38:本当にあった怖い名無し:2011/04/17(日) 01:48:09.81 ID:NhCuZImU0
950 名前:本当にあった怖い名無し投稿日:2011/04/13(水) 04:11:59.38 ID:PFWzsr1+O
母方の家系が代々、女ばっかり生まれる家系。
曾祖母五人姉妹・祖母三人姉妹・母三人姉妹で、私も女だし他の従姉妹まで全て女。
曾祖母より上の人達もそうだったらしい。
だから「長女は婿養子を取れ」という決まりみたいなのがあったが、
母の世代からは別に従ってない。(名を残すべき旧家とかでもないし)
 
そんな中、去年従姉妹が結婚し、男の子を出産。
何世代か振りの男の子だ!と親戚中えらい騒ぎになったんだが、
騒いだのは生きてる人達だけじゃなかったらしい。

従姉妹曰く

「知らない女の人や男の人が、夜に息子の周りで
『男の子だ!男の子だ!』みたいな事を言い合ってはしゃいでる。
夜泣きとか一切しなくて育児が楽なんだけど、あの人達に助けられてる気がする。
試しに『お乳の出が悪いんですが……』と願をかけてみたら、翌日から溢れんばかりに母乳出るし」

とか。

多数の先祖を守護霊みたいな感じにしたという事だろうか。
家系


本当にあった怖い名無し:2011/04/17(日) 20:01:50.74 ID:pVVJadLf0
>>38
イイハナシダナー
うちも40年ぶりの男の子を産んだときは祖父母が喜んでくれた。
生後間もない長男を独り、祖母に次いで亡くなった
祖父の葬儀中の自宅2階に寝かせていたので
様子を見に行ったら、天井を見上げながらごきげんで手足ばたつかせていた。
亡くなった二人があやしてたんだろうなと思ったよ。


67:
本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 20:32:48.07 ID:8ZbVGOiv0
115 :太郎丸 ◆5yPhMuNAGM :2009/04/25(土) 23:17:54 ID:zlFhmTmi0
では、渋る友人をバナナで買収して聞き出したお話でも。

まず最初に、犬神を知らないって人はいるか?
知らない人のために、簡単に説明させてもらう。
犬神というものは、血筋に憑く犬霊の憑き物のことだ。

作り方は何種類かあるが、今回の話に関わるものだけを記す。
犬を頭だけ出して生き埋めにし、その前に餌を置く。
餓死する時にその首を切ると、頭は飛んで餌に食いつく。

これを焼いて骨とし、器に入れて祀る。すると永久にその人に憑き、願望を成就させる。
また犬神は血筋から離れることがないため、その血筋は犬神筋として忌み嫌われる。

人間や牛馬に憑依する場合もあり、性格の変化や手足の痛みを訴えるようになる、と。
大雑把な説明だが、今回はこれだけあれば充分だ。


68: 本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 20:34:03.91 ID:8ZbVGOiv0
116 :太郎丸 ◆5yPhMuNAGM :2009/04/25(土) 23:18:42 ID:zlFhmTmi0
友人の家は、三代前に没落するまで、笑うしかないほどの大富豪だった。
それほどまでに家が栄えていた理由こそが、友人の家に伝わる犬神に酷似した術だ。
酷似しているということは、異なる点があるということ。

犬神は犬霊を用いるからこその犬神だが、その術では人間を使うとのことだった。
昔は口減らしなどの事情もあり、人間、特に子供の売り買いは珍しいものではなかった。

友人の家でも、その筋の商人から子供を買っていたそうだ。
買われた子供は座敷牢に閉じ込められ、満足に食事も与えられない。
拷問のような仕打ちを受け、衰弱し切ったところで首を刎ねて殺す。
体は土に埋め、首は灰にして壷に入れる。

その壷がある限り、子供の霊は願いを叶え続けるというものだ。
友人は、まるで座敷童子を人工的に作るような術だ、と語っていた。

117 :太郎丸 ◆5yPhMuNAGM :2009/04/25(土) 23:19:59 ID:zlFhmTmi0
そして三代前。くだんの壷が盗まれるという事件があった。
すると事業は傾き、借金の保証人になっていた相手が次々と蒸発。
当主は精神を病んで首を吊り、どん底の生活が始まったという。
祟りと言えば祟りなんだろう、と友人は他人事のように言う。

とまあ、以上が友人から聞き出した話だ。
友人は死んだ祖母から聞いたとかで、信憑性はそこそこ。


71:
本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 21:32:06.82 ID:aSGLmmSm0
>>68
興味深く面白かったです。


138:
本当にあった怖い名無し:2011/04/28(木) 16:28:42.46 ID:yMNjCIWX0
オカルト…なのか少し不安だが、
このスレに知ってる人がいないか書いてみた。

昔、友人に変わった家系のやつがいた
四国(と言ってたはず)のある場所の守護?みたいな役割で、
代々そこの当主が「葵(あおい)」という名を引き継ぐらしい。

そこの家の男だけ、体のリミッターを外す(用は火事場の馬鹿力)
のを自分で任意にできるんだけど、やりすぎると体が持たなくて、
そのまま死ぬ時も~って笑いながら話してくれた。

その家、昔に何かやらかして、一族徒党に呪いを受けたらしいんだけど、
そのせいで何代かごとに、一番最初の当主と似たような
人生を送って、同じ死に方をするとその友人から聞いた。
ちなみに、その家の本懐?みたいなのがあって、
「輪廻転生から外れる」事を
本気で考えてるとも言っていた。

もうその友人とも会えないし、記憶も薄れてきてるので、
説明の仕方が変、もしくはスレ違いだったら申し訳ない。
その時は聞き流してくれ。


140:
本当にあった怖い名無し:2011/04/28(木) 19:25:05.25 ID:V+b6BQXK0
>>138
・特定の場所に据え置かれる役目
・血で引き継がれる特殊能力
・家系で相続される呪い

いずれも家系のオカルトに見られるパターンの例だが
複数揃っているのはさすがに珍しい

これに加えて裏の名前や特殊な宗教的世界観
謎が多過ぎで分からない


147:
本当にあった怖い名無し:2011/04/29(金) 06:50:27.73 ID:Mt5YslW50
>>140
前レス138だけど、レス有難う。
俺もあまりにパターン通りでそいつの作り話じゃないか…と
思ったこともあったぐらい。

そいつ自身、他にも変な能力があったり、
家のことを嫌ってたから、あまり詳しくは聞かせて貰えなかった。
今更、後悔しても意味はないのかもな…。


141:
本当にあった怖い名無し:2011/04/28(木) 20:54:01.86 ID:WX4SoROX0
家系のせいで箱に関する、後味が悪いというか罪悪感を持つざるをえない現在なのだが、
吐き出すためにコトリバコスレを探したのだが、もう箱に関するスレはないんだな
自分も箱に関わっているなんて思い出しもしなかったよ
今一番呪われている箱って言えば福島原発だもんな


143: 本当にあった怖い名無し:2011/04/28(木) 21:03:45.72 ID:WX4SoROX0
誰の書き込みや閲覧がないうちに結論だけ懺悔
中学の同級生の不幸や先輩たちの子供に障害がでたとか
色々あったのは自分のせいかもしれない

子供の好奇心とかあやしげな箱があったら開けてしまうの人の性かもしれんが、
知らなかったとはいえ、それを分散させたのは自分だからな
最後の最後の代でこういう事が起こったってことは因縁じみているが、
これでケリがついたとは思えないんだ

この不安と罪悪感を抱えて一生独りで過ごすしかないんだと覚悟というより
あきらめている。ごめんなさい


145: 本当にあった怖い名無し:2011/04/28(木) 23:57:21.06 ID:WX4SoROX0
すまん。チラシの裏にでもつぶやけば良かったな、すまん。
ちょっと前々から薄々気づいていたのがほぼ確定で、
自分でも混乱している最中なんだ

落ち着いて、書き込んでも大丈夫だと判断した時点で又書き込む。
どうやら同じようなことしていて、うちの家系ほど悪辣じゃないのも
未だ世の中には残っているみたいなんで、それらに迷惑はかけたくないんだ。
遅れながらスマン
【コトリバコ】ことりばこのまとめ【子取り箱】
http://blog.livedoor.jp/hako888/



150:
本当にあった怖い名無し:2011/04/30(土) 12:11:05.48 ID:LhZt/gqo0
コトリバコって家系が抱える業ですね。当事者の家系以外にも作用するのが恐ろしい。
コトリバコが有名になるずっと前、コトリバコと思しき書き込みを見たことがあります。
職場の使われていない倉庫か用具入れで見つかった箱を開けたら、
髪や指がぎっしり入っていて、その後数日で4~5人亡くなったというもの。
箱をそこに置いていった人は怖くて手放したのか、職場を呪ったのか。


152:
本当にあった怖い名無し:2011/04/30(土) 20:39:41.43 ID:LhZt/gqo0
>>150ですが。 
私は時限爆弾みたいだなと思いました。
指はたしか20本ぐらい入っていて、
封か中身に「天皇様ノ御為ニ」といったような文言があったそうです。

開封時に立ち会った人の中で生存者は書き込み主のみ、
書き込み主が知らぬ間に焼却炉で焼かれたそうです。
その際に女の人が亡くなったらしい・・・。


153:
本当にあった怖い名無し:2011/04/30(土) 21:23:55.34 ID:jLVAaiHj0
天皇様って書き方が嘘くさいな


154:
本当にあった怖い名無し:2011/04/30(土) 21:50:57.93 ID:YiQBW7lD0
天皇様って言葉、日本人が使うかね?
天皇陛下、時代を考えておおきみ、その辺りじゃないかと思うんだが


155:
本当にあった怖い名無し:2011/05/01(日) 01:26:58.76 ID:tQXpWo/50
これ?
http://syarecowa.moo.jp/4/429.htm


157:
本当にあった怖い名無し:2011/05/01(日) 10:46:48.35 ID:1HndTKez0
>>155
まさにこれです!
文言については自分の記憶違いでしたね。天皇様ではなく天皇陛下でした。


232:
本当にあった怖い名無し:2011/05/11(水) 15:16:08.28 ID:0Q8uh4c3O
>>155
凄い遅レスで申し訳ないけど、それってコトリバコとは違うと思う
戦時中は遺体が戻って来ないから、皆出征する時は切った爪や髪を置いて行ったんだよ
生きている間は祀って安全を祈り、死んだ後は遺体の代わりとして墓に納めた
それなら「名誉ノ死ヲ~」という文にも納得がいく

まあ、焼け野原で拾った=戦時中、
それ以降もずっと供養されてなかった訳だから色々あるかもしれないね


187:
本当にあった怖い名無し:2011/05/05(木) 11:09:46.44 ID:XuxPql/JO
母方の姉妹の子、9人中うち6人が難病または障害者だわ。
(難病の一人は幼いうちに死去)
子孫が絶えるように仕組まれているとしか思えない…。


189:
本当にあった怖い名無し:2011/05/05(木) 15:08:21.20 ID:wFF1iwCI0
>>187
武家ですか?
井戸埋めましたか?
樹齢100年以上の木を切りましたか?
稲荷信仰してますか?


210:
本当にあった怖い名無し:2011/05/07(土) 16:39:40.28 ID:8PUxh66ZO
>>189さん
遅いけど、まだいたら聞きたい
稲荷信仰と精神病等は関係性があるものなの?

彼の実家に、御稲荷様の鳥居と祠がある
毎年神主さんにも来てもらっているし、由縁によるタブーもある

その彼は、子供の頃から鬱
今も酷いと通院したり、薬を飲んでる
御両親・兄弟は全くの健常者らしいが、親族はわからない

自分でも調べたのだが、うまく検索出来なくて
なにかあるなら、神主さんに会いに行って話を聞いてみようと思ってる
本家の長男だから不安なんだ


213:
189:2011/05/08(日) 02:33:03.81 ID:one6irzR0
>>210
稲荷神社は大神様が居る神社で狐が眷属ですが
現実は人が食い物や金に執着する祈りをするため
執着の黒い煙に神域がまかれ大神様は気持ち悪くて
神界お帰りになりました(99.999%の稲荷神社の実情です)

残った狐が油揚げを要求し願いを叶えます
上記が悪魔との契約です
油揚げを持ってこないと怒り
今までの授けたもの以上のもの奪い返します

出来ればやらない方がいいです
でもやってしまったら・・・・

狐尽きの特徴
・妄想を見させられる
 見たもの口にすると他の人か基地外扱いされる(江原)
・色情因縁が現れ(sex中毒や風俗店で働く)
・二枚舌(嘘こき)
・精神病
・虐めにあう
上記が主な特徴ですが
精神病は狐の波動の浴びすぎか狐の虐めです

また質問どうぞ


275:
本当にあった怖い名無し:2011/05/20(金) 22:38:21.23 ID:Xm92DlV40
>>189
うちは稲荷をまつってるし井戸も適当に埋め立てて
鬱や精神病系の人が結構います。
稲荷は祖父の死後あまり大事にされていなくて
極まれに掃除されている程度・・・

粗末にして祟られてるのかな?
稲荷様っておかえししたほうがいいでしょうか?


194:
本当にあった怖い名無し:2011/05/05(木) 21:22:41.36 ID:AoZh25AA0
井戸は適当に埋めたらダメって不思議だね。井戸じゃなかったら平気なんでしょ?
うちは実家がすごいボロで(北海道で戦後の開拓時に建てたまま)、昔は山水を
ひいてたけど、集落に水道を作ってもらうため
山水の蛇口(?)は床下に隠してそのままにしてるらしい。
井戸の形にするのが何か特別なのかな?


195:
本当にあった怖い名無し:2011/05/05(木) 22:11:38.80 ID:e8l6khdL0
>>194
井戸を埋めるときはちゃんとしないといけないって言うのは、オカルト的な話だけじゃなく、
ただ蓋をしただけでその上に家を建てたりした場合、湿気などで家の傷みが早く進んだり、
体調を悪くする事も有るからというのも理由の一つにある。

全部が全部そういうのではないだろうが、
昔の人にとっては今では原因が分っているような事でも
祟りという認識になっていた可能性は高い。

そういう問題もあるから、ちゃんと手順をふんで
埋めるときはしっかり埋める方が後腐れがなくて良い。
後になって何かあるごとに、普通に考えれば因果関係はないにも関わらず、
井戸をちゃんと埋めなかったからだ、なんて言われずに済むし、
当人としても、もしかして、なんて気に病まずに済むだろう。


198:
本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 00:44:04.97 ID:bu3oO4pO0
湖、池、井戸は水気だよ
水龍神が住み着く
水路を詰まらせたから仕返しに
詰まる病気になる腎臓や心臓などが多い
龍は直接埋めた人ではく命令した人を祟るよ


200:
本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 10:44:31.77 ID:oeQpgaFPO
お祖父さんの兄(本家さん)は、明治天皇の近衛兵やってたよ。
傍系の自分には、関係ないけどさ。

士族だ何だっても、不思議なくらい家の兄弟は
Bの女ばっかりに引っ掛かるから
(付き合ってる女の実家に数週間軟禁→既成事実って流れ多々)
今はもう血も何もあったもんじゃない…何かの罰ゲームかよ?ってくらい。

自分はもう結婚はする気なし。


202:
本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 19:13:42.75 ID:bu3oO4pO0
>>200
八瀬童子だね
[花の慶次]に登場するね
出雲族の家系にあたるのかな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/八瀬童子



207:
本当にあった怖い名無し:2011/05/07(土) 10:13:02.05 ID:LiXq9xJsO
200です。
うちの家系は、士族でも古い(公的な)書物に地名や名前・記録も残ってるので
おおよそ、Bには縁がなかったと思います。
因みに、関東方面なので八瀬云々はよく解りません。

もう、ご先祖さまがB相手になにかやってしまった
障りか…と納得するしかありませんね。
今や、兄弟それぞれがあちらの姻戚一族の
ATM兼パシりと化してます。


253:
本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 10:43:25.50 ID:ZcVqaRi8O
うちの母方は、祖父が自殺したため、菩提寺から今後男の跡取りが生まれない…と言われている。実際、叔父は発狂して精神病院にてすでに死亡。
伯母は男の子を授かると流産して、子供は見事に女ばかり。


昔の彼氏も男は早死にの家計で、彼氏の妹の結婚式に彼氏以外男の親戚がいなかった、
バージンロードも彼氏が父親代わりに歩いたし。

今の旦那も、ことごとく男は病気になる家系。義父も旦那も病気持ち。

祖父の自殺の話は旦那にすらしてなかったのに、
自分に子供ができたのを機に、先日義母が霊視をしてもらいにいったところ、
祖父が首切って自殺したこと、さらに祖父の自殺も何世代前に切腹した先祖がいて、
その影響だと、菩提寺と同じことを言われて帰ってきて、驚いた。


男の子を産むなら、因縁をたつために、その先祖と同じ切腹を疑似体験したほうがいいそうだ。
つまり帝王切開で、私が腹を切れば良い、と。

実際、帝王切開になりそうなのだが。

自分と子供は今後、跡取りの跡絶えた墓をいくつ墓参りすることになるのかな…と思う。

跡取りが生まれるってありがたいことなんだよ。
自殺なんて、絶対にしちゃダメ。


257:
本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 14:40:33.75 ID:yMRpui/R0
>>253
墓参りはちょっと大変かもしれないが、供養が届けば護って貰えるよ
頑張って良い子を産んでね
因縁を納める役目を持って生まれて来たんだろうね


258:
本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 18:49:47.60 ID:7QdyHxeq0
>>253
お寺さんはいわゆる視える人だったの?


272:
本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 21:15:09.49 ID:tPUUmrf6O
>>258
どうもありがとうございます。
霊視を依頼した義母も一人っ子だから、実家の墓を一人で守ってるらしい。
無縁仏になるのは心苦しいし、ご先祖さまの加護をアテにはしないけど、
やはり墓参りは継ごう、とは思う。

菩提寺はただの田舎の寺で住職が何か見える訳ではないと思う。
単に過去帳を見て、因縁みたいなものを説いてくれたのかと。


265:
本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 16:40:59.58 ID:MxiKaPTTO
流れは読まない。
怖くは無いけど不思議な話。

父の叔父さん(父の母の弟、以下A)と父は15才差。
そのAさんの長男(以下B)と父も15才差。
Bさんとうちの兄(つまり父の長男)も15才差。
Bさんの長男(以下C)と兄もまた15才差。
さらにCくんと兄の長男まで15才差。

偶然にしては出来過ぎているような気がするが…
こういうのってよくある事なのかな?


267:
本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 19:39:06.05 ID:eK/wYk3U0
>>265
面白い!

うちは男が旦那の祖父の代から4代続けて戌年。
そして嫁に来た人以外の全員の誕生日が、月×2=日。
(1/2、4/8、6/12、7/14、8/16、10/20、12/24)
気が付いた時はちょっと鳥肌立った。


277:
本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 09:00:17.35 ID:1XI1o0v4O
代々離婚が多い。母親の兄弟の長男は俺含めて皆独身
そして変わり者、こういうのも因縁?
過去に何があったかは知らない


280:
本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 13:17:18.83 ID:vgvrbBhwO
>>277
性格の遺伝じゃないか?
すぐキレるとかないか
元同僚とその家族がそうだ
情緒が安定していないからキレて怒鳴る、いきなり泣きわめく、物に当たり散らす
人を利用する気満々
解雇、離婚だらけ
1人だけまともな弟は事故で亡くなった


316:
本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 20:29:20.18 ID:l3ZkQt9d0
>>277
うちも父方の祖父、祖父の兄弟、親が離婚家系
父方の長男が全員30過ぎで独身
次男や女性は結婚してる

先祖が離婚してると、捨てられた女の恨みが子孫に祟るんだと
一番因縁が現れやすいのが長男
結婚を繰り返してる先祖がいると、
その人が子孫の長男の分の嫁を先にもらってしまってることになる


278:
本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 11:02:58.88 ID:KvGzIppf0
277
皆独身っていくつよ?


281:
277:2011/05/21(土) 13:29:52.54 ID:1XI1o0v4O
俺は35歳、いとこは40代が3人。
1人は知的障害ある
性格はバラバラだけどキレ易いとかは一切ないです
ただ自分含めてマニアックと言うか凝り性な部分は共通してるかな
自分含めて対人関係も悪いわけではないと思う


282:
277:2011/05/21(土) 13:35:57.59 ID:1XI1o0v4O
連投すみません
気になる事は無縁仏の墓の世話(花や線香、掃除など)をやってる。
俺の母親、ひいばあちゃん、いとこの姉さんは離婚してる
母親といとこの姉さんは結果、金絡みだな


284:
本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 14:05:07.99 ID:yd2UgRWKO
全くの素人は無縁仏に触らないほうが無難


285:
277:2011/05/21(土) 14:12:22.86 ID:1XI1o0v4O
そうなんですか…
子供の頃から当たり前に線香やったりしてるから、
むしろ無縁仏だからでやってました

あと思い出したのは
母親の実家の寝食とは別で物置として使っていた
同じ敷地内の家を壊した際、柱に真新しい感じの
釘の打ち付けられた藁人形が発見されました。
誰が何故やったのかは当然わかりません15年位前の出来事です


286:
本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 14:18:53.26 ID:yd2UgRWKO
あからさまに攻撃されている


288:
277:2011/05/21(土) 14:54:22.43 ID:1XI1o0v4O
ですよねー
ひいばあちゃん死んでから家中で経営巡り本家やら分家やらでゴタゴタがあったらしい
裏切りとかもあったみたい。ウチはされた側らしいけど。
因縁があるんだろうな


368:
本当にあった怖い名無し:2011/06/02(木) 03:52:30.73 ID:4B84lbLGO
うちの家系は女が鬼門
とにかく性格歪んでる奴ばっかり
他から嫁いで来た奴もロクなの居ない
そのせいか男は皆短命


370:
本当にあった怖い名無し:2011/06/02(木) 11:24:58.83 ID:vVJeakjy0
じわじわと断家の方向に持っていかれる運命か


423:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 04:39:45.25 ID:qDVylTcpO
ガン家系を断ち切りたい。
父方が皆ガンで…。
その父も昨年末 肺ガンで亡くなった。
なんで世の中にガンなんて病気があるんだよ。
悔しい。



425:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 09:31:53.21 ID:sk5q3Pa5O
DNAが類似ってのもあるけど
環境、食べてる物が似てるとなりやすい

家の因縁とはちょっと違うような…
日本人の1/3が癌の時代だからねぇ

お互い、気をつけましょ


426:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 10:15:55.54 ID:g2hwLB2UO
オカルト関係無し


427:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 10:35:24.50 ID:M5VYuY9I0
ガンて恨まれてる人がなる病気なんだよ


429:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 11:34:00.65 ID:/lYhp6FEO
昨日あまりに隠蔽に次ぐ隠蔽のひどさを母に教えた
どうして急にあちこちの原発が一気にダメになったの?って聞かれたから、
今までずーっと全部隠蔽していたのが表に出てるだけじゃないかなと話していたところ

それで急激に日本人のがんが増えたのか!生活習慣だけじゃおかしいと思ってたんだ!

…成る程、と思った


432:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 13:46:22.24 ID:M5VYuY9I0
ガンが出来るのは大本の原因となる「因縁」が必ずある。
食の誤りも大きな要因ではあるが、それが全てではない。

胃ガン・・・イライラする、短気、ワガママ、自己中心な性格が限度を超えたもの
脚のガン・・・供養するべき死者の供養をしていない人が病む
舌ガン・・・舌で悪因縁を造っている人、嘘などをよく言った人がかかるもの
乳ガン・子宮ガン・・・妊娠中絶をした人、女性に酷く恨まれている男性の子や、男性に恨まれている女性が病む病気
食道ガン・・・食物に不満を良く言う人、食事をしながら他の人の悪口を言う人が病む病気
大腸ガン・・・心に憂鬱や悲しみ、怒りを持ち続けた人、及び人を苦しめた人がかかるもの

だそうです・・


433:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 13:56:03.31 ID:U/G5uI4wO
>>432
肺ガンと肝臓ガンは?


434:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 14:44:12.18 ID:M5VYuY9I0
肺ガン・・・常い寂しい気持ちと物事に熱中出来ず孤独で有る事。先祖供養、信仰心が無く又信じない
関心が無く先祖とも断絶している事

肝臓ガン・・・くよくよと何時もしている事が大きな原因。又腹が立て易くカンをたてる事も原因になる


435:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 17:39:22.72 ID:X7WqoTw50
宗教の勧誘臭い


436:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 18:10:11.04 ID:tzCL6hmW0
草加がよく言ってたわソレ


438:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 18:31:16.15 ID:XUpFWivSO
実際はどうなんだろ


439:
本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 18:44:37.11 ID:CUDA2tv20
昔の人は非婚の自由もなかったし
癌になるほど長生きも出来なかった
どちらも社会が発達した結果として直面する自然現象
それだけの事



511:
本当にあった怖い名無し:2011/06/11(土) 15:06:54.56 ID:Q55svPsa0
不思議っていうか変な話
小さい頃、頭をぶつけたりお腹が痛くなったりして泣きながら母のところに行くと、母は患部をさすりながら
必ずある呪文のようなものを唱えた。別に痛みが和らぐわけでもなかったので子供心に
(こっちは泣くほど痛がってんの
に変な言葉呟いてんなよ)と思っていた。

長年、母が適当に考えた子どもを落ち着かせる呪文なんだと思っていたら、

最近母の実家でその呪文について聞いてみたら面白い裏話があった。

昔々、母方の祖父(故人、なかなか破天荒な人だったらしい)が行き倒れの坊さんを介抱して
何かと世話を焼いたらえらく感謝されて、坊さんが帰り際に紙に呪文を書いて祖父に渡したらしい。

その呪文を唱えながら痛みのある部位をさするとたちどころに良くなったことから
近所でも有名になってちょくちょく治療を頼まれるようになったそうだ。
母の唱えてくれた呪文は祖父の見よう見まねらしい。

祖父はもうとっくに死んでいて、屋敷も取り壊して新築にしちまったから
当時の資料は残ってないけど、生き証人の祖母が昔話を語るように話してくれた。
もし呪文書いた紙が残っていれば有名な祈祷師にでもなれたのかもww
家系っていうか風習かな?スレチだったらすまん


512:
本当にあった怖い名無し:2011/06/11(土) 15:24:19.20 ID:vs2TVVx70
>>511
>坊さんが帰り際に紙に呪文を書いて祖父に渡したらしい。

その呪文、
オンコロコロ・・・云々
な予感w


513:
本当にあった怖い名無し:2011/06/11(土) 15:44:54.69 ID:Q55svPsa0
>>512
原文は多分そんな感じなんだろうけど
母のは祖父の見よう見まねだから濁音っていうかうなり声みたいな感じの短い言葉を
繰り返すみたいな感じになってる。


514:
本当にあった怖い名無し:2011/06/11(土) 18:08:18.14 ID:vs2TVVx70
>>513
病気平癒の薬師如来の真言は、オンコロコロセンダリマトウギソワカ・・・な感じなんだけど、

>母のは祖父の見よう見まねだから濁音っていうかうなり声みたいな感じの短い言葉を
>繰り返すみたいな感じになってる。

ネコ科の動物がグルグル喉を鳴らしてリラックスする時の波長と、同じ効果なのかなぁ。
何気に興味深いなw


515:
本当にあった怖い名無し:2011/06/11(土) 18:10:54.00 ID:Osijr3y40
稲荷の祠がある旧家です
近所には皆あります
でも、犬を普通に飼えるのは家だけです
家にはもう、居ないですね


525:
本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 02:52:00.85 ID:mIOWIsEH0
>>515
>稲荷の祠がある旧家です
>近所には皆あります
>でも、犬を普通に飼えるのは家だけです

へぇー。
他の家で犬を飼おうとすると、何故か過敏になって
やたら吠え立てたり、そういう感じなのかなぁ。
だとしたら、面白いね。


533:
本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 11:15:07.23 ID:JqQnrKPz0
>>525
子犬から飼って2才の誕生日を迎えられない


551:
本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 17:41:41.44 ID:ijv/gdmr0
>>533
おや。やはりそういう因縁ってあるんだ。不思議かつ興味深いですね。
縄張りを主張しない貴方の家のお稲荷さんは、
ひょっとして寧ろ格が高いのかなぁ・・

それか、貴方の家のご先祖様が徳の高い人で、お稲荷さんもちゃんと
守護する方向で従っていたとか。


522:
本当にあった怖い名無し:2011/06/11(土) 23:40:01.15 ID:FSMhaQm/O
様々な理由で、一代おきに女が目玉を取られる家系。
緑内障だったり、釜の火で目玉が焼けたり、転んだ先に
デレッキがあって目玉にグサリ、とか。
ちなみに次は自分ですが、すでにその兆候アリ。
左目が生まれつきあまり動かない上に、先日難病を発症。
そのせいか分かりませんが勘は鋭い方です。
昔から、うちの家系には災害や疫病を予知する者がいたそうです。


543:
本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 14:10:40.51 ID:DVsq9k2zO
>>541
白内障大変ですよね。
目の手術って本当、精神的に来ると言うか。
どうぞお大事に。


523:
本当にあった怖い名無し:2011/06/11(土) 23:58:10.12 ID:hfQT4U6c0
不思議な能力と引き換えに体の一部、あるいは知的・精神的な物を
持っていかれるって話はどっかで読んだ事がある。

そういう事が無くても巫系の力を持つ家系もあるけどその違いはなんだろう。
最初から視力が弱いゆえに他の部分が発達するパターンとは違うかんじだよね?

逆になっちゃったけど、お大事にしてくださいね。


543:
本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 14:10:40.51 ID:DVsq9k2zO
>>523
お気遣いどうもありがとうございます。
あまり役に立たない能力と目玉が引き換えになっているなら
ちょっとハイリスクローリターンな気がします。


532:
本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 11:07:33.42 ID:eqbQZ2zI0
自殺者が多い家系は遺伝する。

祟り・因縁というよりは、
鬱病の傾向が、親族に多い。


580:
本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 01:10:23.03 ID:I6rDb6OAO
私の母の実家には武士が着る甲冑がある、
第二次大戦で資料が焼失したので年代等は不明修復はしているがボロい

この甲冑が母親実家の女を守ると言われている、女だけで男は関係ない。

以下箇条書き↓
・祖母
戦時中女学校が空襲にあい被害者多数出るが無傷で助かる
死者が出たバス事故に遭うが軽い切り傷で済む
DV気質だった弟が死ぬ
・叔母
セクハラ上司が死ぬ
パワハラ上司が死ぬ
元から体が弱く難産で母子共に死にそうになったが何事もなく退院(産まれたのは娘)
・母(出戻り)
父と離婚後893絡みの事件で父死ぬ
ストーキング男死ぬ
交通事故に何度も遭うが無傷
・私(娘)
過去二回自殺を失敗
傷害事件を起こすが何故か相手が被害届を取り下げた
超未熟児で産まれたが障害もなく驚異的なスピードで退院した
バイク事故を起こし愛車は廃車になったが血だらけで歩いて帰ってきた
いじめっこが死んだ

私と母の話以外は本人に聞いた、他にも先祖が伝染病にかからなかったとか
災害を免れたとか細かく色々あると聞いた。


資料や文献が焼失したので口伝に過ぎないが先祖に毛利家に仕えた侍がいて
合戦で大活躍したが愛する妻と娘を亡くして鬱で死んだらしい

しかし近年蔵から石田三成関連の文献が発見されて学者先生が押し寄せたが
住んでるのは東日本なので最早訳が解らなくなっているのが現状である


以上我が家の出生不明のフェミ侍の話でした


582:
本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 01:51:22.27 ID:gd+91EBe0
>>580
むしろ災厄が多すぎないかそれ


584:
本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 07:00:20.62 ID:xFYXXPqQO
>>580
むしろその鎧が怖い


588:
580:2011/06/14(火) 11:59:48.27 ID:I6rDb6OAO
582と同じ事を思った時期があって以前ちょっと見える占い師に見てもらった事はある、
占い師によると特に悪い気はなくやはり母方に強く守られてるそう
次のお盆に帰郷したら仏壇と甲冑に手合わせるわ、
後できれば男も少しは守護してくれるよう頼んでみる


614:
本当にあった怖い名無し:2011/06/15(水) 21:10:13.51 ID:enpdcVXYO
凄く重厚で貴重なな話が続いた後に、申し訳ないくらいショボイ話でごめん。
我が家は、父方も母方も皆食品関係。
で、父方の家系は猫を守り神と崇める血統だそう。

個人的には米倉を荒らすネズミを捕まえる猫を大事にしてた
だけじゃないかと思うんだけどね。
ただ、猫にまつわる逸話には、事欠かない。

山菜を取りに行って迷ったじいちゃんは、野良とは思えない
綺麗な猫に導かれて、無事に家に帰り着けたとか。
土地を騙し取ろうとした詐欺師を、飼い猫が追い返したとか。
10匹の捨て猫を拾って育てたばあちゃんの姉さんは、猫に看取られ
100歳の大往生だったよ。

そのかわり、猫を虐めると酷い目に遭う。
軒下に住み着いた猫一家を殺したばーさんは、農作業中に
側溝にはまり足を大ケガして入院。寝たきりになってしまった。
じーさんもあっと言う間にボケてしまい施設行き。
最後は悲惨だった。


632:
本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 00:36:51.78 ID:ahO2Jua40
>>614
猫って凄いんだな。
詐欺師を追い返すとか、どんだけすごいんだ。用心棒のオッサン以上だな
(鍋島屋敷の油なめる化け猫くらいしかイメージ無かった)

地元の病院の職員が、軒下にいた野良猫の子供数匹を
焼却炉に生きたままほりこんで殺したらしい。
あとで聞いて呆れたが、今のところ報いは聞いてない。
特別なパワーのある猫限定なのかな。


615:
本当にあった怖い名無し:2011/06/15(水) 21:36:19.81 ID:bcvo01jFO
ぬこ神


616:
本当にあった怖い名無し:2011/06/15(水) 23:41:37.99 ID:H8NQmGgn0
>>615
ぬこ地蔵とか、実際あるがなw
なんでも養蚕が盛んだった頃、ネズミがお蚕さんの棚を荒らすんで、
お地蔵さんとして祀ったそうぢゃ。
616_1


619:
本当にあった怖い名無し:2011/06/16(木) 01:03:38.44 ID:haaoXYZw0
>>616
なんかそんなふるいものに見えないw


674:
本当にあった怖い名無し:2011/06/18(土) 20:28:19.82 ID:lOx7shlUO
母方の曾祖母は霊感が強かったらしい。
曾祖母は9人子供を産んだが、長女(私の祖母)だけ霊感が強かった。
そして祖母の長女である実母も霊感がとても強く

母親の身体にいろんな方々(主にご先祖様)が降りてきて
私が話の相手をすることがあった。実母は2年前に急死したが
長女だけに霊感が受け継がれていく、あんたは40歳を過ぎたら

もっと感覚が強くなるから、もっと経験を積みなさいと言って亡くなった
40歳まであと8年、本当に感覚が強くなるのかドキドキしてる


690:
本当にあった怖い名無し:2011/06/19(日) 01:49:31.91 ID:bnCEaiOk0
そうだよ、ただ、怖がらせたら申し訳ないんだが、こういう話もある。
長女の霊力について、馬場あき子か誰かが本を出してたよ。

その家の家長(お父さんとか)が、あまりに酷い所業をすると、長女の霊力では護りきれなくなり、
結果、若死にするとも。例えば、源頼朝の長女大姫(婚約者を父に殺され19歳で発狂死)、

だいたい、やり手の有名な武将の長女は若死にしてる、という話がその中にあったよ。
乱世は特別でしょうがないけどね。大変失敬だが、昭和天皇の長女も赤ちゃんの頃に…。
例を挙げるときりがない。現代はそんなに業の深いのは珍しいから大丈夫だろうけど。


770:
本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 03:53:59.56 ID:whT8in2RO
うちの近所の米屋は産まれた子が3人とも障害児だったので
有名な寺の住職に300万包んでお祓いしてもらったら

その後いくら頑張っても4人目はできなかった

うちの婆さんが言ってたけどその米屋の先々代は相当なケチで、
河原に生えたニラや古い虫がついた米でも洗って食べてたらしく
近所の人は気味悪がって誰も米を買わなかったとか

また嫁は早くに亡くなり、残った一人娘は藪睨みのせむしで
婿の来手がなかったのにいつの間にか男の子供がいて、

近所には養子を取ったと言ってたらしい

その子も見るからに変だったが健常者だと言い張り、二階の窓から奇声を発しながら小便をしても
「あんたらが見るから怒っとるんじゃ」などと言ってたそうな
結局学校へは行かさず18歳になると外国人の女性と結婚させて3人を産ませた

100歳を過ぎるまで店を守ったが晩年はボケて草や虫そのものを食べてたらしく
最後は浄化槽に頭を突っ込んで死んだ


773:
本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 09:56:21.59 ID:+2bAYhSQ0
河原に生えたニラや虫の付いた米はふつーに食ってたが、
俺は相当なケチだったのか・・


776:
本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 11:13:16.13 ID:L4tI3mlc0
>>773
>河原に生えたニラ
その地域特有の風土病とかは?
河川とか田んぼってのがミソかもね


777:
本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 11:22:52.95 ID:WaPnGAKiO
河原のニラって行者ニンニクの事かな?
食べた事ないけど、さっと茹でて味噌つけて食べると旨いらしい

…そんなに忌み嫌うことじゃないよね
つくしとか、ヨモギ、ワラビも野山でとるし

米屋に対する蔑視臭?みたいなのを感じたんだけど


778:
本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 12:46:54.06 ID:L4tI3mlc0
ウィキに地方病であった
発症するのは、貧しい農民ばかりとあって、原因は田んぼにいる貝だって
1990年代に終息宣言が出されたらしいよ

その米屋って、周辺の田んぼの米を扱ってて、
周辺住民から感染ルートの如く思われてたのかもよ

今でゆう風評被害?

1886年(明治19年)、徴兵検査のために山梨県を訪れた軍医石井良斉により、
特定の有病地の村から来た20歳前後の男性の大半が、

身長が140センチ強ほどの小学生程度しかなく、腹部は腹水により腫れ、
手足は痩せ細り顔面は蒼白であることが判明し、明らかに何らかの栄養障害があるものと思われた。


時代は日清戦争直前の富国強兵の世情であり、石井からの報告を受けた軍部は事態を重く見て、
藤村紫朗山梨県知事へ原因解明の要請がされた。



779:
本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 14:05:22.27 ID:OnUCvscBO
時代柄
廃棄処分用のカドミウム米仕入れて食ったんだろ