古代文明とか超常現象などのオカルト語ろうぜ!!!
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4790183.html
清滝


61: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 04:24:40.95 ID:r3NqKXc40
>>昔バイトで塾講師やってた時に聞いた話

前提としてそこそこ名の知れたチェーンの割と大きめの教室で起こった話
8月末、夏期講習会のラストの方に生徒全員に主要5教科毎のアンケートをとっている
(これが査定にも影響する)
まあそれなりの規模の塾で教材もしっかりしているから、普通に授業やってりゃ概ね高評価がもらえる
「学校より面白くて分かりやすい」「冬季講習会も受けたい!」みたいにね
ところが稀にそうじゃない、いわゆるマイナス評価を食らう講師がいる
このマイナスが多いと特別ミーティング、場合によってはペナルティの対象となることも

ここから本題
ある年の夏期講習において、今まで見たこともないパターンのアンケートが回収された
1クラス30人ぐらいいる中3の教室で、生徒のほぼ全員が全教科プラス査定だったのに、
一人の生徒(田中(仮名)とする)だけ全教科マイナス査定をつけた
「僕はきちんと宿題やって毎日出席してたのに、授業中は一度も当てられなかった」という理由で

ちなみに記入後のアンケート回収、集計は公平を期すため、別のクラスの講師が担当するのが慣わし
その数週間後、9月初旬に月例ミーティングがあり、改めてこのアンケートが議題に上がった
「○○教室の3年△△クラスの田中君からこのようなアンケートがあった!二度とこういうことがないように!」
とおえらいさんは激怒していた

一方でそのクラスを受け持った講師5人は、「田中ってだれだ?」と誰一人として記憶にない
9月の通常授業に通っている生徒何人かに聞いてもやはり同じ反応だった
しかし、夏期講習時の出席簿を見ると田中はほぼ無遅刻無欠席で通っていた
田中の個人情報はデータベースに残っていたので、電話で確認をとるも不通
住所も記載があったが、直接現地に確認に行った者はいない(googlemap等がなかった時代)

そうこうしている内に中3生は卒業
塾は高校受験までが対象なので、田中を含めた中3の個人情報は全て削除
あれはいったい誰だったのだろうと後に語り継がれるようになった
長文スマン



64: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 09:10:40.35 ID:yPa8n8xd0
>>61
長文だが読みやすいし内容もスレにふさわしい
良案件ですなーオカルトですね



70: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 18:54:36.21 ID:r3NqKXc40
>>61です
あんな駄文にレスどうも
ちなみに塾講師、特に大学生のバイト講師って心霊系(それと走り屋系も)と親和性が高い
普段は授業終わるのが21時頃、それからエリア本部戻って日報等を提出
そのチェック待ちの間に他の講師と合流し、解散するのが22時頃
それから何人かで集まって、
「メシ食いに行く?」「飲みに行こか?」がデフォだけど、たまに「肝試しにいこうぜ」があるので

10~20代という多感な時期なのも相まって俺もそれなりに不思議な体験があるが、
他人様にお伝えできるだけの文才があればいずれ報告したい



34: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 21:30:42.82 ID:Mb+6I2ag0
たまに誰もいないはずの通過する電車で人が見える



78: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/10(月) 18:03:50.64 ID:ekLkhieU0
今年5月3日、新築した家に一家で引っ越した。
引っ越し直後は何かとバタバタするだろうと思い、
4月30日に主人と2人で近所の挨拶まわりをすませた。
右隣のお宅は80代後半の老夫婦の2人暮らしで、
同じ敷地内に住む長男一家が身の回りの世話をしているそうだ。
着工前に挨拶に行った時に、
御主人は痴呆症だと長男の奥さんから聞いていたので
この時も奥さんに菓子折りを渡し、勝手口で少し立ち話をした。
奥さんは着工前より縮んだように?せて小さくなっていて、
「身体を壊してしばらく入院したの」としょんぼりしながら
「あなた(=私)のことはよく覚えてるわ、美人さんだもの」とお世辞を言ってくれた。
御主人はダイニングの椅子に腰かけてこちらに背を向け、
私たちには全く無関心でテレビを見ていた。

ところが。
昨日、向かいの家のかたから
右隣の奥さんは「3月に亡くなっている」と聞かされたのだ。
そんなはずはない、4月末に主人と2人でお会いしていると言ったら、
お向かいさんはわざわざ町内報を持って来てくれて
そこには確かに3月某日に訃報が出ていた。

奥さんの顔と声は覚えていたし、
向こうもこちらを覚えていたのだから、違う人だったとは思えない。
主人も「なんだか気味が悪いな」と嫌な顔をしている。
でも、私は何となく、私たちが挨拶した奥さんが幽霊だったとしても
不思議ではないような気がするのだ。
御主人は痴呆症だから、奥さんが亡くなったことを理解できず
(というか幽冥の境がもうアヤフヤになっていて)
奥さんがテーブルに置いた引っ越し挨拶のお菓子に
普通に手を伸ばして食べている様子が目に浮かぶような気がしてしまう。



111: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 18:13:29.58 ID:ISnZt1nv0
月並みだが三途の川を見た体験談を

小学生の頃、うちの学校では(も?)プロレスが大ブームだった
当然のようにプロレスごっこが流行り出し、あちこちで技をかけたりかけられたりの光景が見られた
クラスのリーダー的存在な人は、体育館の巨大マットを占有しタイガーマスクよろしく空中戦に夢中
それ以外の者は主に関節技の応酬に興じていた
今では考えられないことだが、なんせ体が柔らかくて非力な小学生同士のこと
サソリ固め、卍固めとどんな技繰り出しても痛くないので、これが遊びとして十分成立していたのだ

 万一耐えられなくなった時は、「まいった」と言えばすぐに技を解くというルールはあったが、
 これが発動したためしはほとんどなかった
 ↑これ、重要ポイントね

ある日のこと
友人のA宅に遊びに行ったら新しい技を発見したので試したい、と言ってきた
それはキャメルクラッチというもので、当時はほとんど誰も使っていない古典的な技だった
→図解 : no title


俺はプロレス中継では見たことないが、それがどういう技なのかは知っていた
せいぜい逆エビ固めぐらいのダメージしかないだろうとタカを括っていたので、Aを挑発してみた
そしたらAが笑顔で怒って「本気でやってやるwww」と返してきた
(ようはガキのじゃれ合い)

うつぶせになった俺にAがまたがり、俺の下アゴを掴んでグワーっと一気に絞め上げやがった
ナメてかかっていたけど、冗談抜きに今までで一番効いた
痛くないのは想定の範囲内、ただ純粋に呼吸ができないのだ
俺は屈辱の「まいった」を宣言、、、、、しようと思っても息もできない声も出せない!!!
「まだ降参しないのか!オラオラオラー!!!」
(だ・か・ら!とうにまいってるんだけど、声が出ねえんだってば!!!)
ガキだから降参しても声が出ない時は、手をタップするという最重要事項が抜けてたんだなw

そこで俺は死んだらしい



112: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 18:14:03.59 ID:ISnZt1nv0
(続き)
フッと体が軽くなり、見慣れたAの部屋からいきなり不思議な空間へ飛ばされた
睡眠時に見る夢とは明らかに違う3次元空間を彷徨った
なぜ3次元と断言するかというと、上下の感覚があったから
感覚はあるのだが前後左右上下全てが薄いピンク色に染まった不思議空間を、俺は少しずつ浮遊していった
人間の目って普段は前方水平方向のせいぜい180度弱しか認識しないだろ?
でもあの時はXYZ全方向全範囲の情報が入ってくるんよ

やがて十分上昇した頃、俺は雲の上のような世界にいた
先ほどと同じ薄いピンク色の空、それともっと薄いピンクの限りなく白に近い雲の上に立っていた
周りを見渡すと遠くに一本の川が見えた
根拠はないけどその川を越えればいいんだな、と思った

俺は川を目指して雲の上を歩いていた
そうしたら俺の足元から、つまり下から俺を呼ぶ声が聞こえた
前に行こうかな、それとも下に行こうかな、、、、、
ちょっと迷ってなんとなく下へ戻ってみようと思った

その瞬間

へその緒の辺りに猛烈な痛みが走り、そこを引っ張られてゴムひもで縫い付けられたかのように逆バンジー
物凄い勢いで落下していく俺
ドーーーーーーン!!!

目を開けるとAの部屋の天井と、涙と鼻水とよだれと得体の知れないもので汚れたAの顔が見えた
「生き返ったー!!!よ゛か゛った゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛
 おれ(A)、おまえを殺したかと思ったあああああああああ」
何がなんだかわからない俺だが、ふと直前のキャメルクラッチのことを思い出した
そしてその当時は、なんか変な夢を見たなぐらいにしか思っていなかった

後年、成人して三図の川のことを知り、あの時おれは臨死体験を味わったんだなと納得した
おわり



157: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 13:36:53.53 ID:dHFxsjFm0
短い話だし、怖くもないし、大した話でもないけど聞いてくれ。
もうすぐ俺のじいちゃんの7回忌なんだけど、今でもしょっちゅう思い出す本当の不思議な話。

じいちゃんは亡くなる少し前から、入院したんだけど、いつ危篤になってもおかしくない状況だった。

そしてある日、いつものように家族3人(俺、母親、弟)で晩飯食ってたら、急にピューピョロロ~♪ みたいな変な電子音みたいなのが鳴って、3人共なんの音だ!?って驚いたんだけど、母親のiPhoneが鳴ってることに気づいた。
もちろん、そんな着信音に設定してないし、そもそもiPhoneに内蔵されていない音だった。
着信先は病院で、たった今じいちゃんが亡くなったという電話だった。

葬式のときに、この話を親戚としてたら、俺の叔母もじいちゃんが亡くなる直前に、送り主不明の文字化けしたメールが届いたらしい。

これが俺が唯一経験した不思議な話。
変な電子音は家族全員が聞いてるし、あの音は言葉では表現できないような不思議な音だった。



159: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 15:39:17.24 ID:vzxI9Ngn0
>>157
ピューピョロロ~♪ って
PCをダイアルアップで繋ぐ時の音じゃね
ダイアルアップ&音でググれば聞けるかもよ
20年ぐらい前はダイアルアップが主流だったけど
今でも使ってる家あるのかなあ



160: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 18:56:40.27 ID:Xe+/2QU50
>>157
病院がダイアルアップ回線でメールを送って来て
その音が漏れた可能性はないかな
携帯やスマホは時々想定外の誤作動を起こす



166: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 12:53:06.02 ID:qU+D3UKf0
昔ラジオできいた話
語り手(A)の町にはニヤニヤおじさんというおじさんがいた
何をするでもなく自転車に乗って下校中の小学生に対してニヤニヤと視線を送るだけのおじさんだったそうな
Aも何回も遭遇したことがあって学校のほかの子達も結構遭遇していたらしく子どもの間で共通認識はあった
ある日Aが友達と下校をしていると友達が「あ、ニヤニヤおじさんだ」といって指を指した
その先には自転車にまたがってこちらを見てニヤニヤと笑っているおじさんがいた
しかしそのニヤニヤおじさんはAの知っているニヤニヤおじさんではなかった
その後このニヤニヤおじさんとは何回も遭遇したけど元々Aが知っていたニヤニヤおじさんに会うことはその後なかった
いつのまにかこのニヤニヤおじさんもいなくなった

10年位前だったと思うけどいまだに覚えてる不思議な話



168: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 20:03:27.70 ID:/h8TFbUz0
数年前、深夜2時頃の晴れた夜空にエメラルドの大きな光を見た。
原付に乗ってゆるいカーブの下り坂を走っていたんだが、目線の斜め上に光があった。光輝いてるっていうより、丁度夜空に月があるようなくっきりした輪郭の緑の大きな丸い光だった。それをトロトロと原付で走りながら(よそ見運転なのはスマン)見ていた。
見ている間色々なその光の可能性を考えていた。街灯、ライト、遠くの山の灯台、月、彗星とか。
数秒間光はずっと同じ場所で光ってたんだけど、ほんの少しの間だけ木々の陰に隠れたんだ。一応自分は移動していたからね。
そうしたら次に木々がはれた時には光がもう無かった。
改めて考えて街灯やらライトが照らせるような位置でも無かった。山も月も無い、というか全然違う方向に月があった。
本当に一瞬で消えてしまった。
一応帰ってからネット検索したが当てはまるものがなく、結局その時は彗星か何かだと無理矢理自分を納得させた。でも彗星ってあんな数秒間同じ場所で光るものか?と未だに謎



172: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 22:12:35.04 ID:EY7ZSnhk0
>>168
「空 緑 光」でググったら
東日本各地の空で緑色に光る謎の物体が目撃される!!って記事が出てきたんだけど、ひょっとして同じやつかな?



177: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/19(水) 05:18:08.43 ID:DqdmOlNc0
>>172
>>ああ、他にも結構居るかやっぱり。あれ何なんだろうな。心霊現象は信じてもUFO宇宙人の類は全然信じてなかった自分でも「え!自分も遂にUFO見ちゃった!?」って見た瞬間興奮した。




169: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 20:23:02.74 ID:/9guADxX0
レンタカーでメキシコの田舎街を真夜中に通行中、いかにも偽物にしか見えない
銀色のタイツ着た宇宙人がビール瓶を投げて来てドアミラーの端っこを破壊した。
血気盛んだった俺はブチ切れて車を止めて宇宙人の後を追いかけたが、返り討ち
は怖いとすぐ思い立ち車へ引き返した。壊れたドアミラーを眺めていると、
“カンカラカンカカン”て車のボディから聞こえた途端、ガシャーンと車の窓が
全て割れた。なんじゃこりゃー!てなって走って逃げて街外れの草むらで野宿して
朝、車に帰って来ると警官が待ってて、昨日この辺りでお祭りがあって村人が大勢で
空へ向かって銃を乱射し、撃った弾が運悪く自分の車に降り注いだとか説明された。
レンタカーの会社の人達も来ててよくある♪よくある♪って俺の肩を叩いて笑っていた。
銀色の宇宙人の話したら、お祭りの妖精だよって大爆笑された。レンタカー代は無料だった。



174: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 23:50:15.77 ID:Lz/s7pgl0
>>169
すまんが笑った



175: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/19(水) 01:42:42.14 ID:tlTNSu/00
>>169
クソワロタw
でもその時は不可解な出来事だったんだろうなw



207: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 22:10:07.82 ID:ve+7U28x0
入浴後髪の毛拭いてたら毛先から黒いモヤ?影みたいな塊が出て来たんだがなんだったんだろう?それ以来ちょっと体の調子は良くなったけど、変な人に絡まれたりちょっとした不幸が多発しているから余計気になる。
教えて偉い人



262: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/23(日) 22:57:56.60 ID:rMX9+CFu0
今から7年くらい前に北海道をバイクで一周したんだが
その時は然別峡という所にある野営場(キャンプ場)を目指して
時速20~30キロ程度で無舗装の道を走っていた。

ちょっとした大きさの沼沿いに差し掛かった時
首に巻いていたタオル(風圧で飛ばない様に端をシャツの中に突っ込んでいた)を不意に落としてしまい
「何かに引っかかったか?」と慌ててバイクを止めて振り返ると
キツネがタオルを咥えて此方をジッと見ていた。

その時は何か微笑ましくなって
「それ欲しかったのか?じゃあやるよw」と告げそのまま走り去ったんだが

後になって「走行中のライダーが首に巻いていたタオルをどうやって取れたんだ?」
更に「もしかして狙っていたのは俺の首で、タオルが身代わりになった?」と考え始め
怖くなって交通量の多そうなルートに大幅に変更したというオチ。



302: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 09:30:15.85 ID:gaF6wnOB0
今から7、8年前の高速道路での不思議な体験談

平日の深夜、九州の田舎、ってこともあり対向車も殆ど無い外灯もまばらだ
暗い道を走っていると進行方向左側に明かりに照らされてる一帯が見えてきた
「工事でもしてるんだろうな」と思った次の瞬間
「車を左に寄せて」みたいな声が頭に飛び込んできた
いや、あるいは自分で直感的に「寄せた方がいい」と判断したのか、そのあたりは曖昧

その明かりに照らされてる一帯の手前には路肩があったので俺はそこに車を寄せ停車した
数分ぐらいだったかな、何故か意識がボーっとしていて(睡魔だったのかもしれないが)
ようやく意識がまともになりかけた頃
数10m先ぐらい先の道路上、高さ数mぐらいの空中をバスケットボールぐらいの大きさの球が
何色だったかは覚えてないが淡い光を発しながらゆっくりと左から右に移動してるのよ
何故か俺は特に驚くわけでもなくただ、その物体が視界から消えるまでボーっと眺めていた
そして、いつの間にか明かりに照らされてた一帯も普通に暗くなっていた
あれはいったい何だったんだろうか?

友人3、4人にこの話をしたけど「あ、そう」ぐらいしか反応が無かった。当たり前か



304: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 10:32:20.49 ID:IZcMKPec0
謎の青い光を見た人いませんか?
家のトイレの壁にずっとあって、数十秒見てて触ったけど何も無し
他には一瞬のフラッシュも見たことある、これは2、3回
こういう幻覚症状があるのかな



305: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 11:09:48.43 ID:zzpZqnKf0
>幻覚症状があるのかな
脳の異常。
視神経の混線によるアレ的な医者の領域ではないかな?



313: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 17:35:45.94 ID:Up3PlIF10
ここでいいかな

数日前に家である映画を観ていたのだけど、
男性が座っている後ろにセーラー服を着た人が立っていた
(構図的に顔は見えず、それは不思議ではない)
その2~3秒後に画面が切り替わり別のシーンに突入したのだが
字幕を一部読み落としてしまったので少し巻き戻したんだ
そうしたら、もう予想つくだろうけど、セーラー服がいなかった

まあそれだけの話なんだけどね



322: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/27(木) 19:13:07.28 ID:AKHeULHk0
>>313
その映画のタイトルを述べよ



323: 313@\(^o^)/ 2017/07/27(木) 20:25:19.66 ID:l06fyC690
>>322
「殺人の告白」っていう韓国映画
今上映中の「22年目の告白」がこれのリメイクね



324: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/27(木) 20:39:55.59 ID:8XnIeKhE0
>>323
韓国映画は話題作りによくそういうフェイクを挿入する
12、3年前にバレて叩かれたのに、また始めたのか



325: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/27(木) 20:48:04.88 ID:l06fyC690
>>324
フェイクなら巻き戻してもう1度再生した時にも映るんじゃないの?



411: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/01(火) 22:03:38.38 ID:bVSrbPzk0
昨日の話
朝プラスチックゴミを持ってマンションの4階から階段を降りていた。
2階まで降りた時に同じように降りているオッサンに(自分もオッサン)追いついた。
ちょっと挙動不審のオッサンがこっちを見るなり駆け上がってきて人に頼まれて書類を持ってきた。と言う。
こちらは訳がわからないので、はあ?間違ってませんか?わかりませんけど?て言うかあんた誰?と聞くと、市会議員の○○○とだけ言う。○○○なのか○○○から頼まれたのかわからないからあんた誰?と聞くと○○○から頼まれて来た。と答えて鼻を膨らませて突っ立っていた。
こら本物やわと思い無視して階段を降りてゴミを所定の場所に置きに早歩きで歩いた。途中まで追いかけて来たけどやめてフンッかチッってな感じで引き返して交差点を曲がって消えた。
どこに行くのか走って追いかけて交差点からオッサンの行った方を覗いたら…
ありきたりだが居なかった。消える場所と言えば途中の家だけだが距離的に3軒
その家にはあんなオッサンは居ないはずだが…



413: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/02(水) 09:43:27.98 ID:zXXXGuZv0
家の中の空中を動き回る「音」を聞いたことある人いる?
擬音化するのが難しいんだけど、あえていうなら「ガリガリ」か「ギギギ」
固いクルミを強くこすり合わせるような音で
深夜0時半頃、リビングから廊下、自分が寝ている部屋のあいだを
ピッタリ2秒間隔で音を立てながら30分ぐらいグルグル動き回っていた
音は床上1.7mぐらいの高さを速足スピードで移動している感じで
音の大きさはレンジのチン音ぐらいかな(決して幽かな音ではない)

実はこれ、かなり特殊な状況下で経験した出来事
そのとき自分は事故で突然亡くなった親戚のお爺さんの家で、
ドライアイスを乗せた遺体を安置した和室の隣の洋間で1人きりで寝ていたんだ
お爺さんは1人暮らしで家族がなく、他の親戚は泊るのを嫌がったので
自分が通夜前日の一晩だけ遺体のお守りをすることになったんだよ
1回だけ耳元で「うう」といった男の声を聞いた気がするけど
目を開けて面倒なモノと目が合うと面倒なので、ずっと眠ったフリをしていた

小さいときから可愛がってもらったお爺さんだから
それほど怖くはなかったけど、あれは心霊現象だったのか、
合理的な説明がつく現象なのか、自分でも判断がつかない
屋内の空中をこういう音が移動する原因って何が考えられるだろう



421: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 01:47:09.41 ID:pcbgIe4x0
今いる部屋はとても静かです。
あれは去年の10月、11月だったでしょうか。
その日、私は汗をかいていたのですが、お風呂に入りそびれてしまいました。
時刻は午前3:25分、こんな時間にシャワーなんて非常識と思いましたが、どうにも汗が気持ち悪いとしばし逡巡していると
下の階でしょうか。
ブーンとドライヤーの音が聞こえるのです。
こんな時間にドライヤーを使うなんて、さっきまで風呂に入ってたに決まってる。
そう思うと、肌が汗でべたつくのを我慢してるもの馬鹿らしくて、さっさとシャワーに入りました。
汗を流し終えて気分良くベッドに入ると、まだ下の階でドライヤーの音がするんです。
随分と長い事使ってるものだと思っていると、あのドライヤー特有の電源をオフにした時の「…ファン」という音が聞こえました。
「やはりドライヤーかと、深夜にドライヤーとは迷惑なものだ」そんなことを考えながら眠りにつきました。
次の日から昼夜を問わずドライヤーの音がするんですね。

下の階の人、昼間は仕事に行ってて部屋に誰も居ない筈なんですけどねぇ。



424: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 11:35:32.75 ID:8NtzSiqs0
>>421
ハムスターの回し車



426: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 14:13:04.93 ID:/C4wSQfq0
>>421
冷蔵庫のコンプレッサーの音だと思うよ
回し車はそんな音しない



429: 421@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 15:56:35.13 ID:yygtP4cy0
すいません。
犯人らしき物に気づいてしまいました。
今しがた幽かにドライヤーっぽい音がしたので、扇風機の電源を切って音の方向を探ろうとしたら音が消えました。
先日、終日クーラーをかけて過ごした日は一切ドライヤーの音はしませんでした。
理屈は分かりませんが、恐らく犯人は「扇風機」です。



430: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 18:48:44.66 ID:iLWaFR2P0
ズコーッ



442: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/05(土) 09:44:30.88 ID:I4d0aExE0
夢に高校時代の元カノが出てきて
俺が、久しぶりー!って言ったら
元カノは、フフンッ(^^)って感じで笑ってて
なんだよーwって返したとこで目が覚めた
その日の夕方に友達から連絡があって
その元カノが病気で亡くなったのを知った
最後に会いに来てくれてありがとう



445: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/05(土) 13:36:12.71 ID:nyCXdd1P0
>>442
人生最後の彼女
別れてから毎日彼女の夢を見ていた



998: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/08(金) 05:09:29.07 ID:E8uOsLhZ0
>>442
見てないかもしれんが過去へロングパス
短い文だけどグッとキタ
よかったな、ありがとう



443: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/05(土) 10:38:06.43 ID:av5GP7620
小学6年の頃、夏休み直前にソフトボールの対外試合で電車3駅ぐらい先に遠征した。試合途中で雷土砂降りで中止、ずぶ濡れで電車に乗って帰る途中、
向かいの座席に転校前の隣の女の子にそっくりな子が座っていた。
本人なのかそら似なのかしばらく会ってなかったんでわからずに声もかけずにただ似てるな~と思っていた。
翌日、その隣の女の子がその日の雷に撃たれて亡くなっていたことを知った。



444: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/05(土) 11:24:30.86 ID:T21eUfGT0
六十年以上も昔、中学生だった大叔父の話

野球少年だった大叔父は、仲間を集めては近所の空き地で野球をやっていた。
夏のある日、隣の寺まで飛んだボールがばたばたと卒塔婆を倒してしまった。
皆一斉に青くなったが、謝りに行くのも、こっそり草深い墓地に行くのもためらわれ
そうかといって、ボールはひとつしかないので取りに行かないと野球が出来ない。
墓地の入り口で皆まごまごしていると、一人の男の子が
自分が謝ってくると言って、墓地の中へずんずん入って行ってしまった。
そうして、皆の見ている前でぼうっと消えてしまった。
びっくりした大叔父は慌てて坊さんを呼びに行った。
そうしてバカ者だのバチ当たりだの怒鳴られながら、墓地の中を探し回ったが…

「いなくなったのは誰じゃ言うてもだあれも名前を知らん、家もわからん。
あいつはいつ仲間に入って来よったんか言うても、皆気づかんかった言いよる。
終いにはあいつの顔がどんなんだったかわからんと言い出したんじゃ。」
その後、大人も加わって山も川も探した。
帰って来ない子供はいないかと、一軒一軒尋ね歩いたが判らなかった。
翌日大叔父たちは、全員で卒塔婆を直した。花を供えて頭を下げ
ぞろぞろ墓地の外に出たところ、道端にぽつんとボールだけが落ちていた。

「八月じゃから、そういうこともあると思うんじゃ」

大叔父が亡くなって二十年経つ。
誰かがいっていたが、広島は八月になると
いつもカタカナのヒロシマになるのがかなしい。



480: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 21:04:21.66 ID:uxKBOVai0
とあるTV番組のロケでアイスランドへ行った時の話。
真夜中に空港着いてタクシー乗ってこの火山へ行ってくださいって頼んで走り出して
2時間で着いたら、運転手がぎゃあぎゃあ騒ぎ出した。英語なんだけど超訛ってて
聞き取りにくかったけど、こんな短時間で着く訳ない!と天を仰ぎながら叫んでる。
現地の研究員も心配してなだめてた。我々は3日の滞在ロケを終え、現地のタクシー
で空港に向かったら5時間もかかった。帰国後、同行した5人中、3人が白血病に
かかったが死者はいない。



489: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/09(水) 16:15:15.14 ID:wizvCBws0
朝起きて居間の和室に行こうとしたら、焼き魚の匂いがしてて、居間のドア開けたら知らないおじさんがご飯食べてた。
ビックリして親を呼ぼうと一瞬目を離したらおっさんも朝ごはんも焼き魚の匂いも消えてた。



504: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/10(木) 11:06:39.07 ID:O75Oq12B0
小2くらいの夏休みの話
外で遊んでいたら同じ学校の子たちが20人くらいゾロゾロ歩いていて
その中に友達がいたから声をかけると「一緒に来いよ!」と
先頭には童話にでも出てきそうな「ザ・紳士」なお爺さん
行先はスーパーで、みんな一心不乱にそれぞれカゴにお菓子を詰めだした
友達にどういうことか聞こうとしても興奮状態で聞こえていない
お爺さんに「君も好きなだけどうぞ」と言われても「僕はいいです」
と少し離れて見ていた
その後はみんなレジ袋いっぱいのお菓子を抱えてお爺さんにお礼を言って解散
友達に「お前何遠慮してんだよ~!」とか言われていたらお爺さんが飴を一本くれた
形状はチュッパチャップスなんだけど何か違う
包み紙が古い世界地図みたいでなんだか洒落てたのを覚えてる
帰って親に話したら「何それ!!アンタも買ってもらったの?!」と怒られ一緒に
行ったけど買ってもらってないと話した
飴のことはなんとなく言わなかった
夜、せっかくもらったし…と飴の包みを剥くとこんにゃくのような変な色だった
臭いも埃っぽくて気持ち悪くなってすぐに捨てた
翌日友達に詳しく聞こうとしても「まあ別にいいじゃんww」とだけ
なんだったんだろうあのお爺さん



516: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/11(金) 00:42:48.23 ID:360/8rx/0
お爺さんが飴をくれる話と言えば・・・
>>504
やっぱり特別な存在だったんじゃね?



686: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 16:45:40.16 ID:TF9BGmzS0
>>504
どっかでインドの話を読んだんだけど、2、3人の友達同士で河原で遊んでいたら河原の上流からおじいさんが歩いて来てにこにこしながらおまんじゅうのようなお菓子をくれた。
インドでは大人が知らない子供にお菓子をあげるのは普通の事なので、貰ったお菓子を食べようとしたら子供の一人が「食べちゃダメだ」と言い出した。
理由を訊くと「あのおじいさん、川岸の向こう側から水の上を歩いて渡って来たから人間じゃない」と。(他の子供には普通に河原を歩いて来たように見えていた)
怖くなった子供達は相談した結果お寺に行く事になり、お菓子を持ってお寺に行くと急にお菓子が持っていられない程熱くなって地面に落としてしまった。
お寺のお坊さんに話をしたところ「もう大丈夫だから気を付けて帰りなさい」と言われて無事帰ったそうです。



505: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/10(木) 11:17:34.64 ID:QrjmtTGo0
ハーメルンの笛吹きおじさん



524: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 01:27:47.67 ID:wjsFdFpx0
専門学校生の時、デリバリーやってる寿司屋でバイトしてた。
たまたま支店で事故した奴が出て代わりに配達するためにそっちの店に行った。
話が変わるけど、オレの住んでる所には県内では有名な幽霊マンションていうのがある。
かなりデカいマンションで地元では幽霊マンションと誰かが呼んだことからオカルト好きなヤツの間ではそう呼ばれるようになった。
場所も市内の中心地に近く、部屋も豪華なはずなのに空き部屋が異常に多い。
一時期、酷い時にはとある階層で一部屋飛ばしで4件ほど部屋が売られることがあった位だから相当おかしいよね。

まぁ何のことはなくそこから配達の依頼が来たわけで、もちろん振られるのはオレ。
目立つから場所はよくわかるし大きなマンションは仕事も楽だからって初心者に回されるわけ。
車に乗ってマンションに行くと、お高いマンションなのにエレベーターホールの電気が所々切れてたりする。
気にせず9階のボタンを押して指定の部屋に寿司を持っていったんだけど、何度呼び鈴を鳴らしても誰も出てこない。
時間は21時少しだったけど、もしかしたら急用で出たのか?と思って何度か呼び鈴を押して一度店に連絡とろうと車に戻った。



525: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 01:28:13.34 ID:wjsFdFpx0
んで店から「もう一回訪ねてみて出てこないようなら持って帰ってきて」と言われ再度エレベーターに乗る。
その時丁度酔っぱらったスーツの男性が小走りで駆けこんできた。
軽く頭を下げて「何階ですか?」と聞くと「9階で」と言う。
「あ、同じですね」と答えると小声でニヤっとしながら「何号室?」と聞くので「〇〇号室っす」とオレも小声で答えると男性が急に仰け反った。
オレ、息臭かったかな?と思って男性から距離を取ると、男性は急に真面目な顔をして言ったんだよ。

「そこ先週、住んでた人が自殺して空き家だぞ」と。

もう完全に顔面蒼白よね。
酔っぱらいの冗談かと思って「冗談ですよね」と聞いた瞬間に9階にたどり着いた。
男性の部屋はエレベーターを降りてすぐの部屋。
問題の部屋はそこから3件隣の部屋。
オレはそのまま目的の部屋に歩いて行ったんだけど、男性は玄関の前でこっちを不安そうに見ている。
何度か呼び鈴を鳴らしたあと一切物音も人の気配もしないから諦めて足早にエレベーター前まで戻ると男性が声をかけてきた。
「本当にあそこ?一つ下の部屋とか上の部屋じゃないの?」と。
けど何度確認しても〇〇という苗字はその階にしかいなかった。
男性は「おーコワ!なんじゃそりゃ!」と言いながら玄関に飛び込んでいった。



526: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 01:30:11.39 ID:wjsFdFpx0
言われた通り車に荷物を積んで店に帰ると店長に物凄い勢いで怒られた。
曰く、〇〇さんから電話があって「いつまでたっても来ない」と怒られたという。
部屋を間違えたんじゃないかと激怒する店長に、その部屋の話をして実際に出てこなかったという話をすると「そんな筈ない」首を傾げた。
結局信じてもらえずに店長をつれてもう一度マンションに向かって部屋の呼び鈴を鳴らした。
やはり部屋からは何の反応もない。
表札こそあるけど、いくら呼び鈴を鳴らしても出てこない。

22時少し前だったけど、さっきの男性に話を聞こうと思ってエレベーター前の部屋まで行く。
店長が「本当にこの部屋?」と聞くので「そうです」と答えると、店長が玄関を指さした。

その男性の部屋も空き部屋だった。

オレはその日に仕事をやめてそれ以降そこには近づいてすらいない。
けど嫌でも生活してたら目につくところにあるんだよなぁ…。



556: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 10:23:23.59 ID:mPIRiNUC0
先週の事なんだけど、うち、自営業で家とオフィスが別だけど凄く近いのね。
それで夫が仕事して帰って来るのを待っていたら、リビングのソファーで寝オチしちゃって、、深夜2時位かな?
玄関のドアの開く音が聞こえて、
『〇〇?遅かったね』と寝ぼけながら聞いたら、リビングのドアからひょこっと顔出したのが、全く知らない人だった。

私『え…だ誰?!』って聞いたら、
『あ…間違えました…』だって

うちの家って変な場所にあって、通りから一本入って一番奥なんだけど、そこまでうち含め三軒しかなくて。
一軒目はうちのオフィス、
二軒目はお隣さん
三軒目がうち。
しかもうちはお隣さんの家突き当たってさらに奥にあって、分かりにくい場所にある。
しかもマンションじゃなくて戸建だし、お隣さんは三世代いるけど面識あるし、みんな知ってるからお隣さんの家族でもないし…

間違えたって…?



602: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/15(火) 21:44:15.28 ID:v1M7tkmM0
失礼します。
文章下手で読みにくかったら申し訳ないです。

今住んでいる二階建ての一軒家についての話です。
家を建てている際に、地下に古井戸が見つかりました。その古井戸は、結構深くまで伸びていて、掘り出せないから埋め立てる、という方針になりました。
無事に家は建ちました。私の部屋は2階で、ちょうど真下に元々、古井戸があったところでした。引っ越し初日の事です。
私は、結構な量の段ボールと奮闘していました。



603: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/15(火) 21:44:41.82 ID:v1M7tkmM0
始める時間が遅く、時計の針も1時を回っていました。
「もう少ししてから寝よう」そこから何箱か片付け、電気を消したのは2時でした。
トイレから戻ると「コンコンコン…」と誰かが窓を叩きました。
妹のいたずらかと思い、窓を開けて外を確認したけど誰もいない。トイレに行く際に、既に私以外は寝ていたので少し怖くなりました。布団に入り、目を閉じました。
でもよくよく考えてみると私の部屋、ベランダ無いんです。
2階建てで窓を叩けるはずがありません。
古井戸のこともあり色々と考え込んでしまっているうちに寝てしまいました。
朝起きて、窓を開けて下を覗いてもかなりの高さです。
「いやだなぁ」くらいだったのですが、窓を閉める際に、外側が網戸だった事に気がつき、本気で背筋が凍りました。

以上です。



604: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/15(火) 22:37:25.41 ID:nVwhbaQY0
それ甲虫なんで…



605: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/15(火) 23:06:39.66 ID:mpRfWUU40
うちの場合、甲虫じゃなくてスズメバチだけど光に寄ってくるのか夜に窓コツコツしてるわ
幽霊なんかよりよほど怖い、どこに巣があるかまだ判明してないから
草ボーボーな廃墟気味になってる近所の二軒の空き家のどっちかに巣があるっぽい



636: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 16:01:55.82 ID:6zQliD9L0
子供の頃祖父の家に遊びに行った時、地元の子供たちと仲良くなって
その子たちの住んでる小さな集落に誘われてそこで遊んだ
長屋門のような門をくぐると中には古くはないけど小さな家が何軒かあって
小さい神社や井戸があって、納骨堂で遊んでいてお爺さんに怒鳴られた
翌日また遊びたくてそこへ行っても、集落に入る道も門も見つからずその子たちにも
会えなかった
帰ってから両親や祖父に「あっちは山が深いから危ない!」とメチャクチャ怒られた
遊んだことを話してもその辺りに子供がいるような集落はないはずだと
最近になってグーグルマップで見てもやっぱり山しかないんだよな…



639: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 22:42:01.46 ID:EcP5+mJq0
幽霊である確信が持てないので、このスレに投下

今年、関東の避暑地に小さな別荘を建てた
山の中で周囲に人家はないが、1軒だけ遠くに緑色の屋根が見えたので
一応挨拶しておくかと、着工前の4月に俺達夫婦と棟梁の3人で挨拶に行った
住んでいたのは80代の老夫婦で、東京からの Iターン組
奥さんは酷く痩せていて、今は体調を崩しているそうだが
毎週、子供達が交替で東京から来てくれるので、
通院や生活面は問題ないんだと御主人は言っていた

別荘は7月に完成し、今度は俺と棟梁の2人でその家に挨拶に行った
ピンポンと同時に(まるで待ち構えでいたように)ドアがパッと開いたが
立っていたのは奥さんだけで、狭いLDKに御主人の姿はない
奥さんは、まあ別荘ですか……お幸せですねえ……と
4月に挨拶した時と全く同じ言葉を3回ほど繰り返しただけだったので
「少しボケてるのかな?」と棟梁と話しながら帰った

ところが、だ
俺と棟梁が挨拶した1週間ほど前に、その奥さんは亡くなってたんだよ
御主人は葬儀のため帰京していたので、俺たちが挨拶した日に
「その家は無人だった」と、あとで地区長さんから聞いた
「自分は留守中の見守りを頼まれていたから、絶対に間違いない」と

でも、天気のいい真昼間に60㎝の至近距離で会話を交わして
菓子もじかに手渡ししてるし、幽霊だという実感が全然わかない
奥さんは年齢の割に背か高く、彫りの深い特徴のある美人顔なんで
俺と棟梁の2人して別人を見間違えたということはないだろう
奥さんは青白くて元気がなかったけど、それは4月に会った時もそうだったし
全然透けておらず、足だってちゃんとあった(と思う)
こんなにハッキリした幽霊がいるんだろうかと、逆にモヤモヤするよ



642: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 23:29:43.31 ID:kAacLyZT0
>>639
手渡したお菓子は家の中にあったのかな
やっぱり49日過ぎるまでは成仏できないのかな



643: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 23:35:25.67 ID:qHZcYcGe0
>>639
留守中の見守りを頼まれた地区長さんとやらが怪しいな



663: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 10:31:16.51 ID:unaE6p7W0
昔の話
一人暮らしをしていて、夜寝ていたら目が覚めた。
当時は豆電つけて眠っていたので、部屋の中は薄明るかった。
布団の横のテーブルを見るとカスミソウ(?)があった。
花なんてあるはずないんだけどな、と不思議に思って近づいてみた。
近づいても白い花はそこにある。
えーなんで?
触ろうと手を伸ばした。触れる直前に花は消えた。
怖い感じはしなかったので、変なのーと思って寝た。
その後は特に何も起こらなかった。

夢はよく見るほうだけど、あれは夢じゃないと思う。
その部屋に住んでいる時は時々不思議なことがあったし。
誰か同じような体験した人いないかな。



906: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/31(木) 04:56:26.41 ID:dQzwXTYTO
>>663
タランチュラみたいな毛深いクモなら見たことある。
ここ日本だし、こんなのいるはずないのになぁ…って思いながら見てた。
月明かりで薄暗かったんだけど、起き上がってもそこにいる。
電気をつけたら、居なくなってた。

これが幻覚かぁって納得した。



673: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 07:18:41.36 ID:W6Su2EFy0
平成初期の頃、おれはローカルな街に住む小学一年生
親父は鮮魚店で働いており、勤務先は個人経営というにはやや大きなスーパーで、
八百屋、肉屋といった数件のテナントと一緒に威勢のいい対面販売をしていた
親父が考案した刺身盛り合わせ定額セットてのがバカ売れで、
その日仕入れた新鮮な魚を日替わりで色々組み合わせ、
松=\2,500 、 竹=\2,000 、 梅=\1,500 ぐらいのパックで売る
これがあまりにも人気が出たため、専業主婦だった母も後にフルで手伝うことになる

両親の帰宅はいつも夜8時ぐらいなので、小1のガキが一人で留守番するには無理がある
なので急きょ、バックヤードの一角に俺用の机とテレビとスーファミが設置
学校が終わったら家ではなくスーパーへ直行が日課となっていた
何よりも俺専用の秘密基地ができたみたいで、当初はむしろwktkしていたことを覚えてる

最初はそこで大人しくゲームしたり勉強したりしていたのだが、そこは札付きのクソガキ
すぐに店内をうろつくようになる
他の従業員さんもうちの家庭の事情は知っていたから、お互いに何の抵抗もなかった
しまいにゃカツオ君よろしく八百屋のオヤジの隣で売り子やってみたり
さすがにこれは後で注意されたが、今思えば俺的には古き良き思い出となっている

さて、何か月も店内を観察してみると常連客の顔や動向も段々とわかるようになる
その中の一人にトラウマ級(失礼)の婆さんがいた
推定70歳ぐらいで顔の半分が溶けたかのように崩れ落ちている
口の真横にある2cmぐらいの穴が片目なのか、時々瞬きするぐらいのタイミングで閉じる
無神経なクソガキでも、あの婆さんを初めて見た時は言葉が出なかったと記憶している

やがて常連ウォッチングを重ねるうちに、婆さんの法則が段々と分かってきた
来店のタイミングに合わせておれは遠くの物陰から怖いもの見たさで注視していたが、
婆さんの方がそんな目で見られることには慣れていた感じだった
そのうち両者の距離が縮まり、気が付けば普通に会話ができる関係になっていた



674: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 07:19:29.14 ID:W6Su2EFy0
(続き)

その年の冬休み
なんせ魚屋ってのは冬が一番忙しい
このときばかりは親戚の叔母さん数名が一ヵ月ほど手伝いに来ていたが、
それでも帰宅が夜の10時頃などはザラにあった
「今日は早く帰れるの?おうちで晩ごはん食べれるの?」と両親に催促するも、
「ごめんね、今日も遅くなると思うから、いい子だから裏でファミコンしてなさい」
こんな日々が続いた

そこに例の顔面半壊婆さんが現れ手招きされた
「○○君、たいくつならお婆ちゃんちに遊びにくるかい?」
「うん!行く!」
「じゃあついておいで」

この時、親にどのようにことわりをいれたかは覚えていない
ただ、かまってくれる大人がいればそれでいいというテンションになったことは覚えてる
地方都市とはいえ年の瀬の買い物客で賑わう商店街を歩いていく
やがて喧噪が途切れ、ひっそりとした住宅街の一件のお宅に到着した
どうやらここが婆さんの家らしい

中に入る
何にもない
本当に「何もない」という表現がぴったりな居間
いや、ちゃぶ台だけはあった
あと婆さんが出してくれた飲み物とお菓子ぐらいは



675: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 07:20:16.63 ID:W6Su2EFy0
(続き)

「おばあちゃん、あのね、、、」
『ああ、この顔のことだろ?』
「どうしてわかったの!?」
『わたしはこの顔だからいろんな人によく聞かれるし、
 ○○君も初めて会ったときから知りたがっていたのもよ~く分かるさ
 この顔はね、昔戦争があったときに爆弾(原爆?)くらってこうなっちゃったの
 崩れ落ちた方の目は見えないけど、かわりにいろんなものが見えるようになったんだよ
 ○○君がわたしの顔に興味があることも、休みなのにどこにも行けなくて寂しかったこともね
 ひとつ大切なこと言うからよ~くお聞き
 火事には気をつけるんだよ』
実際は何時間もお話したはずだが、覚えているのはこれぐらいだ

久々に大人の愛情を受けルンルン気分でスーパーに戻り、母に言った
「ただいまー、あのね、あのお婆ちゃんのおうちに行ってきたんだよ!それでね…」
「そんなのどうでもいいから、あんまりウロウロしないで勉強かゲームでもしてなさい!」
完全にふて腐れたおれ

そうこうしているうちに鬼の年末商戦はおわり、我が家にも平和な正月がやってきた
両親とお店の手伝いをしてくれた叔母さんと一緒にごちそうを囲む
この日はナベでテーブルの真ん中にコンロが、足元には小さなガスボンベがあった
(カセットコンロではない)
その時、誰かが立ち上がった拍子にうっかりガスホースに足を引っかけてしまった
コンロと鍋がガシャーンとひっくり返り、ホースが抜けて漏れたガスに引火
バーナーのようにそこら中を焦がすも、幸いにして爆発や炎上には至らなかった
とはいえこれで完全に正月ムードはフッ飛んでしまったわけだが

ここであの婆さんが予言した火事のことが頭をよぎったのは言うまでもない
しかし、ガキの精一杯の報告を頭ごなしにさえぎったのは母の方だ
なのでこの件に関してはシラを切りつつも、年が明けたら婆さんに報告するつもりではいた



676: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 07:21:48.47 ID:W6Su2EFy0
(続き)

初売りの日、俺はスーファミの新ソフトに没頭しつつ婆さんが来るのを待っていた
しかしその日は来なかった
次の日も、さらに次の日も…
しびれを切らして店を抜け出し、婆さんの家へ行ってみた
そうしたらそこは既にもぬけの殻だった
いや、もともと家具らしい家具も何にもない家だったのでそのことには驚かなかった
無人となって久しい廃れ具合がガキのおれにもビンビンと伝わってくるのだ

このことを親に話そうかどうか迷ったんだが、火事の件も含めて婆さんの話はしないでおこう、
何か言ったところでどうせまともに聞いちゃくれない、こんな思考回路がはたらいた

やがて正月商戦がおわり、叔母さんらも帰宅
春ごろから俺は学校からスーパーではなく、家で留守番ができるようになっていた

━━━━━━━━━━━━━━

数年前の盆休み
久々に身内が集まって談笑
その時ふと婆さんのことを思い出したので話題をふってみた
そうしたら両親も手伝いにきていた叔母さんも、「そんな客は知らない」と言う
んなはずはない
顔の半分が溶け崩れてるんだから一度見たら誰だって忘れないはずだ、
と言っても本当に誰も分からない様子だった
忘れてるというよりは、最初からそんな人はいないだろうというようなリアクションだった

あの婆さんは一体何者だったのだろう…
あ、火事のことはこうなったら墓場までもっていくつもり
長文すまん



687: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 17:20:10.89 ID:OHTkfSfO0
叩かれるのを覚悟して
私は今ニート
数年前に精神疾患になり退職
その後、身体的病気で手術して、そのままニートになる
仕事してた時に比べたら明らかに堕落した生活を送ってる訳で
風呂も2日に一度だったりする訳
でも何故か部屋を綺麗にしたり風呂に入った後とか次の日に訪問者が来たり急に外出しなければならない状況になったりする
一度二度なら偶然なんだけど、それが何度も起きる
今日もそう
朝起きてシャワーして急に部屋の臭いが気になり消臭剤撒いて
普段なら全く気にならないのに何故か部分的に掃除して綺麗にしてた
そしたら何ヵ月ぶりの友達の訪問
びっくり
こういう事が度々ある
これって何だろう?



688: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 17:23:13.55 ID:rKpvoAEt0
>>687
「進め」という事だと捉えて前向きに生きるのじゃ



690: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 17:32:13.30 ID:OHTkfSfO0
>>688
ありがとうございます
守護霊なのかご先祖様が気にしてくれてるのかな?とは思ってました



689: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 17:25:16.59 ID:MONfr5p40
>>687
叩いてくる奴なんて自分じゃ投稿もできない評論家気取りのクソ野朗だから無視でいいんだよ
てかそれって虫の知らせ的なやつなのかもね



753: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 22:24:49.70 ID:oUqaYrzl0
何も面白くない話だけど8時20分に家を出て8時10分に学校着いたことあったな。
家から学校まで徒歩で45分程度。
国道に車が一台も走ってなかったのと朝なぜか家に親がいなかった。
この3つだけは不思議で覚えてる



824: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/24(木) 04:38:54.98 ID:ER3gKJfo0
直接見たわけでもないけど
母いわく、曾祖父がある年の年末にとつぜん今は何年の何月かと騒ぎだし
財産の大部分を処分してありったけの金でNTT株を買って数ヵ月後に大儲けして今があるって話だった
先祖伝来の山すら全部売ったというけど
この話聞いたとき曾祖父はタイムリープでもしたんじゃないかと思ってしまった

なお曾祖父は10年ほど前に「あーそろそろ死ぬかも」とかいいだして数日でポックリ逝きました
もしも二度目だったとしたら、それはいい人生だったかなあ



893: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/30(水) 13:42:39.39 ID:a0JmIHyF0
うちの前にある公園のブランコ、四つ中1つだけ人乗ってるのかってくらい揺れてたことがあった。
夕暮れ過ぎのもう薄暗い時でちょっと怖かった。



897: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/30(水) 15:47:37.75 ID:3Vc2mFA50
>>893
うちの近くにある公園でもあった!
2つのうちひとつだけが、風もないのに急に派手に動き出した
こっちも、4時半くらいの夕方



898: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/30(水) 15:56:50.86 ID:R4Kobvrb0
動画撮れてからこい



932: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/02(土) 22:54:09.04 ID:M7dVgBFE0
小学低学年の頃、親にこっぴどく叱られてる時に起こった現象。
目の前の親と1mぐらいの間を空けて向き合いながら叱られている時に、
徐々に身体が硬直していき、息が少し苦しくなり頭が少しクラクラし始めると、
どちらも一歩も動いていないのに、突然、部屋の奥行きが伸びていき、
すぐ目の前にいるはずの親が、スーッと7~8m先に離れていき、
親の叱る声も小さくなり、その間、自分の身体が少し軽くなったというか、ちょっと浮いてるというか、
そんな現象を何度か経験している、あれは何だったんだろう。



934: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/02(土) 23:01:48.81 ID:vVkRd0jt0
>>932
普通の事だよ、それが繰り返し繰り返し行われると多重人格障害になる



936: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/03(日) 00:24:44.98 ID:mAvEyJGj0
>>932
>>934
私も思った
解離を起こしてたというか離人症とかそういうのだと思う
解離性人格障害や多重人格で検索してみて



959: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/06(水) 00:22:48.06 ID:ES8B/v710
死んだじいちゃんが満州に徴兵されてた時に、あまりにも労働がきつく、食事も貧しかったために同じ班の仲間10人程と脱走した
しかし逃げるにしても周りは寒冷植物が生い茂る原生林の原野だったので途方にくれてしまったらしい
地図で見ると山を越えると鉄道があるらしく距離にして30キロ程歩く必要があったのだが、食事もほとんど支給されないような状態だったので、体力が無く15キロ程山の中を歩いたあたりで動けなくなってしまった
仲間と簡単な小屋を作り寒さを凌いでいたがこのままでは遅かれ早かれ餓死か凍死
しかし動く気力もなく仲間同士くっついて寒さに耐えていたら、小屋の入り口を塞いでいた針葉樹の葉をどかす者がいた
じいちゃん達は部隊に見つかったと思い、最悪死刑を覚悟したが、葉をどかして中を覗き込んできたのは馬のように顔の長い長身の男だった
その男はじいちゃん達を見ると驚いて走り去って行ったが程なくして戻ってくると何人か仲間を連れてきた
毛皮を何重にも身に纏ったその馬のような顔の男達はじいちゃん達をかかえると走るように木々の間を進んで洞穴の中に連れて行った
ほとんど死にかけていたじいちゃん達はされるがまま運ばれて、このまま殺されるのかと思ったが、もはや逃げる体力も気力もなかった
男達はじいちゃん達を洞穴の奥に運んで毛皮の上に寝かせるとすぐ近くで火を焚いて体をさすってくれ、ネギのような草を煮た汁や、酸っぱい南天のような木の実を持ってきてくれた
飢えていたじいちゃん達は夢中でそれらを食べて寝てしまった
起きるとまたその食事を持ってきてくれて、3日程してだいぶ体力も戻り、男達に話しかけて御礼を言ったが言葉は全く通じなかった



965: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/06(水) 09:48:02.89 ID:CJS4S1ZP0
>>959
いい話だね。
諸星大二郎の山都の話を思い出した。



970: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/07(木) 12:09:10.49 ID:zi62vA5A0
>>959,961
これは本当にスレタイだね
不思議だなぁ



961: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/06(水) 00:27:45.77 ID:Jdt42HP70
部隊に見つかるとこの男達に迷惑がかかると思ったじいちゃん達は話し合って鉄道に向かって進む事にした
身振り手振りで御礼の意を伝え、感謝の品に自分達の持っていたナイフやマッチを渡して、自分達は行くという意思を伝えたら毛皮と木の実をくれた
それを着て森の中を進み、なんとか鉄道までたどり着き、町に出てじいちゃん達は無事に生き延びる事ができた
あの馬のような顔の男達は何だったのか
原住民なのか、原始人の生き残りなのか、謎のままだったという



962: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/06(水) 01:28:46.83 ID:KXabwXvJ0
面白い



992: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/07(木) 23:47:12.39 ID:GOhpaGWS0
959ですがレスくれた人ありがとう
じいちゃんが言うには片言ながら現地の言葉で話しかけても伝わらず、全く意思疎通できなかったがとにかく優しい奴らだったとの事。命の恩人だから恩返ししに行きたいが、行くとあの地獄を思い出す、あんな地獄には戻りたくないと言っていた。
満州での栄養失調とストレスで20代にして歯が全部抜けてしまったんだと。


転載元:http://mao.2ch.net/test/read.cgi/occult/1499224290/
【全板集合】2chにある無駄な知識を集めるスレ『徳川家末裔』

【閲覧注意】一番ビビった検索してはいけないワード

永遠に謎のまま終わりそうなことを書こう

脅威の笑える凄い画像スレ『謎の生物サルパ・マッジョーレ』

大事にされる人、好かれる人の特徴

腹筋がよじれるほど画像で笑ったら寝ろ