1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:12:10 ID:aD5
明治維新になってようやく統一国家できてるやん
それまで幕府とかいう政治体制でちんたらしとったけど
闇の深い画像、怖い画像、ネタ画像が不思議と集まってくるスレ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5300835.html

日本


68: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:28:30 ID:br2
>>1
米のせい
土地生産性がいいせいで、その気になれば狭い地域で自給自足が可能
ムギとかブドウみたいなもんしか育たない不毛の地なら、いやでも
交易をやらんと飢え死ぬだろ、広い地域を統治する政府も生まれるわけだ



74: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:30:13 ID:aD5
>>68
なるほど飯が食えるか食えないかっていうのが根本にあるんやね
これおもろいな



155: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:51:15 ID:Tpu
>>68
言うほど不毛でもないぞ
米が異常なんやで
あれ、昔なら、麦の10倍採れるからな



2: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:12:35 ID:aD5
信長がおらんかったらどないなってたんやって話やな



3: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:12:54 ID:AD5
別に必要がなかったからとしか…



6: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:13:25 ID:aD5
>>3
なんで必要なかったん



11: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:14:33 ID:AD5
>>6
連邦制に近い形でそれぞれ独立して統治してた方が効率よかったから
どの州が格上とか序列さえ決めときゃ争いも起こらんし



16: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:16:07 ID:aD5
>>11
効率重視やったんやな
もっとこう・・・富国強兵的な概念がまだなかったんやな



21: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:17:06 ID:AD5
>>16
そんなもんにリソース割くなんて無駄でしかなかったからな



25: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:18:04 ID:aD5
>>21
ほんまに外敵がおらんかったら必要なかったんやな



4: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:13:04 ID:oox
外敵が存在せずまとまる必要がなかったから



8: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:13:59 ID:aD5
>>4
外敵おらんくてもあれやん
力持った地方勢力おったら安心しておれんやん



10: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:14:19 ID:oVu
>>8
山とかに隔てられてるからヘーキヘーキ



14: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:15:00 ID:aD5
>>10
そんなもんなかあ



5: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:13:10 ID:aD5
そら中国くらい国土が広かったらしゃーないかもしれんけど



13: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:14:55 ID:fIP
外敵が襲ってこんかったんやろ
元寇は弱すぎやったで



15: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:15:31 ID:oox
>>13
マグレで防衛成功した上に喉元何ちゃらだからなぁ



52: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:23:44 ID:fIP
>>15
ほんとに台風で勝ったと思っとるんか???



57: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:25:30 ID:oox
>>52
元は移住する気まんまんだったから乗員の全員が戦闘員ではなく混乱していた可能性があり、そこで天候等のイレギュラーなことが起き防衛できた



64: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:26:49 ID:Tpu
>>57
むっちゃ島伝いに侵攻されてるで
ただ、対応が2回目はしっかりしてる



19: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:16:39 ID:mIB
元々中央集権やったやろ



20: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:16:54 ID:aD5
>>19
えっいつ?平安時代?



23: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:17:34 ID:AD5
>>20
日本は大和朝廷成立以降中央集権国家と言えなくもない



27: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:18:29 ID:aD5
>>23
えげつない戦国時代ありましたやん



31: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:19:21 ID:oox
>>27
天皇家に誰が認められるかの争いやったからな



34: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:19:35 ID:AD5
>>27
あんなもん帝に権威認めてもらう為のプロレスでしかないやろ
民族ごと殲滅するような大陸的内戦をやってから言ってどうぞ



35: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:20:12 ID:aD5
>>34
スケールが違うんやな
たしかに内紛レベルや



22: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:17:16 ID:QEV
というかドイツとかも統一なかなか出来んかったやろ
イギリスもそうやし



26: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:18:05 ID:cNB
>>22
ドイツは未だに連邦制やしな



28: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:18:36 ID:QEV
大和朝廷って統一したことにならんの
守護大名とか地域を治めることを許可されとる感じやろ



33: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:19:23 ID:BXm
>>28
東北蝦夷「」
諏訪国「」



29: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:18:58 ID:cgt
日本の歴史って中央の目が行き届かないところで地主とかが力持つのの繰り返しだよな



38: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:21:02 ID:aD5
>>29
それを中央はなんで放置しとったんやろか
自分らのことしか考えてへんのか



41: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:21:21 ID:AD5
>>38
それで上手く回ってたからや



43: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:21:29 ID:iW7
>>38
力無いしなぁ



47: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:22:21 ID:aD5
>>43
力無い連中がなんで統治できてるんって
不思議な話やん。こんなん他の国でないやろ日本だけとちゃう



49: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:23:21 ID:AD5
>>47
権威と権力分散して統治するのが効率ええからな
欧州で宗教的権威のローマ法王と各国国王みたいな関係を日本は国内だけでやってたってことや



53: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:24:24 ID:aD5
>>49
ああ~キリスト教圏でいうところの教皇か
これは分かりやすいわ



30: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:19:04 ID:aD5
応仁の乱ありましたやん
京都焼け野原になってますやん



37: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:20:31 ID:oox
>>30
応仁の乱は室町幕府の将軍争いの名を冠したNo.2争いやで



36: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:20:15 ID:mIB
中央から荘園に派遣されてた人らは代官やったやろ
それが勝手に独立した



39: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:21:08 ID:iW7
中央集権(仮)は常にあったけど外でポカポカけんかしてただけやろ



50: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:23:33 ID:aD5
>>39
なんで外のポカポカ放置しとったのがわからん
でも外敵おらんかったからそれでよかったんやな



40: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:21:19 ID:aD5
京都のことしか考えてへんのか



45: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:22:02 ID:QEV
公家と武家ってあって武家が実権を持ったけど
結局は朝廷から委託されとる感じやろ
中央集権とまでは言えんか、江戸幕府がもっとも中央集権に近かったかな



46: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:22:14 ID:oox
足利家も、信長も、光秀も、秀吉も、家康も天皇にどうやって認めてもらうかを考えて行動してたからな



51: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:23:38 ID:BXm
>>46
ノッブ「安土城の下に清涼殿置いて天皇見下ろしたろwwww」



58: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:25:43 ID:mIB
戦国大名は「こっちからここまでワイの領地な」って勝手分けあってた
バチカンの許可無しにポーランド分割したようなもんや



61: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:26:20 ID:QEV
後醍醐天皇とかいう暴れん坊天皇が戦したこともあったんやっけ
天皇も最初は鬼畜やったらしいな源平の頃とかね
南北朝でめちゃくちゃになっても続くとかすごいなあ



63: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:26:31 ID:aD5
ワイが納得したらスレ終わるやん?



69: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:28:53 ID:okL
なんで藩ってそれぞれ手を取って国家になったんやっけ?



73: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:30:05 ID:AD5
>>69
もともと赤字自治体ばっかで何も旨味がなかったのとそれぞれのトップは体制変換後の身分保障されたから



70: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:29:10 ID:BXm
対馬やったか
地方豪族が実態として国の外交してたのは



90: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:34:18 ID:fK7
>>70
薩摩・対馬



96: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:35:42 ID:BXm
>>90
国書書き換えに自信ニキィ・・・
結果オーライ



71: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:29:48 ID:fK7
足利義政「何か後任を選べとかめんどいは子供が出来ないし弟に任せるか」←戊辰戦争まで続く混乱の原因



81: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:32:00 ID:aD5
>>71
これひで



86: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:33:23 ID:fK7
>>81
なお弟は仏教の住職から無理矢理戻して将軍についた直後に日野富子祝妊娠



92: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:34:25 ID:aD5
>>86
もうめちゃくちゃや



98: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:36:30 ID:fK7
>>92
ここから酷いのは
弟派vs日野富子派で分裂
なお兄であり夫は別邸で宴とお花見



75: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:30:17 ID:mIB
何にしても
自分の領地を守る領主のおかげで首都中央とその他植民地にならずに済んで良かったやん



77: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:30:45 ID:rsr
no title




78: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:31:14 ID:QEV
地方自治が先に育った感じかね



84: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:32:42 ID:QEV
>>79
欧州だと諸侯?王国連合かな?



94: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:35:38 ID:cNB
>>84
フランスの場合はブルボン時代に国王か貴族を叩き続けて権力を集中させることに成功した



109: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:40:12 ID:QEV
>>94
フランス革命って市民革命じゃなくて貴族革命やろ
あれで貴族が淘汰されて中央集権化の基盤が整えられたんちゃうかな
日本やと戊辰戦争からの士族の反乱と制圧を得て中央集権化が盤石化したんちゃうかな



118: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:42:52 ID:cNB
>>109
ワイは学校で「革命政権はブルボン朝がやった中央集権化の果実を受け取って深化させた」みたいな話きいたけど
どうなんやろうねぇ?



151: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:50:27 ID:QEV
>>118
ワイはバカやからその話はよく分からん
恐怖政治になったのはウケるわ



80: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:31:55 ID:urH
中央集権には命令の伝達、つまり交通の便が必要なんやけど
日本はそれが遅れたのも一因やね
逃散した農民が逃げるからって街道は基本整備せんかったし



88: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:33:53 ID:aD5
>>80
農民が逃げるから街道は基本整備しないって始めて知ったンゴ
確かに日本って国土のほとんどが山やし
交通の便の発達が遅れてたからっていうのは要因のひとつやね



129: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:45:59 ID:urH
>>88
一番整備されてた京都-江戸間の飛脚が4日程度かかってで一日120km位や
ちうごくなんかは一日400km以上行けるから南京の書類を北京の皇帝が決済しても
往復しても5日位やからな
日本の将軍が同じ距離の福岡-江戸で同じことやろうとしたらとんでもない日数かかるから
結局現地大名に統治してもらった方が確実や



141: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:47:59 ID:aD5
>>129
はえ~中国ってすごい交通発達してたんやね
これは確かに地方に任せるわ
インフラ整ってなかったのめちゃくちゃでかい要因やな!これはおもろい



153: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:50:47 ID:urH
>>141
逆に明治維新で鉄道やら電信やら汽船やら
道路整備やらでインフラが一挙に整ったから中央集権化が加速できたんやね



158: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:51:54 ID:aD5
>>153
おおーほんまにまさに時代が時代やったんやな
上でもレスがあったけど時代にフィットしたというか



169: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:53:05 ID:QEV
>>141
中国はそういうのやってたのになんで発展しおくれたんやろ?
日本における文明開化ンのようなことが中国でもおこって近代化はし始めていたけどいまいちやったやん



175: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:53:56 ID:aD5
>>169
アヘン戦争とかで西洋に叩きのめされて改革どころでなかったからとか?



182: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:55:34 ID:cNB
>>175
西太后「軍拡予算つかって隠居屋敷つくったろ!改革派は弾圧で」



184: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:56:08 ID:aD5
>>182
これほんまひどい
アホのせいで国が滅びる



83: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:32:42 ID:AD5
ていうかガチガチの中央集権てのが産業革命から第一次大戦までの工業化にたまたまフィットしたってだけで効率ええ統治方法ではないからな



97: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:36:27 ID:aD5
>>83
あの時代は集団でやるのが1番効率の良い時代やったんか
確かにマンパワーが物をいう時代やったもんな



103: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:37:50 ID:AD5
>>97
人類史上初めて工業製品の規格化って概念が生まれたのがこの頃やからな
同じものを効率よく大量生産するには向いてる、これは近代化した軍隊の整備にも言えるが



87: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:33:45 ID:QEV
欧州貴族の政治ってクソやったと思うんやがなあ
庶民は奴隷というか、ロシアは本当に酷くて



106: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:39:25 ID:aD5
>>87
ロシアの庶民って聞くと真っ先に絵画のヴォルガの船引き思い出すわ
ザ・農奴、みたいなやつ
no title





91: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:34:21 ID:QEV
室町幕府って実体ないんちゃうか?無知を承知でいうけど



93: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:34:53 ID:aD5
>>91
せやんな
ほんまに統治のとの字もない



99: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:36:32 ID:AD5
>>91
統治システムにおける独自性が弱かっただけで実体がないってのは流石に言いすぎやろ



101: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:37:22 ID:QEV
>>99
やっぱツッコミ入るわな



107: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:39:26 ID:7yK
>>101
既に出てるけど権力はなくても権威はあるからな
地方で威張るにも将軍(つまり帝のお墨付き)からの役所あるのと無いのとでは違う



108: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:40:12 ID:7yK
>>107
役所→役職



105: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:39:21 ID:fK7
徳川政権
反省を踏まえ
旗本100万石と奉行なるものを創設
なお旗本の戦力は戊辰戦争で役に立たずに降板



110: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:40:19 ID:AD5
>>105
維新後の教養層として人材輩出したからセーフ



112: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:41:17 ID:okL
諸侯がボス
土地主がボス
資本家がボス

って感じで支配層は代わっていった気がす



122: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:43:29 ID:HeU
ノッブ…外を見てた
サッル…外を見てた
脱糞狸…内を見ていた

はいゴミ



124: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:44:03 ID:fK7
>>122
いや混乱を生じる方が無能采配



132: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:46:23 ID:HeU
>>124
いやいや攻めるかどうかは別にしても目は外に向けとかなあかんわ



136: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:47:18 ID:fK7
>>132
一応向けてたじゃん出島と言う
今で言う横浜や東京港みたいなので



139: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:47:50 ID:s9t
>>136
オランダからしか情報入らないってヤバいやろ



149: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:50:13 ID:fK7
>>139
オランダとか言うけど今の説だとオランダや中国以外な者とか貿易してたみたいだね



144: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:48:38 ID:cNB
>>122
この期間にスペインポルトガルが弱体化して英蘭が台頭してきたことも考慮せなアカン
英国は自国製品を売りつけようとしたけどオランダはちゃんと市場調査して中国や東南アジアで日本人が欲しいものを調達してきた
結果オランダが欧州勢で唯一日本市場に食い込むことに成功



172: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:53:20 ID:HeU
>>144
うーん
でもノッブやサッルならもっと広げてたかもよ?



125: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:44:22 ID:aD5
腕ちぎられて逃げてきた先やろ諏訪は



126: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:45:30 ID:aOg
外圧がなかったからやろ
ヨーロッパで国民意識が芽生えたのは敵国の存在があったからやぞ

中国は戦争し過ぎで戦争回避のための統一意識が芽生えたけど
それは国民意識とは別物でナショナリズムができたのは近代に入ってから



128: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:45:55 ID:vHp
土地の管理、納税、城や兵士や武器の管理、単位の管理
これを統一集権化したのは秀吉からやで



137: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:47:29 ID:s9t
どうして江戸時代って馬車も作れなかったんだろ



142: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:47:59 ID:AD5
>>137
街道整備に金かけないと馬車とか使い物にならんから



148: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:50:13 ID:7yK
結果的に鎖国は近代へのチャージ期間になったからええやろ



160: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:52:20 ID:BXm
オランダはその時勢にかなり的確に対応する小回りの効く国
現代でも
もちろん完全ではない



161: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:52:22 ID:aD5
めちゃくちゃタイミングよかったんやな明治維新の頃って



178: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:54:18 ID:AD5
>>161
というか産業革命からの植民地獲得競争の流れで外圧が高まって生き残るのには明治維新という政権交代やった方がええってなっただけの話やから
あれをドラスティックな革命みたいに考えると本質を見誤る



162: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:52:24 ID:mb5
そういや今年は明治維新150周年らしいやん



166: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:52:45 ID:aD5
>>162
やからスレたてたんよ嘘やけど



167: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:53:03 ID:mb5
>>166




191: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:57:22 ID:kKj
国力だけ見たら中国って
歴史的にも化け物の類やのに
何故か戦争強くないからなぁ



194: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:58:00 ID:mb5
>>191
北方異民族に侵略されまくりよな



197: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:58:16 ID:9Pb
>>191
内ゲバで崩壊してるイメージしかない



204: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:59:26 ID:AD5
>>191
デカすぎて纏まらんてのと体制が変わる度にガラガラポンで経験値の蓄積ないってのはでかいかもな
日本は何だかんだ支配階層の大きな入れ替わりってなかったし



192: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:57:23 ID:fK7
参勤交代は立派な中央集権じゃないのか



195: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:58:07 ID:cNB
>>192
幕府は大名領の行政権も裁判権もないやろ



201: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:58:53 ID:fK7
>>195
そうかごめん



198: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:58:26 ID:QEV
秀吉の頃からかな世界を意識するようになったのは
お侍さんがこのままじゃ日ノ本は異人に支配される!と危機感を持ったわけやん
中央(幕府)も地方(大名)



203: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:59:17 ID:HeU
日本がまともに中央集権してたのって明治初期くらいやろ



206: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:59:29 ID:s9t
>>203
元老がいた頃やな



208: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:00:13 ID:rl2
>>203
戦後もわりと中央集権してたろ



212: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:01:39 ID:f8p
>>208
維持は出来てないで
短期のアルバイトや



207: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)23:59:30 ID:3MS
一応天皇集権制を終始維持したってのは評価すべきやと思うで
いいか悪いかやなくてな
正直西欧のような一神教体制でもなく、
中国のような皇帝の簒奪がままある歴史でもないのに
皇室が存続したのはすごいと思うわ



213: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:01:49 ID:Kxa
>>207
むしろ朝廷の集権が穏やかに瓦解していったから皇統が今まで続いてるんやないかな



221: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:03:56 ID:OXu
>>213
中途半端に親政せずに貴族武士や官僚に任してきたのが良かったってことかな



230: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:05:43 ID:GUd
>>221
「大政奉還」とか言ってもむしろ皇室がガチで政務を直接見たのって日本史でそうないよな



234: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:07:06 ID:rl2
>>230
天皇親政で上手く回ってたのって天武天皇とかあの辺までよな
後醍醐天皇も結局失敗してるし



244: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:09:27 ID:Kxa
>>234
桓武帝のこともたまには思い出してあげてください



220: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:03:29 ID:rl2
未だに3割自治とか言われるぐらいやし
日本はまだまだ中央の権力強いで



223: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:04:13 ID:n3m
>>220
地方に住んでると分かるが・・・
地方にブレインがいない
マジで人材がいないか、居ても認識されない



227: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:05:23 ID:0VI
>>223
頭いい奴は上京するもんなぁ



228: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:05:27 ID:rl2
>>223
文化的な格差とかもあるしな
人材は埋もれるか、都会に吸われてしまうんよな



226: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:04:36 ID:3gK
>>220
地方の方からお願いして中央に面倒見てもらわなあかん状況やし残当



222: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:04:07 ID:AH6
東條英機「近衛には悪いことをした…首相になってみてそれがよくわかった」

戦前の日本で制度的には一番権力握っていたはずの東條英機もまともに統制取れていなかったとかいうアレ



229: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:05:39 ID:XnW
>>222
しかも頼りの政治家がなぁあれだし



232: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:06:51 ID:f8p
>>222
民主主義の暴走やからね
まともな指導者いないとああなる



246: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:09:42 ID:tn0
宣教師「布教ついでに日本人を奴隷として母国で売りさばいたろ!」
秀吉「なにしてくれとんねん!伴天連追放令じゃ!」
宣教師「迫害や!迫害や!許されへんで!」

これほんときらい



252: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:10:24 ID:AH6
>>246
実際にはキリシタン大名とかが売り払ってたんだよなあ…



259: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:11:35 ID:OXu
>>252
これまさに黒人奴隷と同じパターンよな



262: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:12:23 ID:rl2
>>252
国内でも人身売買は普通にあった時代やししゃーない



272: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:14:41 ID:GUd
>>246
割と純粋な宣教師は頑張ってたらしいけどな
宣教師「唯一神の名前ってなんて訳せばええんや…」
現地の信者「大日如来でええんちゃいますか」
宣教師「そうなんか!じゃあそれで行くわ!」
大問題になった模様



277: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:16:09 ID:rl2
>>272
正直Deusの訳が「神」でよかったのかと言われると今になってみると微妙やけどな



282: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:17:12 ID:OXu
>>277
当時は外来語音訳する習慣なかったんか?



284: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:17:36 ID:rl2
>>282
あーそうやったかも
神と訳したのはもっと後か



286: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:18:26 ID:OXu
>>284
時代劇ではキリシタン大名はデウス様って言ってる気がする



297: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:21:26 ID:GUd
>>277
まあそもそも「デウス」は正確にはキリスト教の神じゃないしな



287: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:19:13 ID:y0R
宗教の勧誘する奴にろくな奴おらんからな



394: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:45:14 ID:0VI
米も小麦もそのままじゃ食えないけど煮たり混ぜて焼いて加工したら食えるってことに最初に気付いた奴すごない?



398: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:46:27 ID:8LK
>>394
こんにゃく芋は頭おかしいと思う



401: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:46:52 ID:ado
>>394
実が生ってれば一応そのまま食える しかし品種改良される遥か昔に食用にすることや調理を思いついた人間は凄いわ



402: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:47:14 ID:rl2
>>394
縄文人もドングリアク抜きしてたし
それに近い発想なんやろ



395: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:45:55 ID:y0R
大正義芋



397: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:46:21 ID:n3m
>>395
マジで明治維新の影の立役者が青木昆陽とサツマイモだからな



403: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:47:32 ID:8LK
>>397
芋ってそんなにいいものか



411: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:48:35 ID:n3m
>>403
米の育たんところで育つの大事



404: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:47:34 ID:AH6
飢饉の時には毒のあるソテツすら水さらしして発酵させて乾燥させて食ってたからなあ…

腹が減った人間はなんでも食おうとするんやろ



412: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:48:38 ID:rl2
>>404
キャッサバとかいう毒芋を主食にしてるアフリカ人は凄いわ
あんなん毒抜きクッソ面倒やろ



426: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:50:27 ID:Kxa
>>412
奄美では蘇鉄を数ヶ月かけて毒抜きして食ってたらしいね



427: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:50:46 ID:n3m
>>426
あれも酷い話だったな



435: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:52:01 ID:Kxa
>>427
砂糖の生産拡大せんと薩摩藩が死んじゃうからね、仕方ないね
みんな関ヶ原が悪いんや



408: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:48:02 ID:Kxa
飢饉に強い粟や稗や蕎麦
これがなけりゃ東北はもっと大惨事よ



409: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:48:05 ID:ado
灰汁抜くって発想もすごいよな 水洗いから派生したとか虫食いを熱で殺すとかが元になったんかなぁ



419: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:49:10 ID:Ev5
>>409
灰汁=食えたもんじゃないって事やから抜けたら食えるやろの精神やろ



337: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)00:29:53 ID:DnZ
中央集権化は国家同士の戦争時には有効なんやけど
個人がのんびり生活する上では分散しとった方がええんやで


転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1525702330/
超笑える厳選ボケて(bokete)画像を集めるよ

天皇陛下すごすぎワロタwwwwww

移民受け入れってそんな悪い事なの?

【地球ヤバイ】世界の絶景・美しい写真

「伏線を回収せずにぶん投げやがった・・・」感が堪能できる作品

【簡単】お夜食のレシピ

ゲームのドット絵って「芸術」だよな

民族・国民性ジョークが集まるスレ

病院であった恐怖体験