1: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:17:38 ID:3AW
いやこっちは理解してないんやが
https://livedoor.blogimg.jp/nwknews/imgs/0/0/008f30a6.png


2: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:18:09 ID:3AW
意味怖作者は答えも載せろ



3: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:18:16 ID:M4C
読者に理解させないまま勝手に完結させる恐怖



4: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:18:41 ID:3AW
ヒント少ないしどう導けばええねん



5: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:18:43 ID:R7b
わかるで解説ほしい時あるよな



6: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:19:29 ID:3AW
俺にはミュージシャンを目指している彼
女がいる

そんな彼女が最近髪色を明るいピンクに
染めたんだが、俺は似合っていたので特に
何も言わなかった

それから連続で赤→黒→青→赤→青の順
番で髪色が変わってった。

次は何色に染めるんだっと聞いたら、彼
女は嬉しそうに「黒に戻すんだ」っと答
えた。

そのときはなにもりかいしていなかったがすべ
てをりかいしたときおれはにげだした

は?



7: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:20:28 ID:Xjp
意味怖「おれは友人と噂の心霊スポットに…
(略)
結局なにも起こらなかったし、やっぱりあの噂はデマだったんだな。」

ワイ「平和に終わって良かった~??」



8: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:20:58 ID:3AW
>>7
意味怖ちゃうやん草



9: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:21:39 ID:3AW
まとめからやけど

ある日俺は友人のA、Bと3人で釣りにいった。

俺は免許を持っていなかったから、Aの運転で近くの湖へ向かった。

道中、雨が降りだしたので、俺が「今日はやめておくか?」と言ったが

Aは「なぁに、こんなのすぐにやむよ」と言い、そのまま湖に向かうことになった。

湖に着くと小雨になっていたので、俺たち3人は釣りを楽しんで解散した。

翌日、Aの親から「Aが亡くなった」という連絡がきた。俺たちが解散した後、電車に飛び込んだらしい。

俺はすぐさまBの元に向かい、「おい、聞いたか!?」と尋ねた。

Bは青ざめた顔で「あぁ、やっぱりあの時引き返すべきだったんだ…」と言った。

俺は全てを理解した。



11: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:23:07 ID:M4C
>>9
釣りに行ったことを後悔したんやなぁ



13: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:23:43 ID:0nb
>>9
平和に終わってよかった~??



10: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:22:09 ID:3AW
いやもう少しヒントくれや



12: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:23:09 ID:4ec
Bのマッマが釣りに連れてってくれなくて寂しさのあまり…ってことか



14: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:23:55 ID:3AW
釣りに行って死体を見て次の日自殺した
とかになると水平思考クイズやんけ



15: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:24:02 ID:M4C
こんなのすぐにやむよってのがすぐに病むよだった説



16: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:25:05 ID:3AW
楽しんでが楽に死んで説あって草生えた



17: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:25:47 ID:cD9
全国にはいろいろな心霊スポットと呼ばれる場所がありますね。
~で~をしたら呪われる、といった話も様々です。
トンネルの中で電気を消してクラクションを3回鳴らすと・・とか、コックリさんの途中で指を離すと・・とか。
今回私がお話しするのはそういった類の話で、否応なく「呪い」というものの存在を思い知らされた話です。

夏も終わりかけたある日、私たち2人は地元で噂の心霊スポットに出かけました。
そこは現在も人が住んでいる、一見してなんの変哲もない12階建てのマンションでした。
そこの屋上には、以前に飛び降り自殺した男の霊がいると言われていました。
そして、そのマンションの屋上から1階までジャンプしたら呪い殺される・・とも。

私も友達も霊の存在は信じていませんでした。
案の定、友達は言いました。

「呪いなんてねーよ。一緒にジャンプしようぜ。」

いつもなら二つ返事でオッケーするものの、その日は嫌な予感がしました。
今にして思えば、それがシックスセンスというものだったのかもしれません。
僕が返事に戸惑っていると、友達は

「チッ、ヘタレが!今から呪いなんてないってところ、見せてやるよ!」

そう言うやいなや、屋上から飛んで見せました。
僕は身を乗り出して上から見守っていましたが、友達が地面に着地した瞬間、
脳みそや内臓が飛び出て、ただの赤い塊になっていました。

私は、やはり呪いというものは存在するんだ、遊び半分で霊を呼び出してはいけないんだ、と、いつまでも子猫のように小刻みに震えていました。



19: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:26:26 ID:4ec
>>17
草生え散らかしたわ



28: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:30:03 ID:3AW
>>17
草生える



18: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:26:16 ID:M4C
意味もくそもないわけわからん文章投下して楽しんでる奴いそう



29: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:30:44 ID:3AW
>>18
まじでやめてほしいわ
ならせめてもっと怖くせえ



23: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:27:39 ID:3AW
今日もまた上司に怒られた。OL仲間の間でもかなり評判の悪いハゲだ。
「私のストーカーの犯人もあのハゲだったりして…」
そんなことを考えながら私は帰宅した。
家といっても二部屋しかないボロアパート。リビング+キッチンと寝室だけ。
窓もリビングにしかない。安いからいいけど。

玄関の鍵を開けて部屋に入るとびっくりした。リビングにあったタンスが荒らされていた。
そういや、朝食を食べに出たときに鍵をかけ忘れて、そのまま出勤したんだ…
くそ!窓は全部鍵がかかっているから玄関から入られたんだろ。
あー気持ち悪い。むかつく。死んでほしいと思う。もう今日は疲れた。警察には明日行こう。

私は玄関の鍵が閉まっているのを確認し、寝室に向かった。

はい完璧なやつ



26: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:29:27 ID:0nb
>>23
ええな



199: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)07:22:16 ID:o5O
>>23
これ6年間ぐらいずっと意味分かってないんやが



200: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)07:24:12 ID:ZwL
>>199
玄関の鍵開けて帰ってきたのに…って奴や
空き巣が律儀に閉めて帰るか?



201: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)07:25:56 ID:BAW
>>199
鍵かけ忘れてんのに鍵開けた、つまり鍵かかってた
鍵を持ってないやつは内側からかけるしかないのでまだストーカーは家の中



203: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)07:29:46 ID:o5O
>>201
ようやく理解したわ
知恵袋で100回ぐらい質問したンゴ



24: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:28:14 ID:3AW
やっぱこれよ



33: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:33:13 ID:75P
リゾートバイト怖い怖い言うから読んだのに長いだけやったわクソ
なにが最高傑作じゃボケ

音近づいてくるやつと望遠鏡ダッシュマンすこ





34: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:33:58 ID:4ec
>>33
あれはレジェンドやな
1レスでよく纏まってる



43: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:37:14 ID:5Mb
>>33
音が近付いてくるやつって「ん~~~~~~」って話か?ワイも好き



45: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:37:51 ID:75P
>>43
せや
容易に想像できるのが怖い



36: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:34:44 ID:3AW
ストーカー系はビデオカメラのやつが怖すぎたな
あれええわ天才



38: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:35:37 ID:MEz
なんとなく意味怖で思い出せる話
・風呂上がりに強盗が入ってた話
・落石の話
・井戸の死体の話
・エレベーターの話
・隠しカメラの話



40: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:36:38 ID:4ec
>>38
全部わかるわ
あと廃墟で最後だけ落書きじゃないやつ



44: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:37:20 ID:MEz
>>40
これわからん



56: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:41:05 ID:4ec
>>44
俺が小学生の頃の話。
俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、
壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、
壁も汚れてボロボロだったから、
地元の人間でもあまりこの場所に
近づくことはなかったらしい。

ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、
この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、
建物の2階まで上がって建物を探索した。

そしたら並んでいる扉のひとつに、
文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、
先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、
俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。

友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、
勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
「わたしの からだは このしたにいるよ」
と書いてあった。 下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが
きてるよ うしろ みないでね」

俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。
それからはもう、その場所には近づいていない。

これや



65: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:43:01 ID:MEz
>>56
最後は文字やなくて声が聞こえたってことか?



66: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:43:27 ID:4ec
>>65
せや
頭だけが飛んできて喋ってるの怖いなーって話



68: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:44:31 ID:MEz
>>66
なるほどな
ただこれもそれを理解して見直してみてもそこまで怖さ感じないんよな
やっぱり満面の笑みでこっちに走ってくるやつとか頭の中で簡単に想像できる奴が1番怖いな



46: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:37:54 ID:3AW
>>40
首のやつやろ



47: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:38:08 ID:MEz
あとあなたの息子さん?は世界中にいますっていうやつもあったな



51: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:39:37 ID:75P
松本人志の出てた芸能人のやつも結構怖いのあったなあ
指カウントダウンと屋上から一斉に手を振るやつほんとこわい



52: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:39:57 ID:3AW
友達Aから聞いた話。

Aは高層マンションに住んでいた。
彼は14階に住んでいるから、エレベーターは必須だった。
そんなAが夜中に帰宅したときのこと。
エレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯したそう。
「あぁ、誰か乗ってくるのか・・」
そう思った直後、ハッとしたAは慌てて2階3階4階5階とボタンを連打した。
エレベーターは2階は通過してしまったものの、かろうじて3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開けるほどの勢いで外へ飛び出した。
そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、朝までコンビニで立ち読みしていたそう。
Aは、それ以来夜間にエレベーターを使うのは今でも控えているみたい。

コンビニって24時間必要やわ



54: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:40:41 ID:MEz
>>52
ワイもこの状況になってめちゃくちゃに焦って外出たあとにコンビニ見つけたらホッとして涙出ると思う



55: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:40:58 ID:tfg
>>52
説明あく?



59: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:41:24 ID:75P
>>55
内側から押さんとボタンは光らん?



62: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:41:54 ID:3AW
>>55
なんで8階のボタンがつくんやってことやで



58: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:41:22 ID:Q4J
アハ体験に近いものを感じる



70: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:45:31 ID:3AW
>>58
洒落怖とは違うから結局は怖さ微妙でもええねん感はある



71: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:45:34 ID:sSR
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていた。

5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていた。

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていた。

15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていた。

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えていなかった。
次の日も、次の日も死体はそのままだった。


これの「井戸の水は強酸性で死体を溶かしていたが母は純金で出来ていたので溶けなかった」説めちゃくちゃ好き



74: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:46:28 ID:cD9
>>71
母親が食ってたんか?



79: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:48:24 ID:6Rm
>>74
そっちの発想のが怖いわ



77: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:48:14 ID:3AW
>>71
からくりサーカスかな



76: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:47:23 ID:3AW
洒落怖スレに巡り逢いたいわ
一人で見るの怖過ぎる



78: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:48:22 ID:eHa
洒落怖はスレ民のマジレスが増えまくって廃れたわね
今復活したらいけるんかな



81: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:48:46 ID:sSR
先日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。

最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。

ちょっと薄気味悪くなって、「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」って尋ねたら、

「バカヤロー!」って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。

その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。

両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。

もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか?

いま思い出しても背筋が凍る思いだ。



90: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:50:04 ID:Q4J
>>81
そらバカヤローいうわ



91: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:50:07 ID:eHa
>>81
1行目に全ての答えが書いてあるのスゴE



92: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:50:33 ID:3AW
>>81
そらそうよ



93: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:50:44 ID:75P
>>81
これネタかと思ったら自殺で漏らして祖父の幽霊が…って考察もセットのやつよな
筋通っちゃうからゾッとした



95: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:51:03 ID:Q4J
>>93
ヒェッ…



97: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:51:27 ID:8gA
>>93
ゲラゲラからのヒエッ…
すげえわ



86: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:49:18 ID:3Ko
俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。

それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど

田舎に住む人ならわかると思うけど、そういう道って

夏の雨が降った時とか、アマガエルが大量に出てくるんだよね

アスファルトの所々でピョコピョコ跳ねてて

踏まないように避けて走るのなんて不可能に近いわけ。

で、ある雨の夜。

案の定カエルだらけの道を姉は家へ向かってたんだけど

前方にノロノロ走る軽自動車があったんだって

運転者は姉ぐらいの若い女の人らしいんだけど

10キロぐらいのスピードで、フラフラ走ってて

追い越したくても追い越せないんだって。

「ここ通るの初めてなのかな?カエル避けて走るなんて無理なのに」

と思いつつしばらく後を走ったんだけど、右へ左へフラフラ

時々ブレーキ踏んだりして、全然先に進まない。

姉も我慢の限界で、クラクションを鳴らしたそうな

前の車の女は後続車が来てるのに気づいてなかったらしく

驚いたようにビクッとして、猛スピードで走って行ったんだって

「なんだ真っ直ぐ走れるんじゃん」と言った姉貴はその直後顔が真っ青になった

これすき



89: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:49:51 ID:MEz
>>86
わざとカエル踏みまくってたやつか



94: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:50:49 ID:3Ko
なんの意味もないのを意味ありげに書いたらオカルト民が勝手に解釈してくれんのかな



96: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:51:15 ID:3AW
>>94
それが原因のこのスレやぞ



107: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:56:50 ID:3Ko
誕生日に、ホームパーティを開いた。
その時、家の中で皆の写真を撮っていたら、
変なものが映った。
背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、
こちらを睨みつけてる。
「これやばくないか?」と思い、
霊能力者に写真を鑑定してもらった。

「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」
それを聞いた僕らは安心した。



109: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:58:08 ID:4ec
まどろっこしいのやとバラバラのカレンダーを順に合わせると元素表になってローマ字で殺されるから逃げろ的なメッセージ送る奴1番嫌い
そんな凝った暗号作ってないではよ逃げろや



110: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)03:58:37 ID:cD9
>>109
あれ普通の人間には伝わらないよな



116: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:00:26 ID:3AW
洒落怖に比べるとね
猛スピードはまだですかね



118: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:02:56 ID:3AW
俺は夜中になると家の屋上に出て
そこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察する趣味があった。

いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。

遠くに見えるおおきな給水タンクとか
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか
ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。

俺の家の西側には長い坂道があって
それがまっすぐ俺の家の方に向って下ってくる。

だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から
視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら
「あ、大きな蛾が飛んでるな?」なんて思っていたら
坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。

「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら
全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が満面の笑みを浮かべながら
こっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。

奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし
俺と目も合いっぱなし。

ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど
なんか凄くヤバイことになりそうな気がして
急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。

ドアを閉めて鍵をかけて
「うおーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」って怯えていたら
ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。
明らかに俺を探してる。

「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」
って心の中でつぶやきながら、声を潜めて物音を立てないように、
リビングの真中で麺棒を握って構えてた。

しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下ってくる音。

もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら
ドアをダンダンダンダンダンダン!!って叩いて
チャイムをピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!と鳴らしてくる。

「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」って感じで
奴のうめき声も聴こえる。

心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。

さらにガクガク震えながら息を潜めていると
数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで
元の静かな状態に……。

それでも当然、緊張が解けるわけがなく
日が昇るまで麺棒を構えて硬直していた。

あいつはいったい何者だったんだ。

もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。



125: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:05:52 ID:6Rm
>>118
このスレで望遠鏡とか書いてあったからワイも望遠鏡と勘違いしてたが、双眼鏡なんな



119: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:03:06 ID:3AW
ほいよ



120: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:03:36 ID:eHa
ぐうレジェ



122: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:03:59 ID:8oU
あれは今からちょうど一年前の春頃の話や。
外出先で急に便意を催したワイはタクシーを拾ったんや。
数分ほどで目的地に着いたんやが、間の悪いことにワイは万札しか持ってなかったんや。
「すいません、細かいのなくて……」
恐る恐る万札を差し出すワイ。
すると運転手は鬼の形相になってタクシーを急発進させたんや!
「殺してやる、殺してやる」
狂ったように何度もそう言う運転手。
この運転手はこの世の者やない!
窓の外を見るといつの間にか景色も全く見覚えのないものになっている!
ワイは地獄に連れていかれようとしているんや!

狂ったように笑いだした運転手に対してワイは言った。
「ワイの顔に見覚えないんか?」
「え?」
途端に真っ青になる運転手。

「ワイはお前のとこの会社の重役や。来年の査定を楽しみにしとくんやな!」

言い終わるやいなや車内にいた女子高生が大喝采の拍手で握手。運転手消滅。
外国人と老紳士もワイを讃えてくれた。
「YOU ROSE」
そう言ってワイは夕日に向かって立ち去るのだった……。



126: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:06:41 ID:MEz
意味怖考えてみたわ



ワイは高校で野球部に所属してる。ポジションはキャッチャーや!
今日はマッマが晩ご飯は唐揚げって言ってたから楽しみやなぁ
部活も終わって家に帰るとパッパが夕食前のビールを飲んでいたから「盗塁阻止の練習がしたい」と庭に呼んでランナー役になってもらった
おかげで上手く刺せたからよかったンゴ!
それが終わって家の中からワイを呼ぶ声が聞こえた。晩ご飯ができたみたいや!
それから妹と三人で唐揚げを食べたンゴ
めっちゃうまかったで!



128: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:07:30 ID:4ec
>>126
なんか足んねえよなぁ?(人数)



129: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:07:36 ID:eHa
>>126
刺殺した理由がわからん、唐揚げにしたかったんか



130: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:08:23 ID:MEz
>>129
なんで殺したのかとかまでも自然に入れるとか考えたらやっぱこういう話作れる人ってすげえわ



127: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:07:21 ID:75P
事故って死んだはずの彼氏から電話がかかってきて、あなたは死んだのよと説得中に友人が家のチャイムを鳴らす
ドア開けようとしたときに電話中の彼氏が「何言ってんだ?死んだのは友人の方だぞ?」っていうやつ怖かった
映像化もされてた気がする



135: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:09:55 ID:3AW
>>127
バナナマンのコント思い出したわ



137: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:11:02 ID:cD9
>>127
死人からの電話に冷静に答えるなよ?



138: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:11:13 ID:3AW
>>137




145: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:13:53 ID:eHa
>>137
めったに乗らない電車で女子高生の一群と遭遇
A「めっちゃ怖い話し聞いた」
その他「何?」
A「一人暮らしのうちのおばあちゃんに電話がかかてってきて
  出てみたら『お母さん?俺やけど・・・・』って言って
  おばあちゃんが『ヨシカズか?』って聞いたら『うん』って・・・
  でも、ヨシカズおじさんって去年、交通事故で死んでるねん」
その他「えぇ~!!怖いーーー!!!それで?」
A「『・・・俺、事故起こして・・・・』って言うから、おばあちゃん泣いてしもて
  『もう、事故の事は気にせんでいいから、成仏して・・・・』言ったんやて」
その他「うっわー、怖い~」「せつないーーー」「ほんまにあるんやなぁー、そんな話」



148: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:16:10 ID:3AW
>>145
泣ける



149: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:18:32 ID:3AW
本格的な洒落怖スレ立たへんかな



150: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:22:16 ID:MEz
もう一つ作ってみた



ワイが小学生の時にジッジがいった
「…」
ワイが中学生の時にパッパがいった
「…」
ワイが高校生の時にマッマがいった
「…」
ワイが大学生の時にアッニがいった
「そうか…全部お前やったんやな」

みんながそういったあと、ワイは警察に出頭した



151: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:24:22 ID:wkW
>>150
わからん



153: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:25:56 ID:MEz
>>151
いった→逝った
ワイが家族全員殺してアッニは死ぬ間際それら全てがワイの犯行ということに気づいた



159: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:29:50 ID:3AW
>>150
おもろいで



154: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:26:29 ID:75P
学生時代の昼休み、屋上からたっぷり中身が入った水筒落としたことある。水筒は丈夫かつ大きく、7階建の校舎だった
下から破裂音と女の悲鳴が聞こえて血の気が全身から引いた
正面には友達もおったんやけど、黙々と飯食ってた。気づいてないフリをしてた
ワイは怖くて下が見れなかった

水筒に名前が書いてあるからどうかを考えた。名前がなければ、バレないかもしれない。でも、覚えてなかった。

心ここに在らずのまま授業を受けて、放課後に担任に名乗り出た
水筒を落としました。それだけ言うと職員室の全員の顔がこっちに向いた
誰かを狙ったたかじゃないんだね?と言われ、首がもげそうな勢いで縦に振ったナルトの螺旋側をくらった貯水タンクみたいになった水筒と一緒に、誰にも当たらなかったことを告げられた

すまん落ちはないんや 実話や



158: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:29:14 ID:L4g
>>154
人に当たらなくて良かったな



160: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:32:21 ID:75P
>>158
ほんとに



164: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:35:06 ID:hRU
亡くなったジッジの部屋でDSのトモダチコレクションやってて、そこで写真撮ったらワイの顔の後ろに黒い人影が写ったことならあるわ
ああこれはジッジの霊なんやな…ワイを見守ってくれとるんやな…ってずっと思ってた

でもよく目を凝らして黒い人影を見つめてみるとまだ存命のバッバの顔にも見えるんよな



165: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:35:59 ID:3AW
>>164
ババアの生き霊か



167: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:43:22 ID:eHa
ある人から、持っていると災難を避けられるという「厄除けの傘」なる物をもらった。
信心深くない私は正直その効能について半信半疑だったが、
傘なんて雨が降らなければ使わない物だったので、普段は気にもかけなかった。

傘をもらって3ヶ月ほど経ったある日。
その日は札幌への出張のため朝早くから空港へ行く予定だったのだが、
折り悪く台風が近付いており、私は状況を見定めるためニュースを眺めていた。
が、台風は思ったより勢力も弱く、この分なら飛行機は予定通り飛びそうだ。
私は急いで出かける仕度を整え、車に乗るため玄関へと向かった



168: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:43:43 ID:eHa
当然のように“あの傘”に手をかけた瞬間、私はふとある事を思い出した。
使い始めて3ヶ月、私はこの傘の“災難を避けられる”という話に疑問を持っていた。
なぜなら、思えばこの傘を使った日はロクな目に遭っていなかったからだ。
最初は事故。私の車は難を逃れたが、後続の車が電柱に激突し、運転手が死亡。
次は通り魔。私も運悪く怪我を負ったが、被害者の1人は亡くなったらしい。
そして自殺の目撃。ビルの屋上から飛び降りた男が、私の目前1mに落ちてきた。
・・・どうもこの傘は気味が悪い。“死”という言葉に祟られているようにすら思える。

ひょっとしてこれは厄除けどころか呪いの傘なのではないだろうか?
そう考えると、ふと恐ろしい発想にぶち当たる。この傘を私にくれた人物の事だ。
彼は会社の同僚。私とは言わばライバルの関係である。
若干風変わりな男で、こんな傘を送るだけあって占いなどに興味があるらしい。
が、そんな男だけに、逆に考えれば呪術関係にも明るいのではないだろうか?
まさか、私を蹴落とすため、呪いをかけた傘を贈ってきたのか?

私はゾクッと身震いをした。なんという遠回しな、執念深い呪いだろう。
雨の日に傘をさす度、私は知らず知らず死の呪いに晒されていたのだから。
考えてみれば、今から飛行機に乗る。こんな時にこの傘を持っていったら・・・。
私は青ざめた顔のまま、見送りに出た妻に言い聞かせた。
「この傘は捨てといてくれ。確実に捨ててくれよ。絶対この傘を使っちゃダメだ」
ポカンとした顔で見送る妻を後に、私は空港へと車を走り出した。



169: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:45:03 ID:ySl
>>168
この傘が守ってくれてたパターンか



174: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)04:58:09 ID:eHa
やるよ
そう言って親父が俺に渡したのは、古いカメラ
「これにはな、人の死に顔が写るんだよ」
「は?全然面白くねーよ」
親父は黙ったままだった

数ヵ月後、親父は死んだ
急性の心臓発作だった

それから数ヶ月経ち、カメラの話を怖いもの好きの彼女に話してみた
「そのカメラのはなし、本当なの?」
「撮ってみるか?」
「そうしよっか」
おい待て、冗談で言ったんだぞ
だが、後には引けない…

カシャ

「なんだよ、コレ」
俺の顔はいつもと変わらなかったが、彼女の顔が血塗れだった
「なんかイタズラしたんでしょ!?」
もちろんしていない
それに、写真を撮ろうと言ったのはそっちじゃないか
取り乱したまま、彼女は帰ってしまった
…俺が逆の立場だったら、そう思うと責める気にはなれない

数日後、彼女が交通事故で死んだ
聞いた話だが、顔は血塗れだったそうだ
「苦しかっただろうな」
写真を見せて以来、ずっと怯えていたらしい
あの写真を撮らなければもっと楽しく数日生きられたんじゃないか、と考えてしまう
俺は彼女の分も強く生きようと思った



175: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:00:49 ID:5cp
>>174
わからん
なんなんこれ



176: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:02:42 ID:eHa
>>175
死に顔が写るのに老化もせずいつもみたいな顔で写っとる
強くは生きれんやろうな



179: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:04:35 ID:WQN
でも結局は死因とか想像できんのよな
すくなくとも彼女みたいな事故ではないんだろうけど



180: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:07:16 ID:5cp
>>179
たしかに
普段の顔で死ぬって老衰以外考えられんよな
寿命がめちゃくちゃ短かったんやろか



181: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:09:25 ID:3AW
なかなか怖いわね



183: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:15:32 ID:eHa
ある男が2人、車で海岸沿いの道を走っていた。
初夏の肌寒い日だったので海に入っている人こそ少なかったものの、それでも家族連れやアベックなど老若男女で浜辺はそれなりの賑わいを見せていた。
どうといったことのない平凡な風景。しかし運転席の男はその光景にかすかな違和感を覚えてもいた。
やがて海岸が見えなくなった頃、助手席の男が口を開いた。
「気付いたか?」
先ほどまでの陽気な口調とは異なり、その面もちはいくぶんこわばっている。
「海岸にいた連中、みんな海の方を見ていなかった。立っている者も座っている者も、全員海に背を向けていたんだ」



184: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:19:34 ID:3AW
>>183
どゆこと?



187: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:24:19 ID:3AW
解答貼るのがルールやろぉ
たのむよぉ



188: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:25:32 ID:eHa
すまん寝ぼけてた
全員海来てんのに海見ずに車の男たち見てたんや



190: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:28:42 ID:3AW
>>188
さんがつ
不気味やな
なんで観てたんやろ



191: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:33:20 ID:5cp
>>190
2人は暴走族で爆音でふかしながら走ってたんや



192: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:33:32 ID:3AW
>>191
そらみるわ



193: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:35:43 ID:eHa
詫びにもう一個貼るわ

昨日夜遅くに会社に呼ばれた(クレームで)
で、バスも電車もないので家までタクシー呼んだんだけど
そのときの運ちゃんとの会話

運「昨日近所のレストランで刃物持った男が暴れて逃げたらしくて、僕らも注意するように言われたんですわ。もし乗せちゃっても気づかない振りして降ろしてから通報ってね。」

俺「こわいっすね~。大阪でも物騒な事件がありましたしね~。」

運「こわいね~。でもまあ幽霊さん乗せるよりはマシですよ。
あいつら無銭乗車するし事故を誘うし大変ですよ。」

俺「大変です・・・って、乗せたことあるんですか!」

運「しょっちゅうですよ。今日もちょうどお客さんと入れ違いで降りていきましたよ。
気づきませんでした?」



194: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:44:32 ID:eHa
答えはまあ俺くんの家に幽霊おろしてるんやな



196: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)05:44:51 ID:3AW
>>194
怖い



207: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)07:50:23 ID:WQZ
俺の地元は山奥で、赤い果実が有名だ。
秋になると、村の南にある講堂に皆が集い、音楽を奏でる宴を開く。
そこでは、人だけでなくいろんな噂も集まってくる。これはその中の一つの話。

とある村人が山道を登っていたら、大きな石にぶち当たった。
昨日までなかったはずの、その石の佇まいに、村人は悲鳴を上げ山をにしわけた。
下りてから、出会った男に事情を説明した。男は一言「そのなみ、しやり」とだけ言い、山に入っていった。
次の日、村人が同じ山道を行くと、大きな石は無くなっていたが、そこには掌の形に束ねられた木の枝が落ちていたという。

宴でこの話を聞いた人々は、皆にやりと笑い、海沿いの一つの家を指差し、意地悪く囁きあう。
その家は、かつて漁師が住んでいたが、現在は空き家だ。
恐らく数ヶ月後には取り壊されるが、そうすればこの噂も風化してしまうだろう。



208: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)07:53:12 ID:BAW
怪文書かな…なんだこれ



209: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)07:53:37 ID:M6f
マジでわかんねえ



210: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)07:55:06 ID:0sx
話がつながってないように感じる



211: 名無しさん@おーぷん 20/10/20(火)07:55:54 ID:BAW
AIに書かせたのかどっかの小説の一節なのか…


転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1603131458/
洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html