1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:09:07.79 ID:r6oG36Vq0
人来るかな
造形がヤバい神様トップ15決めたったwwwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4552667.html
ユニコン


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:09:37.49 ID:sbubbTGb0
きたけど



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:12:55.52 ID:r6oG36Vq0
あとあんまりマニアックじゃないかもしれない
ここに猛者がこないことを願う



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:12:57.65 ID:x57jhhpI0
興味ある
化物的なやつより、神秘性とか聖なる感じのとか特に(ユニコーン、フェニックス、鳳凰とか)



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:14:21.86 ID:r6oG36Vq0
んじゃ
狼男の実態からかく
GermanWoodcut1722
http://ja.wikipedia.org/wiki/狼男



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:18:05.60 ID:r6oG36Vq0
中世のヨーロッパでは犯罪者の身ぐるみ剥いで
狼の皮衣一枚で森にほりだすってことがままあったんだ
こういったやつが旅人なんかを襲ったり森の中に隠れてたりしたら...

ってのなんだがこれくらいのマニア度は普通かな?



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:21:41.29 ID:+TWX+RqG0
>>23
狂犬病とかって説



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:25:31.16 ID:r6oG36Vq0
>>34
ライ麦パンくって狂ったやつが狼男呼ばわりされたこともあったから
狂ってる=狼男って時代があったんかな



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:19:26.09 ID:NC8kpUJz0
モットマニアックな話しろよそんな当たり前な事行っても誰もこねぇぞ



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:20:49.08 ID:r6oG36Vq0
>>25
大西洋横断したリンドバーグが機内でグレムリン見たってぐらいならどう
グレ
機械に悪戯をする妖精とされ、ノームやゴブリンの遠い親戚にあたる。かつては、人間に発明の手がかりを与えたり、職人達の手引きをしたりしていたが、人間が彼らに敬意や感謝をせずにないがしろにしたため、次第に人間を嫌って悪さをするようになった。どの家庭にもグレムリンが一匹は住み着いているという。好物はチューイングガムらしい。

20世紀初頭にイギリスの空軍パイロットの間でその存在が噂されたのが始まりと言われている。また第二次大戦中は東京に空襲をかけたアメリカ軍爆撃機の乗組員を悩ませた。機械やコンピュータが原因不明で異常な動作をする事をグレムリン効果と言ったりする。またインドの北西戦線に駐留していた英国空軍の兵士たちの想像力の産物とも言われる。名の由来は士官食堂にあった本「グリムの妖精物語」、唯一飲めたビール「フレムリン」の合作とされる。志願部隊のジョフリー・レナード・チェシャー大佐はその名をヨークシャー空港の航空機トラブルのさいに挙げている。またその名はチャールズ・グレイヴズ著『薄い青色の線』(The Thin Blue Line)(1941年)で描かれ、「パンチ」、「スペクテイター」、「ニューヨークタイムス」紙(1942~1943年)でも記事として取り入れられた。

グレムリンの正体、起源には諸説ある。そのひとつは、元々高い山の頂に暮らしていたグレムリンが、人類が高空飛行をするようになり、その飛行機械に興味を持ち、乗り移ったとされる。計器に指を突っ込んで指示を狂わせる、ガソリンを勝手に飲んでしまうといった悪戯をなす(米映画『トワイライト・ゾーン』にこの話が元となっている一編がある)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/グレムリン



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:20:54.74 ID:bUjFZbVe0
顔がライオンでどう頑張って虚弱すぎて死んじゃうアリみたいなやつ



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:23:38.59 ID:r6oG36Vq0
>>30
ミュルメコレオンか
もとは聖書の誤訳でライオンの上半身だから肉食うんだけど
蟻の腹だから消化できなくて死んじゃうんだよな
あと生殖器が上下逆についてる
myrmecoleon



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:34:45.91 ID:s33jxvIQP
読みづらい。
雑談に付き合ってないでどんどん進めてよ
名前欄に幻獣名
本文で内容
とか工夫して



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:42:52.28 ID:r6oG36Vq0
>>66了解

ジャック・オ・ランタンは今ではカボチャ頭だったりするわけだが
昔はカブの提灯を持った浮遊霊だった
アイルランドにジャックってやつがいて
ある日悪魔がこいつの汚れた魂を奪おうとしたんだけど
ジャックは怒って「二度と関わんじゃねえハゲ」っつって追い返したんだよ
んで不摂生とかで死んじゃって地獄の門の前まで木たんだけど
あの悪魔がいて「二度と関わっちゃいけねえんだろwww」っていって
燃えた石炭をひとかけら投げつけて地獄の扉を閉じられて
くりぬいたカブに石炭詰めて提灯にしたのがジャック・オ・ランタン
ジャック



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:45:41.08 ID:NC8kpUJz0
>>79
ジャック・オ・ランタンは霊だって言ってる地域もあればもともとは悪戯大好きな糞書きで悪魔にいたずらしたから呪いであの格好になったってお話しもあるよ



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:38:49.99 ID:NC8kpUJz0
お前らは何の化け物の話が聞きたいんだよ
俺の知ってる感じの奴だったら説明してやるよ多分



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:39:52.72 ID:g46jhQY40
>>71
虹蛇の話がいいな



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:42:02.56 ID:NC8kpUJz0
>>73
天候のすべてを知る月男って奴とすごく仲がいい
虹ヘビ
天候現象の虹に関連し、創造と雨を降らせる力があるとされる、神話・伝説上の巨大な蛇である。

虹蛇の神話・伝説は、世界各地、主に北アメリカ、オーストラリア、西アフリカで知られている。オーストラリアでは、様々な呼び名(カリア、ムイトなど)を持ち広く知られている。漢字の「虹」が虫偏であるのも、中国の伝説において虹が竜の一種とみなされていたからである。また主虹である「虹」を雄とし、副虹たる雌を「蜺」(ゲイ)と呼んだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/虹蛇



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:40:24.30 ID:y1QiwCZs0
そんじゃインドの悪霊について

鼻にラッパみたいな管が付いていて、赤とか青い体をしている
ぴー、とか、ぷー、とか音を出します
この音を聞くと病になるそうな



86:スワム・フィスク:2013/10/12(土) 22:46:51.43 ID:r6oG36Vq0
ピザ。
口しかなくて食べることしかしない
食べれば食べるほど太って行って限界までデカくなると食ったものを全部はいてダイエット
その後また食い続け吐き出してのエンドレス



87:スワム・フィスク:2013/10/12(土) 22:48:22.20 ID:r6oG36Vq0
>>86に書き忘れたけど脂肪でできたナマコみたいなやつで海にいる



91:ウパス:2013/10/12(土) 22:52:28.10 ID:r6oG36Vq0
名前はマレー語で毒を意味する
荒野と化にただ一本で生えてて周りに鳥の死骸があるのが特徴
こいつが発する毒気で周囲の動植物は全滅



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:55:08.74 ID:NC8kpUJz0
幻獣大好きなvipperがここまで集まらないって結構珍しいよな
大体神様とか妖怪とか神話、怪物系のスレは毎回勢いすごいのに



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:57:38.01 ID:di2DfAFx0
>>97
むしろそういった奴らが秘密裏に祀られてる、って言うのが好きっぽい俺もそうだし
幻獣やUMAって祀られてるイメージないじゃん?
UMAってなんかワクワクするよなwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4473107.html



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:59:36.95 ID:NC8kpUJz0
>>100
後は1番を決めるのも好きだよな
一番強い伝説上の生物は誰だってスレは毎回よくのびる



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:00:23.39 ID:di2DfAFx0
>>105
でアザトースとか空亡で終了

ひどいな



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 22:56:10.08 ID:tr2iIJrE0
幻獣って言葉があんまり一般的じゃないんじゃない



101:バロメッツ:2013/10/12(土) 22:57:38.95 ID:r6oG36Vq0
スキタイの羊、ダッタン人の羊とかいろんな名前を持ってる
ダッタン人はモンゴルからリトアニアにかけて住んでる人のこと
ひょうたんみたいな木で実の中から羊が出てくる
尻尾が木に繋がってて切れると死ぬしツタの長さしか移動できないから草を食いつくして死ぬ
金色の毛で身はカニの味がするとかいうカオスな羊
471px-Vegetable_lamb_(Lee,_1887)
http://ja.wikipedia.org/wiki/バロメッツ



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:00:54.14 ID:t0xVo0Bt0
カーバンクルについて



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:03:43.35 ID:NC8kpUJz0
>>107
カーバンクルはもともと魔力を持った獣
姿形はあいまいで断定はされてない、結構ウサギや猫の姿で描かれるのが一般的
カーバンクルを有名にしたのはFFか、魔法を弾き返す設定とかあるけど実際はそんなことなかったんや…



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:06:21.16 ID:t0xVo0Bt0
>>112
跳ね返さないのか
じゃあルビーとも無関係?



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:08:55.55 ID:NC8kpUJz0
>>114
いや、もともと宝石って純粋できれいであればあるほど魔力が強いって言われてる
その魔力がカーバンクルって言うのも確かあったはずだからあながち無関係ってわけでもない



111:エールケニッヒ:2013/10/12(土) 23:03:35.41 ID:r6oG36Vq0
シューベルト作「魔王」の魔王
シュバルツバルトに主に生息してて
美女とかショタとかが森の道を通ってるとたとえ馬車でも追いかけてきて絶対に連れ去る
エールケニッヒはドイツ語で「ハンノキの王」とされてるけど
これはデンマーク語の「妖精」とドイツ語の「ハンノキ」の発音が似てたから
つまりもともとこの魔王は「妖精王」だった



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:03:50.88 ID:+TWX+RqG0
アザトースはラヴクラフトのSF作品だろうが!

そもそも神話というもの自体がry


って流れですねわかりますん



115:麦狼:2013/10/12(土) 23:06:56.42 ID:r6oG36Vq0
収穫期の畑に出現する
畑の中を駆けずり回る
それだけ



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:08:40.27 ID:di2DfAFx0
>>115
ただの猪だろwwwwwwww



118:麦狼:2013/10/12(土) 23:10:19.91 ID:r6oG36Vq0
>>116
畑の麦面積が狭くなるにつれて魔力衰えて最後は麦一束に封じられる
別に迷惑でもなんでもないやつ



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:11:26.69 ID:di2DfAFx0
何のためにいるのかわからない奴多いよなwwwwwwwww



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:15:04.20 ID:y1QiwCZs0
>>119
小豆とぎとかあれなんなんだろうな・・・

逃げないでいると牡丹餅が落ちてくるが
毎晩来られて小豆が切れるとナスの漬物が落ちてくる
「これがホントのモテナス」と言って消えるという



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:15:08.52 ID:GQBdka5X0
野寺坊
山のお寺の鐘をつく

うわん
うわんとさけぶ

いやみ
きれいな服着たねえちゃんだとおもって顔を覗き込むとじじい

白うねり
廃屋で雑巾をほっとらかしにしておくと凄いくさい臭いを出してぬるぬるしたこいつになる

日本の幻獣マジやばすぎ



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:16:20.63 ID:r6oG36Vq0
>>124
白うねりとか絶対妖怪じゃないよなwwww



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:16:55.07 ID:+TWX+RqG0
>>127
よくわからない怪奇現象は妖怪のしわざだから…
煙が人の顔に見えたら、煙羅煙羅だし



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:18:09.55 ID:NC8kpUJz0
かんばり入道なんて人が糞してる所を除くだけのただの変態だしな



131:モス・フォーク:2013/10/12(土) 23:19:07.18 ID:r6oG36Vq0
コケに覆われててきのこくらいの大きさ
ドイツ・フランスの一部の森に生息してて機織りで森の苔を織ってる
気に入られると帰してもらえない



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:19:50.09 ID:+TWX+RqG0
煙羅煙羅は人を殺すらしいよ!



絶対変なガスが出てるだけです



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:23:13.55 ID:NC8kpUJz0
>>132
釣瓶落とし
触れたらあいては死ぬ

豆腐小僧
豆腐食ったら体からカビが生える

案外やばいのもいる
ただすねこすりはかわいい



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:22:38.25 ID:nyjED7SF0
あかなめとかどこの変態が思いついたんだよ



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:24:26.77 ID:NC8kpUJz0
>>135
その亜種で天井なめって言う天井をなめて腐らせるってヘンタイもいます
さすがヘンタイ国家日本昔からヘンタイは存在する



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:25:42.53 ID:+TWX+RqG0
>>139
日本は湿気がやばいからなぁ
昔の建築だとやっぱいい加減な家屋もあったりで除湿できなかったりですぐカビたり腐るんだろうなぁ



136:エルダー・クイーン:2013/10/12(土) 23:23:02.90 ID:r6oG36Vq0
一見上品な農婦に見えるニワトコの木の精霊
ニワトコの木を切ったりすると怒って家を滅亡に追いやってくる怖いおばさん



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:28:14.70 ID:K5eWeAbo0
アンフィスバエナって造形面白くてゲームとかに登場させやすそうな割にマイナーだよな
Amphisbene
http://ja.wikipedia.org/wiki/アンフィスバエナ



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:32:33.36 ID:r6oG36Vq0
>>144
前後に蛇の頭があるやつか
蛇の体と鳥の体があるんだよな



145:ヒーシ:2013/10/12(土) 23:30:51.19 ID:r6oG36Vq0
めっちゃ小っちゃいやつから巨人みたいなやつまでいろいろいる
瞼とひげがなくてぼろぼろのマントを頭からかぶってる
先史時代にいたとされるフィンランドの神キリスト教の文献が最古の記述なんだけどキリスト教の文献だから悪魔として書かれてる
森林の中の湿った不吉な場所とかクレバスの中とかにいて
月のない夜は列をなして人里に下りてくる
この列と同じ道を歩いてたらすぐ道を譲らないと殺される



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:31:51.46 ID:GQBdka5X0
納戸婆とか日本の妖怪はマジやばい

しばらく納屋を使わないでほうっておくとばあさんが住み着く
扉を開けるとそのばあさんがホーとか言いながら出てくるようになる
このばあさんを追い払うには箒で叩けばいい
そうすれば逃げ出す

ただのホームレスばあさんと変わらないヤバイ



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:36:00.52 ID:NC8kpUJz0
>>146
ぬらりひょんなんてただの態度がでかい頭でっかちなジジイだしな



155:カトブレパス:2013/10/12(土) 23:36:53.83 ID:r6oG36Vq0
邪眼に目覚めたバッファロー
本気出しすぎだろwww
くびが細すぎてずっとうつむいてるそれが名の由来(うつむく者)
ただそのせいで水たまりに映った自分の邪眼を見て死ぬ
ガト



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:37:44.36 ID:WMYK5qQ80
狼男になる魔法は基本全裸で行われた
服は変化しないから
でもロシアに伝わる狼化の魔法は服着ててもいい
脱いだら凍死するから



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:39:02.79 ID:r6oG36Vq0
デュラハンがもともとただのぼろをまとった首なし女だったことはみんな知ってるかやっぱり
Dullahan



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:40:46.98 ID:GQBdka5X0
>>158
デュラハンによく似た死神的な活動をする女の伝承があることはしってるけど
それがデュラハンが同一のモノだってことはラノベくらいでしか聞いたことがないので
ソースというかそういうのがあったら教えて欲しいんだよ・・・



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:44:45.07 ID:r6oG36Vq0
>>162
ソースではないが話は書いてやれる
さっき書いた通りぼろを着た首なし女なんだが
そいつは顔もないのにどこからか泣き声をはっして
戸口にやってきて出たやつに桶いっぱいの血を浴びせた
その人が死ぬわけじゃないけどその家には必ず死人がでたらしい



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:49:33.84 ID:GQBdka5X0
似たようなことをするおばけがいるから
じゃあそれはバンシーもデュラハンも同じものだとかなったら
なまはげとアマメハギとかが同一の存在になっちまうじゃないか



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:55:25.11 ID:r6oG36Vq0
>>168
デュラハンは首なし女が時を経てドラマチックにナイトになったんだよ
たぶん小説とかそういうのの影響じゃないかな
クラーケンがいつの間にかイカだかタコだかになってるのといっしょ



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:53:37.21 ID:GQBdka5X0
どうでもいい話だが
落語の死神とかのイメージで日本にも昔からそういう存在がいたかと思われがちだが
あれは外国のおとぎ話を元に近世になってから創作された落語で
ああいう死神は日本にはいなかった



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 23:57:47.58 ID:y1QiwCZs0
>>170
座敷童がその役目するって話もある



175:吸血鬼のなり方:2013/10/12(土) 23:59:49.48 ID:r6oG36Vq0
死んで蘇るタイプ
まともな葬儀をしない
生まれたとき洗礼を受けない
死体の上を猫・カササギ・狼とか不浄なものがとびこえる
自殺・事故死・憤死する
生前、魔女・人狼・犯罪者である

生きながらにしてなるタイプ
吸血鬼を父に、人を母に生まれる
心臓が2つある、肝臓が白い
7番目に生まれた子の、7番目の子として生まれる

うえ2つのタイプどちらにも当てはまるタイプ
妊娠中の母が吸血鬼に邪眼でにらまれる
魔力を持った奴に呪われる
羊膜をかぶって出てくる
歯が全部生えそろう、または髪がふさふさで生まれてくる
聖週間に死産で、または婚姻関係のない両親から生まれる
親類に誰もいないのに一人だけ赤毛に青目で生まれてくる



178:吸血鬼の殺し方:2013/10/13(日) 00:03:31.38 ID:FfqsP8080
焼却
山査子の杭を棺桶に打ち付ける
焼けた杭を心臓に打ち込む
心臓を取り出して、煮る、刻むなどダメージを与えてから元に戻す
頭を切って足元におく
ひざの裏の腱を切る
棺桶(または吸血鬼の寝床)を水で満たす
棺桶(または吸血鬼の寝床)に細かな鋲、豆などを入れる



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:05:09.71 ID:r6oG36Vq0
吸血鬼になって這い出るのを防ぐために本とか歌集とか入れる地方もあったっぽい



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:09:14.42 ID:FfqsP8080
因みにヴァンパイアの元の元のスラヴ語のQpryは
接頭語Qと飛ぶものを表すpryから来てて
「鳥に似て、非なるもの」って意味らしい



189:ケンタウロス:2013/10/13(日) 00:19:39.29 ID:FfqsP8080
名の由来はいくつかあってその中に「テッサリアの蛮族」がなまったって説があるんだけど
昔テッサリアは草原を馬で走るラピタ族が支配しててその王プレギュアスの子イクシオンがケンタウロスの始祖
イクシオンと雲の間にケンタウロスが生まれた

ラピタ族とか雲と子作りとか突っ込みどころ大杉www



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:26:03.84 ID:GQC26JF50
ラピュタってこっからきてんのかな



191:麦山羊:2013/10/13(日) 00:27:04.09 ID:FfqsP8080
収穫の時期に麦畑で作業してる人を後ろから角で突いたりして、収穫を急がせて疲れさせてくるやつ
でも、疲労による症状、主に腰痛なんかを直してくれたりもする
ツンデレか



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:34:53.39 ID:7IvgiY8a0
こういうのって殆どが昔に作られた話なんだよな
現代で新しく出てきた幻獣っている?



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:37:04.43 ID:gveBCpaI0
>>194
最近だと妖怪って言うか都市伝説って形になってる
有名なのは口裂け女とか人面犬の類
一番最近なのはくねくねとか隙間の女(男)、小鳥箱って奴
フィラデルフィア事件のような都市伝説教えて!
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4518223.html




200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:42:10.07 ID:7IvgiY8a0
>>196
あークネクネもその部類か
現代にも産まれ続けてるようで安心した



198:ジェボーダンのベート:2013/10/13(日) 00:39:33.07 ID:FfqsP8080
体調は80cm以上赤毛で縞のあるたてがみが特徴
狡猾で、獣とは思えないほど頭がいい
最初の被害者は1764年7月1日
一人の少女がこの獣に食い殺された
それから一か月後、またその数日後と人を襲い続けた
やがてベートは村に入り戸口で人を襲い始める

そして事件収束までに30か月を費やし
竜騎兵まで動員されたにもかかわらず100人以上が犠牲になった
またベートは16歳以下の子供と女ばかりだった

手斧1本で撃退した少女の証言は非常に詳細で
1歳の子牛ほどの大きさで狼より長い体毛は赤毛、背骨に沿って黒い毛が生えていたという
尾は馬そっくりで足には人の指ほどの長さの6本の爪があったそう
Gevaudan-monster2
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジェヴォーダンの獣



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:49:41.46 ID:ULbAFf2y0
日本の妖怪はチート性能かよくわからんやつかの差が激しい
同じ妖怪でも伝承の伝わる地方によって危険度が違うから侮れない



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:51:58.02 ID:gQUAJ+Bk0
>>205
四国のタヌキはヤバイとか?



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:54:58.64 ID:2MIuH4pwi
>>208
そんな感じ
もう少し有名なのでいうならぬらりひょんかな
一説には妖怪の総大将
一説には帰ってきたらなんか勝手に家の飯食ってる小汚いジジイ



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 00:59:03.63 ID:gveBCpaI0
>>210
ぬらりひょんの総大将設定は水木しげるが勝手につけた設定でもともとそんな設定はどこにもなかった
水木しげるがゲゲゲの鬼太郎で妖怪の総大将って言う設定で出してからぬらりひょん=妖怪の総大将って言われるようになったのが始まりだよ



211:デーヴィ・ジョーン:2013/10/13(日) 00:57:24.33 ID:FfqsP8080
(皆日本の妖怪に話が移ってる...)
(でも日本妖怪の話しらない...)

イギリス、フランスの沖合に出没
不定形で群れで海中をさまよう
普段はヘルシーに魚だけど季節の変わり目には船員の肉食べたくなるよね
群体で船を止めて船員を襲い、魂は深海にあるロッカーに封じられるそうで



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 01:01:44.77 ID:7IvgiY8a0
>>211
ロッカーがツボに入ったwwwwwwwwwwww



216:ドネストル:2013/10/13(日) 01:05:52.37 ID:FfqsP8080
人の体でライオンの頭
南ヨーロッパ全域の荒野にいる
全世界の言葉に精通してて、孤独な旅人を故郷の言葉で話しかけて油断させて
頭を残して貪り食う
そのあとは犠牲者を憐れんで頭の隣でいつまでも泣く



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 01:12:00.95 ID:FfqsP8080
年老いて固い肉が食えなくなるライオンがいる
一説にはこのライオンがドネストルではないかと言われてる
人の肉は柔らかいけど頭は固いから残した
それでも疲れてしばらくそばで休んでるそんな様子を見たのではないかと



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 01:24:05.37 ID:gveBCpaI0
結構勘違いされて伝承されてるのってゾンビ伝説だよね
まぁ結構な説があるからあれなんだけど
【映画】海外サイトがゾンビ映画TOP10を発表!1位「ショーン・オブ・ザ・デッド」、2位「ゾンビランド」
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4305811.html



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 01:27:15.37 ID:FfqsP8080
>>227
どう勘違いされてるって?



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 01:30:46.54 ID:gveBCpaI0
>>231
今では人を襲って襲われた人もゾンビになるって感じの怪物になってるけど
もともとゾンビって労働力のための奴隷だったんだよね
起源はいろいろあるけど一番有名なのはヴゥードゥー教なんだけど
実はこれ人間を仮死状態にして操ってるだけってのも
後は西洋で墓から生き返ったってのがあるけど実はあれも死んでいなくて
気絶したのが墓から這い出してきたってのが元
そもそもゾンビに繁殖能力なんてものは存在しないし人も襲わない



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 01:33:52.89 ID:FfqsP8080
>>233
たぶんホラー小説とかの影響だな
ホラー小説いつの時代もいらんことしすぎ

ゾンビパウダーで脳の一部に重大な損傷を与えて解毒薬で救い出すってやつか



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 01:38:25.71 ID:gveBCpaI0
>>235
今のゾンビ設定になったのはジョージ・A・ロメロって監督のゾンビって映画で決定づけられた
ゾンビ映画の元祖ともいえるものだよこの映画がなければ今のゾンビはないだろうね、もちろんバイオハザードなんかも作られなかったと思う

ちなみにゾンビパウダーってテトロドトキシンって言ってフグ毒の事だよ



242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/13(日) 01:58:37.44 ID:FfqsP8080
誰もいなくなったか

時計をみる

丑満つ時やん



転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381583347/