1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:23:56 ID:9BW
こんなにも感情を揺り動かして
生きる糧になったり怒りを覚えたり
悲しみに涙したり希望や夢を人に与えられるもん他にないで
年収1000万円以上の高給取りが新社会人に読ませたい本、トップはスティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4572335.html
書斎

5: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:25:51 ID:EFB
インターネットの発明もなかなかヤバいと思う



7: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:27:39 ID:nw7
>>5
発明はこれだわ
それかもっと遡って発電機



6: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:27:14 ID:SPc
言葉の発明もすごい



10: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:28:39 ID:9BW
>>6
言葉なかったら物語も語れへんもんな
ああでも鳥獣戯画とか台詞なしやっけ



8: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:28:09 ID:lbu
史上最古の物語ってなんなんやろ
神話とかかな?



11: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:28:47 ID:KI2
>>8
現像する最古のものはギルガメッシュ叙事詩



14: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:30:39 ID:bRR
生じゃ腹壊す魚や肉を火に中にぶち込んだら食えるようになるっての発見した奴もすごい



16: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:32:15 ID:KI2
シュメール文学って言うのが紀元前2000年くらいに流行してたけど
その中ですでに大洪水や方舟みたいな旧約聖書の伝承がすでに生み出されてたのがすごい



21: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:34:08 ID:JUm
ねじ
車輪
活版印刷
蒸気機関
交流(電流)

凄い発明



41: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:50:11 ID:JUm
陶器
金属器
火薬
内燃機関
電話

>>21と併せてワイ的技術関連の発明10傑


言語
通貨

社会性の高い発明はこの2つか



44: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:51:33 ID:WGr
>>41
農業技術、文字は捨てがたい



49: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:54:21 ID:JUm
>>44
文字は言語に含めたい

社会的発明に音楽を加えたいと思った
技術的発明には写真も11番手に入らんか、むりか



23: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:35:12 ID:u5q
どうやって宇宙を発見したんや?



56: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:57:59 ID:KI2
>>23
宇宙コスモスを発見したのは古代ギリシャのイオニア学派



25: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:36:27 ID:9BW
不思議なもんやな進化とかいうもんは



26: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:38:09 ID:bRR
より知能の高い個体が遺伝子変異で偶然生まれた場合生存に適しているから生き残り易く段々と増えて行ったっての途方も無いように感じるわ



33: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:42:52 ID:RhX
>>26
殺菌剤抵抗性の細菌が生まれてその種自体に殺菌剤が効かなくなるメカニズム考えると確かに途方もないが本当に起きてることなんよな



27: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:38:25 ID:9BW
物理学とかってあくまで「そこにあるものを説き明かす学問」やとワイは思うんよ
だからもしアインシュタインがいなくても相対性理論は発見されてたと思う
でも物語はその時その人にしか生み出せへんかったもんやからなんか希少価値というかワイには輝いて見えるんよ



28: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:39:28 ID:WPA
ある意味社会や国家だって物語だからなあ



30: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:41:07 ID:WPA
精神分析学者の岸田秀が言うには
「人間は本能が壊れた動物だから、他の動物のように遺伝情報に従って外の世界を生きることができない。だからそれに代わる行動規範として国家や社会や道徳や学問や芸術といった幻想を必要とする」とのこと
物語も幻想の一種なんやね



31: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:41:50 ID:9BW
幻想って概念を持ってるのは人間だけなんかな



32: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:42:43 ID:WPA
幻想が無いと人間は生きていけないし行動できないのは確か
他の動物は遺伝情報に従って外界からの反応だけで生きていける



35: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:46:06 ID:WPA
まあそういうのを一まとめにして人類最大の発明は「言葉」やな
これによって遺伝情報だけを伝達する生物でなくミームを積み重ねる生物たなって飛躍的に発展した
幻想も物語を基本的に言語を媒介にして伝えられるもんやし



36: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:46:33 ID:EFB
人間は言語で象徴化された(意味付けられた)世界を生きてるから
これもある意味では幻想やろうな



37: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:47:35 ID:WPA
>>36
だから言葉は不思議なんや
言葉で言葉を考えているからマトリョーシカ人形みたいな入れ子構造になる



38: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:48:22 ID:EFB
>>37
入れ子っていうとメタランゲージがあるみたいやし
どっちかっていうと無限後退的なかんじやろ



40: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:49:53 ID:WPA
>>38
マトリョーシカ人形は開けたらまた人形が出てきてその人形を開けたらまた人形が出てきてって感じやろ?



48: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:53:57 ID:EFB
>>40
言いたいことはもちろんわかるけど
岸田とかの精神分析的にはメタランゲージはないってのが前提やん
だからある言語のレベルを定義する上位の審級の言語が想定されないから
マトリョーシカっていうとちょっとどうかなって思っただけや



52: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:55:37 ID:WPA
>>48
なんでマトリョーシカだとそうなるんや?
割とガチで分からんわ



55: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:57:54 ID:EFB
>>52
マトリョーシカやと審級に上下の差があるやん
それは精神分析的にはちょいまずいのかなって思っただけや
精神分析的にはって話やし比喩としては伝わってるから大丈夫やで



57: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:58:48 ID:WPA
>>55
いや言語には次元があるやん
そもそもマトリョーシカの話は岸田の理論じゃないが



65: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:03:27 ID:EFB
>>57
精神分析というかラカンとかの話や
岸田は太宰と三島のやつ読んだだけだから詳しくしらんけど
言語(厳密にはシニフィアン)をほかのシニフィアンで定義づけても
そのシニフィアンをまたほかのシニフィアンで定義しなきゃアカン
せやから言語一般を一挙に定義するっていうメタランゲージはないってことなんや
階層はあっても公理はないってかんじやな
だからマトリョーシカで間違いはないけど無限後退ってほうがより一般的かなと思っただけやで



39: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:49:33 ID:WGr
ホモ・サピエンスってアフリカ移動して行ったやんか、
じゃあアフリカおる時に使ってた言葉って全ての言語の祖やと思うんやけど



43: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:51:23 ID:EFB
>>39
世界全部の言語に共通の祖語があるっていう仮説はあるで



46: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:52:17 ID:9BW
アフリカから東に行けば行くほど音素が減るんだっけ



47: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:53:26 ID:WPA
ワイは言語がまず一番で
その次は農耕やと思うわ
人類が定住できるようになると戦争も社会も国家も生まれるようになる



50: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:54:29 ID:9BW
ファンタジーとか考えたやつどんな頭してたんやろな



53: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:56:07 ID:EFB
>>50
かぐや姫考えたやつとか頭おかしいと思うわ
今のSFでも通用する設定やろ



54: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)02:56:58 ID:9BW
>>53
かぐや姫宇宙人説あるくらいやしな



58: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:00:12 ID:RhX
所謂昔話ってその地方で受け継がれてきた伝承とかの集大成なんやろな
月にはウサギがいるとか桃は仙人の食う食べ物とか



64: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:02:22 ID:bRR
>>58
伝承や逸話を後世に残す為の手段とか教訓を伝える為の例え話とかな



59: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:00:28 ID:ffp
ええこと言うやん
物語でも絵でも音楽でも人の感情を揺り動かすものは全部尊いわ



60: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:00:33 ID:6q3
人類史上最高の発明は歌やぞ
歌は心を潤してくれる
リリンの生み出した文化の極みや



63: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:01:05 ID:KI2
>>60
おはカヲルくん



61: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:00:42 ID:6HB
物語という風に最初に見た奴がえらいと思う



62: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:01:02 ID:WPA
源氏物語とかいうレジェンド



67: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:03:53 ID:9BW
歌もええな
ワイは芸術とか好きや
美術館とか行くし
最近の抽象画とかはさすがにわからんけど



68: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:04:39 ID:KI2
昔話は教訓譚と自らの一族や共同体の出自を表すものと実際にあった事件の伝承に分けられるって聞いた



69: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:04:53 ID:6HB
そういや何で昔は散文の方が少なかったんやろか
散文の方が自然やと思うのは現代人だからなんやろか



72: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:07:00 ID:KI2
>>69
そもそも詩や文学が単なる記録じゃなくて神に捧げるものやったからやろ
神に捧げるものだから形式が重要になる



74: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:07:57 ID:6HB
>>72
あーなるほどな
そうすると散文というだけでその意味が変わってくるんやな



70: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:05:55 ID:EFB
言語で作品作ったろ!→韻文にしたろ!
が結構世界でも共通してるのに驚きやわ



71: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:06:50 ID:6HB
>>70
せやせや
何でなんやろといっつも思う



73: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:07:25 ID:JUm
物語や文字や活版印刷で大事なの忘れとった
紙や
紙はほんま大きい発明よ
情報の源やなこれは



75: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:08:01 ID:EFB
あと口伝やと韻文のが覚えやすいとかもあんのかね



77: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:08:23 ID:WPA
>>75
それはあるやろうな



78: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:08:49 ID:bRR
貴族や豪族の時代にもなるとファッションやろな
その方が上品みたいな



79: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:09:17 ID:9BW
パピルスとか羊皮紙とか木簡とかみんな工夫してるもんな



85: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:13:52 ID:JUm
>>79
石版や木簡は嵩張るでな
折り畳み可能で薄く可搬性に優れた紙という媒体ができたお陰で
情報の密度と伝達速度が飛躍的に向上したと思う



88: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:27:35 ID:KI2
>>85
でも木簡文化が平安まで残ってたおかげで腐りやすい気候の日本で古代の情報が残ることができたんだよな



80: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:09:46 ID:JUm
稗田阿礼とかあいつホンマに完璧な口伝しとったんかな
ああいうのって忘れたり代を経て意味が変わったりしそうや



81: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:10:23 ID:WPA
>>80
どう考えてもガバガバやろ



83: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:12:26 ID:6HB
正確性より表現性とかおもろいかどうかが重視されてたらしいと聞いたことあるわ
でもその戦略は間違ってなかったと思う



86: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:14:12 ID:bRR
古事記と日本書紀じゃ同じ天皇でも死んだ年齢が全く違うってのがな



87: 名無しさん@おーぷん 2018/02/19(月)03:15:18 ID:WPA
>>86
年代は基本ガバガバやね
仏教伝来も間違えてるし



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1518974636/
人類史上最大のミステリーって何?

すげー葉っぱに似てる虫とかいるじゃん?あんなの進化論じゃ説明できない、絶対神様いる

教養のない人って何話しても面白くないよね

江戸時代の人はどうしてたんだよってこと上げてこうぜ

映画を見ようと思う これだけは見とけ!って映画を教えてくれ

車の運転ってどうやったら上手くなるの?