1:とある名無しと恐怖のコピペ:2011/05/11(水) 22:00:55.79 ID:JYO41D+W0
心霊写真
友達と二人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、
近くの山道に惨殺事件があってからも未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。

玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の部屋、階段から二階へ行き、
子供部屋からベランダ、母親の部屋、階段を降りて一階へ。

最後に家をバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。
んで今日、出来上がった写真を見て俺達は驚いた。
何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、一軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする

↓解説↓
主人公と友達が殺人鬼
→ 「父親の部屋」や「母親の部屋」というのは第三者には分からない
→ 知っていると言うことは、主人公と友達が惨殺した
→ 成仏しちゃって写らなくなった
→ 「人が住んでる」、「孤立してる民家」に「準備」して次の惨殺ターゲットを物色に行く会話
→ にげてー
よくみると


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 22:06:02.48 ID:Y14Crk7P0

こないだ高校の同窓会に行った。

みんなそこそこ成功してるやつばっかで、手取り20万の
貧乏リーマンの俺は肩身がせまい。
オーケーわかってる、そんなことは予期してたさ。
俺はおもむろにケータイを取出し「ちょっと失礼」と言って席をたつ。
(もちろん誰からも電話など掛かっていない)
「なに!外資のファンドが参入・・・」
(聞きかじった言葉を適当に)
「かまわん!買って買って買いまくれ!そうだ全部だ!」
(声を荒げてみせる。俺も何が全部なのかわからない。)
「責任は全部俺が取る。余計なことは考えるな!」
電話をおわり、席へ戻る。「ゴメン、ちょとしたトラブルで・・・」
みんな、口をポカンと開けて俺を見ている。
数分後再びケータイを取出し・・・。
「よし、転じたか!一気に売りぬけろ!」
(気分はウォール街のマイケル)
「やったか!300?310?よし、よくやった!!(小さくガッツポーズ)」
(もう単位などどうでもいい、みんなに任せとく)
「フゥーーーーーーっ」
大きな溜息をつきながら、席へ戻る。俺は大満足。
するとみんなが何かコソコソ話してる。気のせいかクスクスと
笑い声らしきものも。
そしてひとりの同窓生が失笑まじりにつぶやく。
「今日土曜日だぜ」

みなさん大爆笑。
いまだに意味が分かりません。誰か教えてください。


237:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:49:50.49 ID:inyYJTGB0
>>10
今頃だけど土曜日は株式市場は休み


16:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 22:09:21.76 ID:JYO41D+W0
隣の部屋
ある地方の女子大生が東京の大学に進学が決まり、

東京に一人暮らしする事になりました。

とあるマンションで生活を始めているうちに、
ある日部屋に小さな穴があいているのに気づきました。
その穴は隣の部屋に続いていて、何だろうと覗き込みました。
すると、穴の向こうは真っ赤でした。

隣の部屋は赤い壁紙なのかな、と思いつつ次の日も、次の日も
その女子大生は小さな穴をのぞいていました。
いつ見ても赤かったので、隣の部屋が気になった女子大生は
マンションの大家さんに聞いてみることにしました。

「私の隣の部屋にはどういう人が住んでいるんですか?」
すると大家さんは答えました。
「あなたの隣の部屋には病気で目が赤い人が住んでいますよ。」


19:
忍法帖【Lv=10,xxxPT】 【東電 83.7 %】 :2011/05/11(水) 22:11:15.01 ID:16fvLdGI0
>>16
うわああああああああああ


17:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 22:09:55.22 ID:xuX18t9Q0
記憶喪失
260 :sage:2008/07/09(水) 00:34:58 ID:bLXbrbsw0

目が覚めた。
いや、醒めたと言うべきだろうか。
ここはどうやら病院らしい。

先生に聞いた話では、全身傷だらけで倒れていたのを保護されたらしい。
所持品も無く、記憶障害をおこしていて自分の名前も住所も言えなかったそうだ。
TVのニュースで呼びかけたようだが、鏡を見ても俺が自分だとわからないくらい
顔が変形していたので判別できず、そのうちに人々の記憶からも忘れられた。

だが、今全てを思い出した。
俺をこんな目にあわせた奴もはっきりと思い出した。
やるべき事は、そう。復讐だ。
だがまずはゆっくりと休みたい。
俺は半年ぶりの我が家へ。
一人暮らしの寂しさを紛らわす為に飼ってたチワワのマロンが大歓迎してくれた。

267 :sage:2008/07/09(水) 01:14:46 ID:bLXbrbsw0
俺の体力が落ちているせいか、半年ぶりのマロンの大歓迎は凄まじく、とても手に負えない。
うわ、ちょっと・・・


目が覚めた。
いや、醒めたと言うべきだろうか。
ここはどうやら病院らしい。
先生に聞いた話では、全身傷だらけで倒れていたのを保護されたらしい。


64:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:23:30.00 ID:mAArqNp90
>>31
チワワがなぜ生きてるのか?
って事だと思ったけど後半が謎だな


156:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:38:22.30 ID:4crhVhjT0
>>17 チワワに襲われて命からがら外に出て半年間入院
家に帰ると何故かそのチワワが生きていて無限ループ。それチワワ?


23:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 22:12:52.92 ID:JYO41D+W0
ビデオ
「一年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」

「あぁ、あったな。それがどうした?」
「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな~♪」
「マジで?!」「えぇ~うっそー」「怪しい」「・・・ホントに?」みんなそれぞれ勝手なことを言っている。。。
「まぁ、とりあえず観てみようぜ~」

ビデオが再生されると初めは普通の旅行のようだったが、
その夜に一人の死体がみつかるとそこからはパニック映画のようだった。
みんな震え、怯えている。

そこから次々と死体で発見されていき、結局はカメラマンと一人の少女が残った。少女は言う。
「あなたが犯人なんでしょう?!私が犯人なわけないもん!
それに、こんな状況でビデオ撮ってるなんておかしいわよ!」

「違うおれじゃない!これは警察に証拠として、渡すために・・・」
少女は最後まで話をを聞かずに外に飛び出していった。それをすぐ追いかけるカメラの男。

そこで、急に画面が黒くなり次には無残な少女の死体と首吊り自殺をしたと思われる、
カメラの男が映っていた。そこでビデオは終わった。



189:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:24:35.45 ID:4crhVhjT0
>>23 
7人全員が死んでいるのに手元にあるビデオテープ
しかし、ビデオ撮影していたとされる男は最後にしか映っていない
しかもその直後ビデオを止めた人間がいる
恐らくビデオを持っていた男が犯人


27:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 22:14:06.35 ID:wKD6lXKs0
占い
この前な、すごい当たるって言われてる占い師に見てもらったんだよ

なんでも、客の中にはおかげで悪性の腫瘍を早期発見出来たって奴もいたらしい。

まあ、俺はそんな占いなんて非科学的なものは信用してないからなww
適当にお茶を濁す感覚で見てもらったわけ
そしたらその占い師のババア
俺の顔を見るなり、

「あなたキャンサーね」

ばーーーーかwwww
俺、水がめ座だよ!み・ず・が・め・ざ

なんだよ、カニ座って。しかもキャンサーだって?
英語使って知ったかぶりwwwうはwww
なんでよりによってカニ座なんだよ
消防時代、カニ座ってだけでいじめられてた奴いたな。あと魚座ww
その点おれは水がめ座!マジかっこいい!オーロラエクスキューションくらわすぜwww

もうね、腹筋よじれるくらい大笑いして、
なんか言いたそうな占い師にバーカバーカインチキーって叫んで帰ってきた。


198:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:34:34.58 ID:4crhVhjT0
>>27 
キャンサーは悪性腫瘍をさす用語でもある


29:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 22:15:58.77 ID:JYO41D+W0
危険な住人
この前大学に通うために地方へ行った友達から電話がかかってきた。

結構夜遅い時間だったけど、
久しぶりの電話だから寝るまでの時間大いに盛り上がった。

ただ、そいつの話で一つ気になる事があった。
隣に住んでる奴がオカシイらしい。
朝会っても挨拶もしないし何より臭い。
頭はボサボサ、服はボロボロでどうみても風呂に入ってなさそうな格好らしい。

行動もおかくて、カラスを捕まえて殺したり、
猫の尻尾を切ったりと近所でも有名なヤバイ奴とのこと。
またそのアパートの壁が薄くて、
夜中ゴソゴソ何かをしている音がいつも聞こえると言っていた。

まだ実害が無いから今の所は心配無いと言ってたけど、
気持ち悪いから機会があったらすぐ引っ越したいんだとさ。
その後、友達が殺されたのは言うまでもない。


198:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:34:34.58 ID:4crhVhjT0
>>29 
カラスも猫も騒音となりやすい。隣人は音の元を断っていた
友人の電話の声も隣人にとっては排除するべき騒音だったのだ


34:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 22:19:27.88 ID:wKD6lXKs0
コイン
ある数学の教授がいた。彼は家に帰る途中に1枚のコインを拾った。

片面には三角形の模様、もう片面には星の模様が彫ってあった。
教授は確率について研究をしていたので、
このコインの「裏」の出る確率をしらべようとした。
しかし、教授はどっちが「裏」かわからない。

翌日、教授はいろんな人にこのコインのことを尋ねてみた。
しかし、皆見たことすらないという。

その日から、教授は常にコインを持ち歩き
人に会えば、その度コインについて訊いていた。
暇があればコインを投げて、出た面をチェックしていった。

それからどれくらいの月日が経っただろうか、
どれくらい教授はコインを投げただろうか、
ついに「三角」の出る確率と「星」の出る確率が割りだされた。
三角…25%  星…75%
信頼できる確率である。

しかし、教授は「裏」の出る確率が知りたかった。

結局どちらが「裏」かわからないまま

教授は死んだ。


62:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:16:48.76 ID:gFuvBGMu0
>>34
解説希望


63:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:19:50.19 ID:3QCYu5Kh0
>>62
星の模様の面が放射性物質だった。
「裏」がウランとかかっている。
三角は警告を表すマーク。星は放射線のマーク。
教授はウランに触れて死んでしまったのだ。


73:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:41:58.40 ID:gFuvBGMu0
>>63
thx 確率がどう関係してるのかわからんが


78:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:47:11.45 ID:rqBRFfF+0
>>73
売らんは重いだろ


120:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:36:14.78 ID:Mp3CSB2/0
>>78
おおお ありがとう


37:
忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/05/11(水) 22:22:18.82 ID:bNThrhNv0
落書き
俺が小学生の頃の話。


俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、
地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。

ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。

友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
わたしの からだは このしたに いるよ」
と書いてあった。下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ。 うしろ みないでね」
俺は急いでその部屋の窓から飛び降りにげた。
それからはもう、その場所には近づいていない。


76:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:45:05.05 ID:XyJNMmx+0
>>37
すごいな・・・「あたまは ひだり からだは みぎ」とか絶対見た瞬間逃げるわ
死んでも左は見ないwww


82:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:50:58.77 ID:e+QhS//d0
>>76
ついでに補足すると

>下を見ると
>「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ。 うしろ みないでね」

最後だけ「と書いてあった」と記されていないことから
実際に囁かれたものと思われる


84:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:55:23.66 ID:pl/mHD3F0
>>82
//////////_---―――――---_\  ///////////////////////_---―――――---_\  /////////////////
// // ///:: <   _,ノ , 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  /////// ////// // ///:: <   _,ノ , 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  /////// ////
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  // ////// ////// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  // ////// /
// //,|:::     ⌒ /    ヽ⌒      ;|   ///// // /// //,|:::     ⌒ /    ヽ⌒      ;|   ///// // /
/ // |:::         |~ ̄ ̄~.|        ;;;|   //// ///// // |:::         |~ ̄ ̄~.|        ;;;|   //// ////
/// :|::        | |||! i: |||! !| |       ;;;|   /////////// :|::        | |||! i: |||! !| |       ;;;|   ////////
////|::::       | |||| !! !!||| :| |      ;;;;;;|  /// ///// ////|::::       | |||| !! !!||| :| |      ;;;;;;|  /// /////
////|:::::      | |!!||l ll|| !! !!| |     ;;;;;;|  /// // // /////|:::::      | |!!||l ll|| !! !!| |     ;;;;;;|  /// // // /
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|     ;;;;;;//////// ////// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|     ;;;;;;//////// ////



90:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:01:11.12 ID:19iI5HrqO
>>82
すげええええええ
見慣れたコピペでもこういうことあるから怖い


53:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 22:44:20.81 ID:JYO41D+W0
壊れたテレビ
さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。

音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。
俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした。
ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。

何やってんだ俺は。このテレビは15万もしたじゃないか。
たまたま落とした場所には布団が敷いてあって、
落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。

たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。
映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。

最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。
それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかなぁ。


54:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 22:48:37.08 ID:YsGRGp210
>>53
こええええ


70:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:41:08.17 ID:e+QhS//d0
地震
471 :sage:2011/02/04(金) 01:43:19 ID:TrO8MMSL0

終電もとっくに過ぎた深夜。一人残業してたら足元がぐらぐら揺れた。
結構強い揺れだったので、携帯でニュースの確認をしようとしたら
ちょうど母さんから電話がかかって来た。

「もしもし、孝?今結構揺れたやろ?そっちは大丈夫なん?」
「横にぐらってきたけどすぐ止まったし、大したことないで。そっちは?」
「猫ちゃんが怖かったんか朝から姿見えへんのやけどね。まぁ食器何枚か割れたぐらいやわ」
「そうか。母さん、怪我とかしてへんよな?」
「大丈夫大丈夫!あんたも気いつけや。ほなね!」

母さんの元気そうな声を聞いたら何かほっとした。
俺は窓を覗き込む。地上のイルミネーションは遥か下方に広がり、
客待ちのタクシーの列が俺の心を映したように退屈そうに見えた。
なんだか、疲れが溜まっているな。連日の寝不足で頭がはっきりしない。
締め切ったオフィスビルで一人残業していると、どうにも心が殺伐としてしまう。
次の連休には実家に帰ってのんびりしよう。たまには親孝行もするか。

疲れた頭でぼんやりと考えていると、顔なじみの守衛さんが見回りに来た。

「山田さん、お晩でごす。怪我ばねじゃか?」
「あぁ、おじさん。ご苦労さまです。こちらは大丈夫ですよ」
「それはよがた。生まれてはんでずっどこさ住んでらばって、
 こしたら地震は初まなぐてじゃ」


74:
忍法帖【Lv=10,xxxPT】 【東電 77.4 %】 :2011/05/11(水) 23:43:02.14 ID:16fvLdGI0
>>70
ん?わからん


210:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:56:51.54 ID:4crhVhjT0
>>70 
実家は関西なまり、職場は東北なまり、中間の首都圏で巨大な地震があった


88:
忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/05/11(水) 23:57:42.93 ID:bNThrhNv0
血液型
話変わるけどさ、俺ん家は名前に問題はないんだが、血液型が

父A 母A 俺AB 弟O 妹A
と、バラバラでワロタw弟だけA入ってねぇw誰だオマエwww


91:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:02:07.63 ID:idDN/P+40
>>88
弟は父と妹との子ってことか?


94:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:03:40.75 ID:2wITdDRt0
>>91
血液型の遺伝について調べてきなよ
もっとびっくりだよ


93:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:03:14.78 ID:doieP2Vi0

「人を殺したことがあるって本当?」

「……本当ですよ」
「人を殺すのって楽しい?」
「……ええ、楽しいです」
「また殺したい?」
「……そうですね、今すぐにでも」
「……嘘つきだな、君は」

彼は間違っている。彼はひとつしか嘘をつかなかった。


217:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:03:26.69 ID:4crhVhjT0
>>93 
解釈A 3つ目の質問だけウソ、後で殺しに行く
解釈B 2つ目の質問だけウソ、人を殺して食う種族


231:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:27:15.83 ID:b1myPRpIO
>>93
の解釈C
1つ目の質問も嘘

どうかな?
冤罪とか
そして質問者はそれを知っている・・・


643:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 06:02:28.09 ID:Hoa0eEH+0
個人的には>>93が面白そうなんだけどなぁ
最後の・・・・・・のセリフは答えてる側だと踏んでるが


95:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:03:46.73 ID:MSmQhK+J0
図書館
図書館で本を借りに行った。

壁際の棚にある小説の特集コーナーに行き、面白そうな
タイトルの本を抜き取りパラパラめくる。

抜き取ったとき棚の隙間から向こう側の人と一瞬目が合った。
10分ほど吟味した後良さそうな本を3冊抜き取って司書さんの所へ。
帰路の途中やっぱりあの本も借りておけば良かったと後悔したけど
まあいいやと思ってそのまま帰った。


106:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:13:57.62 ID:dWh7C2mo0
>>95
解説たのむ


112:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:18:40.24 ID:tMIrOe7fO
>>95
「壁際の棚」から本を取ったのに、「向こう側の人」と目が合った…
ってこと?


97:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:06:51.70 ID:+zE7/4Ss0
おー怖い怖い


113:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:22:44.04 ID:MSmQhK+J0
出所
昨日出所した。
おれは五人殺したが事件当時は未成年でもあったから、四年程で釈放。
当時はワイドショーを連日騒がせていたんだ。。
今は心から反省してるし早く家族を養うために働きたかった。

なぜハタチそこらの俺が家族を養うかって?
当然両親は会社クビになってるし、姉は学費払えなくて中退したんだよ。
外出もままならない家族はこの四年間、
飯買いに行く時以外は家に籠もりっぱなしさ。
だが貯金もつきてここ半年は塩と水道水だけで生活してたらしい。

さぞ恨まれているだろうと実家に帰ったが、
みんな何もなかったかのように振る舞ってくれて涙がでたよ。
母はテレビを見ながら手を叩いて大笑いしてるし、
姉は自慢の髪の毛をドライヤーで乾かしながら誰かと電話で話してる。
父はその様子を見ながら隠していた焼酎をチビチビ飲み、ニコニコしていた。

…………俺が早く働かなければ、このまま…………


115:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:26:19.86 ID:EGrYNkHx0
>>113
そりゃ狂うわな


116:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:26:24.46 ID:idDN/P+40
>>113
貯金が尽きたのに水道が半年止まってないってところ?


118:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:31:13.06 ID:MSmQhK+J0
>>116
そこ突っ込まれると痛い


125:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:43:49.32 ID:Yc6Rg9ai0
>>116
水道は本気で命に関わるから滅多に止まらないよ


126:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:47:08.28 ID:fi6PO0dCO
>>125
さすがに半年未払いだと止まる


127:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:48:31.87 ID:Yc6Rg9ai0
>>126
9ヶ月待ってくれたよ


128:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:49:07.57 ID:UWq4p8KP0
>>127
おい…


122:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:40:18.27 ID:dWh7C2mo0
双子
双子の幼女が誘拐された。
双子はガムテープで目と口を塞がれた

犯罪者は
姉の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら妹を殺すよ。」

さらに犯罪者は
妹の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら姉を殺すよ。」


123:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:42:45.68 ID:EGrYNkHx0
>>122
どっちが上か分かってるから割と身近な奴だな
双子だから体格は殆ど同じでしょ


150:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:30:20.61 ID:FOCdeUSlO
またか・・・
俺は仕事の時はいつも電車にのっている。

今日も電車に乗っていると、突然目の前に女性が現れた。

「ああ、またか・・・」

気が滅入ってしまう


156:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:38:22.30 ID:4crhVhjT0
>>150 
俺は運転手ってことだな


151:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:33:53.82 ID:MSmQhK+J0
エレベーター
8階に住んでいる


仕事が忙しく帰りはいつも深夜だ
にわか雨が肩を濡らすが気持ちいいくらいに思っていた。
ただ、いつもは明るいはずのエレベーターホールがやけに暗く見えた。
暗いのもすぐに理由がわかった。
何本かの蛍光灯の1本が切れている
今に始まったことじゃない。ココの管理人は仕事が遅い

エレベーターが1階に着きドアが開いてギョッとした
中に人が居る・・・ドアに背を向けじっと立っている
赤いリボンと赤のワンピース   女だ
乗り込むのを一瞬躊躇したが乗らないのも変なのでそっと入り込んだ
女に背を向けた状態で8階を押した。
ボタンがどれも押してないことに気が尽き失敗したとすぐに思った。
自分の住んでる階を押したくなかった

階上ランプを見つめながらエレベーターってこんなに遅かったかって考えていた
女は後ろを向いたままじっとして動かない
8階に着きエレベーターを降りたが女は変わらず後ろを向いている

部屋に着き少し落ち着きシャワーを浴びた
ビールを飲み二缶目を飲もうとして冷蔵庫が空なのに気づいた
近くにコンビニがある。サンダルを引っ掛けエレベーターを呼んだ
ドアが開くと女が乗っていた
さっきと同じ格好で背を向けじっと動かない

今度は乗れなかった


631:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 04:50:16.99 ID:RZ29613v0
>>151は最期何で乗れなかったか分かる人いる?


744:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 19:19:30.19 ID:K0O3hEMd0
>>631
1階のエレベーターホールは暗い
管理人は仕事が遅い
女は背を向けたままずっと動かない
8階からは乗れなかった

これらから考えて8階からエレベーターに乗る時に
女が死体であることに気づいてしまったのだろう
おそらく首を吊ったロープが見えて初めて男は気付いた
1階から乗る時には照明の暗さが原因で分からなかった


161:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:44:24.26 ID:MSmQhK+J0
由美?
学校から帰って台所で麦茶を飲んでいると
床下の収納スペースに死んだお母さんが押し込められているのに気がついた
隣の部屋からお父さんが出てきた
「由美?、お母さんは他に好きな人がいたんだ、お前のことも捨てて
出て行こうとしていたんだ、だからけんかになってさっき殺してしまった」
と泣き出した
私はお父さんを警察に突き出すつもりはない
このまま二人で暮らしていこうと思った
着替えのため自分の部屋に行くとメモ帳の切れ端が落ちていた
「由美、?逃げてお父さんは 狂っている」

あなたなら、お父さんと、お母さん、どちらを信じますか?


167:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:50:58.99 ID:4crhVhjT0
>>161
由美は多重人格、
そのため父親は由美の主人格であるかどうかを確認してから話しかけている
お母さんと喧嘩し殺したのは由美の別人格でり、
メモは本来「お父さん逃げて由美?、は狂っている」となる


175:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:01:23.62 ID:MSmQhK+J0
>>167
有名すぎたか
ちなみに漫画家・御茶漬海苔氏の話がもと
これの解釈は諸説あってなかなか面白いよな


176:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:01:48.89 ID:FOCdeUSlO
ストーカー
最近、仕事から帰ってくると部屋に置いてある物の配置が変わっていることがある。


俺は一人暮らしだし、勿論合い鍵を持っている友達や彼女もいない
「まさかストーカーか…」

俺は決定的証拠を押さえる為、友達と相談し、部屋にカメラを仕掛ける事にした。

その初日。いつものように仕事から帰りカメラを止めて再生してみる。

すると、知らない女が玄関から入って来たのだ。
俺は慌てて友達に電話して、収めた映像を実況する事にした。

俺「やべぇ!まじで知らない女が部屋に入って来てるよ(笑)」

友「まじかよ!?気持ち悪ぃ」

俺「うわ、押し入れに入っていったぞ。こうやって部屋物色されてたと思うとゾッとするな」

友「でも証拠押さえたから、これで警察に行けば動いてくれるな」

俺「ああ、そうだな。それにしても押し入れなんて入って何してんだこいつ……待て!また誰か部屋に入って来た」


俺だった


178:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:04:56.61 ID:czWAC1wkO
>>176
これ怖かったな


181:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:08:22.44 ID:4crhVhjT0
>>176
つまり今もなお押し入れに女はいる
実は映画のワンシーンだったらしい、その映画では男は逃げていて
次の日仕掛け人から悪戯だったと知らされるが、
仕掛け人が男の収録したビデオを確認中、協力者の女性に
「こんなことまでやったの?」と質問する
すかさず女性は「そんなことやってません」と否定しシーンが切り替わり
男が謎の存在に引き込まれてしまう


182:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:11:53.02 ID:k6UCl6/d0
>>181
大学の集団心理が云々って奴の話だっけ



192:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:27:52.43 ID:/7ka4m330
トイレの都市伝説
ショッピングセンターのトイレの個室で幼い女の子がレイープされ
子宮破裂、店側も評判を恐れて報道されていない、という都市伝説があるだろ?

うちの近所でも噂になったんだ。
それを真に受けたPTAママが噂になったショッピングセンターに
電話をして店長に問いつめた。そういう事件があったかどうか、と。
すると店長は「いっさいございません」。
それでも本当ですか?隠してるんじゃないですか?と食い下がると

「当店のトイレ個室にはすべて監視用カメラが設置され
私がこの目でチェックしておりますが、
今迄そのような事件はありませんでした」と
きっぱり言ったそうだ。


213:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:00:20.04 ID:FOCdeUSlO
有名所だが・・・

井戸
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていた

5年後、些細な喧嘩で友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった

次の日も、次の日も死体はそのままだった


215:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:01:44.35 ID:b1myPRpIO
>>213
死体を処分してたのは・・・・・


242:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:01:53.32 ID:MOG2yBpj0
どこへ行こう
昨日は山へ足を運んだ
今日は海へ足を運んだ
明日はどこへ行こう
私は頭を抱えた

「手を焼いているんですか?」
と聞かれたので、振り向いてこう答えた。
「どうも」


245:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:12:01.45 ID:4crhVhjT0
>>242
寝ぼけてた。殺した相手の両足を山と海へ処分
頭部はどこかへ持っていった、残った手を焼却していると
後ろから声が、「胴も」と答えるんだな


258:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:31:28.77 ID:MOG2yBpj0
オートバイ
俺は運び屋をやっていた。

だからオートバイで高速を利用するのが日課になっていた。
今日も荷物を届けるために高速に乗り目的地に向かう。
しばらく走ったところで斜線変えてきた車に接触した。
一瞬バランスを崩したが、なんとか体勢を直した。
危ねえ、後ろ位確認しろよ!
そう思いながらもなんともなかったので走り続けた。
そして目的地についたので高速を下りようと料金所に行き、金を払うためにバイクを止めた。

…その瞬間俺はぶっ倒れた。


264:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:40:44.93 ID:b1myPRpIO
>>258
実際にありそうだ・・・


266:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:44:22.12 ID:NSvvjW4Q0
>>264
似たような話ならあるよ
バイク男性:足切断気付かず2キロ走る 浜松で分離帯接触
13日午前6時半ごろ、浜松市西区篠原町の国道1号浜名バイパスで
同市南区の会社員の男性(54)がオートバイで中央分離帯に接触し、
右足をひざ下約10センチで切断した。男性は接触に気づいたがそのまま数分間走り、
約2キロ先のインターチェンジで初めて自分の足がないことに気づいたという。
静岡県警浜松中央署は痛みが強すぎて分からなかったとみている。

同署の調べでは、男性は仲間約10人とツーリング中、緩い左カーブを曲がりきれなかったらしい。
切断された足は仲間が現場に拾いに戻り、男性と一緒に救急車で同市の病院に搬送されたが、
つぶされるように切断されていたという。


269:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:47:51.42 ID:b1myPRpIO
>>266
あ、これ見たことある・・・

おそろしいな
バイクって体むき出しだもんな


270:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:50:05.83 ID:M8kyW74d0
ID:5e2tTJbD0
ある能力
ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。

毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。
男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。

目の前をおばさんが通る。すると男は
「豚」
と呟いた。
私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。
次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
「人」
あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。
別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。
男の目の前をやつれた男が通る。すると男は
「牛」
と呟いた。
牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?
次に典型的な肥満の男が通る、すると男は
「野菜」
と呟いた。
野菜?豚の間違いだろ?
私は家に帰り考えた。
もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?
その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。

ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。
ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。
次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?
私は能力を身につけた。
それは期待するものとは違っていた。
ただ単に、その人が直前に食べたものだった
私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。


271:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:52:54.03 ID:sRd9LAC/0
>>270
カニバ


280:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:02:12.35 ID:MOG2yBpj0
定員オーバー
夏の人ごみってうっとうしいよな。蒸れるし暑いし。

今日も、仕事で疲れてるとこに帰宅ラッシュの電車でダメージ受けて、
うんざりしながらマンションに帰ってきたんだよ。

エレベーターを待ってたのは、
おばさん、じいさん、小学生低学年くらいの男の子が2人、
男子高校生、黒いスーツの男、
背中にガキをおんぶして、幼稚園児の手を引いた若い母ちゃん。

次々に乗り込んで、最後に俺が乗った。
けど、ドアを閉めようとした時、白いワンピースの女がするりと乗ってきたんだよ。
で、「ブー」ってブザーが鳴ったんだよな。定員が九人だからさ。

恥ずかしそうに降りようとするから、代わりに俺が降りてやった。
彼女は「ありがとう」と小さく笑った。それが可愛くてさ。
まぁ、単に俺は満員が狭くて嫌なだけだったんだけどw得した気分w

そうそう、部屋に帰ってテレビつけたらニュースやっててさ、
なんかどっかのOLが行方不明なんだってよ。
それが超この辺で、ゾッとしたおかげでちょっと涼しくなったわ。


283:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:22:57.94 ID:4crhVhjT0
>>280
子供の体重は普通人数に含まれない…
ということはこのエレベーターにはまだ一人誰かがのっていたのだろう
おそらくはそのOLが目に見えないような場所に


287:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:37:58.82 ID:b1myPRpIO
>>280
ぎゃぁぁぁ


327:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:49:15.62 ID:qvBnqu9e0
身支度
「おい、まだかよ?」

俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。
俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。

「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。
「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」

「あなた…愛してるわ」女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。
「そうか…、俺も愛してるよ」こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」「ええ」


俺は、足下の台を蹴った。


378:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 15:52:13.69 ID:ax3CrwuA0
父さん
いやー今日はマジ焦ったわ。昼過ぎにお袋から電話が来て、「父さんが倒れたらしい」って。

すぐに搬送された病院にバイクで向かったけど、その間ずっと親父のこと思い出してた。

今日の朝も、いつものように「いってきます」と笑顔で仕事へ向かった親父。
経理一筋25年の真面目なサラリーマン。風邪で熱を出しても会社を休まない親父。
毎日往復2時間も満員電車に揺られてるのに愚痴一つこぼさない親父。
頼むから無事でいてくれ!祈りながらバイクを飛ばした。

病院について拍子抜け。命に別状はなし、意識もある。ただの貧血だったらしい。
心底ほっとした。でも、心配してたって言うのは何か気恥ずかしくて
「マジで勘弁してくれよ~、家のローンだって10年以上残ってるんだからさ~」
なんて冗談交じりで悪態ついちまった。素直じゃねえなあ俺。
親父はバツが悪いのか「すまん‥」とだけいって後はずっとうつむいてたよ。
なんにせよ良かった。救急車呼んでくれたウチの近所の公園の管理人さんには感謝してる。


379:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 16:04:40.11 ID:4crhVhjT0
>>378
とうさん…


404:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 18:45:40.69 ID:6SyYbYrS0
既にあったらすまん
呪い
呪い真書を手に入れた。

冒頭にこう書いてある。
「これに書かれてある手順を実行すると呪いが成就するが、
手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?」

勿論だ。

俺には許せない奴がいる。
だからこそこの呪い真書を手に入れたのだ。
俺は呪いの手順を始めた。

「1.まずはじめに目を閉じて呪いたい相手の顔を思い浮かべます」

忘れたくても忘れられるものか、と俺は奴の顔を思い浮かべた。
よし、次だ、どれどれ・・・

「2.どんな呪いをかけたいのか思い浮かべます」

考え付く全ての苦痛を与え続けてやる。
よし、次だ。

「3.最後に目を開けます」


668:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 11:21:20.00 ID:ZYnOrYDQ0
>>404
これ前のスレでも解説あったけどわけ分からん・・・


669:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 11:24:40.51 ID:xxbv46zz0
>>668
> 「1.まずはじめに目を閉じて呪いたい相手の顔を思い浮かべます」
ここでまず目を閉じる

> 「2.どんな呪いをかけたいのか思い浮かべます」
そしてここで目を空けて↑を読む

> 「3.最後に目を開けます」
2で開けちゃってるので、手順を間違えてしまっている


670:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 11:25:25.70 ID:qB6jvHAp0
>>668
3まで目をつぶったままでなきゃいけないのに、
2を確認するために途中で目を開けてしまっている
つまり、手順ミスしたことになり呪いは自分に掛かっちゃったってこと


673:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 11:30:55.88 ID:ZYnOrYDQ0
>>670
あー!!!!
やっと分かった
やっと寝れるよありがとう


406:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 18:47:07.74 ID:6SyYbYrS0
スナッフビデオ
スナッフビデオって知ってるか?
俺は見たことあるぜ。飲み屋で知り合った男に見せてもらった。

男に招待してもらったのは山奥の山荘。俺は先に到着したんだが男は30分遅れた。
「悪い悪い。真ん中の子供が高熱を出してな」男は笑った。

それは無残なビデオだった、興味本位で来た自分に後悔した。
日本人の子供・・・10歳位か?・・・が無残にも・・・

最後まで見られなかった。
俺は叫んだ「お前にも子供は居るんだろ!!」
男「二人居るが、それがどうした?」


453:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 20:39:50.78 ID:OoZMc1q+0
>>406
「真ん中の子供」なのに子供は二人 と


407:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 18:48:27.33 ID:6SyYbYrS0
録音テープ
ある夫婦に5歳になる娘がいた。

夏休みのある日、朝娘が起きてきたら変なことを言った。
「パパ、ママ、ウカヤヘテギン。パパ、ママ、ウカヤヘテギン。」
両親はなんのことかわからず、娘に聞いてみたが娘は泣き叫ぶだけで、
やっぱりなんのことかわからなかった。


そんなことが数日続き、流石に夫婦も気味が悪くなり霊媒師に見てもらおうと、娘の声を録音した。
録音した次の日の朝、娘が起きてくると、
「エニソヌレチキエザン。エニソヌレチキエザン。」
と、いつもと違う言葉を言った。妻はその声も録音した。

次の日、娘が急死した。
葬儀も終わり、やっと落ち着いた夫婦は「このテープもあの娘の最期の形見になっちゃったわね。」と、テープを再生した。懐かしい娘の声がそこにはあった。
もう一度、聴こうとした夫婦は急いで家から逃げ出した。


421:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 19:07:53.89 ID:dWh7C2mo0
>>407
ukayahetegin
enisonuretikiezan

ってことか
巻き戻す時に聞こえたんだな

しかしなんでちゃんと喋れなくなったんだろ
とりつかれたのか?


424:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 19:11:28.04 ID:6SyYbYrS0
>>421
あたり
テープだから解っただな

確かにwwその疑問は残る


426:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 19:14:52.58 ID:6SyYbYrS0
悪魔との契約
男は3ヶ月前、息子を轢き逃げで亡くしていた。
妻に先立たれ、男手一つで育ててきた息子だけが生き甲斐だった男は、
犯人を殺したいほど憎んでいた。
犯人は捕まったが、これでは容易に復讐も出来なくなってしまった。

或る日…男は古本屋で【悪魔召喚】と書かれた一冊の本を手に入れた。
こんなモノを信じてはいなかったが、何も出来ない自分が許せなかった男は“悪魔”を呼び出してみる事にした。

見事、悪魔は現われた。悪魔「…お前の望みはなんだ?」
男「息子を殺した奴に復讐がしたい!殺してやりたい!」
悪魔「…前払いで“お前の死”を報酬として貰うが良いか?」

息子を失った男は、自分の命など惜しくはなかった。

男「ああ…それで構わない…」
悪魔「…ならば契約成立だ」

数日後、轢き逃げ犯が謎の死を遂げたと聞いた男は、悪魔との契約の事を思い出した。

男「前払いで“私の死”ではなかったのか?だが私は生きている…。奴は悪魔に殺されたわけではないのか?あの悪魔は嘘を吐いたのか?」

そんな疑問を抱え数日が過ぎた頃、再び男の前に悪魔は現れた。

悪魔「…契約は果たした…さらばだ…」
男「待ってくれ!あんたは“私の死”を報酬にしたはずだ!…なのに、何故私は生きている!?」
悪魔「…たしかに報酬は“お前の死”だ、勿論きちんと頂いた」

悪魔は笑いながら、最後の言葉を残して消えた。


437:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 19:43:03.62 ID:6SyYbYrS0
いじめ
私は中学生の頃いじめにあっていた。

でも、トラウマになったりはしていない。真由美ちゃんという女の子のおかげだ。
真由美ちゃんは可愛くて頭が良くて運動も出来て、人気者だった。

クラス全員に無視される中、真由美ちゃんだけは優しく話しかけてくれた。
私とは違い友達も大勢いたので四六時中私と一緒にいて貰うことは出来なかったが、
他の子と話している時も私の方を見てにっこり笑ってくれたりした。

そんな真由美ちゃんが突然転校することになった。
真由美ちゃんがいてくれたから辛くても頑張れたのにこれからどうなってしまうんだろう…
と思っていたが、真由美ちゃんが転校して間もなくクラスのみんなと打ち解けられた。

きっと人気者の真由美ちゃんが転校する前にイジメなんてくだらないこと
やめなさいって言ってくれたんだと思う。

成人した今でも真由美ちゃんにはとても感謝している。


440:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 19:47:42.33 ID:b1myPRpIO
>>437
イジメの主犯だったのか・・・


459:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 21:00:15.44 ID:6SyYbYrS0
>>440
正解、トラウマレベルだけど、こう思ってたら幸せだよなwww


477:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 21:37:25.84 ID:MSmQhK+J0
終電
その日の仕事は終電近くになっても終らせる事が出来ず、

仕方なく続きは家でやる事にした。
いつもは混んでいる電車も、月曜の終電で乗客は、まばらだった。
疲れていた俺は、席につくなり眠ってしまった。

どのくらい時間が経ったのか解らないが、周りのザワメキで眼が覚めた。
頭がボ~ッとしていたが、降車駅を知らせる車内アナウンスで
寝過ごさないで済んだ事は確認できた。

俺はそこである違和感に気づいた。

すると車内を巡回する駅員が俺の車両に入ってきた。
俺の前を通り過ぎながら一言こういった。

「忘れ物はないようにお降りください・・・」


480:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 21:46:54.48 ID:GzTNh5rh0
>>477
解説よろ


482:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 21:48:15.92 ID:b1myPRpIO
>>480
寝過ごしてしまった
電車は終電・・・


509:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 22:27:35.75 ID:ULkrHsic0
メール
僕の部屋に彼女が遊びに来た時、気が付いたら彼女は誰かにメールしてた。

『誰にしてるの?』って聞いても『ん?ちょっとね』って教えてくれない。
少しムッときて、『まさか他の男?』と不機嫌さを隠さずに言ったら、
『そっちだって、他の女の子とメールやってるんじゃない?』
って怒ったように言い返してきた。

予想外の切り返しにビックリしたけど、疑われたままではいられない。
『僕が君以外の女と?疑うんなら見ればいいじゃん!』と言って
ポケットから携帯を出し、彼女の前でこれ見よがしに開いてやった。
すると、携帯を開いたまさにその瞬間、誰かからのメールが着信。

これ以上ない最悪のタイミングに動揺しつつ
『・・・・どうせ広告か何かだろ』と高をくくり、そのメールを開いてみた。



件名:無題

本文:後ろを絶対見ないで!何も聞かないで!
    このメール見たら私と急いで部屋を出て!!


527:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 23:31:13.76 ID:6SyYbYrS0
弟の記憶
私には弟がいました。

弟との思い出は、オヤツの飴玉を弟に分けてあげて一緒に食べた記憶だけです。
だけど、生後一ヶ月で亡くなった弟は、今でも家族の心の中にいます。


534:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 23:40:41.23 ID:2TyAHu4w0
>>527
赤ちゃんに飴玉とか…


538:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 23:46:34.14 ID:MSmQhK+J0
かくれんぼ
昔、公園で友達らと、かくれんぼをした。

かなり広い公園なので隠れる場所はいくつもあったが、問題は鬼になった場合。
ただでさえ広くて探すのが大変なのに、
友達は四人共隠れるのが上手いので、絶対鬼になりたくなかった。

ジャンケンに勝ち、なんとか鬼を免れた僕は、ケンちゃんと一緒に、
公衆トイレの屋根の上に隠れることにした。


「みんなどこに隠れたんだろ?」
「さあ。みんな隠れるの上手いからなあ。」
「でもター君は体が大きいから、ショウ君達より先に見つかっちゃうかもね。」
僕達はしばらく息を殺して、そこに隠れていた。

どれくらいたった頃だろうか。
ケンちゃんが「トイレ行ってくる。」と小さな声で僕に言ってきた。
僕は見つかるからと止めたが、ガマンできなかったのか、
ケンちゃんは下へ降りていってしまった。
その時

「みーつけた」

という声が聞こえた。
どうやらケンちゃんが鬼に見つかってしまったらしい。

その日から、鬼は、ケンちゃんの両親になった。


561:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 00:37:00.40 ID:zCDwJ2C/0
>>538
「鬼」を何と捉えるかが鍵

>「みーつけた」という声が聞こえた。
声の主=誘拐犯=鬼、鬼畜

>その日から、鬼は、ケンちゃんの両親になった。
ここでの「鬼」は誘拐犯を必死で探す両親の姿の比喩


539:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 23:47:54.96 ID:MSmQhK+J0

件名:Re:Re2:Re2:Re2:Re2:Re2:

本文:やめて、こないで
    > 何それいきなり、ひどいなぁ。どうしたの?何か変だよ

件名:Re:Re2:Re2:Re2:Re2:
本文:あなた誰なの
    > 俺だよ、何言ってるの?

件名:Re:Re2:Re2:Re2:
本文:今チャイム鳴らし続けてるの、あなたじゃないよね
    > 落ち着いて、俺が今すぐに行くから待ってて

件名:Re:Re2:Re2:
本文: 本当に怖いんだけど 警察呼ぶ
    > 俺が助けてあげるから

件名:Re:Re2:
本文: 誰なの?悪ふざけはやめて
    > わかった、あいつに悪い事されてるんだな?

件名:Re:
本文: 誰?
    > お前が今日一緒に歩いてた男、あいつ誰なんだ?お前の恋人は俺だろ?


541:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 00:01:46.18 ID:8IceIPB+0
魔法の鏡
家の倉庫で古い鏡見つけたんだけどさ
これがどうやら魔法の鏡らしいのよ。
この鏡を見ると未来の自分が見えるんだってさ。
んで俺はさっそく見てみた。

鏡の中で俺は夜道を歩いてた。
しかしふと違和感を感じた。何かが違う気がする・・・
それが何か分からないまま少し見てると
いきなり鏡の中の俺に向かって正面から猛スピードのバイクが!!

俺も左に避けたんだが運の悪いことにバイクも同じ方向よけ衝突
そのまま俺は死んでしまった。

まったく胸糞悪いもんみたぜ。
まぁしかし助かった
もしこの状況になったら俺は右に避ければいいわけだな。
いやーこの鏡見つけないとヤバかったなww



567:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 01:03:06.83 ID:kEus1GFZ0
旅行に行った友人
旅行先に下見にいった友人からメール

帰ってこないから一度迎えにいこうと思う

件名:最も親しい友人に送る

本文

おれ最近気づいたんだけど
おれらの友情って永遠だと思うんだ
お前は馬鹿にすると思うけど 
なかなか出会えないような友人に出会えたと思う
俺とおまえの仲は一生だ
もし離れ離れになっても変わらない
絶対に途切れない縁だ
お前もそう思うかい?

お前がそう思ってくれるなら俺は嬉しい
お前も俺を友人として認めてくれたってことだからな!
これはどんな事よりも嬉しいよ
おそらくどんな事よりもね・・・・
うそであるはずがないよ
これは本心なのさ!


568:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 01:07:41.48 ID:nYhJuPtrO
>>567
斜め読みか
友人になにがあったのか・・・


569:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 01:09:07.30 ID:kEus1GFZ0
>>568
正解
五行目で俺になってる所から斜め読みするともっと詳しくなる


572:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 01:29:33.17 ID:kEus1GFZ0
ゲーム
老人が男に言った

「ゲームをしないか?」
老人が説明したゲームの内容は次の通りだ
箱の中に多額の賞金が入れられており、男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物
箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などがおかれている
時間制限などは一切無いらしい

男は是非やらせてくれと答えた
男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無なさそうだったからだ
参加を表明した男に老人が言う
「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある
5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」
男は笑顔で5万円を差し出した


ゲームが開始した
スタート時から賞金は男の目の前にあった


575:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/05/13(金) 01:31:51.95 ID:46M2X7Nf0
>>572
はっこのなか♫


580:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 01:39:25.51 ID:kEus1GFZ0
コロ
私には、飼っている犬がいます。

柴犬で、名前はコロ。
とあるペットショップで可愛いと思い飼ったのです。
ですが最近、私の手に噛みついたりして悲しいです。
餌をやっても、懐いてくれません。
そんなコロが楽しそうにやっている遊びは、ボールをころころと転がす遊びです。
その遊びだけは、私と一緒に遊んでくれます。
昨日、ころころしました。
すごく楽しかったです。


583:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 01:42:01.31 ID:2F3tZkpqO
>>580
コロォォオオオ!!!!


593:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 02:45:57.24 ID:zCDwJ2C/0
意味ありげな文章
学校も終わって家でごろごろしながら漫画を読んでいると、
悲鳴のようなものがかすかに外から聞こえた。

そこでベッドの横の窓から外を見ると、真下で女の子が血を流して倒れている。
それを見つけた女性が悲鳴を上げたようだ。
新聞配達の男性が「救急車に連絡を」などと叫んでいる。

「うちの並びの誰かが自殺したんだ。」
気味が悪くなった。しばらくすると救急車のサイレンが聞こえた。明日には大きな騒ぎになりそうだ。

しかし・・・。

エレベーターで一階に下りてみると誰もいなかった。
血の跡も何も残っていない。
隣のおばさんにも聞いてみるが救急車が来たことすら知らないという。
「今日は一日中家にいたし、救急車が来たら気付くはずだけどね。」
狐につままれたみたいな話。
なんとなくもやもやして、次の日朝目が覚めると寝ぼけまなこで窓の下を見てみた。
ん?何か見えるような気がする。少し身を乗り出して凝視してみた。


596:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 03:02:28.32 ID:nYhJuPtrO
>>593
まったく分からん


601:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 03:26:58.07 ID:zCDwJ2C/0
>>593
>「ベッドの横の窓」から外を見ると、「真下で」女の子が
白昼夢を見た 落ちたのは自分


604:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 03:31:45.11 ID:zCDwJ2C/0
明晰夢
おれは夢を極めた。夢の中でもそれが夢であると自覚し、思うままに行動できる

夢の中は全てが自由で楽園なのだ。
唯一自由じゃないのは、五感のうち嗅覚・味
覚が機能しないことくらいか。

最近では朝起きてすぐ、夢の内容を忘れない内に「夢ノート」に書き込むのがマイブームだ。
読み返すとハチャメチャで面白い。

隣りで寝ている弟にこのノートを見せたり夢のことを話したりすると、いつも羨ましがってくる。
その時は「まだまだ修行が足りないな」と言ってやっている。
弟の目を余所に今夜も枕元にノート、ボールペンを用意し布団に入った。

気が付くと戦場にいた。銃声が飛び交っている。
「よし、夢の中だ。さて今日は何をしようか」
とりあえず落ちていた銃を拾い乱射してみる。
意外と面白くなかったので、意識を集中させて念じた。
すると銃はみるみる内に
剣へと変化した。
これくらいはお手の物だ。
目の前の敵に向かって剣を振り回した。
斬り応えが気持ちよく、楽しくなってきて斬りまくった。
最後には蜂の巣のように刺しまくる。
悲鳴が聞こえ血の匂いもしたが、構わず続けた。
しばらくすると段々飽きてきたのでもう今回は眠ることにした。
夢ノートに書かなきゃ


609:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 03:46:32.60 ID:cUvdkoQN0
>>604
嗅覚使えないのに血のにおいがわかるってことは夢じゃないんだろうな


610:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 03:48:42.10 ID:7Idos67R0
花束
私は言葉が喋れない
いつも馬鹿にされて、役立たずで
私に気を留めてくれる人なんて誰一人いなかった
家族もいないし、ひとりぼっちの寂しい人生

でも、ある日、優しい男が現れて喋れなくても落ち込むことはないと言ってくれた
喋れなくても、人の役に立ち、人を幸せにすることは出来るんだよと言ってくれた
私は嬉しかった、こんな私でも人の役に立てるかもしれない
ある日、優しい男が花束を、ある人に届けてくれと頼んできた
事情があって、優しい男は花束を届けることができないらしい
私は人の役に立てることが嬉しくて快諾した

話を詳しく聞くと、花束を贈る方は国連の偉い方らしい
凄い、私が華やかな舞台で花束贈呈の大役を果たせるなんて
私は優しい男から花束を受け取り、翌日のセレモニーに臨んだ
大勢の招待客の中から一歩進み出て主賓の方に花束を渡す
その時、優しい男が遠くから微笑みながら私を見つめていることに気がついた
生まれて初めて人の役に立てる、私は興奮し、そして嬉しかった
主賓の方も、花束を渡すと嬉しそうに微笑んでくれた
色とりどりの花が眩しかった


617:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 04:04:01.44 ID:zCDwJ2C/0
>>610
これ初めて見る
孤立無援で口の聞けない男か テロ組織が利用するには適材だな
色とりどりの花は爆発物?


697:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 17:07:52.49 ID:kEus1GFZ0
これも幽霊系ではないけど
---------------

国道
スピード違反を取り締まっていた巡査は、やたら速度の遅いクルマを発見し、
かえって危険なため停止させた。


中には80歳くらいの女性が5人乗っていたが、運転していた老婆以外は、
みな目を見開き、真っ青な顔色をしていた。

運転席の老婆は、不思議そうに尋ねた。

「お巡りさん、あたしはいつも標識どおりの速度で走ってますよ。
今だって標識どおりの21キロで走ってたんですから」

巡査は事情を理解し、微笑みながら言った。
「お婆さん、あの標識の“21”というのは国道21号線という意味ですよ」

その言葉を聞き、老婆は恥ずかしそうに答えた。
「あれま、そうでしたか。それは失礼しました」
巡査は老婆に運転に気を付けるように言ってから、一つ気になっていることを口にした。

「なぜほかの4人の方々はさっきから一言も喋らないのですか?
何だか全員放心状態のように見えますが」


すると運転席の老婆が答えた。
「さっきまで、みんなで楽しくお喋りしてたんですけどね。国道258号線に入るまでは」


700:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 17:11:38.79 ID:cUvdkoQN0
>>697
婆さんTUEEEEE


702:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 17:13:00.69 ID:aILyZXc80
家族
先日、幼い娘二人に 「もしパパが、この世からいなくなったらどうする?」
と、ちょっと意地悪な質問をしてみました。
すると娘二人は、口々に
「エーッ、ダメだよー」


「パパ、まだ死んじゃヤダーッ」
などと言いながら、泣きそうな顔で私に抱きついてきました。
やっぱり子供というのは可愛いものです。
妻はそれを見て、ニッコリ笑っていました。
日常のこんな些細なやりとりに、私は幸せを感じます。
ちっぽけな人生の中で見つけた、大きな輝き。
私にとって、家族は宝物です。


920:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:37:17.75 ID:VBIg9idoP
>>702
そういえばこれ分からない


923:
忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/05/13(金) 23:38:29.75 ID:UAA0eYBt0
>>920
前半は妻だ。


928:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:47:00.90 ID:VBIg9idoP
>>923
なるほど
ありがとう


728:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 18:05:15.60 ID:kEus1GFZ0
プロフ
暇つぶしに出会い系を見ていたら、中学時代の友人だったSという子のプロフを見つけた。

HN、趣味などはテキトーだったが、写メを見た瞬間Sだとわかった。
△△市(私の地元)在住とあるので、間違いない。
これは連絡をとらなくてはと思い、すぐに貼られていた捨てアドにメールをしました。
私『Sだよね?覚えてるかな、中学で一緒だった○○だよ』
すると、すぐに返事があった。
S『○○ちゃん?うわー懐かしい!』
私『あの掲示板で見つけてびっくりしたよ!変わってないね~やっぱり可愛いなぁ。
  今はどうしてるの?』
S『学校に通ってるよ』
私『あっ、じゃあもしかして□□大学?家近かったよね!』
S『そうだよ!』
私『すごい!!中学から成績優秀だったもんね~』
S『そんなことないよ。しかも最近、裏の道路が工事中で勉強に集中できないんだ』
私『裏の道路って□□通り?』
S『そうそう!なんか新しい店つくるみたい』
私『そうなんだぁ。コンビニの隣ってずっと空き地だったもんねぇ』
S『うん。○○ちゃん、よく覚えてるね』
私『だってSの家はしょっちゅう遊びに行ってたじゃん!
  中学近かったし、隣の公園でサボってアイス食べるのとか最高だったよね(笑)』

次に来たメールを見た時、私は背筋が凍った。



S『特定した。ありがとう』


738:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 18:45:42.79 ID:nP09GW6M0
>>728
これ怖い


729:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 18:05:39.25 ID:kEus1GFZ0
隠された暗号
俺とユウキとアズの3人は小さい頃からの幼馴染だ。
3人の親の仲が良かったので家族ぐるみでの付き合いをしていた。
俺達が中学2年生の時アズの母親が交通事故で亡くなった。
アズとアズのおじちゃんはとても泣いていた。
暫くするとアズはアズのおじちゃんの実家に引っ越していった。

それから1年位たった頃、アズから俺とユウキ宛に手紙が届いた。

【俺とユウキへ】

たのしい季節もあっという間に過ぎますね、私は元気です。
けれど、こっちの生活にも慣れないといけなくて・・・
ちょっと大変、そういえばあの秘密きち!
にんげんが3人入れたよね、あとねこ!
ロックって名前だったね、ちっちゃくてさ。
れんらくあんまり取れなくてゴメンね、またおくる。

PS;ちなみにこの手紙は父と一緒に書いてます。
   また会いたいなぁ

                       アズ

手紙を読み終わったあと、ユウキが疑問有り気な顔で
もう一度手紙を見せてくれと言った。
手紙を渡すと、食い入るように読み「やばい・・・」
と言った、俺ももう一度手紙を読み、理解した。
すぐに両親に事情を話し急いでアズの元へ向かった。


768:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:03:46.17 ID:zCDwJ2C/0
犯罪予告
ある掲示板の書き込みに殺人予告を見つけた。

自分を虐待している家族を皆殺しにしてやるというものだった。
ひどい奴もいたもんだ。
一応警察に通報しておくか。
翌日、弟が連行された。


770:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:04:43.50 ID:kEus1GFZ0
>>768
兄ちゃん殺されるとこだったなwwww


773:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:07:13.57 ID:cUvdkoQN0
>>768
どちらかというと虐待してる家族じゃなくて皆殺しに対して
ひどい奴って思ってる気がするキチガイ兄だと予想ww


785:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:19:51.79 ID:zCDwJ2C/0
>>773
その解釈怖え イイヨーイイヨー


772:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:06:29.73 ID:kEus1GFZ0
帰った友人
この前友達うちに呼んで二人でゲームしたりして遊んだんだけど、

俺そいつが一人プレイで無双やってんのをベッドの上で見てるうちに寝ちゃってさ、
起きたらもう深夜で友達ももういなかった。
メール見たら「起こすの悪いんで帰るわ」だとさ。
いや起こせよ、メール送るくらいなら。
んで、一応宿題あったんだけどやる気なんて起きなくて
歯みがいて鍵がしまってんの確認して風呂入らず電気消して寝たわ。


775:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:09:13.91 ID:8V2cpf080
>>772
鍵がしまってる?


780:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:15:04.42 ID:nYhJuPtrO
>>775
うわぁぁぁ


778:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:11:02.56 ID:zCDwJ2C/0
エレベーターの少女
数年前の話。


とあるマンションのエレベーターが何故か動かなくなって、
管理側もそれに気付かず中にいる男と少女が閉じ込められるっていう事件があった。

閉じ込められた状態で5日間過ごしたんだけど、
ついには耐えきれなくなって無理やりドアから脱出しようとしたんだって。
当然少女もたすけなきゃならないから少女をおぶって出ようとしたらしいんだけど、
途中で少女が落ちそうになって、男が少女の腕を掴もうとしてそのまま落ちました。

で、エレベーターが復旧して、中にしばらく生活していたような跡があったから警察が調べてみたら
エレベーターの一番下ってか底で男が重体の姿で発見され、保護されたんだけど、
その横には白骨化した少女の遺体があったんだって

男は生きてたのに、少女だけ白骨化してたんだってさ。男が少女を食べたりしたわけじゃなくて。


閉じ込められた時の監視カメラの映像には男しか映ってなかったらしいけど


782:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:16:52.17 ID:kEus1GFZ0
>>778
白骨化した幽霊の少女に男がもってかれたのか?

>男が少女の腕を掴もうとしてそのまま落ちました。
つかもうとしたんではなく、実はつかまれたとか…


781:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:16:25.71 ID:zCDwJ2C/0
姿見
ある「ヤンデレが怖いと評判なギャルゲー」をプレイしていた。

主人公は幼いころに両親を亡くして、祖父の家に同じように孤児のいとこと同居している。
祖父は仕事が忙しくてほとんど家にいないけど、3人家族仲良く生活していた…という始まり。
EDはいくつかあるけど大概主人公とヒロイン(いとこのお姉ちゃん含む)がいちゃついて終わる。

・・・え?ヤンデレはどうしたかって?
俺も最初「でてこないじゃん」って思って全員のルートプレイしたんだけど、
それっぽい女とは遭遇しない。
おかしいなと思って、まだ行ってないルートないかと
一枚絵のアルバムを見なおして見たけど全部埋まっている。

その時気がついた。
ラストシーンの一つで、主人公たちの向こう正面に姿見があるんだけど・・・

・・・よく見ると、その姿見に映るクローゼットの中からこっちを女が見つめ返している・・・

何この女・・・って思った直後、冒頭の説明の本当の意味に気がついた・・・


805:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 20:55:19.59 ID:zCDwJ2C/0
>>797
冒頭の説明の意味=
>「3人家族」仲良く生活していた とあるが
実際には祖父はほぼ不在なので頭数から除外して考える
×俺+いとこ+祖父
○俺+いとこ+クローゼットの女

ラストシーンに至るまで主人公に張り付いてずっと見ているのがヤンデレ


830:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 21:26:09.62 ID:zCDwJ2C/0
>>805に補足
覗き見しているヤンデレがプレイヤーキャラで主人公をストーキングしている設定
という見方もできる こっちのがこええ


813:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 21:07:41.04 ID:zCDwJ2C/0
日本人形
真夜中、暇だったから廃墟に肝試しに行ったんだよ。

ボロボロになった部屋の中で、心霊写真でも撮れないかなーと思って、
続けて三枚くらい写真を撮った。


その後、現像した写真を見てゾッとしたね。
三枚の写真の中に、一枚だけ変なものが映り込んでたんだよ。
部屋正面の窓枠のところに、不気味な日本人形が座っていてこっちを見て笑ってるの。


ビックリして、翌日今度は明るい時にもう一度その廃墟に行ってみた。
そしたら、別に何てことはなかったぜ。あの人形は幽霊でも何でもなくて、
本当に日本人形が窓枠に置いてあっただけだったwww

一瞬心霊写真かと思ってビビったじゃねーかwww


817:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 21:10:22.06 ID:/PwLTPPY0
>>813
続けて撮影したのに、映ったのが1枚…?


859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 22:32:48.72 ID:mhOTLQ+z0
火葬
「もうすぐご出棺なんだからじっとしてなさい!」

おじいちゃんのお葬式が退屈だったから
同い年ぐらいの親戚の子たちとかくれんぼしてたら
お母さんにひどく怒られた。
親戚の子と言っても大勢いて
何回か会った子もいたけど全然知らない子もいた。
他の子も怒られてる。
みんなでしゅんとしてたらバスがやってきた。
「うちは兄弟だけで10人もいる大家族だからね。バスで火葬場までいくんだよ」
ってお母さんは言う。また怒られるといやだから素直にバスに乗った。
一人だけバスに乗らないおばさんがいる。
なんかあわてたように誰かの名前呼びながらそこら中走り回ってた。
でもバスは出発しちゃった。

お葬式っていっつもこんななのかなぁ?
僕らにはじっとしてろと言うくせに
大人は大騒ぎするから嫌いだ。
なんでお葬式にでただけなのにお巡りさんにいろいろ聞かれるんだろう。
火葬になったおじいちゃんの遺骨が2人分あったとか、
そんなことボクに言われても訳わかんないよ。


882:
忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/05/13(金) 23:06:38.05 ID:UAA0eYBt0
着信音
俺には彼女がいるのだが、最近嫁に感づかれたらしく、
家に帰るといつも『どこ行ってたの』『誰と一緒だったの』等うるさい。


逆に彼女は毎日メールで励ましてくれるし俺にとってはオアシスのような存在だ。

しかし今日はメールが返って来ない。
俺はフられたのかと沈んだ気持ちで家に帰ると、
ペットのジョンがものすごく上機嫌で迎えてくれた。

嫁も機嫌が良く、口うるさくなくなった。

もう不倫はやめようと思い、彼女に最後の『さよなら』メールをした。
どこかで彼女のメール着信音が聞こえたような気がした。



885:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:09:27.89 ID:QULLJCeJ0
>>882
もヤバいな、女って怖い^^;


933:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:59:43.09 ID:kEus1GFZ0
保健室
友達が小学生のとき、
学校に大きな遊具(滑り台やらうんていやらが合体したアスレチックみたいなやつ)があったらしい。
で、長放課になるとその遊具で遊ぶ生徒が多かったそうだ。

ある日、その遊具で怪我人が出た。遊具から落ちて「足が痛い」と言っていたらしい。
両手で遊具の柱を掴み身体を支えて片足で立ち上がったけど、
歩けないようだったから何人かの生徒が保健室に連れていった。

そしたらそのとき保健室には先生がいなくて、
しばらく一緒に遊んでたみんなで付き添ってたらしい。
20分ほどしてようやく戻ってきた保健の先生が病院に連れていくと、
落ちた子は両手両足を複雑骨折してて、
しばらくしてから障害者施設に移っていったそうだ……

話し終わってから友達は意味ありげに笑ってたんだが、
聞いた時は何が怖いのかわからなかった
わかってから何か怖くなったよ


969:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:29:22.33 ID:6laV3Rhu0
タクシー
地下鉄の出口から出ると、外は雨だった。傘を広げて歩き出したが、

何か、何故か街路に凄く嫌な雰囲気がする。
ちょっとヘンだな……
すれ違う人、誰も傘を差してないんだよね。雨なのに。
みんな無口で、暗ーい顔して、同じ方を見ながら歩き去って行く。
と、急にタクシーが止まって、手を振って、こっちへ来い。と言う。
私、タクシー乗りませんから、と言ったけど、運転手さんの
「いいから、とにかく乗って!」という勢いに押されて、
嫌な雰囲気もしていたことだし、逃れるようにタクシーに乗った。
しばらく走った後、運転手さんは真っ青な顔をして言った。
「いやあ、あんたが誰もいない道を、誰かをよけるようにして歩いてるもんだから、
これは助けなきゃいかんと思って……」


970:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:31:42.62 ID:a3GB48LS0
>>969
なんぞこれ


971:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:33:14.22 ID:6laV3Rhu0
>>970
くらーい顔をして同じ方向へ歩く人が居た
「誰も居ない道を誰かを避けて歩いてた」

ここら辺の矛盾点かな?


972:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:34:16.57 ID:jzCcQY7N0
>>969
大名行列の霊?


973:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:34:40.60 ID:6laV3Rhu0
>>972
多分その解釈で正解なんだと思う


982:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:25:51.88 ID:6laV3Rhu0
キレイな顔
30代男性が意識不明の重態

そう聞いて仲間と救急車を飛ばしてやってきたのは閑静な住宅街だった
「ああ、やっと来てくれたんですね!」
玄関から勢いよく出てきたのは、20代半ばくらいの化粧の濃い女性だ
「私が帰ってきたら主人が倒れてて・・・」
「救命処置などは行いましたか?」
「はい、元ナースでしたので、一通りのことはしたんですが、意識が戻らなくて・・・」
「とりあえず、ご主人を運びましょう」
家の居間のソファーには男性が横たわっていた
私は男性の顔を見ると思わず
「キレイな顔をされていますね」
と言ってしまった
「え?」
女性は呆気に取られていたが、徐々に女性の顔が青ざめていくのが分かった


987:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:40:40.75 ID:jzCcQY7N0
>>982
延命処置で人工呼吸したはずなのに妻の口紅がついてない
妻は夫を見殺しにしたことがすぐにバレると悟った


354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 17:29:18.12 ID:YEO29K490
心霊スポット
先日、いわゆる心霊スポットという所に同じバイトの4人で行ってきた。

俺「ようやく着いたな」
A「そうですね」
B「早く帰りましょうよ」
C「お前は臆病だな」
A「懐中電灯ちゃんとありますか?」
C「お前もおんなじか」
俺「これが噂の…」
A「いわく付きの小屋ですね」
B「帰りましょうよ」
俺「本当に恐がりだな」
A「とか言って一人だけお守り持って来てるじゃないですか」
俺「うるさい!」

その後、そこで写真を撮ったり、かくれんぼをしたり、小便をしたりした。
しかし何も心霊現象は起こらなかった。

俺「結局何も無かったな」
A「そうだな」
B「早く帰ろうぜ」
C「帰りましょうか」
俺「さあ、乗れ乗れ」

俺は車を発進させた。
来た時よりも何か増えたような気がしたが、振り払うようにアクセルを踏み込んだ。


358:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 17:32:57.23 ID:da2eTKUG0
落ちが黒くないのが良い↓
あの花の意味をまだ知らない
私は最近、登山を始めた。

ある日、山を登っていると、居合わせた女性と仲良くなった。
彼女は慣れていてベテランのような感じがした。
リュックからは見たこともない道具が覗いていた。
始めて二ヶ月の私は付いていくことにした。
彼女はいろんな話をしてくれた。
仕事が上手くいっていないこと。彼氏に振られたこと。
私は話を聞き、相談にも乗った。
山の頂上近くまで来た所で、彼女は花を摘んでくると言って行ってしまった。
その時の表情は、今までの彼女とはどこか違っていた。
私はしばらく考えていたが、意を決して後を追いかけた。



395:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 17:55:27.99 ID:YEO29K490
涼しい
アパートを借りていた学生時代。

夏休みということで実家に帰る事になった。戸締まりをしっかりして帰省した。
2ヶ月という長い夏休みも終わりに近づいた頃アパートに帰る事にした。
その日はものすごく蒸し暑かった。夜アパートに汗だくで帰宅した。
あぁ涼しい

…あ。


410:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 18:03:25.47 ID:cEf7Ev2f0
>>395
リアル過ぎるww


406:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 18:02:36.21 ID:j/cR/nhf0
雨だった
ある学校の授業でのことだ。

当日は、予報を大きくはずして快晴だった。

あるクラスは、その日は何かの実験で、理科室で授業が行われた。
ところが、運悪く、ガスが漏れていたのか薬品がこぼれていたのか…
理科室は爆発し、生徒達も巻き込んで、一切合切こなみじんにしてしまった。


後日、事故現場を片付けている最中に、いくらかの骨や肉片が見つかった。
それらを丁寧に運び出し、体育館に並べていくと…
そう、教室にいた分だけの白骨死体と、余り物が完成するわけである。


生徒は全員が過去に歯科治療を受けており、
歯形から確認できる限り全員分の身元を確認することが出来た。

何人かは顔が残っていたので問題はなかった。ところが、全く奇怪なことだが、どうも数が合わない。

生徒は39人で、教師が1人。遺体は全部で41体、子供が40で大人が1。子供が1人多い…。
近所で行方不明になった子供はいないし、他のクラスも人数が合っている。

検察官の一人が首を傾げている様子を見ると、他の検察官が唐突に叫んだ。

「なんだ、数が合っているじゃないか!」

翌日は、予報どおりの雨であった。


412:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 18:04:24.02 ID:KJ8QG5guO
>>406
原爆の名前か


431:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 18:15:42.72 ID:YEO29K490
アメリカンジョーク
質屋が質流れ品をショーウィンドウに飾り付けた。

トランペット、サックス、トロンボーン、チューバとならべ、最後にショットガンを何挺か飾った。
「おかしな取り合わせだな」と知り合いが言った。「こんなんで売れるのか?」
「売れるとも」と質屋が言った。「まず誰かが、トランペットとサックスを買っていく。
それから二日ぐらいすると、その隣近所のやつがショットガンを買いに来るんだ。」


432:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 18:16:38.75 ID:da2eTKUG0
>>431
茶―吹いたwwwwwwwwwwwwww


566:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 19:46:01.23 ID:AYnVax080
焼身自殺
「ねぇ、聞いた?!総務課の佐藤さん、屋上から飛び降りて亡くなったんだって!」

「聞いた聞いた!遺書も残ってたんでしょ?」
「『帰りたい』だっけ?どういう意味かしらね…」
「そうそう!噂だけど、佐藤さんが、自殺する前日に弘田君に告白してるのを見た人がいるんだって」
「まさか弘田君にフラれたショックで…?」
「まさか!あんなに美人の佐藤さんがフラれて自殺なんて…」
「そうよね…。それにしても、これで2人目ね、ウチの会社」
「あぁ、あの子?」
「あの子はねぇ…いきなり失踪するし…、まぁ自殺したくなる気持ちも分からなくないけど…」
「あの顔じゃねぇ…。何か、凄い死に方したらしいじゃない?」
「ガソリンかぶって全身火ダルマ、だっけ?」
「凄いわよね…。社員証がなかったら身元不明になる所だったって聞いたわ」
「怖~い…」


573:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 19:53:46.47 ID:stXDSuuI0
>>566
火だるまになったのが佐藤さんで、入れ替わってたあの子が
弘田くんに告白したが、弘田くんはあの子が好きだった?


596:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 20:21:56.77 ID:YEO29K490
チクリ
点数稼ぎに他人の悪事をチクることで有名な

優等生のΑ君が朝の会で
「先生!北校舎2階の女子トイレでタバコの吸殻を見付けました。
誰が吸ったのかは分かりませんが、こういうことはいけないと思います!」


623:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 20:43:51.59 ID:7o2IziR00
>>596
ワロタ


674:
忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2011/05/07(土) 21:14:32.26 ID:QWghmwWJ0
肝試し
「出る」と評判の廃屋で、おれたちグループの中でもいちばん気が強く、
心霊現象完全否定派である竹田が夜に一人で肝試しをすることになった。
他愛ない雑談から、いつのまにかそういう話になってしまったのだ。

「やめといた方がいいって」とおれたち四人は引き留めたが、竹田は鼻で笑い、
「じゃあ、必ず約束守れよ。おれが一人きりで朝まであそこで過ごせたら、
おまえらはおれに二千円ずつ払う。もしおれが逃げ出したりズルをしたら、おれが
おまえら全員に二千円ずつ払う。証拠のハンディカムはちゃんと回しとくから」

『……っと、位置はこのへんでいいか。映ってるよな?
つーわけで、一人肝試しのはじまりはじまり。拍手~。
ハァ、朝までヒマだねしかしこれ。携帯もノートパソコンも駄目とは、自分で
言いだしたもののチト厳しい縛りだったかな。まあいいや。
さて、と。

このままボーッとしてるのもなんだからさ、ひとつおれが、そう霊なんか一切
信じてないこのおれが、とっておきの「怖い話」をしてやるよ。
おまえらのこと。おまえたち「四人」の話。
…おまえたち、まだ気づいていないのか?

違うだろ、本当はとっくに気づいてて、なのに知らないふりをしてるだけなんだよな。
……なあ、正直に言うよ。おれはいま、怖くてたまらない。
この廃屋がじゃない。おまえたちが、だ。おまえたちの視線が。
いま、こうして、おまえたち「四人」におれを見られていることが。
怖くて怖くて死にそうだ。ずっと前から。
…………
どうやら賭けはおれの負けだな。ちゃんと払うよ、六千円は』

結局、竹田はおれたちに金を払うことはなかった。ハンディカムの映像だけを
残し、あの夜に廃屋から出たあと、突然失踪したから。行方はいまだに知れない。
いまでもたまに、おれたち四人は竹田の残した映像を見る。
そのたびに不可解な
気分にとらわれる。
いったい竹田は、おれたちの何がそんなに怖いのだろう。


808:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:46:40.07 ID:e//ibkmy0
>>805
金と人数、かな


809:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:46:42.86 ID:YEO29K490
>>805
六千円


687:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:37:06.52 ID:YEO29K490
死に顔
別に怖い話ではないんだがな、うちの地方では深夜の2時22分22秒に鏡を見ると

自分の死に顔が見れるという話があるんだ
俺は試してみた
恐る恐る小さな手鏡で見たわけよ
でも何も映ってない
おや、と思って目を鏡に近づけたが映ってるのは後ろの壁だけ
やっぱり噂なんてでたらめだらけ
びびって損したぜ


692:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 21:42:43.37 ID:z3jLlSEA0
>>687
骨も肉も残らないのか…


688:
忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/05/07(土) 21:39:59.38 ID:UFeSFOS00
眠りに落ちた美女
ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった
早く終わらせて帰ろうと思い急いでいたら
一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた

その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったが
少し不気味で目に特徴があった
とても大きな瞳でこっちをみている気がした
なんだか怖くなり急いで掃除を終わらせ帰った

次の日学校は大騒ぎになっていた
例の美術室の絵が盗まれたのだ
最後に絵を見たということで僕は美術の先生にいろいろ聞かれた

「なるほど掃除をしてた時にはちゃんとあったんだね」
「間違いないです、あの絵は高価なものなんですか?」
「あれは『眠りに落ちた美女』といって私の知人の画家が自分の娘
の寝顔を見て描いたものなんだ、特に価値はない
最も画家も娘ももうこの世にいないけどね」
「そうなんですか・・・」

あの絵は結局見つからなかった、
不思議なことに泥棒が入った痕跡はなかったらしい


721:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:03:59.54 ID:YEO29K490
トイレの気配
この前さ、買い物中急に腹が痛くなって

デパートのトイレに駆け込んだんだ。
そしたら、トイレの個室をノックしてドア開けるような音がしてさ。
端から順番に入っているやついないか確認してるみたいなんだよ。

俺一番奥の個室にいてさ。すぐとなりの個室まで調べ終わって
巡回の警備員かぁ、なんか恥ずかしいなぁ
とか思いながらノックされるの待ってたら全然ノックされなくてさ。

あれ?っと思ったら急にトイレが薄暗くなって
あぁ気づかれずに電気消されちゃったかなっと思って
出すもん出して個室からでたら電気なんて消えてなかったんだよね。
さすがに怖くなって手も洗わずに走って逃げたんだけど
俺、もうデパートのトイレ入れないわ。


845:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 22:58:25.94 ID:YEO29K490
コタツの妹
1階に下りてすぐ目に入ったのが、コタツで仰向けになって寝ている妹だった

かわいい事に上半身だけがコタツから出ていた(そりゃそうか

寝ている妹を起こさないように俺は反対の(コタツの)入口からそっと入った

さっきまで震えていた体が少しずつおさまってくる
入ると妹は寒いのか「うーん」と言いながら足を伸ばしてきた

俺「占領しすぎだろ…」

俺は陣取るように伸びる足を足でどかす
妹が反応する、しかしまたすぐに邪魔をする
俺は少しニヤニヤしながら妹の足をつかんだ

俺「この足を引っ張って上半身もコタツにいれてやる」
俺は妹の足を起きない程度に引っ張ろうとしたその時、
足をつかんだときの俺の手の冷たさのせいか妹が起きてしまった


妹「お兄ちゃん、1階で何してるの?勉強は?」
俺「もう少しだったのに…」俺は残念そうに言う

妹「?」

妹「あ、時間、お母さんとおばあちゃんを迎えに行かなきゃ!」

妹はコタツをものすごい勢いで出て2階の自分の部屋で急いで迎えに行く仕度をする

俺「なんかさめたな」

そう思いつかんでいた足を離した


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 19:59:08.07 ID:i+Frz5/30
毎回思うんだけどこの手のスレってただのなぞなぞ
スレになり下がってて怖くもなんともないよね


447:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 20:11:27.46 ID:b1myPRpIO
>>443
まあ、怖さよりも意味を考えるのが楽しいしな