479_1

61: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/26(水) 20:44:22.35 ID:7vL66k6K0
バイクの教習中、夕方6時過ぎごろのちょうど薄暗くなってきたとき
スラロームの練習しててインストラクターにアドバイスもらってた。
教習コースは道路のすぐ隣に面してて
インストラクターは道路に背を向けて、自分は道路と対面して指導を受けてた。
そのとき視界の端がなんか気になって指導を受けつつ道路を見た。
そしたら、人が二人、こっちに手を振ってた。薄暗くて顔はよく見えなかった。けど、一人は小刻みに手を左右に振っていて、もう一人は大きく手を振りながら口をゆっくり開いたり、閉じたりして何か喋ってる様子なのは分かった。
一人は背が低めで、もう一人は高め。
背格好が父と母に似てたから、見に来たんだと思って恥ずかしくなった。
照れ臭くなったけど、とりあえず自分の両親だったらちょっとかっこいいところを見せてやろうと思った。
一周+スラローム走るのにそんなにかからない。走り終えてさっきと同じ場所で止まり道路の方を見たらもう誰もいなかった。
歩道の左奥を見ても誰も歩いてない。右は塀があって奥は見えなかった。
家に帰って親に今日、見に来たの?と聞くと母は夕飯の支度でそれどころではなく、
父はそもそも二日前から遠出していてまだ帰ってくるのは先だと言われた。



62: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/26(水) 20:46:19.06 ID:jhYRhvHV0
普通の非日常のほんのり話はないのか



67: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/27(木) 02:04:53.49 ID:zgs46gt40
ここ最近の話……というか現在進行形。

数週間前くらいから、今くらいの時間(深夜2時くらい)に風呂に入ると必ず俺を呼ぶ声が聞こえる。

声と呼び方は間違いなく嫁なんだけど、嫁じゃない。なぜか確信が持てる。
もちろん嫁は「自分は呼んでない」とも言ってる。


なんでかは分からないけど、返事はしちゃいけない気がして、いつも無視してる。

でも最近はどんどん呼び方が激しくなったり、たまに違う人物(友人や親)の声で呼ばれたりする事もある。


だから朝シャンに切り替えたんだけど、それでも聞こえたらどうしようと不安になる。
現在進行形なせいでオチもなく中途半端で申し訳ないが、自身の体験したほんのりな話でした。



74: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/28(金) 02:24:52.18 ID:SrUAaP6o0
稀によくある変わったバイトの話。
もう15年くらい前の話だけど、街中で声をかけられたお爺さんに気に入られて
喫茶店に一緒に行った時に、バイトの話をもらった。

「学生ならお金無いやろ。うちでちょっと働かんか?」

何気ない提案だったけど、最初はお断りするつもりだった。
どう見ても普通のお爺さんだったが、お付きの人が居たのでアレな人だったんだと今になって思う。
仕事内容だけ聞いて、素直に悪い話では無いと思ったからバイトする事にした。

内容は凄く単純な物で、週末だけの仕事。
紹介された人と一日、孫のように接したり恋人のように接したりするだけ。
デート商法に似た物なのかな。 日給は平均すると10万くらい。
たまーにボーナスももらえた。

監禁されたりする人もいるみたいなんで、助けを呼ぶ用にパカパカのケータイももらって
服なんかもその日その日で事前にお付きの人と買いに行くんだけど
それも仕事が終わればもらえる。 至れりつくせりな環境だったと思う。

神事などの行事によく連れてってくれて、お爺さん達がお披露目がどうたら毎回話してて
自分の事では無いんだろうなって思ってたけど、どうやら自分の事だったみたいだったのを後で知った。

偉いっぽい和装のおじさんにお爺さんが「この子どうや?」と聞くとおじさんは「珍しいので2000万ですかね」
そう答えた。

少しでも意味を知ったのはお付きの人からの説明があったからだけど、内容が怖い物だった。
買われたら普通の暮らしはできなくなる。自由も無くなる。でも生活に不自由せんようになる。
買われた後は部屋を一つ与えられ呼び出しがあったら応じて儀式の間は座ってるだけで良い。
人目につく街中などには出られない。部屋にいる間は何をしていても良いし、月給はサラリーマンより良い。

当時の俺は怖かったので断った。断ったらその後はお爺さん達とも疎遠になってしまったけど
そのお話を受けていたらどうなっていたのかと考えるとほんのりと怖い。なんの仕事だったのかは気になるけど。



76: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/28(金) 08:01:54.48 ID:dB2Xeyfr0
>>74
珍しいから2000万ってどういうことだろう?
凄く強い守護霊がついてるとか?



103: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/29(土) 14:43:15.04 ID:BUmkoMDU0
どこに書き込んだら良いのか分からなかったので、スレチだったらすみません。

私はたまに人が見えます。幻覚なのかはわかりませんが、少なくとも生身の人間ではないでしょうし、かといって幽霊とかでもないと思うのです。

なぜなら、人も幽霊もいないでしょ、というところに見えるからです。
うまく言えないのですが、大学の教室の教卓に立って学生を見下ろしていたり、ホテルのロビー(吹き抜け)にある二階に行くための階段の手すりなら落ちて行ったりと、人が死ぬようなところでもない場所で見えます。

大学の教卓にいた人は先生が来たら倒れこむように落ちてそのまま床に消えて行きました。
ホテルのロビーの階段から落ちた人も、そのまま床に消えて行きました。こちらはお笑い芸人の平野ノラのような真っ赤なスーツ(ジャケット?)を着ていたのではっきり覚えています。

ただ本当になんなのか分かりませんし、怖い思いをしたこともないですし、私が脳内でイメージしたことを現実だと錯覚してるだけなのかなと思っています。



104: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/29(土) 15:49:34.67 ID:SyWpMLrS0
私もたまに人が見えます



105: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/29(土) 16:44:13.08 ID:8oyPEpP/0
>>104
それたぶん誰でも見えてる
気にしないだけで



111: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/30(日) 01:52:15.77 ID:x/VZNlXA0
俺が中学生の頃の話。霊とかの話じゃなくてスマン。
夏休みに自由研究として毎日記録をつけられるものを各自で決め、夏休み明けに提出する事になった。
題材は何でもいいという事だったので俺は面白半分である事を思いついた。
住んでいた所が田舎だったため、信号機が夜8時以降は点滅になり、
交差する一方の車線は赤信号の点滅で一旦停止しなければならない。その信号は俺の部屋のベランダからよく見え、
交差点先の空き地で取り締まりをしているパトカーもよく見えていたので、
違反して捕まる車の数を自由研究としてやる事を決めた。
もちろん毎日やる訳ではないので、取り締まりがない日は適当に「今日は警察がいなかった」とか書いてたと思う。
地元の人はここがよく取り締まりをしている事を知っているので多分、町外の人が捕まるんだと思う。
違反した車があると交差点先で止めてるパトカーが回転灯を回し、車外にいる警官が車を止め空き地に車を誘導する。
取り締まりがある日は最低でも1~2台は捕まる車を見れたし、
ベランダから交差点を見ていて「この車やばいw捕まるw」とか見てると妙に楽しかった。
でもたまに一旦停止しなかった車が警官に止められ警官が運転席の人に話しかけるが、
空き地に誘導する事なくそのまま見送るという事がたまにあった。
車は逃げている様子もなくパトカーも追いかけたりしなかったので、そういう場合は
「違反したけど見逃してもらった数」としてカウントした。
夏休み明けに各自提出し、全員の自由研究は町役場のロビーに貼られたり、展示される事になった。
提出をしなかった者はかなりの量の漢字の書き取りを命じられた。
しかし俺の自由研究は町役場に貼られなかった。
当時は先生に何か理由を言われたけどその理由がなんかあやふやで腑に落ちなかった。
一応提出したことになり漢字の書き取りはやらずに済んだ。

それから数十年経ち地元の友達と飲んでいる時、たまたま友達がシートベルトで捕まった話になり
友達が「◯◯のオヤジがよく言っとるけど、昔は部落の人間は違反しても見逃してもらえたらしいぜ。いいよなぁ部落はw」
という言葉を聞いて「あっ・・・なるほど」と自由研究の話を思い出した。
俺は途中で転校したからあまり詳しくなかったけど、そう呼ばれる地域があったみたいで。



114: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/30(日) 03:06:23.45 ID:LkmKXLim0
自分の頭がおかしいと言われたらそれまでなんだけど、ある日家のベッドで壁側を向いて寝てて、夢で知らないおばさんに今からお経を唱えるからそれを今すぐ唱え続けなさいって言われた瞬間目が覚めた
で、目覚めた瞬間壁側を向いてるから何かわかんないけど、後ろから襖もないのにスーッと襖が開くような音がして、
ガシャッというような音をたてた鎧?のような人?が入ってきたっていうのが分かってなんかヤバイと思ってさっき夢に出てきた御経を一生懸命頭の中で唱え続けたらすぐ居なくなった
そのお経は聞いたこともないやつですぐ忘れてしまったんだけど、
助けてくれたのかなあと思っている。本当になんだったんだろう。



115: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/30(日) 04:35:07.48 ID:YDcexwMe0
鎧vs婆さん
別次元でずっと戦ってたけど、鎧が>>114を巻き込もうとしたから
婆さんが先回りしてお経を教えに来てくれた
消えた後はまた鎧と婆さんは戦ってると思う
ドクターストレンジみたいな感じ

と思った



117: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/30(日) 07:51:54.49 ID:bl3mynSX0
深夜1時頃に明かりをつけたまま壁側見てベッドで寝てたら自分以外誰も居ないハズの部屋をゆっくりと横切る半透明の影が壁にうつったのを見た時はめっちゃ怖かったな。
それ以来壁側を見ながら寝れんようになったわ。



129: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/31(月) 12:54:38.85 ID:qDdfaVRB0
最近流行ってんのか知らんけど

鉄塔とかケータイのアンテナ基地とかの立ち入り防護柵に写真付き藁人形くくりつけてる奴やめろ
派遣のおっさんが変な声あげてビビるしイチイチ外すのも怖いし処分に困る
親父に言われて車に塩常備する様になったじゃねーか

周りは木しかないんだから呪うなら正規の方法で呪えや



130: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/31(月) 19:55:38.55 ID:aavJhWZF0
本能ってものなのかどうなのかは分からないけど
恐らく第六感とかそういうのに関わる話

してもいい?



131: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/31(月) 19:58:08.56 ID:aavJhWZF0
いつだったかの夏、
近畿地方のとある県北にいったんだ。
理由は完全に自分の趣味になるんだけど
知り合いから化石があるって聞いた場所があったからそこに車で。
んで、色々見ながら立ち寄ったりして、
昼頃に休憩がてら、もう夏だしということで通りかかった海岸に一回寄ったんだ。
ちょうど降りやすい位置にあった駐車場に車を停めて。
そこは砂浜ではなく岩がメインの入江みたいな場所で、僕はその沿を歩いてたんだけど
なんとそこにも化石があって、全く期待してなかった分、少し興奮ぎみでどんどん先に進んでいったんだ。
まぁ、みんなが想像してるような化石とは少し違うかもしれないけど。



132: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/31(月) 20:02:22.44 ID:aavJhWZF0
んで、歩いて、歩いて。
しばらく歩き続けて、開けて見晴らしのいい、海が一面に見えるだけのまったく何でもない場所だったんだけど

身の毛がよだった。
急に足が止まったんだ、金縛りとかそういうものではなく。
ただ先に進みたくないっていうよくわからない、そんな感情。
それに止められた。
周囲には誰もいなくて、固まったその変な格好の僕を見たのはいなかっただろうけど。
ただ、止まった?って思った頃にはもう体が動いて普通に進めるようになってた。
目の前に見えてる磯の様子も何も変わっていないように見える。
とはいえ流石に気分が悪くて、
なんだかさっきまでの勢いも少し削がれてしまったようだったから、
どうしようか、先に進もうかそんなことを考えながら少し目線を下げたんだ。
そしたらさ、
自分の足の後ろにもう一つ、足が見えた
気がしてすぐ振り向いたんだけど、誰もいない。



133: 本当にあった怖い名無し@ 2017/07/31(月) 20:10:23.49 ID:aavJhWZF0
キツい日差しにセミの声だけが響くこの空間に冷や汗が止まらなくなって、そのまま車に逃げ帰った。
直帰する車のなかで、お祓いとか
少し考えたけど
とにかく家に帰ろうって考えに至って
結局いかなかった。
幸い?日暮れ前には家に帰れて、
まぁ、結果としてなにもなかったんだけど。
本当に何もなかった。

後で自分が立ち寄ったあの場所を調べてみたんだけど、それっぽい場所が見つからない。
流行ってたGoogleマップで探したけど
あの駐車場と、遊泳禁止ってかかれた看板が見つからない。
明らかに出来て間もないような様子でもなかったし。今思うと、回遊禁止の看板がある駐車場のすぐ近くに、
海に通じる道があるのもなんか違和感がある。

もう一度確かめに行きたいけど行きたくない。

自己責任だが誰か行ってみてくれないか。
ずいぶん前に虫の化石が出た県の話だ。



181: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/02(水) 15:04:26.28 ID:Rz+Gh4Ia0
スレタイ
新宿の賃貸探してて事故物件か照会してたら
スペーシア新宿っていう物件が事故多すぎ
9階が部屋番不明だけど空室でてて、間取り図みてら玄関鬼門
風呂・トイレも鬼門にかかってるかも
こんな物件初めて見た
元住人達のコメント本当だったら嫌すぎる



182: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/02(水) 16:56:32.44 ID:ckeHHytt0
>>181
スペーシア新宿で検索したら、入居者全員に5万円プレゼントって広告でたけど、敷金礼金どころか、逆に5万円プレゼントってwww



216: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/07(月) 06:44:50.22 ID:CAphkEYO0
怖くないかもしれんが、ちょっと聞いてくれ。
昨日寝てるときに誰かに腕を引っ張られた感じがして目が覚めたんだよ。
嫁と住んでるから、嫁が引っ張ったのかと思ったけど嫁は違う部屋で寝てる。
引っ張られた感じは間違いなくあったから、何か気持ち悪いなと思ってたら呼び鈴が鳴ったんだ。
出ると警察で、何事か聞くと下の階で人が亡くなっていたと言われ、何か争う声や物音は聞いてませんかと聞かれた。
俺むっちゃ怖いんだが



219: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/07(月) 09:39:32.98 ID:gdRZqYHr0
>>216
それは隠者の仕業のような感じがする。最後の方が怖いなw



228: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/07(月) 23:30:06.90 ID:lckBu5pzO
>>216
病死や老衰で亡くなられたんならまだしも
もしかしたら殺人犯が自分の住まいの周りをうろついてたのかと思うと
洒落にならないくらい怖いな…
戸締まりしっかりしとけよな



227: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/07(月) 22:08:53.36 ID:jSfAOUs80
横向きに寝てたらGが耳の辺りに落ちてきた事



263: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/13(日) 11:22:46.75 ID:oC4oujL50
ここでいいんかな
間違ってたらごめんなさい

10年ほど前の話
学校から自宅付近までの近道を発見した。
多少舗装されてるけど低いフェンスで通行禁止にされてるので道と呼べるかは微妙、街灯は一応あるけど点いてない。
廃屋と林に囲まれた墓地の間の狭い道。
後日遊んだ帰り22時過ぎに通ったら、前方から笑顔のロックバンドたまのランニングの人みたいなおっさんが歩いて来た。
真っ暗なのもあって突然現れたように見えて悲鳴をあげた。
おっさん『うおっ こっちがうわぁだよ もう...』
申し訳ない謝ろうと思って咄嗟にガードした顔をあげたら、音も無く居なくなってた。
びびって猛ダッシュで帰りました。



265: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/13(日) 11:48:25.00 ID:PH7ba/9GO
>>263
幽霊も突然現れた人間に驚いたのかもしれない



326: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/18(金) 20:12:21.15 ID:LsSYfErI0
よく猫は人には見えないものが見えると言うけど、うちの猫もそうなのか?と思う時がある。
寝る時や、ゴロゴロしている時。まあ、ようするにベッドの上での事なんだが、猫を腹の上にのせて撫でくり回していると、急にハッとした顔で何かを見ている時がある。
目をカッと見開いてゆっくりと不規則に顔を動かしている猫。何も気配は感じないけど、壁や天井から軋む音。
気のせいと言えば気のせいなのだが、何か居たらそれはそれでほんのりだなと思った。
ちなみに虫が飛んでいたわけでもないのよね。猫は何を見ているんだろうか。



332: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/19(土) 17:21:42.79 ID:d7Qpjwjo0
やめてたネトゲに15年ぶりに帰ったら、痛々しいキャラで有名だったA子ちゃんがランカーになってた。
当時で25歳とか言ってたから、もう40のおばんになってるはずだけど話し方は痛々しいままだった。
チャットで騒ぎまくるしうるさいからブロックしたらその瞬間にバレたみたいで
狩場までついてこられてずっとPKされた。

あまりのウザさに運営に通報ボタン連打したら、A子ちゃんは3日後に30日のBAN措置だかくらってtwitterで暴れてた。
首や腕をカミソリで切ったりした写真をtwitterに上げてて、今はアカウントが削除されてるけど
ゲームが30日できないくらいの事で発狂するような人を相手にしてたのかと考えるとゾッとした。

それだけなら良かったんだけど、A子ちゃんがBANされてから2週間ほど経過した時。
お風呂に入ると私の腕に刃物で切ったような見えにくい傷が出来てた。
切った憶えは全く無くてあまり気にしなかった。

それから三日後に実家に帰省した時。
おばあちゃんに

「お前何憑けて帰ってきてるんや!○○さん(神社の名前)行ってお祓いしてこい!」

そう怒鳴られた。敷居を跨ぐ事を許さないんだとかなんとか。
5000円もらってお祓いへ行って、何か憑いているのかを聞いたら神社の人はわからないって。
そんなんでほんとにお祓いになるのかと思いながら帰宅したら
おばあちゃんは何も言って無かったから多分だけどお祓いできていたんだろう。

食器を洗うおばあちゃんに何が憑いていたのか聞いたら

「生きてんのか死んでんのかわからん汚い女が包丁持ってお前の後ろに立っとった」

と言うので、心当たりがあってほんのりと怖かった。
その後は何も無い。今は大丈夫。



333: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/20(日) 00:23:02.89 ID:CSB5wDRm0
リアルありそうで怖いんですけど



351: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/21(月) 10:48:09.98 ID:oxTmM/tL0
 今年のお盆は1日だけ休みが取れた。
 この1日で新盆まわりをして、お墓参りも済ませる予定だった。
 新盆まわりのルートを考えて、うちのお墓の近くに一軒あったので、そこを最後に訪問することにして、その後お墓参りをして帰宅、という流れだった。

 全て終えて帰宅し、仏壇に線香をあげようとしたら、既に2本供えてある。
 1本はもうすぐ終わりそうな短さで、少し離れてたった今火を点けたばかりという感じの長い線香がもう1本。

 「線香あがってる・・・」と言うと、妻が「お義母さんが先に来て自分であげたのかねー」と笑いながら言った。
 母は数年前に亡くなっているので、その母が自分で自分の仏壇に線香をあげたんじゃないか、ということだ。

 とりあえず線香をあげようとしていたら、妻も仏壇の前に来た。
 「あれ。1本は今点けた?」と妻が聞くので、2本先にあがっていたと説明した。
 「じゃあもう1本は誰なんだろう。」と言われたので、「じいちゃん(母方。30数年前に逝去)かな。」と答えた。

 二人で線香をあげてから、念のため戸締まりを確認し、問題無いため、やはり亡き母と祖父が自分で線香をあげた、という結論で落ち着き、「お茶目だな~。」と二人で笑った。

 翌日の早朝、同じ町に住むいとこが、意識不明のまま救急搬送された。まだ入院中だが、取り敢えず命はとりとめた。
 もう1本は、誰を指しているんだろう。



387: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/22(火) 13:57:46.05 ID:5iVHXOVH0
母は祖父が65の時の子でもちろん自分が生まれたときにはとうに亡くなっている
もう70過ぎの母が祖父から聞いた話 
そのぐらい古い話

母の実家は海辺の曹洞宗の寺で
祖父が若い頃その父親が住職をしており
海で行方不明者が出るとその家族が曾祖父の元に不明者のへその緒を持ってくるのだとか
舟を出してひもで縛ったへその緒を海に浮かべて経を始めると
潮に乗って流れていきクルクルと周りはじめて沈む場所に不明者がいるのだと
それを村の人がありがたがる様を何度か見て、祖父は
「潮の流れが巻いてるところに何かが沈むのだから遺体だって寄せられるじゃないか」
とpgrしてたらしい
自分が住職になって初めてへその緒を持ってこられて同じようにやっても
底に遺体はなく日にちが立つと浮かんで見つかる
何度か機会があったが父親のように成功した事はなかったそうだ



432: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/23(水) 19:53:46.61 ID:iYdJYeXoO
怖いとはちょっと違うのですが…スレチだったらごめんなさい。
最近、葬儀場で告別式スタッフのバイトを始めました。
業務は、会場の設営・式のサポート・会場の片付け。

基本的に少人数で回しているので、ひとつの式に社員とバイトの二人しかつかないのもザラ。
そうなると、式前でフロアにはご遺体と自分のふたりっきり(?)で準備をする場合等がよくあるんです。
でも、奇妙な事とか背筋が寒くなるような事とか、正直全く無いんですよ。
本当に綺麗さっぱり無い。

亡くなる、とはこういう事なんだ、としみじみ思いました。
人って、単体だと亡くなった後になにも残せないんです。
どんなに強い恨みつらみを持っていても、亡くなった瞬間にそれも消えるんだなあ、って。
もちろん、親しい友人やご遺族が居て思いや血筋を残せた場合は、繋がっていくなにかもあるでしょう。
でも、生涯独身のままで、家族とも疎遠、友達も居ない…みたいな人もたまにいらっしゃって。
孤独死していたのを、役所がどうにか遠縁の親族を見つけ、憐れんだ親族さん一人きりのお葬式というのもありました。

この「なにも残せない」というのが、自分としてはじんわり怖かった。
その人の生きていた証、それを知る人・思いやる人がほぼ居なければ、じきに消えてしまう。
こんなに恐ろしくて悲しい事は無いんじゃないかと。

長々と失礼しました。



436: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/24(木) 00:32:40.79 ID:4+ZLULJz0
>>432
その怖さがあるからこそ、死後の世界とか霊魂は残るとかって考えて、安心したいんだろうね



457: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/25(金) 04:17:26.95 ID:DvCP4XXn0
子供の頃の話。
小学校5年生くらいの頃、俺は生意気なクソガキだった。
そんな俺もじいさんにはよくかわいがってもらった。

じいさんの家とは近くてよく遊びに行ってた。
その日も、家で見てると怒られるカルトQってマイナーな番組を見るためにじいさん家に行った。

いざ番組がはじまってみるとTVの電源を切ったりつけたりされた。
「もー!やめろよクソジジイ!」

普段からいたずらが好きなじいさんだったから、じいさんのせいだって決め付けて怒鳴った。
いつもならそこで意地悪な笑い声が聞こえてきてリモコンを返してくれるはずだった。

振り返るとじいさんがいない。横の布団には
全身タイツみたいな黒い影があって…
「そういうの怖いからやめて!トイレいけなくなる!」

そう言いながら叩いたら叩いた部分が煙のように消えていく…
怖くて電気をつけたらそこには何もなくて…
リビングで歯磨きをしていたっぽいじいさんが寝室に走ってきて

「どないした?」

心配そうに聞いてくれたけど、なんでもない。遊んでただけ。そう言って追い返してしまった。
その後、すごく怖くなって眠れなかった。
後にも先にもその一度きりしか見なかったし、その後は怪奇現象に遭遇したりもしなかった。
大人になってからじいさんにその話をしたら、クロンボって生き物かもしれないと言われた。

ぐぐっても出てこないけど、もう天国に行ってしまったじいさんには答えを聞けない。
今考えても個人的に恐ろしい出来事だった。



466: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/25(金) 13:02:38.99 ID:RmSwVasb0
不動産屋時代の話

家を売りたいという話が来たので、査定がてら訪問にいった。
玄関先にゴミが置いてあったり、庭木が好き放題になっていたりして
一見して、手の入ってない荒れた家だった。
呼び鈴を押すと、庭先から6才くらいの女の子が覗き込み、俺と目があうと急いで逃げ出した。
中に入ると、外と同じようにあちこちにゴミや服が散乱していて、さらにキッチンには酒瓶がゴロゴロ転がっていたが
そんな中で、出窓に置いてある真っ赤なランドセルと黄色い帽子だけやけに浮いていた。
家の所有者の男性は30代後半くらいで酒臭く、風呂にも入っていないのか酷いにおいで
話を聞いていると、どうも嫁さんに逃げられたらしく、嫁への愚痴が大半だった。
了解をとり、各部屋を見るため二階の階段をあがろうとすると、2階からさっきの女の子が覗き込んで
「パパ、大丈夫だった?」と聞いた。
何が大丈夫なのかはわからなかったが、とりあえず「大丈夫だよ」と答えた。
すると安心したように「よかった。パパ元気なかったから、心配だったの」とにっこり笑った。
「お部屋見せてくれる?」と聞くと大きく頷いて、そのまま廊下をパタパタと走っていき、部屋に入った音がした。
自分も二階にあがり、女の子が入った部屋をあけると、そこは他の部屋とは違い、
いかにも「女の子の部屋」でゴミ一つなくきれいだった。
あんな父親でも子供の部屋だけは汚さないんだな、と妙に感心した。
その部屋ともう一つ繋がった部屋があり、そちらにはもっと小さな子供のものがおいてあった。
あの父親が子供二人の世話してるのか?と不思議に思い女の子に話を聞こうとしたが
さっきの女の子はその部屋から別の部屋へいったのか、姿が見えなかった。
一通り見て、二階に戻りご主人と再度話をした。
その時にふと「子どもさんは二人ですか?」と聞くと
「ああ。下は嫁が連れて帰ったんです。上のは位牌を持っていかれたので、アレが位牌がわりです」と
出窓に置いてあるランドセルを指差した。

その後少し話を聞いたんだが、小学校にあがる直前に娘さんが事故で亡くなり
奥さんは精神を病んで下の子ごと実家に戻り、
旦那は酒びたりになったらしい。
女の子はそんな父親が心配で成仏できないんじゃないか、と思った。



467: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/25(金) 13:21:07.71 ID:6BP16hIQO
>>466
これは…どストレートな怪談
女の子には質感や生気は感じられたのだろうか



472: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/25(金) 15:20:30.84 ID:RmSwVasb0
>>467
フツーの子に見えたわ
透けて見えるとか、表情が暗いとか、まったくなし

ちなみに、不動産業界にいたころ
売りに出される物件で荒れてる奴って
ほぼ100%「嫁に逃げられた旦那」が売主だったわ
それもまた怖い話(別の意味で)



474: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/25(金) 15:26:18.15 ID:6BP16hIQO
>>472
おお、ありがとう
パタパタ足音がするというから、やはり実在感は強いのだね
なんか女の子の心情を思うと切なくなってしまう…
そして事情ありで売られる物件にも……



468: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/25(金) 14:18:11.64 ID:UvEXv/Kt0
自分は元バスの運転士。
たまーに不可解なことがあったんだけど、その中から一つ。
都市間高速バス運転士だった時。
簡単に説明すれば、例として東京~御殿場間を高速道路を使って往復する路線バス。後は空港を結んでるのもある。
実際体験したのは会社も路線も違う。

大都市から地方の住宅街を行き来する路線を担当した時、最終便で住宅街に到着後、車庫のある都市の方に回送で高速道路を走ってた時。
深夜12時頃、終点に着いた時に車内の忘れ物や乗客がいない事を確認して出発。車内灯を消して気楽に運転してた。
そしたら「ピンポーン」と車内に降車ブザーが鳴り響いた。



469: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/25(金) 14:20:00.69 ID:UvEXv/Kt0
物凄く驚いたのと「やべっ!まだ乗客いたのか!?」と肝を冷やした。
ちゃんと確認したはずなのに見落としたか?と思い、すぐ先にあったバス停に車両を停めて再確認。
でも居ない。誤作動かなぁとも思ったけど大きな段差で揺れない限り誤作動で鳴らないし、降車ランプまで光ったから誰かが押したとしか思えないけど、誰も居ない。
やっぱ誤作動かと思い、でも怖かったから普段は付けないラジオを付けて帰路についた。



470: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/25(金) 14:20:35.51 ID:UvEXv/Kt0
三ヶ月後にまた同じ時間走るダイヤが来た時「そう言えばここらで鳴ったよなぁ」と思いながら深夜の回送してた時。
ここの高速は掘り下げて作ってあるので横にあるのはコンクリの壁。でもその日はちょうど満月で周囲の景色が見上げるとシルエット状に見えた。二階建ての住宅地、森ともかよく見えた。
鳴ったところは緩やかな左カーブの先だった事を思い出し、「そろそろだっけか?」と思いながら上を見上げたらその上に見えたのは住宅とは違う小さい四角のシルエット。それに無数の棒が刺さってるように見えた。
墓地だった。更にちょっと進んだら寺のシルエット。「えっ、マジか。」と今更ながら寒気が来た。
直後「ピンポーン」



508: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/27(日) 23:16:28.78 ID:O3ZRcYgc0
美大生だった頃の話
キャンパスの2階にあった絵を描く作業場でぼんやりしてたら
イーゼルの上に誰かのスケッチブックが置いてあった

なんとなくパラパラとページをめくってたら
口を縦に大きく開けて舌を出している、細長すぎる顔をした女の絵が描いてあった
昔風のソバージュヘアで
黒目が大きく空洞みたいで、舌が異常に長かった。
そして、意味分かんないんだけど、絵の右下に「操縦不能」って文字が書いてた

美大だから奇天烈な奴も普通に居たし
怖い絵もそんなに珍しいものでも無いんだけど
その絵はなんか本当に異様な感じがして
怖くなって、ダッシュで教室を出た

中庭まで出て2階にある、さっきまで居た作業場の方の窓を見たら
めっちゃ笑顔の女が、さっきのスケッチブックの不気味な絵を
俺に見えるように、窓の外に向かってかざしてた

あれは怖かった。
怖すぎて、卒業までの間、作業場で一人にならない様に工夫してた。



509: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/27(日) 23:18:54.56 ID:O3ZRcYgc0
この話、ちょっとほのぼのするというか、変な後日談があります

俺は美大の学芸祭の実行委員だったんだけど
学芸祭の準備に追われていた時に、
体調悪かったから、中休み貰って当時一人暮らしをしていた美大の近くのアパートに戻って仮眠してたら
金縛りにあってしまった。
金縛り自体は疲れてる時はよくあるから別に怖く無かったんだけど
目を開けたら、あの絵に描かれてた細長い顔の女が馬乗りになってこっち見てたんだよ
黒目の大きい空洞みたいな目で、こっちを見ていて
どういう意図でかは分からんが、舌をベーっと俺の顔に向かって伸ばしてきてた

その時にワンワン吠え声がすると思ったら
当時実家で飼っていたウェルシュ・コーギーが俺の周りをグルグル回っていて
そのあと、ソバージュの女がキャーって叫んで消えた

俺を心配して、犬の生霊が俺のところまでやってきてくれてたのかなと
自分に都合よく解釈して、今でも時々思い出してほのぼしている。



514: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/28(月) 13:16:46.06 ID:5tKfTLuE0
美大っていうとほっしゃん(元芸人の)の話。
ほっしゃんが東京に引っ越してすぐ位の頃に美大の女の子と付き合っていた。
美大の人なんでエキセントリックな行動をとる事もあって(まあだから、ほっしゃんみてーな深海魚と付き合ったんだろうが)
すぐに別れたらしい。「私と別れたらひどい目に遭うぞ!」ってのが最後の言葉。
彼女の家に居候していたもので、引っ越した。しばらくしてほっしゃんのもとに彼女から宅配物が。
私物を贈ってくれたと思いきや、中身は全部人形。何百体って不気味な人形が敷き詰められていたそうな。
ほっしゃんはそこで思い出した事があった。
寝ている時に頭がちくっとして目が覚めたり、デート中にほっしゃんの髪を抜いたりされた事があった。
彼女はイタズラだと言い、ほっしゃんはそういうのやめてってことでもめた事を。
で、別れ際の言葉を思い出し、ゾッとした。
「私と別れたらひどい目に遭うぞ!」
って話をなんかでしてたわ。



516: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/29(火) 08:31:41.19 ID:PuMJERkS0
昔付き合ってた彼女が看護師で色んな話を聞いたけど
一番怖かったのが「手術室に出る幽霊」の話

短時間の手術だと出ないんだが、長時間の手術だと突然沸いてきて
サッと横切ったり、医師の真後ろに立ってたりするらしい。
複数の医師から苦情がでて盛り塩をしたりお祓いをしたりしたが効果がなく
当然、医師だけが見る幻覚じゃなく、複数の看護師も目撃したり気配を感じたりしている。
結局、大規模修繕の時に内部を色々かえて
その手術室を回復室に変更したらしく、その後は途絶えた。
飲みにいった時に医師が
「あの手術室の奴は、悪意がある」と言っていた。

長時間の難しい手術の時にだけ表われて
医師の集中力を削いで、手術を失敗させようという意志が見えてるところがマジで怖い。
こんなんで殺されたらかなわんわ。



517: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/29(火) 08:32:59.95 ID:PuMJERkS0
あと一つ個人的に怖かったのが、身内のいない末期がんの患者。
Aはオッサンで独身で身内が誰もおらず、
末期がんの患者にありがちな、態度の硬化と看護師・医師への八つ当たりが酷くなり
Aさんは二言目には「俺が死ねばいいと思ってるんだろ!」と怒鳴りつけるようになっていった。

ある日、彼女が夜勤の見回りをしてNSに帰ってきた時
突然、NS近くの部屋(緊急度の高い患者が入る部屋)の方から
「俺が死ねばいいと思ってるんだろ!」と怒鳴る声が聞こえた。
新入りが何かやらかしてAさんを怒らせたのか、と思って部屋に足をいれた瞬間
その日の午前中にAさんがなくなっていたことに気付いた。
部屋の中はその日は誰もいないはずなのに誰か(何か?)がいる気配がした。
そして今度は「俺が死んで嬉しいんだろ!!」と声が聞こえたので
「そんなことないですよ。Aさんから聞いた海外のお話とか面白かったし
もっと聞きたかったですよ」と答えると、その気配がふっと消えたらしい。

それで成仏したのかと思いきや
その後、似たような話を別の夜勤担当の看護師が言っていて
夜勤のナースたちは「Aさん、また出るかな」「さっさと成仏すればいいのにねぇ」と言われるようになったとか。

死んだ後まで「看護師に構って欲しい」「死んで欲しくなかったといわれたい」という承認欲求を持ち続ける
50過ぎたオッサンの存在が怖かった。
つーか、案外幽霊ってその「承認欲求」から来るものだったりするんかねぇ。



518: 本当にあった怖い名無し@ 2017/08/29(火) 08:43:34.84 ID:/RrpcOAT0
>>517
特定の場所や人に未練や強い執着を抱いてると魂というか念が留まるみたいだから
この人の強い思いが留まったんだろうね

自分も看護師だけど関わった患者の霊に遭遇したら早く成仏しろよと説教してしまいそう



567: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/08(金) 20:27:09.89 ID:Do7n3A3q0
俺が前に勤務していた病院でのこと。
田舎の結構古い病院で、ある階の病棟の隅に公衆電話が置いてある。
小銭しか使えないレトロなピンク色の小さな公衆電話。
ほんと隠す様に置いてあり、記憶にある限り使用している人は見たことない。
まあそれもそのはず、この電話はコードは繋がっているが壊れていて掛ける事ができない。
早いとこ修理に出すか捨てれば良いのに、なぜかずっと手を付けられないでいた。
 
そんな公衆電話だが、鳴ることがある。
月に1回あるかないか程度だが、決まって深夜帯に鳴っている。
俺も夜勤中に鳴っているのを聞いたことがある。
計った事はないが多分10秒くらい鳴り響いていたと思う。
静寂な病棟に突然レトロな電話のベルが鳴り響くのは結構不気味だ。
 
この公衆電話が鳴っても絶対に出てはいけない。
暗黙の了解というやつか、そんな雰囲気がある。
他の職員は皆気にも留めない様なので、俺も特に気にしなかった。
 
そんなある夜、ある人が受話器を取った。
勤務の月日がまだ浅い新人で、初めて電話が鳴る時に居合わせた。
明るい性格の新人は同僚の制止を聞かずに、意気揚々と受話器を取った。
同僚の話によると新人は何も言わず少しの間黙った後、受話器を戻した。
どこか怯えている様に見えたが、新人は電話について何も話さなかった。
 
その後、新人は以前とは別人の様に暗くなった。
風邪を理由に休むようになり、事の1ヶ月程で退職した。
 
....てことを思い出したわ。ほんのりとなら怖い話?



599: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/10(日) 09:47:02.04 ID:xh1uezEi0
人間って意外と簡単だよってお話。
ある小学校で、ナチスについての授業が行われた。ナチスの残虐な行いに生徒たちは怒り
「なんで止められなかったんだ」「自分なら殺されても従わない」
と口々に言った。
説明に困った歴史教師は生徒たちにある提案をした。自分をリーダーと呼ばせ、教師が作った細かいルールを設けて今日一日だけ
絶対にそのルール(先生発言します的なやつとか、姿勢を正すとか)に従うという実験で、規律に縛られた集団が
どうなるかを学ばせようとしたのだ。独裁国家ではよく行われる手段であり、ナチスドイツもこの手段で突き進んだ。
生徒たちは面白がってこのゲームに参加した。
実験は一日だけのはずだったが生徒たちが続行を希望し、教師も興味を持ってしまったせいか実験をつづけた。
実験は思わぬ効果を生み出した。イジメがなくなり、生徒たちの成績が格段に向上した。
だが、この頃から教師は違和感を感じ始めた。生徒たちがより厳しい規律を求め、自ら規律を作り始めたからだ。
数日後さらに恐ろしい事態が起こる。1クラスで行われているはずの実験が学校全体にまで広がり始めていた。
反抗する者、抗議する者に対しては、実験が行われたクラスの生徒たち、幹部の手により暴力までふるいはじめていた。
教師というリーダー、最初のクラスの生徒たちという幹部、そして他の生徒たちという国民。それはまさしくナチスドイツだった。
危機感を感じた教師は、生徒たちを深く傷つけることになると思いながら、実験を終わらせることにした。
学校全員の生徒を集め、巨大なスクリーンの前で質問をした。
「君たちのリーダーは誰だ?」
生徒たちは口々に教師の名前を叫んだ。
そこで教師はスクリーンにヒトラーの写真を出し、「違う、君たちのリーダーは彼だ」といった。
その時、生徒たちは最も忌むべき存在、残虐な行為を批判したヒトラーに従っていたドイツ国民と同じ状態になっていた
事に気が付き、洗脳は解けた。
実験が行われた期間はわずか一週間。人間が短期間でいとも簡単に洗脳されてしまう事が皮肉にも証明された。



613: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/10(日) 23:04:20.27 ID:JhE5b6zW0
ほんのりとも怖いかどうかわかりませんが。

自分が高校生の頃の話。
ある日、学校帰りに友人の家に遊びに行った。すると奥からお婆ちゃんが出てきて、
「今日はお爺ちゃんが来てるから静かにね」
と、優しそうににこにこ笑いながら、口の前に人差し指を当てて「シー」のジェスチャーをした。すると友人、
「うるせえなこのボケババア、あっち行ってろよ!」
と口汚く罵る。さすがにこれはちょっと、と思い、俺は
「お前、お婆ちゃんにあんな口の利き方ないだろうよ」
と窘めたが、友人は
「爺ちゃん、一昨年死んだんだよ。それからボケてたまにああいうこと言うんだよ」

ちょっとゾッとした。
果たしてお婆ちゃんは本当にボケているのか、それとも本当にお爺ちゃんが来ていたのか。
本当に笑顔が素敵な、優しそうで上品なお婆ちゃんだったんだが……。



620: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/11(月) 10:11:12.31 ID:DCJecyuM0
実害がないから怖い話なんだろうか、と自分でもちょっと疑問はあるんだが…
叔父夫婦が以前、ある大学寮で住み込みで仕事していた時の話

その寮の二階のど真ん中の部屋(仮に206号室)は叔父夫婦が採用された時点で既に閉鎖されていた。
管理会社に理由を聞くと「水漏れが酷いので閉鎖している」と説明を受けた。
一度、隣(205)から「水音がする」といわれてマスターキーで鍵をあけようとしたら、開けられなかった。
管理会社に確認すると「そこは開けなくていい。水漏れは修理してあるから気のせいだと説明して。それでもダメなら空き部屋移動して」と言われる。
その後も水音が続くというので、隣の部屋の生徒は他の空き部屋へ移動することになった。

それからしばらくして、東北での震災があった。
その関係で寮も耐震工事をすることになり、ついでに大規模リフォームも行われた。
数ヶ月の間は近くのマンションで生活していて、工事が終り寮に戻った。
全面的にリフォームがされていてきれいになっていた。
全室クローゼットなどの収納が新たにつけられたり、各部屋の扉も重いものから軽いものに変えられた。
が、206号室だけは扉もそのままだった。
一度補修に来た業者に聞いてみたところ、206号室だけ一切手を加えなくて良いといわれた、と言っていた。
あの部屋何かあったんですかね、たまにあるんですよ、こういうの、と業者の人も言っていて事情を知らないようだった。

学生の間では、就職が決まらずに電車に飛び込んだ生徒の幽霊が出る、だの
大学内の三角関係で部屋のベッドでクビをかっ切って死んだ生徒の幽霊だ、だの、色んな噂があるだけで事実は不明。
でも「何か」があって閉鎖されたはずだし、それがよっぽどのことだから、リフォームもせず、誰も入れないんだろう、と推測される。
ついでに、業者の「たまにこういうことがある」って言葉も地味に怖かった。

つか、全然盛り上がりもないな、これ。
ホラー映画とかなら、その206号室に無理に入った学生が発狂したり自殺したりするんだろうが、そういう面白い話じゃなくてすまん。



660: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/13(水) 10:30:53.75 ID:6TrAzYcc0
大学2年の時、部活の後輩が突然大学に来なくなって先輩と一緒にそいつの住んでるマンションに行ったときの話。
自宅にも関わらず青スーツ、青ネクタイというすげー服装で出現。
何で大学に来ないのか?という質問に対して、「あなたは徳川埋蔵金の場所を知っていますか?」という逆質問。
お土産に対して、「豊臣秀吉はこうやって織田信長に取り入った」というよく分からないギャグをかまし
一人で大爆笑し、その後の説得も策略がどうのと会話すら成り立たず、困り果てて帰ろうとすると
宗教なのかセミナーなのかわからないけど、脳活性なんちゃらという謎集団のチラシを渡し
「これでお二人も徳川埋蔵金に一歩近づけます」と握手。
出逢った時は、人見知りだったけど割といいやつだったのに、人間って出逢いでこうなっちゃうのかと
ちょっと怖かった。



678: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/14(木) 23:33:37.62 ID:bFItJo6d0
あるオンボロ少人数個人塾で、姉が塾講師をしていた。
授業中、板書している時に、後ろからざわざわと子どもたちが話す声が聞こえ、
「ざわざわうるさい!」
当然、注意するため振り返った。

誰も話している子供はなく、皆静かにノートを取っていた。

驚いて顔を上げた子どもたちを見て、姉は事態を察したらしい。
「あっ、ごめん」
そう言って何事もなかったかのように板書に戻り、授業を再開したそうだが、
当然遅れて気づいた子どもたちは阿鼻叫喚だったそうな。
「何、何かいるの!?」と問われ「いないよー(常駐以外は)」と返したらしい。

似たようなパターンで、授業終わってしばらくした後に、部屋から子供の声がしたので
「まだいるの、早く帰んなさい!」
開けたら誰もいなかった、ということもあったらしい。
以来、絶対に人ではありえない時以外は、確認してから反応するようにしているとのこと



706: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/18(月) 02:26:46.69 ID:Z7H5yP3q0
怖くなかったらごめんね。
親戚から聞いた話。
聞いたけどそっち系理解出来んくて、
ちゃんと説明出来んの申し訳ない...

自分のひいお祖父ちゃんは
人形の供養とかする仕事をしてた。
(家に髪伸びる人形とかいっぱいあったらしい)

ある時、男の人がお祓いに来た。
診たらその人はヘビに憑かれてて
すぐに取らないと命が危ないってことで
憑いてたヘビをその人から自分に移した。

んでその男の人に
『ちゃんと神社?にお参り行ってください。
じゃないと私がこのヘビに殺されるから。』
って言ってその日は終わった。

しばらく経って、
『あの人がお参り行かんから
もうすぐ自分は死ぬと思う。』
って家族に言ってて、
しばらく経ってから本当に亡くなった。

色々話聞いてるとひいお祖父ちゃん
えぐい霊感の持ち主っぽいから信じてる。
ちなみに自分が生まれて2日後に亡くなった。



710: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/18(月) 10:30:15.69 ID:sJDsUIGf0
ヘビ男、のど元過ぎれば、そして自分だけ良ければ、って人だったんだね
そんな人非人だから、動物霊になんか憑かれるんだ
ひいおじいさん、勿体なかった



711: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/18(月) 10:31:34.61 ID:ToMgjPtw0
俺的に怖かった実体験

今はもう辞めたんだけど、少し前にとある施設の管理人(受付?)をやっていたんだ
基本無料の施設で、静かで冷暖房も完備してるからホームレスや中高生やヤンキー、色んな人が来るんだけど
その日の夜は特に奇妙な利用者が来た
それは女で、まるで顔を隠すように手で顔を覆いながら建物に入ってきたんだ
挨拶をしたけど当然返事はない
足取りはしっかりしていて、一階ロビーの奥のソファに腰かけてた
今日も変なやつが来たなーと思いながら仕事にとりかかって、なんやかんやで仕事が終わったのが施設閉館一時間前
最後に掃除でもするかとロビーにでたらさっきの人がまだ残っていた
この時初めて不気味に思ったんだけど、まだ顔を手で覆ってた
これで姿勢が前のめりでうつ向き気味にでもなってたら、なんか悲しいことでもあったのかな
とでも思っただろうけど
そんなことはなく、姿勢はまるで見本のように足まで揃えてきっちりとしていた
入ってきてからずっとそうしてたのかと思うと怖くなり、さっさと目に入らないところに移動して早く帰ってくれるように祈った



712: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/18(月) 10:32:35.19 ID:ToMgjPtw0
適当に掃除して、戸締まりも確認してなんとか時間を潰してたんだけど
結局その女は閉館時間まで帰ることはなかった
戸締まりしてる時に気がついたんだけど外は雨が降っていた
うちの施設ではでは傘を忘れた人用のためにビニール傘を貸出ししてるんだけど
その女は鞄もなにもなく、傘も持っていないようだった
話しかけたくなかったけど、施設は閉めないといけないので
仕方なくそろそろ閉館時間だから退館願いますみたいなことを言って傘を側においた
そこからが異様だった
女は傘を取ろうとしたんだけど、手を決して顔からはなそうとしなかったんだ
じゃあどうやって傘を取ろうとしたのかっていうと
顔をおもいっきり傘に近づけて小指だけを虫の触覚みたいに動かして傘を指に引っ掻けてた
そのとき指の隙間から顔が少し見えたんだけど
タオル(包帯?)みたいなもの肌が見えないくらいぐるぐる巻かれていたのが見えた
こりゃいよいよヤバイやつだとか、傘どうやって指すんだよとか思いながらその女が建物から出ていくのを見送った
というか固まった
その日はそれで建物を施錠して帰ったんだけど
その翌日
バキバキにおられた傘が玄関の前に墜ちてた


これだけの話



716: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/18(月) 11:54:43.37 ID:Z7H5yP3q0
ひいお祖父ちゃんの書いた奴やけど、

さっきも言った通りお祖父ちゃんの家は
人形いっぱいあって、
お父さんも髪伸びる人形見たし、
お母さんが行った時は
『今日は人形静かやなぁ。いつも遊んでるのに』
って言ってたらしいw

ある時、叔母さんが自分家で1人でいるとき、
ひいお祖父ちゃんから電話かかってきて、
『今お腹痛いやろ。』っていきなり当てられて、
『お前の上に目ひん剥いて乗っかってる
年寄りの幽霊がおる。』
って言われて電話越しにお経唱えたら
お腹痛いの治ったらしいw

ひいお祖父ちゃん強しw



760: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/22(金) 20:52:09.19 ID:60+mvEg50
高校生の時に部活帰り21時くらいに地元の道をチャリで走ってたら
前の方にぼんやり黄色いセーター来てる小学生くらいの子供が歩いてる後ろ姿が見えて
秋田のすげー田舎なんでこんな時間に子供が歩いてるなんてちょっと異様でどうしたんかなぁドコの子かなぁて
ちょっと速度を緩めてゆっくり近づいてみたんだ

なんかうつむいて両手ゴシゴシして泣いてるみたいに見えたもんだから
声をかけてあげようかなどうしようかなんて考えながらゆるーってブレーキかけて隣に寄り添おうとしたら
前から黒い布にすっぽり覆われるようにすぅって消えたんだわ
人間驚きすぎると何も考えられないし声もでないね
無感情になったままその後死にものぐるいで家までひたすら自転車漕いだわ

この話親や兄弟に話しても信じてもらえなかった
でも近くの小学校では尾ひれが付きまくって声をかけると傘で目を突き刺してくる黄色い傘の女の子(なんとかさんって名前付いてたけど失念)って怪談になってることを最近知った



773: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/23(土) 13:57:53.99 ID:7e8JKzrj0
去年のことだけどね
夜自分のアパートで寝てたら実家で飼ってた犬が夢に出て
俺の生活態度についてめっちゃ叱られた

その日亡くなったのは犬でなくじいちゃん
これぞぽっくりというくらい
とても穏やかな顔で布団の中で死んでたらしい

普段褒めも叱りもしない寡黙なじいちゃんだったから
犬の姿に変えて来てくれたんかね



785: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/24(日) 14:27:18.94 ID:CjiUAsEYO
昨夜体験した事
風邪気味のせいか腹痛おこしてトイレで唸ってたら、
「大丈夫?」
って優しげな女性の声が…
「ちょっと腹痛いだけ」
と反射的に答えたが
ハッと我に返り今の誰だよ?と思った。

1人暮らしだし、隣の部屋は爺と婆の2人暮らし

ずいぶん若い声で少なくとも隣の婆さんの声じゃない
一体誰だったんだよw



788: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/24(日) 15:07:21.77 ID:BByvRKrL0
霊でも幻聴でもそういう優しいのならいいね



844: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/27(水) 09:57:40.00 ID:qPv4PGsa0
僕は霊感はないんですが頭の上にコンパスみたいのが浮いてるイメージで神社の方向が分かったり単にその場の雰囲気で分かってるだけかなとも思ったけど
長崎の駅降りてすぐから遥かに離れた金比羅神社を見つけたり
福岡の駅から歩いて500mくらい離れたビルの一階にある神社を探し当てたりして
これはほんもんだなと思った
だから何かめっちゃ良いことあったってわけじゃないですけどね

ただ、趣味で日本全国を車で巡ってますが事故ったことないです
これがご利益かもしれませんね



860: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/28(木) 12:48:42.33 ID:8NDMkXyN0
>>844
コンパスいいなあ
家でも散々場所調べて、地図もプリントアウトして確認して
駅前とかの広域地図も見てるのに目的のとこじゃない違う神社に到着するわ



845: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/27(水) 15:47:18.83 ID:RMQnR3RY0
へーおもしろい!!
寺や墓なんかはひっかからないのかな
なにか神社との関わりとか信心深いとかあったりするの?



855: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/28(木) 11:12:05.74 ID:Li8YSZBg0
あんまり怖くないかもだけど
私が幼稚園くらいの頃、おばあちゃん家が近くなのでしょっちゅう遊びに行ってた
おばあちゃんはすごく豪快な人で、ハチを手で叩き潰すような人ですw
んでその日も近くのお寺の中の公園で遊んでて、記憶が曖昧だけどなんか理由があって1回帰っておばあちゃんを呼んだんだと思う
一緒に公園まできて、帰ろうかって時にお墓と境内?の間に井戸みたいなのがあるんだけど(水が溜まってる桶みたいなやつ)そこに向かって、なにしとるん!っていきなりおばあちゃんが怒鳴ったからビックリした。
でも見ても誰もいなくて、誰に言ってるの?って聞いたら、見なくていいって言われてそのまま帰った。
その日はそれで終わって、特に怖いとも思わないまま忘れかけてたw
そのあとだいぶ経ってから聞いたんだけど、あの時井戸の横に女の子が立ってて私のほうをじーっと見てたんだって
おばあちゃんは生きてる人間じゃないってなんとなく理解して、とりあえず私に何か危害を加えられるかもと思って怒鳴ったらしい
その時女の子はりんごが欲しいって言ったらしいんだけど、おばあちゃんはりんごなんかない、バナナ持ってきてやるって、1回家に帰ってバナナを束で置いてきたらしいw
おばあちゃんのほうが怖いと思いました。
今、私は22歳になったけど、おばあちゃんはまだまだ元気ですw



874: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/30(土) 11:13:21.94 ID:orAuqR6kO
昔墓地だったところに国道が通って、バイパスもできて、交差点もできたわけだけど、
1ヶ月ぐらい前にひき逃げがあって、被害者は即死。
犯人は数日後捕まった。
で、つい先日同じ場所同じ時間にまた事故発生。
……1ヶ月の間に同じ場所同じ時間に事故なんてなんちゅうか、ちょっと薄気味悪い。

そんなにしょっちゅう事故がある交差点というわけではないから。



878: 本当にあった怖い名無し@ 2017/09/30(土) 22:15:14.47 ID:D26DLkIE0
>>874
昔高速通した時にそこらにあった無縁仏なんか適当に捨てたと年寄りが言ってたわ



882: 本当にあった怖い名無し 2017/10/03(火) 10:37:14.86 ID:ukme8/EA0
故人だけど、祖母がちょっと不思議な能力があった。
予知夢をみるんだが、身内限定の話なのであんまり役に立たない。

例えば、20年以上前の朝ごはんの時
「昨日、○美ちゃん(俺の従妹)が地震があったから、とブランドモノのバッグを抱えて逃げてくる夢を見た」と言った。
○美は当時淡路島の実家に住んでいた。
それから数日後、阪神大震災があり、実家が半壊したため○美ちゃんは実際ルイヴィトンのバッグに着替えなどを詰め込んで我が家にやってきた。

それから数年後
「昨日、○クン(俺の従兄)が魚連れて挨拶に来る夢をみた」と言った。
○クンも淡路島で猟師をやっていたので、何か事故でもあるんじゃないかと思っていたら
それとは別で友人と海に泳ぎに行って溺れて死んでしまった。

さらに、6年前の東北の震災の前も
「昨日、A子さんの家が地震でユッサユッサ揺れてた。でも大したことなかったけどね」と言った
A子は母方の親戚で山形に住んでいた。
その後東北の震災があり、山形に住んでいたA子さんの家も実際に揺れたが、たいしたことは無かった。

これ、もっと広い範囲の夢を見られるなら、役に立つと思うんだよな。
A子の家は山形だからあんまり揺れなかったが、その同じ時間帯に宮城や福島の方では偉いコトになってたわけだし。
それを婆ちゃんに言ったら「でも、見ようと思ってみてるわけじゃないしねぇ」と困った顔をしていた。

ちなみに婆ちゃんは自分が死ぬ数日まえに、突然出かけてくる、と一張羅の着物を着て出かけた。
しばらくして婆ちゃんは脳の血管が切れて病院にいってそのまま死んだが、その時婆ちゃんが撮った写真が遺影になった。
写真屋さんでも「これが遺影になるから、キレイにとって欲しい」と言っていたらしい。
どういう夢をみたのか、それとも夢じゃなかったのかはわからんけど、死期はわかったらしい。
荷物も整理されていて、自分の資産も全部ノートに一覧として残してくれていた。



884: 本当にあった怖い名無し 2017/10/03(火) 12:15:20.59 ID:C3eHTqPiO
>>882
なんかすごい
理想的と言っては語弊があるかもしれないが美しい人生の幕ひきだ




908: 本当にあった怖い名無し 2017/10/04(水) 19:15:17.67 ID:2xT+NevK0
今年の夏初めて東尋坊にいった。
子供が恐竜博物館見たいというからついでに寄ったんだけなんだけど。
市営の駐車場に車を停めて、東尋坊までしばらく歩くんだけど、両側にたくさん海産物の店とかお土産屋とかが並んでて賑やかで自殺の名所なんて思えないくらい。
子供にソフトクリームなんかを道すがら買ってやったりして、やっと崖にたどり着いた。
子供と岩場を登ったり遊覧船を眺めたりして、疲れたので入り瀬近くの岩場に腰掛けてたら若いお兄さんに
「東尋坊初めてですか?」
と話しかけられた。
首にネックストラップかけてて、カードは裏向きで見えなかったたけど東尋坊のガイドとかのスタッフなのかなと思った。
雑談して実は自殺率が70パーセントぐらいだとか、命の電話の話とか色々教えてくれた。

娘がソフトクリームを食べ終わったので立ち上がって歩き出そうとしたら若いお兄さんが
「いいですか?70%ですよ?」
と言ってきて咄嗟に振り向いたら転んだら落ちそうな柵のない場所で娘の背中に手をあてながら笑ってこっち見てた。
一瞬立ちすくんでしまったが娘の手を引っ張っていそいでその場を離れたよ。
帰るときもう一回付近を見渡したらまだ笑顔でこっちを見てた。駐車場に戻るまで何かに追われてるみたいに歩いた。
普段買ってほしがりの娘も無言だった。
もしかして何でもないことかもしれないけど。



909: 本当にあった怖い名無し 2017/10/04(水) 20:24:31.93 ID:kmNQ2r7C0
残り30%が他殺なら怖いw



910: 本当にあった怖い名無し 2017/10/04(水) 20:24:51.19 ID:WZ2K2av00
5年以上前の話だけどふと思い出したので。
当時は、母親の私と保育園児の娘の2人暮らしだった。娘は4歳頃。
お風呂あがり、洗面台でふと「ママもまだまだがんばらなきゃなぁ」って呟いたら、そばにいた娘が、「ママはがんばれないよ、だってママは自分で自分の足をつかんで、それを自分で踏んでるんだから」と、言った

え?え?って驚いて聞き返す私と、ニコニコ顔の娘
娘は今は小学校高学年でその発言は覚えてないらしいんだけど、私はたまに、あの言葉の意味はなんだったんだろうとふと思い出すんだよね



921: 本当にあった怖い名無し 2017/10/06(金) 01:59:22.52 ID:GqJqfSM30
自分の話だけど、ある日突然別人になってしまったようで怖い。
20代前半の時、かなりの高熱と心不全で4日間ほぼ意識なく入院してたんだけど
無事治って普通の生活に戻ったら自分の中身が変わってた。
何をしてても他人事に感じて無感動。人の好き嫌いも大きな喜怒哀楽一切無くなった。
辛いものダメだったのに激辛好きに、自分の体臭も前と全然違う。

ここまでなら、まあ大病したしそんなこともあるかなと思えるんだけど
なぜかADHDが綺麗さっぱり治った。

遅刻や忘れ物、片付けも、どんなに頑張ってもできなかったのに
退院してからは何故前は出来なかったのかわからないくらい、全部普通にきちんとできる。
数年たったけどそのまま。離人感?は強まってる。

輸血とかもしてないのに何なんだろう。



922: 本当にあった怖い名無し 2017/10/06(金) 11:31:05.34 ID:NUafpEBX0
>>921
興味深い
よく、臓器移植されたり、虫垂炎で外科治療したら、食の好みが変わるとかは聞いたことあるけど
そういうのなんだろうね、どちらかというと医者とかの見解聞きたいな



923: 本当にあった怖い名無し 2017/10/06(金) 12:03:07.11 ID:1gXikdsL0
>>922
虫垂炎でそんなことあるんだ!
自分の症状は主治医に言ったんだけどフーンて流された。

高熱で脳がダメージ受けたのかとか考えたけど、あきらかに前より思考がスッキリしてて良くなってるんだよな。
真面目というか普通になってめちゃくちゃ生きやすい。

集中治療室って広い場所にベッドがずらっと並んで寝かされてる所にいたらしいから
意識ない間に、そばで亡くなった他の人が入ったんじゃないかと思う時もあるw



929: 本当にあった怖い名無し 2017/10/06(金) 23:31:30.89 ID:qVH1mtPO0
母から面白い話を聞けた。


母が少額3年生の頃コックリさんが流行ってたそうでミーハーな母は友達に誘われて皆でやろうとなった。
放課後母を含め5人が集まりありきたりに図書室でやることにしたそうだ。
母はその時母親(私にとって母方の祖母)からもらったお守りをなんとなくポケットに入れて行った。
皆さんご存知の鳥居と供え物と平仮名などが書かれた用紙、10円玉を用意していざ図書室へGOした。
図書室にはまだ人がチラホラ居て少し賑わってたそうで、母達は図書室の奥にある周りに誰も居ないテーブルでやり始めた。

「コックリさんコックリさんお越し下さい。お越しになられましたら”はい”の方へとお進みください。」

しばらく10円玉も動かず何もなかったらしいんだけど、母友①が「やめよっか」って言った瞬間に”いいえ”の方に動いた。
本当に動いた!ってはしゃいで母達はルールを守りながら色々質問したらしい。
誰が誰を好きなのかとか小学生らしい可愛い質問だったらしい。
一通り質問して答えてくれて満足した母達は終わりにしようと思って「コックリさんありがとうございました。お帰り下さい。」と皆で唱えた。
そうしたら10円玉は”いいえ”の方に向かって行って、その後に”だれかひとりともだち”って動いたらしい。
母達は怖くなったけど10円玉から指を離さずずっとお帰り下さいと唱えた。
”いいえ”から離れなかった10円玉もゆっくり鳥居に向かっていってやっと儀式は終わった。
ホッとした母達は10円玉の処分について話し始めた。
<続く>



931: 本当にあった怖い名無し 2017/10/07(土) 00:31:27.08 ID:hLFH27LW0
<続き>
話し合って神社の賽銭箱に入れようと決まって図書室を出ようとした時に周りには自分達以外人が居ないことに気が付いた。
母達はさっきより怖くなって図書室を出て帰ろうと思ったが、母友②が教室に忘れ物をしたということで皆で取りに行くことにした。
教室までの道のりは人が居ない分独特の雰囲気で怖い…夕方に一人忘れ物を取りに行く体験したことがある人はわかると思う。
母達は教室に着くと母友②に急いで忘れ物を取らせ教室を出ようとした。
その時母友③が「ヒッ」と小さく悲鳴を上げた途端四つん這いになって教室内を歩き始めた。
他の4人は急なことで理解できず唖然と母友③の奇行を見つめた。
1分くらい母友③を眺め我に返ると母がまず「母友③ちゃん…?」と声をかけた。
その声に母友③は反応し母達の方を見たと思ったら襲い掛かってきて母友④に噛みついた。
皆パニックになり母友③を突き飛ばすと職員室まで猛ダッシュ、担任の先生に助けを求めた。
先生は「遅くまで何をしてるんだ!早く帰れ!」と母達を叱った。
必死にさっきの出来事を訴えている母達に先生はため息をついて「母友③はそこに居るし、お前らはなんがしたい。」と言った。
母達が振り返ると母友③がビックリした顔で「え、何?どうしたの?帰らないの?」と言ってきた。
母友③はわけがわからないという顔で母達を見つめ、先生に言いくるめられて帰ることにした。
母友③に怯えながらトボトボ下駄箱に向かう。母友③は普通に話しかけてくる。
4人はさっきのは気のせいだったのかと思い始めたときにチャイムが鳴った。
その瞬間、母友③がまた豹変し四つん這いになったかと思ったら下駄箱の上に飛び乗った。
唖然とする母達に母友③は「友達ィ…バイバイィw」と言って気味悪くニタァと笑った。
母友③の豹変ぶりというか母友③は母友③じゃないモノになったとわかり恐ろしくなって、母達は逃げ出した。
母友③は追ってくるわけではなく「友達ィ…友達ィイ…」と呟きながら下駄箱の上を四つん這いでぐるぐるしてたらしい。



932: 本当にあった怖い名無し 2017/10/07(土) 00:31:59.03 ID:hLFH27LW0
<最後>
翌日母達は学校に行くと母友③は休んでいた。
最初に襲われた母友④は噛まれた所に歯形の痣が出来ていて、見ると人の歯形には似つかないモノだった。
そして皆狐のような動物に追いかけられ、その動物は「あのこもってく」と言って消えた夢を見ていた事がわかった。
母達は昨日の出来事は夢でも気のせいでもないと話し合い、放課後神社の賽銭に10円玉を投げ入れ母友③の家に見舞いに行った。
母友③はあの後見回りの先生が下駄箱に来た時に襲い掛かって捕獲されたそうだった。
母達はコックリさんをしたこと等を母友③の母親に話すとすぐに皆でお払いに行くことになった。
夜4人は母友③の母親に連れられ怪しそうなBBaに会わされた。
母達4人は「この子らは大丈夫だわ」と言われ、よくわからないお経みたいな呪文を唱え、塩をぶっかけられ、背中をバッチンバッチン叩かれ、生ぬるくて変な味がする水を飲まされ帰らされた。
そして帰り際BBaは母に向かって「あんたは強いからあの子に跳ね返ったんだよ」と後味悪い事を言った。
その後母友③は学校に来ることもなく会うこともなく、コックリさんは学校で禁止になった。

そして月日は流れ、母友③を除いた4人は未だに付き合いがあるのだがここ最近母友③を見かけると噂になっている。
ご近所さんと談笑していたり買い物していたり、普通に日常生活を送ってるように見えるけど、顔は狐のような気味の悪い顔つきらしい。

母友④に孫が出来たとかで電話してたら思い出したらしいお話でした。



934: 本当にあった怖い名無し 2017/10/07(土) 00:37:53.57 ID:beVuqgr+0