date_couple


12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/22(火) 21:21:44.48 ID:FXVvM/Tl0
馴れ初めなんてものじゃない。何せ見合いだったから。

気に入ってさてプロポーズと思ったが、ロクに女性と付き合った
経験も無いから、気の利いた言葉も浮かばない。

デートの途中で駅の地下街歩いていて服部時計店があったから
ふらーっと入って「どの石(ダイヤモンド)でもいいですから
好きなの選んで下さい」とやっちまった。

常識的な値段の選んでくれたけど。。そこに置いてあった一番
高い奴だったら結婚資金全部なくなってたな・・



13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/23(水) 07:16:38.92 ID:z13TItD20
>>12 常識的なのを選んでくれるのが、重要なポイントだし、見合いが馴れ初めのカップルのなせる業かも。
婚歴長そうですねえ。



31: 12 2017/08/24(木) 11:52:05.17 ID:Jy3PzAar0
>>13
嫁は宝飾店に入っていった所で「あープロポーズかなー」とは
思ったそうです。でもそこでの文言はちょこっとずっこけだった
と(笑)「私も女ですし、少しはロマンチックな事を言って欲し
かったなぁ」とは後の話。嫁も恋愛経験殆ど無しだったとの事で
・・・。

石の大きさより、指輪全体の意匠の気に入ったのを選んだそうで
すが、後に結納の席で、俺母が「まぁまぁ、どれでもって言われ
たんならもっと大きいのにしとけばよかったのにぃ」とのたまっ
て皆で一笑いしましたよ。



45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/25(金) 13:40:03.65 ID:FCHDKztX0
天涯孤独になった俺に対して、「よかったじゃん」と返してきた女が今の妻。

先に詳しく書くと、両親が離婚→母親に引き取られるも、俺が就職と同時に自殺。遺書には恨み言しか書かれてなかった。
なりふり構ってられなくて仕事だけが生きがいだった中、同期の女(後の妻)に、「少し休みなよ、倒れるよ」と声をかけられる。
そこから色々あって、プライベートでも会うくらいに仲良くなり、酒の勢いで上記の事を告白。
妻は何事もなかったかのような顔で「よかったじゃん」と言い、「クソみたいな親の老後を心配する必要も、自立してもなお生活を縛り付けようとされることもない、幸せな事だよ」と続けられた。
「でも、私も親がいるだけ、よかったじゃん。ってことだからね。結局人生、妥協とポジティブで出来てるんだよ」と笑い飛ばしてくれたのが、なぜかわからないが胸に来た。
そのまま二年かけてお付き合い、そこからさらに三年かけて結婚して、あと一週間で五年目になる。
勇者スレと例のスレをあげられるといいのだが。



62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/04(月) 20:46:39.41 ID:Ji2BMaBh0
付き合った初日からプロポーズしまくっていた俺にNO!しか言わなかった嫁が、俺のおやじが末期ガンって分かったら、結婚してくれた。
おやじは結婚指輪をはめた俺と嫁を見て嬉しそうだったよ。
全てが終わって、
「さぁ、離婚しようか。」
っていう嫁をなんとかなだめて15年。



63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/04(月) 20:57:40.42 ID:nCFTx/5r0
>>62
ずっと離婚を言い続けられて折れてしまわなかったあなたの胆力に
GJ!



64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/05(火) 00:13:13.36 ID:Yajuq79r0
>>62
と言うことは、ずーーっと愛情なしという構図を想像するんだがw



66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/05(火) 06:22:08.09 ID:otrL8Gs10
レスどうも。
嫁はバツイチで結婚自体が自分に向いていないって思っております。
そして年上なので、「私と別れて、若い子と人生やり直せ。」と、よく言う。
でも15年経ち、既に娘もいるし、今ではただのツンデレ状態だと俺は理解してる。
実際、俺が数年病気で働けなかったときには家計を支えてくれたし、毎日お帰りのキスもしてくれるw
もげるのは俺の病気だったり、嫁の体調が色々で、なかなかか難しいです。



114: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/08(金) 03:56:10.57 ID:yjB7i6Psa
嫁には絶対に言えないが酔っ払うと女の人を口説き出す癖があって、その記憶が一切ないのようなクズなのだが
それに引っかかってしまい嫁にキッチリと手綱を持たれてしまって結婚した。
嫁は俺が恥ずかしがり屋で酔っ払ってないと好きと言ってくれないと勘違いしてくれてるようだから真相が言えない



189: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/25(月) 20:33:48.60 ID:gvVRxzRiH
家は俺と嫁とは再婚同士。
俺 前妻とは死別。2歳息子のシンパパ。当時30歳.。
嫁 ×2。 9歳娘と3歳息子のシンママ。ちなみに子供2人の父親は別。当時28歳。

前妻に先立たれ、仕事と子育ての両立が不可能になり転職し実家に帰ることになった。その転職先に嫁が務めていた。
お互いシンパパ・シンママということが解り、育児の相談などするうちに親しくなる。
ある日家の近所の公園(割と大きくて地元の観光スポット)でお互い子連れでバッタリ遭遇。その後も定期的に公園子連れデートを繰り返す。
次第に嫁を意識しだすが前妻と前妻父のことで悩み再婚に踏み込めないヘタレな俺。はっきりしない状態で出会ってから2年経過。(ただしこの期間にお突き合いは完了済み)
あまりに進展しない2人を見かねた店のパートのおばちゃんたちが俺に「嫁ちゃんと早く結婚しろ!」と総攻撃を開始。外堀埋められる。
前妻父の後押しもあり、意を決し嫁に店でプロポーズ。嫁号泣。パートのおばちゃんたちも涙。
プロポーズから半年後俺33、嫁31でめでたく結婚。
7年たった今、嫁と4人の子供(なんと全員父と母の組み合わせが違う)に囲まれ幸せです。



219: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/29(金) 16:30:17.90 ID:4ysFrJIm0NIKU
高校1年の時、隣の席だったのが嫁さん
「いろいろとしゃべっているうちに。同じクラスメートで気になる存在だった」と意識するようになった。
しかし、当時部活は恋愛禁止だったため、交際には発展せず。
さらに、携帯電話の所持も禁止で寮生活だったため、学校で会った時にだけ会話する日々が続いた。
高校卒業後は別々の大学に進学。こまめに連絡を取り合っていた。

 大きな仕事を立て続けに成功させ、俺がが食事に誘った。
俺の仕事に関心が薄かった嫁だったが、熱心に仕事の話をする俺に「夢を持って努力する姿をすてきだと思った」と好印象を持ち、ついに交際に発展。
3年前に手術を受けるなど、度重なるケガに苦しんだ時に支えてもらい「一緒にいてこの人だと思った」と俺からプロポーズした。



249: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/13(金) 21:49:38.08 ID:/pyFsPc+0
嫁と初めて会ったのは中学校の校長室。
学年は違ったがどちらもまだ13歳だった。
1年後思いきって告白したら両思いで付き合いはじめてからもう36年が経つ。
来年は銀婚式だ。
6年の遠距離恋愛も大変だったな。



283: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/16(月) 22:49:33.15 ID:rR33lJfjd
嫁にキッッッモ!と言われた馴れ初めです
いつもより15分早い電車で仕事に行くことにした日に電車に乗ると可愛らしい女の人が派手なブックカバーで本を読んでいて、とりあえず左手の薬指を確認すると指輪はなし、心の中でガッツポーズ
別の日にもその電車に乗ると同じように乗っていたから、俺が元気な日はその電車に乗るようにしていた
まるで高校生の初恋みたいだと思いながらも、朝のちょっとした癒しだった
その子は複数のブックカバーを持っていて、ブックカバーが替わると本が一冊読み終わったのだろうと勝手に観察していた
時々漫画も読んでいて、少年漫画を読み続けていたときは彼氏が出来たのだと思ったりもした
徐々に自分のことをストーカーだと思い始め、この行動がキモいのは自覚していたので、いつも座っている女の子から離れた位置に立つようにしていた
へたれなので行動に起こすことは出来ずに見て満足していた



284: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/16(月) 22:50:11.90 ID:rR33lJfjd
俺が足を骨折して電車に乗ると、その子が席を譲ってくれて、大体毎日この時間のこの車両に座っているので席を替わるから声を掛けてください。と言われた
優先席でもないし悪いからと断ったけど、それなりに満員になる電車ではその状態で乗ってるのは気になるからと言われて、言われた通りにした
足を折ってるとはいえ、元々早めに会社に着いていたのを更に早くしていたので始業には充分間に合っていた
毎日甘えるのも申し訳ないと思ったのと電車に間に合わず違う電車で通勤した翌日に、強引で引きました?と聞かれたのでラッシュ帯での立ちっぱなしは辛かったのでその後もお言葉に甘えさせてもらうことにした
挨拶をして二言三言話したりしていたし、明日仕事休むので電車に乗ってませんと事前に告知してくれたり、ちょっと舞い上がっていて、足が治らなきゃいいとさえ思っていた
ギプスが取れた翌日、お礼にお菓子を持って行き、何とか受け取ってもらえた
それからは同じ電車に乗るのを躊躇い、以前と同じ遅い電車に乗るようにしていた
いつも通りに電車に乗ると、彼女が今日は寝坊してギリギリです。と言っていて、吊革もないところに立っていたから本を読んでなかったので、話しながら通勤したけど、それだけでお互いの名前も知らないまま
彼女はギプスが外れたから通勤時間を遅らせたのだと思っているようだった
その後は、彼女が乗ってる電車にも乗り、気付かれると会釈をするくらいの関係だった



285: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/16(月) 22:51:10.44 ID:rR33lJfjd
金曜日に仕事が終わって座りながら帰ると、ターミナル駅から飲み会帰りっぽい彼女が乗ってきて、俺の顔を見ると、お兄さんだ。と笑っていた
酔っ払っていたし眠そうだったので、席を譲るとすぐに眠り、寝顔をみてるのも気持ち悪いだろうと離れた位置に移動した
その電車は途中で乗り換えないと彼女の最寄り駅の方に行かない電車だったけど、乗換駅になっても起きる様子がないから、声を掛けて起こして乗り換えさせることにした
起きたばかりの彼女はふわふわしてて、乗り換えた電車では座れなかったんだけど、迷惑掛けてごめんなさい、最近は帰りが遅くて疲れていたところに自分がメインの送別会で飲みすぎた。と言っていた
俺の最寄りになる前に、彼女いますか?奥さんは?と聞かれ、両方いないと答えると、迷惑を掛けないから一杯だけ付き合って欲しいと言われ、行くことにした
終電まで一時間飲んで終電に乗せ、この時に初めて名前を知って、連絡先を聞いた



286: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/16(月) 22:52:44.64 ID:rR33lJfjd
年度末の日、彼女の乗っている電車に乗ると大きい紙袋を持っていて、この前付き合ってくれたお礼だとお菓子をくれた
仕事が落ち着いたらまた飲みに行きたいと言って、それから毎日のように連絡を取って、異動に伴って電車の時間が変わった彼女に合わせて通勤するようになった
通勤で俺と話すから本が進まなくなったと言われたので、話すのやめる?と聞くと嫌だと言ってGWに初めて昼から出掛けて、付き合ってもらえて、その約一年後には結婚式を挙げていた
周りには早いと言われたけど、付き合ってから自然とトントン拍子に話が進んだし、毎日30分くらい顔を合わせていたのも大きかった
嫁は俺のギプスが外れる報告をされたときに寂しいと思ったのがキッカケ、俺は困ってたときに声を掛けてくれたのがキッカケだと言っていた
実はその二年くらい前から見かけていて気になってたと言ったら、キッッッモ!と言われたけど、転職してあの電車に乗るようになって良かった、俺がヘタレじゃなかったらもう少し早く結婚出来たはずとも言っていたので結果オーライだと思いたい
今は嫁の地元に住んで、毎日一緒に座りながら通勤していて、嫁は相変わらず読書をして、俺は新聞を読んでいる



290: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/17(火) 08:17:35.92 ID:fLgdDu8tp
通勤電車での出会いなんて都市伝説だろ



291: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/17(火) 09:23:22.69 ID:LphP4iSN0
ちょっと骨折してくる



357: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/31(火) 13:07:43.49 ID:9XnkCoqHa
オカルトっぽい話なので誰にも信じてもらえそうにないんだけど
夢のお告げ(?)で嫁と出会えた話

仕事が忙しすぎて部屋には寝に帰る程度の日々が続いたある日
夢の中で数字がハッキリと浮かんできた事があって
最初は10、翌日は24、その翌日は06、また10に戻って再び24・・・みたいにループ
ここの所書類とにらめっこしていたからなーと気にしてなかったんだけど
ある時、ふと「もしかしたら、これって日付じゃないのかな?」と思う様になった
でも、仮に10月24日6時っていってもその日は誕生日でも何でもないし
その夢を見ていたのが5月の終りくらいだったので半年先だし意味はないかと考えるのをやめた
それからしばらくして、今度は夢で何処かの岬で女性と話してる自分の姿を見て
何故かその時は「10月24日にそこの岬で人と会うんだ」ってハッキリと意識してしまった

それから暇さえあればネットで岬や海岸を検索してそれっぽい場所を探して
ピッタリ一致する場所は見つからなかったけど多分ここだと思える場所を見つけたのが9月の頭頃
行った所で人に会える確証なんてある訳なかったけど、ここまできたら行ってみようと決めて
上司に延々嫌味を言われながらも、10月の23から25まで有給を取って行く事にした
場所は自宅から車で半日近くかかる場所だったので、前日の昼から出発して途中休憩を取りながら向かい
目的の場所についたのが10月24日の午前5時半頃
肌寒かったけど気分転換に散策しようと岬を一人でうろちょろして朝陽を拝んでる内に
仕事の疲れが癒えたからか、本来の目的をすっかり忘れていて小旅行気分を堪能してた

(続く)



358: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/31(火) 13:08:16.42 ID:9XnkCoqHa
(続き)

いい気分転換になったしコーヒーでも買って帰るかーと駐車場近くの自販機に向ったんだけど
運悪くスクーターでやってきた女性と自販機の前でかち合っちゃって
あ、お先にどうぞ、いえいえそちらこそ・・・としばらく無意味に譲り合い合戦が始まった
結局俺が先に買わせてもらえる事となったんだけど、何となく気まずかったので
思わず「初めてきたんだけど、ここって朝陽が綺麗ですね」なんて声をかけてしまった
でも、相手も嫌がる顔をする事なく「この辺りじゃ一番綺麗で、私もたまにきますよ」と返してくれて
話し込んでる内にお腹が空いたねって事で地元でモーニングが美味しいと評判の喫茶店に案内してもらい
そこから観光地なんかを案内してもらって、せっかくだからと連絡先を交換して解散
どちらからハッキリと告白したって訳じゃないけどそのまま遠距離恋愛を経て3年後の10月24日に結婚

先日の結婚記念日にデートした帰り道、嫁の方から
「あの日、実は早くに目が覚めて何故かあの岬に行かなきゃって思ってバイク走らせてたんだよね」
と驚くべきカミングアウトを喰らったので、思わずここに書き込んでみました
俺の方は流石に恥ずかしいので嫁には未だ伝えてませんw



367: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/31(火) 23:36:38.39 ID:I/oKs0UR0
文才ないので纏まらないかも、ですが、刻みながら書きます。

当時、
俺…24 高卒社会人6年目
嫁…20 高卒社会人2年目


俺は社会人になってからすぐ、趣味でボウリングを始めました。マイボールのガチなやつです。
そのあと、何人か付き合ったり、友人に紹介された人もいましたが、誰一人ガチなボウリングには興味も理解も無く、長続きしなかったり付き合うに至らなかったり。
(次に付き合う人は一緒にボウリングできる人と!)って心に決めてました。でも、なかなか現れず。

ある日、1人で練習してたら、隣のレーンに女の子が来ました。(それが後の嫁)連れが来るかと思いましたが、頭上のモニタには嫁の名前しかありませんでした。
ショートカットで化粧もしてるのかどうか程度。上下シャカシャカのジャージ姿。最初は部活帰りのJKかと思いました。
まだ新しいボール、シューズ、バックの3点セット持参で、ボウリングを始めたばかりなのは直ぐに分かりました。
で、投げ始めるとやっぱり…基本も何も出来てなくて、ただ投げてるだけ。ストライクもスペアも取れず。
それを見てたら、俺のいつもの悪い虫が頭を出して来ました。それが、
「指導したい病」

ウザい!と思われる事もあったので自重してたんですが、自分自身、始めたばかりの頃、上手くいかずにイヤになってた時、たまたま隣のレーンにいた常連のAさんに声をかけてもらって基礎から教えてもらってからボウリングが楽しくなったので。

だから、イヤになって辞めちゃう前に救済…みたいな気持ちで、老若男女問わずに教えてました。
この時は、特にその思いが強かった気がします。嫁がすごくかわいくてタイプだったので、上手く行けばもしかして、みたいな下心が多少、いや、かなりあったと思います。

で、思い切って声をかけてみました。



389: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 12:06:39.32 ID:oy/1tpNa0
>>367
いいご縁じゃないか
ボーリングは年とってもできるから じじばばになっても一緒にやれるな



369: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 00:25:29.33 ID:05xl3m4Y0
俺「あの、もう少しここをこうしてみたほうが…」
その言葉に、嫁は少し驚いた感じでしたが、嫌そうな雰囲気では無いように見えたので指導開始。

一つ一つの俺の言葉に
「はい。」
と、しっかり返事をして聞く嫁。やはり何かスポーツをしてきたか、現役JK運動部だと感じました。気づいたら、指導は1時間を軽く超えてました。
 
嫁「ホントにありがとうございました!私、何もわからなくて。またお会いしたら、お願いしていいですか?」
俺「勿論ですよ。結構頻繁にここにいるので、声を掛けてくれれば。」

嫁は笑顔で帰っていきました。とりあえず、ウザがられてる感は無くて安心しました。その場で連絡先とか聞かなかった事を少し後悔しましたが、また近いうちに会えるだろ、くらいに思い俺も帰宅。

翌日、前の日の事を思い出してニヤニヤしながら1人で練習してたら、
嫁「こんばんは!」
俺のレーンの後ろに嫁が立ってました。ビックリしました。まさか次の日に来るとは思ってなかったので。

俺「あ、こんばんは。一緒に投げる?」
嫁「いいですか?お願いしても。」

嫁と一緒にカウンターに行って、俺のレーンに嫁を追加。
投げ始める前に嫁が、
「ちょっと指が痛いんですよ。」
と言うので見てみると、親指の付け根のところが若干腫れてる。
俺「ボウリング始めると誰しも通る所だから。テーピングした方がいいかもね。」
そう言ってテープを取り出して、嫁に貼り方を教えながら貼ってあげました。冷静なフリをしながらも、久しぶりに触る女の子の手にドキドキでしたよ。

その日の指導は白熱して、気づいたら2時間弱たってました。
嫁「俺さん、教えるの上手いですよね。すごくわかりやすいです!」
俺「いやぁ、嫁さん吸収早いから。なかなか最初からここまで出来る人もいないですよ。」
そんな会話しながら、しっかりと連絡先を交換。次回は日時を決めて会う事にしました。

帰宅後、嫁からメールが。
「ホントにありがとうございました!次回楽しみにしてます。また連絡します。」
絵文字の無い簡単な文章だったけど、もう嬉しくて嬉しくて。完全に嫁の事が好きになってしまいました。



373: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 01:37:27.07 ID:05xl3m4Y0
翌週、連絡を取り合って3回目の指導。テーピングしてはいるものの、ちょっと痛そうな感じの嫁。
慣れない事を急にするから、とか、色々理由はあるんですが、ボールのドリルが手に合ってない事がかなり大きな理由の一つで。初心者の最初のドリルがいきなりピッタリ合うことの方が稀だし、ショップもそこまでガチにやってくれる人でもないし。
そこで、ちょっと提案をしてみる事にしました。
俺「嫁さん、多分ね、ドリルが手にフィットしてないから痛くなると思う。もし嫁さんが嫌じゃなければ、ちょっと遠いんだけど俺がドリルお願いしてるプロがいるから見てもらわない?俺も行く用があるから。」
これはかなりの関門です。ここから先がガチなスポーツボウリングの世界。
「正直、そこまでは…」
と言う答えが帰ってきてもおかしく無いとは思いましたが、ここを超えたらかなり「こちら側のひと」に近づく。嫁の答えをかなりビビって
待ちましたが、
嫁「是非お願いします!!」
と気持ちいい位の即答。直ぐにプロボウラーのBさんに連絡して、その場で3人の予定を確認。その週の週末に行くことが決定しました。

土曜日、センター(ボウラーの間ではボウリング場の事をセンターって言います。)の駐車場で待ち合わせ。やって来た嫁はいつものシャカシャカジャージとはうって変わって、可愛らしいオンナの子な服装。更に嫁に惚れてしまいました。

Bプロのいるセンターまでは、高速使って1時間位の距離。車内で話をしながら、嫁の詳細を聞く事ができました。

・彼氏はいない(これが一番聞きたかった。とりあえずひと安心。)

・高卒社会人2年目の20才(とりあえずJKじゃなくてひと安心)

・中高とソフトボール部だった。卒業してから何かスポーツをしたいと思ってた時、テレビでPリーグ(女子ボウラーのトーナメントやる番組)を見て、私もやりたい!となった。

高校までずっと野球をしてた俺と、その辺の話でもかなり盛り上がって、1時間のドライブなんてあっという間でした。



374: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 01:39:38.19 ID:05xl3m4Y0
Bプロのいるセンターに到着して、Bプロに挨拶。Bプロの一言目は、
「ようやく俺君も、一緒にボウリング出来るカノジョできたかぁ。」でした。
Bプロは、Aさんに紹介してもらって以来の長い付き合いで、俺の彼女遍歴も全部知ってる人でした。
俺「い、いやっ!違いますから!」
って必死で反論しましたが、Bプロはニヤニヤ。嫁は照れ笑い。
俺「とりあえず早くやりましょう!」
って事で早速開始。嫁の手の大きさ、指の太さとか握りのクセとかを見て、かなり緻密にメジャーシート(ドリルする時の設計図みたいなやつ)を書いてくれました。

B「そうそう、せっかくだから」
と、少しキズになって売り物にはならないけど、投げるのには問題ないからと言って、かなり高性能なボールを嫁にプレゼントしてくれる事に。
嫁「でも、申し訳ないですから…」
B「いいのいいの!いつも俺君にはよくしてもらってるし。俺君の初のボウラー彼女ゲットのお祝いだから!」
俺「だから!違いますから!」
B(ニヤニヤ)
嫁「…(照れ笑い)」

帰りの車内は何となくお互い意識した微妙な空気を、お互い打ち消すようにワザと陽気に振る舞っていたように思います。



376: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 02:25:48.52 ID:05xl3m4Y0
嫁は、新しいボールを手に入れてから指が痛いと言う事が無くなりました。お陰でかなりのゲーム数を投げる事も可能に。俺と時間を合わせて一緒に練習は勿論、自分一人でもかなり練習して、2ヶ月でアベレージが160を越えそうな所まで来てました。
その頃には、メールか電話はほぼ毎日、内容もボウリング以外の事も増え、練習の後に一緒にご飯を食べに行ったりする事も多くなりました。
もうほとんど「こちら側のひと」になってる事は間違いない感じ。俺に恋愛感情があるかは分からないけど、好かれてはいる事は間違いないだろうと思ってました。
そこで最後の関門。

俺「ねぇ、嫁ちゃん。せっかく頑張ってるから、試合出てみない?」
嫁「えぇっ!試合ですか?でも、自信ないですよ…」
俺「最初からうまくいく人なんていないし、大丈夫だよ。あれ、出てみたいんだけど。」

その日は隔週開催の「ミックスダブルス」の日。文字通り男女ペアでのチーム戦です。

俺「個人戦だとレーンは抽選だから一緒に投げられないかもだけど、ミックスならチームで必ず同じレーンで投げられるから。俺と一緒なら安心でしょ?」
ミックスの試合を2人で観戦しながら説明しました。嫁は試合となるとかなり緊迫した雰囲気だと思ってたらしく、実際のゆるーい感じを見て安心したみたいで、
嫁「分かりました。出てみたいです!」

早速2人でチーム名を考えて、次回開催のエントリーをしました。



377: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 03:12:49.63 ID:05xl3m4Y0
試合当日、俺がセンターに着くと、既に嫁はいて、準備をしていました。試合での最低限のドレスコードは言っておいたんですが、完全にボウリング用のポロシャツにミニスカートでした。
嫁「買っちゃいました。」
俺「ウン、カワイイデス、スゴク。」
もう、ドキドキです。
嫁「あ、そうそう、これ。」
そう言って嫁はバックから何やら出して来ました。
嫁「これ、つけましょう。」
それは、クローバーのワッペンでした。チーム名にクローバーを入れたんですが、前回のミックスダブルスを見た時にお揃いのワッペンをつけてるペアを見たらしく、手芸屋さんで買ってきてくれたとの事でした。

嫁「ハイッ!ほら!カワイイじゃないですか!」
両面テープで俺の左胸の所にペタっと貼ってくれました。その笑顔がすごく可愛くて、
(もう絶対今日、これ終わったら告白する!)
心に決めました。

試合中、
(何て言って告白しようか?)
(嫁ちゃん、僕とボウリングじゃない時でもペアを組まないか?……)
(……わかりづれぇぇぇっ!)
そんなバカな事考えたり、まあ、スコアはグズグズでした。
嫁も頑張ったんですが、結果は参加17チーム中、ダントツ最下位。
それでも嫁は、自分が上手くいかなくても、場の空気を悪くするような態度をとらずニコニコして、回りの人達と色々話しをして、常連さん達にとても可愛がられていました。
優勝したAさん夫婦が、
「嫁ちゃん、これ、家に持って帰ってあげな。」
って、優勝賞品の洗剤セットを嫁に渡してくれて、嫁大喜び。その姿見てた俺の方が嬉しくてたまりませんでした。



379: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 03:59:49.93 ID:05xl3m4Y0
帰り支度をして駐車場を2人で歩きました。俺は告白のタイミングをはかってました。
嫁は自分の想像以上に楽しかったらしく、

「楽しかったけど、やっぱり悔しい」
「私もスペア用のボールが欲しいから、今度Bプロのお店に行こう。スペア取れないのが敗因」
「ワッペンをAさんご夫妻が褒めてくれた」
「ワッペンもいいけど、Aさん達みたいなお揃いのポロシャツもいい」
「次は頑張って最下位脱出!」

興奮気味に話してくれました。ミックスダブルスは単発エントリーだから、まだ次出るって決めてないのに、もうやる気満々。この流れに乗って一気に告白してしまえっ!って思いました。
嫁の車の所に着いて、嫁が自分の道具を車に閉まって、こちらに振り返った時でした。ホントにドキッとしました。

ちょうど嫁の車は駐車場の街灯の真下にあったんですが、その街灯の光がスポットライトみたいに嫁を照らしてて、キラキラしてて、もう、天使が降臨したかと思うくらい綺麗でした。
その瞬間、ボウリングが…とか、「こちら側のひと」とか、バカな告白のセリフとか、ホントにどうでもよくなって
俺「嫁ちゃん、俺、嫁ちゃんの事好きです。付き合って下さい。」
って自然に口から出ました。
嫁は「えっ!」って顔をして一瞬固まってしまい、目を大きく見開いたまま口を両手で覆ってしまいました。嫁の顔がどんどん赤くなっていくのが分かりました。
で、嫁が発した一言目に頭がカチ割れるくらいの衝撃を受けることになりました。それが、


嫁「ごめんなさい…」


だったんです。
ここまでしてきてもダメなのか!ボウリングは楽しいけど、俺は恋愛の対象では無いのか!ビックリした、と言うか、目の前真っ白になりました。で、過去のイヤな思い出が蘇りました。
「マイボールとか、キモッ!」
そう言って笑った女の顔まで浮かんで来ました。でも、嫁が言った次の言葉に違う意味で更に衝撃を受けました。



383: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 07:15:03.01 ID:05xl3m4Y0
「ごめんなさい…私…もう、俺さんと付き合ってるつもりでいました…」

俺「……は?」
嫁「私、もう、俺さんとお付き合いしてるもんだと思ってました…」
嫁「だって、毎日電話かメールして、いつも一緒にボウリングしてご飯食べて。いつも一緒にいたから…」
俺「でも、俺、告白は今が初めてだけど…」
嫁「私、告白した事もされた事も無いし、男の人とお付き合いした事無かったから、こうやって始まる事もあるのかと…」
俺「でも、好きとか言った事なかったし…」
嫁「そういうのも今後徐々にあるのかと…」
俺「手繋いだり、色々な事も…」
嫁「そういうのも今後徐々に…」

嫁、盛大に勘違いしてくれてました。相当恥ずかしかったらしく、そのまま両手で顔を覆って俯向いてしまった姿に辛抱たまらなくなり、担いでたバック放り投げてそのままギュッと抱きしめました。
その後、嫁の中での付き合ってる期間はだいぶ経ってるから、という都合のいい自分への言い訳をして、嫁の色々な初めてをいただくまでに、さほど時間はかかりませんでした。



390: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 12:29:33.20 ID:f+BNeY5Rr
で、続きです。

嫁と付き合うようになり、ボウリング以外のデートも増えました。当時2人とも実家住みで、お互いの実家に遊びに行くこともしばしば。
その中で、両親同士に共通の話題がある事が分かり、一度引き合わせる事にしました。そしたら大盛り上がりで意気投合!
俺達抜きで4人で呑みに行っちゃうくらいの仲良しになり、そのうち、両家の間で俺達の結婚は既定路線みたいな雰囲気になりました。俺達も何時しかそんな雰囲気になって、自然に結婚話があがるように。
ある時、嫁が、
「やっぱりプロポーズはちゃんとして欲しい!」と言ったので、一発かましてやりました。

俺「嫁さん!僕と人生のペア組みませんか!?」
(告白の時のネタは以前嫁に話した事があって、その時は大笑いされた。)
嫁「www!分かりづらいわ!ま、2人でパーフェクトゲーム目指しますか!」
って答えてくれて結婚し、今に至ります。

子供はまだなので、今でも勿論2人でボウリング行ってます。
嫁が初めての試合の時に買ってきてくれたクローバーのワッペンは、2人のお揃いのポロシャツの左胸に縫い付けてあります。

嫁の初パーフェクトゲーム達成を記念してのカキコでした。

長文失礼しました。



391: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/01(水) 14:30:46.29 ID:1qkrcBBR0
共通の趣味から始まった正当王道な恋物語やな

末永くお幸せに!



444: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/06(月) 23:09:05.94 ID:8tS+1trR0
高卒自営。
フリーター時代に出会った年上のカフェ店員と結婚する事になった。
飲食バイトで俺の接客が好きだったらしい。
美人で店員にも滅茶苦茶優しい人だったから他のスタッフにも人気のお客さんだった。
でもぶっちゃけこっちはいつも営業トークで会話流してた。
ある日近くで用事があったんで滅多に行かないカフェに入ったら、その人が働いてる事忘れてて向こうは顔見た瞬間飛んで来た。
内心メンドクセーと思いつつ、いつもの仕事の感じで対応してたら「今度カラオケでも行きませんか? ライン登録して下さい」と電話番号とアドレス書いた紙ナプキン渡された。



445: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/06(月) 23:09:43.92 ID:8tS+1trR0
当日は職場まで車で迎えに行った。
疲れてるだろうに、嬉しそうに小走りでやってくる彼女は正直に言って今まで会った女性の中で一番可愛く「見えてしまった。」
そして車の中でもカラオケでも、接客を長くやって来た性か、場を盛り上げようと喋ってしまうのね。
結局その日は普通にカラオケして、彼女は酒を飲んで家に送り届けて終わったんだが
その日からこっちの店に来る回数が増えて、改めて二人で遊びに行った時に向こうから「付き合って下さい」と告白された。



446: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/06(月) 23:13:15.35 ID:8tS+1trR0
断る理由も無いからあっさりOKして、付き合う事にした。
高校時代以来の彼女にしてこれだけの素晴らしい女性、夢でも見てんのかと思った。
周りの連中は二人で並ぶ姿を見て「美女と野獣だなこりゃ」と目ん玉飛び出る勢い。
別に金持ちでも何でも無くましてやデブで老け顔で170cmしかなくて高校や職場でのあだ名がモンゴルとか軍曹だった俺が・・・と未だに信じ切れない自分が居るが
そうは言ってももう結婚まで来てしまった。
俺が結婚出来たんだから、皆にも諦めないで頑張って欲しい。



469: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/11(土) 12:31:42.60 ID:uLeMHp/ia1111
母ちゃんがメシマズだったんで、俺は結婚するなら絶対メシウマな女が良いと幼少期より決めていた
高校時代付き合った女子は料理好きを公言しており得意料理が肉じゃがやパスタだと言っていたが、それは見栄で、包丁すらあまり握った事がない子ですっかり騙された。
大学に入って、お料理サークルが活動している調理室前を頻繁にウロウロしていたら、 ある日お料理サークルが使用するはずだったマンゴーが1個盗まれて、廊下をうろついていた自分が疑われた。
そん時に俺を泥棒と勘違いして詰問して来た女と結婚した。



471: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/11(土) 12:38:13.68 ID:uLeMHp/ia1111
マンゴー泥棒じゃなくて恋泥棒だったってわけか



517: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/16(木) 21:51:40.33 ID:pAQQKgGH0
私の馴れ初めではないが
兄が最初の奥さんと出会ったのは大学生のころ。ベタ惚れだった兄の猛アプローチで卒業後しばらくして結婚。
赤ちゃんもできて、兄は本当に幸せの絶頂だったと思う。
でも、信号無視した車にはねられて奥さんもお腹の赤ちゃんも亡くなった。
兄の落ち込みようは凄くて、今にも後を追うんじゃないかと思うくらいだった。
なんとか立ち直るのに10年かかった。
その間に私も社会人になった。
会社の飲み会終わり、兄に迎えに来てもらった私は同じ方向の同僚も送ってやってほしいと兄に頼んだ。
快諾する兄を見て、同僚は一目惚れしたらしい。
まあ、妹の目から見ても兄はイケメン。
それからはもう、毎日すごいアプローチだった。
私と同僚はさほど親しくなかったが、毎日毎日兄のことを訊いて来た。
押しに押しまくっていたが、兄はまだ前の奥さんと子供を忘れられなくて、断り続けていた。
そっからまた5年ほど経って、ようやく兄の心が同僚に向けられた。
なんでも、同僚が言った「私は絶対にあなたより先に死にません」って言葉に胸打たれたんだって。
トントン拍子に二人は結婚した。
でも、また奥さんが事故にあった。
同僚はバイクでトラックとぶつかって、全身強く打っていた。ぶっちゃけ死んでもおかしくないというか、死ぬ可能性の方が高かったらしい。でも同僚は助かった。
救急隊員?の人が言うには意識が混濁してたのに、うわごとのようにずっと言ってたらしい。
まだ死ねない。絶対死ねないってずーっと。
もう良く覚えてないけど三、四日くらい経ってようやく同僚は目を覚ました。
ちょっと手に麻痺が残ったけど、それでも助かった。
病室で、兄が泣いた。
兄が声を上げて泣くのを初めて見たような気がする。
それ見て、私もちょっと泣いた。
先日、甥っ子が生まれた。
このままずっと、幸せでいてほしいと思う。



518: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/16(木) 22:27:58.68 ID:/0MAKynNa
武田鉄矢かw



520: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/17(金) 09:37:50.71 ID:+t1yFOAMd
いい話だ。
お兄さん夫婦がずっと幸せであるよう祈ってるよ(^^)



526: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/18(土) 18:24:35.61 ID:uApytFuz0
流れを読まずに投下。
うちの嫁は物欲がほとんどなく、唯一の趣味と言っていいのがポケモン。
俺が働いている職場に高校生の嫁がバイトで入ってきたのが出会い。
中学生の頃から昔は一緒にやってた友達もポケモン離れをはじめたようで、ポケモンの事になると楽しそうに話すから、だんだん俺も興味が出てきた。
ゲームは大好きだが、嫁とは年が離れてて、ポケモンが流行りだしたのは俺が高校くらいの時だから俺はやったことはなかった。
ちょうどこの頃はダイヤモンド・パールが発売される直前で、ピカチュウくらいしか知らなかったオッサンが無謀にもDSと一緒にパールを買ってみた。
はじめて買ったポケモンは店員に「プレゼントですか?」と聞かれてすごい恥ずかしかった。
最初はポケモンの名前とタイプを覚えるのが大変だったけど、ハマったね。
それからポケモンについて嫁に色々教えてもらったり、交換やバトルをする間に仲良くなって交際→結婚。
まぁ交換と言っても 嫁のカイオーガ←→俺のムックル みたいなひどいレートだったんだけどw

結婚する前から誕生日や記念日は全てポケモン関連のものなので家中ポケモンで溢れているが、
俺が嫁と結婚できて幸せなのはポケモンのおかげだなぁと改めて思った。
今では店員に「プレゼントです」と言えるようになったのも嬉しい。
昨日、仕事から帰って「ただいまー」と言うと、
俺の帰りより俺が持って帰ってくるウルトラサンムーンを待ってたであろう嫁の目が輝きまくってから、昔を思い出した。

ちなみにバトルで嫁に勝ったことは1回もない。まじで強い。
いつかポケモンバトルで嫁に勝つのが今の俺の夢。



552: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/27(月) 17:41:21.90 ID:/E8s2k1Pd
居酒屋で隣の席でナンパ
ビールを美味そうに飲んで、楽しそうに笑いながらスポーツの話をする姿が印象的だった
俺の妹がハンデ抱えているけど「それがなに?」と気にせずにいてくれた
それでフラれたこともある俺にはここも大きかった
結婚後には妹と出掛けたりしていて、内向的な妹が社交的になり大学生活も楽しみ始めた
この度、嫁の会社の後輩と妹が結婚
嫁が居なかったら俺の人生も妹の人生も全く違うものになってたと思うと嫁と出会えた奇跡に感謝してる



553: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/27(月) 20:16:43.75 ID:uU5SOwRn0
>>552
えぇ話なんだけど、簡略に上手くまとめ杉www

で、kwsk



557: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 18:50:26.56 ID:5Zhb9xNrd
>>553
居酒屋で同僚と飲んでたら隣の席で美味そうにビールを飲んで、スポーツや映画の話をしてずっと楽しそうで、一緒にいた女友達と笑っていた
酔った勢いで声をかけて飲んで、会計を持とうとしたら断られた
同じスポーツを好きだったこともあり、観戦に連れていって欲しいって頼んだりした
初めて2人で出掛けた日に妹のハンデの事を話した
前の彼女にはそれが原因でフラれたのでフラれるなら早い方がいいと思った
「それがどうしたの?」と一蹴されたので
俺「付き合ってください。」
嫁「私の事試した?ま、いいや。よろしくお願いしまーす。」
ということで付き合ってもらった
付き合って半年、彼女の誕生日にベタに景色のいい店を予約してプロポーズ
彼女は手話で「よろしくお願いします」と言われたけど雰囲気でしか分からなかったので「いいってことだよね?」と確認した
妹の事を話してから嫁なりにいろいろ調べたり、手話を勉強してくれていた様だった
嫁の実家も嫁と同じような感覚だったみたいで「ある程度普通に会話出来るなら良かった」と安心してくれた



565: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/29(水) 11:01:44.96 ID:79KnAQ6J0
嫁とは職場で知り合って、有能+部下をかばってくれる男前上司としてすぐ好きになった
しかし当時、遠距離でなかなか会えない、連絡もポツポツしかしない彼女持ち
随分悩んだが日に日に嫁を好きになる
ある日意を決して彼女に「別の人を好きになったので別れて欲しい」と連絡したら
「え?うちらまだ付き合ってるの?」と(元)彼女から困惑気味の返事が来た

知らんうちに振られてて俺フリーだった
くそ間抜けだったが、障害が消えたのですぐに告白してプロポーズして結婚

告白の際に嫁にこのエピソード話したら大爆笑され、結婚五年目にして未だにいじられる



567: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/30(木) 00:20:55.62 ID:ripeEOI90
駅の乗り換えで前を歩いていた今の嫁さんが
ピアスが壊れてチャリンと落としたのを走って追い付いて渡した。

それから2~3カ月が何事も無く過ぎて、
会社の同僚と飲み屋で話した中で、
同僚の妹がおっちょこちょいで、
ピアスを留め金が壊れたまま付けて、
駅で落として誰かに拾って貰ったと話した。

その前に同僚が妹の写真を
皆に見せて盛り上がった後。

もしやと思ってその駅は何処?と同僚に聞いたら、
逆に疑われて俺にその駅ってどこと聞かれた。

その2~3日後話が一致して目出度く再会、
話が弾んで交際が始まる。

逐一交際の進行を兄に話して、
同僚である兄が俺に面白可笑しく煽って参った。



617: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/13(水) 16:05:01.64 ID:Xpwl3kAC0
大学の廊下で
俺「はじめまして ○○です」
嫁「こんにちは ○○さんですよね~ よろしくお願いします」
めちゃくちゃ普通だなww
思えばこのときの嫁の笑顔に惚れた



652: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/16(土) 22:13:29.10 ID:J9DBboKP0
ガチでイタズラ電話
俺は嫁のこと知ってて可愛いから電話した。
話合わなければ切ればいいだけだしなw
イタズラ電話ってのがいかにも昭和



728: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/28(木) 19:20:19.85 ID:7GWlaf5J0
うちのは5歳年上で頭の回転が速い嫁でね。てんで頭が上がりません。知り合ったのは、俺が高卒で就職して新卒教育が終わってから配属された地方の支店。今でこそ大企業で高卒は採用してないけど、当時は採用枠があったのね。
嫁はそこで事務職してたけど、営業事務から総務、庶務、経理と支店の事務を全部こなしてた。
ビルの同じフロアに好みの女性がいたんだけど、まったく接点がなくて。ある時嫁とその子が話しているのを発見。紹介して!とお願いしたのよ。高校の同級生だって。俺君は、あーゆう子が好みなの?で好みの女性像を根掘り葉掘り聞かれた。
それから3週間ほどしてデートってなったけど、待ち合わせ場所に現れたのはなんと嫁。しかも俺の好みに完璧に合わせたメイクやファッションで。
実はこの時は嫁は単に遊び心だったらしく、冗談が通じない俺が嫁にゾッコンになってしまい、後に退けなくなったって。
付き合いだしても中々関係を許してくれなかったから、どうしたらいいの?ってストレートに聞く羽目に。
そうねー、結婚、最低でも婚約かなー、それと給与口座の通帳を人質ね!
ハイハイ、わかりましたとも。通帳を渡して、嫁実家に挨拶にいって。それから3週間後に結納、更に1ヶ月半後に結婚式と全て仕切られてしまった。
そこでやっとお許しを頂戴して・・・。田舎の旧家のお嬢様。まっさらの新品でした。嫁が俺の前で不安そうな弱みを見せたのは、この時が最初で最後だな。
義母から花嫁修業を仕込まれているので家事や料理、育児も完璧にこなすし、男子厨房に入らずの家系なので、家では楽させてもらってます。



735: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/30(土) 10:04:09.04 ID:vmUSnlotr
>>728
箱入りでその出来ようはなかなか無いぞ!
心して一生を遂げよ



736: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/30(土) 12:48:19.87 ID:eLdzN9KL0
>>735
そうですね。そう思います。しっかり尽くしてくれてるし。義母がそういう面や躾はかなり厳しい人だし、家事ができない娘は、相手のお家に失礼だし、恥ずかしくて嫁にだせないと。
最初のデートの経緯は嫁もはぐらかすのでわからないけど、普段とまったく違うメイクやストレートロングのウェッグ?かつら?まで用意して、俺の好みに合わせたぐらいだから、意気込みはあったのだろうと思ってる。
実は俺のこと好きだったんだろ、正直に言えよって。笑いながら否定はするけど。まぁ、5歳上の顔は立てて、周囲には、俺が上わからなくて、引っ込みがつかなくなったと吹聴してるし、俺も肯定してるけど。



737: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/12/30(土) 23:36:56.02 ID:bysB0io50
友達の紹介。
会った瞬間に一目惚れ。
絶対に結婚するって決意した。
後で聞いたら図々しいと思ってたらしいけど、少しでも時間作って会いにいってた。
趣味が合ってたから共通の話題いくらでもあったし、今でも楽しく話してる。
付き合って半年後にプロポーズ。
泣いて喜ばれてその半年後に結婚式。
子供できて家買って欲しいものは全て手に入れた。
自分にしては上出来な人生だったな。
この後も死ぬまで幸せでいたいと思う。



847: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/12(金) 11:33:07.74 ID:vtaJO4uV0
高校でサッカー部に入った。俺が一番下手だったんで半分マネージャーやってた
試合がやりたかったんじゃ無くて、サッカーがしたかっただけだから特に不満は無し
俺のこと馬鹿にする奴はいた。気にはしてなかった。

2年になって嫁がマネージャーとして入部
嫁がマネージャーになっても、おれはマネージャーだった

嫁はかわいいし部長以下ほぼ全員が狙ってたんだが、
そもそも弱いサッカー部の部長なんてかっこよく見えなかったらしくて嫁興味なし
同じマネージャーとして、買い出しに行ったり色々してくうち、なんとなく付き合いだした

大学は行って一旦別れたんだが、俺の成人式の時に会いに来てくれて、復活
嫁の卒業がちょうど就職氷河期で内定で無くて、それじゃうちにくる?ってなって結婚したわ



854: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/14(日) 19:14:27.08 ID:x1K1OsMdd
教育実習で受け持ったクラスの生徒が嫁になった
結婚式はその時の子達と飲めて楽しかったよ



856: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/14(日) 20:22:29.66 ID:etRVN5+C0
>>854
Kwsk



857: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/14(日) 20:59:01.09 ID:x1K1OsMdd
よいことばかりでもないかな
嫁が大学出てすぐに結婚したから料理も上手くないし、20代で相手決めるのも早かったかもしれない
ただ掃除や洗濯をしっかりしてくれるのはありがたい

kwskは別に面白いこともなく、なつかれて付き合っただけ
タイプでもなかったりしたけど、考えてみれば最初から押しに負けていたかもしれない



915: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/26(金) 21:20:01.57 ID:GBrPhaQr0
高一の時に同じクラスになったのが出会い。
長身で黒髪のロングヘアというザ・委員長って感じの見た目に反して意外と活発かつお茶目な性格で
ちょっとしたいたずらっぽいものを仕掛けられた事で仲良くなるが
ここではまだ仲の良いクラスメイト止まり。
俺には中学の頃から片思いしてた子がいたけど1年の夏に告って玉砕。
高二の秋の文化祭の後、嫁の方から告られて付き合い開始。
その後は波風も立たず順調に付き合って大学卒業して2年後にケコーン。



916: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/27(土) 00:32:56.48 ID:QQu1e54w0
会社の同僚
いわゆる一目ぼれだった
今まで恋愛にまったく関心がもてないうえ、関心がないけど女が寄ってくるようなスペックでもない
でもやっぱ女にそんな興味ない、女に嫌な目に合されたとかじゃないのに俺はおかしいんだわ
このまま恋愛も結婚もしないで死んでくんだろうなってずっと思ってたダメ虫が、
いきなり同僚の女にときめいたとこで、何ができるわけもない
接点のない部署の人だったし、目で追うだけ見てるだけで軽く1年以上過ぎて
もうずっとこのまま見てるだけで終わり、相手が結婚でもして諦めて終わるんだろうなって思ってたけど
たまたま鉢合わせて挨拶したのがきっかけで、まずは挨拶から始まり話すようになって
何だかんだ親しくなって2年後に結婚…よく結婚までたどり着いたなと今でも思う



951: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/30(火) 20:09:10.65 ID:iYMyOCoc0
居酒屋の看板娘と仲良くなって今に至る



986: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/17(土) 21:58:56.12 ID:23T4AL5U0
>>951だが、徒歩圏内に居酒屋ができて
喜び勇んで行ったら、そこで嫁がバイトしてた。

客層は平均50歳くらいの小さい店。
そこで20代後半の自分と嫁が出会った。
常連さんに冷やかされながら、惹かれあって結婚。

現在は6か月の息子を溺愛している。



975: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/07(水) 19:33:27.52 ID:5DGvtA6Td
通勤中にわざわざしゃがんでまで落ちている子供用のマフラーを拾って高いところに掛けているのを見かけていい子だと思ってたら、俺と同じビルに入っていったのでエレベーターを降りるときに会社を確認
2階下のフロアに勤めている子だった
別の階なので特に接点もなくたまに見掛ける程度だけど、一番印象に残っているのは自転車に乗っていた子供がそのまま横に倒れたのを駆け寄り笑いながら起こしてあげている姿だった
あと自転車に乗ってる親子が買い物袋から落とした物を拾ってあげていたりも見た
ある日彼女が台車に荷物を乗せて運んでたのがロビーの段差で崩れたのを助けて言葉を交わしたのが最初
それから顔を合わせると会釈をするくらいで数ヶ月過ぎた
お昼に出るときに一人で歩いている彼女を発見したので思い切って一緒にお昼に行きませんかと聞いてみた
「いや、え、えー。」って言っていたけど、「あんまりうちの人たちが使っていないお店でいいですか。」って言ってちょっと離れたお店に一緒に入った
自分でもなんでそんな大胆なことをしたのかは全く分からない
そこで連絡先を交換して会社のビルの下で待ち合わせをして飲みに行ったりするようになって付き合って結婚
会社は違うけど職場?ビルは一緒だから新居もあんまり揉めることはなかったし、一緒に通勤できるのも嬉しい
時々一緒にランチに行くのが楽しみ
今日嫁が手袋を拾ってたのを見て改めてこういうところが好きだと思ったので書いてみた



979: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/08(木) 06:16:23.31 ID:OUjPc1VT0
>>975
行動の原点が良心なんだね
こういうの大事だよ



976: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/07(水) 22:09:14.54 ID:W2jWaO2t0