思わず保存した最高の画像スレ『ガンダムコマ撮りアニメーション』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5301478.html
都市伝説

75: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote! 2017/10/22(日) 16:00:12.17 ID:H7iq4QQH0
初めに誤字脱字、稚拙な文はまっぴらご容赦いただきたいです。
俺の親父から聞いた話なんだが、うちの家系ってなんかやたらと
オカルト系に精通してる、、ってかわりと父方の家系が霊体験をしてるんよ。
父方の実家のは小さいながらも神棚とか飾ってあるし(あんまり珍しくないかな)
不動明王様も祀ってあってその棚に寄りかかっただけで小さい頃は滅茶苦茶怒られた。
なんせ信心深い家なんよ。
そんで内の父は4人兄弟の末っ子で長女、長男、次男、三男(親父)で長男(後、おじ1) の息子が産まれたときにお寺か神社かに健康祈願に行ったんよ。
そんで住職がおじ1の息子を見た瞬間に『疳(カン)の虫が強いな』って奥に引っ込んで虫ピンみたいなのを持ってきて息子の額にあてがい、ひと呼吸置いてスッと弾く動作を見せるとお堂の中に響くくらい何か小さいものが弾ける音がしたってのも聞いたことがある。
この話を聞いたときは蟲師が流行っててメチャクチャテンション上がったのをよく覚えてる。



76: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote! 2017/10/22(日) 16:00:43.37 ID:H7iq4QQH0
まぁ前置きはここいらにしておいて、説得内容になっているかはいささか怪しいものだけれどこん
な体験を何回も繰り返してきた内の家系のなかでも特に気になった話を書き込んでみる。

皆って家の前の表札をしっかり見たことありますか?今のガラスに名前を印字してある奴じゃなくて石堀のやつなんだけど。
俺は小さいときと結構引っ越しをしてたんだけど、俺が産まれてから二回目の引っ越しの時、父方の家から新しい表札が送られてきたんよ。何の変哲もない鼠色の石堀だったんだけど割と名のある石工さんにお願いしたらしい。
父方のおばあちゃんが注文してくれてたらしく新しい家の外装と相まって中々の出来栄えだった。
だけどその表札を渡される時おばあちゃんはその石工さんから奇妙なことを言われた。
『この家に住む子供さんら、特に息子(俺)さんは二階には寄らんほうがよろしいよ』
ってな内容。でも石工さんは家の構造やどこにあるのかなんてのは一切知らないし言った覚えもない。ただ、その石工の人は「長年掘り続けたからかは分からんが掘ってる間、その家の事が
少しづつだけど分かってくる。一堀一堀する度に分かってくるんや」…と語ったとか。

実際その数年後にこの家をお祓いしてもらうんでけどその話はまたの機会に。

あと、大概の石堀の表札は字を掘ってつくるらしん
だけど内のだけ字が浮き出るように周りが掘られているんよ。
どうもこれにも意味があるらしいんだけど親父もこれ以上の事はわからないらしい。
誰か詳しい人がいたら教えてくれませんか?
長文駄文失礼しました。



103: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 01:53:11.73 ID:Uv7pNjV30
触ると音が鳴るおもちゃが、何もしてないのに鳴ったことならあるよ
子が泣くたびにタイミングよく鳴って、子が泣き止んだりしてたから別によかったけど、実は電池を抜いてあったと知った時は衝撃だったよ
前の持ち主の子(親友の子供)は亡くなってたし、うちの子と遊んでくれたんだなと考えることにしたのはいい思い出



107: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 17:18:34.72 ID:veL75/FH0
こないだ経験したことだけど
夜の2~3時に寝ようと布団に入ってすぐの時に、机とかを手のひらで力一杯たたいたような音がした。安アパートだけど隣や上の部屋から聞こえるようなくぐもった音(これは普段から隣室のいびきとか聞きなれてるから区別がつく)ではなかった。



111: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 21:56:19.39 ID:mjwyIpBn0
>>107
あー俺も一度だけあった
パチンと風船が割れるような大きな音だった



108: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 17:20:05.13 ID:veL75/FH0
ついでにこの部屋では夏に金縛りにも遭遇しました



109: 本当にあった怖い名無し 2017/11/02(木) 18:55:21.84 ID:VGSstiFb0
眠い時に頭のなかででかい音なったのなら、耳鳴りの一種でそんな感じの症状があるそうだ
いっかいだけならたまたま
定期的になるなら悪化する前に一度診てもらうといいようだ
脳に過度なストレスかかってる場合あるで



118: 本当にあった怖い名無し 2017/11/03(金) 05:09:43.33 ID:1CMcKU680
体験談です。
車の免許とりたててで高校卒業してから20歳ぐらいまでに千葉県やら都内のあらゆる心霊スポットに行ってたんですけど
廃病院も廃ホテルも一家惨殺の家もトンネルも全部何も起こらず何もでずでした。
心霊スポット巡りも飽き始めてた頃千葉県の超メジャーな心霊スポット雄蛇ヶ池にまだ行ってないよねーって話になり暇だし行ってみようとなったので自分含めて5人で行きました。
車で1時間くらいかけて着いた頃には小雨が降ってきていて自分と友達の1人は雨に濡れるの嫌だったので車で待機することになり残りの3人で行くことになりました。
車で待機して1時間くらいした頃3人のうちの1人から電話があり電話にでると荒れた息づかいで「でたっ!まぢででたっ!」と言って電話がきれました。
正直どうせ嘘だろ。としか思えませんでした。
しばらくして3人が走って帰ってきました。
とりあえずここにいたくないからと言ってすぐ近くのコンビニまで行きました。
3人は「まぢで幽霊っているんだ!」「あれは生きた人ではないでしょ!」と興奮してました。
どうやら池の周りの遊歩道を歩いていた時右側の雑木林の中に座ってこっちをみてる女らしき人がいたらしいです。
雄蛇ヶ池の遊歩道は夜封鎖されているのであんな雑木林の中に夜中女が雨の中1人でいるのは確かにありえないです。が、それでもまだ友達が嘘をついてるのではないかと信じられずにいました。
でももしそれが本当だったら自分はどうしても幽霊がみてみたかったのでみんなで話し合った結果人数集めて次の日また雄蛇ヶ池に行くことになりました。
次の日、なんと集まった人数11人。まるで遠足です。
自分はもし幽霊を見たときの為にガス銃を、友達はロケット花火をもってきてましたw 人数がいれば幽霊なんかこわくもありません。

現地に着く頃にはまた雨が降ってきていました。
どうせ昨日の話しは嘘で幽霊なんかでないだろうと思っていました。



119: 本当にあった怖い名無し 2017/11/03(金) 05:13:30.04 ID:1CMcKU680
遊歩道の入り口には大きい門があり
それを越えなければ入れません。
自分が先陣をきり門を越え後からみんな越えてじゃあ行こうか。
と、前を向いたら遊歩道の坂の上に
やたら身長の高い女が立っていました。
ずぶ濡れで池に体を向けて
顔だけこっちを見てました。
はっきり見えすぎるので
人間なのか幽霊なのか区別がつきませんでした。
しかしこちらは11人いるのであまり怖くはありません。
声をかけても返事は返ってこない。
でも近づくのはさすがに怖い。
そこで自分が持って来たガス銃を撃つことにしました。
やたら身長の高い女のお腹のあたりに狙いを定め1発撃ちました。真っ暗なのであたったかもわかりませんでした。
ならロケット花火をぶち込もう!となり
行けるとこまで近くに行きぶち込みました。
あたりませんでした。
スリ抜けたんです。
あーこれは人間じゃないんだと思いました。
でも向こうから何かしてくる様子はありませんでした。
ただじーっとこっちをみてるだけです。
さすがに近づくのは怖かったのでそのまま車にもどり地元に帰りしばらくは幽霊の話しでもちきりでした。
本当に体験した話です。



182: 本当にあった怖い名無し 2017/11/23(木) 19:01:58.08 ID:akxsUpZ40
すごく長いです

小学4年生のころ私のクラスで心霊ブームがおきました

きっかけは1人の女の子Gが自分は霊能力があって霊能力がある人を見分けられるなんて言い出したことでした
Gの周りにみんな集まると、一人ずつ手をとって図形?を描いていくんです

図形を描かれた人には霊能力があるらしく、
私も手を出したときに十字架の絵を描かれてちょっとうれしかったような気が・・

そのGがある日、霊界へ行く遊びを見つけたなんて言いました

休み時間になるとみんな机にうつ伏せて霊界に行くんです
私も真似してみたんですけどまったく霊界に行けなくて、
どうして霊界に行けるのか不思議でした

霊界遊びは日が経つごとにエスカレートして、
霊界で おじいさんに会ったっていう人や川が見えたなんて人も出てきました

剣のキーホルダーを握ってれば霊界では本物になってたなんていう人までいたんです霊界遊びを見つけたGは教祖様みたいな状態になってました。



183: 本当にあった怖い名無し 2017/11/23(木) 19:02:45.15 ID:akxsUpZ40
霊界遊びが始まって一ヶ月くらい経ったとき、
Gが霊界から戻ってこれなくなったんです

休み時間が終わりそうになっても目を開けないGを私たちは声をかけたり体を揺らしたりしてなんとか起こそうとしましたがダメでした。

結局、先生が戻ってきても目を覚まさなく、
慌てた先生がGを抱えて保健室まで連れて行きました

次の日、Gはふつうに学校に登校してきたので安心したんですが、
霊界遊びは危険ということで禁止になりました

霊界 遊びをやめて1週間くらいしたころ、
Gの母親がため池で浮いてるのが発見されました

事故死ということになりましたが、
そのため池は男の子たちがザリガニなんかとったりするようなところで底が浅く大人が溺れるとは思えません。

母親が亡くなったあとのGは人が変わったようにおとなしくなりました。
休み時間は自分の机に座ったまま動かず、
話しかけても頷いたり首を振ったりするくらいでした

最初は気にかけてたクラスメイトも時間が経つに連れてGを放っておくことになり、
Gは教室で孤立するようになってました



184: 本当にあった怖い名無し 2017/11/23(木) 19:03:59.54 ID:akxsUpZ40
小学5年生になりクラス替えも行われ、
前のクラスでいっしょだった人は5人くらいになってました

Gとはまたいっしょのクラスになりましたが、
Gは相変わらず誰とも話さず机に1人で座ってるままでした

しばらくは何の問題もない学校生活だったんですが、
Gの母親の事故から一年くらい経ったときGがわたしに話しかけてきたんです

「Yちゃん、ちょっといいかな?わたしお母さんに会いたいの」

え?何言ってるんだろう?と思ってると、
Gがわたしの表情を見て察したのか

「お母さんがもういないってのはわかってるの。でも会える方法があるから協力してほしい。わたし1人だとできないから」と言います

私「どういうこと?」

G「お母さんを霊界から呼び出す方法があるの。そのために人数がいるからYちゃんに集めて欲しい」

すごくGがかわいそうに思えて「いいよ」と返事してしまいました

G「じゃぁ、女の子をあと1人と男の子3人を集めてきて。場所と必要なものはわたしが準備するから」

人集めは割りと楽でした
霊界事件を聞いた話しでしか知らない子たちは、
自分もその場にいたら楽しめたのになんて思ってる人が多かったですから



186: 本当にあった怖い名無し 2017/11/23(木) 19:05:38.63 ID:akxsUpZ40
日曜日の朝、私たち6人は○○山の登山口に集まりました
○○山はお年寄りが健康のために登るような標高も高くない小さな山です

登山道を登り始めて少ししたところで、
先頭を歩いてたGはこっちといって登山道から外れた獣道の ようなところに入っていきます

その獣道をしばらく歩くと開けた場所に出ました
左側の山の斜面には子供がギリギリ通れるような洞穴が開いてます

「ココだよ」と言いながらGはリュックから懐中電灯を取り出します
それを受け取った男子たちは洞穴を照らして「すげー!すげー!!」と連呼してました

Gはリュックからさらに蝋燭と人の形の紙切れを取り出し、
わたし達に一つずつ渡しました

G「このヒトガタに自分の名前を書いてね。守ってくれるものだからしっかり書いて!」

名前を書き終わったわたし達は洞穴の中に入ろうとするんですが、
懐中電灯を持った男子たちがお前が先に行けと言い合いしてて入り口から進めません

しばらく見てたんですが、
痺れを切らしたのかGが「貸して!」と言って懐中電灯を男子から取り中に入っていきました

外からだとわからなかったんですが、
洞穴は思ったほど長くなく行き止まりの場所は3畳くらいの空間になってました

入り口で入るの躊躇ってた男子たちが「ココを秘密基地にしようぜ!」とか言ってはしゃいでましたね

わたし達はココに円形に座りました
Gの左側はわたしでその隣に女の子、男の子3人が続くという感じです



187: 本当にあった怖い名無し 2017/11/23(木) 19:08:48.39 ID:akxsUpZ40
G「蝋燭を自分の前に立ててヒトガタを左手に持ってね。隣の人はその手に右手を重ねるの」

わたしは右に座ってるGのヒトガタの上に右手を重ねます

G「今からお母さんを呼び出すけどわたしがいいって言うまで手を離しちゃダメだよ」
みんな はそれに頷きます

G「じゃぁ、始めるからみんな目を瞑って」

目を瞑ると蝋燭の火の灯りだけが目の奥でゆらゆらしてます
隣ではGが何かブツブツと唱えててだんだんと不安になってきました

Gが何かを唱えだして1・2分くらい経ったときでしょうか・・
わたしの右手をすごく冷たい手が握ってきたんです

ビックリしてGと重ねてた手を咄嗟に離してしまいました

すると風が吹いて蝋燭の炎が全て消えてしまったんです
真っ暗になった洞穴でパニックになったわたし達は叫びながら外にでました

洞穴の外に出たわたしたちは「なに?なにが起こったの?」なんて言いながら騒いでました
ふと周りをみると5人しかいません。Gがいないんです



188: 本当にあった怖い名無し 2017/11/23(木) 19:09:34.45 ID:akxsUpZ40
もしかしてまだいるんじゃないかと思い中に入ることにしたんですが、
誰も中に入りたがりません

結局、男子3人が入ることなり洞穴内を確認しましたが中にGはいませんでした

悩んだ挙句、「コレってGのいたずらじゃないの」って男子の一人が言ったことに納得しわたし達は解散しました

次の日、学校に行くとホームルームでGが家に帰ってきてないことを先生に聞かされました
ホームルーム後すぐにわたし達は昨日のことを先生に打ち明けました

その日の授業を欠席し先生達を連れてGがいなくなった場所に行ったんですが、
洞穴がないんです

登山道を歩いて途中から獣道に入り開けた場所には出たのに洞穴だけがありません

最後にGを見た場所ってことで警察や地元の住人たちで辺りを捜索することになりましたが、
Gがみつかることはありませんでした

Gはどこにいったんでしょうか?
わたしが手を離さなかったら行方不明になることはなかったんでしょうか?



250: 本当にあった怖い名無し 2017/12/09(土) 14:39:35.00 ID:uh00PnjZ0
過疎ってる内に
誤字脱字、乱文は許して
高校生の頃、3日連続で怖い夢見て3日目の夢がやたらリアルな夢だったんだよね
以下夢の内容
自転車で高校から帰る途中、何故か遠回りして帰宅するルートだったけど、途中でいつもの通学路に戻ったんだ

そのとき現実には無いけど何故か洗濯機と知らないかおっさんが立ってるのが見えた
(夢だと気づけばいいんだけど夢って分からない)

おっさんが俺に幽霊が憑いてるとか言ってきてびっくりしたんだけど、
攻撃(?)を避けたからもう大丈夫とか言われた。
そうですか。みたいに返事したら気になるなら洗濯機の中にいるから見てみればって言われて覗いたら
血塗れのバット持った男がぐにゃぐにゃになって洗濯機に入ってたから
凄くびっくりした。
そしたらおっさんがもう家に帰りなさいって言うから
普通に帰ったところで目が覚めた。

続きます



251: 本当にあった怖い名無し 2017/12/09(土) 14:47:10.39 ID:uh00PnjZ0
怖かったーとか思いながら学校に行って部活終わってからもだらだらしてたら結構遅くなっちゃったんだよね

朝は最短で学校まで行くんだけど、帰り道は暗い田んぼ道になるから危ないってことで、俺は普段から行きは最短、帰りは明るい道で通学してたんだ。
帰り道だと夢で見た場所を通るんだけど明るいしそこまで怖くないって思ってた。
いざ夢で見た場所に来たら丁度信号で止まっちゃったからなんとなく辺りを見回してみたら
昨日までは無かったハズの場所に、花と水と30cm角の石碑(?)みたいなのが置いてあって死ぬほどビビりながら家まで帰った。

それから何かあった訳じゃないけど帰り道を変えた

あんまり面白い話じゃなくて申し訳ない



252: 本当にあった怖い名無し 2017/12/09(土) 14:57:28.94 ID:M5QjvfGz0
最初からあったんじゃね



253: 本当にあった怖い名無し 2017/12/09(土) 15:05:29.25 ID:uh00PnjZ0
>>252
毎日帰り道はその道路通ってたから元々あったってのは無いと思う。
見落としてた可能性はあるけど
石の上に花と水が乗ってたから60cmくらいの高さがあったから、見落としてた可能性は低いかなぁ
多分今もあるけどかなり古びてて
あの時は真新しい状態だったから



259: 本当にあった怖い名無し 2017/12/10(日) 18:46:02.60 ID:pytzYmK50
こういうとこに書き込みするの初めてだから色々つたないけどごめんね

ネットで知り合った友達が自称霊感ありの子で、心霊体験の話なんかも笑いながら聞いてたんだよ
けど、おとといの深夜2時くらいに通話してる時に友達が話してくれた内容がほんとに怖かった

友達はオートロック付きのマンションに一人暮らししてるんだけど、オートロックのほうでチャイムが鳴ったらしいんだよ。
出てみると男とも女ともとれない人がうううううってうなってたらしいんだよね
それで怖くなって通話とかかけまくったらしいけど誰ともつながらずに、一人ガクブル
そして10分後くらいに玄関のほうでチャイムが鳴ったんだ
それも連続で、オートロックを開けてもいないのに、
何もできずにがくがくしてたら、それからちょっとでおさまって、今まで何もなかったんだって。

その話を聞いたときに「こえええw」って言いながら笑ってると、
通話の向こうでチャイムが鳴ったんだよ
深夜の2時くらいだから、隣人との付き合いがない友達に隣人が会いに来るわけがなく、オートロックも反応していないっていう
ぴんぽーん、ぴんぽーんって
ただ、友達はヘッドフォンしてたから聞こえてないらしく、
大声でだれかきてるぞ!って叫んだんだよ
友達もすぐに玄関のカメラで確認したんだけど、誰もいなかったんだよね

これが最近初めて体験した心霊体験かな



271: 本当にあった怖い名無し 2017/12/13(水) 16:34:30.39 ID:W08ik5ak0
かなり昔の話だが発狂を体験したことがある。
仕事上挫折して傷心してた時期なんだけどね。家庭の事情とかも踏まえて受け入れがたい現実に直面しちゃって、そりゃもう心底参ってた。
知人に神道に携わってる人がいて、その時はその人に救われたんだ。

でもその後がよくなかったんだろう。
ちょっと調子に乗って仕事しすぎた。
ただ真面目に情熱をもって仕事をし始めただけなんだけど、ある時自分の中の何かが弾けてぶっ倒れそうになった。ほんとに死ぬかと思いながら、その日泣きじゃくって実家に帰った。
気分と思考が支離滅裂に動転しながらハイになったり、沈んだり。体が痺れたり。
とにかく死にたくないし常軌を逸したよく分からん考えまで理論立ててそれすら自分で実行しようとしてた。端から見れば、いや端から見なくてもキチ◯イそのものだった。
ひたすらそれが続いて気がついたら、寝てた。

起きた時には、頭が張ってるような感覚でぼーっとしてたんだけど、唯一はっきりとあの時聞こえた(考えてた?)言葉だけが頭の中に残ってた。


「みのほどしらずが」



272: 本当にあった怖い名無し 2017/12/13(水) 17:27:42.82 ID:kNbh9AdRO
その言葉はどんな色が乗ってた?
唾棄するように?
淡々と冷静に?
怒気をはらんだように?
悲し気に?



274: 本当にあった怖い名無し 2017/12/13(水) 18:31:47.52 ID:W08ik5ak0
>>272
お、乗ってくれる人がいるのは有り難いね
どう捉えてもらってもいいように脚色したけど
俺個人で感じたのは、怒気かな
叱責に近いもんだったから、人が望んじゃいけないことを望んだから怒られたんでしょう



275: 本当にあった怖い名無し 2017/12/13(水) 18:58:16.33 ID:kNbh9AdRO
聞いてもいいならその辺も少し具体的に知りたい
あと最初に助けてもらった神道やってる人にまた助けてもらったりはできなかったの?



277: 本当にあった怖い名無し 2017/12/13(水) 19:50:03.19 ID:W08ik5ak0
>>275
申し訳ないけど、具体的には言えないな
こういうのは言っちゃいけない一線があるし
思い出すこともいかんのよ
狂気に駈られるのはごめんだし...
禁忌とでも言えばいいのかな
かなり濁して伝えると仏のような人間になろうとしたら、御陀仏しそうになったって話かな

神道の方にはその時も助けて貰ったし
今もよくして貰ってる
宗派は詳しくは知らないんだけど
真言宗がルーツみたい
そこから推測したら
なんとなく声の正体は分かるんじゃないかな
俺自身も確証はないんだけどね



331: 本当にあった怖い名無し 2017/12/15(金) 20:11:10.04 ID:V87aML2p0
今年一月地元の温泉に母と行ってきた。
風呂から出て、ロッカーからババシャツを取り出すとピンクの布が張り付いている。

しつこくくっついたピンクの布。
洗濯してもこんなことにはならないはず。

剥がして開いた。
フリルのついたくたびれた赤ちゃんの洋服だった。

ババシャツに張り付いてた位置から、背中かお腹にくっつていただろう。
よろよれのタグにはかろうじで身長80センチと書かれている。

私には何も出来ない事を念じながら洋服をたたみゴミ箱に捨てて帰った。

その筋の人に聞くと持って帰らなくて正解だったらしい。

洋服を見た母も驚いたが、たまたまロッカーに洋服を忘れたんじゃない?と信じはしない。

ほぼほぼ目に見えない世界と無縁に生きている。
創作だろうと笑われるだろう。
今年も終わるので厄落としで書いてみた。

扉は異世界と繋がっているのかな、と山岳信仰のある田舎町より書き込みました。



370: 本当にあった怖い名無し 2017/12/18(月) 14:53:49.85 ID:57I2IJq10
昨日見た夢なんだが
最初自分は広い部屋の中に立ってて周りには喪服を着た知り合いがたくさんいる
俺は真っ直ぐ歩くんだが、知り合い達は俺に向かって「お前のせいだ」「お前が殺したんだ」
と泣きながら言ってくる
しばらく歩くと棺桶があって中を覗くと俺が入ってた



371: 本当にあった怖い名無し 2017/12/18(月) 17:13:39.26 ID:FmisKP32O
パチ屋で変なオヤジにからまれて、家帰ったら家族皆殺しにされてた。読んだお前も呪われますようにってやつなら知ってる



372: 本当にあった怖い名無し 2017/12/18(月) 20:09:41.32 ID:NoXDBUblO
なんだそれすげー読みたい



377: 本当にあった怖い名無し 2017/12/19(火) 21:28:27.63 ID:JWefgEHmO
>>372 拾ってきた 以外自己責任

先週、世田谷で仕事サボリながらジャグ打ってたらすごいニコニコした中年中肉中背のスーツ着たおっさんが隣に座って1000円でガコ!
「おぉ…」
と笑顔から一瞬目をまるくして、すぐにまた笑顔に戻った。しかしそのままランプ光らせたまま1分くらいずっとニコニコして台を見ている。
俺が不思議そうに顔を見ると、クルっとこっちを見て、笑顔がだんだんなくなり、鬼のような顔になり
「君、こんなとこでなにしてんの」
と言われた。
やばい、会社の関係の人だ。と思ったが、また笑顔になり
「この台あげるから、すぐ帰りなさい」
と言われた。
わけがわからない。
でもそのおっさんはコインも下皿に置いたまま席をどいてどこかに行ってしまった。



378: 本当にあった怖い名無し 2017/12/19(火) 21:31:52.32 ID:JWefgEHmO
すぐにヤメて事務所に戻る気だったから、ま、いっかと思い、そのジャグで7を揃えて0Gやめ。
メダルを流してたら店員が
「知り合いですか?」
と聞いてきた。没収とかの恐れがあるので
「ああ、知り合い」
と言った。店員は不思議そうな顔をしていた。
パチ屋の中で電話に出ない俺は、久しぶりにかかってきてた弟からの電話をかけなおした。
「…もしもし、にいちゃん…親父が…おふくろが…」
家に強盗がはいって殺された。土曜日に通夜、日曜日に葬式やってきた。
気味が悪い。
このスレ読んでる人全員に親父とおふくろの世の未練が怨霊となって乗り移りますように。
その時くらいからずっと頭の中に
『くちした』
って言葉が離れない。
なんだろ

おっさんは普通のリーマンスーツ。
顔は、笑顔は仲本工事、鬼の形相は男塾二号生筆頭代理の江戸川の顔面返しそっくり。
くちしたって何?
ひらがななんだけど。

ちなみに犯人はつかまりました。家から300mくらいの所に住む、まったく知らない人でした。

定年1年目の親父、頑張って校長先生やり終えたばかり。死刑じゃものたりない。
無期にして仮で出てきたところを死ぬまで何年もかけていたぶる。



379: 本当にあった怖い名無し 2017/12/20(水) 03:12:49.76 ID:FEWwM3xuO
両親の成仏願うどころか怨霊にしようとし無関係の人間に無差別呪詛テロする投稿者の浅ましさが恐ろしい話



388: 本当にあった怖い名無し 2017/12/23(土) 00:51:57.92 ID:Y500lt3U0
俺の体験した話
当時俺は彼女が居て、(今の嫁)週末は彼女が俺の部屋に泊まりに来るのが常だった
今は治ってるが、彼女は鬱病持ちでヤンデレ気質で、俺が女と話すようなら射殺すような目で睨みつけるような女だった
ある日いつも通り眠っていると、キィン、という耳鳴りで目が覚めた
起きようとすると金縛にあったように身体が動かない
なんだこれ?と目玉だけを動かしていると、横で寝て居た彼女と目が合った
彼女も金縛にあってるらしく、怯えた目でアイコンタクトしてきた
そのまま何分経っただろうか、いよいよ恐怖心が心に影を落とし始めた時、向かいの壁の上の方から女が滲み出てきた
壁から湧いて来るような感じ
恐怖でガクブルしながらそれを見つめ続ける
彼女はもう泣きそう
女は俺に狙いを定めたのか、ゆっくりと俺の方へ降りて来る
数十秒か数分か
女が俺に馬乗りになり、首へと手を伸ばし始める
その瞬間、彼女が「てめえふざけんじゃねえ!!!ぶっ殺してやる!!!」と叫んで女に殴りかかった
どうやらヤンデレの精神力で金縛を振り切っちゃったらしい
殴られた女はぶわっと霧が膨張するように消えてしまったが、それでも彼女の気は治らないらしく「もう一度出てこい!何度でも殺してやる!!!」と大絶叫
隣の部屋からは怒りの壁ドン
なんとか彼女をなだめすかして事なきを得たが、彼女のキレっぷりは半端なく、落ち着かせるのに30分はかかった
幽霊も怖いけど、生きている人間も怖いと思った出来事でした



390: 本当にあった怖い名無し 2017/12/23(土) 02:44:20.47 ID:UUczoWl/0
>>388
怖いな。私も似たような体験をしたことがある。出現した状況がそっくりなので
驚き。



393: 本当にあった怖い名無し 2017/12/23(土) 22:20:59.99 ID:j9rHAU8o0
>>388
彼女、無敵アル』!



397: 本当にあった怖い名無し 2017/12/25(月) 14:16:44.77 ID:R5QXux+10
>>388
何度でも殺してやる=少なくとも1回殺した
だとしたら…?



454: 本当にあった怖い名無し 2018/01/01(月) 17:12:08.25 ID:/EcKeQ+z0
さっき起きた話なんだけど、ちょっと整理したいから話させてもらう。
去年、父がなくなって今年は母と二人の年越しになったんだけど、明るくやろうとして、普段は飲まないお酒を飲みまくった。
モエとか獺祭とかちょっと奮発してね。
父はかなりのお酒好きだったけど母はゲコ、、わたしも母の遺伝かな?そんなには強くないw
某笑ってはいけないとか、みながら今年になる頃にはすっかりへべれけに
残りのお酒は父さんに全部飲んでもらおうwなんて言いながら母は就寝、わたしは迎えに来た恋人の家で寝てた。それで、お節を頂いて昼過ぎに家に帰ったら、母に残ってたお酒も全部飲んじゃったの?って聞かれてびっくりしてる。

ごめんなさい、カキコするのは始めてだから読みにくかったし長文になっちゃった



482: 本当にあった怖い名無し 2018/01/01(月) 23:34:43.69 ID:tIFv/ycM0
俺は趣味らしい趣味は無く、強いて言うなら色んな趣味を薄くかじっては半端で投げ出すまでが趣味だった。

その頃は登山っぽいものに手を出したい気分で、関東の某山に何回か登っていた。

その山は1時間程度で頂上まで登れる山だけど、バラエティーに富んだコースがいくつかあって、手軽にそこそこ楽しめる。
(登山というより散歩にうぶ毛が生えたレベルだが)

俺はその山のコースは一通り制覇して、山をちょっぴり知った感に満足していた。

そんな時、登山に興味があるという職場の先輩がいたので、「あの山いいっすよ!」と誘って、週末2人で繰り出した。



483: 本当にあった怖い名無し 2018/01/01(月) 23:36:49.46 ID:tIFv/ycM0
山の麓に着くと、先輩の希望で一番登山らしいコースを選んで登り始めた。

「登山の時はすれ違う人と挨拶するもんですよ!」という俺のにわか知識に従って、俺たち2人は下山者と挨拶を交わしながら登っていった。
集団には気を使って声をかけなかったが、個人には挨拶すればだいたい9割ぐらい挨拶を返してくれたと思う。

季節は冬。
登り始めたのが14時を過ぎていたので、辺りはもう夕方かのような雰囲気が立ち込めていた。

「昼過ぎると日陰はもう寒いですね」と、後ろを歩く先輩に声をかけたタイミングで、ちょうど下ってきた一団があった。



484: 本当にあった怖い名無し 2018/01/01(月) 23:38:47.74 ID:tIFv/ycM0
背格好でいうと中年の男女5~6人ぐらいだったか。きちんと数えていないので分からない。地味なつば付きの帽子にチェックシャツやチノパンといった、よくある軽装の一団だった。

挨拶のタイミングを逸してしまったので、黙ってやり過ごそうとした時、違和感に気付いた。

どの人も顔が見えない。

顔が暗いとかのっぺらぼうとかではない。
視界の中心に顔を捉えても分からなかった。
まるで太陽を直視した後のような、光っているとも白いとも虹色とも言えない感じが、その一団の全ての人の顔の位置にあった。



485: 本当にあった怖い名無し 2018/01/01(月) 23:39:53.38 ID:tIFv/ycM0
『太陽でも見たっけな?』といぶかしみながら一団をやりすごしたが、その直後に会う下山者たちの顔はごく普通だった。

気にはなったが、山の中腹にあるベンチスペースにたどり着いたころにはその事もほとんど忘れていて、おやつのガルボを取りだそうとしている時に先輩が言った。

「お前さ、目おかしくなったりしてない?」

「目ですか?俺は特に何もないですけど。」
「俺がおかしいのかなぁ。もしかして脳梗塞の前兆とかかなぁ。」

太陽でも見たっけなぁ、と先輩が言った時に、顔が見えない一団の事を俺も思い出した。

「俺もです!あの時顔見えなかったっすよね!何なんすかね!見てんのに見えない?みたいな!」
「何なんだろな!怖えーな!わかんねーわ!」
とひとしきり騒いだあと、気を取り直して一気に山頂まで登りきった。



486: 本当にあった怖い名無し 2018/01/01(月) 23:41:06.34 ID:tIFv/ycM0
山頂でしばらく過ごした後、下山を開始したのは15時半ごろだった。
登りと同じコースを下るのも芸がないということで、別のルートを下ることにした。

夕方に差し掛かり、日も傾いて気温が下がってきている。
歩き慣れていない先輩を気遣いながらも、早め早めを心がけながら山道を下っていった。

薄暗く湿った川沿いの岩場を折れたところで「うっ」と変な声が出た。
10m程先に、見覚えのあるチェックシャツの一団が目に入ったからだ。
山を登って来ている。
あの時の集団だ、と直感的に感じた。
後ろで先輩がうろたえた気配がした。



487: 本当にあった怖い名無し 2018/01/01(月) 23:42:15.20 ID:tIFv/ycM0
『なんか気味悪いっすねこのままスルーします』という無言のメッセージを、背中から先輩に向けて発しながら、振り向かずに一団に近づいていく。

足元の左下に見える川に視線を集中しながら一団とすれ違った。

最後の1人を俺がやりすごした後、
後ろから「こんにちはぁ」と間の抜けた挨拶が聞こえた。おばさんの声だった。
位置関係的に、先輩が最後の1人に挨拶をされたようだった。

先輩は黙ったままバタバタと焦るように俺を追い越して歩いていった。
「こんにちはぁ」と、再び後ろからおばさんの声が聞こえた。

俺は
『挨拶されたのに失礼ですよね。僕ら失礼ですよね。だけどお宅ら気味悪いんですんません!すんません!』
と思いながら、一団の方は振り返らずに無言で先輩を追いかけてしまった。



488: 本当にあった怖い名無し 2018/01/01(月) 23:43:22.55 ID:tIFv/ycM0
先輩に追い付いた時、
「さっきの集団気味悪かったですね。つい挨拶スルーしちゃいましたよ。ねえ」
と声をかけると、いきなり先輩に胸ぐらを捕まれ、鼻がくっつくかと思うぐらい顔を寄せられて睨まれた。

動揺する俺に、
「だめだ。何だよあれ。こんな目の前で。こんな、こんな目の前でもさぁ~」

顔が見えなかったよ、おかしいだろ。
と涙目で先輩が言った。


500: 本当にあった怖い名無し 2018/01/02(火) 10:15:29.41 ID:RrWnGaqJ0
私が塾のセミナーでバスに乗ってる時塾の先生がちょっとしたおふざけでバスの運転手さんに怖い話ないかって聞いたんだよ、そしたら運転手さん、ちょっと顔がこわばって「一応...ありますよ、」って言うからどんだけ怖いんだろうと思って聞いてマジ後悔したわ




537: 本当にあった怖い名無し 2018/01/05(金) 01:10:47.80 ID:kpZKED510
先輩と登山の話>>482
怖いし面白く読めた文章もかなり上手い。ただ部分的に似たような話は読んだ事ある。

バスの運転手の話>>500も、ありがちだが怖いね



497: 本当にあった怖い名無し 2018/01/02(火) 05:26:20.11 ID:a4eSOd1E0
>>488
なにこれ怖い
文章も上手い



501: 本当にあった怖い名無し 2018/01/02(火) 10:16:36.00 ID:RrWnGaqJ0
言ってもいい?



503: 本当にあった怖い名無し 2018/01/02(火) 10:34:56.98 ID:RrWnGaqJ0
運転手さん家族で旅行行く時必ず下見するんだって、んでその時もナビを頼って旅行先に行くことにしたらしい



504: 本当にあった怖い名無し 2018/01/02(火) 10:37:32.05 ID:RrWnGaqJ0
そしたらナビが絶対そこじゃないだろ、っていうようなけもの道を指してるわけ、運転手さんは半信半疑でそこの道を行ってみたら案の定ただの道、運転手さんはそこで諦めて帰ろうとしたらしい、



505: 本当にあった怖い名無し 2018/01/02(火) 10:40:50.78 ID:RrWnGaqJ0
バックして人通りの多い道に出たら目的地削除したはずなのにまだそこをナビが指してて、気味が悪くなってすぐ家に帰ったらしい、んで問題はここで起きたんだよ、
車を降りたらナビからなにか鳴ってる、と思ってよく聞いたら「ぢぐじょう、ぢぐじょう」ってボソボソナビが言ってた



506: 本当にあった怖い名無し 2018/01/02(火) 10:41:44.77 ID:RrWnGaqJ0
運転手さんすぐに車売って、今度はナビ無しの車にしたんだと、



508: 本当にあった怖い名無し 2018/01/02(火) 10:45:35.26 ID:RrWnGaqJ0
バスの中完全に凍りついたわ、みんなシーンとしちゃって、そこからバスの中ずっと誰も喋れなかったんだけど、運転手さんだけは「みんなも気を付けてね、ふふ、ふふ、」って笑ってた、



511: 本当にあった怖い名無し 2018/01/02(火) 11:48:13.26 ID:Bm7XzD86O
電気と相性いいのか電化製品で怪現象よくあるよね
車じゃなくナビについてたのならナビ交換だけでいけたかも知れないのにもったいないと思う貧乏性



519: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 12:18:21.89 ID:ReU2zeqJ0
昔友人とドライブしていて自分が運転席、友人が後部座席だったんだけど
ふと振り返ったら友人の首から上が無かった。
全身鳥肌で前に向き直ってから恐る恐るバックミラーで確認したら
いつも通りの友人だった。
なんだったんだろうと思ってまた振り返ると友人の首から上は無かった
そして事故った。
友人は死んだ。



521: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 15:10:58.10 ID:rYbgUTrc0
>>519
タクシー怪談にありそうな話だが
鏡像でなく実物の方に異変があるのは珍しいパターンだな
もしかしてご友人は今でも鏡の中で生きてるのかも知れない



524: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 17:17:38.95 ID:eikPIDvJ0
さっき、4時半位くらい?だと思うんだけどこんなん今まで体験したことないから霊現象かお化けか妖怪か分かんないけど書いとく。
最寄駅から帰る途中にちょっと細めの道があってそこで後ろから「あ、すみません」って声かけられたのね。同時に右肩を叩かれた気もする。
足音とか全然無かったからいきなりでめっちゃビビって振り返ったんだけど誰も居なかった。
あ、もしかして前行ったのかなと思ってまた進行方向に顔向けようとしたら視界の右端に凄い笑顔男の顔が見えた。
ここで俺初めて怖くなってそれ以上顔動かせなくなっちゃってずっとその顔を外視野で捉えてた。だって目でも瞑って突然眼前に迫ってきたらどうしようとか思って。
そしたらその顔がぐぐっと視界に入り込もうとしてきて(覗き込んできたのか?)、慌てて視界を左にちょっとずらした。
そしたらそいつもまた視界に入り込もうとしてきたて、しかも今度は「ん~?ん~?」とか言ってくる。
それでどれくらいか分かんないけどdずっと顔から逃げるように左回転してた。
今思い返すとなんか笑えてきちゃうんだけどその時はめっちゃ怖かった。右見るの怖い



526: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 17:39:55.98 ID:K8yCO7ay0
>>524
視界の端に見えてた物って
直視すると見えなくなるって言うよな
暗い星とかそんな感じ
もしかして直視してたら消えたてたかもよ



527: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 18:01:43.22 ID:eikPIDvJ0
>>526
ちょ、直視…
今度もしあったら直視すべきなんだろうか
こわ



528: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 18:08:53.71 ID:K8yCO7ay0
>>527
最初振り返った時見えなかったのって
実は直視してたのかも知んないね



632: 本当にあった怖い名無し 2018/01/08(月) 16:02:03.55 ID:IBDVUwvu0
誰も信じてくれないしここに書き捨ててくわ

霊って死直前の感情を引き継ぐのかね
独り暮らしの友人の姉が誕生日パーティーしてる最中に、亡くなったらしい
死因までは聞けなかったけど、事故とかでは無かったみたい
その友人が姉の部屋を片づけに行ったら、姉の霊を見たとかで怖いから片づけ手伝ってと言われたので、姉の家から近い俺が仕方なくついて行ったのよ

そしたら、姉が居た。ぴょんぴょん跳ねながら、笑顔で「あははは!」みたいに笑ってるの
本当に生きているみたいで、最初は死んだっていう報告も噓だったんじゃ無いかっていうくらい

咄嗟だったからか、俺はあまり怖くなかったんだけど、その友人はもう悲鳴をあげちゃって俺の腕にしがみついたまま動かなくなっちゃってさ

その日はもう友人が怯えてどうにもならないから、片づけしないで帰っちゃったんだけど、その子が大家さんから早く片づけに来いって催促されるもんで、
俺もその子に頼られるのも悪い気はしなかったから、今度は友人5人くらい引き連れて行ったのよ

そしたら、やっぱり居た。でも様子が全然違ってた。手足は伸ばしきったまま、手首だけバタバタさせて、目は ヘ みたく尖ってて、口も口角が釣り上がってた
そんで、笑い声も「ひょーーー!ひょーーー!」と、雄叫び?のような裏声で叫んでた

流石に皆怖くなって逃げ出したよ
そんで、又聞きだけど、その子片づけは業者に丸投げしたらしい
その後、その子は俺と会うと思い出すから出来れば会いたくない、申し訳ないってLINE来て、疎遠になってった
ちょっと気になってたのに



633: 本当にあった怖い名無し 2018/01/08(月) 16:06:58.33 ID:+LJ+KRtKO
幽霊になってしまったとはいえ、実の姉を怖がる妹とか…
寂しく切ない話だな、怖い話が読みたいのに萎えたわ



634: 本当にあった怖い名無し 2018/01/08(月) 18:33:34.48 ID:qtJcHeq2O
妹やその友人の投稿者だけじゃなく手伝いに呼ばれたほかの友人5人?全員も見えたの?
そりゃすごいなよっぽど自己主張と力の強い霊体だったのかね
特に見える人じゃない場合、普通は近しい人間か波長合う人間くらいなんだけどな
>誰も信じてくれないし
誰も信じてくれないって、その妹と友人5人は体験してんだからその書き出しはおかしい

>>633
・パーティーの最中に事故以外で突然死
・姉の霊の様子から死の直前の感情を引きずるのかと思う投稿者→ぴょんぴょん跳ねながらぴょんぴょん跳ねながら笑顔で「あははは!」みたいに笑ってるのがパーティー中の姉の感情?
・実の姉の霊を怖がって片付け拒否る妹。親は片付けに来ないの?
・一人暮らしの姉

なんか、霊がどうこうとは違う意味で怖いというかいやんな話の気配がちらほら



784: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 00:55:20.36 ID:SzVP+Ija0
私の趣味は石拾いだ。
端から見ればつまらないかも知れない、だが、やってみると結構楽しいのだ。
石集めが趣味のお金持ちというのも少数だがいるもので、珍しい形や色、光沢を持つ石をそこそこの値段で買ってくれる人もいる。



785: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 00:58:05.05 ID:SzVP+Ija0
石集めという趣味は祖父から引き継いだものだ。
数年前に亡くなった祖父は石集めを趣味兼仕事にしていたらしく、たまに山や川、海で石を拾っていて起こった出来事や見つけたものの事を話してくれ、子供ながらに楽しみだった。



786: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 00:59:49.79 ID:SzVP+Ija0
これはそんな祖父から聞いた話の一つで私が今も鮮明に覚えているものだ。



787: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 01:02:36.76 ID:SzVP+Ija0
ある日祖父は山で石を探していると近くから動物の凄まじい叫び声が聞こえたそうだ。
自分に気が付いて威嚇しているのか?とも思ったそうだがただ事ではない様子が気になり声のする方へ歩いて行ったらしい。



788: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 01:05:43.28 ID:SzVP+Ija0
そこで祖父は一匹の猿の上に石が乗っかっているのを見た。
周りにも猿がたくさんいるものの何故かどいつも助けようとしない。
見かねた祖父は猿の上から石をどけてやろうと思い近づいてはっとしたそうだ。



789: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 01:08:58.82 ID:SzVP+Ija0
その石は猿に乗っかっていた訳ではない、石に猿の半身がめり込んでいたのだ。
石から抜け出そうともがき叫ぶ猿、しかし、叩いても噛んでも石は外れずそれどころか少しずつ猿を飲み込んでいくではないか。



790: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 01:11:49.78 ID:SzVP+Ija0
どれほど時間が経っただろう、とうとう猿は石に飲み込まれてしまった。
周りの猿も祖父に威嚇しながら去っていく。
石に生き物が飲み込まれるという非日常を見て少しばかり怖くなったものの好奇心が勝ったらしく、祖父はその石を持ち上げてみた。



791: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 01:16:21.90 ID:SzVP+Ija0
なんてことはないただの石灰岩のようだ。
表面がスベスベしている以外はなんてことはない普通の石、無論目の前で猿が食われるところを見ていたためその石は置いてきたそうだ。



792: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 01:19:07.58 ID:SzVP+Ija0
そして二年前亡くなった祖父の遺品を整理して見つけたのがスベスベとした石灰石のようなものだった。
まるで隠すように、しかし、大切に保管されていたそれを見て私はこの話を思い出した。
祖父は本当に石を置いてきたのだろうか?



812: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 20:31:21.63 ID:9sTbW8VO0
高校生のころだから、かれこれ20年以上前の話になる。
市立図書館に夏休み行った。午前中の早い時間。
クーラーが効いてるから涼みに行ったようなもんなんだけど
図書館なんだし、ただ歩いてるのもなんなんで書棚を順番に
見ながら、暇潰しをしていた。

夏休みであるけれど、かなり人は少なかったと思う。
歩いていると前方に小学校高学年から中学生くらいの男子がいた。
視線が一瞬だけ合ったんだけど、自分はその子の後ろにある
書棚を見ている振りをして、視線をそらした。
それでもじっと男の子は自分を見ていて、何だか気味が悪いと
思い、図書館を出ることにした。

当時、自転車で図書館に来ていたんだけど、その男の子も同じ
駐輪場に自転車を置いていたみたいで、その後も1時間ほど
追い掛けられた。しかも自転車と自転車をピッタリとくっ付く
ような感じで。
最高潮に恐怖と気持ち悪さと、警察に行くかどうか、このまま
自宅に帰ったら自宅を知られるかも知れない恐怖とか、頭が
こんがらがった。

そのとき、自分の通っている高校が近くにあることと、高校に
同じクラスで野球部に所属している同級生が部活動で出ている
かも知れないと頭に浮かんだ。
すぐ、高校に向かった。



813: 本当にあった怖い名無し 2018/01/11(木) 20:31:43.17 ID:9sTbW8VO0
高校に着くと、門の近くに野球部の連中がこれからランニング
を始めようとしていたようで集まっていた。
あまりの恐怖で、自転車ごとその集団に突っ込み、変なやつに
付けられてると叫んだ。

付いてきていた男の子は諦めたのか、数十メートル先から
じっと見ているようだった。
けれど、自分があそこにいるやつだと言っても、部活動の先生も
野球部の人たちも、どこどこ?と見つけられないようだった。
高校の正門前にある道は一本道で、見渡しもよく、その男の子以外
誰もいなかった。
自転車を脇にして立っている姿があんなによく見えるのに、
でも何故か、他の人には見えていないようだった。
あそこにいる自転車と一緒にいる男の子だと何度も言ったんだけど。

数分すると、その男の子は元来た道を自転車に乗って行ってしまった。

その男の子には太陽の光に当たって間違いなく影もあった。
図書館でぶつかったとき、質感もあった。
けれど、本当に生きてる子だったのかわかりません。
この件以降、図書館は怖くて行かなくなりました。



828: 本当にあった怖い名無し 2018/01/14(日) 13:01:09.33 ID:Nx3SakP80
心霊とかじゃないんだけど、子供の頃、怖かった話。

夕飯を食べてくつろいでいた日。
玄関でチャイムの音がしたから、10歳くらいだった自分は率先して出た。
両親共働きで祖父母と小さな弟しかいなかったから。

すでに鍵を掛けてしまっていたが、玄関ドアと磨りガラスごしに女性だとわかった。
近所の人かと思い、何も考えずに開けてしまった。
入ってきたのは初老の女性で見たことも無い人だった。
老女は「この本を買ってくれ、1000円」と言い、目の前に古びた本を突き出した。
祖父がどうしたーと言いながら玄関まで来ると、入ってきた老女は同じことを繰り返した。
こんな古びた本に1000円?と10歳ながら不信感を顔に出していたと思う。

祖父は「わかった、1000円な」と言い、老女に1000円札を渡した。
にんまりと笑った老女の顔が気持ち悪いこと気持ち悪いこと。
すると老女は「良かったなー、これで赤猫は出ないよ」と言い、帰っていった。

古びた本はただの推理ものの本。
なんでこんな本に1000円も出すの?と祖父に言うと「出さないと大変なことになる」と言った。
よくよく聞いてみると赤猫とは放火魔を指す隠語でずっと昔からあるらしい。
つまり自宅が放火犯に狙われていたと言うこと。

翌日、学校に行くと同じ人が区内に出没していたことがわかった。
同級生や年上年下の学年に渡り、わかっただけで二十数件。
赤猫は同じ場所を避けるらしく、同じ地域に出没しないと言う。
確かにこの老女以降、数十年経つけど現れていない。
被害届も出されない。恨まれたら、今度こそ放火される可能性が高いから。それも地区ごとに
狙われるらしく、連帯責任として、どこの家が放火されるかわからないらしい。
だから警察沙汰には決してならなかった。

数十年前に亡くなった祖父は「1000円で安全を買えるなら安いものだ」と語った。



829: 本当にあった怖い名無し 2018/01/14(日) 13:21:04.41 ID:g1/TMIIJ0
>>828
「赤猫」の言葉の由来を調べたらそっちの方が怖かった (´・ω・`)



858: 本当にあった怖い名無し 2018/01/29(月) 13:36:19.42 ID:O+Dy7Cao0
>>829
猫なんか7つも魂持ってるからんなことしたら呪われそう



830: 本当にあった怖い名無し 2018/01/14(日) 14:13:02.46 ID:FM1KinMy0
そのババアが放火魔なのか?
防犯カメラだらけの現代では直ぐに逮捕されるだろうな。

まあ今でもキチガイには触らぬ方がよいけど。



845: 本当にあった怖い名無し 2018/01/24(水) 01:04:45.15 ID:vip/+1iM0
初詣に伊勢神宮に行ったら面白い体験した

時刻は夜中0時ちょっとすぎ、内宮の中はすごい賑わいでどこも行列が出来てたんだが、なぜか全然人が行かない道があったので行ってみたんだよ
少し歩いて橋渡った先に風日祈宮っていう社があった
他の場所は何千人も人がいて動けないくらいだったのにそこに立ち寄る人は全然いなかった
賽銭入れて祈って歩き始めたら突然ザーッと音を立てて雨が降った
え?と思ったら一瞬で止んだ
てか俺にしか降ってない
なんだこりゃ?と思って上見たら木の枝が揺れてた
まさか細い木の枝に水が溜まってたなんてこともあるまいし原因不明

まあそれだけなんだけど
帰ってから調べたら風日祈宮の祭神は風雨を司る神と知って驚いた
願いを叶えてくれるという意味だったらいいなあ



846: 本当にあった怖い名無し 2018/01/24(水) 01:24:11.80 ID:yy8jf/270
>>845
おめでとう
気に入ってもらえたんだろうね
願い事をしたのか知らないけど、いいお導きがあったらお礼にいかないとね



849: 本当にあった怖い名無し 2018/01/24(水) 16:19:08.37 ID:8i90V/FX0
>>846
ありがとう
そうだといいな
成果があったら来年は賽銭大目に入れようと思う



850: 本当にあった怖い名無し 2018/01/24(水) 21:11:03.93 ID:pcKF/aApO
>>849
>>846がお礼の事を言ってるけど、もし何か神の采配を感じるようないい事があったら
来年のお参りの際に、なんて言ってないですぐに礼を言いに言った方がいいぞ
お伊勢さんが遠方で、交通費や旅費がかかるからそうそう行けないとかかもしれないが
神様はきまぐれなんだ、すぐに礼を言いに行かないとヘソを曲げる事もあるらしい
お礼報告の場合は、賽銭が要らず、おかげさまでと感謝の気持ちでお参りするだけでいいそうだ
知り合いの宮司いわく、初詣で何か願い事をする人は多くても、願いがかなったと、お礼のお参りに来る人は少ないので
お礼に来て貰うと神様もすごく喜ぶそうだ
神様かわいいとこあるじゃんw



877: 本当にあった怖い名無し 2018/02/08(木) 01:18:02.86 ID:0bzrBUMq0
昔話みたいな話

何十年も前の事。
俺の家には月にいっぺん浮浪者が訪れた。
ばぁちゃんが出迎えて、味噌を塗った大きなおむすびと五百円を渡すと「これで風呂にも入れます」とすきっ歯を見せながら垢だらけの笑顔を見せてきた。
当時小学生だった俺も顔見知りになり、さかんに「どこに住んでるの?」「好きな食べ物はなに?」「どうして毎月来るの?」などと質問をしていた。
特に好きな食べ物に関しては毎回聞いていた。
なぜかと言うと、決まって「お前のばあちゃんのおむすびだ」と答えてくれて、俺もそれが大好きだったから誇らしかったのだ。
変わって隣の家はケチで、その浮浪者が訪れても何も渡さず塩を撒くほどだった。
さて、いつのまにか隣人は夫が仕事をクビになり、更にはどんな理由か借金も抱えるわ家は火事になるわの大惨事
比べて我が家は持っていた畑を借家にしてちょっとした財産を残せるほどに。
最後に浮浪者に会ったのは中学生の頃だっけか。
「俺はもう居なくなるが、世話になった礼は返し続ける。お前もばあちゃんのような優しい人になれ。優しいってのは偽善でもいい。誰かに感謝されるのは徳を積むことになるんだ」
と言って、それ以来姿を消した。

俺は普通のサラリーマンだが、未だに借家やマンションの経営で不労所得も多い生活を送って居る。
ほぼ無意識に募金箱に金を突っ込む余裕もある。
隣人はいつのまにか引っ越していて、気づけば床屋になっていた。



882: 本当にあった怖い名無し 2018/02/08(木) 16:21:12.52 ID:5h0wiJssO
>>877
募金箱に金を突っ込む………
何だか嫌な言い方だな
優しい人ではなく、偽善者になったんだな



907: 本当にあった怖い名無し 2018/02/13(火) 00:52:31.27 ID:mUGFz+7C0
自殺者の最後の目撃者になったことがある
うちの目の前は踏切で、毎年飛び込み自殺が起きる残念スポットだ
中学時代の俺は踏切向こうのコンビニにジュースを買いに行った
踏切前にはしょぼくれた爺さんがぼうっと立っていた
若干嫌な予感がしながらも無視してコンビニに行った
帰りも突っ立ってる
そこで足を止めて爺さんをまじまじと見る
くたびれたダウンジャケットにニット帽
疲れた顔をしていた
そこまで観察して家の門をくぐると電車の激しいブレーキ音がした
「…あの爺さんが飛び込んだのか!?」
慌てて踵を返すと停車した列車と血飛沫
遺体は見ていない
駆けつけた警察官に事情を説明するも個人情報がどうので詳細はわからなかった
それから異変は起こった
踏切でその爺さんを見るのだ
直視するわけじゃない
視界の隅に立っている
実害は無いが気味が悪い
それが高校まで続いた
高校に入るとSという変人に出会った
Sは初対面の俺に向かって「お前変なもん見えるだろ?チャンネルが合っちゃっってるんだよ。食生活を変えるとか運動するとかして日常生活を変えればチャンネルが変わって見えなくなるぞ」
と言ってくる変人だった
ともあれ言われた通り朝ランニングを始めるとその爺さんは見えなくなった

他のものは見えるようになってしまったが…
S曰く
「お前は霊感体質だな。チャンネルが広がってやがる。まぁほとんどは実害ないから気にしない事だな。悪霊なんてめったにいねぇよ」

十分迷惑してる俺を笑い者にするSは10年越しの腐れ縁になっている



931: 本当にあった怖い名無し 2018/02/18(日) 10:26:10.29 ID:yozb4vXC0
イケメンのTの家に宿泊した時の話。Tとは中学時代からの付き合い。

社会人になってお互いに仕事が忙しくて中々、時間が合わなかった。
久々の休みでTの家に宿泊する事になり、俺はじゃんけんに勝ったのでベッドで。
Tは布団を敷いて眠る事になった。

寝転がるなり叫び始めるT。
錯乱状態でベッドをギターで殴りまくるT。

ベッドの下からは50過ぎくらいのババァが出てきて俺もびっくり。
ババァを取り押さえてギターアンプのコードで縛り警察に電話するT。

警察の調べでそのババァは約7日もTの家で寝泊まりしていた事がわかり
トイレはオムツで。Tが仕事に行ったら食事を済ませ帰ってきて鍵をしてまたベッドの下へ。
という生活を繰り返していたそうだ。

後日、ババァの旦那に引越し費用などをもらったそうで引っ越した。
なんか幽霊とかの話じゃなくてごめん。



932: 本当にあった怖い名無し 2018/02/18(日) 10:47:33.55 ID:r83UVEDB0
>>931
幽霊の方がまだマシに思える薄気味悪い人怖だなw



934: 本当にあった怖い名無し 2018/02/18(日) 12:19:19.31 ID:yozb4vXC0
>>932
ババァも怖かった
錯乱したTの顔も怖かった

>>933
全然知らない人だったらしい



933: 本当にあった怖い名無し 2018/02/18(日) 11:00:10.90 ID:Fxerkezd0
ババァって知り合いなのか



947: 本当にあった怖い名無し 2018/02/21(水) 01:16:01.88 ID:9FNoeEYF0
コンビニでバイトしてた時の事
俺はどうも感じるタイプの人で、やばい場所に行くと全身の毛が総毛立つような感覚を覚える
オカルトは好きだけど、心霊スポットは勘弁
みたいな人間だ

その日、バイトに行くと店長の様子が変
それ以上に近づきたく無い、なにかヤバイ、そうとしか言えない様な感覚に襲われながらも、仕事なので仕方ない
挨拶しながらタイムカードを切っていると店長が
「やべー痛くて死ぬ。首がまわらねぇー」
と独り言を
「どうしました?」
聞くと、出勤途中でセブンに寄り、駐車場で携帯を弄ってると急に寝違えたように首が回らなくなったらしい

いや、店長、そこ数日前に駐車場で死亡事故のあった場所ですよ…とは流石に言えなかった
少し店長を避けつつ嫌々仕事をしていると、常連のおばさんが来店した

おばさんは店長を見るなり俺を隅っこに呼び出し
「店長さん憑かれてわよ…いい?あなたが祓うの。寝違えた時に腕を後ろに引っ張るといいのは知ってる?それを南無阿弥陀って心の中で唱えながら両腕を同時に後ろに引っ張りなさい。上手く行けばそれで払えるわ」と言い出した
ぶっちゃけ意味わからねえと思いつつ、このままなんかヤバイ店長と仕事をするのが嫌なので実行

ぐぐぐっと引っ張っていると?店長が「お?」と言って首を回す
「すげえ、治った!マジありがとう!」
常連のおばちゃんのおかげです
あとからおばちゃんと話をすると、腕を後ろに引っ張ると「気」の流れが良くなるのだそうだ
それが霊を退けるらしく、同じ様にヨガや整体は身体の気の流れを良くして霊に耐性を着ける一種の儀式なんだそうな

皆さんも寝違えた時は単なるものでなく、何かに憑かれたかもしれないのでお気をつけを…


転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1508062904/
ゲームの怖い噂とか教えろください

パヤオ「素人の演技こそ自然!生の演技!声優は作り過ぎ!」

【失笑!】思わず吹いたレス集合『あ、俺のはいいです』

【謎の粉】弁当業界のタブースレ

【閲覧注意】本当にやった復讐『合コンクラッシャー・呪詛』

猫の豆知識とか雑学おしえてくれ