550 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 20:48:45 ID:/f1YiQoE0
祖母の介護
うちの祖母が亡くなる直前の話。

祖母は介護が必要で母が介護していたのだけど、
介護って相当疲れるらしく、だんだん母の方がノイローゼみたいになった。

ある日、母が珍しくニコニコしながら帰ってきた。
祖母におみやげと言って、人形を買ってきた。
母が言うには神様が宿る人形らしいが、私はそれを見て気味が悪い人形だと思った。
それでも母の機嫌が良いので放っておいた。

その日から、祖母が夜中になると「ヒーッ、ヒーッ」と苦しそうな声を出すようになり、
その度に母が起きて看病していた。

ある日、夜中にまた「ヒーッ、ヒーッ」と祖母の苦しそうな声が聞こえ、祖母の部屋を覗いて見ると、
祖母の隣で母が、例の人形の首を絞めてた。

それから1ヶ月くらいで祖母は亡くなった。
母は今、精神病院にいる。
赤い付き


615本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 02:58:14 ID:h6uV5CRw0
恐怖の誕生日
弟の10歳の誕生日。僕はその二ヶ月前に12歳になっていた。
家族でささやかなパーティー。
父母僕弟の四人で、テーブルに置かれた、普段よりずっと豪華な食事を囲んだ。


テーブルの真ん中にはケーキ。甘いものが好きな弟は何より先にそれを食べたがった。
10本立てたロウソクに火がともる。
明かりを消そうねと言って母親が立ち上がり、蛍光灯の紐を引いた。
ドーナツ型の蛍光灯が、はじめは二つ点いている。一回引いてその一つが消える。

二回目に紐を引くと、二つめの蛍光灯が消えて、代わりにオレンジ色に光る小さな電球がともる。
夕暮れよりもう少し暗い、オレンジ色の薄闇の中に、
ロウソクに照らされたテーブル、それから家族の顔がぼうっと浮かぶ。


もう一度紐を引いて部屋を暗くしようとしたとき、
せっかちな弟が力み返った息を吹き出して、ロウソクの火を全部消した。

母親が紐を引くのが、それと同時だった。

カチ、と音がして明かりが消え、同時に弟の息で火も消え、つまりそこは真っ暗闇。
カーテンの隙間から漏れるかすかな外の明かりが、やけに遠くに見える。
暗くしてからロウソクを消す、という段取りが頭にあった僕達家族は、一瞬呆然とした。

弟は弟で、火を消したつもりが部屋ごと真っ暗になって黙り込んだ。
ここで母親がすぐに紐を引いて、もう一度明かりをつけてくれればよかったのに。
驚いた母親は紐を放してしまった。


616本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 02:59:45 ID:h6uV5CRw0
母親が手を動かして紐を探すのが気配で分かる。
誰も喋らない。
だが何かが喋っていた。

「軟らかい上り坂。平らな道。急な坂。丸みを帯びた壁。
途中に半開きの扉。上ると、てっぺんはさらさらした野原。」

「野原を抜けると、丸みを帯びた崖。途中に半開きの窓。下ると、坂、平らな道。軟らかい下り坂。」
手のひらで撫でられる感触があった。二の腕をのぼり、
肩から首へ滑っていき、首から顔の横をのぼって、途中耳に触れて、髪の毛を撫でる。

反対側を、今度はそれと逆の順で下っていく。

「下りてきた。冷たい、硬い道」
テーブルの上を手のひらが這う音。
「上り坂。さっきより軟らかい」
隣の弟が体を硬くするのが気配で分かった。

「坂を上ると平らな道。さっきより短い。急な坂。
丸みを帯びた壁。途中、半開きの扉に、おや、鍵穴があったのか」

「あああああ」と弟が悲鳴を上げた。椅子もろとも床に倒れる音。

「なおきなおきなおき、なにしたの」と母親が叫んだ。「どうしたんだなおき」と父親が怒鳴った。
母親がようやく、紐をつかんだ。しかし動転しているのか、めちゃくちゃに紐を引きまくる。十回も二十回も。
明かり、弱い明かり、薄闇、暗闇。カチカチ、音を立てて目の前の光景が色を変える。

ひとつづきのはずの視覚が、コマ送りになる。
そのコマ送りに乗って、カチ、カチ、と弟がテーブルから離れていく。
カチ、5センチ。カチ、10センチ。カチ、15センチ、カチ、真っ暗。

弟は耳から血を流して、横ざまに倒れて体を縮めていた。
カチ、20センチ。カチ、25センチ。カチ、30センチ、カチ、真っ暗。カチ、カチ、カチ、カチカチカチカチ
やがて弟は部屋のドアのそばまで来た。母親がまた紐を引いた。カチ、真っ暗。

最後のカチと一緒に、ブツ という音がした。真っ暗のまま、蛍光灯の紐が切れたのだ。
母親が手を止めた。そして、その体が闇の中でゆらめいて、テーブルの上に倒れた。
食器の砕ける音の中、「こわいよおこわいよお」という弟の声が遠ざかっていった。


617本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 03:01:12 ID:h6uV5CRw0
僕は長いことじっとしていた。母親は気を失っているようだった。
ひとりそこを離れた父親が、手探りで見つけた懐中電灯で部屋を照らした。
ドアを照らし、あけると、廊下が暗い。
「廊下の電気はいつもつけているのに」と父親が言って、部屋を出た。

暗い中動く気配があって、懐中電灯の光の筋が踊った。
「あった、スイッチだ」
カチ、と音がして廊下の明かりがついた。壁に遮られて半分しか見えない父親がこっちを見た。
僕もそっちを見た。手首から先だけの薄い手のひらが、
指先をこっちに向けて父親の右の耳を覆っていた。




145 :・・・からの電話:2005/06/30(木) 11:14:11 ID:p6mo9tpV0
稲川淳二の『・・・からの電話』

A、B、Cの三人が、卒業旅行でAの別荘に遊びに行った。
別荘から帰る前日、夜遅く三人で話をしていると、突然1本の電話が。
Aが言うには、昼間に地元の女の子と知り合い、この別荘の電話番号を教えたとのこと。
Aは二人にからかわれながらも受話器を取った。

『あなた…キュルキュルキュル…でしょ?』

その女性とは違うらしいと思ったAは、「どなたですか?」と尋ねたが、
受話器からは『あなた…キュルキュルキュル…でしょ?』と繰り返されているだけ。
気味が悪くなったAは電話を切った。

誰だったのかと尋ねる二人に、Aは電話のことを話した。
「女の声で、ずっと『あなた…キュルキュルキュル…でしょ?』って言ってるんだよ。
まるでテープの早送りみたいにキュルキュルって…」
皆何か気味の悪いものを感じたが、結局はいたずら電話だということに落ち着いた。

帰る当日、Aは別荘に残るといい、BとCは自宅へと戻った。

その夜、Cのもとへ1本の電話が。
それは、Aが海で溺れて死んだという知らせだった。
それから1年がたち、CはしだいにAのことを忘れていった。

そんなある日、ほとんど連絡のなかったBから、Cに電話がかかってきた。
懐かしい友人からの電話に喜ぶCだったが、Bはどうも気分がすぐれない様子だった。


147 :・・・からの電話:2005/06/30(木) 11:14:40 ID:p6mo9tpV0
『なあC、海に行った時のこと覚えてるか?あの時、Aに変な電話がかかってきただろ』
「ああ、そういえばあったな」
『あの電話、俺の所にもかかってきたんだ…』
「何だって!?」
『俺、死ぬのかな…Aはあの電話の後死んだだろ…?』
「そんなの偶然だよ。そうだ、久しぶりに会わないか?」
『そうだな…会おう』

待ち合わせの日、先に着いたCはBを待っていたが、Bはなかなか現れない。
心配したCはBに電話をしてみるが、誰も出ない。
結局その日、Bは待ち合わせ場所に現れなかった。

数日後、CはBが待ち合わせ場所に来る途中、交通事故にあって死んだことを聞いた。

それ以来、電話に出ることが恐ろしくなったCは、
電話がかかっても留守電を通すなどし、直接電話に出ることをしないようにした。
数ヶ月がたっても特に何も起こらず、Cも電話のことを忘れかけていた。

ある日、Cは最近できた彼女と電話で話していた。
Cは彼女との長電話を楽しみ、翌日遊びにいく約束をし、電話を切った。
しかし、受話器を置いて、すぐに再び電話がなった。
Cは彼女が何か言い忘れたのだろうと思い、受話器を取った。

『あなた…キュルキュルキュル…でしょ?』


148 :・・・からの電話:2005/06/30(木) 11:15:10 ID:p6mo9tpV0
Cは焦った。あの電話だ…!
「おい、誰なんだ!?いたずらはやめろ!」
『あなた…キュルキュルキュル…でしょ? あなた…キュルキュルキュル…でしょ? 
あなた…キュルキュルキュル…でしょ? あなた…キュルキュルキュル…でしょ? 
あなた…キュルキュルキュル…でしょ? あなた…』
Cは怯えながらも、電話を切ったら自分も死ぬと思い、ずっと受話器を握り締めていた。

何時間が経っただろうか、気がつけば空も白み始めている。
さすがにCも限界だった。
しかしその頃から、電話の『キュルキュルキュル』という
テープの早送りのような部分が、徐々にゆっくりとなっていった。

『あなた…キュルキュルキュル…でしょ? あなた… キュル キュル キュル …でしょ? あなた…』
『キュルキュルキュル』の部分は、少しずつ人の声へと近づいていく。
そして、とうとうはっきりと声が聞こえるようになった。

『あなた…死にたいんでしょ?』

「俺は死にたくない!死にたくない!!」
Cがそう叫んだ瞬間、電話は切れた。

Cはそれからも、元気に暮らしているらしい。



412:かおる:02/02/07 00:37
マネキン
私には霊感がありません。
ですから、幽霊の姿を見たことはないし、声を聞いたこともありません。
それでも、ものすごく怖い思いをたった一度だけ、中学生の時に体験しました。
その話を聞いていただきたいと思います。

14歳のころ父を亡くした私は、母の実家に引っ越すことになりました。
母方の祖父はとうに亡くなっていたので、祖母、母、私と、女3人だけの暮らしとなります。
私は、親が死んだショックから立ち直れないまま、新しい環境に早急に馴染まなくてはいけませんでした。

不安はあったのですが、私の身の上に同情してか、転校先の級友も優しく接してくれました。
特にS子という女の子は、転校してきたばかりの私に大変親切にしてくれ、
教科書を見せてくれたり、話相手になってくれたりしました。
彼女と親友になった私は、自然に周囲に心を開いてゆき、
2ヶ月もたつころには、みんなでふざけあったり、楽しく笑いあったりもできるようになりました。


413 :かおる:02/02/07 00:38
さて、そのクラスには、F美という可愛らしい女の子がいました。
私は彼女に、何となく心惹かれていました。
もちろん変な意味ではなく、女の子が見ても可愛いなと思えるような、
小柄できゃしゃな感じの子だったので、同性として好意を持っていたのです。
(私はちょっと地黒で背も高いので、今考えると、多少の羨望もおそらくあったのだと思います)

好かれようとしていると効果はあるもので、席替えで同じ班になったことから、だんだん話すようになり、
彼女が母子家庭であることがわかって、余計に親しくするようになりました。

もっともF美の場合は、死に別れたのではなくて、
父親が別の女性と逃げたとか、そういうことだったように聞きました。
彼女も女だけで生活しているということを知ったとき、この子と友達になってよかったな、と心底思いました。
ただそれも、彼女の家に遊びにいくまでの短い間でしたが・・・


414 :かおる:02/02/07 00:41
その日、私が何故F美の家を訪ねることになったのか、私は覚えていません。
ずいぶん昔の話だからというのもありますが、
それよりも、彼女の家で見たものがあまりに強い印象を残したので、
そういった些細なことが、あやふやになっているのでしょう。

その時はS子もいました。
それまでも、S子はF美のことをあまり好いておらず、
私が彼女と仲良くすることを、好ましくは思っていないようでした。
それなのに、何で彼女がついて来たのか、私には思い出せません。
しかしとにかく、学校の帰り、家が全然別の方向なのにもかかわらず、
私とS子は、何かの用事でF美の家に寄ったのでした。


415 :かおる:02/02/07 00:43
彼女の家は、正直古さの目立つ平屋で、
木造の壁板は反り返り、庭はほとんどなく、隣家との間が50センチもないような狭苦しい場所にありました。
私はちょっと驚きましたが、おばあちゃんの家も年季は入っていますし、
家計が苦しいのはしょうがないだろう、と思って自分を恥ずかしく思いました。

「おかあさん」
F美が呼ぶと、少ししわは目立つものの、奥からにこやかな顔をしたきれいなおばさんが出てきて、
私とS子に、こちらが恐縮するほどの、深々としたおじぎをしました。
洗濯物をとりこんでいたらしく、手にタオルや下着を下げていました。


416 :かおる:02/02/07 00:45
「お飲み物もっていってあげる」
随分と楽しそうに言うのは、家に遊びに来る娘の友達が少ないからかもしれない。と私は思いました。

実際にF美も、「家にはあんまり人は呼ばない」と言ってましたから。
もしF美の部屋があんまり女の子らしくなくても驚くまい、と私は自分に命じました。
そんなことで優越感を持ってしまうのは嫌だったからです。

しかし、彼女の部屋の戸が開いたとき、目にとびこんできたのは、予想もつかないものでした。


417 :かおる:02/02/07 00:46
F美がきれいだということはお話ししましたが、そのぶんやはりお洒落には気を使っているということです。
明るい色のカーテンが下がり、机の上にぬいぐるみが座っているなど、予想以上に女の子らしい部屋でした。
たった一点を除いては。

部屋の隅に立っていて、こっちを見ていたもの。
マネキン。
それは間違いなく男のマネキンでした。
その姿は今でも忘れられません。

両手を曲げて縮め、Wのかたちにして、こちらをまっすぐ見つめているようでした。
マネキンの例にもれず、顔はとても整っているのですが、
そのぶんだけその視線がよけい生気のない、うつろなものに見えました。


418 :かおる:02/02/07 00:48
マネキンは、真っ赤なトレーナーを着て、帽子を被っていました。
不謹慎ですが、さっきみたおばさんが身につけていたものより、よほど上等なもののように思えました。
「これ・・・」
S子と私は唖然としてF美を見ましたが、彼女は別段意外なふうでもなく、
マネキンに近寄ると、帽子の角度をちょっと触って調節しました。

その手つきを見ていて私は、鳥肌が立ちました。
「かっこいいでしょう」
F美が言いましたが、何だか抑揚のない口調でした。
その大して嬉しそうでもない言い方が、よけいにぞっと感じました。


419 :かおる:02/02/07 00:50
「ようこそいらっしゃい」
といいながら、トレーにケーキと紅茶を乗せたおばさんが入ってきて、空気が救われた感じになりました。
私と同じく場をもてあましていたのでしょう、S子が手を伸ばし、お皿を座卓の上に並べました。

私も手伝おうとしたのですが、お皿が全部で4つありました。
あれ、おばさんも食べるのかなと思い、ふと手が止まりました。
その時、おばさんがケーキと紅茶のお皿を取ると、にこにこと笑ったままF美の机の上におきました。
そこは、マネキンのすぐそばでした。


420 :かおる:02/02/07 00:53
とんでもないところに来た、と私は思いました。
服の中を、自分ではっきりそれとわかる冷たい汗が流れ続け、止まりませんでした。
F美はじっと、マネキンのそばに置かれた紅茶の方を凝視していました。

こちらからは、彼女の髪の毛しか見えません。
しかし突然前を向いて、何事もなかったかのようにフォークでケーキをつつき、
お砂糖つぼを私たちに回してきました。

私は、マネキンについて聞こうと思いました。
彼女たちは、あれを人間扱いしているようです。
しかもケーキを出したり、服を着せたりと上等な扱いようです。
ですが、F美もおばさんも、マネキンに話しかけたりはしていません。

彼女たちはあれを何だと思っているのだろう?と考えました。
マネキンの扱いでは断じてありません。
しかし、完全に人だと思って、思い込んでいるのだとしたら、
「彼」とか「あの人」とか呼んで、私たちに説明するとかしそうなものです。

でもそうはしない。
その、どっちともとれない中途半端な感じが、ひどく私を不快にさせました。
私がマネキンのことについて尋ねたら、F美は何と答えるだろう。
どういう返事が返ってきても、私は叫びだしてしまいそうな予感がしました。


421 :かおる:02/02/07 00:54
どう考えても普通じゃない。

何か話題を探しました。
部屋の隅に鳥かごがありました。
マネキンのこと以外なら何でもいい。
普通の、学校で見るようなF美を見さえすれば、安心できるような気がしました。

「トリ、飼ってるの?」
「いなくなっちゃった」
「そう・・・かわいそうね」
「いらなくなったから」

まるで無機質な言い方でした。
飼っていた鳥に対する愛着などみじんも感じられない。

もう出たい、と思いました。
帰りたい、帰りたい。ここはやばい。長くいたらおかしくなってしまう。

その時「トイレどこかな?」と、S子が立ち上がりました。
「廊下の向こう、外でてすぐ」とF美が答えると、S子はそそくさと出ていってしまいました。
そのとき正直、私は彼女を呪いました。
私はずっと下を向いたままでした。

もう、たとえ何を話しても、F美と意思の疎通は無理だろう、ということを確信していました。
ぱたぱたと足音がするまで、とても長い時間がすぎたように思いましたが、
実際にはほんの数分だったでしょう。
S子が顔を出して、「ごめん、帰ろう」と私に言いました。
S子の顔は青ざめていました。

F美の方には、絶対に目を向けようとしないのでした。
「そう、おかえりなさい」とF美は言いました。
そのずれた言い方に、卒倒しそうでした。


422 :かおる:02/02/07 00:56
S子が私の手をぐいぐい引っ張って、外に連れ出そうとします。
私はそれでもまだ、形だけでも、おばさんにおいとまを言っておくべきだと思っていました。
顔を合わせる勇気はありませんでしたが、奥に声をかけようとしたのです。
F美の部屋の向こうにあるふすまが、20センチほど開いていました。

「すいません失礼します」
よく声が出たものです。
その時、隙間から手が伸びてきて、ピシャッ!といきおいよくふすまが閉じられました。
私たちは逃げるように、F美の家を出ていきました。

帰り道、私たちは夢中で自転車をこぎ続けました。
S子が終始私の前を走り、1メートルでも遠くへいきたい、とでもいうかのように、
何も喋らないまま、自分たちのいつもの帰り道まで戻っていきました。

やっと安心できると思える場所につくと、私たちは飲み物を買って、一心不乱にのどの渇きをいやしました。
「もう付き合うのはやめろ」とS子が言いました。
それは言われるまでもないことでした。
「あの家、やばい。F美もやばい。でもおばさんがおかしい。あれは完全に・・・」
「おばさん?」
トイレに行った時のことをS子は話しました。


423 :かおる:02/02/07 00:57
S子がF美の部屋を出たとき、隣のふすまは開いていました。
彼女は何気なしに通りすぎようとして、その部屋の中を見てしまったそうです。
マネキンの腕、腕が、畳の上に4本も5本もごろごろ転がっていたそうです。
そして、傍らで座布団に座ったおばさんが、その腕の一本を、狂ったように嘗めていたのです。

S子は震えながら用を足し、帰りにおそるおそるふすまの前を通りました。
ちらと目をやると、こちらをじっと凝視しているおばさんと目が合ってしまいました。
つい先刻の笑顔はそのかけらもなくて、目が完全にすわっています。
マネキンの腕があったところには、たたんだ洗濯物が積まれてありました。

その中に、男もののパンツが混じっていました。
「マ、マネキンは・・・?」
S子はついそう言って、しまったと思ったのですが、
おばさんは何も言わないまま、S子にむかって、またにっこりと笑顔を見せたのでした。
彼女が慌てて私を連れ出したのは、その直後のことでした。


424 :かおる:02/02/07 00:59
あまりにも不気味だったので、私たちはF美が喋って来ない限り、彼女とは話をしなくなりました。
そして、だんだん疎遠になっていきました。
この話をみんなに広めようか、と考えたのですが、とうてい信じてくれるとは思えません。
F美と親しい子にこの話をしても、
傍目からは、私たちが彼女を孤立させようとしているとしか思われないに決まっています。
特に、S子がF美とあんまり仲がよくなかったことは、みんな知っていますから・・・。

F美の家にいったという子に、こっそり話を聞いてみました。
でも一様に、おかしなものは見ていないと言います。
だから余計に、私たちに状況は不利だったのです。
ただ一人だけ、これは男の子ですが、そういえば妙な体験をしたという子がいました。

F美の家に言ってベルを押したが、誰も出てこない。
あらかじめ連絡してあるはずなのに・・・と困ったが、とにかく待つことにした。
もしかして奥にいて聞こえないのかと思って、戸に手をかけたら、ガラガラと開く。
そこで彼は中を覗き込んだ。

ふすまが開いていて(S子が見た部屋がどうかはわかりません)、部屋の様子が見えた。
浴衣を着た男の背中が見えた。向こうに向いてあぐらをかいている。
音声は聞こえないが、テレビでもついているのだろう。
背中にブラウン管かららしい、青い光がさして、ときおり点滅している。
だが何度呼びかけても、男は振り返りもしないどころか、身動き一つしない・・・
気味が悪くなったので、そのまま家に帰った。

F美の家に男はいないはずです。
たとえ親戚や、おばさんの知り合いであったところで、
テレビに背中をむけてじっと何をしていたのでしょう?
それとも、男のパンツは彼のだったのでしょうか。

もしかして、それはマネキンではないか、と私は思いました。
しかし、あぐらをかいているマネキンなど、いったいあるものでしょうか。
もしあったとすれば、F美の部屋にあったのとは別のものだということになります。
あの家には、もっと他に何体もマネキンがある・・・?
私はこれ以上考えるのはやめにしました。

あれから14年がたったので、今では少し冷静に振り返ることができます。
私は時折、地元とはまったく関係ない所でこの話をします。
いったいあれが何だったのかは、正直今でもわかりません。

もしF美たちがあれを内緒にしておきたかったとして、
仲の良かった私だけならまだしも、なぜS子にも見せたのか、
どう考えても、納得のいく答が出ないように思うのです。

そういえば、腕をWの形にしているマネキンも見たことがありません。
それだと、服を着せられないではないですか。
しかし、あの赤い服は、マネキンの身体にピッタリと合っていました。
まるで自分で着たとでもいうふうに・・・

これが私の体験のすべてです。



774 :本当にあった怖い名無し:05/01/11 00:54:45 ID:VOCdr4vl
おばあちゃんっ子なみさきちゃん
昨日体験した話。

朝起きて家の前でタバコふかしてると、隣に住んでるAさんに声をかけられた。
「○○ちゃん(私の名前)、頼みたい事があるんだけど…
ちょっと、みさき(Aさんの娘さん、小1)の事見てやってくれないかしら?」
「別にいいですけど…どうしたんですか?」

「あたしの母さんが倒れて、病院に運ばれたのよ…
たいした事無いらしいけど、みさきに教えるとうるさいから…」
「あー、みさきちゃんおばあちゃんっ子ですもんねー」
なんて会話をして、Aさんは病院に向かった。
4時頃には帰ると言っていたので、その間Aさんの家でみさきちゃんと遊ぶ事にした。

みさきちゃんは本を片手に、嬉しそうに私に話しかけてきた。
「あんねー、これがみさきがもってるなかで、いちばんこわい本なの!」
手渡された本は、著作権侵害だか何だかでオカ板で話題になったあの本…
Aさん。2ちゃんねらーだったのか…ていうか、子供に見せるなよ。
とか思いつつも、みさきちゃんの相手をしていた。

昼食を食べ、みさきちゃんの怖い話に耳を傾けているうちに、3時になった。
「あ、3時だ…そろそろお母さん帰ってくるかもね?」
私がそうみさきちゃんに言うと、彼女はなんともいえないくらい素っ頓狂な声で呟いた。

「…かえってこないよ?」
「…なんで帰ってこないって思うの?」
「だって、おかあさん、おばあちゃんのところにいったんでしょ?」
…なんで知ってるんだろうと一瞬ぞっとしたが、朝の電話の話を聞いていたんだろう、と思った。


775 :本当にあった怖い名無し:05/01/11 00:55:34 ID:VOCdr4vl
「なんだ、知ってたのか~…でも、大丈夫。4時頃には帰ってくるって言ってたから」
「でもおばあちゃんしんじゃったもん。かえってこれないよ?
おねえちゃんも、おかあさんがかえってくるまでかえれないね~」
そう言って、みさきちゃんは楽しそうに笑ったが、私は笑えなかった。

私は意を決して聞いてみた。
「どうして、おばあちゃんが死んじゃったって分かったの?」
みさきちゃんは私の背後を覗き見るように動いた後、私に視線を戻して言った。
「おばあちゃん、おひるからずっとまどのそとにいるもん。
テレビでやってたよ?くちからちをながしたひとがね、まどからのぞいてて、
そのひとはもうしんじゃってるんだって」

…私は振り返れなかった。
背後の窓から来る外の寒さが、嫌に強く感じられた。

結局Aさんが帰ってきたのは7時前だった。
Aさんの母…みさきちゃんのおばあちゃんは、病院で急に容態が変わって、お昼頃に急死したらしい。

Aさんの感謝の言葉を背に、ドアを開け家を出ようとしたとき、みさきちゃんがこう言った。
「おばあちゃん、おねえちゃんについていかないで。みさきとあそんでよー」

みさきちゃんの視線は私のほうを向いていたが、私自身には向けられていなかった。
みさきちゃんはすぐに何かを追いかけるように視線を移し、台所の方に笑いながら走っていった。



440 :乱文 :02/02/07 09:45
自分だけの友達
このスレに書くべき話じゃないかも知れないけど・・・
今までで一番不思議だった経験。

二年ほど前。
夜中に小腹が空いて、部屋でカップうどん食ってたのね。
そうすると、な~んか変な感じがあってさ、人に見られてるようなそんな感じ。

ふっと横をを見たのよ。
そしたら、何かたんすの前のあたりの空間?を開いてたような感じで、何か子供がこっち覗いて笑ってるの。
一瞬でぞぞ~~~ッと体中に悪寒が走って、金縛り状態になってさ、
1分ぐらいかな?その子とじーっと見詰め合ってたわけだ。

少し時間がたってさ、あれ?この子の顔見たことあるな・・と思ったら、
そのこがニイって歯を剥き出しにして笑ってさ、パタっと空間か何かを閉めて消えちゃったんだよ。

しばらくして、やっと動けるようになってさ、あの子が見てたところをみても何の異常もない。
でも、あの子の顔は見たことあるな・・・誰だったっけ・・・と、ず~っと一晩中考えてたのね。
考えても考えても思い出せなくて、そのうち諦めて寝ちゃったのよ。

翌朝、夢で見たのか何か知らないけど、起きたらその子のこと思い出しててさ。
まあ誰だったかと言うと、よくある話なんだけど、子供のころ自分だけが知っていた友達って奴だったのよ。
家でも遊んでたはずなのに、何故か親は知らないってタイプのね。


441 :乱文 :02/02/07 09:46
どんな子だったかというと、
ちっちゃいころ、まあ、いろいろあって友達がいなかった自分とさ、遊んでくれてた少し上の年の男の子。
小さなころは、ほぼ毎日その子と遊んでたのね。
田舎だったから、近所の小さな山で走り回ったりしてさ。

んで、一番鮮明に思い出したのが、今回の件に関連する事でさ。
夏休みも終わりに近くなった休日。(親が家にいた記憶があるからね)
ちょっと離れた神社に、その子につれてってもらったわけ。
その子がいうには、面白いもの見せてやるよってことで、期待してついてったのね。

んで、神社の横に回ったら、何か小さな扉みたいのがあるわけ。
戸袋っていうんだっけ?あんな感じのさ。
そしたら、その子はその扉を空けて、何か楽しそうにしてんのね。

何見てんの?って聞いたら、見たい?って聞くのさ。
もちろん見たいって答えると、見せてやんないとか言うわけ。
意地悪されたと思ってさ、見せてよ!っていって、軽い喧嘩になったの。
でも結局見せてもらえず、その日は泣いて帰ったわけ。

でも何か気になるでしょ?そういうのって?
だから、次の日かそのまた次の日かわかんないけど、
まだ夏休み中だった日にさ、一人で見に行こうと思って、初めて一人で遠出したわけ。

うろ覚えだったけど、二時間ほどかかって、何とかそこまで行けたのね。
そんで神社の裏手に回って、扉の前でしばらくドキドキして。
よーっし、と覚悟を決めてあけたら、そこは何か普通の部屋でさ、大人がひとり漫画読んでたの。
ボケ~っと見てたら、その大人の人が気付いてさ、何かヨッ、とか言って笑ったの。
ビックリしちゃって、何も言わずに閉めて逃げ出してさ。

でも気になるから、戻ってもう一度空けてみようと思ったら、扉がないのね。
あれ?間違えたかな?と思ってしばらく探してたんだけど、やっぱり扉はなくてさ。
何か夢でも見たような感じで、帰ろうとしたんだ。


442 :乱文 :02/02/07 09:47
そしたら男の子が出てきて、見たなー食ってやる!
ってな具合にお約束だと進むんだろうけど、そんなことはなくてさ。
単純にガキだから帰り道がわかんなくなっちゃって、
近所の商店街みたいなところで泣きそうになってたのね。
そしたら男の子が出てきて、何も言わずに家まで送ってってくれたの。

とまあこんな感じで、その後少しして引越ししちゃって、男の子とはあえなくなっちゃってさ。
手紙を書こうとはしたんだけど、親が知らないっていうから住所もわかんなくて、そのままそれっきり。

とまあ、ここまでが思い出した話でね。
で、俺が見たのはその男の子だったから、しばらく後には自分が見に来るのかな?と思ってたのね。
そしたらやっぱり来ましたよ。男の子が来てから1ヶ月ぐらい後でした。

眠れなくて夜中に漫画読んでたら、最初と同じように視線を感じて、
ふっと見たら、バカ面下げた自分がビビッテた。
自分も予想はしてたといえビビッちゃってさ、「いょぅ 」ってな感じ声ひり出して、
薄ら笑いみたいな感じで、なんとか笑ったのね。

したらガキの自分はびびっちゃって、いきなり消えちゃってさ。
こっちも緊張が解けて、しばらく気の抜けた状態になってましたよ(笑
まあ、ここで終わりです。乱文垂れ流し失礼しました。

興味深かったのは、
子供のころの記憶で見た大人は、確か自分のした顔よりも余裕があって、
にこやかに笑ってたようなきがしたんですけどね。
子供からみると、そう見えてたってだけかもね。



81:本当にあった怖い名無し:2012/03/24(土) 01:28:57.64 ID:aiskfF3gQ
グンマー
群馬県のとあるダムに行った時の話

パチスロで負けたので、肝試し感覚で友達と2人で車で行ったのだが、何もおこらなかった。
で、友人が運転する帰りの車の中で「何もなかったねー」みたいな会話をしながら緩やかな山道を下ってたら

とつぜんフロントガラスに何かが降ってきておもいきりそれを撥ねた

あまりに突然の出来事だったので何が起こったのかわからなかったが、
急停止してそれを確認しようと二人で車を降りた瞬間、
頭上から小さな音でカララララ・・・ピシャというガラスサッシを閉めるような音。

ふと見上げると崖の上に一軒の明かりがついた民家?民宿?が・・・
どうやらあそこの住人が落としたらしい。
それと同時に友人の「うひぁおぅ!」という間抜けな悲鳴。

落ちてきたのは頭が半分しかないサルだった。

怖くてソッコー逃げたわ。フロントガラスに動物の体毛がこびりついていたからたぶん間違いない。
次の日、文句を言ってやろうと同じ道を走ったが正確な場所が思い出せない。サルの死体ももうなかった。
他の友達もあまり信じてくれないし結局泣き寝入りしたが・・・
怪奇現象より人間がやることの方が恐ろしい事を認識した。

群馬怖えぇぜ
群馬4



868 :これはもうスカイフィッシュだけの問題ではない:02/01/23 23:10
歯型
これは今から13年前に起きた出来事です。
今でもあれが何だったのか分かりません。早く忘れられれば良いと願っています。

当時私は上京してきたばかりで、右も左も分からない状態でした。
祖父からもらったぼろぼろでいつの時代かわからない東京マップを手に、
見知らぬ都会をさまよいました。

上京の理由は職探しでした。
地方で職にあぶれていた私は、遠い親戚を頼って来たのでした。
「職は知らんが、住む場所なら安く提供してやろう」
叔父にあたる其の人は、電話でしか話したことも無く、まったくもって不安でした。
しかし、今になって思えば、あのときの不安な気持ちは、虫の知らせだったのかもしれません。

目的のアパートに着いたときは、日が暮れかかっていました。
そこには、大柄なおばさんが立っていました。
「ようこそおいでました。お疲れでしょう。案内します」
私は案内されるがまま、その薄暗いアパートへと入っていきました。

入り組んだ場所に建っているだけでなく、建物自体がさらに奥まったところへ伸びている為か、
私はなにかいいしれぬ圧迫感を感じました。雑草も伸び放題。
実際、日は暮れかかってましたが、まるで暗い洞窟に入っていくような錯覚すら感じました。

いつのまにか、おばさんの背に止まっていた蝿が妙に恐ろしく、私は荷物を握り締め、
「いやー、東京は始めてなので、人がおおくって」と、声を大きめに云いました。
するとおばさんは振り向いて、「静かに!!!」と怒鳴りました。
私はそのとき、そのおばさんが女装したおじさんだと分かりました。
とっさの怒鳴り声が、男の声だったのです。

つづく


869 :これはもうスカイフィッシュだけの問題ではない:02/01/23 23:12
私は意気消沈し、そのときは都会の恐ろしさを感じました。
今となっては、そこが異常なところであったと自覚しています。

部屋は生臭いのを除けば、家具も揃っており文句の言いようがが無かった。
しかし東京の家賃は、いくら親戚価格で提供してくれているといっても、9万と高かった。
六畳が一間と、床板のめくれた台所。水は耐えず濁っていた。

だが、私専用のトイレは有り難かった。
しかし、和式トイレの穴は、夏の熱気によって凄い匂いだった。フタをしても匂ってくる・・・
おばさん・・・いや、おじさんの厚化粧はぎらぎらと輝き、
むっとする化粧の匂いが、いつまでも吐き気を催しました。

そして、化粧を落としてきたおじさんが、今度は何事もなかったかのように再び訪れて来て、挨拶をしました。
「遠いところご苦労様。所用で迎えに行けなくて申し訳無い。女性が応対しただろう?どうだった?」
「え?」
「綺麗だったか?」
そういうと小太りのおじさんは、私の目を除きこみました。

アイラインと言うのでしょうか?目のあたりが、まだ化粧が落ちずに残っていました。
「なんとも・・・」
あいまいに口だけで返事すると、おじさんはあからさまに機嫌が悪くなりました。
部屋に漂うすえた匂いと、私の脂汗と、おじさんの化粧の匂いが、風も無い六畳に充満していました。

その夜、備え付けのほこり臭くゴワゴワした布団に入り、疲れていたのでむりやり眠りました。

どれくらい時間がたったのでしょうか。暗い部屋の中に、複数の動く物があります。
気配というか、音というか、腐ったような匂いと言うか・・・
とにかく、何かが私の布団の周りにいるのです。
しかし、私は強引に目を瞑って眠りました。相当疲れてもいたようです。

次の日、いくつかの場所をあたって、バイトを探しました。
しかし、なかなかに見つからず、喫茶店でコーヒーを頼み、
街の喧騒に怯えながら、小さくなって寂しい思いでした。
ふと私は、自分のコーヒーカップを持つ手首に目がとまりました。

・・・歯型?
良く見ないと気づかない。しかし、はっきりと歯型がついていました。
私は、寝ぼけて噛んだのだろうと思いこみました。
私のものよりはるかに小さな歯型がついた手で飲むコーヒーは不味かった。
正直、帰りたかった。

つづく


870 :これはもうスカイフィッシュだけの問題ではない:02/01/23 23:15
しかし、帰る場所はアパートでした。
おじさんに会うのではないか?と怯えながら、部屋に足早に戻り鍵をかけました。
血なまぐささは幾分収まりましたが、化粧の匂いが新しく残り香として部屋に漂っていました。

その夜、私がたくさんのよだれのついた布団をかぶり眠っていると、またもいくつかの気配が感じます。
猫だと思いますが、私は熱帯夜のような(実際にはまだ夏ではなかったです)蒸し暑さの中で、
汗をたらしながらも、布団の中でふるえていました。

しかし、私は逆に耐えきれず、暗闇の中ふとんからいきなり手を出し、
その黒い塊のほうへブン!と布団を持って払いました。
気のせいだと確かめたかったのです。
しかし、私の手の甲はある冷たい物にぶつかり、それは勢い良く壁にぶつかり畳に転がったようでした。

私は手に感じた感触に背筋が凍りました。
昔、若い頃に喧嘩をして、殴った頬の感触と同じだったからです。
黒い塊がころころと転がってとまりました。そのときふいに、それが人間の頭部であると理解出来ました。

その刹那、「ここどこ!!」。
突然それが、低いドスの聞いた声で叫びました。
その叫び声を聴いて、私は気を失ったようです。

目覚めると、たくさんの頭部は消えていました。
私は汗びっしょりだったので、体を拭くためにシャツを脱ぎました。そして驚愕しました。
・・・全身、歯型だらけだったのです。自分でねぼけてやったのではありません。

その証拠に、私の頬に血が出そうなほどの歯型がついていました。
しかも、その歯型は大きいのから小さな物までさまざまでした。
私は悲鳴をあげて出ていこうとしましたが、髭をそるのは忘れませんでした。

おばさんおじさんは現れませんが、私はどんどん追いこまれていきました。
実際、このころの私は、今思っても行動がおかしいです。
その最たる理由は、相変わらずその部屋で寝ていたことでしょうか。

私の体重は10キロ以上減り、傍目から気味悪がられるほど青白くなっていました。
そのせいか仕事もまったく見つからず、疲れ果てて帰るという毎日でした。
歯型は1日消えることなく全身に及び、面接官のひとりから「その歯型は?」と質問されましたが、
さしてうまい良いわけも見つからず、そのまま「噛まれているようですね」と言ったところ苦笑されました。
彼女にやられたとでも思ったのでしょうね。

しかし、私の限界は近くなっていました。
幻が見えるようになり、歯型を隠すため、全身に包帯を巻いたりもしました。
そのくせ表を出歩き、見知らぬ人に「おはようございます!」などと、大声で言ったりしてました。
気が狂う直前だったようです。

その夜、おじさんからさし入れと書いた紙と、栄養ドリンク剤が部屋に置いてました。
私は疲れていたので、遠慮なくゴクゴク飲みました。
そして私は、いつもより深い眠りにおちたようです。

そのおかげか、夜中に目が覚めたとき、すっきり頭がさえてました。
そして、私の体にとりついている10数個の黒い塊が私を噛んでいる事を、
異常だとはっきり気づいたのです。

怖がってる場合じゃないと。
まぁそうですね。そう思っている私は冷静なつもりでしたが、ピークに達していたのでしょう。
ムクっと起きあがると、暗い部屋の中で黒いかたまりがズズズっと畳を転がるように進み、
台所に消えていったのを感じました。

つづく


871 :これはもうスカイフィッシュだけの問題ではない:02/01/23 23:17
私は「待てぇ!!!」と、今まで上げたことの無いような声を上げると、台所に行きました。
そして、それらの影がなぜかトイレに逃げたような気がして、トイレにかけこみました。
トイレは和式でしたが、中は真っ暗です。

電気をつけようとしましたがつかず、私は荷物箱をひっくり返し懐中電灯を手にしました。
そして笑いながら、トイレの中にライトを向けました。
闇に照らし出される汚物。目を凝らすと、ウジがうごめいているのが分かります。
そして其の中に、うつろに見上げるたくさんの腐った生首や、白骨した頭部が私を見上げていました。

私の糞尿にまみれて・・・
ぎゃぁああああ
私は悲鳴を上げ、なぜか帽子を手にとると、下着姿のままドアを蹴破るように飛び出しました。
ぎゃ!!
ドアの向こうに誰かがいたようでした。

振り向くと、女装したおじさんが、マスターキーとノコギリをもって倒れていました。
「いきなり開けるな!!」
そう怒鳴られ私は無償に腹が立ち、近くの石をどんどん投げつけました。
おじさんは悲鳴をあげうずくまりました。

私はいつしか、投げている石が人の頭であることに気づきました。
それらがおじさんに、どんどん噛みついています。
おじさんは肉を食いちぎられているのか、悲鳴を上げ続けてました。
私は怖くなり、アパートを飛び出しました。

あれ以来、おじさんとは連絡をとっていませんし、連絡も来ません。
あの頭部が幽霊であってほしいと思っています。
そうじゃないと私は、あのアパートにいる間、ずっと毎日、糞尿を・・・

あれから13年がたち、今では遠い記憶になりましたが、
私の首元に残る一つの歯型は、しばらく消えませんでした。
私が殴った生首が噛んだ跡だったのかもしれません。

おわり



401: :2012/03/28(水) 23:43:14.18 ID:b1QqyHIw0
包丁を研ぐ臭い
母に聞いた話なので細部がうろ覚えだったりするかもしれない。

ただし作り話ではないと思う。母は冗談は好きだがこんな嘘をつく意味がない。
規制中なので細切れ投下スマン。しかも時間かかるし。


402: :2012/03/28(水) 23:44:24.13 ID:b1QqyHIw0
あれは6年前のことで自分は小4だった。妹は保育園の年中組で毎日4時に母が迎えにいく。
その日は真冬で、こちらの地方は雪はほとんど降らないが、かなり寒い日だった。

保育園は家から歩いて10分くらいと近いので、午前中だけパートをやってた母は
毎日歩いて迎えに行っていた。その日もいつもとかわらず、保母さんから妹をもらい受け、
住宅街から外れた田んぼの中の近道を妹の手を引いて歩いてきたということだ。


403: :2012/03/28(水) 23:45:34.57 ID:b1QqyHIw0
母の話では、その道すがら妹が変なことを言い続けていたらしい。
「ねえねえお母さん、暗い道があったらまっすぐ行くとどうなるの?」
「赤い車があって女の人が下を見てるの、すると男の人が出てきて運ぼうっていうの」
「女の人もこっちに来て暗い道をいっしょにに行こうっていう」
それで、道すがらの田んぼの中に農具を置いてある掘っ立て小屋があるのを見て、
「あそこに入ろう」と言って母の手を引っ張ってきかなかったらしい。


405: :2012/03/28(水) 23:48:40.54 ID:b1QqyHIw0
鍵はないだろうけど、他の家の小屋だし田んぼの土に足を踏み入れるのは嫌だったので、
母は無理に手を引いて家まで連れてきたという。
今は違うけど、当時は妹はおとなしくてほとんどしゃべらないような子だったので
それも変だと思ったそうだ。そんなこんなで、近いのにその日は家まで30分ほどかかってしまった。


406: :2012/03/28(水) 23:49:51.81 ID:b1QqyHIw0
それで家の玄関先まで来ると、妹は手を離して走り出し、どたどたと音をたてて
保育園のお道具を持ったまま二階へ駆け上がり、当時は俺と共用だった子供部屋へ入ったらしい。

普段はそんなことをする子ではないし、手を洗わせようと思って

妹の後を追いかけ二階へ上がったが、二部屋しかない二階にはどこを探しても妹の姿はなかったそうだ。
ただ自分たちの部屋に入ると、ちょうど砥石で包丁をといでいる時と似た臭いが強くしたという。


407: :2012/03/28(水) 23:51:11.28 ID:b1QqyHIw0
換気がてら窓を開けて屋根の上を見たりしているところで母の携帯が鳴り、保育園から
まだお迎えに来られていませんが遅くなるのですか、という問い合わせの電話だった。
母はあっけにとられて、さっき伺ったと思いますがといっても、
今日は一度もお見えになっていませんよ、と向こうも驚いた様子だった。

そのあたりで自分が学校からあがってっきて、母といっしょに保育園に行った。
道々、母にこの話を聞かせられたが自分にはちんぷんかんぷんだった。
保育園ではいつもの妹がべそをかいて待っていた。


408: :2012/03/28(水) 23:52:44.04 ID:b1QqyHIw0
それから一週間後、母が妹のベッドのシーツを取り替えようとして敷布団をあげたら、
ちょうど寝た状態の妹のあごがくるあたりのマットレスに、小さな赤黒い手の跡がついていたという。
母は思わず大声で叫んで、あわててぞうきんで拭き取ったが、
そのときに包丁をとぐ臭いがまたしたそうだ。だから自分はその手の跡も見ていない



412: 本当にあった怖い名無し:2012/03/29(木) 01:59:35.98 ID:JCMO3TIP0
>>401
気味の悪い話だな。
なんとなく、過去に起こった事件の被害者のメッセージを
妹さんが受け取ってしまった感じかな。
母親まで巻き込んで。

妹さんはその後も霊感強かったりしたのかな?



901 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 21:48:03 ID:HMCs+2+w0
祟り
普通に怖いと思ったが、知人に話したら「それはちょっとひどいな……」と言われた話。

俺の友達が結婚する前、付き合ってまだ間もない頃に突然彼女から、
「うちの親戚って、なんかね、祟りか何かあるみたいなんだけど、
そういうの気にしないなら結婚して欲しいんだけど」
と言われて、気にしない友達は結婚したわけ。

ところが二年後に嫁の従妹が亡くなって、その一月後に嫁の叔母さんが亡くなって、
その数週間後に従弟がが亡くなって、そのすぐ後に伯父さんが亡くなったので、
香典貧乏というか、出費がかさんだせいもあって、友達は嫁に冗談で、「祟りって凄いな」と言ったそうな。

ところがその数日後にまた従姉が亡くなって、
数えたら、最初に亡くなった時から三年以内に
13人の親類が亡くなっていて、死因は全員交通事故死。

それで、流石の親友も偶然にしては多いなと思った時、
嫁から「別れたいなら、別れていいよ」と言われたけれど、
「子供が二人いたし、そんなつもりは毛頭ないと断った」と言っていた。
しかしその数日後に嫁が交通事故に遭って、幸い命に別状はなかったみたいだが、
嫁の頼みで離婚して、それでも今もまだ一緒に住んでるみたい。

実感が湧かないから、俺は友達に「そりゃ大変だな」としか言えなかったが、
その時親友が言った、「大変だけど、偶然偶然!」という言葉が忘れられない。



6:あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/01/30(火) 20:41
竹林で
うーん……。

さすがにネットに書き込むのはどうかと思ったんですが
ネタをみんな欲しがってるようなので。
オカ板新参者です。長いしおもしろくなくてもごめんね。


7 ::2001/01/30(火) 20:41
小学校の頃の話です。

おいらが行ってた小学校の側に竹林があって、
「そこには怪しい人が出るから行っちゃ駄目です」って言われてたのね。
俺は結局行かずじまいやったんやけど、結構周りは行ってる人が多くて、
みんな「変な小屋があって浮浪者が住んでる」とか、「小屋があって扉がどうしても開かない」とか、
まあ要は「木造の古い小屋が一つぽつんとある」って、みんな共通して言ってました。


8 ::2001/01/30(火) 20:42
何時の間にかその小屋に行ったという事実は、『勇気のある奴』のステータスみたいな感じになって、
悪ガキ連中はみんな行こうとしてた記憶があるっす。

んである日、Oって奴とUって奴が、二人で「行こう」って話になったらしいのね。
両方一応は友達だったんだけど。
まあ、行く奴はもうみんな行ってて、今更行くのは言わば遅れ馳せながらって感じやったんやけど。
放課後やったかなぁ?記憶あいまいでスマン。
とにかく、放課後二人して行ったらしいです。つーか行きました。


9 ::2001/01/30(火) 20:42
小屋に向かった二人は、深い竹林の中を例の小屋捜して歩きます。
遠目には小さい竹林やったのに、ちょっと入ったらすごい暗かった記憶があります。
あれは不思議やった。


そんで二人、小屋は例のごとく発見したらしいです。
んで、すぐ入ってみようって話になったんやと。


10 ::2001/01/30(火) 20:43
木造の扉を開けて中に入ったんですが、先に入ったUが『うわ、やべ!』って思ったらしいです。
中で人が首吊って死んでたんやと。
そんでどうしよとか思ってたら、突然後から入ってきたOがすごい声で叫び出したらしいです。
「お母さん!!」って。


11 ::2001/01/30(火) 20:43
叫び続けるOを置いて、Uはダッシュで逃げたらしいです。
そん時俺は学校のグラウンドで、みんなとドッチボールか何かやってて、
そこへUがダッシュでやって来たんすよ。

グラウンド越しに見える竹林の方角から。
めっちゃでかい声で、「
Oのおかんが死んでる!」って言いながら。
あん時は凍りました。


12 ::2001/01/30(火) 20:43
その日はすごい騒ぎになったと思いますが、よく覚えてないっす。
とにかくOは、その日から学校来なくなって、
そんで結局、一度も顔出さないまま転校していきました。

問題はここから。


13 ::2001/01/30(火) 20:44
ありがちな話っす。「あの小屋に幽霊が出る」って話になるんすよ。
その自殺以来本当に行く奴はめっきり減って、みんな行きもしないのにキャーキャー言ってました。
まあ俺もそうか…。

当時物知りの方だった俺は、首吊り死体がすさまじい状態になるって何かで知ってたので、
それを詳しくみんなに話してました。おもしろ半分に。
みんなまた、それを聞いて騒ぐわけですよ。「首吊り女の霊が出る」って。

そんである日、また別の友人Sに誘われたんすよ。
「お前、そんなに霊に詳しいんやったら、見に行かん?」て。
俺はビビリだったんで速攻断ったんですが、後で話を聞かせてもらう約束はしました。
Sは結構仲間内でも悪い方で、奴なら本当に行くと思ったので。
そんで何人かで、本当に放課後、例の小屋を見に行ったらしいです。


14 ::2001/01/30(火) 20:50
次の日、学校に行った頃には、俺はもうそんな話すっかり忘れてたんですが、
Sがその日すんげー暗かったのね。いつも騒いでばかりの問題児が。
それで俺も昨日の事思い出して、「本当に行ったの?」って聞いたんすよ。

そしたら「うん」ってそれだけ。
いつもなら自分からがーって喋るはずのSがすごい大人しかったんで、
これはマジで出たか!?って思って、その日一日Sにべったりくっついて、根掘り葉掘り聞いてたんですよ。

昨日小屋で何があったかを。
今考えると嫌なガキだな(W


15 ::2001/01/30(火) 20:51
ところが、何聞いても教えてくれない。
「何か見たの?」には「うん」って言うけど、「何を見たの?」は答えてくれない。
例えハッタリでも、すごい顔した女の幽霊見た、とか言うじゃないですか?

俺はもう、Sは本当に幽霊を見たんだって思って興奮して、
どんな幽霊か、どんな感じしたのかって、結局放課後までずっと聞いてました。
そしたら遂にSが、「誰にも言うなよ。そんで、あそこには絶対行くな」って言い出しまして。
そん時、俺がどんなに嬉しかったかはわかると思います。


16 ::2001/01/30(火) 20:51
Sが言ったのは一言だけです。
「扉開けたら中に、すげー声で叫んでるOがいた」って。


17 ::2001/01/30(火) 20:51
オチらしいオチはありません。
Sはその後、二度とその話はしてくれないし、俺もおもしろ半分で人に怖い話をする事は減りました。
小屋のあった竹林は潰されて、今は筆ペンを作る工場が建ってます。
転校していったOが、その後どうしてるかは誰も知らないし、
俺は一回だけ見せてもらったOの妹の顔を、時々思い出すだけです。


25 :25?:2001/06/30(土) 23:29
「竹林で」を投稿した者です。随分お久しぶり…です。
今回ちょっとマジでシャレにならない経験をしたので、あわせて投稿します。
誰か嘘だと突っ込んでくれ。


26 :25(1/7):2001/06/30(土) 23:30
先々週末。
お酒を随分飲んで帰る機会がありまして、
その日は普段と違う帰り道を、夜中べろんべろんに酔って一人で歩いて帰ったんですよ。
その道は僕が通っていた小学校の裏道にあたり、もうかなり長い間使った事が無かったんですよ。
川を挟んだ向こうには工場が建っていました。あの竹林の跡地に…。


27 :25(2/7):2001/06/30(土) 23:31
工場が目に入った瞬間、ちょっとぶるっと来ました。
何しろあの忌まわしい事件の顛末を、事もあろうに
2ちゃんねるに書き込んだという前科が自分にはあったので。

考えないようにしていたのですが、何の気まぐれか、
もう絶対通らないと決めていた道を通ってしまったんですよね。


もうすっかり暗くなって、工場の外灯の薄暗い光しか見えない。
そこで僕は見てしまったんですよ。あの竹林が潰されずに残っているのを…。
十数年前のあの事件以来、友人の忠告通り竹林には行かず、傍を通る事すら無かったんですよ。

それで、どうやら記憶が勝手にねじまげられていたようです。
竹林は無くなってなどいなかった…。
普通の状態なら速攻ダッシュで逃げてたんでしょうけど、何しろ酔ってましたから。
変な使命感もあったんでしょうなぁ、馬鹿だ。
向こう岸に渡れる古いコンクリートの橋があって、何を考えたか渡ってしまったんですよ。竹林に行くために。


29 :25(3/7):2001/06/30(土) 23:32
小学校の時みんなが肝試しに使っていた竹林。僕自身は初めて来ます。
あの事件の前にちょっと遠目に見た事があるくらいでした。
大人になった今、外から見ると随分小さく見えました。

竹林を囲むようにびっしりと緑色の壁が覆っているように見えていて、
近くまで寄って、それが周囲に配置されたフェンスに群生するシダのような物だとわかりました。
足はふらふらでしたが、僕はフェンスをさっくり乗り越え竹林の中に入りました。
何かに魅入られていたとしか思えないっす。

やたら草が茂っていて、中は真っ暗でした。
それでとりあえず、工場の外灯に向かって進みました。
するとすぐ傍に小屋がありました。外からはまったく見えないのに…。
さすがに足は止まりました。本当にあるとは。そしてまだ残っているとは。


30 :25(4/7):2001/06/30(土) 23:32
ここでOの母親が…。無意識のうちに手を合わせました。
そして止せばいいのに、小屋に入ろうと思ってしまったのですよ。
あの話を不特定手数の人に話した(書いた?)ので、最早まったくの部外者とは言えない。
すっきりするためにも、自分は中を確認する必要がある。
そう思って…多分。いや、酔っ払いはそこまで考えないですか。

扉は横引きの木戸で、鍵はかかってない(そもそも本当に小屋がボロい)のに妙に重かったです。
一気に引いて中を覗き込みました。


31 :25(5/7):2001/06/30(土) 23:33
小屋の中は真っ暗で、最初は何も見えない。
僕は小屋の中に入り、すぐに何かにつまずきました。
倒れこそしなかったものの、よろよろとそのまま奥深くにまで進んでしまいました。

あちこちで何か硬い物が足に当たります。
しばらく何も見えなかったんですが、目が慣れるに従って僕は…
小屋の中、そこかしこにびっしりと林立する、異常に大量の地蔵がある事に気がつきました。

地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵
地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵
地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵地蔵!!!

心臓が止まりそうになりました。
一瞬、地蔵が全部こちらを見ている!と思って、腰を抜かしそうになったのですが、
彼らの視線は、小屋の中の違う一点で結ばれていました。
何がある!?と思いそちらを見ましたが、その空間には何もありません。

ただ、その空間の上方。
少し目を向けると、そこに小屋を貫くようにまっすぐの長い梁が存在し、
それは人一人くらい簡単にぶら下げられそうなくらい太く、
僕はそこに『何があったのか』を容易に想像する事が出来て…!


32 :25(6/7):2001/06/30(土) 23:34
酔いと悪寒で吐き気が込み上げ、口元を抑える僕の耳にはっきりと、
「おかあさん?」という小さな声が聞こえました。
思わず振り向くと、小屋の入り口を入ってすぐの所に、紛れも無く当時と変わらぬ姿のOが!!
Oはまん丸の目を、キュッと音が聞こえそうなくらいはっきりと歪め、そして…理解できたのです。
Oが次の瞬間に叫び出そうとしているのが!


33 :25(7/7):2001/06/30(土) 23:35
竹林からどのように抜け出たかは、よく覚えていません。
気がついたら、吐きながらいつもの帰り道を全力で駆けていました。
それが二週間前?の事です。腕とか傷だらけっす。

だいぶ悩みましたが、多分勘違いか夢だろうと思ったので、
ここに投稿して、全部無しって事にする事にしました。
南無…もう忘れます。誰か理性的な突っ込みを下さい。

本当泣きそうでした、ここ最近…。じゃ。
ごめんなさい、本当ごめんなさい。



107 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 21:06:45 ID:R+kCsyBN0
じいちゃん
友人Yから聞いた話。

今から二年ほど前、Yの爺さんが死んだ。
Yは昔から超が付くほどの爺さんっ子だったもんだから、
葬式のときなんかは年甲斐もなく、鼻水たらしながらわんわん泣いたらしい。

ちょうどその爺さんが死んでから、初七日の日の事。
その日はYの住んでるところでは、暴風警報が出されたくらいにやたら風の強い日にも拘らず、
学校からの帰りのバス賃も底をついたYは、仕方なく家まで歩くことに。

途中何度も飛ばされかけながら死ぬ思いで、
やっと夜の七時半を少し回ったくらいに家に着き、鞄から鍵を出して玄関を開けた。
すると、Yの帰りを待っていてくれてたかのように丁度良いタイミングで、
玄関から真正面にあるYの部屋のドアが開いた。

部屋の中では電気もテレビもついていて、
おまけに、唯一の暖房器具であるハロゲンヒーターまでスイッチが点いていた。
ははん、これは母ちゃん、気を効かせて俺の部屋を暖めておいてくれたか。
Yは嬉しくなって、いつもより明るい声で「ただいま」と言い玄関を上がった。


108 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 21:07:33 ID:R+kCsyBN0
だが、いつもは返って来る返事が今日は無い。
不思議に思い、さっき脱いだ靴の方を見ると、
玄関にはたった今脱いだ自分の靴が散らかっているだけで、母はおろか父の靴も姉の靴も無い。

そう言えば、今日は自分以外の家族は全員祖父の法事で、家には遅くまで帰ってこない日だった。
とっさにYの頭には、昔映画で見た真っ暗な部屋の中に立っている髪の長い女の幽霊のビジョンが浮かんだ。

まさか、とは思ったが、幽霊やらお化けじゃなかったとしても、泥棒と言う線はありえる。
Yはなるべく足音を立てず部屋の入り口まで進み、そっと中を覗き見た。
部屋の中には、先日死んだはずの祖父がこちらに背中を向けて座っていた。


109 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 21:08:06 ID:R+kCsyBN0
それが祖父だと分かった途端、Yの恐怖心は一気にしぼんだ。
昔からホラー映画も誰かと一緒でなけりゃ見れないほどの怖がりだったYだが、
たとえ本物の幽霊であったとしても、祖父となれば話は別だ。

Yは懐かしさと、死んでも自分の所に会いに来てくれた事への嬉しさで、思わず涙ぐんでしまった。
爺さんは、生前の癖だった特徴のある咳を二、三度し、ぎこちない動作で毛のない後頭部を掻いた。
「じいちゃん」
Yが呼びかけると、爺さんはのそりと立ち上がり振り向いた。
気のせいか、振り向きざま、爺さんの輪郭線がぐにゃりと歪んだように見えた。


110 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 21:10:06 ID:R+kCsyBN0
振り向いた爺さんの顔は、インクを被せたように赤かった。
「お…おお、Y、Yか」
爺さんが自分の名前を呼ぶ。聞きなれた懐かしい爺さんの声。
だが、イントネーションがおかしい。平坦すぎる。

生前、爺さんには強い地方のなまりがあったが、
今の爺さんから聞こえてくる声は、パソコンで作った人工音声のようだった。
爺さんが、のそりとこちらに一歩歩み寄る。
「じいちゃん、どうした」
あまりに様子がおかしい爺さんに呼びかけると、爺さんはまたさっきと同じように咳をして、頭を掻いた。

「じいちゃん、うちに帰ってきたのか?」
Yがそう聞くと、爺さんは少し考える風に天井のあたりを見て、
「お…おお、Y、Yか」
さっきとまったく同じ台詞を、さっきとまったく同じ発音で繰り返した。
そこでYは少し怖くなった。こいつは爺さんなんかじゃないんじゃないか。

爺さんはまだ天井を見ている。
指先から滴り落ちた赤紫の液体が、部屋のカーペットの上に小さな水溜りを作っていた。
よく見ると、腕の不自然なところから肘が曲がっている。と言うより、肩から肘にかけてが凄く長い。
生きてるときの爺さんはこんなんじゃなかった。
こいつはもしかして、爺さんの真似をしている別の何かじゃないか。

Yは少しずつ少しずつ、足音を立てないようにすり足で後ろに下がった。
それに気付いたのか、爺さんのふりをしたそいつは、首だけを異様に長く伸ばしてこっちを見た。
まずい、気付かれた。

そう思った次の瞬間、目の前にそいつの顔があった。
肩から上だけが不自然に伸び上がっている。
伸びきった首がゴムのようだった。
目の前で、そいつの口からごぶごぶと赤紫の泡が立った。
「お…おお、Y、Yか」
Yは絶叫した。


112 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 21:11:10 ID:R+kCsyBN0
それからYは、無我夢中で近くの本屋目指して走った。
家に一人でいるのが怖かった。
9時を過ぎ、家族が帰ってくるまで家の中には入れなかった。

それからYは、家族にその事を話したが、誰もまともにとりあってはくれなかった。
結局Yはその日の夜、あの赤い爺さんの出た自分の部屋で寝る事になった。
Yは気が気ではなかった。
目をつぶっても、開けるとあの赤い顔があるようでなかなか眠る事は出来なかった。
しばらく経って、それでも恐怖と緊張を眠気が押さえつけ、Yは何とか眠りについた。

明け方になって目が覚めると、どうも顔がむずがゆい。
洗面所に行って鏡を見ると、顔が赤紫の汁でべっとりとぬれていた。
その日からYは、自分の部屋で寝るのを止めた。
次にまたあいつが出てきたとき、今度こそ逃げられる気がしなかった。

Yは今でも言う。
「あれは爺さんなんかじゃなかった」



450 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 22:57:00 ID:vkGJirHt0
ベランダの物音
俺が大学生の時、一人暮らししていたマンションの話です。

自分には霊感とかまったくないんですが、
夜部屋にいると「シャッ・・・シャッ」という変な音が聞こえてきて、
へたれな俺は、なんの音だこれ・・・?と怯えてましたw

そして、その音が聞こえだして、たしか1週間後の夜9時過ぎ頃、
ベランダから音がしたんで、いつもの音と違うな?と思ってそっちを見ると、カーテン越しに人影が!
変な音がしていたこともあって、幽霊がでた!?と直感しました。

あまりの恐怖にベッドから動けずにいると、「ドン!ドン!ドン!」と窓ガラスを激しく叩く音が・・・
しかも、カーテンに映る影には、刃物らしきシルエットが見えたのです。

殺される!?と思った俺は、ベッドから飛び起きて裸足で逃亡。
必死の思いで玄関を飛び出して、管理人室に逃げ込みました。

大家さんにパニくりながら部屋で起きたことを説明すると、
当時もう必死だったので、なんて言ったか覚えてないんですが、
大家さんはすぐ警官を呼んでくれました。(よく信用してくれたな・・・)


451 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 22:59:20 ID:vkGJirHt0
そして10分くらいで警官が2人やってきたので、大家さんと4人で俺の部屋にいくことになりました。
そして扉をそっと警官があけようとしたんですが、なぜか鍵がかかっていました。
もちろん部屋の鍵なんて持ち出してないし、そもそも必死で逃げてたので鍵をかけるわけがない。

警官に「あなた本当に見たんですか?鍵がかかってるようですが」
俺は「もちろん見ました!」と必死に訴えましたが、警官はあまり信用してないご様子OTL

とりあえず、大家さんの鍵で部屋に入ることに。
そして扉を開けたら・・・
いたんですよ!包丁を持った女が!しかもよく見ると、隣に住んでる人!

それに加えて、
「入ってこないで!私を殺す気でしょう!あqwせdrftgyふじこlp;」
もう何を言ってるか、最初しか聞き取れないほど電波ゆんゆん・・・

その女を警官がなだめようとしたその時!女がベランダにダッシュ。
となりの部屋にいこうと柵を乗り越えました。
逃げたと思ったその瞬間、女が消えた・・・そう、落ちたんです・・・(部屋は2F)
ドサァッと鈍い音がしたので、急いでベランダに行き下を見ると、
太ももに包丁がつきささって血まみれになった女が、ばたばた暴れていました。

俺が唯一体験した洒落にならない怖い話です。
あそこで逃げてなかったらと思うとガクブル

後日、大家さんから詳しい話を聞いたんですが、
俺が聞いてたシャッ!という音は、「壁を包丁で切りつけていた音だったんじゃないか?」とのこと。
部屋の壁がぼろぼろになってたそうです。

俺の記憶では、3ヶ月くらい前から、そういえばほとんど会わなくなったなぁと。
でも、3ヶ月前は普通の人だったんですけどね・・・

皆様も隣人には気をつけてください。あなたの隣人は正常ですか?