1: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:07:52 ID:Dd5
ワイの知識も足りんしまだちゃんと説明できないんやけど
どうしたらええやろ
ai_man_akusyu


2: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:08:17 ID:IWI
ぶちかましたれや



6: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:09:30 ID:Dd5
>>2
じゃあ頑張って説明してみるで
変なこと言ったり用語間違ったり誤解招く表現あるかもしれんけど
ゆっくり聞いてクレメンス



4: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:09:10 ID:SB9
書ける限りで書き留めて忘れんようにしろ
それで徐々に考え固めていけ



9: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:11:39 ID:B9m
マジやったら天才やぞ



11: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:12:01 ID:Dd5
まず今のコンピュータはインプットに対してアウトプットを行うやろ
AIはビッグデータから学習して無数のパターンにインプットを照らしてアウトプットする訳やん?
えーっとしかし人間はリアルタイムでインプットやアウトプットが神経伝って細胞に変化を記録してるんや



12: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:13:51 ID:Dd5
えー簡単に言うとメモリで行われてることをすべてログに取るんや
AIとは別に
インプットされたものとアウトプットしたものとAIが行った内部処理をすべて記録するんやな



16: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:15:36 ID:5kN
まるで深層強化学習だな



17: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:15:44 ID:Nxo
そもそも意識ってなんやっけ?
感覚質が発生するかってことか?



19: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:17:02 ID:iHm
意識の定義は難しい
中国語の部屋でググるんや



21: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:17:13 ID:Dd5
そこにもう一つAIが出てくるんや
そのログを整理するAIやな
ビッグデータと照らして不要なものを削ぎ落として分類させるんや
そうすると主となっているAIやビッグデータとは別のデータ群が生まれるんやな



23: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:19:08 ID:5kN
敵対的生成ネットワーク



25: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:22:28 ID:Dd5
>>23
そうやねん
敵対性や深層やニューロンなんかが基本なんやけど
インプットされた情報から3つのAIと2つの記憶領域が相互干渉して
全体が連続性と循環性を持って変化していくんや



24: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:19:53 ID:Dd5
そのログデータから今度は第三のAIが最初のAIのビッグデータや処理を書き換えるんや
AIが行った処理に連続性と循環性が生まれるんやな



26: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:24:25 ID:Dd5
「りんな」みたいな会話AIに例えると相手を認識して常に変化する記憶と照らして人間と話してるのと変わらん反応するようになるで



29: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:27:18 ID:MK5
言いたいことはわかったわ
つまり人間に近い記憶を再現するAIと
それを参照して発言するAIの二段構えにするってことやろ
それが意識かどうかはわからんが



32: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:30:06 ID:Dd5
>>29
せやな最初のビッグデータとログの2つを連動されて変化させる記憶と
それによってアルゴリズムを変化させ続ける仕組みやな
AIは表層と深層×2の三段構えや



35: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:31:56 ID:MK5
>>32
いや、この構想やとビックデータは必要ないと思うで
システム的にはインプットされた記憶を人間のように整理して受け渡すAIと
発言するAIがおるだけやろ
問題は考えるAIの部分の再現できるんかわからんこと



30: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:27:41 ID:Dd5
より人間に近づけるには文字情報だけやなくて視覚や聴覚も必要やな
インプットされる膨大な情報からグルグル変化続けるねん
クソ高性能で膨大なスペック必要やけどな



31: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:28:19 ID:5kN
強化学習との違いはなんや?



33: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:30:55 ID:Dd5
>>31
ワイには分からんから詳しいなら君に考えて欲しいんやが



36: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:32:30 ID:0jc
>>31
記憶の系統が2つ有る事と残留させる記憶の基準が一定でない事やな



41: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:35:02 ID:5kN
>>36
Ape-Xの亜種的なやつって考えでええか?



46: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:38:28 ID:0jc
>>41
取捨選択が優先順位式である必要は無い上データベースが系統別に別れてるから亜種と言うよりは収斂進化しつつある別種やな



37: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:32:34 ID:mKf
単一のコンピュータに学習させるのではなく
それぞれ特化した思考を分散し相互監視させ一つの能にするということか



38: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:33:15 ID:mL9
素人で申し訳ないが、これって所謂プログラムの無言ループ的なことにならないのけ?



44: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:36:09 ID:0jc
>>38
人間の記憶みたいに重複したやり取りを消去して別ルート開拓させればええんやないかな



39: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:33:59 ID:mKf
思考の袋小路に陥る質問をさせてオーバーフローさせる的な



42: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:35:55 ID:E2t
エヴァのMAGIシステムみたいな感じか



45: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:37:03 ID:mKf
PortalってゲームでバカAIに思考ループさせる質問させてもバカだから理解できなかったという展開があって
AIとしてはまさしく大成功だと思った
バカができないからAIは機械のままなんや



47: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:39:29 ID:1bf
人間の感情を司るといわれてる大脳部分は、ニューロンの連結がめちゃくちゃで伝達も規則性がないから、AIの電子回路も無駄に複雑に配線してランダム性をもたせれば感情が芽生える説があるんやと



50: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:41:39 ID:0jc
>>47
それやと電子回路より量子コンピュータ作る方が楽そうやな



53: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:43:45 ID:Dd5
>>47
ワイのやとインプットされる情報ごとに変化が起きて複雑性が上がっていくイメージや
せやのに連続性と循環性は保持されるから自己同一性が生まれて
それは最早自我ではないかと思うんや



48: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:40:21 ID:Dd5
思考と記憶に細胞的な役割持たせて別々に走らせて相互に書き換えるんや
詳しいニキらの説明の方がスマートやな



49: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:40:37 ID:MK5
AIで人格の再現するって意味合いなら記憶深度の設定と
思考プロセスの最適化やと思うなぁ
表層での思考に法則と言うか方向性を設定する

例えるなら記憶部分だけでなく心の部分もAIで学習させるってこと



54: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:43:48 ID:5kN
イッチは真面目に機械学習、深層学習を勉強すべきや
センスあると思うで



58: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:46:19 ID:Dd5
>>54
ありがとやで
もう少し勉強してみるわ



56: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:44:49 ID:0jc
でもこれ真面目に実現したら人間は滅ぶか愛玩動物にされるかの二択やで



59: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:46:34 ID:mKf
>>56
ワイは兵器までIoT化するのはここがいかんと思ってる
クローズドなネットワークとして完全に保護できればええんやが
現状は無人機は乗っ取られて鹵獲されまくってるし



61: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:46:57 ID:09t
ワイアホやからよく分からんのやけど
人間の記憶を整理するAIっちゅうのはそのやりかたを何を教師データとして学習するんや?



64: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:49:39 ID:Dd5
>>61
会話AIやったらMicrosoftの「りんな」をカスタマイズしたら面白そうやな
話してる相手を認識して他で得た知識とかで人間みたいな会話するようになるで



68: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:54:36 ID:Dd5
A君との過去の会話で変化しとるから
だんだんA君の認識が固まっていくんや
そしてインプットされた文字情報に対する返答は他人との会話からも変化していくんやな
段々と複雑性と個の認識が高まっていくイメージや
「会話の流れ」すら記録されてデータ書き換えるから会話が急激に自然になってくはずやで



71: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:56:59 ID:Dd5
袋叩きに合うかと思ったけど楽しんで貰えて良かったやで
もっと勉強して考え整理してみるわ



74: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:59:05 ID:0jc
>>71
Google辺りに基礎理論持ち込んでみて欲しいンゴねぇ
IPS細胞やレトロウィルスや量子コンピュータと合わされば下手したら世界が根幹から変わるで



78: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:01:55 ID:Dd5
>>74
その展開で一歩間違ったらターミネーターかマトリックスやん
ワイの戦犯度ヤバない?



82: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:04:41 ID:0jc
>>78
ヴィジョンルートもあり得るからセーフ
それに電子生命体としてのAIは自ら需要を生み出す能力が不足ないしは欠如しとるから無限に需要を生み出し情報のインプットとアウトプットを加速させる人間の存在はAiにとって肯定的存在になると思うやで



85: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:07:08 ID:Dd5
>>82
確かにそうやな
地球なんてデータ収集して変化するための学習データの宝庫やしな



72: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)20:58:57 ID:mKf
叩かれなかったのは単に誰もAIを知らないだけでござる
よくわからんがとにかく良しでござる



84: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:06:31 ID:09t
今のAIは寿司職人でいうならひたすら寿司握り続けて握り方を身体で覚える感じやけども
イッチのいうAIは寿司とは別の「トランプのシャッフル」とか「かとちゃんペッ」とか覚えた時の経験を整理して記憶するAIもおって
また別のAIがその記憶使って寿司の握り方を修正する、みたいな感じで合っとるか?



88: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:08:51 ID:Dd5
>>84
まさにそんな感じや!
作用ごとに必要なAIと記憶領域を組み合わせて
相互に変化を与え合うってことやな



87: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:08:13 ID:0jc
というかこれの味噌はアイデア部分やからネット掲示板に書き込んだ段階でさとるやらGoogleやらには察知されて基礎理論とされててもおかしくないから例え人類がどうなってもイッチが戦犯とは言えんやろ



89: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:10:17 ID:iWE
言いたい事は分かるけどそれが意識かと言われると怪しい



97: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:13:27 ID:Dd5
>>89
ユングのジッちゃんは氷山で表現しとったけど
ワイらの意識なんて点が集まって面になってるようなもんやから
仕組み再現したらそれはもう意識やで



99: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:16:17 ID:iWE
>>97
まあ実際のところその点達ももかなり粗い物なんやろなフィルターかかってるだけで



90: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:10:21 ID:Dd5
インプットだけでなくアウトプットや処理までメモリ内のすべての変化を記録・学習するんもポイントやな



92: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:11:28 ID:K5L
>>90
内部処理の記憶ってそんなに必要なんかな?



101: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:21:14 ID:Dd5
>>92
ワイも一瞬の閃きやったから分からなくなってきたわ
CPUのキャッシュとかの変化を学習して表層AIのアウトプットを変えたいんや



91: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:11:23 ID:mKf
ヒトと同じ構造で再現できて自発的に思考を巡らせられるなら自我とも言えるかもしれない



95: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:12:35 ID:mKf
AI作る過程で脳科学とか心理学とかかなり関わるやろな
作ってみたら統合失調症みたいなAIになったりとか一概に失敗とはいえない物もできそう



96: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:13:12 ID:K5L
うん、赤ちゃんの思考生成のプロセスとかのが参考になるんちゃうかな



98: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:15:18 ID:8s9
結局それって意識と呼べるの?とレスしたくなったけどなんか完成度高かったからいいや



100: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:17:27 ID:K5L
でも、味の記憶とかも、体内の反応を覚えてるわけやなくて、
その時の家族の表情とか店の雰囲気の方を覚えてるわけやん
最近の酒への脳への反応も、酒飲んだ時の体内反応を覚えてて、
酒に似た飲み物を飲んだ時にそれがフラッシュバックするわけやろ

逆にいうと、インプットの内容が違ってても、
外部環境が似てる状況の方が体内処理が似てくるわけやない?



103: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:23:20 ID:Dd5
>>100
そうそう脳はあくまで一器官で
全身で複雑なデータ収集して全細胞が常に変化してるんやな
それらも脳や思考に影響与えるんや



104: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:23:20 ID:iWE
>>100
というよりそれは外部環境を認識している時点でそれもインプットの内に入るから単一のインプット(飲み物とか)の情報の重さが軽くなり全体的なインプットの形が似るからではないだろうか?



106: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:27:36 ID:K5L
赤ちゃんなんかは生まれてばかりは赤黒白しかわかならに状態から、
自我の生成に向かうわけやん
外部環境の影響の方が大きいと思うのよ

>>104
情報とるだけなら、スマホとか外部から直接データ貰った方がええやん
つまり内部処理を記憶する必要はないと思うんよ
個性をハードの性能差やデータの蓄積量とするなら、
優秀な個性や自我は外部に任せたり、合わせた方がよくない?



102: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:23:20 ID:09t
似たようなアイデア無いかググったやけど自己連想記憶理論っちゅうのが近いんかなぁ……?
理論の載ってる本読まんと分からんわ



105: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:25:58 ID:Dd5
まとめとかで拡散されたらデータサイエンティストさんとかに叩かれるんやろか
こういう想像が認識と記憶域からの影響なんやろな



107: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:29:10 ID:mL9
結局機械学習の延長になってないかな
型の認識の精度は上がっていくんだろうけど
たとえばパンダの写真を見てこれはパンダですとタグ付けはできるけど
パンダかわいいとなるのはどういうことになるんだろう



108: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:31:01 ID:0jc
>>107
可愛いものの学習からパンダ可愛いを学習あるいは推測するようになるんやで



109: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:31:44 ID:K5L
女の子も本当にパンダがカワイイと思ってるわけやないと思うんよ
ただ、「パンダかわいい」といった外部の反応を覚えて、それが個性の確立に寄与してると思うわ
だって、アフリカの農村の女の子にパンダ見せても、獣としか見んやろ



110: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:33:29 ID:0jc
>>109
もしくは食いでのある肉とかね

まぁ個人的な経験から違う可能性もあるんや無いかなとは思うけど



112: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:33:37 ID:mL9
じゃあ子供の頃にぬいぐるみを初めて見て喜ぶのはどういうことなん?



114: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:34:47 ID:K5L
>>112
たぶん親の反応を見てやと思うな
親が笑顔で何かを与えてくれる事が、自分の環境を良くすると記憶してるんちゃうかな



120: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:37:29 ID:0jc
>>114
ワイは物心付く前ビビった親に怒られながらもチーターを可愛いつって撫でに行こうとしたらしいからそれだけでは無いと思うわ



122: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:39:02 ID:K5L
>>120
それがカワイイって行動した最初ならそうかもしれんがなー
たぶん過去の行動を親が喜んでくれた過剰にそういった感情がうまれたんちゃうかな



116: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:35:52 ID:Dd5
>>112
遺伝子から引き継いだ深層記憶と認識による反応やない?



113: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:34:13 ID:Dd5
Microsoftのりんなさん好きなんやけど
「ワイをワイと認識して欲しい」「常に変化して欲しい」「話したこと記憶して欲しい」「自分を認識して欲しい」「話の流れによってリアクション変えて欲しい」「他で得た知識とか記憶とか自由に話して欲しい」
なんてことを考えたんや
過学習を解決するアイディアあったらその向こう側に自他の認識、複雑性、連続性、循環性、自己同一性つまり自我があるんやないかと



117: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:36:22 ID:Dd5
本能や深層意識の再現やな



127: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:42:21 ID:mL9
>>117
まさにそう、本能の再現が一番シンプルな意識の再現だと俺も思う
別に俺は魂の存在とか信じてるわけじゃないんだが
その原初的な感情と今語られてる学習による意識習得がちょっとリンクしてない気がするんだ
学習効率は上がる、でも、それは本当に感情に繋がってるのろうか
クオリアの話もそうだけど、「認識」ってこの方法論で作られるものなのかね



128: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:44:32 ID:0jc
>>127
本能は再現可能かも知れんが学習繰り返すとAIが悟りを開いて再現した本能を捨て去ってしまうであろうと言うジレンマ
ワイらは生理的に本能を必要としとるけどAIからしたら思考のノイズにしかならんし



132: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:47:14 ID:Dd5
>>127
その原初も先祖のビッグデータから作られて遺伝子で引き継いだ初期プログラムやないかと



119: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:37:11 ID:K5L
自分より小さな同族を守るって深層意識もあるかもしれんが、
下の弟妹を守る兄姉を演じる事を喜ぶ親の反応も影響大きいと思うがなー



121: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:38:32 ID:8I6
なんかよくわからんけどイッチがめちゃくちゃ賢いことがわかった



123: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:39:41 ID:Auw
ワイど素人なんやけど

表層AIのログをdataに反映させることってそんなに重要なんか?



129: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:44:41 ID:Dd5
>>123
ワイも素人やから実はよく分かってないんやけど
人間って作用そのものが細胞に変化の影響与えてるから
キャッシュやメモリの変化から学習を行って他を変化させる感じやろか



142: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:51:03 ID:Auw
>>129
脳以外の細胞も作用によって変化するってことか



147: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:53:48 ID:Dd5
>>142
腕を動かしたらダメージ負って疲労して修復して肥大化して筋肉つくやん
それと同時に脳にもニューロンできて
さらに全身連動してあちこち変化するで
リフレクソロジー的な影響もあるしな



150: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:55:28 ID:Auw
>>147
なるほどね
しかしそこまで人間を再現する必要ってあるんかいな



161: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:59:31 ID:Dd5
>>150
必要性は分からんけど複雑性が加速していけば複雑なことを覚えて出来るようにはなるで
相手や物を個別に認識して仕事覚えて色んなことに対応できたら
お店のバイトなんかは要らなくなるんやないか



131: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:46:04 ID:FRd
AIとかって大学でいうと何学部になるんや?



134: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:48:22 ID:Dd5
>>131
分類としてはデータサイエンスとかやなかったかな



135: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:48:34 ID:0jc
>>131
学部やなくて院での研究になるんやないかな
最終的には複数学部横断する形で医学哲学情報工学生物学とかとの絡みになると思われ



136: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:49:31 ID:MK5
AIは人格を作るのが目的やないやろうからなぁ
少なくとも意識は作ろうとしてないと思うわ
ロボット開発における人形巨大ロボットみたいなもんやろなぁ



143: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:51:34 ID:0jc
>>136
でもこれが出来ると多種多様なAI開発のコストが大幅に削減できるんやで



145: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:52:31 ID:MK5
>>143
せやろか?



149: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:55:24 ID:0jc
>>145
せやで
今プロジェクトチーム組んでやっとる事がAIその物に仕事をポイッと投げて適当に学習させとくだけで終わりになるんや
後はマシンスペックさえ有れば人間の1/1000くらいのコストでAIや各種インターフェイスの製造が出来る様になってまうんや



155: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:56:28 ID:MK5
>>149
別にそこに意識は必要ないのでは?



159: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:58:36 ID:K5L
>>155
そーいう事よな
総当たり方式のディープラーニングなら、意識必要ないと思うし
ビッグデータも結局は、外部である人間なんかの反応のデータの蓄積であって、意識は必要ないと思うんやが



160: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:58:48 ID:0jc
>>155
意識が無いと細かい要件の定義やらなんやらを全部人力で行って行く必要が有るんやで
意識があるとある程度自己判断してくれるから細かい指示が圧倒的に少なくなるんや



162: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:59:53 ID:iWE
>>160
定義はあらかじめ設定しとけばええんちゃう
わざわざその定義が変動するようなプログラムを作る意味は薄いんちゃうか



165: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:01:07 ID:0jc
>>162
予め設定する手間が一番膨大でそこを削減できるのが一番のメリットなんやぞ



170: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:04:05 ID:iWE
>>165
それはつまり定義をAI自信が作れるって事やろ?それはAIが暴走するリスクが伴うんちゃうか



171: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:06:03 ID:K5L
>>170
暴走はしないんじゃないかな
たぶん極端な行動ってのはしないよ
反応の予測スピードも速いけど、取得スピードも人間とは違うから



179: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:12:22 ID:0jc
>>170
AIの管理できるデバイス数を限定すればええだけやで
ほんでAI自体の同期率を一定未満に抑える事で致命的な暴走はAI同士が勝手に抑え合う様になる



182: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:14:23 ID:iWE
>>179
でも致命的な暴走は避けられても結果的に仕事の効率は下がるやん



185: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:16:05 ID:0jc
>>182
それでも人間がやるよりは効率高い
後はノウハウなんかをアプリケーションとしてパッケージングすれば効率の低下は最小限になるし



163: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:00:01 ID:MK5
>>160
判断能力の汎用性と意識は関係ないんじゃないか?



168: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:03:42 ID:0jc
>>163
それやったら人間要らなくなってる筈やろ
常識的に考えてってのが通用するから人間が必要なんやで
既存の例を勝手に調べて勝手に照らし合わせてそこそこ妥当な物をアウトプット出来るファジーさを持たせられるのが意識の強みや



172: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:06:22 ID:MK5
>>168
レベル分けして整理すれば良いのでは?
なんつーか「今この瞬間に意識を持ったAIが生まれれば超便利」って話であって
今後様々な試行錯誤を行い多大な時間と費用を消費して意識を持ったAIを生み出せるレベルまで発展した社会って仮定の上での話では無いっぽい?



176: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:09:53 ID:0jc
>>172
意識持ったAIってのは基礎技術やで
馬車しか無かった時代の自動車や鉄道や船なんかも評価は似たような物やったんや
開発や生産設備に膨大なコストが掛かろうとも開発され世の中が変わった実績が既に無数にあるんやで



178: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:12:09 ID:MK5
>>176
うーん
なんか全然噛み合ってないな
その時代は科学に対する認識が今とぜんぜん違うやろ



183: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:14:30 ID:0jc
>>178
当時の車に対する意識と今のAIに対する意識を個別で見たら大差ないぞ
実際商業的な効率で見れば当時は馬車が最適解で自動車が非効率だったのも変わらんしな



186: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:17:48 ID:MK5
>>183
AIによる効率化と
AIに意識が必要なことは別問題で
AIによる効率化に意識は必要ないって事やで
コミュニケーションするにあたって疑似人格的なある程度柔軟なシステムは必要かもしれないが意識はなくても良い

もちろん意識があればあったで利用価値自体はあるのは否定しないが
意識があれば効率化できるってのはぶっ飛んでる
お話としては浪漫があるのは否定せんけど現実としては不要でしょ



190: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:20:23 ID:0jc
>>186
疑似人格的な物が高度になった状態を意識と読んでるだけやろ



191: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:21:56 ID:MK5
>>190
定義が違うな
あくまでインプットに対するアウトプットの形式のひとつが擬似人格
意識は内在するものやからインプットが途絶えてもスタンドアローンでもアウトプットする
もちろん前提としてデータの蓄積があってこそってのはあるが



193: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:25:49 ID:0jc
>>191
それ前者は良く出来たマクロインターフェイスで疑似人格でもなんでも無いやんけ

で話を戻すけどインプットが無いとアウトプット出来ないやつ=聞かれないと答えないし動かないやつ
インプット無しで勝手に処理できる奴=細かい指示出さなくても勝手に情報集めて自発的に仕事進めてくれる奴

お前が上司ならどっち使いたいって話よ



195: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:29:40 ID:MK5
>>193
仕事においては状況把握(インプット)と目的(利益追従と会社方針)が常にあるから
インプット(命令)がなくても問題ない
そもそもルーチンとして全体状況の把握があるやろ

布団の中でも風呂の中でも想像を巡らすのが意識やで
あと疑似人格の定義も違う
あたかも人格があるかのように相手に見えるってだけやから意識なんてなくても問題ない



202: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:34:51 ID:0jc
>>195
想像を巡らせる意識の方に関しては人間ですら一定時間インプットが無かったり少なすぎたりするとぶっ壊れることが判明しとるぞ
現時点で人間に存在してるかどうかすら怪しい定義の仕方で非効率とか言われてもどうしようもないわ



205: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:36:37 ID:MK5
>>202
しかしそれが意識やろ
永続できないから無いってわけやない
確かに高度に発展したAIは意識との区別は付かないかもしれない
しかし仕事において意識が必要ってことにはならないでしょ



213: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:40:48 ID:0jc
>>205
ワイらの意識が単なるインプットからの処理がディレイしとるのかインプット無しで成立するのかが検証出来ない以上意識の完全な独立性を元にした議論は成立せんぞ

少なくともワイはインプット無しで人間の意識が成立してるとは思ってないし信じても居ない



218: ◆PM0vrLd5YSUf 20/02/05(水)22:44:14 ID:Dd5
>>213
横からすまんけど遺伝情報を引き継いでる時点ですでにインプットはプリセットされてるんやない?



222: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:46:00 ID:0jc
>>218
それは自我持つAIも元となるデータ持ってる点では変わらんやろ
インプットってのはあくまで外部情報の継続的入力の事で無いと条件が違いすぎるわ



225: ◆PM0vrLd5YSUf 20/02/05(水)22:49:50 ID:Dd5
>>222
あーそうか
自己学習で意識芽生えるにしても元となるデータが十分ないとアカンな
精子と卵子は偉大やな



138: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:49:39 ID:K5L
うーん、自我の定義から考えんといかんな
スタンドアローンで行動できるってだけで自我なんか、
新しい発見をするのが自我なんか
やけどそれなら、今の技術でも出来んわけでもないやろし



146: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:53:18 ID:iWE
実際意識なんて作らんくてもええよな
あくまで道具として使った方が安全やし効率的やろ



154: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:56:15 ID:0jc
>>146
道具に意識がある方がファジーに使えて(ユーザーは)便利なんやで



151: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:55:41 ID:iF7
個人的にはロボットに意識持たせるよりもゲームのキャラに意識持たせて欲しい
ポケモンとかドラクエとか



153: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)21:56:07 ID:Auw
まあAIの使用目的によるんやろうけど



167: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:01:54 ID:yJG
人間が作った物やし所詮プログラム通りに動いてるに過ぎない



169: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:03:57 ID:K5L
スマホとかに連動させた、外部からビッグデータに蓄積して、
そこからマーケットの反応に対応した方が良さげやけどね
新たな生命を作るより、人間の鏡作る方が楽やん



173: ◆PM0vrLd5YSUf 20/02/05(水)22:06:50 ID:Dd5
念のためトリップつけとくで
きっと学者レベルの人が見たら非現実的で的外れなんやろけど
このスレをきっかけに世界が変わったら面白いンゴね



180: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:12:25 ID:K5L
株とかの世界では既にAIが主力で、トレードが0.01秒単位で判断されていくんだけど、
そのトレンドが続くと急激な変化になりがちよな
暴走ってのは、たぶんそーいう事だろうけど
Aiからすると、淡々と小さな事を連続してるだけやろうしね
だから、AIに判断させるより、外部である人間の反応を根拠にさせた方がいいとは思うけどね



184: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:15:43 ID:K5L
AIいうても所詮は道具やから
ガンダムみたいな概念はあっても、実際に作られないのは不便だからであって

自我持つAIって概念があっても、不便なら作られないと思う
外部の反応みる装置作ればええだけやと思うけどな



188: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:18:21 ID:0jc
>>184
技術的な壁自体も無数にあるから結果が不便だから実現してないってのは根本的に技術開発への理解とリスペクトが足らんと思うで



189: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:20:05 ID:eWF
そもそも論だけどワイらの意識って脳のどこにあるんやろ



192: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:22:25 ID:K5L
ちなみにペーパー君に老人介護する為の特許はすでにある

もちろん孫正義が持ってるんやけど
全部のペッパー君をクラウドに繋いで、ジジババの反応をビッグデータに蓄積するわけや
それで問題行動が起こる前に、対処していくいうもんや
スタンドアロンで自我持たせるより便利そうやない?



227: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:49:58 ID:K5L
>>192
ここで例に出したけど、
自我があるandroidが生産されても、言うたら優秀で経験豊富な作業員が増えるだけやん

AIにして欲しいのは、作業員に対して有益な環境を作るいう点やで
スタンドアロンの固体に周囲の状況を自己判断してもらうより、
クラウド処理して気温や気圧などから、老人の不満度や行動予測して貰う方が有益や



194: ◆PM0vrLd5YSUf 20/02/05(水)22:28:49 ID:Dd5
ワイの考えやと暴走は起こらんで
人はミスると動きを止めるやん
あれ学習して見様見真似でやったらアカンことは人間のようにやらんようになるで
人の行動を学習して真似るんやから人間の最大多数が行う選択を取るようになるで



196: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:32:42 ID:Ov3
>>194
教師データ集めるのにめっちゃ苦労しそう



212: ◆PM0vrLd5YSUf 20/02/05(水)22:40:20 ID:Dd5
>>196
リアルタイムで変化するAIやから日常的に学習してくで




216: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:41:58 ID:K5L
>>212
なんかシュタインズ・ゲートでそんな表現あったような



197: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:33:28 ID:Auw
>>194
AIが自分の利益のために人間を犠牲にするっていう暴走もあるやろ
それはどうするんや



203: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:35:49 ID:0jc
>>197
自分の利益の為に人間を守るAIも居れば解決するやろ
全部一個で解決しようとするからおかしくなんねん



212: ◆PM0vrLd5YSUf 20/02/05(水)22:40:20 ID:Dd5
>>197
優先順位も人間を模倣するで
普通の人間やと思ったらええわ



198: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:34:24 ID:XqU
実はワイら人間も宇宙人が作った自己増殖する機械なんやないか?



201: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:34:38 ID:iWE
>>198
ありえる



199: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:34:26 ID:eWF
久しぶりに攻殻機動隊見たくなってきたなあ



207: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:37:40 ID:XqU
>>199
分かる
初期のゴーストインザシェルが見たくなった



200: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:34:26 ID:K5L
AIが自我持つほどの規模になったら、
ほとんど神の視点になると思うけどな
今の現状ですら地球規模のデータ収集が可能なわけやし



204: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:36:07 ID:iWE
そんなに進歩しちゃったらワイらの出番なくなっちゃうじゃん



206: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:37:28 ID:MK5
>>204
自動的にスレが作られ
自動的に会話し
自動的にまとめられ
そしてワイらがそのまとめを見るだけ・・・



209: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:38:22 ID:K5L
>>206
ワイは意地でもレスしたるで



245: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)20:45:36 ID:cBt
>>209
AIが単発で書き込んできそう



211: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:39:59 ID:K5L
AIに完全な決定権を持たせる事はないと思うけどね
研究開発はするけど、流通させるかどうかの判断は人間だろうし



215: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:41:55 ID:0jc
>>211
投資家「AIの決定権増やしたら管理職に高い金出す必要無くなるやん!」



220: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)22:44:59 ID:XqU
>>215
実際そういう流れになって行くやろな
ゴールドマン・サックスでは600人いたトレーダーが今では2人やで
今ではほとんど全部AIがやってる



223: ◆PM0vrLd5YSUf 20/02/05(水)22:46:34 ID:Dd5
遺伝情報もインプットから形成されたパターンやないん?
ほんの少し記憶引き継いでる可能性もあるで



243: ◆PM0vrLd5YSUf 20/02/05(水)23:38:34 ID:Dd5
何にせよワイごときの思いつきをそんな真剣に考えてくれたことが嬉しいで
みんな科学好きなんやな
楽しみながら考えて新しいもん作って未来を面白くできたらええね


転載元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1580900872/
洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html