1: 天之御名無主 2015/06/07(日) 20:20:27.98
何でもいいから妖怪について語ってください
Hyakki-Yagyo-Emaki_Tsukumogami_1


2: 天之御名無主 2015/06/13(土) 01:06:03.41
芝右衛門狸が最高



4: 天之御名無主 2015/07/03(金) 22:52:28.28
何故その地域でその妖怪が語り継がれたかという事をよく考察すると面白いだろうな…



5: 天之御名無主 2015/07/04(土) 23:16:19.77
江戸時代に一番積極的に妖怪を広めたのは、平田篤胤だ。

平田篤胤の元々の目的は、日本人の為の日本人の思想の創設。これが「平田国学」の基本理念。
要するに、幕府を批判して尊皇攘夷をやりたかったわけ。

いきなり江戸時代に危険思想をばらまくのはとっても危険だから、平田はまず妖怪や神代文字など
で一旦クッション作って読者を増やし、その上で平田国学を伝えた。

何やら…今の時代に通じる話ですなーw

平田国学によって尊皇思想に多くの人がかぶれ、結果的に明治維新は達成できたが、元々平田国学
は危険思想だから、先鋭化したトコは明治政府からも弾圧を受けてしまう。ここいらへんは島崎藤村の
「夜明け前」に詳しいよね。



6: 天之御名無主 2015/07/26(日) 23:12:27.29
昭和時代に積極的に妖怪を広めたのは、水木しげるだ



12: 天之御名無主 2015/08/13(木) 22:41:21.60
妖怪は文化



21: 天之御名無主 2015/11/30(月) 22:43:15.90
ユリイカのインタビューで妖怪はいるかと訊かれて「いる」と答えていた水木センセ大好きです。



25: 天之御名無主 2016/03/17(木) 19:32:58.50
まじめな話、日本中に数え切れないほどの伝承が残ってるんだから
実際に居たんだと思うんだよ
河童とか



26: 天之御名無主 2016/03/18(金) 10:10:33.68
そうだといいが、口裂け女の様にフィクションでも拡散された噂が伝承されるケースもあるからのう…



27: 天之御名無主 2016/03/18(金) 16:08:46.40
そもそも江戸時代以前からいた(とされてきた)怪しげな存在を明治時代に
なって「妖怪」というカテゴリーを作ってそこに押し込んだだけだろう。

妖怪というと判でついたように「民間伝承に…」となるが、妖怪タヌキ列車
なんか明らかに近代の産物。民間伝承発祥の妖怪もいるが、神話由来、外来
(むろん日本風にアレンジされている)、その時代その時代の創作と、何でも
ありで形成されているのがいまの妖怪ワールド。
だから、おもしろいのだ。



29: 天之御名無主 2016/03/25(金) 01:03:56.96
この世界とごく近い次元との狭間を行き来する能力のある異世界生物が
妖怪なんじゃないかなーとか思ってる



30: 天之御名無主 2016/04/29(金) 05:21:26.90
日本人って、妖怪好きが高じて異常なほどモンスター・妖精好きでもある
パ○ドラとかモン○ト如きに熱中するとか頭可笑しいわ
出てくるモンスターもダサいしw



32: 天之御名無主 2016/06/05(日) 16:33:13.56
>>30
ダサいくらいじゃないと親近感がわかない



36: 天之御名無主 2016/06/19(日) 13:23:08.19
地域のカラーってあるよな。



37: 天之御名無主 2016/06/28(火) 21:12:32.23
それこそ民俗



38: 天之御名無主 2016/06/29(水) 13:22:40.85
かっぱって実在するのかな
近代化で川が汚れて怒ってそうじゃね?



42: 天之御名無主 2016/07/29(金) 13:32:11.13
>>38
親戚の知り合いがノルウェー人なんだけど、一部の人はトロル(小人)を信じてるみたい
スウェーデン・ドイツの影響で工業化が激しい北欧だけど信仰してる人も居ると安心する



53: 天之御名無主 2016/08/16(火) 04:02:22.52
何でも、かんでも「妖怪」=お化け?

なんて言ってるが・・・もともと、古代では○○ノミコトとか△△ノオオミ
カミ。とか、いう "神様" だったなんてのも少なくない。

例えば、沖縄のキジムナーや東北地方の座敷わらしや北海道アイヌのコロポ
クルなんて、そーだ。



55: 天之御名無主 2016/09/07(水) 13:38:51.48
>>53
世界中どこでも土着神は外来の神や信仰勢力に因って怪物や妖怪に成り下がっている例は多いが、
日本の場合は恐れられながらも妖怪は殆どが神性な存在として扱われている
それは日本人のマナーや仕来たりに通ずるものだからだろう



58: 天之御名無主 2016/09/15(木) 21:30:00.28
畏怖や信仰の対象としてではなく、
憧憬の対象として妖怪や幻獣・妖精が異常なほど好きな日本人。
例えば西洋のドラゴンをファンタジー以外でも推してくるのは日本人だけだろ?



64: 天之御名無主 2017/06/01(木) 16:37:34.26
シンパシーを誘う様な妖怪の存在は、日本の得意ジャンルかもしれない



67: 天之御名無主 2017/10/01(日) 12:36:33.27
妖怪って、なんか何処かに哀愁を帯びている存在なんだよな



74: 天之御名無主 2017/11/05(日) 13:41:43.18
上手く説明できない現象の理由づけが、妖怪ということにされているものが多い?



77: 天之御名無主 2017/11/12(日) 16:56:44.21
>>74
そういうのは多そうだな



76: 天之御名無主 2017/11/05(日) 16:26:19.23
猛禽類に赤子をさらわれた母親に
「今頃食べられてるねえ」なんて言えないから
「きっと育ててるよ」という風に慰めたりしたのだろうなと思う



78: 天之御名無主 2017/11/13(月) 00:28:42.24
一反木綿って風で飛んできたフンドシが首に絡まって死んだ人がいたってだけだよな
きっと



82: 天之御名無主 2017/12/15(金) 11:25:33.99
他の地域は一神教が土着の民間伝承を否定するから減るんだよね



83: 天之御名無主 2017/12/17(日) 14:57:50.02
なるほどね。



87: 天之御名無主 2018/01/07(日) 23:14:30.36
狐が葉っぱを頭にのせてくるりと回って変身・変化するっていう話があるけど、これは中国の道教が源にある。
狐は骸骨を頭にのせて北斗七星(道教の中では生死の神とか考えられてたはず)の方向にお辞儀をし、それでも骸骨が頭から落ちなければ変身・変化できるって言い伝えがある。
だから、本来は葉っぱを頭に乗せて変身するのではなく骸骨をのせて変身するものだった。
実際、『狐草紙』には骸骨を頭に乗せてる狐が描かれているはず



89: 天之御名無主 2018/01/19(金) 17:03:15.02
>>87
骸骨から葉っぱへの変化の経緯はどんなもんですろう?
葉っぱにも意味や象徴がありませんかいの…



92: 天之御名無主 2018/01/27(土) 15:26:43.82
>>87
「日本には、キツネが水草の藻や池の睡蓮を頭に乗せて美女に化けたという話が残っている地方もあるようで、藻や睡蓮が時代を経て木の葉1枚と表現されるようになったようです。」
とのブログもあった



93: 天之御名無主 2018/01/28(日) 12:01:29.59
今の妖怪ウォッチなどの原題創作妖怪も後の世には鳥山石燕のものとごっちゃに妖怪扱いになんてことが



105: 天之御名無主 2018/04/11(水) 18:03:14.15
英語版Wikipediaの民間伝承のヴァンパイア一覧表に日本の河童が入ってて笑った
お前ヴァンパイアやったんか



121: 天之御名無主 2018/07/26(木) 22:42:10.08
>>105
中国の水怪の話なども混入しているのでは?



106: 天之御名無主 2018/04/19(木) 03:34:06.25
尻こ玉は抜くけどなw



108: 天之御名無主 2018/05/14(月) 23:13:28.09
西洋人が文献だけで判断したのでは?



109: 天之御名無主 2018/06/05(火) 23:51:02.95
ハリポタかなにかで、けっこう怖い妖怪みたいな解説があったらしいけど。



119: 天之御名無主 2018/06/23(土) 12:14:26.49
鶴瓶が街で見かけた変なやつを妖怪とよんでたっけ パペポだったかで。
昔からその傾向はアッたのだろうな。
鬼婆とか山姥とか考えてみれば人里離れて一人暮らしのババアがそういうふうに呼ばれただけだろうしな



128: 天之御名無主 2018/08/15(水) 14:35:53.41
盆の頃に語られる妖怪っている?



129: 天之御名無主 2018/08/18(土) 05:35:12.24
幽霊の方が語られそう…



130: 天之御名無主 2018/08/18(土) 10:09:40.81
幽霊は妖怪の一種だから



131: 天之御名無主 2018/08/18(土) 12:21:20.34
ほう、幽霊って妖怪の一部という位置付けか



133: 天之御名無主 2018/08/22(水) 02:00:59.47
江戸時代のなんかの妖怪本に幽霊の項目があったはず。



135: 天之御名無主 2018/08/22(水) 06:36:19.37
鳥山石燕の画図百鬼夜行だな
ちなみにこれには幽霊とは別に生霊と死霊が描かれてある
幽霊と生霊死霊って何が違うんだろうか



140: 天之御名無主 2018/08/27(月) 00:39:54.37
>>135
ゲゲゲの鬼太郎がゆうれい族
親もいるし実体もある
もちろん足もある



138: 天之御名無主 2018/08/22(水) 23:12:22.14
鳥山石燕の描いた犬神と瀬戸大将が無性に好き
他にかっこいい妖怪はいませんか



168: 天之御名無主 2018/09/05(水) 18:07:46.00
>>138
瀬戸大将検索したらデザインといい瀬戸物が唐津物に勝ったのがモデル説とかいい世相を反映か?ってまるで



154: 天之御名無主 2018/09/01(土) 17:02:58.63
猩猩、草花を持ち子と手をつなぎほのぼの
no title


no title

草を加えたニヒルなやつかと思ったら火を吹いてるんですって!

no title

ネタが尽きて無理やり考え出したように見える



155: 天之御名無主 2018/09/01(土) 17:45:08.50
味があるよねwww



156: 天之御名無主 2018/09/01(土) 18:14:09.77
no title

北斎の河童のくたびれっぷりがかわいい



158: 天之御名無主 2018/09/01(土) 21:24:53.23
今でも通用する



159: 天之御名無主 2018/09/02(日) 15:35:55.67
Tシャツにしたいな。



164: 天之御名無主 2018/09/04(火) 15:07:19.72
no title

水木しげるの妖怪世界編入門に載ってた羽民てイュイミンだかって山海経からだったのだなぁ



165: 天之御名無主 2018/09/04(火) 17:17:59.96
>>164
大怪獣ガッパにも似て候



166: 天之御名無主 2018/09/04(火) 20:58:12.89
烏天狗のモデルか



173: 天之御名無主 2018/09/09(日) 21:20:54.04
鬼も悪魔も頭から角が生えてるのはシルクロードでつながってるからか 
アメリカインディアンもそういうのあるのかな



175: 天之御名無主 2018/09/10(月) 18:54:35.70
>>173
カナダ、北米系の伝承系妖怪ウェンディゴ
これは悪霊・精霊の類いで寒冷地域の伝承では、ヘラジカやトナカイの如き角が頭に二本生えているという



177: 天之御名無主 2018/09/10(月) 23:48:11.02
>>175
しかもそいつは人間を食う



179: 天之御名無主 2018/09/11(火) 17:48:15.13
>>175
検索したらなんか精神いかれるのを妖怪のせいにした感じだな。
くびれ鬼も自殺衝動だろうし昨日のテレビじゃ悪魔に憑かれたかのような症状になる病気があるとかやってたし
精神異常は妖怪のせいとされたか…



176: 天之御名無主 2018/09/10(月) 21:27:59.84
角が生えてる野生動物が身近にいれば
角が生えてる妖怪も自然に思い付くだろ



180: 天之御名無主 2018/09/11(火) 19:39:39.42
昔から狐憑きなど精神異常の症状や、天狗倒し等不可思議な自然現象の多くが妖怪の仕業とされた



181: 天之御名無主 2018/09/13(木) 21:58:43.36
鬼の話になると「鬼は本来化け物ではなく死者の魂を表す文字だった」という説明を必ずと言っていいほど見るけど
そういう用例で鬼の字が使われてる最古の文献て何なのかな
山海経にも鬼の字が何度か出てくるけどどれも死者の魂ではなく化け物の意味で使ってるようにしか見えないが
山海経より古い文献で鬼を死者の魂の意味で使ってるものがあるのか



195: 天之御名無主 2018/11/03(土) 15:51:16.61
オス
みんなは夏目友人帳って言う漫画というかアニメは知ってるよね
主役じゃないが重要な役ににゃんこ先生ってのがいるんだけど
その本体は白い犬か狐みたいなんだよね
だから元ネタって言うかそれ自体九尾のキツネとかダキニじゃねえのって言ったら
ぼろくそ非難された
no title





198: 天之御名無主 2018/11/07(水) 08:33:27.57
>>195
確かにあまりキツネっぽいイメージはありませんねえ
オオカミくらいに思っていましたがどうでしょう



199: 天之御名無主 2018/11/07(水) 16:58:46.24
>>198
レス頂きありがとうございます
大口之真神も元ネタなのかと想像しましたが
確か白い狼だったような
九尾イコールダキニと考えて
絵巻物の九尾は白だった
伝承での天竺で九尾の元を祭っていた王の名が斑足王
ダキニと密教の関係と東寺の辻の猫の伝承から猫化け設定
または招き猫伏見なり起源説
ダキニは本来ジャッカルがトーテムでドールがトーテム
ドールはニホンオオカミ以上にマズルが長く斑の絵に似ている
そんなところから推察したんですが



205: 天之御名無主 2018/11/25(日) 08:23:26.73
鬼の始まりは、中国から渡来した(ソース不明)鬼・室かも。



206: 天之御名無主 2019/03/01(金) 00:18:32.76
死者の魂



207: 天之御名無主 2019/03/01(金) 08:23:40.45
鬼籍に入るとかいうもんね。



208: 天之御名無主 2019/03/02(土) 19:02:27.27
産女の水木しげるの絵がフクロウっぽくて可愛いとオモッタ。田舎の人に苦労しないから太目のマッチョ系と結婚する伝統があるけど、痩せ男の家ではフクロウは禍々しいから見ちゃ行けないお守りや伝統と言われた。



209: 天之御名無主 2019/03/03(日) 00:21:16.69
ウブメのあの絵はメキシコの彫像じゃなかったっけ
no title





212: 天之御名無主 2019/03/04(月) 03:35:33.14
姑獲鳥と産女



213: 天之御名無主 2019/03/04(月) 05:25:58.57
顔が人間の女で身体が鳥という妖怪のパターンが、デザイン的に不気味



214: 天之御名無主 2019/03/04(月) 21:48:03.97
女の霊が鳥に化けるのだから
デザイン的に両方混ぜる必要は無いんだけどねえ



216: 天之御名無主 2019/03/05(火) 06:40:27.43
ギリシャや中国なんかにもじんめん鳥の妖怪のキャラ



217: 天之御名無主 2019/03/05(火) 12:20:22.45
ハーピーとかセイレーンとかか。
何で鳥人間系の妖怪は基本女で男はいないんだろうと思ったけど、単に鳥の鳴き声と男の声が結びつかないからだろうな



226: 天之御名無主 2019/03/20(水) 06:43:00.98
鵺の鳴く夜は恐ろしい



227: 天之御名無主 2019/03/24(日) 11:06:47.50
子泣き爺は何故に泣く



228: 天之御名無主 2019/03/24(日) 23:30:58.54
泣かなかったら子泣き爺という名前にはならんだろ



229: 天之御名無主 2019/03/24(日) 23:51:04.39
顔も爺様なのに、子泣きと付く辺りにヒントの有るや無しや



230: 天之御名無主 2019/03/25(月) 02:56:24.42
爺も老いてボケれば赤子と同じ



231: 天之御名無主 2019/03/25(月) 10:39:35.32
寝ると重く感じるってだけの話だよね



232: 天之御名無主 2019/03/25(月) 18:02:07.89
こなきじじいはおぶると重くなるのはセントクリストフォロスの逸話に由来か



237: 天之御名無主 2019/03/25(月) 23:00:15.62
>>232
いや、どちらも寝た子が重く感じるというだけの話だと思うよ



238: 天之御名無主 2019/03/26(火) 08:26:41.14
じゃあ、なぜ爺?



241: 天之御名無主 2019/03/26(火) 22:00:51.07
>>238
病気か飢えで醜かったんだろ



239: 天之御名無主 2019/03/26(火) 19:31:46.15
赤ん坊を背負い渡り終わったら爺=キリストになってたから?



240: 天之御名無主 2019/03/26(火) 19:32:46.11
狛犬はスフィンクスとかいうしシルクロードを伝わってきたので聖徳太子は厩戸皇子と呼ばれた可能性もあろうしな



245: 天之御名無主 2019/03/29(金) 05:31:34.90
子供のようなジジイが道端で泣いていても拾わないと思うなあ

病気か障害でジジイのように見える子供なら不憫に思って拾うのもわかる
途中子供が安心して寝たら急に重くなるからびっくりして放り投げるのも無い話では無い



246: 天之御名無主 2019/03/29(金) 08:06:20.53
なんでも赤ん坊の泣き声の真似をしながら徘徊する○○という精神病の老人が実在し、土地の子供が悪さすると、親などが「言う事聞かんと○○が来るぞ!」と脅していたと。それが妖怪子泣き爺の話の淵源という説がある。



256: 天之御名無主 2019/04/04(木) 17:36:36.84
変な人を妖怪にしたんだよ。
砂をまいてる婆さんがいて砂かけばばあ、小豆を研いでる爺さんがいて小豆とぎ、豆腐を持った小僧がいて豆腐小僧、といったところか…



264: 天之御名無主 2019/04/16(火) 20:52:55.93
妖怪すねこすりってのがあるから妖怪すねかじりとか。
すねをかじって成長し大きくなって恩返しするという。
まれにかじり続けて何もせず果てるものも



266: 天之御名無主 2019/04/20(土) 21:47:02.15
妖怪すねかじりは今や社会問題だよ



268: 天之御名無主 2019/04/21(日) 12:51:37.38
妖怪には何か物哀しさがある



269: 天之御名無主 2019/04/22(月) 03:37:06.91
移民や棄民だったとか時の権力者を祟り神扱いだったりするからな…
アレは人間じゃなかったから人並みの扱いをしなくてよかったっていう免罪符としての妖怪だとしたらとても哀しい



272: 天之御名無主 2019/04/29(月) 09:38:35.30
田舎の老人は腰が90度曲がっていた。
話すときは上体が上がらないので、股抜きで顔出して会話してた。
田んぼの道で股抜きで向かい合ってる姿は異様だった。



275: 天之御名無主 2019/05/03(金) 21:36:45.74
二人だけならいいが8~10人集まってやってたら妖怪や



299: 天之御名無主 2019/06/13(木) 06:08:43.30
妖怪ぬりかべについて江戸時代の絵に、三つ目の白い象のようなケモノを描いた絵ものがある。
水木妖怪のそれとは全く異なるものだが、わざわざその絵には「ぬりかべ」と文字が書いてある。




300: 天之御名無主 2019/06/13(木) 16:23:56.83
象……



301: 天之御名無主 2019/06/14(金) 05:10:56.66
これな
狸の塗り壁とか呼ぶ地方もあるから
そっちの絡みかもな
三つ目は白澤とどこかで繋がってたりしないのだろうか
no title




302: 天之御名無主 2019/06/14(金) 06:32:45.08
北部九州の所謂ぬりかべとは全く違う描写



303: 天之御名無主 2019/06/14(金) 14:43:41.25
北九州の塗壁は横にも縦にも果てし無く伸びてけして越えて行けない。
しかし足元を払うか、煙草でも吸って休んでいるとその内に消えてしまうと。



306: 天之御名無主 2019/06/15(土) 03:55:03.73
九州の塗り壁は野衾と似てるんだよな



307: 天之御名無主 2019/06/18(火) 21:04:19.17
室内の壁か障子に目鼻が浮び出てそこに居る人を見ている...という江戸時代の絵もある。



308: 天之御名無主 2019/06/19(水) 04:24:06.86
目目連か



309: 天之御名無主 2019/06/19(水) 14:56:11.84
いや、目目連ではないやつ。沢山の目ではなく巨大だが目鼻口は一人分



313: 天之御名無主 2019/06/22(土) 20:43:34.95
日本の妖怪文化は豊かだな



315: 天之御名無主 2019/06/25(火) 06:54:11.52
骨女という妖怪の絵が何気に怖い
no title





316: 天之御名無主 2019/06/27(木) 13:42:32.69
俺が見たことあるのは地味な絵だったが、何だか不気味だったな。



317: 天之御名無主 2019/06/30(日) 07:06:33.42
名前も嫌だ


転載元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/min/1433676027/
芸能人の体験した怖い話『B'Z RISKY』『キャシー中嶋 ケンちゃん』

「こいつ天才だろ…」って思ったスレタイ挙げてけ

探偵ナイトスクープヤバイやろ…シャレならん

お前らどうせ文明が崩壊した後の荒廃した世界設定とか大好きなんだろ

何度と見ても感動するアニメのシーン

報道規制されたと思われるオカルトな事件・事故

解明されてない都市伝説や不思議書いてけ

日本の政治ってなんでこんなに腐敗してるの?