79: 本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 04:04:03 ID:bfGy728/0
戦慄した
79_1


15:本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 14:09:02 ID:RrkM6YNjO
20位年前の絵本。
とある山に鬼が現れ、山を滅茶苦茶にしてしまう。
通りかかった山伏が巣の中で烏の親と雛が死んでいるのを見ていると、
全身が真っ黒な少年が現れ、「鬼に親と兄弟を殺された。俺を鍛えてくれ。」と言う。(烏の雛の化身?)

山伏は少年に忍術だか武術を教え、少年は鬼に戦いを挑む。

鬼が飛ばした毒針が左手に刺さると少年は躊躇わずその部分にかじりつき、噛みきって吐き捨てる。
足を掴まれるとその足をスパッと切り落とす。

最後は崖っぷちに鬼を誘き出し、突き落とす。

そして手に包帯を巻き、切り落とした膝から下に棒を括りつけた少年が烏の巣の親子を見つめている…。


小学生の時読んで、子供心に「肉を切らせて骨を断つ」が印象的でした。



16:
本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 14:19:09 ID:RrkM6YNjO
20年位前の青年誌。

サラッとしたタッチのショート。
とあるレストランに主人公が訪れる。
「いらっしゃいませ。ご注文は。」と言われ、ふと何かの料理を美味そうに食べている客が目に付く。
「あれを頼む。」
「かしこまりました。」

主人公の背後でその客が店員達に無理矢理連行されている。

「お待たせしました。」
主人公の前に蓋が被せられた皿が来て、蓋を取ると主人公が指差した客の頭が料理されている。

ふと主人公はレストランに入ってきた新しい客が自分を指差して、店員達がこちらにやってくるのに気が付く。
改めて皿に目を落とし、「やれやれ、これを早く食べてしまわないといけないな…。」


グロい絵でなく、ブラックな感じの短いマンガでした。



19:
本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 22:04:06 ID:MxwqCUeT0
>>16
それ、なんか憶えがあるな。
諸星大二郎のごく初期のショート漫画じゃなかったろうか。



38:
本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 21:56:45 ID:FTbVLoueO
だいぶ昔のトラウマ、出典思い出したのでかきます。

パタ/リロ!の何巻かは忘れたけど、
巻末に載ってたキノコホテル(?)っていう読み切り。
ある美食家の男の子がキノコ料理で有名なホテルに行く。

怪しげな店長(?)に案内されて料理を食べてみると、確かにおいしい。
どんなキノコを使ってるのかなぁと奥を覗くと
死体が幾つか転がってて、そこにキノコが生えている。
驚いた少年の後ろにさっきの店長がみーたーなー…
な感じで出てきて、慌てて逃げ出した。

家について、そのことをお母さんに話すと、意外な事にすんなり信じてくれる。
何故ならあのキノコは食べたものから生えてくるキノコで、少年はすでにキノコ人間になっていたから…


という一見ありがちなストーリーだけどキノコ人間になっちゃった少年がもう…orz



49:
本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:39:47 ID:9Xphpsos0
>>38
それって、スパゲッティになっちゃう話も無かったっけ?
うるおぼえ。



52:
本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 19:45:56 ID:4BQCS0tV0
>>49
どっちも知ってるがスパゲティは俺もトラウマ
確か妖怪缶詰に収録されてた筈、手元にないから確認できんが



72:
本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 00:53:18 ID:z3tmIh7P0
昔ファミ通で連載していた永井豪の「アニマード」
ゲームの世界に主人公が入って冒険って所までは
結構ありがちなストーリー。

で、ゲームの達成度によっては、現実の生活もランクアップして
家や部屋が豪華になるんだけど、
母親まで美人で優しい人に変わった。

完全に別人になっているんだけど、
主人公は普通に受け入れていて引いた。
実の親がどうなったのか気にならないのかと。

ちなみにゲームで失敗すると、不細工な母親に代わる。



74:
本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 13:10:48 ID:7HIiDrrm0
タイムボカンシリーズ・逆転イッパツマン第30話「シリーズ初!悪が勝つ」
3悪の1人、コスイネン(赤鼻ヒゲ)は2週間に渡る修行の結果、どんな物も一瞬にして固める瞬間硬化弾を完成させた。

3悪は早速、偽の依頼をしてトッキュウザウルス(運搬メカ)を
おびき寄せてトッキュウザウルスのパイロット3人を人質にとった。

パイロットの中1人の少年がイッパツマンに助けを求めると、イッパツマンが颯爽と現れた。
しかし、硬化弾によって、イッパツマンは体の自由が利かなくなってしまう。

そこでイッパツマンは、逆転王(巨大ロボ)を呼んで3悪を追い詰めるが、
瞬間硬化弾によって逆転王も動作不能にされてしまう。

そこへ、イッパツマン排除を画策していた隠球四郎(美形)がダイヤモンド弾丸を込めた狙撃銃を撃った。
逆転王は頭部を破壊され、脱出したイッパツマンも球四郎の2発目の
弾丸で胸を貫通されて倒され、跡にはヘルメットだけが残っていた。


このシーンをリアルで見ていた私(当時小1)は、
「イッパツマンが死んじゃったーーーっ!!!」と思いっきり号泣した。

その後、「これでもう、タイムボカンシリーズはおしまい。打ち切り決定だな」と次回予告を見ないでチャンネルを変えた



75:
本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 17:07:27 ID:mfDQLB4ZO
コピペか?



76:
本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 18:33:55 ID:4mjW6ZGF0
知らないけどコピペに見えてくるな…。

でもウィキにも載せられるほど有名な話らしいな。



84:
本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 01:04:33 ID:+xiebdrN0
少年ジャンプでBOY連載してた梅澤春人が描いた「イコン」とかいう読みきり漫画。
少年ジャンプに載ってたと思う。
ストーリーは忘れちゃったけど、鬼畜なDQN3人くらいが主人公?の男に拷問される。
逆さまに吊るされて、頭に完全に血が上った状態で、股の間からノコギリで頭のほうまで斬られていく。
主人公の男曰く、頭に全部血が上ってるから、最後の最後まで痛みを感じて気絶もしないで苦しむらしい。
拷問されれたのがDQNだったってことだけが救いだった。

あと、十数年前に深夜テレビの映画紹介番組で見た映画のワンシーンなんだけど、
夜の博物館に少年がイタズラで忍び込む。
警備員のおっちゃんはその少年に気づいていない。

少年が、古びた不思議な箱を見つける。開けてみると、直径5センチくらいの金属の玉が入ってる。
そこで警備員のおっちゃんが少年に気づき、「その箱を開けちゃだめだ!!」みたいなことをいうと、
その金属の玉が宙を浮かび、おっちゃんのほうへ猛スピードで突進。

おっちゃんのおでこスレスレくらいでその玉がピタッと止まると、玉の中から機械のドリル見たいのが出てきて
おっちゃんの頭をエグる。ドリルは後頭部まで貫通し、血が後ろにブシュー!と吹き出る。
映画の予告はここで終わり。

あまりにも強烈なシーンだったので脳裏に焼きついてるけど、これはいったい何の映画だったんだろうか。



89:
本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 10:50:50 ID:w1TqfaNF0
>>84
映画はファンタズムっぽいな。



94:
本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 16:46:41 ID:78ARERc+0
「あんたが主役」っていう番組の投稿ビデオコーナーだったと思うが
ベビーカーに乗った赤ちゃんが蝉を持ってて蝉がすごく鳴いてたのが
赤ちゃんに頭を食べられて鳴き止むのが当時トラウマになった



130:
本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 17:28:50 ID:Os66a2Rz0
>>94
それ覚えてる!
うわあ…思い出して気持ち悪くなってきた・・・



95:
本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 19:41:58 ID:6LvpCmFUO
恐怖系の読み切り漫画雑誌に載ってたんだが、「人間ぶどう」って話。
身体の一部を事故で無くした人に、移植手術を行なってる病院。
主人公は手術を受けれなかったんだが、移植の秘密を探ろうと病院に忍び込む。

そこにあった薬を飲んだら、無かった手が生えてきたんだ…全身のあちこちから。
生えて来た手を病院の人が収穫して、別の人に移植する。
最後、主人公は悟って人助けの喜びみたいなのを感じてて、ハッピーエンドかと思ったら突然首がもげるんだよ。
手に栄養を取られて、元からついてた部位が落ちる、とか淡々と語ってる医者も怖かった。

5年は経つはずだけど、未だに詳細語れるくらいにはトラウマ。



120:
本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 21:54:28 ID:zW/kZ/ql0
ブラックエンジェルズでもお年寄りを虐める話があって胸糞悪かった。
dqn軍団が一人暮らしのお婆さんの家を溜まり場にして年金を奪い暴力三昧。

警官が踏み込んできた(通報したのは黒天使)のをお婆さんがチクったと逆恨みし
猿轡を噛ませ焼きゴテをあてる拷問を繰り返す。
地獄の日々に耐え切れなくなったお婆さんは踏切に飛び込み自殺。
dqn軍団はブラックエンジェルズに成敗されるが、お婆さんの形相がトラウマだった。



121:
本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 22:19:50 ID:Vv1C6Kqw0
>>120
ブラックエンジェルスって、現代版必殺仕事人みたいな話だっけ?
あれって味方だと思ってた神父が悪役だったのでショックを受けたような気がする。



126:
本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 00:16:09 ID:D1FfS2200
DBのチャオズが死ぬほど怖かった。
物心付く前から中学に入る位までトラウマでよく夢で魘されてた。
今思えばなんで怖かったのか分からない。
チャオズ



452:
本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 00:10:31 ID:9wsgEuJ2O
>>126
わかる。ああいうお面みたいなキャラ怖かった。



149: 本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 03:48:32 ID:pwrmji0FO
恐いっていうか悲しい意味でのトラウマ
志村けんのだいじょぶだぁか何かのバラエティ番組の1コーナーだけ、
BGMだけでセリフのないショートドラマみたいなのがあって、
お笑い番組なのに、そのコーナーのドラマだけ笑いがなくて悲しすぎるの。

おじいちゃんが死んだりする話で、オカリナのBGMが流れる中、
無声で悲しいドラマを5分ぐらい放送してた。
小さな頃、あれが悲しくて悲しくてきらいだった。



158:
本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 19:08:44 ID:EhKUaDLt0
>>149
おばあさん(石野陽子?)が死んだ後、おじいさん(志村)が海に入って後追い自殺
するやつだったかな?あの悲しげなBGMが今でも頭から離れない。
お笑い番組であれを作った製作者の意図がオカルトだな。

まあ俺は、人間ルーレットで逆さまで停止したルーレットマンの凄まじい表情のほうが
トラウマだったがw



159:
本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 19:13:30 ID:KZtGIBWE0
>>158
ラジオで言ってたけど、笑いをとるより泣かせるほうが
簡単だっていうのを実践するための企画だったらしいよ。
あの企画は志村自身のアイディアだったらしいし。



170:
本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 17:21:28 ID:BvJmLXnOO
志村けんのスイカ人間。小さい頃テレビの前で大泣き
スイカの種を食べると、体から芽が生えてきて
スイカ人間になると本気で信じてガクブルだった。

夏になると思い出す
スイカ



177:
本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 21:41:57 ID:X2kVcX140
>>170
俺もあの志村のスイカ男はガチでびびった。



216:
本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 17:19:37 ID:/I7oyu1n0
いつ頃だったか記憶が曖昧だが今から大体10~15年位前かな
稲川淳二の怖い話(オムニバスドラマ)が深夜にやってたんだけどその中の一つに

交通事故に遭って全身大火傷を負った女性(包帯グルグル巻きで顔も原型留めてない)が
鏡に映った変わり果てた自分の姿に絶望して隣(?)の病室の可愛い女の子に
「顔ちょうだい…」ってナイフでその子の顔剥ぎ取って自分の顔に貼り付けて首吊って死んだ

っていう話があったんだけどこれが結構トラウマ


最近になって怖いもの見たさでまた観たくなったんでそれっぽいキーワードでググっても
1999年に製作された「てるてる坊主」(恐らくリメイク版)っていうのしかヒットしない
放送当時は桜金造や桜田ルイ(だっけ?)の体験談みたいなのも一緒にやってた
誰かこれ見た、とか知ってるって人いない?

ちなみに放送地域は北海道



218:
本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 19:34:59 ID:1/Xjju4lO
15年以上前の漫画
少女漫画風な絵で、コロタン文庫やなんかが置かれてる棚にあった
怖い話のオムニバス的な本に載っていた
ミッキーマウスの縫いぐるみに呪われるという話がトラウマ…
かなりショックだった。というか訴えられるよな



227:
本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 01:00:34 ID:GZdPg8NY0
>>218
それって夏になるとよく出るホラー系の少女マンガの雑誌じゃない?だったら持ってるよ
おばさんか誰かに貰ったす可愛くないミッ○ーが家族に不幸をもたらすんだよね
読み返せば詳しく分かるけど、なんだか呪われそうで本に触ることもできない
だから未だに部屋にあるんだ…捨てたいよあの漫画



238:
本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 13:42:14 ID:q/xdqPIbO
>>218
それって、頭に紐つけて吊したから、頭の部分尖んがって目がつりめになったやつ…?
思い出しちゃった…



246:
本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 23:13:06 ID:Nx48xujJ0
小4の頃、母が借りてきたビデオを再生。
いきなりスタッフロール。
それが終わると、アニメ本編がはじまる。
オッサンがむせて布団から起き上がり、妻に水をもらう。
飲んでるとコップに血がまじり、いきなりオッサンの顔面崩壊。
面玉飛び出したりして、首が飛ぶ。

即効で消したけど、気持ち悪くなって吐いた…。



248:
本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 23:35:35 ID:5H/PQP5w0
>>246
カーチャン('A`)



250:
本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 23:53:18 ID:TA8DE5Vp0
>>246
そのアニメのタイトル覚えてない?
一部分だけでもいいから

凄く気になる、つうか見てみたい



251:
本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 02:49:15 ID:Xk9/Ocv10
>>250
多分「変幻退魔夜行カルラ舞う!奈良怨霊絵巻」だよ。
246の内容そのまんま。
原作はホラー少女漫画。

【ちなみにあらすじ】
主人公は双子の女子高生にして迦楼羅神教38代目当主、扇翔子と舞子。
扇家は代々、歴史の裏側で邪法によって起こる事件を解決してきた。
ある時、奈良の政治家変死事件が発生。
邪法の存在を感じた翔子・舞子は、内閣調査室特殊課の命を受けて奈良に向かう。
そこで二人を待ち受けていたのは、怪奇現象多発の高校と朱雀門復興工事絡みの贈賄事件と長髪美形陰陽師と謎の怪僧だった。

80年代後期に「月刊ハロウィン」で連載していた人気シリーズの第一弾。
「奈良怨霊~」の他にも、シリーズ2弾「仙台小芥子怨歌」がアニメ化された。
確かまだDVD化はされてはいなかったとオモ。



253:
本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 04:08:35 ID:M/buEK7WO
厨房の時の美術の教科書。自分の子供を食らってる絵があった



254:
本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 04:45:08 ID:VUCaYWdzO
>>253
それはきっと「わが子を喰らうサテュルス」だとオモ
サテュルヌスだったかな、画家名忘れちったけど

姉妹スレ?の怖い絵スレの過去レスに
「あの絵は最初、勃起しながら子供を食う絵だったが、後に勃起部分が修正された」
って説明があったぞ

ギリシャ神話って酷い神様多いよな…



257:
本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 06:06:30 ID:GO/7Gikl0
>>254
これだな
257_1

消防の頃、父親が画廊の仕事をしていたこともあって世界名画集みたいなのが自宅にあった。
ある時、本を片端から出しては色々な画家の絵を見てたんだけど
ゴヤのこれとムンクの「叫び」、それにボッシュの「地獄」がトラウマを与えてくれた3枚。
特に↑は「親がわが子を食べる」という内容で、小学生には2重のショックだった。



299:
本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 14:57:34 ID:Xz9PAWXu0
>>257
亀だけどこの絵がかなり強烈だったんで神話から調べてみたら
かなり和むというか笑える詳述があったので…

>ちなみにギリシャの神様たちは不死身なので、兄姉たちはクロノスの腹の中でちゃんと生きている。
>そして、怒っている。

怒っている、てw



280:
本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 19:53:13 ID:iom8jv6j0
全然怖くないんだけど、たしか地獄くんという漫画の1編
主人公の少年はなんかの理由で半死状態。(生きてるけど脈がない)
しかし24時間しゃべらなかったら生き返らせてやるといわれ、
家(病院?)を飛び出し誰とも話さないように空き地かどっかの陰に身を隠す。
 

母親が泣きながら少年を探す姿を陰で見つつ、あともう少しで約束の時間と
いう時にひき逃げ(?)を見てしまう。
現場に警察がきて取り調べが行われるが
犯人は目撃者がいないのをいいことにシラを切り通す。
(もしくは被害者が悪いみたいな証言をしただったかな)

少年は思わず飛び出して「僕は見ていた!こいつが犯人だ!」と叫んで死んでしまう。
あとほんの数分で約束の時間だったから、もうちょっと黙ってて後から
いえばよかったのに…とか、筆談したらよかったのに…とか
正直な少年が結局死んでしまってすごく暗い気持ちになった。
安らかな顔で死んでると記述があったけど、最後のコマは少年が
薄暗いところを一人歩いてるようなカットだったし…

同じ様に悪魔の花嫁で嘘をつかなかったら目の病気を直すという
契約を破って好きな人のために優しい嘘をついた芸術家が
結局失明しちゃった話もすごく鬱だった
私利私欲のためじゃなく相手を思っての嘘だったのになあ…



315:
本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 08:20:03 ID:YEWTIf960
妹が持ってた女の子が漫画で咳をしたらタンポポの綿みたいのが出てきて
最後には皮膚が全部めくれて死んでしまう話
死ぬ間際「う・・・う、たすけ・・・て」と死んだ。不快になった



504:
本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 13:42:19 ID:DcnGFg3hO
>>315へ7~8年前の漫画だっけ…
一人、また一人と咳をしたり身体を痒がる人が増えてく。
時には血の付いた毛玉を吐き出すこともある(呪いとか感染系の話)
確か生徒達にいじめられて自殺した女教師の呪いじゃなかったかな…。
 
生前に女教師がされたイジメの内容につぶれたタンポポを机の中に…とかいうのがあったはず。
だからなのか呪われた生徒達の死体からはタンポポの種が弾けてゆく。
身体中の皮膚がめくれてタンポポがびっしり…



334:
本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 15:26:17 ID:L+w08hVXO
タイトル忘れたけど、手塚治虫だか誰かが書いた漫画。テレビでアニメとしてみた。
砂漠かどっかで遭難した男がある建物にたどりついて、その中に入ると女がいた。
二人の話す言葉は違っていて、会話もできないが、時間がたつにつれてそれなりに打ち解けていく。

そのうち翻訳機能がついた機械が作られ、二人の仲はより深いものになる。
しかしながら建物内にある食料が底をつき、二人は困り果ててしまう。

そこで女が、男に自ら身をささげ、男が女の肉を食うって話。
十年くらい前にみたやつだから、記憶があいまいで、結構間違いがあると思うけど、確かこんな感じだった。
当時おそらく小学校低学年の俺には衝撃的な内容だった。



335:
本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 15:42:20 ID:bsCAzqwwO
>>334
藤子・F・不二雄の「カンビュセスの籤」。



339:
本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 23:49:21 ID:jJxlR4pA0
ジャンプに連載されてた漫画といえば、本宮ひろ志の「大飢饉」(ってタイトルだったと思う)がトラウマ。
江戸時代の大飢饉で食べるものがなくなった農民が、
人肉を食おうとして人に殺人を頼み、死体を持ってきた
香具師も殺して二人分の人肉を手に入れたと笑って話す場面がとても怖かった。



360:
本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 01:56:09 ID:SvHB6T8c0
しんちゃんの話で物凄いトラウマになった話があったんだけど
野原家にいきなり女性型の人造人間的なものがやってきてしんちゃんを
襲うが最後は停止してしまうってオチ。そいつの動きが怖かった。
知ってる人いない?



367:
本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 03:24:47 ID:CRe8ZihY0
>>360
ターミネーターのパロの奴だね
実際は面白いよ

内容はある日焼肉をしてた野原一家の食卓にいきなり出てきた謎の男
実は彼は未来の風間君
何年後かの未来ではロボットが人に代わって実権を握ろうとしていた
全てのロボットに大人になったしんのすけがなぞなぞを出した
「綺麗好きな鳥はなーんだ?」「ふ、そんなの簡単だチリトリ」
「ブー!正解は近所のおばさんのカトリさん!」「も、もう1回だ!」
こんな問題をひたすら出されてコンピューターは思考回路が狂って壊れる

壊れる寸前に過去のしんのすけを消し去ろうと女性型戦闘ロボットを今の時代に送り込んだ
風間君はじゃんけんで負けてしんのすけを助けに来た
「というわけで早く逃げましょう!」「今から特上カルビ焼くんだけど」
「では、食べてから逃げましょう!」

そうこうしてるうちにロボットが来る
途中で八百屋を襲って大根などを武器にしてしんのすけ達に襲い掛かる
「しんのすけ!僕が抑えてる間に逃げてくれ!」「その大根明日料理に使うからとっといてね!」
必死になんとかロボットと応戦する風間君
「おねいさ~ん、こっち向いて~(カシャカシャ)」「逃げろって言ったろーーーーー!!!」
ロボット、しんのすけのほうに
「危ない!」
「そうそう、オラんちの押入れ急に開けると危ないんだ~」
押入れから落ちてきた大量の布団でロボットが押しつぶされる
「いまだ!背中の電源ボタンを切るんだ!」「なんだかレトロなロボットねぇ…」

ロボットを担いで未来に帰る風間君
「何て疲れる一家なんだ…」



369:
本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 10:15:01 ID:bl8fdaYN0
>>367
風間君wwwwww



363:
本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 02:11:15 ID:ehWz0bVQO
むかし放送した「矢追純一UFOスペシャル」は怖かった。



391:
本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 18:47:13 ID:qXmGxwLR0
>>363
「ヒル夫妻誘拐事件」や「キャトルミューティレーション」なんか、ぞくぞくしながら見ていた。

あと、CMに行く時に鳴る音楽(パパパーパ・パパパー、ってやつ)も怖かった。




365:
本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 03:14:36 ID:CQZc97kf0
ルパン三世の「五右衛門危機一髪」
ある組織がルパンの弱点を聞き出そうと五右衛門を拷問する話(のはず)



372:
本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 15:56:01 ID:syMFc9h80
>>365
あったね
ヘッドフォンつけてアンプのボリューム最大にしてギター弾く
電動ドリルで歯を麻酔なしで削ったりとかそれでも耐えた五右衛門すげぇ~と思ったw



390:
本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 17:17:34 ID:A2SnrE2F0
消防の時に父方の実家の近くにあった場末の銭湯に入って、湯上りにコーヒー牛乳飲みながら
本棚にあった古い少年誌(ジャンプかマガジンか?)を読んだんだが、
何かうじゃうじゃと人食う虫(うじ虫みたのだったっけ?)が出てくるの。

声出したり激しく動いたりすると気づかれるみたいで、
虫が天井から顔の上に落ちてきた時に思わず声をだしたオッサンが虫の群れにぐちゃぐちゃ食われる。
確か場面として都庁が出てきたような気もする。

これの何て漫画か分かる人教えてください。



401:
本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 21:41:36 ID:mIQ3N4OU0
>>390
BMネクタールを思い出した。チャンピオンだけど。



406:
本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 22:08:28 ID:A2SnrE2F0
>>401
ググってみたら確かにコレだわ。
今月で一番スッキリした。マジthx



403:
本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 21:45:48 ID:/juHgFOw0
ケンミンの焼きビーフンが怖い。
バリゾーゴンの宣伝ポスターみたいな気持ち悪さがありますね・・・




413:
本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 09:55:29 ID:cTBLt0UE0
ぼくらの 断然 ぼくらの

初見のベルセルクを超えるトラウマ もう無理だと思った。作者は狂ってる




415:
本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 14:45:17 ID:X12F+r3F0
ぼくらのよりインスパイアされたザムーンの方が面白い



416:
本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 16:01:13 ID:ivw4tjw80
「ぼくらの」は「なるたる」よりずいぶんマイルドになってるよな
殻都市の方が好きだが



417:
本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 21:07:32 ID:98gblT1B0
ザ・ムーンはすごいね
ぼくらの ってここで何回も見るけど、ザ・ムーンにインスパイアされた
内容なのか、じゃあ読んでみるかな



418:
本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 22:16:46 ID:3OEXYjDG0
銀狼怪奇ファイル
堂本版金田一
ぼくらの未満都市

昔の土9はクオリティ高かった。精神的に。



421:
本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 14:19:46 ID:KUwxVjPG0
>>418
ああわかる。
あの頃に戻って欲しい。



428:
本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 16:33:42 ID:H02sF4Yb0
>>418
未満都市って成人すると死ぬってドラマ?
1話でキンキキッズの二人がポケモンやってたのを覚えてる

GOTH漫画版描いてるのはNHKの人なんだよな
NHKの方がある意味辛い漫画だが



468:
本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 13:19:45 ID:3i1mlwOe0
24年くらい前の恐らくジャンプの連載漫画だとおもう。
体は真黒で目は三日月型の不気味な子供が主人公の漫画(だとおもう)がトラウマ。
初回は海の中で母親と間違え他人の女性のおっぱいに吸い付いていたような。
話の内容は全くわからない。
風邪引いて熱出しているとき、親が買ってきたモノで、
当時、漫画雑誌を購読してなかったので、その後の展開は分からないけど、
今でもあの漫画のタイトルが気になることがある。
今見れば全く何てことも無い漫画なんでしょうが。



473:
本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 14:31:46 ID:UcJjVDfA0
>>468 これじゃない?
海人ゴンズイ
http://blog.livedoor.jp/textsite/archives/50269881.html



476:
本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:52:20 ID:3i1mlwOe0
>>473
あーーーこれだーーーー。まさに、これ。
すごい。
ありがとう。本当に。
私だけじゃないんだ。トラウマになる人。
単行本みたいけど一万円って・・・・



470:
1/2:2007/07/19(木) 13:40:28 ID:azqD948s0
たぶん手塚治虫の短編。
記憶に頼って書いたので細かいところ間違ってたらスマン。

アメリカの貧しい下町で生まれ育った不良青年Aはいつか故郷を捨て、
今とは違う生活をしたいと考えている。
Aの幼なじみの少女Bも同じように思っていて
AはBに町を出るときは一緒に連れて行くと約束している。

しかし、二人には両親もお金も教育もないため実際には無理。
二人のことを気にかけてくれる大人は町医者のおっさんくらい。
ある日、Aは自分が裕福な家庭の東洋人となって親に留学を勧められる夢をみる。
自分の望んでいた生活そのものの夢にAはやりきれなさを覚える。

日本人の青年Cは親にアメリカの大学への留学を半ば強制的に勧められている。
自分の置かれた環境が気に喰わず寝ていると、
自分がアメリカ人の青年になって少女や町医者と会話している夢をみる。
生まれ育った町を出たいという少女に共感するC。


471: 2/2:2007/07/19(木) 13:43:05 ID:azqD948s0
AとCはその後もお互いの生活を夢にみる。
アメリカに留学したCは、気の向くままに治安の悪そうな下町に行ってみる。
そこは夢でみた町並みで、夢でみた少女(=B)にも会う。

Cは町やBが実在したことに驚きつつ、自分と一緒にここを出ようとBを誘う。
Bは躊躇いながらも拒絶はしない。
そこにAが現れる。AとCはお互いの存在に驚くが、すぐにBを巡って喧嘩を始める。
Aがナイフを抜きCを刺そうとした瞬間、Bが「やめてー!」と間に入り刺される。


道端に一人倒れている血まみれのBの死体。
通行人(警察官とかだったかも)のセリフ
「いきなり『やめてー!』と叫んで窓から飛び降りたんだ」
町医者のセリフ
「あの子は可哀想な子でね、いつもこの町を出たいと言っては空想にふけっていたよ」


「実は頭のおかしい人の妄想でした」というオチはそう珍しくもないんだろうけど
A、Cの視点で話が展開していたので主人公がBだったことに驚いた。
妄想しかできることがなくて、その妄想に殺されたBの救いようのなさが後味悪い。
そして、後味が悪いスレと誤爆てしまいました。すみません。



514:
本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 16:35:05 ID:23nSuUHC0
どこかのサイトで読んだ海外事件がトラウマ。
神父が近所に住んでる美少女をドライブに誘い、そのまま家に連れ込んで
拘束し、生きたまま歯を引っこ抜いたり体の筋肉(胸筋)を引っ剥がしたり
して嬲り殺した後、少女の死体をバラバラにしてその肉をパイやシチューの
具にして食べて、火葬した骨を少女の家族宛に送り付けた。

その中には手紙が入ってて、それも「彼女の肉はトロトロで美味しかった」
「決して手を出してません。彼女は純潔でした」みたいな内容だった
たまに思い出して嫌な気分になる。



518:
本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 17:59:24 ID:dJzJEPoQ0
>>514
アルバート・フィッシュの話かな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルバート・フィッシュ



550:
本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 22:50:44 ID:16TrwNAf0
ホラー系の漫画で読んだ話

ものすごいデブの男が美人のクラスメイトに告る
あんたみたいなデブ、私が相手にするわけないじゃんwと言われ、
痩せれば付き合ってくれるんだね!と勘違い

そこからはもう断食の日々
しかしあまりの空腹に、道行くものが全て肉に見えてしまう
ついに耐えかねた男は、道端の猫に襲い掛かり生で食ったり、
散歩中の犬にまで襲い掛かる程に

それから何ヶ月後、すっかり痩せた男は再度告白に挑む
しかし返事はNO
誰が痩せたら付き合うって言ったよwなどと酷い言葉を浴びせられ、
我慢の限界を越えた男は、ついに女を食ってしまう…

最後は中々帰ってこない女を心配した友達が、夢中で女の内臓を貪る男を発見
きゃあああああああ!という悲鳴で終わり


小学生の自分にはきつすぎた…
すげー鮮明に覚えてるのにタイトルだけが思い出せない



593:
本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 03:41:35 ID:2IUYgwl90
>>550
亀だけど、「絶食」って漫画だと思う。
元は楳図かずお御大の作品だけど、誰かがリメイクしてた。
ものすごいデブが出てくるのはリメイク作の方。



569:
本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 21:25:14 ID:rXOrp5qW0
たぶん15年くらい前だと思うんだけど、
「たけしの元気が出るテレビ」で高田純次が伝説の巨大ミミズをアマゾンに探しに行く
って言う企画があって、そのときの映像がトラウマ。

小さな川沿いの沼地みたいなとこを掘ったら、アナコンダよりもでかいミミズが・・・・orz
あれって仕込みだったのかなぁ・・当時おそらく消防だった自分はブラウン管の前で失神しかけた。
アニメでも漫画でもないからスレチガイかな。
でもまじですごかったんだよ。直径20センチ以上あったように見えたんだよ・・・



574:
本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 00:27:15 ID:MAz52pvDO
>>569
そのテレビじゃないかもしれないけど、巨大ミミズのテレビは見たことある。
でも巨大ミミズが本当に出てきたかどうかは覚えてないんだよな。
巨大ミミズらしき物が枯れ葉の上を這ってる映像は見た。



602:
本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 12:15:33 ID:uJLR0Tx/O
今から12~3年前、駄菓子屋においてあった怖い話系の分厚いマンガ本にのってた話。
主人公の女の子は、草村や木にいる虫を食すのが趣味。

その子は友達の前で芋虫やカマキリ、バッタなどを美味しそうにムシャムシャ。
また、その友達にも「美味しいのよ?あなため食べない?」って勧めたり。

友達ドン引き。
数日後、その子の体に異変が起きて、入院することに。

そのこの友人がお見舞いに行き、ベッドにくるまるこの布団をめくると、
そこには体中から芋虫が「ボトッ、ボトッ」と、まるで蜂の子みたいにうごめいて落ちきたり。


目がぎょろっと動いた瞬間、眼球を押しのけるようにしてでてくる芋虫に鳥肌がたった‥‥

てゆーか、体中が蜂の巣みたいにカラカラになってる絵が目にヤきついて、
消防の私は酢だこさん吐き出してグロッキー(/_・、)


知ってる方います?
なんかもう、「芋虫は甘くて美味しいのよ?」的なセリフで虫系allアウトになった思い出の作品です。



603:
本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 12:52:51 ID:gLEGm6+M0
>>602
その話は全く知らないんだけど(ごめんね)
「芋虫は甘い」というのは 本当らしいよ。
クリーミーでけっこう美味しいと聞いた事がある。
アボリジニは、カブトムシの幼虫のでっかい版はごちそうだーとか言うし。

でもせめてたき火で焼いて欲しいね。生では見るだけで・・・(ノ)=ω=(ヾ)



642:
本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 22:13:23 ID:4JDCZ9zNO
>>602
御茶漬海苔



650:
本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 14:22:44 ID:gkkEGcFL0
伊藤潤二のさ 題名忘れちゃったけど
人の形した穴に主人公が入ってゆく話
身体がピッタリはまり込んで身動き取れず
しかも壁のわずかな凹凸のせいか 後戻りできず
わずかでも身じろぎすると勝手に前に進んでゆく

そのうち
その穴の「人の形」がだんだん歪んできて
じりじりと首が引き伸ばされ手足がひん曲げられてって
「助けてくれー」ってなるんだけど

オチを覚えてないんだよな



652:
本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 17:58:40 ID:Wl8AbYds0
>>650
それ、画像ファイルで持ってるぜ。
穴

オチはね
山の反対側から、不思議な穴(人型とは似ても似つかない)が発見される。
研究員が、「なんだこれ?」って覗き込むと
奥から、何かがこっちへ向かってくる!

そう、穴に入った人間が
異形の穴の形に変形したまま、こっちへ向かってきたのだ・・・・

ってオチ



654:
本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 18:11:25 ID:gkkEGcFL0
>>652
あなたが神か!

ありがとう やっとすっきりしたよ



655:
本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 21:08:14 ID:9nC1IVioO
10年くらい前に読んだ作品なんだけど、知ってる人いるかな?
ある所女の子が2人いて、片方は心優しい子で、片方はいじめっこ。
ある日いじめっこが野良ネコを川に投げたか何かして優しい子がネコを助けようと川に入る。
優しい子「ネコさんこれに掴まって!(溺れながらも木の枝を差し出す)」
いじめっこ「ネコが木の枝掴めるわけないじゃんpgr」

で、優しい子は死んじゃう。しばらくして、いじめっこが歯医者に行く。
すると歯医者が実は優しい子の母親で歯を全部抜かれちゃう…って話。
女性が作者だったような気が…。当時その本を歯医者の順番待ち中に読んじゃって泣きそうになった。



656:
本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 21:41:34 ID:LNFzk7Le0
>>655
犬木 加奈子だった気がする



657:
本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 21:51:12 ID:AIJsvlIu0
>>655
歯医者にそんな話をwwwww



674:
本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 06:21:20 ID:dd1z+STG0
良く覚えてないんだけど小学校のとき読んだ本。

何か大きなタワーかビルを男が上っているんだが
(エレベーターがついてて普通はそっちを使う)
男が何日も何年も(かなり時間がかかった)かけて頂上までたどり着く
するとそこには何人も人がいて自分を祝福してくれる

だが男はそんなことされるために登ったんじゃないって言う。
でもそんなことは露知らずでマンセーし続けるギャラリー
そして男はギャラリーに押し出されビルから転落・・・・って話。

あとアニメだったらトランスフォーマー・ザ・ムービーのユニクロン。
いきなり何の前触れも無くあんなありえねーサイズの物体が
地球にぶつかってきたらどうしようってずっと不安だった



683:
本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 20:55:56 ID:GDyloA0c0
>>674
眉村卓の「通りすぎた奴」ですね。

すべての建物が、1万階以上の、超高層の未来都市。
市民は、超高速エレベーターを利用して建物の中を移動していた。
そんな中、主人公は、エレベーターを使わず、階段を上って最上階を目指す風変りな男と出会う。

男は、1日にわずか20~30回だけ階段を上り、そのあとは雑踏をスケッチしたりして1日を過ごすという、気ままな生活をしていた。
持ち金が底を突いていた男に、主人公は、エレベーターの弁当(エレ弁)売りのアルバイトを紹介する。
男は階段を登るのを中断して、エレ弁売りをするが、何日かして金がたまると、また階段を昇り始めた。
主人公はそんな彼に「旅人」というニックネームをつける。

ところが、思いもよらぬことが起こり始める。
上層の階に行くごとに、人々が、彼を神聖視し始め、聖者扱いを始めだしたのだ。
聖者のうわさは広まり、男がついに最上階に到達した時、男の姿を一目見ようと群衆が押し寄せる。

男は、自分は聖者などではないと否定するが、群衆は納得しない。
群衆の一人が、「聖者さまは、窓から空へお飛びになるのだ」と叫ぶ。
つられて、人々は一斉に「お飛びになるのだ」と大合唱。
男はあきれて「僕はそんなことはしない」と否定。
「にせものか?我々をだましたのか」群衆はパニックになり、今にも男に襲いかかりそうになる。

男は、窓のそばに行き、一瞬苦悶の表情を見せるが、自ら窓の外へ身を投げるのだった。



693:
本当にあった怖い名無し:2007/07/28(土) 02:00:10 ID:JLP+AytQ0
10年位前、病院の待合室で読んだ雑誌に載ってた。

主人公の友人がバイク事故で瀕死の状態になってしまうのだが
名外科医である主人公の父親の手ほどきで、友人は奇跡的に一命を取り留める。
その友人と共に、久々に学校へ向かう主人公。

ところが突如友人が苦しみだし、その場に倒れ込んでしまう。
倒れると同時に友人の体内から噴出す鮮血と、なぜか大きな花。
既に息絶えた友人の体には巨大な花が咲いていた。
主人公が「体から花が咲いた」と言っても周りは信じず、友人の死は結局怪死として片付けられてしまう。

もしかしたら友人を救った病院に何かあるのでは、と父に聞くが
父は何も知らないし、死因も分からないという。
父には内緒で病院を探る主人公だが、何かの拍子に病院内に謎の隠し扉を見つけてしまい
そこを開けると、瀕死の患者に花を移植する父の姿が…。

何でもその花の生命力は異常なくらいで、花を移植すると不老不死になれるらしい。
友人は実験台として扱われていたのだ…。
更にその扉の奥には、死んだはずの母親の白骨死体が横たわっていた。
母の白骨死体に寄り添い「もう少しで君を蘇らせる(?)」と微笑む父。

当時小学生だった私はショックで、この辺で読むのを辞めてしまった…。
内容はアレだが、絵は綺麗だったと思う。



708:
本当にあった怖い名無し:2007/07/28(土) 08:10:35 ID:U6lcFI2L0
>>693
渡瀬悠宇の『源生花』だと思う。以下のように話が続く。

亡くなって1年は経つ。お葬式も納骨も済ませてあるのに、妻の死を認めない父。
父は白骨化した妻の手を握りながら「娘が会いに来てくれた。元気になってから2人で
驚かせようと思ったのに」と語る。
その直後、自分自身を実験体としていたらしい父の体からも血が噴出し、例の花が咲く。

そしてエピローグ。
主人公はこの惨劇をもたらした不老長寿の薬が作れるという花(源生花)をゴミ捨て場に。
(人間なんて花よりも もろくて儚い生き物なのかもしれない)というモノローグ。
そうして歩き出した彼女だが、とがった柵で腕を傷つけてしまう。
痛いと思った刹那、ふさがってゆく傷口。

前に病院で「花が咲いて人が死んだ」という話をしたが、全く信じてもらえず、
それどころか「鎮静剤を打ってもらおう、ゆっくり休め」と言った父。
そして、父の助手に鎮静剤を打ってもらった……。
もしかして、あの注射は……。

という話。
渡瀬悠宇傑作集5『ミントでKiss me』に収録。
1993年少女コミック増刊8月15日号掲載で、コミックスにはちょっとした続きもある。
廃墟になった街、死んだ地球。そこを一人寂しく歩く大人になった主人公。
見た目は20代くらいだが、おそらくその何十、何百倍もの年数を生きてきたと思われる。
そのうち、一輪だけ地面から生えている源生花を見つけ、口元で軽く笑う彼女。
「あんたもしつこいわね、私たち、いつまで生き続けると思う?」と花に語りかける。
その時、すぐ近くでまだ生きている人間を発見。
(――でも、どうせ生きるなら、また人々でたくさんあふれて子供たちが笑って
この景色が緑に覆われる時まで生きていたいわね。――そう、この地球[ほし]が
生き返るまで――)のモノローグで終了。



769:
本当にあった怖い名無し:2007/07/29(日) 23:29:52 ID:xI9wSmRNO
17、8年前になんかの雑誌に載ってた読み切り。
主人公は平凡な高校生。
ある日、目が覚めると猿になっている。

どうやら科学者である兄に、脳を移植されてしまったらしい。
研究所から逃げて、命からがらガールフレンドの家に辿り着く。
彼女に事情を説明し(言葉を喋ることができた)、2人で逃避行しようとする。
が、すぐに兄たちに見つかってしまう。

ビルの屋上に追い詰められる2人。
と、そこに現われたのは、人間の姿をした、紛れもない自分自身。
実は猿に移植されたのは脳本体ではなく、記憶のコピーだったのだ。
(実験は兄に頼まれ、合意の上で行なわれたものだった)
戸惑いながらも、人間の方の自分のもとへ行こうとするガールフレンド。
全てに絶望し、猿は屋上から身を投げる。

本屋で立ち読みしただけなので、雑誌名も作者も忘れた。
ラストの何とも言えないやり切れなさがトラウマ。
もし自分がコピーの側だったら…。



829:
本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 21:03:50 ID:m8AqBhiJ0
学校怪談怖かった!
私がトラウマになってるのは、見えない壁の話。

主人公の友達が学校に来なくなる。
理由は「自分の周りに見えない壁が出来て、そこから出られない」から
見舞いに行くとその子はベッドの上で丸くなって膝を抱えてた。

壁って言うか透明な卵の殻の中に詰め込まれてるみたいに見える。
「見えない壁がどんどん迫ってきてるんだ。
 これ以上小さくなると潰れてしまう」
その途端その子はグシャッと見えない壁につぶされてしまう

その子はそのまま縮んでいってとうとう消えてしまう。
家に帰る途中、立ち止まって自分の前の空間に手をかざす主人公
主人公(そこには出来ていたんだ・・・見えない壁が!)

あれ今文庫になってるね。
絵は高橋留美子っぽくて可愛いから思わず欲しくなるんだけど絶対後悔するから買わない・・・



831:
本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 21:17:05 ID:2FR6RiCM0
>>829
文庫版だとどこからかは分からないけど
途中から九鬼子先生っつう女版ぬ~べ~が出てくるんだけど
そっからは結構コミカル
それ以前はキャラが一個人として確立してないから死んだり呪われたまんまだったりで
結構怖いけどあの独特な絵は買いだよ、恐ろしさよりも妖猥な感じで



879:
本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 08:04:43 ID:0LOG2B09O
チャンピオンだかマガジンだかの単行本で、二話くらい収録されてたやつなんだが…
・肉の脂身が嫌いな小学生(図体だけでかくて弱虫、気持ち悪い顔)が、他の生徒に給食の時にわざと脂身を食べさせられるという苛めを受けていた。
で、その後その生徒が他の生徒に復讐しに一人ずつ殺していく。
場面は雨の中だったような…
・学校の教師が生徒の肉でステーキを作って食べている話

こんな話だったんだが、詳細わかる人いないだろうか?
脂身の話は気持ち悪すぎてトラウマになった



883:
本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 12:24:04 ID:4YkA8Agt0
>>879
確か、マガジンの筈。
題名は「学校であった怖い話」だったかな?
で、脂身が嫌いな子のあだ名は「デビッド君」だったと思う。
苛めていた子が最後に腕を引き千切られるんだよな。



556: 本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 00:15:44 ID:vsa/BGkW0
175Rのこのジャケがトラウマになりますた…
556_1



557:
本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 02:46:10 ID:WA451jYp0
>>556
KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
普通にビビったwwwwwwwww



559:
本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 03:13:09 ID:qxn0FDCDO
>>556
こぇぇぇぇぇ!!劇場版仮面ライダーの主題歌なのに…これ小さい子が見たらトラウマになるだろw



560:
本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 05:59:13 ID:tAKHmf1IO
>>556
朝一番のおしっこがもれる寸前になるくらいビビったぞ………あーあーあー見なければヨカッタヨ(´・ω・)



558:
本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 02:55:05 ID:nCbOHwAu0
今まさにトラウマになったお



転載元:http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1182286853/