1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:33:57.27 ID:/hijuV0Y0
松下村塾を開いたのは吉田松陰ではない
Napoleon


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:35:04.46 ID:GzkZUADj0
キリスト教創始者はイエスではない



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:36:56.03 ID:pxfx+AkZ0
>>2
誰?



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:39:43.40 ID:GzkZUADj0
>>4
知らない
12使徒じゃね



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:41:29.77 ID:V3avM/y+0
>>6
ペテロだね
十二使徒の一人で初代のローマ教皇



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:21:07.52 ID:3YMKh6I70
>>7
いや、キリスト教の開祖はパウロだ
キリスト教の教祖がイエス



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:25:17.32 ID:ABNq85rL0
>>116
イエスはユダヤ教徒なので
「パウロのキリスト教」「イエスのユダヤ教」という呼称が好まれます



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:42:06.15 ID:hvtgl01G0
徳川家出身の総理大臣が誕生しそうになったことがある



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:44:38.16 ID:ZKl61XAmO
徳川家光は正室と20年近く死ぬまで別居していた



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:53:31.27 ID:/hijuV0Y0
お前ら歴史好きじやないの?(´;ω;`)



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:57:34.42 ID:faEGPQWt0
>>15
好きだが歴史好きなら知ってそうな知識しかないんだよな



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:03:47.97 ID:/hijuV0Y0
>>16
それでもいいお(´;ω;`)



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:12:11.56 ID:V3avM/y+0
>>18
じゃあ>>1の一番最初の話題に乗っかってみる

松下村塾創設者は吉田松陰の叔父の玉木文之進
凄まじい体罰を伴うスパルタ教育で知られ松陰ら多くの弟子を育てたが、維新後萩の乱に関係したため責任をとって切腹した
玉木文之進には松陰の他にもう一人の甥がいて、それが明治天皇に殉死した乃木希典である

乃木は日露戦争終戦後、明治天皇の要請で学習院の校長となっている
師匠譲りのスパルタ教育で金持ち貴族の子弟たちによるだらけきった風紀を刷新したが、それでも体罰だけは行わなかった
同様に吉田松陰も松下村塾で弟子たちに対して一切体罰は行っていない
玉木の体罰は二人にとって相当なトラウマだったらしい



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:16:46.92 ID:3LtHeRYy0
>>28
乃木って昭和天皇とかにも他の生徒同様に厳しく接したらしいな



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:04:44.21 ID:HXZ0Wpul0
スーツの袖に着いてるボタンは鼻水を拭えなくするためにナポレオンが考案したもの



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:05:56.38 ID:/hijuV0Y0
>>19
知らなかった

ナポレオンは最初フランス語が苦手でいじめられた。有名か



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:06:12.96 ID:ZKl61XAmO
徳川綱吉は身長が124cmほどしかなかったのではという説がある



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:09:49.30 ID:/hijuV0Y0
>>22
綱吉と家定は特段低かったらしいな



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:08:19.92 ID:uNu0S7xy0
ソクラテスの嫁さんは鬼嫁
ソクラテスのあだ名は「おしゃべり乞食」
ソクラテスは今に語り継がれるほどブサイクで有名
ソクラテスは青年を堕落させた罪で処刑された

ソクラテスカワイソス(´;ω;`)



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:12:07.16 ID:TEc1oMyj0
オバマがいる民主党は元々南北戦争時の南部の政党だったから
オバマが民主党から大統領になったのは実はとんでもない出来事



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:15:28.60 ID:/hijuV0Y0
>>27
民主党と共和党って昔は主義主張が真逆だからな



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:12:50.41 ID:Zi9s+g6N0
イギリスの騎士はほとんど戦ってない。
というか統一が早かったので大きい戦争が無かった。
やり持ちがいて、ランスで突っ込むのはごぜん試合や決闘のときだけ



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:14:51.50 ID:SPskBt550
戦国時代日本に来た宣教師たちは手づかみで飯を食べていた
ルイスフロイスは箸で飯食ってる日本人のことをわざわざ書き記している



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:20:22.69 ID:/hijuV0Y0
江戸時代に雪の結晶を研究してた大名がいる
Sekka_zusetsu
http://ja.wikipedia.org/wiki/雪華図説



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:20:58.65 ID:GzkZUADj0
日本史じゃないから詳しく分からないが乃木希典は抑えておいた方がいいって
現代文の先生が言ってたな
近代日本の天皇制思想における重要な人物らしいからね



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:23:41.82 ID:/hijuV0Y0
>>36
乃木の殉死が文学会に与えた影響大きいからな
漱石は『こころ』で肯定、芥川は『将軍』で批判してる



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:21:17.72 ID:Zi9s+g6N0
150年前は奴隷が売り買いされてた。
奴隷の値段は400~1000万。
車並みの高級品なのでムチでぺしぺしとかは(一部を除いて)しなかった。



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:22:12.85 ID:SPskBt550
ガンジーはカースト制度自体は賛成していた



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:22:21.87 ID:ZKl61XAmO
和宮の遺骨はどんなに探してもなぜか左手首から先だけが見つかっていない
銅像・肖像画にも左手の描写がない
和
和2
和宮が埋葬された増上寺の徳川家墓所は、現在の東京プリンスホテルの場所にあったが、1950年代に同地が国土計画興業に売却されたため、和宮をはじめ、歴代将軍及びその正側室の墓所と遺骸も発掘・改葬された。その際の調査結果をまとめた『増上寺徳川将軍家墓とその遺品・遺体』によると、和宮の血液型はA型かAB型で、身長は143.4cm、体重34kg(いずれも推定)であり、骨格の形状から極端な反っ歯と内股が特徴の小柄な女性であったと推定されている。また不思議なことに、左手の手首から先の骨がいくら探しても見つからなかった。増上寺にある和宮の銅像や日本女子会館にある和宮の銅像も左手は不自然に隠れており、また肖像画には左手が描かれていないことから、彼女が生前何らかの理由で左手首から先を欠損していたのではないかとの推測もある。

古墳はともかく、陵墓や陵墓参考地の大半が宮内庁の方針により事実上の学術調査不可となっている現在、和宮は墓所が発掘調査された数少ない皇族である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/和宮親子内親王



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:23:31.03 ID:8COxbtU00
ガンディーは修行のために毎晩若い娘2人と寝てた



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:24:54.13 ID:LHNTXAaR0
ランドセルに付いてる給食袋とかをよくかけるフックは、本来は手りゅう弾を取り付けるためのもの



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:25:33.15 ID:TEc1oMyj0
乃木大将は戦争じゃとんでもない無能扱いだったからなあ



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:27:47.52 ID:/hijuV0Y0
>>48
かなり『坂の上の雲』の影響が大きいからな
本当はそこまで無能でもなかったらしい



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:31:16.40 ID:TEc1oMyj0
>>52
旅順落としただけで功績半端ないよな
終戦の決定打になったのが東郷の日本海海戦の大ミラクルだから比べられがちだけど
旅順攻略は日本海海戦と優劣付けれないほど凄い



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:34:25.09 ID:/hijuV0Y0
>>59
坂の上の雲だと、児玉源太郎が来たから旅順が落とせたみたいなことになってるけどそんなに単純じゃないしね



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:26:30.75 ID:/EGTsSyE0
唐辛子が日本に伝来した当初、毒や薬(霜焼け防止剤)として使用された



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:26:38.44 ID:pb+WOAsX0
長崎に落とされた原爆は本当は福岡の小倉に落とす予定だった



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:28:31.68 ID:8COxbtU00
広島の原爆も新潟に落とす予定だったが天候が悪く変更したとか



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:30:06.91 ID:Zi9s+g6N0
ランドセル側面にあるフックは、軍用背嚢の名残という俗説がありTVでももっともらしく紹介されているが[6]、昭和30年代に入り、給食袋、体育着袋など生徒の持ち物が増えたのに対応した金具である
http://ja.wikipedia.org/wiki/ランドセル



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:31:25.16 ID:LHNTXAaR0
>>57
マジかよ
TV信用できねぇ……
世界一受けたい授業
http://www.ntv.co.jp/sekaju/old/student/20050416/03_0201.html



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:31:18.18 ID:LF94aoDGO
西郷隆盛は間違って登記された名前
弟の西郷従道も同様



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:35:14.74 ID:faEGPQWt0
>>60
名前関連で
ライオン宰相と言われた浜口雄幸
父親が酔っぱらっていたため幸雄で提出するはずが雄幸になった



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:34:24.71 ID:JK38/u+40
自販機の起源は古代エジプト
http://www.jti.co.jp/tobacco-world/journal/chronicle/2011/02/01.html



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:34:57.31 ID:tODE+FCiO
フランス王アンリ4世は体臭がとにかくすさまじく、腐った肉のような強烈な臭いがした
イギリス王ジョージ4世は王妃キャロラインを死ぬほど嫌っていたが、
原因は風呂に全く入らない王妃のすさまじい体臭



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:35:03.04 ID:uXlh6noA0
ノアの洪水はガチ
オーパーツ怖すぎwww地球には人間の前に違う文明があったよな
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4180943.html



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:36:44.72 ID:pb+WOAsX0
オーストラリアはイギリス人犯罪者の流刑地だった
有名だよな。遊び感覚で原住民殺してたらしい



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:37:03.88 ID:azcGRMkn0
エジプト王国は滅亡する少し前にスーダンの黒人に征服されてる



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:39:53.40 ID:Lo7LujMY0
秀吉は六つ指


信長にからかわれ切り落とそうとしたこともあったらしい



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:48:21.50 ID:faEGPQWt0
木戸孝允は竹島(今のウルルン島)を開拓したいと藩主に願い出ていた



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:13:14.87 ID:EhhVIDDW0
征韓論の言い出しっぺに朝鮮外交の現場だった対馬藩の藩士、大島友之允という人がいる
幕末の時点で既に日本の海外進出を考えていたという点では先進的思想の持ち主
桂小五郎とは友人で、池田屋事件の時に桂が不在だったのは
彼と一緒に対馬藩邸にいて征韓論について議論していたから

>>85のエピソードも大島の影響での提言
桂は新撰組の切り込みを知って池田屋に戻ろうとしたが大島が制止したために命拾いをした

ちなみに彼の直系の子孫が最近亡くなった大島渚監督



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:49:20.03 ID:hoJCOYpuO
義務教育では教えないが、コロンブスは完全なカス

Ridolfo_Ghirlandaio_Columbus
コロンブスの悪行
「コロンブスの軍勢はやりたい放題の大虐殺を続けた。
コロンブスが快復するまでに、5万人以上のインディアンの死が報告されている。
やがて完全復帰したコロンブスの最初の仕事は、彼の軍勢に対し、略奪を組織化することだった。
 
1495年3月、コロンブスは数百人の装甲兵と騎兵隊、そして訓練された軍用犬からなる一大軍団を組織した。
再び殺戮の船旅に出たコロンブスは、スペイン人の持ち込んだ病いに倒れ、
非武装だったインディアンの村々を徹底的に攻撃し、数千人単位の虐殺を指揮した。

コロンブスの襲撃戦略は、以後10年間、スペイン人が繰り返した殺戮モデルとなった。
スペイン軍は面白半分に彼らを殺す楽しみを決してやめなかった。
1492年の「新大陸」へのコロンブスの上陸時に約800万人いたインディアンの人口は、
1496年の末までに、その3分の1までに減った。さらに1496年以降、死亡率は倍加していった。

量的にもスケール的にも、コロンブスは、エルナン・コルテスやフランシスコ・ピサロに並ぶ、
虐殺目的で戦争を楽しんだ最も悪名高いコンキスタドール、征服者の一人」
http://ja.wikipedia.org/wiki/クリストファー・コロンブス



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:51:22.65 ID:Cfy2HfoXP
>>86
海賊まがいのことしてたんだっけ



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:50:35.80 ID:6IRrkhdR0
既出だが明治天皇の忠臣であった乃木は後に昭和天皇となる方に厳しく教育してた
乃木が昭和天皇に与えた影響は大きく、昭和天皇は乃木の言いつけを固く守られた。

乃木「殿下ははどうやって学校に来られますか」
昭和天皇「馬車で来ます」
乃木「これからは雨の日でも歩いてきてください」

乃木「殿下は山に登るときはどのように登りますか」
昭和天皇「登る時は歩き、降りるときは走ります」
乃木「これからは逆にして、一歩一歩踏みしめて降りてください」

乃木「穴が開いた服を着ているのはよくないことですが、つぎはぎをあてるのは恥ずかしいことではありません。穴が開いたらつぎはぎをあてて着てください」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:51:10.70 ID:Zi9s+g6N0
意外と知られていないが、日本は世界最古の国

4世紀頃から本日に至り、日本は日本のままである。
次に古いのがデンマークで建国は10世紀ごろ。

ちなみに天皇家より古いのはエチオピアの皇室だが、1974年に革命で滅ぼされた
おいおい日本の歴史って意外と長くないか?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4302165.html



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:53:00.16 ID:UX1ZlMjd0
アメリカの原住民は天然痘罹患者が使った衣類や毛布を集落に投げ込まれたりして民族単位で絶滅させられてた



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:53:35.28 ID:azcGRMkn0
ミサイルを発明したのはインド軍



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:29:14.63 ID:Nm+SKBzi0
>>91
ミサイルっていうかロケットだな



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:54:05.58 ID:faEGPQWt0
明帝は西郷隆盛に「痛いというな」と言われ
それからは決して「痛い」と言わなかったとか



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:55:57.92 ID:eDEv6fCfO
>>93
明治天皇は幼少期は公家らしい軟弱だったんだよな
明治になってからこんなんが君主じゃいかんってスパルタ教育受けて強くなった



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:54:09.21 ID:/hijuV0Y0
戦後の昭和天皇の人間宣言はかなり誤解されてる
一般の認識「朕は実は神ではない」
昭和天皇の真意「明治天皇の五箇条の誓文の精神に立ち返って復興頑張ろう」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:01:15.87 ID:MpmVmSw90
毛利元就は70くらいになっても子供作ってた



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:05:43.62 ID:5XJevW910
矢の話で有名な毛利元就の子は、4人。



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:06:18.52 ID:qUfmEJ8h0
文禄・慶長の役は、1598年(慶長3年)の秀吉の死によって終結するが、
実は翌年の1599年(慶長4年)に秀吉は再び朝鮮半島への大規模な派兵を行う予定だった。
秀吉が長生きしてたらこの戦いはどういう結末を迎えてたのか興味深い。



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:32:31.45 ID:qUfmEJ8h0
>>100はあまり「えっ?」ってならないみたいだな俺以外はw
文禄・慶長の役で日本はこてんぱんにやられて撤退したのが実情っていう知識だったから
この事実を知って結構衝撃的だったんだけど



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:40:09.83 ID:EhhVIDDW0
>>126
会戦では基本的に負けなし
数倍の敵に囲まれるという圧倒的不利な蔚山籠城でも勝利している
ただまずかったのが当時の日本の戦略にまだ兵站の概念がなかったこと
補給が来ないので奥地で孤立した日本兵はセルフ兵糧攻めに逢い不利になってしまった

一方で朝鮮史上唯一の英雄李舜臣は補給艦を狙ったゲリラ戦を得意としていた
ネットではよくこれが卑怯な戦法なので李舜臣は
たいしたことのないやつだと叩かれるが戦に卑怯も糞もない
実際李舜臣は兵糧という日本軍最大の弱点を的確に突いた
非常に効率的な戦いをしていると言える
なお最後の停戦破りの奇襲には見事失敗して戦死しているので
直接対決ではやはり日本の方が強かったことも実証されている



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:07:08.29 ID:jk0nyaso0
宮本武蔵はけっこう卑怯な手で戦っていた



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:14:23.92 ID:qtciIuf10
>>101
宮本武蔵の対多数を想定した戦い方は半端なく強かったそうだ
流れる動きですっぱすっぱと時代劇の殺陣みたいに倒すってテレビでやってた



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:19:35.69 ID:Nm+SKBzi0
ノルウェーからアフリカまで船でどんぶらこっこしてそこに王国を作ったヴァンダル人という民族がいた



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:39:04.11 ID:cBt+bO/2I
レーニン、スターリンはどちらも偽名
ペンネームみたいなもの



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:46:52.34 ID:jk0nyaso0
>>131
ポル・ポトもだな



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:40:30.32 ID:mw/ajtM8O
救国の英雄ジル・ド・レは大量の子供達を陵辱、虐殺した



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:46:13.77 ID:qtciIuf10
昔、海戦と言えば相手方の船に人が直接乗り移って攻撃するのが主流だったころ
船自体に乗り移るために使用されるドでかい橋がついたものが使われていたことがある
でもあまりにもデメリットの方が大きくてすぐ廃れた



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:52:10.35 ID:5XJevW910
"戦国時代、戦場で戦ったのは農民"

戦国時代の末期の合戦は、大規模で敵味方合わせて数万の軍勢が戦うという状況でした。
軍勢は武士よりも農民のほうが多かったそうです。
歴史上、小田原の北条氏は、15歳から60歳までの男子すべてを戦場に連れ出し、
徳川家康も小牧長久手の合戦に多くの農民を雑兵に使っていました。
大道寺友山の江戸時代初期の歴史上の著書「落穂集」に
『合戦において千人の死者があれば武士はそのうちの百人か百五十人で
残りの八百人から九百人以上が農民だった』
と記されています。



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:52:57.68 ID:5XJevW910
1853年にペリー率いる黒船四隻が日本にやってきた時、
黒船には日本語が話せる人はいなかったそうです。
逆に日本にも英語を喋れる人がいなかったそうです。
では、実際、どうしたのか?
それは、通訳を間に二人おいて、オランダ語で話し合ったそうです。



転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1376055237/
洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html