5:本当にあった怖い名無し:2012/10/02(火) 21:13:31.70 ID:96LXzQ6J0
フィラデルフィア計画

1943年10月28日、ペンシルベニア州フィラデルフィアの海上に浮かぶ
「エルドリッジ」
を使って、遂に大規模な実験が秘密裏に行われた。

当時は第二次世界大戦の真っ只中であり、実験は新しい秘密兵器
「磁場発生装置テスラコイル」を使い、「レーダーに対して不可視化する」というものであった。

エルドリッジの船内には多くの電気実験機器が搭載されており、そのスイッチを入れると強力な磁場が発生 駆逐艦がレーダーからはもとより、肉眼でも認められなくなった。

実験は成功したかのように見えたが、不可思議な現象が起こる。
実験の開始と共に海面から緑色の光がわきだし、
次第にエルドリッジを覆っていったのである。

次の瞬間
艦は浮き上がり発光体は幾重にも艦を包み、
見る見る姿はぼやけて完全に目の前から消えてしまった。

つづく



6:本当にあった怖い名無し:2012/10/02(火) 21:14:11.84 ID:96LXzQ6J0
つづく


「実験開始直後に、駆逐艦はレーダーから姿を消す」、ここまでは実験参加者達の予定通りであった。

しかし直後にエルドリッジは「レーダーから」どころか完全に姿を消してしまい、おまけに2,500km以上も離れたノーフォークにまで瞬間移動してしまっていたのである。

それから数分後、またもや発光体に包まれ艦はもとの場所に瞬間移動した。

再び戻ってきたエルドリッジだが、驚くべきことに乗員は、次のような惨状に陥っていた。

体が突然燃え上がった
衣服だけが船体に焼き付けられた
甲板に体が溶け込んだ
発火した計器から火が移り、火達磨になった
突然凍り付いた(冷凍化)
半身だけ透明になった
壁の中に吸い込まれた
また、生き残った乗組員も精神に異常をきたし、エルドリッジの内部は、
まさに地獄絵図の如くであった。唯一、影響を受けなかったのは、
鉄の隔壁に守られた機械室にいた、一部のエンジニアたちだけだった。


こうして実験自体は成功したが、「行方不明・死亡16人、発狂者6人」という、取り返しのつかない結果になった。このことに恐れおののいた海軍上層部は、この極秘実験を隠蔽したといわれている。

De173Eldridge


フィラデルフィア実験
アメリカの駆逐艦〈エルドリッチ〉が、電磁波を使った実験中にテレポートしたといわれる事件。
1943年10月28日、ペンシルバニア州のフィラデルフィア海軍工廠で、の消磁実験が行われた。

巨大な船は同じ方向を向いたまま建造されるので、地球の磁場により磁気を帯びる。
これを利用して開発されたのが、磁気に反応し爆発する「磁気水雷」である。
そこで、船体を電磁波で包むことで船体の磁気を消し、磁気水雷を避けようという実験である。
また、レーダー探知を避ける実験だったともいう。

電磁場発生装置が作動すると、〈エルドリッチ〉は緑色の靄に包まれ、
レーダー上だけでなく本当に目の前から消えてしまった。
そして1600km離れたノーフォークに忽然と現れ、またフィラデルフィアに瞬時に戻ってきた。
乗組員は、行方不明、火だるま、発狂、体の裏表が逆転、壁や床と同化するなど、
甚大な被害を受けていたという。都市伝説
http://ja.wikipedia.org/wiki/フィラデルフィア実験


38:本当にあった怖い名無し:2012/10/04(木) 20:58:03.01 ID:bZ86jjcd0
フィラデルフィア実験にまつわる都市伝説
戦時中、アーサー・C・クラークかディ・キャンプのどちらか忘れたけど
そのどちらか、アシモフとハインラインがフィラデルフィアの造船所で働いてた時
こんな話はどうだろうってSF話で盛り上がってるのを立ち聞きした人が
今こんな計画があるらしいぞってことで広まったのが発端…
かも知れないとアシモフが何かで書いてた



131:本当にあった怖い名無し:2012/12/11(火) 21:01:53.29 ID:uVmXWW3Y0
嘘か本当か分からんけどフィラディルフィア実験の真相らしい
http://www.jikanryoko.com/timewarp123b.htm


でも実際には>>38の言う通り戦時中にフィラディルフィア造船所で働いていた
ハインライン、アシモフ、キャンプというSFの巨匠たちが休憩時間とかに
こんな話どう?といった感じで話していたアイデアが他の人に聞かれて
それが都市伝説化したというのが正解なのかもしれない。

フィラディルフィア造船所で働いていた頃のハインライン、キャンプ、アシモフの三人@1944年
745px-Heinlein-decamp-and-asimov



テレポートや神隠し関連事件
80:本当にあった怖い名無し:2012/10/16(火) 00:35:57.77 ID:/0vNx0tMO
既出の異世界ワープでしょ白い霧に突入してきずいたら
北極がマンモスが歩く緑豊かなとこにいたってやつ
タイムスリップ系事件はほとんど白い霧に包まれるな



100:本当にあった怖い名無し:2012/10/27(土) 04:23:33.50 ID:B0YGfS1x0
>>80の北極で戦闘機に乗った米軍のリチャード・E・バード少佐が霧に包まれ、
霧が晴れたと思ったら温暖な地域に入り、そこでマンモスと思われる巨大な動物を見た。
その間も基地との交信は続き、この異常な事態を報告していた。
しばらくその地域を飛行したのち、燃料不足のため一か八かのUターン。
前方に霧が見え、その中に突っ込むと元の北極にもどっていた。
この少佐は、その後南極でも同じ体験をし、記録はトップシークレット扱いとなったが、
一部のメディアが報じたために表に出た事件。
この少佐は死に際にも、この異世界のことを口にしたと言われている。

この少佐が巨人を見てれば面白いんだが・・・
北極から異世界へという言い伝えや事件が集中しているのは興味をひかれるね。



106:本当にあった怖い名無し:2012/10/28(日) 17:48:18.74 ID:kXwntRVWO
マラソンしてた人が地面に吸い込まれて消滅した話が海外であった気がするなぁ。



107:本当にあった怖い名無し:2012/10/28(日) 18:02:37.36 ID:CPknhdcN0
地面に吸い込まれた系は、いくつかあるよね



122:本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 08:27:56.37 ID:ybjrcVcU0
1932年。
アメリカのある空港の上空でレアード型という複葉機が見たこともないような
飛行機と接触して墜落しました。
相手の飛行機がどうなったのかわかりませんが、墜落したレアード機はそのまま
格納庫の隅にしまいこまれました。
それから28年後の1960年、まったく同じ場所で、軽飛行機がひどく古い型の複葉機と
接触して、緊急着陸したのです。
パイロットは、接触した相手は確かに旧型のレアード機だと言い張りましたが、
そんな飛行機が飛んでいるのを見た者は他には誰もいません。
念のために、格納庫からレアード機を引き出して調べてみると…
埃だらけの壊れた翼の部分には、最新のプラスチック塗料がこびり付いていたのです…


1951年、8月4日の明け方四時ごろ…
フランスの英仏海峡に臨むディエップという町に住むドロシー・ノートン夫人は、
騒々しい物音に目を覚ましました。
小銃や、機関銃や大砲を撃ち合う音。急降下する飛行機の音。爆弾の音…
あまりの恐ろしさに、ノートン夫人はパリにいる伯父さんに電話をしました。
パリの伯父さんは、受話器を通じて確かに銃声や爆弾の音を聞きました。
音は三時間ほどで消えました。
ノートン夫人は外へ出てみましたが何の異常もなく相変わらずの美しい風景でした…
調べてみると、ここは、その時から九年前の同じ8月、第二次世界大戦でカナダ軍が上陸し、
ドイツ軍と激しく戦った場所なのです。