1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:40:29.19 ID:x3z/qkTk0
パラレルワールドはあるのか
俺が異世界に行った話をする
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4226604.html

パラレルワールド研究スレ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4463010.html


https://livedoor.blogimg.jp/nwknews/imgs/0/0/008f30a6.png


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:41:05.87 ID:49NUPdSF0
ヨーロッパの方で15分時間がおかしくなったのってゆうのはどうなんだ



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:10:06.29 ID:aN+DCN8R0
>>2が気になってしかたない……



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:01:26.20 ID:IWXd23c50
>>49
確か割りと最近のニュースでイタリアのシチリア島で
全部の時計が一斉に15分くらい進んでしまう現象が起きたらしい
それで遅刻する人が激減したらしい



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:51:30.82 ID:3R7ktw/e0
>>2
【イタリア】「何かが変だ、みんなが仕事に遅刻しない」イタリアで時空の歪みが発生か[11.6.14]
1 :締まらない二の腕φ ★:2011/06/17(金) 12:33:32.50 ID:???
あの自由と放埒の国、イタリアのシチリア島でデジタル式の時計が一斉に15分早く進むという謎の現象が発生、各所で
「仕事に早く着いてしまう」という被害が発生しているそうです。

3週間ほど前、イタリア・シチリア島に住む電気技師、フランチェスコ・ニコシアさんはある奇妙なことに気づきました。
いつも通り出勤しているのに職場に早く着いてしまう、ということが続いたのです。
時計の故障かと思い調べてみたところ、なぜか家中すべてのデジタル時計が15~20分早く進んでしまっていることが判明。
最初は家のだれかのイタズラかと思っていたのですが、職場の他の人達にも同じ現象がおこりはじめ、誰も遅刻しなくな
ってしまったのです。

さすがに不思議に思ったフランチェスコさんはもう1人の電気技師、アンドレア・デ・ルカと共にネットで事例を募集した
ところ、島中のデジタル時計が狂ってしまっているというとんでもない事実につきあたりました。
島では幽霊の仕業説から火山活動の活発化説まであらゆる可能性が論じられちょっとしたパニック状態に。
この現象についてカタニア大学の電気工学科の教授、エマニュエル・ディレトーソ氏が地元のテレビ番組で語ったところ
によると「電力網に接続されている発電機のうち、例えば電圧の変動が大きい太陽電池のようなものが周波数に微妙な影響
を与えている可能性がある」とのこと。周波数が安定しない電流がコンセントから時計に流れた結果、時計の進みが狂って
いるという仮説を紹介しています。

▽dailynewsagency(2011.06.14 22:43)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1308281612/



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:52:42.30 ID:b0VXYP3T0
>>132
遅刻するのがデフォなのかよwwww



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:48:30.81 ID:ef1wztvj0
サンチアゴ航空513便事件

1954年9月4日に西ドイツを飛び立ち行方不明となっていた飛行機が
1989年10月12日、ブラジルの空港に突如現れ着陸したが
乗客乗員全員は白骨化していた、というもの。
ソ連の飛行場に白骨死体の乗ったナチスドイツの戦闘機が着陸したというものもある。
これらは逆バミューダ現象だとされることが多い。




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:51:19.35 ID:nrIMFWL30
>>12
こういうのはワクワクするよな
でも最近なぜかその類の話は聞かない
って事は…
フィラデルフィア事件のような都市伝説教えて!
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4518223.html



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:52:09.86 ID:cSY5ULCP0
>>12
着陸したのか?
時空を飛ばされてきたのか…
少し似てるが、空から魚が降ってきたりカエルが降ってきたりってのもなかったっけ?
空飛ぶ島ってあんのかな

478px-478px-Pluie_de_chats
一定範囲に多数の物体が落下する現象のうち、雨・雪・黄砂・隕石のようなよく知られた原因によるものを除く「その場にあるはずのないものが降ってくる」現象を指す。 命名者はオーパーツ(OOPARTS)の命名でも知られる超常現象研究家、アイヴァン・T・サンダースン。

日本においても古くから知られた現象であり、江戸時代の百科事典、『和漢三才図会』には「怪雨(あやしのあめ)」として記述されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ファフロツキーズ



22:綺麗な心大魔神 ◆HyT/k/U6J6 :2011/06/19(日) 16:53:28.83 ID:Y3Vev+RA0
>>19
それはただ単に台風やらなんやらで上空に巻き上げられたのが落ちてきただけ



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:08:56.02 ID:Taj7eT3U0
>>12
これムーのフィクションでしょ?

そもそもサンチアゴ航空って存在しないし。
アメリカのタブロイド紙・ウィークリー・ワールド・ニュース、日本のオカルト雑誌ムー、2001年9月放送のTBS系列のバラエティ番組「USO!?ジャパン」といったメディアが、航空機が消息不明となった後、35年後に白骨死体を載せたまま突然現れたと主張する都市伝説、事実確認のないマスコミの情報伝達上の事件。
http://ja.wikipedia.org/wiki/サンチアゴ航空513便事件



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:48:59.15 ID:TJA4Vo120
モアイ
ピラミッド
海底遺跡



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:51:00.32 ID:BSUroKix0
バミューダトライアングルの怪異は
冷戦終結後ほとんど無くなった
フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域。昔から船や飛行機、もしくは、その乗務員のみが消えてしまうという伝説があることで有名である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/バミューダトライアングル



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:52:35.19 ID:TJA4Vo120
風船おじさん




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 16:55:58.12 ID:TJA4Vo120
マチュピチュの水路
マチュピチュ



30: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/06/19(日) 16:57:01.22 ID:XOWbrm9H0
水晶髑髏の真実を知ったときは残念だったな
Crystal_skull
現在、十数個が確認されており、そのほとんどがマヤ文明やアステカ文明、インカ帝国といった中南米の考古遺物とされている。当時の技術水準から考えてあまりにも精巧に造られているとも思えるためにオーパーツとして取り上げられるが、本当に出土品であるかどうかについて懐疑的な説がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/水晶髑髏



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:02:44.74 ID:j2dk+pW80
耳から白い糸がでてきて失明とかあれ医学的根拠あんのかよ
『耳に開けたピアスの穴から白い糸が出てきたので引っ張ったところ、糸は急にちぎれ、その人は目が見えなくなった。その糸は視神経だったのだ』というもの。ネット配信ドラマ「渋谷怪談 サッちゃんの都市伝説」で第7話「耳たぶの白い糸」として映像化されている。

「脳幹神経の一部を引っ張り出してしまった」、「失明した事を怨み、ピアスをしている人の耳を齧る『かじり女(カオルさん)』になった」、などの派生系も存在する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/耳から白い糸



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:03:16.45 ID:4xG/6N3m0
>>34
そもそも白い糸なんて出るのか



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:15:35.19 ID:sExx33d90
>>34
そんなものは存在しないと都市伝説解明の番組でやってた



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:05:49.47 ID:ef1wztvj0
杉沢村伝説

かつて青森県の山中に杉沢村という村があり
昭和の初期、突然発狂したひとりの村人が
村民全員を殺して自らも命を絶つ、という事件が起きた。
誰もいなくなった村は、隣村に編入され廃村となり
地図や県の公式文書から消去された。
しかし、その廃墟は、悪霊の棲み家となって現在も存在し
そこを訪れた者は二度と戻っては来られない、というもの。

この伝説は元々、青森県の一部でのみ知られていたが
その後インターネット上で話題になり
さらに2000年8月24日放送のフジテレビ系バラエティ番組
『奇跡体験!アンビリバボー』の特番で取り上げられたことで全国的に広まった。
同番組では数回にわたり「杉沢村」の特集を行ったが
最後まで村の正体が分からず
「杉沢村は時空の歪みの中に存在し、現われたり消えたりする村である」
と結論づけた。




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:07:45.34 ID:3Uo7DVUgO
未解決事件は怖いな
日本で一番不気味な未解決事件って何よ?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4565694.html



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:09:53.96 ID:b0VXYP3T0
2001年の秋
風邪ひいてて寒気がするので、
大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。
で、あたまがぐわんぐわんと痛くて、目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。
そこで記憶が途絶えて、気がついたら夕方で、あたりは見知らぬ景色。
買ったことない服着てて、髪染めたこともなかったのに茶髪になってた。
パニクって近くのラーメン屋に入って、ここどこと聞いた。大阪市の福島駅の近くで、
時間が一年近く経ってた。ケータイの種類が変わってた。
アドレス帳には、「ま」とか「ひ」とか、一文字の名前で電話番号が10程度あったけど、
知り合いや実家の電話番号がない。
俺はなぜだか知らないがその知らない電話番号が恐ろしくて、川に捨てた。
警察から実家に連絡した。向こうもパニクってた。俺に捜索願が出てた。
とにかく、帰って、今もまだ月一で精神病院に通ってる。
仕事は元の会社には帰れないみたいだったので、今は派遣やってる。



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:13:43.24 ID:cSY5ULCP0
>>47
これよく聞くけど面白いよな
その番号に電話したらどうなるかとか、考えたらワクワクする



51: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/06/19(日) 17:12:23.82 ID:XOWbrm9H0
ヘッジスの水晶髑髏
水晶を髑髏の形に加工してあるんだけど、発掘された遺跡の時代では
結晶の方向だかに逆らって加工する技術がなかった。どうやって加工したんだろうねって話



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:15:57.16 ID:TIC4Jd7j0
>>51
そもそも作られたのが19世紀の話
捏造だよ



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:19:33.13 ID:AUQxetS30
>>57のが真実?



73: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/06/19(日) 17:23:35.31 ID:XOWbrm9H0
>>63そう
ダイヤモンド研磨剤による切断跡とか金属ドリルによる加工痕が在るらしいし



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:29:39.76 ID:AUQxetS30
>>73
そうなのかサンクス
昔そういうオーパーツみたいなのを扱ってる本で見たんだよ
殆んどは水晶ドクロみたいに歴史的にあり得ない組み合わせっていう物が多かったんだけどそういうのも大体やらせなのか



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:32:01.32 ID:yqWdqHJs0
>>57
そうなの?
俺が聞いた話は「水晶髑髏の加工は長い年月をかけて革で磨いたらしい」だった



85: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/06/19(日) 17:37:26.62 ID:XOWbrm9H0
>>80
可能だけど100年とかでできるもんじゃないらしい
水晶磨く家系立てて何世代もかけないといけないってなんかで聞いた



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:20:43.91 ID:2lR1T6Lw0
月ノ宮駅ときさらぎ駅




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:22:12.87 ID:TIC4Jd7j0
>>65
謎だらけで面白いよね
まあ創作なんだろうけど



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:26:44.20 ID:WOmXMXk90
前コピペで見たんだけど、宗教団体か地下の穴?かなにかに入ったら友達とパラレルワールドみたいな所に飛ばされてそこでは物事が自分の認識してるものとは何か少し違う…みたいなよ知らない?
【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:31:05.06 ID:4FbhrqTd0
>>75
俺も見たよ、たぶん層化がモデルの話っぽいね。真偽は別にして結構面白かった



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:33:44.93 ID:WOmXMXk90
>>79
多分それだ
最近はこういう不思議な話聞かないなあ



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 17:56:29.11 ID:syv0DHMr0
藤沢市湘南高校のバス事故の話は割りとガチっぽくて怖い
【洒落怖】洒落にならない怖い話『全く意味がわかりません・通学バスの老紳士』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589038.html



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:04:15.98 ID:yqWdqHJs0
ところでさ、ドッペルゲンガーってどうなのよ

中学の時に遠藤さんって女の子のドッペルゲンガーを良く見るってのがあってさ。
実際俺も体育館でみかけて手を振ったら振りかえしてくれてさw
同時刻に音楽室の前で見た子や美術室で見た子もいたんだが、
本人は職員室で説教食らってたというエピソードが結構あるんだが
【見たら死ぬ】ドッペルゲンガー体験談
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4337410.html



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:09:07.56 ID:BnsRphyS0
ドッペルゲンガーの目撃例は子供の頃に多いんだよな
なぜか本人とは出会わない
俺も小学生の頃、その日は出かけてないのに「お前昨日~にいただろ」って言われた事何度かある



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:11:24.92 ID:mbHeFCV50
>>107
俺今でもよく言われる・・・



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:11:43.26 ID:xy1a68uX0
>>107
母ちゃんが「~の所よく歩いてますよね?」って言われて
後でものすごく似てる人だった
ってのがあった



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:13:58.33 ID:yqWdqHJs0
>>107
そういえば大人になってからは見てない

というか特定の人物だけ目撃談が多いのもちょっと変な気もする
見間違いかと思ったけどちゃんと確認したし手も振ってくれた
クラスが変わっても卒業までそういう事があったな



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:13:02.71 ID:DLeixzVi0
オレゴンの渦
ムービングストーン
アンティキティラの歯車
古代核戦争説
与那国島の海底遺跡
いまだ解明されてない謎おしえて
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4322678.html



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:14:05.96 ID:7bJZRgai0
オレゴンの渦はただのテーマパークだよ

オレゴンの渦
オレゴンの渦
まだアメリカが開拓される以前、先住民たちが決して近づかない場所があった。
迷い込んだ者は生きては出られない悪魔に呪われた地、彼らはそこを禁断の大地と呼んだ。

アメリカ北西部オレゴンに、オレゴンの渦と呼ばれる場所がある。
人間はおろか、昔から動物ですら近づこうとしない、オレゴン・ヴォルテックス。
ここには長 い時間をかけて地面に引きずり込まれたような傾いた家がある。
この家を中心に直径50mの範囲では、得体の知れない力の渦が回っているというのだ。
家の周 りの木は、全て中心に向かって生えている。

この傾いた家の中では、ホウキが手を離しても何かに支えられたかのように斜めに立ったままになる。
さらに驚いたことに、中心付近では、コンパスがぐるぐると回転し続けてしまう。
ところがここには更なる解明不可能なミステリーがあった。
  家の前にある長方形の石のプレートの両端に、背の高さの違う男の子と女の子に立ってもらう。
女の子が中心に近い方に立っていると、男の子は大分小さく見え る。
しかし、二人に場所を入れ替わってもらうと、先ほどに比べ、身長差が少なくなって見える。
男の子が中心に近い方に移って、背が高くなったのか?

その石のプレートは、どの場所を調べても水平だった。
オレゴンの渦を研究するニック・ネルソンさんは、原因は重力や磁気の影響など、様々に言われているという。
しかし、本当のことは誰にもわからない。
目には見えているのに何故起こるのかは解明されていないというのだ。



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:19:17.62 ID:xy1a68uX0
クリヴォイログだがなんだか忘れたが
変な文字⌘←こんなんで書かれててまだ解読されてない図鑑

77_6
77_7
77_8
ヴォイニッチ手稿
手稿には、記号システムが確認されている特殊な人工文字によって何かの詳細な説明らしい
文章が多数並んでおり、ページの上部や左右にはかなり詳細で緻密な、植物や花の彩色画が描かれている。
植物の絵が多いが、それ以外にも、銀河や星雲に見える絵や、精子のように見える絵、
複雑な給水配管のような絵、プールや浴槽に浸かった女性の絵などの不可解な挿し絵が多数描かれている。

暗号が解読できないので、豊富で意味ありげな挿し絵の分析から内容を推測する試みもなされたが、成功していない。描かれている植物の絵などは、実在する植物の精緻なスケッチのようにも見えるが、
詳細に調べても、描かれているような植物は実在せず、何のためにこのような詳細な架空
(と考えられる)植物の挿し絵が入っているのかも理解できない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ヴォイニッチ手稿



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:24:00.73 ID:WGOrpoku0
俗に言う火の玉
球電。

多数目撃証言もあり、何らかの物理的説明でカタが付くと思われているが誰も解明できていない。
鬼火、人魂、ウィルオウィスプなど、世界各国に事例があり、特に陰湿な気候の土地に多く見られる。

伝説上においては、こうした火は現世をさまよう死者の霊、悪魔や妖怪の仕業、妖精の悪戯などともいわれ、多くの場合は人間の恐怖の対象となる。怪火が現れた後に人間が死んだという、怪火が死を予告しているかのような話も各国にみられる。ドイツやスコットランドには、怪火の現れる場所には財宝が埋れているという俗信があり、金銀の精気、または財宝を副葬品として葬られた人間の霊だとも伝えられている。UFOと結び付けられて考えられることもある。

かつて原因不明とされた怪火の中にも、セントエルモの火や不知火のように、近年では放電による発光現象や大気光学現象として原因が解明されているものもあり、ほかの怪火についても、可燃性ガスの引火、球電、流星の落下、たいまつなどの単なる照明用の火や人工物の錯覚・誤認、人間の悪戯など多くの説が唱えられている。怪火とされる現象のほとんどは、こうした自然現象、誤認、錯覚にすぎないとの指摘もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/怪火



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:28:29.75 ID:yqWdqHJs0
>>120
ウチのじーさんとお袋が見たって言ってたわ
大きさはバレーボールくらいの大きさで
低く微かにブオーって音がしてて
ゆらゆらと揺れながら墓の背後に落ちてったらしい

でも先祖が帰ってきたってじーさんは喜んでたらしい
年寄りの感覚ってそんなもんかと(´・ω・`)



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:32:11.39 ID:WGOrpoku0
ハーメルンの笛吹き男

グリム童話にあるこの有名な話
ネズミの被害に悩む村にどこからともなく笛吹き男がやってきて、
笛の音色でネズミをあやつり村の外へ誘導することで村を救う。
しかし村民が男への報酬をしぶったことで男は怒り、
今度は村の子供たちを笛で操ってどこかにつれていってしまった-----

実はこれは1284年にドイツのハーメルンで実際にあった事件であり、
公式に当時の事件簿に記録されている
男が何者で目的は何だったのか、子供たちはどうなってしまったのか、現在に至るまでほとんど何もわかっていないが、有識人により様々な憶測が立てられている。
集団で狂う現象って何かある?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4136680.html



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:33:33.29 ID:BnsRphyS0
別に信じるわけじゃないが、俺らの爺さん婆さんの時代は狐に化かされるとかあったらしいな
毎日通る道で迷うとか何だとか

ハーメルンは連続殺人だか誘拐だかが元になったフィクションじゃなかったっけ?



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:35:06.09 ID:WGOrpoku0
>>125
いや、俺の知るところでは、東ヨーロッパへの植民を募った男(笛を吹いて先導した)とそれについてった若者たち

という見解が有力である実話



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:34:05.85 ID:DLeixzVi0
パイオニア・アノマリー
宇宙やばい
796px-72413main_ACD97-0036-3
太陽系外に脱出した惑星探査機の実際の軌道と理論から予測される軌道との間に食い違いが見出された問題を示す。 1980年ごろにこの問題が明らかになって以来、その原因をめぐって単なるガス漏れから新しい力学理論までさまざまな可能性が検討されてきたが、その後の過去のデータの詳細な解析によって、2011年には探査機が搭載する原子力電池による非等方的な熱放射による可能性が高いことが発表された
http://ja.wikipedia.org/wiki/パイオニア・アノマリー



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:37:18.13 ID:WGOrpoku0
>>126
パイオニアアノマリーはホットだね。
力学を根底から覆す可能性を秘めた現象



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:52:00.19 ID:/Gw5a1GZ0
もっと局地な都市伝説とか無いのかね
北海道ではこんな話が有名だよとか東京では
こんな事があったとか沖縄であんな事あったって友達が言ってたみたいなさ
なんか世界規模で話されてもいまいちピンとこないというか



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 19:05:58.48 ID:+wM8DHc20
>>133
かなり局地的だが三重の松坂の閑静な住宅街を通る
たいして道幅の広くない道路に路肩から1mぐらい
飛び出したところに小さな祠がある
撤去しようとすると祟られる系のよくある話だが
地元の新聞にものるぐらい有名で行政も手が出せない
オカ板の三重スレならだれでも知ってる



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 18:24:26.32 ID:Cn30p3Tv0
都市伝説って嘘だとわかりつつも楽しむ、
みたいなとこあるよね




転載元:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1308469229/
洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html