1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:21:42 ID:wdd
貼ってってくれメンサ
思わず保存した最高の画像スレ『ガンダムコマ撮りアニメーション』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5301478.html
都市伝説

2: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:23:27 ID:dHC
巨頭オやろ



3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:24:08 ID:wdd
>>2
ヒェッ今でもわいのトラウマやわ



4: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:24:40 ID:wdd
貼るわ

「巨頭オ」
数年前、ふとある村の事を思い出した。
一人で旅行した時に行った小さな旅館のある村。
心のこもったもてなしが印象的だったが、なぜか急に行きたくなった。

連休に一人で車を走らせた。
記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。
村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、
その看板を見つけたときあれっと思った。
「この先○○km」となっていた(と思う)のが、「巨頭オ」になっていた。
変な予感と行ってみたい気持ちが交錯したが、行ってみる事にした。
車で入ってみると村は廃村になっており、建物にも草が巻きついていた。

車を降りようとすると、20mくらい先の草むらから、
頭がやたら大きい人間?が出てきた。

え?え?とか思っていると、周りにもいっぱいいる!
しかもキモい動きで追いかけてきた・・・。
両手をピッタリと足につけ、デカイ頭を左右に振りながら。

車から降りないでよかった。
恐ろしい勢いで車をバックさせ、
とんでもない勢いで国道まで飛ばした。
帰って地図を見ても、数年前に言った村と、
その日行った場所は間違っていなかった。

だが、もう一度行こうとは思わない。



6: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:25:36 ID:dHC
>>4
短い割にパンチ聞いとるわ



7: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:25:56 ID:K2g
うひゃうひゃ



10: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:26:38 ID:wdd
うひゃうひゃより双眼鏡の話がすこ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『やってくる』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586681.html




12: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:26:52 ID:wdd
みんな貼ってってや~



13: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:27:44 ID:dHC
双眼鏡は殿堂入りやろ



14: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:28:41 ID:V70
定番やが禁后とかやないか?
【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html




27: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:35:01 ID:tw@ba_mian77
最後の方に
この文章を読んだ貴方にも災いが降り懸かるやで~ みたいなんが書いてある
視聴者巻き込み型の怖い話嫌いや



33: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:36:23 ID:7ke
>>27
ぐう分かる
読んだ後に隣の部屋から物音聞こえたりするとぐうビビる



39: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:39:54 ID:wdd
>>27
ぐうわかる
それでちょっと飛ばして読んだりすると最後に「最初から最後までちゃんと読まんと呪われるやで~」とか書いてあったりする



28: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:35:11 ID:V70
巨頭オって廃村のやつやったか
廃村繋がりやと都市伝説だったかの「この先日本国憲法適用せず」みたいなのあった気がするんやが



30: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:35:49 ID:cJI
不二家と言えば、日本が誇る有名なお菓子メーカーですが、
その中でも、ミルキーはロングセラー商品ですよね。

そして、不二家と言えば、ペコちゃん。

不二家のペコちゃんが舌を出している恐ろしい理由・・・

この舌を出した愛嬌のある絵は有名だと思います。

・・が、この舌を出しているペコちゃんに、
実は恐ろしい都市伝説が隠されているというのだ。

まず、ペコちゃんには、
モデルになった少女がいると言われています。

そのモデルというのが、戦時中の少女。

その少女は母親と二人で暮らしていて、
時代が時代だけに貧しい暮らしをしていたそう。

そして、そのひもじさから娘を救うため、
母親は自分の腕を切り落とし、娘に食べさせたんだとか。

更には、その味が忘れられず、
その少女は母親を殺して食べてしまう・・

こういった都市伝説が語られています。

それに付随して、舌を出している様は、
口の周りに付いた血を舐めとっていると言われています。



31: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:35:58 ID:cJI
で、この話には割と信ぴょう性があり、
この話を聞いた不二家の社長が、そういった少女が生まれないような時代にしたい、
という思いがあり、ペコちゃんをマスコットにしたのだとか。

つまり、裏設定的な都市伝説というよりも、
そういう少女を生み出さないためのある種の象徴や願いとして、
ペコちゃんが生まれた訳ですね。

そして、これに関連して、もう一つ都市伝説があります。

上述したように、不二家といえば、
ミルキーが一番有名なお菓子ですよね。

そのミルキーに、こんなキャッチコピーがあるのを知っていますか?

それが・・・

「ミルキーはママの味」

ここまでの文脈を考えてもらったら分かると思いますが、
ママの味というのを懐かしい味だとなんとなく思っていたけど、
本当の意味でのママの味なんじゃないかと。

そういう風な解釈も出来ますよね。

そして、このミルキーというお菓子の名前ですが、これを反対から読むと・・・

「キルミー」=私を殺して

という言葉になります。

これは自分の腕を切り落として娘に食べさせた母親の、
私を殺して食べなさいという意味を暗に込めているのでは?と言われています。

日本を代表するお菓子メーカーにしては、
なかなかおぞましい都市伝説ですよね。



35: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:37:53 ID:NCT
>>30
キミこれ信じてるの?
だったらキモイね



352: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:37:07 ID:xe5
これや

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/07/13(金) 04:00:57.08 ID:○○○○○○○○

前に偶然視聴した深夜アニメで今思い出してもぞっとするほどのシーンがあったんだが
ネットのオタク系の知り合いの誰に訊いてもそんなアニメ知らないって返事しか返ってこない
「けいおん」が流行りだすかどうかって頃の事

35 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2012/07/13(金) 04:02:20.74 ID:○○○○○○○○

どんなアニメだよ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/07/13(金) 04:16:52.84 ID:○○○○○○○○
>>35

青っぽい制服だったから学園もの?なのかな。
男女それぞれ数名いたように記憶してる。
一人、凄く変なキャラクターがいたんだよ。
そいつの目が特徴的で、黒い髪の下についてる目が

 ・ ●

こんな感じに左右で大きさが全然違ってた。
左がやたらでかく右は胡麻粒ほど。
そいつの顔が突然どアップになって、そこそこ長い時間
次のシーンに切り替わらないまま画面にへばりついてた。
しばらくボーっと眺めたんだけど、不意に恐ろしくなってテレビの電源落とした。
でまあ、それを数人に聞いたんだが誰もそんなの知らないよって話ね



357: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:42:56 ID:IqP
>>352
怖っ



34: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:37:47 ID:WWb
これは?
おんj発やぞ

20 :■忍法帖【Lv=3,バラモス,8Xq】 :2016/01/11(月)04:29:13 ID:y7J
蝉の泣き声
小学生の頃は虫が大好きで、
特に蝉の羽化を図鑑で見てからはその美しさや不思議さに心を奪われ、強い憧れを抱いていた。
親父も俺の興味に理解を示してくれて、夏休みのある日、羽化を始めそうな幼虫を探しに夜の林へ連れて行ってくれた。
そこは祖父が持つ土地にあり、親父もよく知った場所らしかったが、初めて立ち入る真っ暗な林はかなりの恐ろしさだった。
蝉はなかなか見つからず、ビクビクしながらも一時間以上粘ってようやく、羽化しかけの幼虫を見つけることができた。
恐怖心は一気に吹き飛び、息を潜めて見守っていると、薄緑色の体がゆっくりと露わになってくる。
ところが、半分ほど出てきたあたりから、様子がおかしいことに気付きはじめた。
目は左右の位置がずれていて大きさも非対称だし、体もところどころ窪んだように潰れている。


21 :■忍法帖【Lv=3,バラモス,8Xq】 :2016/01/11(月)04:29:59 ID:y7J
翅のうち片方は広がっていく気配を見せないどころか、途中でポロリと取れてしまった。
この蝉は成虫になる前に死んでしまう。そう思い至ると、恐怖心が再び蘇ってきた。
それでも目を離せないでいると、歪んだ体のまま脱皮を終えた蝉が、苦しそうに身をよじらせ、ビクビクと痙攣しだした。
もう見ていられないと目を離そうとしたとき、ひときわ大きく震えたその蝉は、
呻くような低い声で「嫌だああああああああ」と叫んで、動かなくなった。
思わずしがみついた親父の顔もひきつっていて、小さく帰ろう…と呟いた。
子供心にもあり得ない、勘違いだと思ったが、この日から虫が大の苦手になってしまって、
親父も弟が虫をとってくるといい顔をしないようになった。



38: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:39:22 ID:NCT
>>34
蝉が人の言葉喋るわけないやろ陳腐すぎる



41: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:41:12 ID:Zcq
なんか声に出して読むとその物語のモンスターが来る!みたいなやつあったよな



44: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:41:36 ID:V70
>>41
トミノの地獄?



49: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:42:37 ID:Zcq
>>44
それちゃう
なんか坊さん?が来るとかなんとか



51: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:43:22 ID:V70
>>49
ちゃうんか
となるとワイは知らん話やな……気になるやで



50: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:43:03 ID:wdd
>>41
ワイの顔が既にバケモンなんだよなぁ



48: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:42:24 ID:PX6
タクシーの運転手をしていたNさん(仮名)は、ある日の夜に全身を赤で統一した女性を乗せました。
この女性がまた美人なもので、Nさんは気になっていろいろと話かけてみるものの、女性は目的地を言ってからはずっと黙りこんだままです。
そうこうしているうちに、目的地である彼女のアパートに到着して、女性は部屋へと帰っていきました。

彼女への興味が抑えきれないNさんは、つい彼女の部屋の前まで行ってしまい、ドアのレンズを覗きこんでしまいます。
ですが覗いてみると、部屋の中も全て真っ赤。
本当に赤が好きなんだな、という情報以外にはなにもキッカケが掴めないまま、Nさんは会社へ戻りました。

それから何日か経ったある日、同僚が幽霊話をしていた輪にNさんも参加します。
話を聞いてみると、どうもあの全身真っ赤な女性の話をしているようなのです。

「あの女性は幽霊だったのか…そんな感じもしなかったけどな…」と思っていると、その女性の顔を見たという同僚が
「あの幽霊、格好だけじゃなく目も真っ赤だったな~」
と言いました。

そこでNさんは気づきました。
部屋を覗きこんだ時に真っ赤だったのは、あの女性もレンズからNさんを覗きこんでいたのです。



55: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:45:40 ID:IbD
>>48
これより隣の部屋が赤いやつのが好き



59: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:46:38 ID:NCT
>>55
つかそれのパクリやろこれ



56: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:45:41 ID:wdd
>>48
駄作



60: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:47:14 ID:PX6
一週間前の話。
娘を連れて、ドライブに行った。
なんてことない山道を進んでいって、途中のドライブインで飯食って。
で、娘を脅かそうと思って舗装されてない脇道に入り込んだ。

娘の制止が逆に面白くって、どんどん進んでいったんだ。
そしたら、急にエンジンが停まってしまった。

山奥だからケータイもつながらないし、車の知識もないから娘と途方に暮れてしまった。
飯食ったドライブインも歩いたら何時間かかるか。

で、しょうがないからその日は車中泊して、次の日の朝から歩いてドライブイン行くことにしたんだ。

車内で寒さをしのいでるうち、夜になった。
夜の山って何も音がしないのな。
たまに風が吹いて木がザワザワ言うぐらいで。

で、どんどん時間が過ぎてって、娘は助手席で寝てしまった。
俺も寝るか、と思って目を閉じてたら、何か聞こえてきた。

今思い出しても気味悪い、声だか音だかわからん感じで「テン(ケン?)・・・ソウ・・・メツ・・・」って何度も繰り返してるんだ。
最初は聞き間違いだと思い込もうとして目を閉じたままにしてたんだけど、音がどんどん近づいてきてる気がして、たまらなくなって目を開けたんだ。

そしたら、白いのっぺりした何かが、めちゃくちゃな動きをしながら車に近づいてくるのが見えた。
形は「ウルトラマン」のジャミラみたいな、頭がないシルエットで足は一本に見えた。
そいつが、例えるなら「ケンケンしながら両手をめちゃくちゃに振り回して身体全体をぶれさせながら」向かってくる。

めちゃくちゃ怖くて、叫びそうになったけど、なぜかそのときは「隣で寝てる娘がおきないように」って変なとこに気が回って、叫ぶことも逃げることもできないでいた。
そいつはどんどん車に近づいてきたんだけど、どうも車の脇を通り過ぎていくようだった。
通り過ぎる間も、「テン・・・ソウ・・・メツ・・・」って音がずっと聞こえてた。

音が遠ざかっていって、後ろを振り返ってもそいつの姿が見えなかったから、ほっとして娘の方を向き直ったら、そいつが助手席の窓の外にいた。
近くでみたら、頭がないと思ってたのに胸のあたりに顔がついてる。
思い出したくもない恐ろしい顔でニタニタ笑ってる。




61: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:47:21 ID:PX6
俺は怖いを通り越して、娘に近づかれたって怒りが沸いてきて、「この野郎!!」って叫んだんだ。
叫んだとたん、そいつは消えて、娘が跳ね起きた。

俺の怒鳴り声にびっくりして起きたのかと思って娘にあやまろうと思ったら、娘が

「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

ってぶつぶつ言ってる。

やばいと思って、何とかこの場を離れようとエンジンをダメ元でかけてみた。
そしたらかかった。

急いで来た道を戻っていった。
娘はとなりでまだつぶやいている。

早く人がいるとこに行きたくて、車を飛ばした。
ようやく街の明かりが見えてきて、ちょっと安心したが、娘のつぶやきが「はいれたはいれた」から「テン・・ソウ・・メツ・・」にいつの間にか変わってて、顔も娘の顔じゃないみたいになってた。

家に帰るにも娘がこんな状態じゃ、って思って、目についた寺に駆け込んだ。
夜中だったが、寺の隣の住職が住んでるとこ?には明かりがついてて、娘を引きずりながらチャイムを押した。

住職らしき人が出てきて娘を見るなり、俺に向かって「何をやった!」って言ってきた。
山に入って、変な奴を見たことを言うと、残念そうな顔をして、気休めにしかならないだろうが、と言いながらお経をあげて娘の肩と背中をバンバン叩き出した。

住職が泊まってけというので、娘が心配だったこともあって、泊めてもらうことにした。
娘は「ヤマノケ」(住職はそう呼んでた)に憑かれたらしく、49日経ってもこの状態が続くなら一生このまま、正気に戻ることはないらしい。
住職はそうならないように、娘を預かって、何とかヤマノケを追い出す努力はしてみると言ってくれた。
妻にも俺と住職から電話して、なんとか信じてもらった。

住職が言うには、あのまま家に帰っていたら、妻にもヤマノケが憑いてしまっただろうと。
ヤマノケは女に憑くらしく、完全にヤマノケを抜くまでは、妻も娘に会えないらしい。

一週間たったが、娘はまだ住職のとこにいる。
毎日様子を見に行ってるが、もう娘じゃないみたいだ。
ニタニタ笑って、なんともいえない目つきで俺を見てくる。
早くもとの娘に戻って欲しい。

遊び半分で山には行くな。



67: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:50:32 ID:wdd
正直ヤマノケってそんなに怖いか?巨頭オのが好きやわ



68: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:50:38 ID:Zcq
わかる



69: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:50:52 ID:PX6
私が初めて自分の携帯電話を持ったのは、中学2年生の時です。
それからずっと十数年程、携帯番号は変わらずにいたのですが、つい先日とても恐ろしい事があったので番号を変えてしまいました。

その出来事は夜中1時過ぎに起きました。
まだ眠くなかった私は布団に潜り込みながら、携帯をいじっていたんです。
すると突然電話帳に登録していない、知らない番号から電話がかかってきました。
普段なら登録していない番号、しかもこんな夜中の電話は怪しんで取る事はないのですが、つい手が滑り電話を取ってしまいました。

すぐに切ろうと操作しようとした瞬間、電話の向こうで誰かの声が聞こえました。
結構大きな声で話しているようで、携帯を耳に当てなくても聞こえます。

「…に、…と…に、」

恐らく女性だと思いますが、甲高い声で何かを話しているようです。
もしかしたら間違い電話かもしれない、知人が番号を変えて何か訳があってかけてきたのかも、と思ってもっとよく聞こうと携帯を耳に近づけました。
すると不思議な事にブツンッと向こうから電話を切られたのでした。
何だったんだろうと思いましたが、その日はあまり気にせず眠りにつきました。

しかし翌日から、毎回同じ時間に同じあの番号から電話がかかってくるようになったんです。

2回目の着信時はすぐに取ってこちらから「もしもし、誰?」と問いかけました。
でも相手の声は大きいはずなのに言葉が不明瞭でどうしても何を話したいのか聞き取れなかったんです。
5~6回電話を取りましたがいつもこんな様子なので、悪戯電話だと思って次からは着信できないように着信拒否設定にしました。
すると驚いた事に別の番号から電話がかかってきたんです。

その状態が2週間程続いたでしょうか、何度着信拒否しても番号を変えてかけてくる電話に、次第にイライラしてきました。
だから電話がかかってきた時に、つい大声で「もう止めて!しつこい!」と叫んだのです。
そうしたら向こうから電話を切る音が聞こえました。

ああ、これでもうかかってこないといいなと思った次の瞬間、また電話がかかってきてしかもボタンを何も押していないのに電話が繋がったのです。

え!どういう事?と思考が停止していると勝手にスピーカーフォンに変わり、向こうの音が聞こえてきました。

「…に、…と…に、…って」

あの時のように何か話しています。

「い…に、わた…と…いっしょ…って…」

段々と話す言葉がはっきりと聞こえてきました。

「一緒に死ぬって言ったのに私と一緒に死ぬって言ったのに嘘つき嘘つきお前もこっちにこい連れてってやるお前の所に行くぞ逃がさな」

ガシャン!
怖くなった私は携帯を床に放り投げました。
当たり所が悪かったのか携帯の画面は割れて、でもそのおかげか通話は切れていたので携帯をそのままにして夜通し起きて、朝になったらすぐ携帯ショップへ行って機種変更と番号変更をしました。

あれ以来あの恐ろしい電話はかかってきません。
でももしも次にまたかかってきたら…私は今度こそあちらに連れて行かれるのかもしれません…。



70: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:50:57 ID:JAq
リアルは最後が蛇足



80: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:55:18 ID:PX6
その昔、貧しかった村の若者2人が町へ出稼ぎへ向かった。
とにかく働いた2人は
「これでしばらくは稼ぎにこなくて済むな」
というくらい富を蓄え、村へ帰ろうとしていた。

ところが欲の深かった片方の男は、その稼ぎを独り占めしようと企む。
そして村への帰り道の山で、もう一人の若者を殺してしまった。

それから数年後。稼ぎも底をついた欲深い若者は再び町へ出稼ぎに向かうことにした。
するとその道中、どこからか歌声が聞こえ始める。
「こんな山奥で誰が歌っているんだ?」
歌い主を探して茂へ入ってみると、そこには人の骸骨が横たわっていた。
なんと驚くことに、その骸骨が歌を歌っていたのだ。

「これは面白い。殿様へ見せたら、一儲けできるのではないか。」
そう思った欲深い若者は頭蓋骨を抱えて、町へと向かった。

町へ着くと早速、殿様の元へと足を運んだ若者は歌う骸骨の話を持ちかける。しかし当然ながら、そんな話は誰一人信じようとしない。
そこで欲深い若者は
「それではもしこの骸骨が歌ったら、私の望む額のお金を頂きたい。もし歌わなかったら、私の首を差し上げます。」
と賭けをした。
殿様は「ほう、面白い」と賭けに乗ってきた。

そして欲深い男が、骸骨へ歌を歌うように催促するも、うんともすんとも答えない。
「一体どうしたっていうんだ。ほれ、歌ってみろ!」
一向に歌わない骸骨に痺れを切らした殿様は「どうやら賭けは私が勝ちのようだな。」と言って、約束通り欲深い若者を打ち首にした。
するとその途端、骸骨が喜びの歌を歌い始めた。

その骸骨は、欲深い男が殺したもう一人の若者だったのだ。



85: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:57:55 ID:wdd
>>80
なんか知ってるわ
歌うしゃれこうべやっけ?



82: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:56:07 ID:JAq
放課後、友人3人とこっくりさんをやってみることに。
最初から半信半疑だったが、アルファベットの上の10円玉はやっぱり動かない。

俺が『もう帰ろうか』と指を離すと、
友人Aに『馬鹿!お前こっくりさんの終わらせ方知らないのかよ!』と凄い剣幕で怒鳴られた。
え?え?と慌てふためく俺。他の2人にもなんか真剣な顔で睨まれる。
10円玉を通じて会話をしないだけで、こっくりさんは 『きていた』 かも知れないらしいのだ。
とりあえずもう一度指を置く。指を離す前に、こっくりさんに帰ってもらわないといけなかったらしい。
『 こっくりさん こっくりさん お帰りください・・・ 』 祈るように繰り返す。
磁石に引っ張られるような感じで、10円玉が動き出した。

K・・・ O・・・

友人の顔を見回すと、みんな青ざめた顔で10円玉から目を離せずにいる。
とても誰かがわざと動かしているようには見えない。

R・・・ O・・・

階段から足音が聞こえた。みんな顔を見合わす。
先生か?いや、これは人間の足音じゃない。上手く言えないけど、生気を感じない足音だ。

S・・・ U・・・

みんなガタガタ震えだした。足音は確かに近づいてくる。
すぐにでも逃げ出したいのに、指が10円玉から離れない。10円玉は止まらない。

K・・・ E・・・

振り向くとコロ助が立っていた。空気読め。殺す気か。
コロ助だけに。



83: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:57:36 ID:V70
>>82
これすき



88: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)19:59:27 ID:PX6
あるタクシーの運転手が深夜に人通りの少ない道を走ってたら、不気味な女がぽつーんと立っていて、タクシーに向かって止まるように合図をしてきた。

少し君が悪かった運転手だが、一応その女をタクシーに乗せた。
するとその女の行き先は、深夜の時間帯に行くはずのない山奥だった。
運転手は「あーこれあれだわ、幽霊だわ、途中からいなくなってシートが濡れてたりするパターンのやつだわ」
と思ったが、一応その行き先へ向かった。

数分後、後ろの席を確認するとまだ女は座っていた。
運転手はまだいるんかい、と思いつつタクシーを走らせた。

数分後、また後ろの席を確認すると、まだ女は座っていた。
運転手はいつまでいる気なんだよと思いつつタクシーを走らせた。

山奥の近くに差し掛かった時に、後ろの席を確認した。まだ女は座っていた。
「おいおいこいつ人間だったのかよ、何しに山奥行くんだよ」
とタクシーの運転手は思った。

そして目的地に到着して、代金を請求しようと後ろを振り返ると女はいなくなっていた。

あーこれあれだわ、幽霊と思わせて人間と思わせてやっぱ幽霊のやつだわ…色々しんどいやつだわ…
と思い、長距離の疲れからぐったりしていると
「見つけてくれてありがとう…」
という不気味な声が聞こえた。

びっくりして前を向くと、その女が首を吊っていた。



90: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:00:35 ID:IqP
誰かこの話持ってるやつおらんか昔稲川淳二の怪談番組で誰かが話してたやつなんやが

山の中に顔のない地蔵があってそれを見た人が次々死んでいくっていうしかも一人死ぬ度に一つづつ顔なしの地蔵が増えていくんや



98: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:02:46 ID:mna
松本の○○な話の怖いやつすきやったわ
面白いやつも混じってて飽きずに見られた
人志松本のゾッとする話でランキング作ったから見てや
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5257738.html




106: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:04:46 ID:WBh
>>98
ゾっとする話まじですこ



109: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:05:51 ID:PX6
これは私の子供がまだ小さかった頃の話です。

上の子(当時9歳)の幼稚園時代の集合写真を見ていた時のことです。たまたまアルバムに入れ忘れたものだったのですが、それを何気なく下の子(当時3歳)に見せました。
すると、下の子がずっとある女の子を指さしているのです。

クラスは28人で、女の子も14人くらいはいるのですが、何故かその女の子だけずっと指すのです。
たまたま気になったのかなと不思議に思いながらも、その写真は自分の部屋の机の上にぽんと置いておきました。
ちなみに上の子と下の子は6歳離れているので、下の子が上の子の幼稚園時代のお友達を知る事は不可能です。

それから何日か経ち、ジジとババが家へ遊びに来ました。そのときになんとなく写真の話をしました。
そしてその写真を下の子の前に持って来て
「女の子をもう一度指差して」
とお願いしました。

初め下の子は「イヤだ」と拒否をして、なかなか指してくれませんでした。
私が何度も言うと渋々指をさしてくれたのですが、やはり同じ女の子の顔を今度はぐりぐりと指しました。
嫌なのに無理強いしたからそんな指し方をしていたのかと思った矢先、下の子が慌ててリビングと洗面台につながる扉を閉めにいったのです。

そして
「くるよ」
と言うのです。

えっ…と思って「何がくるの?」と聞くと、「女の子」と答えます。
妙に嫌な感じがした私は話を切り替えて写真をアルバムの中に入れ、もう見ないようにしました。

そして数日後。下の子とお風呂に入っている時でした。

私が髪を洗い終えて目を開けると、下の子がお風呂の端を指し
「いるよ」
と言うのです。

当然、その空間には何もいません。
私は怖くて下の子とすぐにお風呂から出ました。

下の子はその後も2、3回ほどお風呂場の端を指すことがありました。
そこで盛り塩を置いたところ、変に空間を指すことはなくなりました。

私は幽霊など見えないし、見たこともないので、話が本当かどうか分かりません。
もう下の子も大きくなり、その時の記憶がないようなので真意を聞くこともできません。
何かの偶然かもしれないし、単なる子供の戯言だったのだろうと私は思っています。
ただ下の子が指していた女の子ですが…お母さんと連絡が取れないのが今では気がかりです。



111: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:06:45 ID:mna
たしかジュニアかなんかの話で
あるある探険隊の西川くんじゃないほうのやつが、番組に出るための面白い話聞かれて、西川きよしの天然エピソードみたいなん話してめっちゃおもろいやん!てなったけど
それはまったくの作り話だったみたいなやつすき



115: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:08:06 ID:WBh
>>111
でた!ワイゾっとする話で一番ぞっとしたわあれが
ほんまにヒエッ...ってなったわ



119: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:09:22 ID:mna
>>115
笑いと恐怖は紙一重を地でいってた傑作やあれは



122: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:10:23 ID:kJI
>>111
アレホンマ草



131: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:13:23 ID:wdd
>>122
ヒェッ……………………



116: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:08:17 ID:wdd
まぁワイは怖い話すこやけど普通ににわかやから
もっとみんな貼ってや~~~



124: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:10:53 ID:IqP
つーか地蔵の話の詳細知っとる人おらんか~残念



138: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:15:58 ID:PX6

144: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:17:55 ID:IqP
>>138
おーサンガツ



132: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:13:54 ID:j1P
最近ので言えば大杉漣さんの知恵袋のやつが怖いというか気味が悪かった
大杉漣さんの急死についてオカルト情報が
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5334008.html




133: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:14:15 ID:IqP
>>132
ハラハラドキドキ



155: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:19:58 ID:j1P
>>133
「大杉漣の死亡日は」っていう質問があったんやが知恵袋のベストアンサーは質問から1週間以内の回答から選ばれるんや
んでその質問が投稿されてちょうど1週間後に大杉漣さんが亡くなったって話
偶然やろうが質問の意図が意味不明で気味が悪い



134: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:14:44 ID:mna
そもそも知恵袋のやつらがすでに怖いからしゃーない



135: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:15:34 ID:wdd
おんJ発で怖いのは「私の知りませんか?」(タイトルうろ覚え)やと思うンゴ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1438699865/




145: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:18:02 ID:3Pe
>>135
おんJのやとこれがシンプルですこ

109 :名無し :2017/06/16(金)19:41:14 ID:qel ×
ワイ、何年か前にめっちゃ安い部屋に住んどったんや。都内1kで8000円
んでよくみると天井にさ
おれのおかげ
って書いてるんや
何やこれシュールやなって思っとったんやけど
誰が何の意味をもってそれを書いたのか?って考えたらちょっと気味が悪くなった事があったわ



147: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:18:27 ID:IqP
>>145
怖すぎて草はえる



149: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:19:13 ID:NCT
>>147
どういうこと?



150: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:19:22 ID:GKC
>>149
事故物件



156: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:20:14 ID:NCT
>>150
いやよう分からん
もうちょい詳しく



157: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:20:29 ID:GKC
>>156
死んだやつが書き残した



163: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:21:48 ID:NCT
>>157
????
狙ってないんやマジで意味わからん
詳しく説明してくれ



170: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:22:40 ID:D8h
>>163
家賃安いのはワイが死んで曰くつき物件になったからやで!
ってことや



142: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:17:02 ID:GKC
魚を食ってて妙に硬い骨があったので出してみると

自分のではない『人間の歯』だった



152: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:19:47 ID:R1A

俺の地元は山奥で、赤い果実が有名だ。
秋になると、村の南にある講堂に皆が集い、音楽を奏でる宴を開く。
そこでは、人だけでなくいろんな噂も集まってくる。これはその中の一つの話。

とある村人が山道を登っていたら、大きな石にぶち当たった。
昨日までなかったはずの、その石の佇まいに、村人は悲鳴を上げ山をにしわけた。
下りてから、出会った男に事情を説明した。男は一言「そのなみ、しやり」とだけ言い、山に入っていった。
次の日、村人が同じ山道を行くと、大きな石は無くなっていたが、そこには掌の形に束ねられた木の枝が落ちていたという。

宴でこの話を聞いた人々は、皆にやりと笑い、海沿いの一つの家を指差し、意地悪く囁きあう。
その家は、かつて漁師が住んでいたが、現在は空き家だ。
恐らく数ヶ月後には取り壊されるが、そうすればこの噂も風化してしまうだろう。



167: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:22:01 ID:mna
no title

昔この心霊写真がまばたきするってやつがすげえ怖かったわ
今見たらしょーもなってなるけど当時はやばかった



169: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:22:37 ID:wdd
>>167
あかん
見れへん
こわい



200: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:44:58 ID:wdd
今さっき姦姦蛇螺よんだわ
すげぇな、これ



216: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:52:32 ID:3g0
512 :本当にあった怖い名無し:2007/02/11(日) 16:32:25 ID:YjsEVQZl0
現在も住んでいる自宅での話。

今私が住んでいる場所は特に曰くも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので、
この家に住んでいれば、恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。
ここ最近ですが、リビングにいると昼夜を問わず、女性の低い声で鼻歌が聴こえてきます。

「ん~…ん~ん~…」

最初はよ~く耳をすまさなければ気づかないほどに、遠くから聴こえてくるのですが、
放っておくとどんどん近づいてきます。

「ん~…ん~ん~…」

それでも放っておくと、意識を集中しなくても聴こえるほどに近づいてきます。

「ん~…ん~ん~…」

なので私は、その声に気づいたら、いつも般若心経の最後の部分を繰り返し唱えるようにしています。
(これしか知らないもので……)
とにかく般若心経の「ぎゃーていぎゃーてい」のくだりを唱え続けると、声はだんだん遠ざかっていきます。

このリビングではテレビにも集中できません。
声が聴こえ始めるのは完全に不定期ですし、
早く声に気づいて般若心経を唱え始めなければ、時としてそれは部屋にまで入ってきます。
「ん~…ん~ん~…」

そういえばこの前、大好きなバンドのニューアルバムが発売されました。
発売日を楽しみにしていたので、お店で買った時はもうテンション↑↑
さっそく家に帰ってヘッドフォンで聴いて、一通り聴き終え、
よかったな~と余韻に浸りながらヘッドフォンを取ったら耳元で

「んーーーーーーーーーーーーーーー」って。



218: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:53:52 ID:D8h
>>216
これこわくてきらい



223: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:54:44 ID:j1P
1988年(昭和63年)3月18日、愛知県名古屋市中川区のアパートに会社員(当時31歳)の男性が帰宅。室内で、妻である臨月の妊婦(当時27歳)が殺され、赤ん坊が泣き叫んでいるのを発見した。

妻は両手を縛り上げられており、首に電気コードを巻かれ、絞殺されていた。死体は、薄い鋭利な刃物で、みぞおちから下腹部にかけて縦38センチにわたって切り裂かれていた。

彼女の足元には、赤ん坊がへその緒をつけたまま泣き叫んでいた。犯人は妊婦を絞殺後、胎児を生きたまま取り出してへその緒を刃物で切断し、子宮にコードを切り離したプッシュホン式の電話の受話器と、キャラクター人形のついたキーホルダーを入れた後、妻の財布を奪って逃走した。

取り出された胎児は男の子で、太ももの裏、ひざの裏、睾丸の3箇所を刃物で切りつけられていたが、病院で約1時間の手術を受け一命を取り留めた。

なお、絞殺の凶器は別の物であり、首に電気コタツのコードが巻かれたのは死後とされている(コンセントが刺さっていた状態で発見された)。



229: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)20:56:39 ID:j1P
>>227
現実は小説よりを地でいく事件やと思うわ



243: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)21:02:48 ID:3g0
池田小児童殺傷事件の犯人、宅間守の母親が彼を身ごもった際、夫に言った言葉。
「なあ、お父ちゃん。これ(守)、あかんわ。私、堕ろしたいねん。ほんま、あかんわ。」



245: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)21:03:42 ID:IqP
>>243
やっぱ母体の方がそういう話多いわね



246: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)21:04:48 ID:wdd
ヒェッ



292: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)21:57:30 ID:GKC
渦人形すき
【洒落怖】洒落にならない怖い話『ひょうせ・渦人形』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586584.html




296: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:01:49 ID:xe5
すっげー昔のガチ話な
俺の実家はA県H市なんだけど殺人事件があったんだ
生まれる前だったんで人から聞いた話

場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学生、金欲しさの犯行
家主が外出した後忍びこみ、丁度帰宅したところで見つかったため
台所の包丁(だったと思う)で刺殺
かなり酷い殺され方でかなり話題になったらしい


それから数年後
事件の記憶も薄れそこのアパートをDQN高校生が借りていたんだ
田舎の港町で気性の荒い連中が多い地域のDQN達だから
喧嘩、窃盗、シンナーは当たり前のような連中
ある晩も集まって騒いでいた
しかし、いつも以上に急に騒ぎ始めたので隣の住人が「シンナーでも吸ってんのか?」と思い、
怒鳴りこんだらしい

そして、隣の住人がドアを開け一歩踏み込んだ瞬間
目にしたのは部屋の中で踊り狂う血まみれの女と窓から飛び出していくDQNの姿
DQNは大声あげて逃げて行き、隣の住人は腰が抜けて動けなかったそうだが気がついたそうだ
その血まみれで踊り狂っているのはその部屋で数年前に殺された女性・・・

その後、逃げ出したDQNの一人が警察に連絡し
大騒ぎになり新聞にも載ったそうだ




297: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:02:03 ID:xe5
っで、これは以前バイトしたときに聞いたんだが
俺に聞かせてくれた先輩がその時のDQNの一人で詳細に話してくれた
その晩、よく集まる仲間で麻雀をうっていたそうだ、
絶対にシンナーは吸っていないし幻でもないと断言していた

ちょっと盛り上がってきた深夜にふと一人が急に「うあっ」と大声を上げ
まわりの連中は「うるせーwww」「なんだよwww急にwww」と囃し立てたが
大声を上げた男は真っ青な顔をしながら窓を指差し
「幽霊だっ!!」
と叫びながら壁際に這いずりながら下がっていった
それを見た他の連中も、半分はノリと半分はつられて何気に窓をみると
空中で女が踊っているのを目にしたそうだ

「なんだあれ」「うあああああ」などと叫び大騒ぎになった瞬間
女が飛んで窓にへばりついてきたそうだ
こうなるともうパニック以外形容しようがない状態で大騒ぎしていると、隣の住人が怒鳴りこんできた

その瞬間、窓にへばりついていたはずの女は消え、
玄関から入ってきて部屋の中で踊り狂い先輩とDQNたちは窓から飛び降りて逃げたが、
どこを道走ったのかその後の記憶はないらしい
気付いたら明け方近くで警察に事情聴取うけていたそうだ


何故この話を聞くことができたかというと
3~4年前におきた一家殺して自殺という事件の犯人が、
昔、事件をおこした小学生で報道を聞いて急に思い出したらしい
俺に話してくれてる時も普段は血色の良い顔が青白くなって語ってたのが印象的だった


探せば新聞記事とか出てくるかもしれん



298: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:06:10 ID:kJI
青森のアパートってコレか
前半は不思議な話やな



300: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:07:23 ID:xe5
この話の面白い?ポイントは一応実際に事件が起きてるところやね



301: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:08:41 ID:j1P
>>300
マ?小学生やばすぎやろ



302: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:09:20 ID:xe5
昭和50年(1975).12.21〔小5が女店員を刺殺〕
 青森県八戸市で、おばのところに遊びに来た小学5年生(11)が同じアパートの女店員(29)が外出したのを見て部屋に侵入、テーブルのうえの5万円を盗もうとしたが戻ってきた女店員が「泥棒」と叫んだため台所の庖丁で数回刺した。
逃げようとすると女店員が血だらけになったまま捕まえようとしたので、台所の別の庖丁で合計20カ所刺して殺害、逃走したが翌日空腹で戻って捕まった。2年前に友達の家で火遊びをして3軒全焼している。成績は中くらいで内気だった。
http://kangaeru.s59.xrea.com/50.htm#1975.12.21



304: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:09:49 ID:D8h
>>302
これマジ?



305: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:09:55 ID:IqP
>>302
これ。元に作られたんかね怖ヨ



307: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:13:29 ID:xe5
>>305
かもしれん
あと、この事件自体には続きがあってこの犯人の少年は2007年6月28日に家族殺した後に自殺してる



306: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:12:47 ID:j1P
心霊番組増えて欲しいわ
投稿映像集とかやなくてちゃんと作った再現ドラマで
アンビリバのこれとかすこ
https://youtu.be/HUrqNzRJQIs





308: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:16:46 ID:kJI
>>306
わかる
自称霊能者と行く心霊スポットとかいらん



310: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:17:03 ID:Fsf
いつもの

月の大きさが日に日に大きくなってるのに、世界中の人間がそれに気付いていない。
ここ一ヶ月、それが顕著になってきている。

最初に気付いたのは10年以上前だったんだけど別に放っておいたんだ。特に損も得も無いし…。
おおげさだけど墓場まで持っていくつもりだった。

最初は2年くらいだった。そのくらい経ってふと気付くと10kmとか20kmとか増えてるくらいだった。月や星の科学誌が好きだったんだよ。
別に空を見て分かる大きさじゃないし、本やネットで調べてるだけだから。
技術が進歩して計測の誤差や本の誤植が修正されてるんだろうくらいに思ってた。

でもどんどん大きくなってるんだよ。確実に月の直径が増えている。
気付いてからは科学博物館に行って確認もしたし、NASAのページもチェックしている。
そういった「公的な記録」の中の月の直径が気付くたびに大きくなっているんだよ。

もちろん一般的な人は月の直径なんてよく分からない人の方が多いだろうと思うけど、10年間も積もり積もって大きくなっているのは100km、200kmの話じゃあ無いんだよ。そんな桁の話じゃあ無い。

でも大きくなってる事よりもっと怖いのは、誰もそれを認識していないっていう事だ。
みんな当たり前のように「月の直径は3474km」という事を受け入れている。

それで気付くたびに記録の中の月の直径が増えている。なおかつ「昔からその大きさで計測されていた」事になってるんだよ。



324: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:24:14 ID:IqP
>>310
これホンマに大きくなってるんか?ヤバイな



314: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:20:42 ID:j1P
アンビリは再現映像が普通に怖い上に資料とか出すからホラーとして良質やと思うわ



361: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:55:12 ID:YDQ
>>314
ムサカリ絵馬のラストは卑怯
ゆうたくんは拍子抜け
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18515003





330: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:26:19 ID:PQX
このコピペが狂っていて怖い

小5ぐらいの頃
同級生の女子が画ビョウ探してたから
自分と友達が何度も○○さん、廊下にあるよって
声かけたんだけどずっと画ビョウは?画ビョウ?
って言いながら画ビョウを探してた

○○さんの友達に
喪女ちゃん、教えないでって
口パクと目で合図されて
黙ってればよかったんだけど
なぜか自分はトイレにあるよって
言ってしまった
友達も自分のマネしてトイレにあるよって
二人で何度も言った

それでも○○さんは無反応で
ずっと画ビョウは画ビョウは?
って言いながら画ビョウを探してた

そのあと、○○さんとその友達が担任の先生に
自分と友達のことを告げ口されて
先生にトイレまで連れて行かれて
こんなところに画ビョウなんてないでしょ?って
言われて凄く怒らて自分と友達は号泣

確かに自分も悪いけどなんでこんなに
怒られなきゃいけないんだろうって思った
猪狩さんは聞こえてたのになんで無視をしたんだろう…



333: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:27:22 ID:IqP
>>330
んあああああああああ何があった気になりすぎますねぇ…



339: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:29:55 ID:PQX
>>333
口パクで「教えんなよ」て言う奴も怒鳴り散らす教師も変なんだよな、これ…



341: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:30:36 ID:IqP
>>339
そもそもトイレにあるよとか何度も言う主人公も大概トチ狂ってるで…



335: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:28:53 ID:oQG
怖い話のコピペ思い出してたけど
リアル、コトリバコ、禁后、リゾートバイト
有名どころはこんなところか
洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html



338: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:29:47 ID:IqP
>>335
リョウメンスクナは一風違った怖さと言うかファンタジー感あってすこやで



340: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)22:30:25 ID:WBh
>>335
八尺様とかいうレジェンド忘れてるで



370: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)23:25:29 ID:xe5
80年代前半の出来事。
午前10時過ぎ、2時間目の授業の最中、放送の流れるスピーカーの電源が入り、
「・・・さい。・・・なります。・・・さい。・・・なります。」
と、抑揚の無い棒読みの声で、低めの大人の女性の声で放送が流れる。
1・2年生には泣きだす児童もいたため、1,2年生の担任の先生は教室に待機。
3年生の教室に居た3年の担任の男性のA先生が、生徒を落ち着かせた後真っ先に放送室を確認に向かう。
続いて4~6年生の担任等他の先生や用務員が駆けつけ、
真っ先に駆けつけていたA先生に情況を聞くも、「放送をした者を確認できなかった」。
当時、学校にいた女性の先生は皆授業中だった。
学校では、外部の者が学校に侵入し行った悪戯として、防犯体制を強化した。

俺が小学校に入学するだいぶ前に起きた事件。
真っ先に駆けつけた3年生の担任のA先生は、その事件の日から体調不良を理由に、
仕事を休むようになっている。他の先生たちで台替えの授業を行ってA先生の復帰を待ったけど、A先生は結局3週間ほどで退職。
3年生の生徒が手紙を書いたり連絡を取ろうとするも、連絡はつかなかった。
さらに、A先生は精神病で病院に入院しているという噂が流れる。
件の流れた謎の放送、「・・・さい。・・・なります」、はボソボソとした口調だった為、
生徒の間で、こう聞こえたー、いやいやこうだー、と様々な意見が流れたが、一番多かった意見が、
「見ないでください。おかしくなります。」



371: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)23:31:58 ID:xe5
どうも80年代前半の学校系の怪談多い感じやなぁ



380: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)23:45:37 ID:j6u
何かあった系だとこれが好きや


144: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/27(水) 04:19:27 ID:ZxaGYJsWO

人ではなくて物でもいいのかな?
友だちと真冬に肝試ししに廃病院に行って、ある個室に忍びこんだら
なぜか扇風機が一台回っていた
訳も分からず怖くなって友だちと猛ダッシュして逃げた



382: 名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土)23:46:31 ID:IqP
>>380
うわ鳥肌たった…



424: 名無しさん@おーぷん 2018/03/11(日)22:45:01 ID:BaR
私には双子の姉がいます。
これは私達が10歳の頃の冬休みに、家族揃って父の実家へ泊まりに行った時の話です。

そこへ行くのは本当に久しぶりで、年の近い親戚や祖父母に会える事がとても楽しみだったのですが、まさかあんな怖い事が起こるだなんて思いもしませんでした。

父の実家は山口県にあり、周りはぽつんぽつんと民家がある位で昼間でもあまり人通りはありません。
それでも子供にとっては普段行かない場所というのは冒険心に満ち溢れており、着いて早々姉と共に遊びに出て行きました。

姉と懐かしいねなんて話しながら田んぼに挟まれた1本道を歩いていると、向こうから足を引きずった女の子が歩いてくるのが見えました。
道幅がとても狭いので、その女の子が先に通ってから私達も先へ進もうと思い立ち止まりましたが、不意に姉が私を強く引っ張り、元来た道を戻ろうとしたのです。
どうしたのか聞いても

「いいから、急いで帰るよ!」

としか言わず、そのまま私は父の実家に帰りました。

玄関に着くと祖母が迎えに出てくれましたが、顔面蒼白な姉を見てとても驚き、何があったのか聞いてきました。
すると姉は
「そこの1本道でA子ちゃんを見たけどA子ちゃんじゃなかった!」
と泣き出しました。
A子ちゃんとは親戚の子で私達より3歳年上の女の子です。以前は山口に来た時はよく遊んでいたのですが、あの時見た人は腰まで伸びた髪もぐちゃぐちゃで服も泥で汚れており、面影は全くありませんでした。

姉の話しを詳しく聞いた所、足を引きずっていた女の子はA子ちゃんに似ていますが違う化け物で、本物のA子ちゃんはその化け物の引きずっている方の足を掴んで引きずられていたと言うのです。
姉の話しを聞いた祖母は
「かるさんが出たんか」
と言い、部屋の中へ急いで入ってしまいました。

その後は両親や祖母に「何もないから心配するな」と言われ、無理やり寝かしつけられました。
そしてまだ数泊する予定だったのを切り上げて、翌朝早くに自宅に戻る事となったのです。

あの時の事は暫く親に聞いても何も答えてくれませんでしたが、先日やっと「もう大人になったし」と教えてもらえました。

どうやら「かるさん」というのは方言で「借りる」と言うらしく、あの地域では昔から、時々亡くなった人間が生きている人間の体を借りて歩き回るという事があるのだそうです。

誰彼構わず借りる訳ではなく、亡くなった人と近しい人の体を借りる事が多いらしく、あのA子ちゃんだと思った人は数年前に亡くなったA子ちゃんのお母さんだったのです。

かるさんは体を借りて歩き回って気が済めば(それが何時間後か何日後かはわかりませんが)元に戻れるらしいのですが、その間体を取られた本人は体の一部にしがみついていないと戻れなくなってしまうそうなんです。

でもかるさんが借りるのは今まで成人のみで、子供の体を借りる事はこれが初めてとの事でした。

子供の体に大人の魂では体が衰弱死してしまうと、あの後祖父や親戚達がお坊さんを呼んだりして大騒ぎだったそうです。
結局祈祷師さんか誰かがかるさんを引きはがして事なきを得たそうですが、A子ちゃんは数週間程入院したらしいです。

私にはあの時しがみつくA子ちゃんは全く見えませんでした。
しかし姉にはしっかりと、必死の形相で足を掴んでいるA子ちゃんが見えていたようです。

かるさんも恐ろしいですが、姉の知らない部分も垣間見えて怖くなった出来事でした。



転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520677302/

腹筋がよじれるほど画像で笑ったら寝ろ

【閲覧注意】今までニュースで見た事故で一番衝撃的だったのは

ループものの最高傑作といえば

【失笑!】思わず吹いた秀逸なレス集合『週刊老人ジャンプ』

実はよく分かってないもの

【閲覧注意】それにしても八尺様って良くできた話だよな

軍事的珍事件・怪事件

笑いが止まらないボケて(bokete)画像貼っていく