怖い

201:本当にあった怖い名無し:2012/11/01(木) 08:06:39.56 ID:G51TBZAX0
「おまえうまそうだな」の映画
・ジャンルは子供向け
・かなりシンプルで平坦な絵柄
・基本ストーリーも”肉食と草食の心温まる愛情ドラマ”というおとぎ話
・予告でも全体的にお涙頂戴っぽい

という先入観のせいか、肉食恐竜が捕食する所で恐竜の内蔵や骨が見えたのは驚いた
怖がりな幼稚園児でも見れる程度に抑えてあったと思うけど先入観が先入観だからギャップを感じる
あの絵柄、基本ストーリー、予告で「内蔵や骨を見せながら捕食される恐竜姿」なんて誰が想像するのか



207:
本当にあった怖い名無し:2012/11/01(木) 15:13:43.07 ID:4kaV/Y4J0
>>201
>怖がりな幼稚園児でも見れる程度に抑えてあったと思うけど
いや、あれでも駄目な場合もあるらしい
「泣き出してその家族が途中で退場した」という報告もあった
あとマッタリした先入観を思うとこのアクションも少々アレかも
少しだが出血もあり




247:
本当にあった怖い名無し:2012/11/05(月) 20:20:50.75 ID:evDuFqHH0
随分前に遡るけど、JR福知山線脱線事故のヘリコプターからのニュース映像で
地面に下半身の無いスーツの男性が映ったシーンはマジでトラウマになった・・・

といいつつもそのシーンをキャプってしまった自分がいるOTZ



249:
本当にあった怖い名無し:2012/11/05(月) 21:55:59.22 ID:DF1J5ke20
>>247
まじすか
心霊映像?
それとも遺体映っちゃった



265:
本当にあった怖い名無し:2012/11/06(火) 18:37:07.67 ID:7m5fUPZ/O
ジャングル大帝でレオがレストラン作ろうとするネタがあったな。なんの肉を出してたのやら。
最終回はレオ自身がヒゲ親父に食われちゃった。



273:
本当にあった怖い名無し:2012/11/07(水) 01:40:24.15 ID:n6/AAI1pO
>>265
ジャングル大帝はレオが喰われる手前の雪山のシーンが個人的には一番辛かった。原作の雪崩にやられて死んだ隊員たちの影が浮かび上がるコマと、劇場版でのラムネ射殺→ハムエッグの死に様が今でも記憶に焼き付いている。



12:本当にあった怖い名無し:2009/01/09(金) 20:15:29 ID:z3SBLYIr0
可愛いのが怖い顔になるといえば
星のカービィシリーズのスカーフィ
あんまりだろあれはw



21:
本当にあった怖い名無し:2009/01/09(金) 23:27:37 ID:c+UYDLlT0
新スレ乙です。

>>12あれは怖かった。どこまでも追ってきて終いには爆発するし

コロコロコミックで昔読んでたデュエルマスターズっていう漫画が
今も続いてると知って新しいの立ち読みしてきた。
子供が両足切断されたり、ヒロイン格の女の子が主人公の親友(洗脳
されている)に思いっきり腹を蹴り上げられたりするシーンがあって驚いた。

ちなみに読んでた当時は超速スピナーに出てくるチャイナ娘が電流を流され
「あんぎゃああああ」って叫んでる場面に結構な衝撃を受けた。



84:
本当にあった怖い名無し:2009/01/12(月) 00:54:44 ID:fCoDw1nC0
さっき初めてグリーン姉さんの画像を見たんだけど・・・あんま怖くなかった自分が居るww
何か作り物みたいで、人体の不思議展に飾られてそうな(不謹慎か)

私は『風の谷のナウシカ』の、ナウシカが腐海に進もうとする王蟲を止めようとして、傷ついた足が腐海の水に浸かって、
「アアッッー!!!」
ってなるシーンがトラウマと言うか・・・いつもロードショーでやる度にそこだけ見たくないと思ってしまう。
自分の足が痛くなりそうな感じで怖い。

あと『火垂るの墓』の全身火傷で包帯でぐるぐる巻きにされたお母さんは未だに見れない。



86:
本当にあった怖い名無し:2009/01/12(月) 02:51:39 ID:nm8OQZThO
宮崎駿が十年くらい前に、蛍の墓の逆みたいな映画を作ろうとしてたらしい。
特攻隊の青年と少女の恋。青年が出撃する前に戦争は終決し、のちに二人は結婚する。

...しかし、特攻という目的を失った青年はヌケガラのような腑抜けた人間に変わってしまい、青年の妻になった少女が
「..あの立派な軍人さんはどこに行っちゃったんでしょうね?」と夫の顔を見ながらつぶやく。

こんな内容の映画(原作はノンフィクション)。
もちろんお倉入り。

宮崎駿自身も、どうラストを向かえさせたら良いかわからなかったという。



88:
本当にあった怖い名無し:2009/01/12(月) 07:19:33 ID:jW5/BVOc0
昔のちゃお増刊号
主人公が蛙を踏んだ?かなにかで
夜に蛙の大群が復讐にわらわらやって来て、
蛙の卵を無理矢理食べさせられて蛙人間になる…みたいな話。

あと上でも出た、火垂るの墓の包帯でぐるぐる巻きお母さん。



91:
本当にあった怖い名無し:2009/01/12(月) 11:13:56 ID:NYpdluNXO
>>88
自分もそれ怖かったわ~
卵のつぶつぶが妙にリアルで気持ち悪かったorz
火垂るの墓のお母さんは怖いというより衝撃的で、幼稚園くらいのときに
アニメ絵本のそのシーンだけを30分くらい見続けた記憶がある



135:
本当にあった怖い名無し:2009/01/15(木) 23:51:39 ID:9TuddIPT0
ネットに転がってた画像がトラウマ。
以前ある掲示板に張られてたリンク先を何気なくクリックしたら
顔面が真っ白で目がでかく口から血を流して笑ってる女の顔が
ドアップで映し出されて心臓が飛び出るかと思った。

それ以来その画像がトラウマになってる。
やはり何でもかんでもクリックするもんじゃないね。



277:
本当にあった怖い名無し:2009/01/21(水) 05:49:36 ID:R4Wa4pUo0
>>135
凄く亀だけど半角二次でその画像を可愛いくした絵を見かけた。



278:
本当にあった怖い名無し:2009/01/21(水) 06:56:00 ID:179K3gib0
>>277
http://blog.livedoor.jp/snakech/archives/50829116.html

これか

これはワロタな



280:
本当にあった怖い名無し:2009/01/21(水) 13:25:40 ID:AimREfndO
>>278
だんだん東北出身の色白で純朴な女の子みたいになっていって萌えたW



182:
本当にあった怖い名無し:2009/01/16(金) 22:03:07 ID:Gp5mf1AY0
小学生の時だと思うんだけど、友達とホラー映画借りようぜ!って話になって借りたのが
たしか「ギニーピック」(うろおぼえ)って奴だった。

映画だと思ってたのに始まったら、倉庫で女の人がリンチされてる映像。
その後も延々とリンチ。しかもどんどんエスカレートしてく。
殴る蹴るがペンチで肉をひきちぎったりするように…

見てられなかったが見てしまう。誰も一言も発しなかった。
途中で友達の父親が入ってきて「なんて物をみてるんだ!!」と友達を殴ってそこで解散。
今でも映像を思い出せるほどのトラウマ(29歳)

あの映画(?)の続きがどうなったのか気になるが見たくない。
知ってる人いる?どうなるの?優しく教えて…



186:
本当にあった怖い名無し:2009/01/16(金) 22:35:39 ID:5A10qvlN0
>>182
延々拷問が続いて熱い油をかけたり動物の内臓?ぶちまけたりした後に
最後は下瞼のあたりから針を差し込んで目を貫通するシーンのドアップ
で、犯人及び被害者はまだ不明みたいなテロップが流れたんだと思う
スナッフ仕立ての作品じゃなかったかなぁ。
私も大分前に観たのでウロ覚えですんません。
もう一回観たら、被害者は不細工&大根のコンボだし拷問は意味不明だったりするんで
トラウマ解消になるかも。



191:
182:2009/01/16(金) 22:58:47 ID:Gp5mf1AY0
>>186
全然優しくねぇw直球だww

良かった観なくて…ありがとう。
近所のビデオ屋にまだ置いてあるらしいから気になってたんだ。
大根不細工でもそれ観たらたぶんあらたなトラウマになってた気がする。
ここに書いてよかったよ。



189:
本当にあった怖い名無し:2009/01/16(金) 22:47:21 ID:ZTfu3XDs0
アニメの『学園七不思議』

女の子が自宅の物置かなんかでこっそりライターで火遊びする。
で、毛布かなんかに燃え移ってしまって見つけたおじいちゃんが必死で消そうとするが失敗
家は火事に。

女の子は助かるがおじいちゃんは死んでしまう。
数年後、高校生?になった女の子がある日トンネルを通ろうとすると後ろから肩をつかまれる。
振り返ると顔が焼け爛れたおじいちゃんが
「○○(女の子の名前)、待ってたぞ」みたいな話が怖かった…。
あれ見て絶対に火遊びはしないと固く誓った…。



193:
本当にあった怖い名無し:2009/01/16(金) 23:43:55 ID:GRHj9AsD0
>>189
俺のトラウマを掘り起こしてくれたな・・・あの作品はよく登場人物が死ぬのでgkbrだった。
OPも怖かったな。歌なし、音楽のみで磔(?)にされてぐったりしている女子高生に主人公が近づくと
その子がパッと目を開いてこっち見て笑うという・・・。
火遊びの話は毛布に包まりながら見ていた。焼け爛れた顔で笑うおじいちゃんマジ怖かったわ。



205:
本当にあった怖い名無し:2009/01/17(土) 10:21:56 ID:oYyv8MnOO
教科書の話ってトラウマになるものが多かった。
えんぴつ雛、一輪の花、ごんぎつね、幸福の王子、夏の葬列‥
国語の教科書で印象に残ってる話
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4190815.html



208:
本当にあった怖い名無し:2009/01/17(土) 16:05:06 ID:jP3/kzkuO
>>205
夏の葬列トラウマ仲間だ。
授業の始めに先生が音読した時、いつもはギャーギャーうるさい教
どん引き状態で静まり返っていたのが忘れられない。



206:
本当にあった怖い名無し:2009/01/17(土) 12:47:17 ID:qvIgzhL30
子供の頃に見たホラー漫画

主人公は幼稚園に通ってる女の子で好き嫌いがとても激しい。
母親が注意しても好き嫌いは直らなかったけどある時給食に使う鶏を捌いてる所を目撃する。

捌いてたのは職員のおじさんで普通に笑って
食べ物はこうやって生き物を犠牲にしてるからちゃんと食べなきゃ駄目だよと言う。
その後好き嫌いを無くそうと努力して母親に褒められる。

でもある時当番で鶏の世話をしている時にうっかりひよこを潰して殺してしまう。
いじめっ子的な女の子が生き物殺しちゃったら食べなきゃいけないだよとか言いつつ
死んだひよこを押し付ける。当然嫌がって逃げるんだけど罪悪感に苛まれる女の子
何日か経った後にそのいじめっ子が交通事故で死ぬ所に居合わせるんだけど
死んだいじめっ子に近づいて「○○ちゃんの子の事嫌いだったけど好き嫌いはよくないよね」
とか言って死体を食べて始めてニコッ

っていう話がトラウマ・・・長くてスマン。



210:
本当にあった怖い名無し:2009/01/17(土) 17:07:07 ID:+fNRIpVsO
>>206
まるいぴよこさんの漫画だね。掲載はホラーM。確か2000年~2002年くらいだと思う。
まるいぴよこさんって絵柄はソフトでかわいいのに話はかなりダークなんだよね…



234:
本当にあった怖い名無し:2009/01/18(日) 10:42:03 ID:s6T0T1YW0
少女マンガ系ホラーで、タンスの裏に上半身のみの女の絵が描いてあった話
そのタンスを買った家族の中の女の子が、謎の高熱で下半身が動かなくなる
タンスの裏をもう一度見たら、その絵の下半身が書き足されてた…

話のラストや詳細は覚えてないけど
タンス裏の女の表情が気持ち悪くてトラウマ



238:
本当にあった怖い名無し:2009/01/18(日) 11:58:16 ID:SCi2CfSC0
>>234
自分もあやふやだが覚えてる。作者は渡千絵か川口まどかだった
のっぺりした口裂け女みたいな顔が怖かった
主人公が熱出たり事故に会いかけたりするから
下半身は対策として書き足したんだよ
それで何もなくなって、その絵がタンスから消えていたってラストだと思う
一応丸く収まったけど、絵がその後どこに行ったかと思うと…



239:
234:2009/01/18(日) 12:13:12 ID:s6T0T1YW0
>>238
そうか、後から下半身増えてたのはわざと描き足したのか
何となく思い出してきた
サンクス!



274:
本当にあった怖い名無し:2009/01/20(火) 04:03:17 ID:qcoJidF4O
>>238
多分渡千枝の「戦慄の夜のために」の第二話、半身像だよ
因みに絵が壁に写って、そのあと足を描き足してペンキで消した
「闇からの招待状」って単行本に載ってる
この話は度々このスレで名前があがるね



247:
本当にあった怖い名無し:2009/01/18(日) 16:25:17 ID:XnE7ffku0
テンプレの半分は消防の時見たがトラウマにはなってないな
そんな私にも、どうしても嫌な気分になるものがある
福岡博多のにわかせんぺいのお面
247_1

これが嫌すぎる、妙に無機質だけど確実にどこかを見ている感じがあって嫌だ
なんでこんなものを煎餅にした

あと工房の時友人に見せられた黒い太陽七三一は衝撃的だった
特に減圧実験のところと猫を鼠に食わせる所
ひどいよ宗主国様



251:
本当にあった怖い名無し:2009/01/18(日) 21:58:14 ID:cNsHymJL0
世にも奇妙なの「トカゲのシッポ」がトラウマになっている。
天才ピアニストの手が事故でもげてたけどトカゲのしっぽの原理を応用してまた生えてきた。
ここまではいいんだけど、最後の方のシーンで皮膚がズルッとむけて
トカゲのような手になるシーンで見ていられなくなった。

あと、同じく世にも奇妙の話で主人公の口が消えたり、
カーナビが「コノ先、地獄デス・・・死ネ。」っていって主人公の彼女殺したりするお話も
トラウマになっているんだけど、名前なんだっけ?



252:
本当にあった怖い名無し:2009/01/18(日) 22:22:24 ID:TnCRIYAx0
>>251
同士がいた!加藤晴彦と声優の林原めぐみの「声を聞かせて」
晴彦が声だけになったミユキという女(体は事故で無くした)に
徐々に追い詰められるストーリー。
ミユキがとラストの追い詰められて口が無くなって
声だけになっていくわたるのシーンがトラウマ。



301:
本当にあった怖い名無し:2009/01/22(木) 21:48:46 ID:aUc0dgL60
「グースバンプス」
何の話かわからないし、オチしか覚えてないけど
普通の人間にしか見えない親子三人が、主人公に背中を向けたら、頭の後ろに大きな口があった話。

映画の「IT」
とにかくピエロこえええ。

映画の「シンドラーのリスト」
ユダヤ人がナチスに見つからないように隠れてて、ナチスがベッドの下をのぞいても誰もいない。
でも、ベッドをひっくり返したらベッドの下にあるゴム(?)とベッドマットの間に自分の体を挟んでて、結局みつかったところ。
なぜかショックで印象に残ってる。

全部小学生の時のトラウマ。
今見たら・・・やっぱり怖いと思う。



308:
本当にあった怖い名無し:2009/01/23(金) 02:30:47 ID:M0Dm9H4dO
>>301
グースバンプスのやつ覚えてる
親子3人が普通に暮らしていると、家に3人以外の誰かがいることに気付く
おばけかと思いきや見つかったのは怯えている少年
実はおばけ(?)は親子3人の方で普通の人間である少年は
彼らに見つからないよう隠れていたという話だったと思う



303:
本当にあった怖い名無し:2009/01/22(木) 22:03:17 ID:aUc0dgL60
映画「ペットセメタリー」
死んだペットをある土地に埋めると凶暴化して生き返る。
ある日息子を亡くした親がその土地に息子の死体を埋めて、息子は生き返ったけど凶暴化していた。
その息子がベッドの下に隠れてて、近くにきたおじいさん(?)のかかとに思いっきり刃物を刺したシーン。

今でも時々思い出してはかかとが痛くなる気がする。
これも見たのは小学生の時で、10年位前のことだから記憶が曖昧。



333:
本当にあった怖い名無し:2009/01/25(日) 00:55:29 ID:ikU7ejnM0
>>303
刺すんじゃなくて、メスでアキレス腱のあたりを横一文字にスパッ!
だったと思う。(更に痛くしてゴメン)



318:
本当にあった怖い名無し:2009/01/24(土) 02:48:09 ID:zevQ2FM6O
子供の頃見た、ジョジョの奇妙な冒険の何部かはわからんけど
(私が最近4部の途中まで読んだからそれ以降~5部?)、
女の人が電車?にひとりでいると液体みたいな謎の物体(今思えばスタンド)が
女性の体内に侵入して、次の瞬間女性の顔が賽の目状にざっくり割れるとこ
りぼんとなかよししか読んだことなかったからショックだった

あとなかよしの夏の付録で、ホラー特集の別冊まんが
友達のお母さんが料理下手とかで、遊びに行ったら様子が変
実はお母さんは妖怪?宇宙人?みたいな物体で、主人公が晩ご飯にされてしまう
話自体はどってことなかったけど、妖怪の娘の少女が翌日学校で
「初めてお母さんの料理うまくいったの」と笑顔で宿題(確か家族がテーマの絵)を
先生に見せるシーンが忘れられない
ぶつ切りにされた主人公のバラバラ死体が食卓に乗ってる子供絵…



321:
本当にあった怖い名無し:2009/01/24(土) 11:50:12 ID:oyDCSq230
>>318
下の漫画覚えてる!
生意気な女の子が主人公だったやつだよね。



340:
本当にあった怖い名無し:2009/01/25(日) 02:38:29 ID:X0jK5rGN0
>>318
小坂理絵の「家族の食卓」だよね
当時小学生、もはや10年以上前のマンガなのに
私も脳裏から離れないんだぜ



373:
本当にあった怖い名無し:2009/01/26(月) 00:12:16 ID:v3q/Vj0g0
「地獄先生ぬ~べ~」のてけてけ
踏切事故で上半身と下半身がまっぷたつになった女の子の幽霊で、
男の子が自分の部屋の学習机に座っていたら電車の警報器の音が聴こえ出して
学習机の下から上半身だけの幽霊(てけてけ)がでてきたところ

「地獄先生ぬ~べ~」のコミックスにある解説(?)ページのてけてけの回
ある雪の降る寒い日に電車(回送だったかで客は乗っていない)が女の人を轢いてしまう
乗務員の一人が警察に連絡を取るため外に出ていき、一人は電車の中に残っていた

その時ズル・・ズル・・と何かを引きずるような音が
見ると先ほど轢いてしまった女が上半身だけで自分の方に向かってきている
女は寒さで傷口が凍りついたために、血がとまり、まだ生きていた
男は恐怖のあまり外へ逃げるが、上半身だけの女は自分を追ってくるズル・・ズル・・・

警察に連絡を取っていたもう一人の男が戻ってくると電車の中には誰もいない
どこに行ったのかと辺りを捜し、しばらくして電信柱の上に男を見つけたが、男は既に息絶え
その背中には女の上半身がぴったりとしがみ付いていた

記憶が曖昧なので間違ってるところがあったらごめんなさい



377:
本当にあった怖い名無し:2009/01/26(月) 02:03:08 ID:qS1MNbOU0
>>373
まあ電車にひかれたら真っ二つどころかばらばらのぐしゃぐしゃだけどな



395:
本当にあった怖い名無し:2009/01/26(月) 16:45:21 ID:cyGhkiZU0
F(エフ)というアニメ
朝やっていてその時小学生だったからよくわからず見てた。
車の話でエンディングテーマ(邪魔はさせない)とか
なんびとたりとも俺の前は走らせねぇというセリフは覚えてた
そして人形が気味悪く水に浮かんでる映像。

大人になって友達がその漫画の話をし始めた。どうも原作はアニメと
違ってたらしい。ユキという女の子が自殺するシーンがあり
それがかなりトラウマになっているとのこと。自分も見たいと言ったら
興味本位で見るもんじゃない、あんまりはまらないで、と言われた。

結局嫌な気分になって実際に見てないんだけど知ってる方がいたら
そんなにトラウマものなのか教えてください。
確か本の9巻か11巻と聞きました。グロとかではなく精神的にくるそうです。
F



478:
本当にあった怖い名無し:2009/01/28(水) 23:34:31 ID:F0dDiQ2L0
>>395
Fって正式なタイトル?それともイニシャル?



481:
本当にあった怖い名無し:2009/01/29(木) 01:22:54 ID:/ATqxM6z0
>>478
そのまんまだよ



396:
本当にあった怖い名無し:2009/01/26(月) 17:25:47 ID:+pocpmLd0
灰羽連盟がトラウマ

砂利の道を歩く夢をみていたから礫って名前になったのが、実際は轢だったシーンが・・・怖くて・・・orz



405:
本当にあった怖い名無し:2009/01/26(月) 23:01:02 ID:BZcbQVzTO
>>396
レキ…ラッカ…
可愛いキャラの名前が死因がらみなんだよな
ファンタジーで、そりゃ反則って感じだった



414:
本当にあった怖い名無し:2009/01/27(火) 01:51:29 ID:GgLVEcaHO
小さい子が書いた手紙(?)とイラストがトラウマなんだけど誰か画像持ってない?
「お母さんはじごくへ行け」って書いてあるやつ



462:
本当にあった怖い名無し:2009/01/28(水) 10:33:03 ID:kKw1dvY/0
自己解決
↓のコピペと共に出回ってた画像だったんだな>>414
1977年のある事件

ある団地の高層ビルから父、小学4年生(9歳)、小学1年生(6歳)が飛び降り自殺をした。
父親は2人の子を抱きかかえるように死んだ。
父親は妻に蒸発され、まじめに働いていたが、子供の世話で「疲れた」といっていたという。
父親のズボンのポケットには10円が1枚残っていただけであったということが、背後の事情を物語っていた。
子供の手帳には「おかあさん、ぼくたちが天国からおかあさんのことを、うらむよ。
おかあさんは、じ国(地獄)へいけ 敏弘(長男)、正人(次男)」と書いてあったという
……子供たちは自分たちは死ななければならぬ、ということを意識している。
さらに最大のファクターは、こどもたちが母親を恨み、呪っていることである。
「地獄」を「じ国」と書いている部分になんともいえないリアルな感じがあり、
「おまえもじ国へ行け」と指を突きつけられているような気がした。
http://www.horikoshi.org/cgi-bin/note2/i-mode.cgi?mode=view&v_n=3431&page=90



455:
本当にあった怖い名無し:2009/01/28(水) 07:49:06 ID:+F+xaynkO
日曜洋画劇場かなんかであった人喰い鮫の映画がトラウマ。
研究所みたいなとこに閉じ込められた男女。
建物には凶暴化した人喰い鮫が潜んで人間達を狙ってる。
研究所から脱出する途中、女性が足を滑らせて水中に落下し、半狂乱で助けを求める。
必死で助けようとする仲間。

でも溺れていた女性が突然絶叫した。下半身を鮫に捕えられてしまっていた。
鮫の口から上半身だけでてる女性の表情と、引きずりこまれる時の断末魔の悲鳴が…orz
姿が見えなくなった途端、真っ赤に染まる水もトラウマ。
結局生き残ったのは男性二人だけってのもまた…。

あと『グリード』っていうパニック映画。
エイリアンみたいなのが豪華客船を襲うんだけど、
パニックになる客の中で一人の女性がトイレに逃げ込む。
便座に座り込んだまま恐怖のあまり泣きだす女性。
で、その時便器の中から触手みたいなのが出てきて女性を引きずりこんでいく。
引きずりこまれ方が…完全に体を折り畳んだような感じでトラウマ。
なんか骨が折れるリアルな音がして、姿が消えたあと真っ赤な水が便器から吹き出す。
悪役の男がエイリアンに捕まって、食べられる前にピストル自殺しようとするけど
主人公達との銃撃戦で弾を使い果たしてて、絶叫しながら生きたまま食べられるとこもきつかった。



482:
本当にあった怖い名無し:2009/01/29(木) 01:46:40 ID:Fgf6mjlN0
>>455
ザ・グリードはでもよく出来たパニック映画だと思うけどな。
そのシーンは最初に見た時、確かに衝撃だった。

ところでこのザ・グリードだったっけ?テロリストのボスが怪物に下半身を
食われている画が出てきて、銃で自殺しようとするけど弾がなく、結局食われて
死ぬって言う…。いい気味だと思いつつ、斬新で忘れられないワンシーンだ。



476: 毒蛇 ◆/3wRWjEytM :2009/01/28(水) 22:46:35 ID:Wa5j7h7W0
476_1



530:
本当にあった怖い名無し:2009/01/31(土) 09:04:38 ID:t5KO0I2z0
松たか子主演の「広島」っていうドラマ・・・のエンディングがトラウマ。
内容は原爆投下前の広島を舞台に三姉妹が力を合わせて生きていくってやつで
長女を松たか子、次女が加藤あい、三女が長澤まさみが演じてて出演陣も結構豪華だったのを覚えてる。

色々な問題があったものの何とか良い方向に動き出した矢先、原爆が投下される。
一瞬にして蒸発した長女、産業奨励館で恋人と一緒に即死した次女(妊娠してた)、
全身黒焦げになって亡くなった三女。
生き残ったのは出兵してた弟だけという終わり。その弟の60年後を西田敏行が演じてた。
それだけでも結構鬱だったんだが、問題はエンディングロールだった。

夏川りみの「涙そうそう」が流れたと思ったら、白黒の写真が画面に映った。
最初なんだか分からなくて近づいたら・・・亡くなった被爆者の写真だったらしい。
最初に映ったのは黒焦げになった被爆者。分かった瞬間、失礼極まりないんだけど悲鳴をあげてしまった。
すぐにチャンネルを変えたけど、あのあとも延々と流し続けたんだろうか・・・。
あれから「涙そうそう」を聞いただけでフラッシュバックみたいに蘇る・・・。

しばらくしてそのドラマの再放送がゴールデンであった。
自分は怖くて見れなかったんだが、聞いた話によるとエンディングは差し替えられてたらしい。



531:
本当にあった怖い名無し:2009/01/31(土) 10:30:49 ID:x4LMdFmS0
>>530
たまたまテレビつけた時、クライマックスであろう原爆投下直後、
熱により影が岩にはりついたシーン、長女の恋人役の役者がそれを見つけて
嘆くシーンは悪いが大爆笑した。
手がかり一つないのに、影だけ見てなんでそれが恋人だってわかるんだよ!
おまえはエスパーか何かか?

でもあの「熱で影だけが残った」本物の被爆映像はトラウマだ。
自分は九州出身なんだが、長崎が近いせいか小学校低学年の頃から
原爆映像を見せられる。無論、ケロイドも首だけ映像も全部本物だ。
「戦争=恐怖」の洗脳教育だよ。
「燃える八月の朝 影まで燃え尽きた~♪」なんて歌まで歌わされた。
戦争しちゃいけないと伝えたいのはわかるが、恐怖を植えつけて
思考停止させるのはやりすぎどころか、完全に謀略としか思えん。



551:
本当にあった怖い名無し:2009/01/31(土) 14:47:56 ID:6TOx1J7G0
>>531
嵐にマジレスだが、影の前に恋人が持っていた懐中時計が黒こげになって
落ちてたから分かったんだしょ。
そんなとこで爆笑するのはどうかと思う。

ドラマのエンドロールは、あれから被爆者の写真や動画が延々と流された。
原爆スレでも騒然となっていた。



660:
本当にあった怖い名無し:2009/02/06(金) 13:41:20 ID:1zasIsCf0
先に長文スマン。題名と作者は覚えてない。

主人公は小学生の女の子。
留守番中、こっそりママの口紅でお化粧してみる。しかし調子に乗って口紅がポッキリ折れる。
ママは美人だけど怒ると木の棒でぶっ叩く怖いママなので、娘マジで焦る。

そこへ娘の弟(はいはいする赤ん坊)がやってきて、折れた口紅をぱくっ、飲み込んでしまう。
娘は最初困ったけど、よくよく考えて「これならママにも絶対見つからない!」と大感激。
ついでだからと言って、学校で残した給食の煮干(腐ってる)、さらには0点のテスト用紙まで
その赤ん坊に食べさせようとしてする。赤ん坊は当然吐き出そうとするが
娘は無理に押し込んで飲み込ませようとする。程なくして赤ん坊窒息死。娘そこで我にかえり、
「どうしようママに絶対怒られる叩かれるどうしようどうしようどうしよう―――」

しばらくしてママが帰宅。するとそこには廊下に座り込んで
ナイフとフォークを握り、膝に乗せた弟を必死にほおばって食べている娘の姿があった。
娘は「ごめんなさいママ、怒らないで、怒らないで……」と泣きながら、すうっと消える。

実はこの主人公の娘、数日前にママの虐待によって既に死亡していた。
(最初にママが出掛けたのも遺体を埋めるスコップを買うためだった)
警察に連行されるママが祖母に「ごめんなさいお母さん、怒らないで」と泣いて謝る姿と
リビングの隅で娘の霊が「ごめんなさいママ、怒らないで」と泣いて呟く姿がダブってEND。

食赤シーンが衝撃的なのもあるが、絵柄が好きだったのと
伏線がしっかりしていたのも相まって強く印象に残っている。



778:
本当にあった怖い名無し:2009/02/13(金) 06:29:13 ID:bEFQVtvMO
>>660
私も、これトラウマだった!
昔このスレにも書いたはず。
同じ人がいるとうれしいw



664:
本当にあった怖い名無し:2009/02/06(金) 23:10:55 ID:CoZlhaCQ0
世にも奇妙な物語りの後にやってた「if~もしも」
「会いに行くなら友達の所かかいじめっ子の所か」みたいなやつ
いじめっ子の方は車イスで一生懸命暮らしてて
なんか感動風の話だった(と思う)んだけど
友達の所を選んだ場合、その友達が実は主人公に強い恨みを持ってて
水槽の中に沈めて殺されてしまうっていうオチで怖かった



668:
本当にあった怖い名無し:2009/02/07(土) 03:52:06 ID:DLEOFaezO
>>664
いや、いじめっ子の所に行っても後味は悪いみたいな結末だったよ
いじめっ子の家は息子がグレてていじめっ子は障害者になって車椅子生活
しがないリーマン、家庭で粗大ゴミ扱いの主人公も「あいつよりはマシ」と優越感

いじめっ子からは「あの時はごめんな!」と言われる
しかし帰り道、いじめっ子が車椅子競技の有名人だと知る
いじめっ子生き生きとしてて超かっこいい競技姿
「あの人は村の誇り」とタクシーの運転手が主人公に言って、
主人公の優越感木っ端微塵という終わり方だったと思う
ま、水槽に閉じ込められて死ぬよりマシだが



684:
本当にあった怖い名無し:2009/02/08(日) 02:16:37 ID:enoOgRaC0
>>668
おお!詳しくありがとう
確か初期はどっちを選んでも後味が悪い話が多かったよね
世にもとはまた違った怖さがあって好きだったなぁ
もしかしたら違う話とごっちゃになってるのかも知れないけど
水槽に沈めて殺される原因ってのが
子供の頃にその友達をドラム缶に閉じ込めて遊んでた、だっけ
そのシーンも強烈に印象に残ってる




731:
本当にあった怖い名無し:2009/02/11(水) 21:24:56 ID:abYrV37Q0
エヴァンゲリオンの何話かで0号機にシンジが乗ってテストしてるときに
頭の中に何かが入ってくる!とつぶやいたときに映る綾波の顔がトラウマ。
もう一つ、まごころを君にで量産機に二号機が食われるシーンと巨大化した
綾波が張り裂けて死体化したシーン。ネット鑑賞してたら画像を見つけて
しまってトラウマがよみがえった。

731_2



864:
本当にあった怖い名無し:2009/02/15(日) 20:03:59 ID:RGRQuEJ+0
以前放送してた芸能人の九死に一生SPみたいなのをやってたんだが
相撲の力士(名前は忘れた)がトイレに入って大きい方の用を
たそうとしたら尻から赤黒い血がどぼどぼと出てきて段々力尽きていき
その力士は近くの洗面台に手を伸ばし自分に水をかけてなんとか意識を
保とうとするが出血が激しいのか力尽きていく。

その力士は薄れていく意識の中何とか携帯に電話をかけ救急車で病院に運ばれ助かったという内容。
そのテレビ見てから下痢の時必ず血が混じってたらどうしようと心配でしょうがなかった。
俺の他にもこのテレビ番組見た人や覚えのある人いますかね?



870:
本当にあった怖い名無し:2009/02/15(日) 20:57:04 ID:hYRgHUU6O
>>864
それ小錦か曙のどっちかだったはず。
確か、当時まだ引退したくなくて怪我の痛み止めを大量に服用して場所出場したところ、胃?大腸?かなんかが荒れてしまい、けど痛み止めの薬のせいで
自覚症状が無くて結局荒れた箇所から大出血してしまった…って話しだったはずだよ。

大々的に救急車呼ぶと残り場所の出場を停止させられちゃうとかで、
マネージャーに連絡取ってホテルの裏から人目を忍んで病院に行ったとか。
んでそのまま相撲協会には事を内緒にして相撲取り続けたって言ってた。

痛み止めって恐ろしい…と自分もよく覚えてる話しだ。



875:
本当にあった怖い名無し:2009/02/16(月) 00:39:31 ID:6/dOPcxb0
>>864
小錦の実話だったかな
トイレに座りこんだまま出血が止まらず
血がとまらないよーどうしようとオロオロしている場面は
小錦が可哀想で仕方なかった

助かってよかったです



881:
本当にあった怖い名無し:2009/02/16(月) 15:23:42 ID:Sr6YrjQ70
>>875
ご意見ありがとうございます。コニシキでしたか、
記憶がうろ覚えでよく覚えていなかった。



886:
本当にあった怖い名無し:2009/02/16(月) 16:32:06 ID:CYaP6HpWO
5~6年前に立ち読みしたホラーMに載ってた漫画。
記憶曖昧だけど妙に印象に残ってる。

主人公は3人の小学生。皆それぞれ家庭に問題がある。

少女A:母子家庭で仕事が忙しいキャリアウーマンの母親とは
ほとんど顔を合わせることがない。
少女B:自身は大人しい可愛い子だが両親ともに巨ピザで、
外食中もかなり汚い食べ方をするため恥ずかしく思っている。
少年C:あまり裕福ではなく、父親に虐待されている(父子家庭?)

理由はそれぞれ違うが自分の親に対して次第に憎悪を募らせていく3人。
親が自分たちを大切にしているのか(このへんうろ覚え)
テストをしようということになる。

ある日A母が帰宅すると食卓に3人の子供たちがいる。
半ば脅されながら「Aの一番好きな食べ物を作って」と言われ台所に立つが
Aの好きなものが全くわからず、無難にハンバーグを作ったが不正解。
不正解ということで子供たちに殺されてしまうんだけど
最期にA母が「本当は何が一番好きなの!?」と尋ね、
冷たい顔で見下ろしながら「コンビニのおにぎり」と答えるAが印象的だった。
そしてAの家を出て、次は誰の親をこらしめようかと
無邪気に笑いながら去っていく3人…


こうして書いてみるとあんまり怖くないかも。スマソ。
なんか妙に強烈な印象が残ってたんだ。



899:
本当にあった怖い名無し:2009/02/17(火) 01:18:45 ID:z+TNxxxW0
>>886
なんかいいなあ、読んでみたい



901:
本当にあった怖い名無し:2009/02/17(火) 01:32:50 ID:k4IMlxzpO
戦争系なら、マガジンに載ってた“ワニをさばいたら兵隊の服が丸ごと出てきた”という話に衝撃を受けた。



921:
本当にあった怖い名無し:2009/02/17(火) 13:20:26 ID:yTJrTI+50
>>901
ワニの膨らんだ腹を裂いたら子供の体の一部が出てきて
それがどうやら行方不明になってた現地の子供(の残骸)だった…という動画を思い出した

言葉はわからんけど流れからしてワニの腹裂いてたのが父親らしく、
子供の残骸の横で泣いてるのを周囲の人が慰めてて、他人事ながら辛かった
作り物の嘘動画であってくれればどれだけよかったか




917:
本当にあった怖い名無し:2009/02/17(火) 11:54:05 ID:7vM+uFx30
昔見たウルトラマンAのエピソードのひとつがトラウマ

ウルトラマンAの少年の霊が出てくる回で、
昔は誰でもやっただろっていう遊びで過去に少年が死んだ。
その遊びはどんな遊びかというと、車道に飛び出して車ギリギリに走ってかわすww
その少年はかわしきれなくって車にひかれて死んだんだが、
主役の北斗隊員が「子供の時は誰でもやっただろ」っていうようなこと言ってた。

そんな遊び誰でもやらんだろ((((;゚Д゚)))
恐ろしくてしょうがねえ。

こんな脚本書いた奴も無責任だが、その後放送禁止にもあまり話題にもなってない。
DVD化はされてるのかな?

こんな遊びがはやってたなんて東京の一部地域だけなのかな?



919:
本当にあった怖い名無し:2009/02/17(火) 12:47:04 ID:3PjXJwB3O
>>917
車ギリギリはやらなかったけど、犬のウンコギリギリを歩くってのはやった。
あと「危ない!」って言いながら、友達を犬のウンコの方に突き飛ばすw



925:
本当にあった怖い名無し:2009/02/17(火) 14:29:40 ID:7vM+uFx30
>>919
犬のウンコギリギリに避けるのは俺もやった。
勇気試しだとかいってギリギリにかわす。

しかしウルトラマンエースの脚本書いた脚本家は子供の頃こんな遊びをしたのだろうか?
先生に聞いてもそんな遊び聞いたこと無いって言ってたし。
それともこの脚本家が子供たちに流行らせようとして仕掛けたのか?
オソロシス。



926:
本当にあった怖い名無し:2009/02/17(火) 14:41:59 ID:SkroWQxLO
車のまだ少ない60年代位までに子供だった奴はやったかもね。
道も悪くスピード出さない車もいたし。
スタンドバイミー(映画原作)にも「トラックかわし」が出てくるよ。



40:本当にあった怖い名無し:2008/11/21(金) 17:10:14 ID:9E3oaBim0
西村知美の麺類の食べ方がトラウマ
TVで見てしまって以来、あの光景がフラッシュバックして食欲が失せる。麺類好きなのに…orz



42:
本当にあった怖い名無し:2008/11/21(金) 17:38:24 ID:XXGvYdoFO
>>40
舌にぐるぐる巻きつけるんだよね




376:
本当にあった怖い名無し:2008/12/12(金) 18:31:45 ID:UmpnYXK40
世界まる見えのザ・ベストでやってたエクソシストの元ネタの再現VTR。
ある家族が引っ越してきてその家族の家にポルターガイスト現象が起こる。
兄が悪魔か何かにとりつかれたようになり口から泡を吹いたり父親の
運転を妨げたりする。その男は悪魔祓いの神父によって助けられるのだが
もし俺がとりつかれたらどうしようという不安になってしまった。

もう一つのトラウマ、同じくまる見え出あるゴミを売って暮らしてる人たちが
鉄の容器を発見し壊すと中から光る粉が、そいつらがその粉をいろいろな人に配る。
体に塗って遊んだり、子供にプレゼントしたりしていたがある日そいつらの体の具合が
悪くなっていき、その粉を医者に持っていったら放射線廃棄物という事が判明し、
大勢の人たちが被爆したという話。



377:
本当にあった怖い名無し:2008/12/12(金) 23:07:58 ID:xC+TtbJ90
>>376
それ、両方ともまる見えじゃなくて、
アンビリバボーっぽいけどみた記憶あるな。

でも、上の状況って冷静にみると、
普通にてんかんの症状だ。



382:
トラウマ:2008/12/13(土) 02:54:23 ID:Rfo12xQvO
>>376
下のやつ、結構色んな番組で紹介されてる。

最後は犠牲者の遺体をコンクリ漬けにして鉛だったかの棺桶に入れて、
何十メートルもの地中深くに埋葬すんの。



388:
本当にあった怖い名無し:2008/12/13(土) 13:28:49 ID:ycRnR6NOO
>>376
これかな?
失敗百選 ~アイソトープの不始末で放射線被爆~
http://www.sydrose.com/case100/248/



756:
本当にあった怖い名無し:2009/01/01(木) 16:33:23 ID:ONXqSoUS0
トラウマといえば、セーラームーンの45話。リアルタイムで見てた。
舞台が北極圏で、うさぎ以外の四守護神が全員死亡。
一人一人の苦痛の叫び声がトラウマ。
次の日、学校を休む子が続出した。
うさぎより四守護神のファンが多かったから。
でもマーズを一番最後に持ってきた演出が上手いと思った。
うさぎと一番ケンカして本音を言い合ってたのがマーズだったから。



758:
本当にあった怖い名無し:2009/01/01(木) 17:45:05 ID:4v1+cucZ0
>>756
あれはトラウマって人多いだろうな



767:
本当にあった怖い名無し:2009/01/01(木) 22:42:42 ID:K8c1zyESO
>>756
セーラームーン、土曜日じゃなかったの?



825:
本当にあった怖い名無し:2009/01/04(日) 02:33:11 ID:PYUsQkrpO
藤子Aのブラック短編集にある、「明日は日曜日そしてまた明後日も…」が心底欝になる。

一人息子の坊一郎は大学卒業後、大手の大丸商事に就職が決定。
一人息子の初出勤を案じる母親。
厳しくも励ますように送り出す父親。
しかし坊一郎は都会の喧騒とこれからのプレッシャーに耐え切れず、会社へ行けなかった。

帰宅時間まで公園で過ごし、我が身の情けなさに泣きながら母親の弁当を食べる。
弁当は、息子を思い、様々な工夫がされてある。
帰宅した坊一郎を、両親は豪華な料理で労う。
父親は、息子の初出勤を祝うために早退して帰ってきたのだ。
だか坊一郎は、結局1日も出勤せず、電車や駅で時間を潰し、泣きながら弁当を食べる毎日。
そしてとうとう両親に会社に行っていないことがばれてしまう。

月日は流れ、年老いてなお努めに出る父親と、
部屋で何もせずただうずくまる坊一郎がいた。
明日も日曜日そしてまた明後日も…しあさっても…
そしてまた次の日も次の日も次の日も次の日も。

もうね、両親の期待もすごい分かるけど、それに応えることができずに
泣きながら弁当を食べる様が…
ニートなんて最低だと思ってるけど、
あんまりにも哀れな様子が半端ない。
さすが藤子…
私の時は就職氷河期ピークだったけど、就職できてよかった。
本当によかった。
でもこの話を見ると心がへし折られそうになるよお母さん。



827:
本当にあった怖い名無し:2009/01/04(日) 04:30:16 ID:mZGEXmBUO
>>825
これニート、ひきこもりが表面化する前から描かれてたんだよな…。
俺予言してるのかと思ってその方が心に残った。



転載元:http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1231478551/
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1349750894/
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1227156884/