15:58.22 ID:UlAFL7cf0
お願いします
よく見ると


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:16:21.95 ID:GyJET2Jf0
松坂ってこんなんだっけ?
本来のストレートって低めにビシッと決まる感じだったはず
人気先行で本人も戸惑ってる感じだけど
志は元々高いから何とかやってくれると期待してる



729:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 14:35:02.84 ID:MwNSBChC0
>>3
これやべえ鳥肌たった



732:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 14:37:19.33 ID:s9usOSZoO
>>3
解説よろ



734:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 14:38:59.77 ID:9x9N2A4vP
>>732
松本人志



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:17:34.20 ID:ivzYBiCqO
さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。
音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。
俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした

ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。
何やってんだ俺は。このテレビは15万もしたじゃないか。
たまたま落とした場所には布団が敷いてあって
落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。

たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。
映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。
最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。
それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかなぁ。



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:33:37.88 ID:U8bAVUt6O
>>4は初めて読んだがなかなか秀逸だな



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:22:31.47 ID:ivzYBiCqO
ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。
「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
 家で一緒に住んでもいいかな?」
息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。

「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
 彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
 でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」
その台詞に、両親は押し黙ってしまった。

「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
 家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。
 あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
 そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。」
やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は
彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:24:03.86 ID:036Qt9uz0
>>10
マジレスするけど息子とその友人は母親からしてみればまったく違う存在だよな



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:31:02.32 ID:BWxTmpj00
>>10
手足が無くなったのは実は息子だったってことが怖いの?
それとも手足が無くなった息子が飛び降りれたことが怖いの?



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:27:08.73 ID:ivzYBiCqO
ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。
山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、
しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をすることにした。


食事が終わり定食屋に設置されているテレビをふと見ると、
さっきまで家族が乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが流れていた。

そのニュースを見た妻は、「あのバスを降りなければよかった…」と呟いた。
それを聞いた夫は、「何を馬鹿なことを言っているんだ!」と怒鳴ったが、
すぐに「あぁ、なるほど。確かに降りなければよかった…」と妻の意図に気づく。



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:30:04.42 ID:UlAFL7cf0
>>14がよくわからない
一家心中したかった、だと夫が怒鳴る事はないよな



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:32:22.24 ID:N3Kujmjc0
>>17
途中で降りなかったらどうなってた?



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:33:44.85 ID:UlAFL7cf0
>>21
あ、わかった。ありがとう



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:30:52.08 ID:ivzYBiCqO
30 名前:実況厳禁@名無しの格闘家[] 投稿日:2006/07/10 09:33:54 ID:1eItpzrc0
どの局が一番実況うまい?

31 名前:実況厳禁@名無しの格闘家[sage] 投稿日:2008/12/7 10:01:19 ID:EG2wzFY80
何でこのスレこんな過疎ってんの.

32 名前:実況厳禁@名無しの格闘家[sage] 投稿日:2008/12/7 10:01:50 ID:8bF6c/wo0
ここにいるよ^^



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:37:10.57 ID:Dwt+5Lp/P
>>18
何度見てもゾッとするわ
ID:8bF6c/wo0は過疎板に1年中張り付いてんのか



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:36:28.84 ID:UlAFL7cf0
呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。
「これに書かれてある手順を実行すると呪いが成就するが、
手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?」
勿論だ。俺には許せない奴がいる。だからこそこの呪い真書を手に入れたのだ。
俺は呪いの手順を始めた。
「1.まず始めに、目を閉じて、呪いたい相手の顔を思い浮かべます」
忘れたくても忘れられるものか、と俺は奴の顔を思い浮かべた。
よし、次だ、どれどれ・・・。
「2.どんな呪いをかけたいのか思い浮かべます」
考え付く全ての苦痛を与え続けてやる。よし、次だ。
「3.最後に目を開けます」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:43:36.75 ID:sB1gFJVx0
>>25
手順を確認してから実行しろよ……



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:45:18.88 ID:x70FBPQP0
>>30
はどういうこと?



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:46:26.58 ID:qqCLPpuBO
>>33
目瞑ったまま憎い相手と苦痛を浮かべて、目を開けなきゃいけないんだよ



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:48:51.96 ID:x70FBPQP0
>>36
手順のうちなんじゃねえのそれも



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:52:01.10 ID:qqCLPpuBO
>>39
目を瞑った一気にままやって最後に目を開くんだ
でも目を瞑って1を実行してから、2を見る為に目を開けてるんで呪いは失敗なんだろ



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:37:01.85 ID:ivzYBiCqO
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・
人気メニューは・・・ナポリタン・・・



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:58:06.93 ID:nXrqK3gU0
>>26
これよく見かけるけど未だによくわからん



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:03:07.44 ID:qqCLPpuBO
>>53
Neapolitanは「汚い」ってスラング
ここは汚い事で有名なレストランだよ。って1つ英文を、二つに分割して読むから誤解が生まれた



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:43:37.13 ID:ivzYBiCqO
あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。
やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。
その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。
「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」
男が私に話しかけてきた。
「そうですが、どうしてわかったんですか」
私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。
「あなたの年齢は45歳ですか?」
「そうですけど……」
「あなたは62歳ですね?」
「どうしてわかったんだ?」
そんなやり取りを繰り返していく。
どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。
次の停車駅までは、まだ15分以上ある。
私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。
「あなたは50歳ですね?」
「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」
最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。
年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。
「凄いですね。百発百中じゃないですか」
私は男に話しかけた。
すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。

「・・・私が見えているのは貴方がたの



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:43:31.57 ID:bkI2PV/JO
>>31
がわかんねぇ
俺バカ過ぎ



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:44:58.88 ID:0dDo/dJv0
>>106
死ぬ時がわかってる

つまりこの電車は事故るってこと



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:48:01.13 ID:hfAx7UKzO
>>107
これって正確には今の年齢と死ぬ年齢が両方見えてるってことになるのか?



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:50:47.46 ID:6+8lLx2WO
>>113
死ぬ年齢だけだよ
だからあと5分以内に事故る



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:51:49.92 ID:70oztKB70
一人暮らしをしている大学生の男がいた。
男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。
大学から帰ってくるとカーテンの形やゴミ箱の位置などが微妙に変わっている気がするのだ。

最近は誰かにつけられてる様な気もしてきた、
流石に気味が悪くなってきた男は大学の友人に相談した。

男が「もしかして…ストーカーかな?警察に言うのが一番良いと思うけど…
警察は実際に被害が無いと動いてくれないって聞くしなぁ…どうしよ……。」
と困っていると、友人は「…じゃあ大学に行ってる間ビデオカメラで部屋を撮影しておいて、
もしストーカーが部屋に侵入してるのが撮れたらそのテープもって警察に行けば良いじゃん、
不法侵入してるわけだからさすがに警察も動いてくれるだろ。」
と具体的な解決策を提示してくれた、やはり持つべきは友!これは良い案だ!と思った

男は
早速次の日の朝、部屋にビデオカメラを設置して録画状態のまま大学へ行った。
大学から帰ってきた男は焦った、久々に部屋に違和感がある、
「これは期待出来る、マジにストーカー写ってるかも…」
と思いながらビデオの録画を止め、再生した。

しばらくは何も写らなかった。

しかし夕方になると、知らない女が包丁を持って部屋に入ってきたのだ。
「…!!!!!!」ビビった男はすぐに友人に電話をかけた、
「ヤッベー!写ってる写ってるストーカー写ってる!!!!」と若干興奮気味に伝え、
それからは録画を見ながら友人に内容を実況した。

「ゴミ箱漁ってるよぉ…」「今度は服の匂い嗅いでる…キメェ!!」
今までコイツは何回も来ていたのかと思うと

男は背筋が凍る思いだった。
「これで警察も動いてくれるなぁ」と少しホッとしてると、画面の中の女は押入れに入った。

「うっわ…押し入れの中入ったよ、しかもなかなか出てこない……」
などと友人と喋っていると、また誰かが部屋に入ってきた。


男は言葉を詰まらせた。
部屋に入って来たのは自分だった
そしてビデオの中の自分はカメラに近付き録画を止める。
そこでビデオは終わっていた。



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:54:37.37 ID:VdJyeNkS0
ある日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。
最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。
ちょっと薄気味悪くなって、「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」って尋ねたら、
「バカヤロー!」って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。

その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。
両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。

もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか?
いま思い出しても背筋が凍る思いだ。

ネタバレだが首つってる説がよく挙げられている
でも俺には出オチネタにしか思えない



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:59:03.88 ID:TXKawk500
>>46
首吊ったから失禁したって解釈もあるな



861:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 18:00:25.13 ID:/6S2kFH/0
>>55
深読みしすぎじゃない?
旧・日本兵ってのはフェイントで単純に妹の部屋でウンコしたって話だと思う



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 21:58:35.69 ID:UlAFL7cf0
歯医者に行って麻酔を打ってもらった。
麻酔が切れるまで何も食べてはいけないと言われた。

飲みに誘われて、焼肉に行ったが自分一人だけ食べないのはいささか惨めだ。
一枚だけ食べてみた。
何ともなかった。

もう大丈夫だろうと思いそのまま食べ続けた。
その中でどうしても噛み切れないのがあった。

5分後激痛が走った。



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:01:53.56 ID:luWWvTa/0
>>54
わからん...
解説お願い



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:03:08.76 ID:8zv7Ca4S0
>>57
舌噛んでた



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:04:05.63 ID:luWWvTa/0
>>60
なるほど
ありがとう



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:32:15.78 ID:hfAx7UKzO
誰か消える死体のコピペ持ってない?



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:33:49.54 ID:VdJyeNkS0
>>96これのこと?

ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:35:36.18 ID:ksKio74Z0
>>98
全くわからん



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:37:07.82 ID:NhrBRLbT0
>>99
なんで母が死んだ途端に死体が消えなくなったと思う?



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:41:39.61 ID:0dDo/dJv0
>>99
マジレスすると母ちゃんが今まで死体処理しててくれたから



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:46:20.26 ID:0dDo/dJv0
結婚の約束をしていた彼女が死んだ
不治の病だった
何故俺に何も言ってくれなかったのか。俺は彼女を恨んだ

三年後、俺は彼女が死んだ病院で、彼女を呪いながら自殺した



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:47:37.19 ID:sUEMzDSM0
>>108
AIDS



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:39:03.28 ID:k494ECbzO
>>108
今はエイズは治る(押さえられる)病気になったみたいだよね
コピペも古くなるってのが怖いわ



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 22:59:39.53 ID:0dDo/dJv0
この山の崖は景色が良くてちょっとした名所。

展望台に出ると風が気持ちいい。

先には望遠鏡が設置されている。
自分の家はあっちの方角かな、なんて考えながら近づくと同じタイミングで一人の男が近づいてきた。

「あ、お先にどうぞ」

『ありがとうございます』

男は身を投げた。

あの時譲らなければよかった。

全身に痛みを感じながら俺は後悔している・・・



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:01:20.74 ID:sKJnaZIu0
>>133
自殺しようとして先にとんだやつがクッションになって死ねなかったってこと?



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:02:37.28 ID:MtwRukzB0
>>136
想像したら
うわあああああああああああああ



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:03:02.88 ID:0dDo/dJv0
私は風呂でシャワーを浴びているときリビングの方から一つの悲鳴が聞こえた。
私はすぐに風呂から上がり、素っ裸でリビングに向かう。

するとそこには、覆面を被った男と体から血を流した父と母と妹の死体が床に横たわっていた。
覆面の男は私を見た途端、すぐさま窓から逃げ出し私は顔を真っ青に染めながらその場に座り込んだ。



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:05:04.98 ID:UlAFL7cf0
>>140
kwsk



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:05:53.16 ID:N3Kujmjc0
>>142
殺したのは覆面の男ではない



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:06:51.03 ID:UlAFL7cf0
>>145
あ…風呂でシャワーってそういう意味か…



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:06:30.14 ID:0dDo/dJv0
>>142
つまり私が家族を殺したってこと
悲鳴がひとつしかないだろ?泥棒の悲鳴だ



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:10:30.16 ID:0dDo/dJv0
友人とキャンプに行ったんだ
遊び疲れてブラブラ一人で歩いてると結構長い吊り橋が
下は川で、落ちたらひとたまりも無い様な高さ
スリル感を味わいながら渡ってると、いきなり踏み板が外れ転落!
幸い転落防止用のネットに引っかかり事なきをえた
悲鳴に気付いた友人が急いで助けに来てくれた
俺「死ぬかと思った」
友人「大丈夫だったか?ホント、ロープ位修理して欲しいよな」



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:13:50.07 ID:sKJnaZIu0
>>155
踏み板のせいで落ちたのになぜロープ?



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:14:45.08 ID:odsYreb/0
>>166
友人が切ったってこと?



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:14:21.73 ID:0dDo/dJv0
オバケって本当にいるとおもいます。
小さいころ、わたしにはお姉ちゃんが見えていました。
同じきたない服をきて、いっしょに住んでいました。
でもある日お姉ちゃんは見えなくなりました。
パパと、ママが宝くじをあてました。
びんぼうだったから、そんなはくちゅうむを見たのだと言われました。
今はとってもしあわせです。
でもそろそろ宝くじのお金がなくなっちゃいそうです。



172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:16:37.83 ID:odsYreb/0
>>168
お姉ちゃんが売られてお金が入った
でもお金がなくなりそうだから私を売る



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:17:40.27 ID:MtwRukzB0
>>172
ゾッとした



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:36:40.67 ID:LE1YhUurO
一年生になったら 一年生になったら
友達100人 できるかな
100人で食べたいな
富士山の上でおむすびを



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:37:02.52 ID:Kb2cRmYF0
>>223
誰やあぶれてんの



385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:41:09.28 ID:2n6IiPkqO
>>223
これって歌詞として

(友達)100人で食べたいな
って省略してるだけじゃねえの



389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:44:01.61 ID:95yErIt/0
>>385
それなら歌詞が「100人と」になるはず



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:39:05.81 ID:UlAFL7cf0
友人の話

その友人は高層マンションに住んでいます。
彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのですが。
夜中に帰宅したときのことです。
エレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯したそうです。
『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』
そう思った直後、ハッとした友人は慌てて2階3階4階5階とボタンを連打しました。

エレベーターは2階は通過してしまったものの、
3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開けるほどの勢いで外へ飛び出しました。
そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。
『まぁ俺の思い過ごしだと思うけど、万が一ってこともあるしなww』
そう言った友人は、しかし夜間にエレベーターを使うのは今でも控えているみたいです。



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:43:19.01 ID:qqCLPpuBO
>>229
乗ってる人が押さない限りボタンは点灯しないもんな



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:44:57.77 ID:WUmRW44uO
>>232
ちょっとゾクッとした



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:45:13.82 ID:j6JMOKA1O
550 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 23:09:53.75 ID:iTI+FZ6e0
ある地方で大きな地震があった
避難所の小学校で寝ることにしたが人があふれ騒がしくてとにかく暑い
涼みに外にに出ると明かりのついてない建物を見つけた
そこはとても涼しく、静かなので多くの人が横になっていた
これはしめたとそこで寝ることにしたがしばらくして異変に気付いた。静かすぎる


私は建物を飛び出した



239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:48:02.03 ID:Kb2cRmYF0
>>237
こえーよ



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:48:14.62 ID:gtpwE3+10
>>237
他のやつらが全員死体ってことか



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:48:24.90 ID:TXKawk500
反対していた両親を押し切って、今日から一人暮らし。
一人で起き、朝食を食べ、ゴミを出して支度を整えた。
憧れの一人暮らしを実現できたことで私は満ち足りていた。
家に鍵をかけ、毎朝花に水をやっている近所のお婆さんに挨拶をして、私は学校に向かった



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:49:33.11 ID:NhrBRLbT0
>>241
両親殺しちゃったのか



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:52:05.08 ID:bkI2PV/JO
>>241
わからん



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/11(木) 23:54:42.00 ID:BOl80fJy0
>>244
今日から一人暮らしなのにお隣さんが毎朝水やりしてるのを知ってるってことは?



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:04:34.84 ID:0IBXIKvm0
オカルトとか、幽霊とか馬鹿にする人結構いるけど、
ガチでやばいこともあるからバカにしないほうがいいよ絶対。


これは学生時代の話なんだけど、仲良しグループでそういうオカルトの話になって
出るってうわさの山までドライブがてらに夜中遊びに行こうってことになったのね。
人が消える~とかうわさだけどそんなのねーよwwwwとか

何でここ舞台の怪談話って一人称で語ってるのに
そいつ死んでるんだよwwwwとか馬鹿にしながらおふざけ気分でね

それで盛り上がってたのはいいんだけど、
そこにY君ってのがついてくることになっちゃったの。


実はY君はグループに属してはいたけど、正直浮いてる存在。
全員が友達の友達、って思ってるタイプの奴ね。
グループでいるときには話すけど、一対一になったら話題なくなるってタイプ。
でも彼はみんな友達だって思ってるって勘違いで、うざがられてもついてきちゃうのよ。
 

まぁそんなうざい彼をもう思い知らせてやろうって感じで、
一人がどっかいって目印おいて、もう一人が次にそれ持って帰ってくるって
肝試しみたいなことやって、

彼の順番のときにみんなで先帰っちゃったのね。
子供のときにかくれんぼで嫌いな奴を隠れさせて、
残りのみんなで友達の家行ってゲームやるとかそんなノリで


でも、次の日から学校に彼が来なくなって、
本当に神隠しにあっちゃったかのように消えちゃったのよ。

その日からずっとずっと行方不明のまま・・・・
心霊スポットとか遊びで行くようなものじゃない、マジでそういうのあるからみんな気をつけて



453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 02:37:14.42 ID:oP6nh/5+O
>>257
これわからない誰か



456:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 02:42:33.66 ID:k494ECbzO
>>453
Y君は元から幽霊だったかな?



464:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 02:47:29.55 ID:oP6nh/5+O
>>456
わからん
はっきりおせーて



469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 02:51:27.57 ID:IHEYDzmA0
>>464
何でここ舞台の怪談話って一人称で語ってるのにそいつ死んでるんだよwwww

これで答え出てるじゃん



472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 02:52:52.68 ID:k494ECbzO
>>469
これだ
Y君だけ現実世界に帰って行ったんだ



480:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 03:01:15.75 ID:oP6nh/5+O
>>472が一番納得いったけど
じゃあ>>257の語りはYじゃなくね?
>>257で語ってる奴は自分が死んでるか異世界に行ってしまってることに気づいてないってこと?



482:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 03:03:50.44 ID:k494ECbzO
>>480
語り部は死んでる奴で死んだ世界の話なんだろうな
死んだ世界に学校とかどうなんだろ?とは思うが



465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 02:47:35.42 ID:k494ECbzO
>>453
過去レスに書いてあったわ
正直浮いてる存在→浮いてる→首吊り
着いてきた→憑いてきた
で変換じゃないかな

で最後に存在自体が消えた(自殺して死んでるから)



269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:12:37.58 ID:k4+B6Ipq0
99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 15:34:42.73 ID:YEO29K490
最近、近所で連続殺人事件が起きている。
被害者は全て同じ小学校の子供。
その犯行はとても残虐で、死体は見るに耐えないカタチになっているという。

事件現場に供えられた沢山の花。しかし、その中にクローバーが大量に供えてある。
他の現場でも、必ずクローバーが大量に供えられている。
どうやら、あるお婆さんが供えているらしい。
歳は80といったところだろうか。とても温厚そうなお婆さん。
涙は見せず、優しい笑顔で花を供え、手を合せて帰っていく。
お孫さんなのだろうか。知り合いの子供さんなのだろうか。

私も花を供えにと思い現場へ向かうと、ちょうどそのお婆さんと会った。
お婆さんはいつものようにクローバーを供えている。
「何故クローバーを供えているんですか?」
「クローバーって、四葉とかあったりして幸せな花じゃない?
 向こうでも幸せにしてほしいって意味を込めてるのよ」
そう答えるお婆さんは、とても優しい目をしていたが、時折切ない表情も垣間見えた。
「実はね、私の孫も亡くなってしまったのよ。別の事件なんだけど、学校の事故で。
 詳しい事はまだわかっていないらしいんだけどね。
 この殺人事件で亡くなった子達、孫ととても仲良くしてくれてたらしいのよ。
 だからこうして、全員にクローバーを供えているの」

涙しながらそう話すと、お婆さんはその場を去っていった。
こんな優しいお婆さんもいるんだな、という思いにふけりながら帰宅した。



284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:24:42.10 ID:KialDHGo0
>>269
これが分からん



289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:27:05.94 ID:6iWCgDJ+0
>>284
学校の事故ってのがいじめ?かなんかでお婆さんがそれ復讐とかじゃないかな
俺もよく分からん



297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:29:33.89 ID:w4T9ZgcP0
>>289
四葉のクローバーの花言葉が復讐


今ググって知った



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:18:27.31 ID:v+TQ5T770
79 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/11/30(木) 23:05:09.67 ID:Aqiiunno0
俺さ、こないだ飲み会でさwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
夜中に帰ってきたんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwww
そしたら母親が部屋で横になってんのwwwwwwwwwwwwwwwwww
相手にするのめんどくせぇからそのまま寝たらさwwwwwwwwwwww
朝になってもおんなじ格好してんのwwwwwwwwwwwwwww
おかしいと思って起こそうとしたら、母親死んでやがるwwwwwwwwwwwwwwwwww
意味分からんかったけど、とりあえず役所に死亡届け出そうと思ったらさwwwwwwwwwwwww
「あなたのお母さんはあなたが生まれてまもなくお亡くなりになってます」だってよwwwwwwwwwwwwww
じゃあ俺を25年間育ててきたコイツ誰だよwwwwwwwwwwwwwwwwwww



331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:53:52.85 ID:yiOQsna50
>>277
これが地味に怖い



281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:22:21.64 ID:v+TQ5T770
ある男が出張で安ホテルに泊まったときの事です。
その部屋には100円を入れると数十分動くビデオデッキと
ビデオが数本置いてありました。

その中にひとつだけラベルの貼っていないビデオがあったのです。
「なんだろう?」と思った男はとりあえず100円ならいいやと、
そのラベルの貼っていないビデオを見ることにしました。
テレビに映ったのはどこか田舎の町の縁日の風景でした。

屋台が建ち並び、涼しげな格好をした人たちが行き交っています。
画面は浴衣姿の少年を捕らえ、その少年の顔にズームインしていきました。
そして、彼の胸から上が映るあたりでズームはストップし、
画面も一時停止状態に。そして画面の下に、
白い無機質なゴシック体でテロップがでたそうです。
「昭文くんはこの夜、殺されました」
男はすぐにチェックアウトしました。



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:29:41.83 ID:v+TQ5T770
36 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 20:59:44 ID:v+Sa2shO0
高校から今にかけて俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる

高1の時に言われたのが一番最初
夏休み明け直後の日だったんだがいきなりクラスの奴に
「イトウって知ってる?」って言われた

俺「イトウ?知らないなぁ」
「何言ってるんだよお前と同級生だろ?地元の友達だろ?」
俺「いや、しらんし」

数日後・・・

「やっぱりイトウって知ってるだろ?アイツお前と仲よかったらしいぞ」
俺「だから知らないって・・・」
「しらばっくれるなよ!」
俺「はぁ?そんな奴いないつぅの!」

それでケンカになった
そいつは俺に薄情だと言う
俺は知らない奴を知ってる奴だと言われて、なんかシャクに触ったのでキレた
まぁ若い頃だから血の気は多いとして
それでもクラスの奴は異常にキレた
家に帰って、卒業アルバムを小学校の頃から調べたけどやっぱりイトウなんていなかった

結局、ソイツとはそれ以来口を聞くことはなくなり転校していった

変なわだかまりが残ったけどしばらくイトウの名を忘れてた

続く



299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:30:12.81 ID:v+TQ5T770
38 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 21:10:34 ID:v+Sa2shO0
それから学年が変わって高2になった頃、またイトウの名を耳にする
今度は部活が一緒だった隣のクラスの奴
「なぁ、イトウって知ってる?お前と同じ中学なんだろ?」
俺「いや知らないって・・・」

「だってさお前と同じ部活で三年間一緒だったっていっててたよ」
俺「はぁ?ちょっとどういう知り合いなのか詳しく教えてくれよ」

久々にその名前を聞いていやなことを思いだしたけど
正体が知りたくて詳しく聞いてみた
「女だよ、背の低いさ・・・友達の友達なんだよね、こないだそいつとカラオケ行ってさノリのいい奴」
俺「いや・・・知らない・・・女ならなおさら知らない・・・・」
「マジ・・・?連れてきてやるよ、本当にイトウ、お前のこと詳しいから・・・」

俺そこら辺で怖くなったよ、本当にどんなに記憶をたどっても知らない奴なんだから
わりと聞く名前だけどイトウなんて同級生は一人もいない

それから数日して
「お前に会わせようとしたイトウさ・・・いなくなったらしい」
俺「え?なんで?」
「わからん、突然、家を捨てて夜逃げみたいな感じだったって・・・」
俺「・・・・」

次、イトウは以外なところで現れる

続く



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:30:58.44 ID:v+TQ5T770
40 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 21:29:22 ID:v+Sa2shO0
地元の友達が「なぁイトウって同級生いたっけ?」
俺「いない!お前も知ってるかいわれるの?」
「お前も!!」

それで俺らの地元のグループで話題になった
イトウとかいうおかしな奴が俺らの知り合いだと言う
この現象は俺だけじゃなくて周辺の友達に波及して三人同じ体験をした奴がいた

それも三人ともちがう高校で全く別々の友達から聞いた話しだった

「怖いな・・・マジ、イトウって誰だよ?」
俺「俺が聞きてぇよ!!」

同窓会でそのことをみんなに聞いたが誰も知らなかった
ただ連絡がつかない奴の中でイトウって苗字になった奴はいたかもしれないがそれも確認できたわけじゃなかった


それから半年くらいして今度は幼馴染の従姉妹が
「ねぇイトウって知ってる?」
ゾッとした、いつものイトウの話しだったよ
背の低い、女の俺と同じ部活、仲の良い友達だったイトウ

従姉妹は俺のことをよく知っている
「イトウなんて・・・いないよね?・・・」
俺「いない・・・・」

続く



301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:31:46.83 ID:v+TQ5T770
42 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 21:44:16 ID:v+Sa2shO0
それから数年間、イトウは姿を消す
イトウのことは頭の片隅くらいにしか残らない存在になっていた

大学卒業間近、バイト先で
「なぁ、イトウって知ってる?」

その場に倒れそうになったよ
俺「背の低い、女で俺と部活が同じの?」
「そうそうwやっぱり知り合いなんだw」
俺「今も連絡とってるの?」

「あぁ高校のときの部活の知り合いで・・・」
コイツは俺とタメで高校のときの知り合いならイトウはその頃、行方不明だったはずなんだけど・・・
俺「今さ!ソイツと連絡つかない?」
「あぁつくよ!イトウもさ今度、飲みたいって言ってたしちょうどいいよ」

携帯電話の先からイトウの声が聞こえる
「もしもしぃ」
「今さ、・・・うんうん」

かすかにだけどイトウの声が聞こえる
実在する人物なんだ!

「悪い・・・イトウさ、なんか具合悪いからって電話切られた・・・」
俺「そうか・・・じゃあまた今度頼むよ」

次こそはイトウと話す

続く



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:32:50.71 ID:v+TQ5T770
46 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 21:56:28 ID:v+Sa2shO0
次にバイトいったときイトウの知り合いだと言う奴の態度が急変した
俺が何を話しかけてもシカト
軽いいじめみたいな感じの雰囲気になってた
なぜかバイト先の奴からハブられる俺

その日の帰りに店長にクビを言い渡された
文句は言ったが「悪いがしばらくこないでくれ」の一点張り

気がついたらそのバイト先はつぶれてた
結局、イトウとの接点はなくなった

最初に俺にイトウの話をふったクラスの奴もいなくなり
次の部活の奴もその後、退学になった
三人の同級生とも疎遠になった
三人とも良いうわさを聞かなかった、今はどうなったから完全にわからない
従姉妹もその後、精神的にやんで今は話せる状態じゃない

結局、イトウのことに関してはわからずじまいだったのかな・・・・

なんて思ってたら先週、彼女が「イトウって知ってる?」
まだイトウは俺の周りをチョロチョロしてるのかもしれない



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:34:50.00 ID:hKmUEyefP
イトウはみんなにいじめられててその復讐なのかなって思った



308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:38:14.39 ID:8is8vwIX0
イトウわからんな…何かの当て字か何か?



310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:38:44.94 ID:6iWCgDJ+0
分からんな...
これは俺自信が狂ってるのかとも考えたがそしたら同級生3人が引っ掛かるし...
イトウって人間か?



315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:41:41.55 ID:v+TQ5T770
122 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/21 00:30
昔、某放送局でお茶酌みや書類整理のアルバイトをしてた。
いまはお台場に移転して綺麗なビルになっている某放送局。
当時はすっごいふるいビルでエレベータも、
ボタンを押し込むタイプ(ラジオ会館のやつと同じと言えばわかる人も居る?)だった。


そのエレベータが、良く途中で止まった。
最初は孤独感と怖さでガクブルだったけど、非常ボタン押せば、すぐに警備員さんと話が出来て復旧してもらえるので、慣れたら「またか・・」って感じになってた。
ところがある日から、そのエレベータに夜中に乗ると、
下からうめき声が・・・という噂になった。


書類整理という仕事柄、作業が夜中に及ぶ事も多く、
ちょっとそのエレベータを利用するのが怖くなった。

それから数週間後、深夜作業で大量のコピーを破棄しようと
台車に箱をいくつも積み引きながら後ろをみぃみぃ歩いた。


エレベータのボタンを押す。
「ち~ん」という音とともに扉が開く・・・・進もうと思うと背筋に冷たい風。
振り返ると、そこは真っ暗・・・・「・・・・箱が来てない!!」腰が抜けた・・・。
あわや8階から転落・・・というところだった。
私は部屋に戻り警備員を呼びエレベータを使用禁止にしてもらった。
その日はタクシーで家に戻った。


翌日、いつもどおり出社すると、ビルの前にパトカーが数台・・。
何事かと聞くと、エレベータ坑の中に人が落ちてた・・・というのだ。
後から聞いた話だが、死後数週間。

恐らく、転落してから3~5日は生きていたのではないか・・・ということだった。
噂になったうめき声は・・・・。



330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:51:54.81 ID:FyzNDoBX0
>>315
文章がごちゃごちゃしてて分かりづらい
誰か助けて



337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:55:31.77 ID:hKmUEyefP
>>330運悪く箱が来てないのに進んでしまう
もちろん落っこちる
その後数日間助けを求めるが残念ながら・・・・



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:47:21.78 ID:8is8vwIX0
じゃ短めのを一つ
私は仕事の時はいつも電車に乗っている。
今日も電車に乗っていると、突然目の前に女性が現れた。
ああ、またか。気が滅入ってしまう



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:13:14.28 ID:NuJ+Slaj0
>>321がよくわからん



363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:14:19.10 ID:wYeq3BE+0
>>360
俺は運転手で電車運転してたら前に女が飛び出して来たってことだろ?



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:55:46.38 ID:8is8vwIX0
友達が小学生のとき、学校に大きな遊具
(滑り台やらうんていやらが合体したアスレチックみたいなやつ)があったらしい。

で、長放課になるとその遊具で遊ぶ生徒が多かったそうだ。

ある日、その遊具で怪我人が出た。
遊具から落ちて「足が痛い」と言っていたらしい。
両手で遊具の柱を掴み身体を支えて片足で立ち上がったけど、
歩けないようだったから何人かの生徒が保健室に連れていった。


そしたらそのとき保健室には先生がいなくて、
しばらく一緒に遊んでたみんなで付き添ってたらしい。

20分ほどしてようやく戻ってきた保健の先生が病院に連れていくと、
落ちた子は両手両足を複雑骨折してて、しばらくしてから障害者施設に移っていったそうだ……

話し終わってから友達は意味ありげに笑ってたんだが、
聞いた時は何が怖いのかわからなかった。


わかってから何か怖くなったよ。



340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:57:39.53 ID:hKmUEyefP
>>338友達やりやがったな



341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 00:59:03.98 ID:eKUn+9530
>>338
最初片足しか怪我していなかったのに…



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:04:49.44 ID:isS2VYHa0
イトウ=110=警察?



357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:10:45.52 ID:8is8vwIX0
老人が男に言った
「ゲームをしないか?」
老人が説明したゲームの内容は次の通りだ
箱の中に多額の賞金が入れられており、男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物
箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などがおかれている
時間制限などは一切無いらしい

男は是非やらせてくれと答えた
男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無なさそうだったからだ
参加を表明した男に老人が言う
「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある
5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」
男は笑顔で5万円を差し出した

ゲームが開始した
スタート時から賞金は男の目の前にあった



358: 忍法帖【Lv=27,xxxPT】(1+0:15) :2013/07/12(金) 01:12:32.46 ID:HHcrQn3l0
>>357
箱に閉じ込められた?



371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:24:22.44 ID:k494ECbzO
イトウはちょっと頭を整理する

病んだ幼馴染みが二重人格でイトウ人格有り者だと説明が一気につくけど
それだとなんかおかしい気がする



374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:32:59.55 ID:KialDHGo0
イトウのコピペggったらブラウザ落ちやがった



375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:33:27.33 ID:P3wVkjcW0
>>374
こえーよ



381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:37:12.39 ID:k494ECbzO
やっぱりイトウ=俺じゃないかな?
バイト先の知り合い電話かける→俺→イトウにチェンジ→かすかに声が聞こえる(頭の中でって解釈)

次のバイトの時にキチガイ扱いされてハブられて店長にクビになる

友達関係もキチガイ扱いして疎遠になる
良く知ってた幼馴染みがショックで心が病む

って解釈なんだがどうだろう?



383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:38:45.60 ID:P3wVkjcW0
>>381
あっそれなら話が合うな
バイト先の人の反応と電話の件が引っ掛かってたが



386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:41:15.96 ID:XPCaSuEOO
>>381
バイト先の知り合いが高校の同級生だと言ってるんだが
「俺」は高校を掛け持ちしてたのか?



388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:44:01.04 ID:k494ECbzO
>>386
歳がタメなだけだよ同級生とは書いてない



394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:48:24.47 ID:P3wVkjcW0
でも二重人格ならクラスの奴はちゃかしてるだけかも知れないが地元の3人はなんなんだ?



400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:52:30.59 ID:k494ECbzO
>>394
地元の三人も本人には会ってなくて違う友達経由から話を聞いてる



402:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:55:17.05 ID:P3wVkjcW0
>>400
あぁなるほど
それで説明つくな



415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 01:58:59.39 ID:v+TQ5T770
31 :おさかなくわえた名無しさん :2005/06/27(月) 09:45:58 ID:vLg9Gq2N
2001年の秋
風邪ひいてて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。
で、あたまがぐわんぐわんと痛くて、目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。
そこで記憶が途絶えて、気がついたら夕方で、あたりは見知らぬ景色。
買ったことない服着てて、髪染めたこともなかったのに茶髪になってた。
パニクって近くのラーメン屋に入って、ここどこと聞いた。大阪市の福島駅の近くで、時間が一年
近く経ってた。ケータイの種類が変わってた。アドレス帳には、「ま」とか「ひ」とか、一文字の
名前で電話番号が10程度あったけど、知り合いや実家の電話番号がない。
俺はなぜだか知らないがその知らない電話番号が恐ろしくて、川に捨てた。警察から実家に連絡した。
向こうもパニクってた。俺に捜索願が出てた。
とにかく、帰って、今もまだ月一で精神病院に通ってる。
仕事は元の会社には帰れないみたいだったので、今は派遣やってる。

後日談?
http://syarecowa.moo.jp/217/1.html

↑の後日談が確かあったはず



470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 02:51:48.82 ID:4u8EWqzF0
スナッフビデオって知ってるか?

俺は見たことあるぜ。飲み屋で知り合った男に見せてもらった。

男に招待してもらったのは山奥の山荘。俺は先に到着したんだが男は30分遅れた。

「悪い悪い。真ん中の子供が高熱を出してな」男は笑った。

それは無残なビデオだった、興味本位で来た自分に後悔した。

日本人の子供・・・10歳位か?・・・が無残にも・・・

最後まで見られなかった。

俺は叫んだ「お前にも子供は居るんだろ!!」

男「二人居るが、それがどうした?」



474:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 02:56:48.46 ID:IHEYDzmA0
>>470
??
3人いるはずなのに2人ってこと?
ビデオの内容ってなんだ?
この会話だけじゃ内容がないようなもんじゃないか



477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 02:58:17.14 ID:Fp1X9+1x0
>>474
スナッフビデオってのは鑑賞するために殺人の様子を映像に収めたものの事を指す
それを踏まえると子供が減ってる理由は……



495:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 03:26:37.50 ID:MTz/5zBvO
あるサイトで彼女と出会った。
そしてある日、初めてデートをした。
少し遅れたのか、彼女は怪訝そうな顔をしていた。
緊張していたのか無口な人で、あまり言葉を発さなかった。
目もあまり合わしてくれない。映画や食事を楽しんだ後、彼女の部屋に行った。
彼女は、人生に疲れたようだった、なのでプレゼントをあげた。
彼女は喜んでくれた。代わりに俺が好きなジグソーパズルをくれた。
俺は、一旦組み立てられたパズルを壊すのが好きな、変わり者だ。
翌朝1ピースを持って部屋を出た。
俺はいままで付き合った彼女でもパズルが好きだといってジグソーパズルをよくプレゼントとして
もらうのだが1ピースだけ持って帰って、後は忘れるという変な癖がある。



497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 03:30:25.69 ID:IHEYDzmA0
>>495
殺して体の一部を貰うとか
そんなのか?



499:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 03:31:20.73 ID:RhVElTJJO
>>497
連続殺人犯の話



503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 03:37:32.85 ID:isS2VYHa0
いろんなところをちょっとずつ持ってかえって一人の人間を作り上げるんですね



526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 04:34:59.58 ID:MTz/5zBvO
暇つぶしに出会い系を見ていたら、中学時代の友人だったSという子のプロフを見つけた。
HN、趣味などはテキトーだったが、写メを見た瞬間Sだとわかった。
△△市(私の地元)在住とあるので、間違いない。
これは連絡をとらなくてはと思い、すぐに貼られていた捨てアドにメールをしました。
私『Sだよね?覚えてるかな、中学で一緒だった○○だよ』
すると、すぐに返事があった。
S『○○ちゃん?うわー懐かしい!』
私『あの掲示板で見つけてびっくりしたよ!変わってないね~やっぱり可愛いなぁ。今はどうしてるの?』
S『学校に通ってるよ』
私『あっ、じゃあもしかして□□大学?家近かったよね!』
S『そうだよ!』
私『すごい!!中学から成績優秀だったもんね~』
S『そんなことないよ。しかも最近、裏の道路が工事中で勉強に集中できないんだ』
私『裏の道路って□□通り?』
S『そうそう!なんか新しい店つくるみたい』
私『そうなんだぁ。コンビニの隣ってずっと空き地だったもんねぇ』
S『うん。○○ちゃん、よく覚えてるね』
私『だってSの家はしょっちゅう遊びに行ってたじゃん! 中学近かったし、隣の公園でサボってアイス食べるのとか最高だったよね(笑)』

次に来たメールを見た時、私は背筋が凍った。
S『特定した。ありがとう』



527:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 04:37:15.67 ID:Gym40beb0
わからん



529:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 04:39:11.26 ID:i5t/jq6dO
Sの家を特定したい人が写真使ってSの知り合いから情報引き出したってことじゃないの?



530:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 04:40:18.44 ID:Gym40beb0
なるほど



552:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:22:17.67 ID:fB7T6tPW0
去年、友人の妹が車にはねられて死んだ。
ひき逃げだった。
犯人はまだ捕まっていない。
その悲しみせいか、去年の誕生日に友人は祝ってくれなかった。

今日の誕生日、友人は久し振りの笑顔を見せた。
そして、誕生日プレゼントがあると言われた。
「直接渡すのは恥ずかしい。紙に書いておくから、俺が帰ってから探してくれ。」
と言われた。

友人が帰ったら、俺はプレゼントを探しはじめた。
すると、友人が置いて行ったのか紙に、調味料の棚の、お酢の上の段の布の中にある。
と書かれていた。

自分はすぐにそこに行って確かめた。
あの友人が何をくれるのか楽しみだった。
布と一緒においてあった紙には、腐る前に食べてくれ。
と書かれていた。

布の中には俺の大好きなぼた餅がくるまれていた。
まだ食べていないがとても美味しそうだ。
友人には何を返そうかな



553:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:28:44.58 ID:isS2VYHa0
>>552
「す」の上…
「ぬ」「の」の中…



555:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:31:26.39 ID:Ri8Jow8/0
こいつがひき逃げ犯てこと?



559:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:35:12.81 ID:8QeRXoMK0
>>555
うん



556:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:32:05.54 ID:fB7T6tPW0
・12/15
さて、何を書くものか。
誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。
両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、
その妹は今年の春から留学中。
帰ってくるのは3月だ。
というわけで今年の冬は一人で生活。
暇だから日記でも書いてみる。
ちなみにこれは妹が去年のクリスマスにくれたノート。
ツリーの絵が描いてある。
ん…意外と書くこと無いな。
今日はもう寝ることにする。
妹、おやすみ。
・12/16
ペンは持ってみたものの書くことが無い。
妹との思い出を書こうとしても、なかなか手が動かない。
本当に俺って妹がいないと何もできないんだな。
妹に会いたい。
・12/17
今日は友達に合コンに誘われた。
なんでもクリスマスに合コンをやるらしい。
妹に言ったら怒るだろうか?
・12/18
ふと俺を叱る妹の顔が頭に浮かんだ。
「もう、お兄ちゃんったら!しっかりしてよね!」
ってまた言って欲しい。
絶対に言ってくれないけど。



557:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:32:33.48 ID:fB7T6tPW0
続き
・12/20
妹に去年のクリスマスにあげたプレゼント。今は俺が大事に使ってます。
そういえば今年は妹にプレゼント買わないからお金が結構あまってるな。
はぁ…妹に会いたい。
・12/21
妹に会いたい。正月には帰って来ないらしいから会うのは3ヶ月以上先か。
お金たまったしアメリカ行きてぇなぁ。
・12/22
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
・12/23
妹から電話が来た!!! 送り主不明の人からクリスマスプレゼントが届いたって驚いてた(笑)
サプライズとかお兄ちゃんさすが。
・12/24
決めた!おにいちゃん妹のところに行きます!俺、妹がいないと無理だ。ということでこれが最後の日記です。それでは!
・12/25
メリークリスマス!妹から電話が来た。クリスマスパーティをやったんだそうだ。そして妹は急遽、日本に帰宅するらしい。
あやうく俺がアメリカに行くところだった。
妹はお年玉がそんなに欲しいのか?(笑)それとも俺に会いたくなったか?
かわいいやつだ。お年玉たくさん用意して待ってるからな。
・12/27
…信じられないことがおきた。日本に向かう飛行機が墜落したそうだ。
死体が握り締めていた俺からのプレゼントの財布の中身で身元が判明したらしい。
二日おきに書いてきた日記も今日で最後にする。
ページはまだ残っているから悲しみから立ち直ることができたら、来年の12月に妹との想い出でもつづろうと思います。



567:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:47:39.74 ID:PvNH3cuBO
>>556
分かんない。



569:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:51:46.49 ID:8QeRXoMK0
>>567
>二日おきに書いてきた日記も今日で最後にする。

奇数日が去年、偶数日が今年として読んでみ



573:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:52:17.21 ID:i5t/jq6dO
>>567
奇数の日付の日記は妹が死ぬ前のもの

12/27に妹が死ぬ

偶数の日付の日記は翌年のもの

12/24自殺



561:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:39:26.89 ID:8QeRXoMK0
怖いというより切なくなる



563:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:43:34.87 ID:Ri8Jow8/0
本当最後の日記は12/24か
よくできてるなあ



577:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 05:56:38.78 ID:dxTU4VOk0
2日おきじゃなくて1日おきじゃね?



710:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 14:17:30.76 ID:s9usOSZoO
ある意味怖いコピペ
「ねえ、お母さん、結婚したら一緒に住むって話、考えてくれた?」
「ダメよ、何を言ってるのよ。せっかくの新婚生活なのに。慎一さんにだって迷惑がかかるじゃない」
「大丈夫だって。慎一さんちは資産家で家だって大きいんだから。べつに気にする必要ないって」
「そういう問題じゃないわよ。『嫁入り道具に余計なモノまで付いてるわね』なんて笑われたら、お母さん、恥ずかしくって相手のご家族に顔向けできないわよ」
「あははは、出来ちゃった結婚で嫁入りしようっていうのに、今更恥ずかしいことなんて何もないってば」
「あら・・・大きなお腹抱えて大笑いして・・・いい大人が子供みたいに。あなた、もう三十歳でしょう? すこしは大人らしくしなさいな」
「まだ二十九ですよーだ。とにかくさ、結婚したら一緒に住も。
 今日はこれから慎一さんとデートなんだから、きちんと話をすれば大丈夫だって」
「いやよ、お母さん、同居なんて。慎一さんだって嫌がるに決まってるわ」
「だってこのままこの家で一人で暮らすってわけにもいかないでしょう。
 二十年前にお父さんが死んで、もう貯金だってほとんどないのにどうやって生活していくの?」
「パートでもなんでも働けば一人分の食い扶持くらい稼いでいけるわよ」
「いままで働いたことだってないんだから、いい年して今更働きに出るなんてムリに決まってるじゃない」
「まったくこの子は減らず口ばかりで・・・。ほら、そろそろ慎一さんが迎えに来る時間よ。準備しないと」
「あら、ホントだ。じゃあ、お母さん、お小遣いちょうだい」
「もう、この子ったらもうすぐ三十になるっていうのに・・・。
 ほら、これで美味しいものでも食べてきなさいな」
「ありがとう、お母さん。じゃあ、お寿司でも食べようかな」
「お腹がすくからって食べ過ぎちゃだめよ。お腹が大き過ぎると体だって危ないんだからね」
「はーい。いってきまーす」
「おまたせ、慎一さん」
「どうしたの? ずいぶん時間かかってたようだけど」
「ごめんなさい。息子の相手してたら時間がかかっちゃって」



720:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 14:30:28.39 ID:74tMtxon0
>>710
これもよくできてるよなあと思う



801:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 17:22:57.59 ID:Ss21/rqDO
>>710
全く分からん
解析頼む



804:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 17:25:56.40 ID:i5t/jq6dO
>>801
母親と慎一さんがデキ婚
息子は30歳デブニートで親に寄生
何が怖いって、30の息子がいるような年齢の母親がデキ婚しようとしてる所



711:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 14:18:37.44 ID:F9BCh2Kg0
寂しい一人暮らしだと、 会社や家族以外の人との
ふれあいが結構うれしかったりするんだよね。

俺の場合は、その日一日は本当ついていなくて、
会社で他人のミスが自分に 降りかかってきて上司にめちゃくちゃ怒られるわ、

いつもの定食屋が混んでて 自分の注文忘れられ、
担当のお客には怒られ(超理不尽な理由で!)、

ありえない量のサービス残業押し付けられてもうさんざんな状態で、
帰るころには夜12時を回ってた......


こういうときは気分転換にいつもと違ったルートで帰るといいと思って
寄り道がてら見知らぬラーメン屋に立ち入ったら、

そこで偶然中学のときのクラスメート数人とばったり出会ったのよ。
特に盛り上がった会話はしなかったけど、一人暮らしの寂しい俺にとって
こういう偶然の旧友との出会いって、なんか元気でるんだよね。

おかげでどん底から抜け出せたよ。



714:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 14:21:25.76 ID:s9usOSZoO
>>711
お前らww



775:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 16:16:42.30 ID:KXyjtiFv0
あるところに5人の大学生がいました。
彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来てました。
そして運よく100階建の最上階つまり100階の部屋に泊まれることになりました。
大晦日の日彼らはシンガポールのそのホテルにチェツクインして、
荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、ロビーを通った時にフロントの人に、
「今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、
12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。
だからそれまでには帰ってきてくださいね。」

・・・・ しかし彼らは遊びに夢中になり
その約束をすっかり忘れて12時をすぎてしまいました。
フロントも真っ暗でエレベーターも止まっている。
寒すぎてこのままフロントで寝泊まることもできない。
仕方なく彼らは100階の部屋まで階段で100階の部屋まで行くことにした。
20階… 30階… 40階…とだんだんと足が棒になってきて、
50階でついにばててしまいました。
「オイ、このまま上がっていくと、本当に足が動かなくなる、
1階上がる毎に交代で怖い話しをして気を紛らわそう」
と一人の人が言った。
そして1階上がるごとに怖い話しをして、なんとか上にあがっていった。
そしてついに99階にたどりつくことが出来ました。
すると最後の一人が
「いいか、俺が今から言う話しは… 本当に怖いからな、
絶対にビビルなよ」
と他の4人に強く言った。
(どんな話しだろう…)と仲間達は息を飲んだ。
そして、彼はいった。


「一階に・・・ 鍵を忘れた・・・・・・」



783:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 16:41:17.67 ID:nZ/56hbs0
>>775
これ好きだわぁww



782:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 16:41:07.70 ID:k4+B6Ipq0
まだこれがはられていないな……

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す
母は認知症だった
身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ
そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた
母にプレゼントしたカレンダーが見つからない。何の気無しにテーブルを漁ると、
ハサミでバラバラにされた幾つかのカレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた
母はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのに… 私はショックを受けた

私は感傷とともに並べられた日付を整理した

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16

私は一枚だけ向きが逆になっている6/17に気づき、
他の日付と同じ向きに変えていると、一階の父が私を呼んだ
今日から五年振りの父の手料理が食べられる
感傷を胸に押し込み、私は母の書斎を後にした



784:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 16:42:03.91 ID:F9BCh2Kg0
>>782
ここまでいくと「意味がわかると」のレベル超えてるからな



792:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 16:54:13.40 ID:F9BCh2Kg0
>>782
この文章の日付は、元素表上の座標。

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16
Ti  Ti  Ni  Au  Na  Hg  Mo Ra Re  At  Ni  Ge  Te

6/12のHgはそのまま元素記号として読む。
Hgは水銀。摂取すると中毒を巻き起こす猛毒。らしい。
そこで、6/17日は向きが逆だったのでAt→tAに変える。
すると 「父に会うな 水銀盛られた 逃げて」 となる。
つまり、これから食べようとしている手料理も危ない。

わかるわけねーだろwww



807:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 17:26:55.67 ID:J/LwPgOW0
俺とAは任務で敵のアジトに潜入していた
俺は地上3階、Aは地下3階でそれぞれ作業をしていた
任務は順調に思えたが、上司から即時撤退の指示が出た
潜入は敵にばれていて爆弾が仕掛けられていたらしい
急いで出口に向かう、転げ落ちそうになりながら階段を降りていく
Aは大丈夫だろうかと考えたが奴は足の速さだけは凄かった
階段を下る俺と階段を登るアイツで同じ速度だったし心配はいらないだろう
俺が脱出すると同時に建物は爆発した
爆発の衝撃で俺は少しの間、意識を失っていたようだ
Aは無事だろうかと辺りを見渡すと少し離れたところに居やがった
Aが手招きをしている、何か言ってるようだが爆発の影響か聞こえない
まぁ、助かったんだ任務は成功とは言えないが二人で酒を飲みに行こう



808:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 17:30:14.38 ID:hKmUEyefP
>>807これ何度も読んでるけどいまだによくわからない



812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 17:31:52.07 ID:ZAVM01W/0
>>808
俺 三階→二階→一階
A 地下三階→地下二階→地下一階→一階



816:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 17:35:23.11 ID:hKmUEyefP
>>812なるほど



823:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 17:39:07.53 ID:khtsM6CZT
爆発の衝撃で気を失ってる→死に掛け
死んだAが呼んでる→そっちに行くと本格的に死ぬ
って話なんじゃねえかな



833:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 17:46:21.77 ID:YeMVeSIoO
俺が小学生の頃の話。

俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、 地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。
ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
わたしの からだは このしたに いるよ」
と書いてあった。下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ。 うしろ みないでね」
俺は急いでその部屋の窓から飛び降りにげた。
それからはもう、その場所には近づいていない。



841:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 17:49:10.09 ID:i5t/jq6dO
>>833
最後だけ「書いてあった」がないから直接声が聞こえた ってのが通説だな



転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373544958/