1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:24:47.50 ID:ecLCW4f60
新撰組の斎藤一って大正まで生きてたのに確実な写真が一つも残されてないって謎すぎる
日本の武士(新選組隊士)、警察官。階級は警部。勲等は勲七等青色桐葉章。

幕末期に新選組で副長助勤、三番隊組長、撃剣師範を務める。一時期御陵衛士に入隊。戊辰戦争では旧幕府軍に従い新政府軍と戦う。明治維新後警視庁の警察官となり、西南戦争では警視隊に所属して西郷隆盛軍と戦う。退職後東京高等師範学校の守衛、東京女子高等師範学校の庶務掛兼会計掛を務める。出自、経歴は不明な点も多い。

長男勉をもとに描かれた肖像画
斉藤

写真
Goro_Fujita_aka_Hajime_Saito


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:25:20.94 ID:7pN8P2au0
しかも最強剣士
厨二すぎんだろ



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:26:09.22 ID:u5klZefiP
天海

tensaki
三浦氏の一族である蘆名氏の出自で、陸奥国に生まれたとされる。その根拠は、『東叡山開山慈眼大師縁起』に「陸奥国会津郡高田の郷にて給ひ。蘆名修理太夫平盛高の一族」と記されていることである。しかし同時にそこには「俗氏の事人のとひしかど、氏姓も行年わすれていさし知ず」とあり、天海は自らの出自を弟子たちに語らなかったとある。また、「将軍義澄の末の御子といへる人も侍り」と足利将軍落胤説も同時に載せられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/天海



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:27:54.24 ID:ecLCW4f60
>>3
明智光秀だろうな



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:26:47.42 ID:OsC+L42M0
斎藤道三
285px-Saitō_Dōsan
「美濃の蝮」の異名を持ち、下克上によって戦国大名に成り上がったとされる斎藤道三の人物像は、江戸寛永年間成立と見られる史書『美濃国諸旧記』などにより形成され、坂口安吾・海音寺潮五郎・司馬遼太郎らの歴史小説で有名になっていた。しかし、1960年代に始まった『岐阜県史』編纂の過程で大きく人物像は転換した。編纂において「春日倬一郎氏所蔵文書」(後に「春日力氏所蔵文書」)の中から永禄3年(1560年)7月付けの「六角承禎書写」が発見された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/斎藤道三



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:27:18.07 ID:6P8KSqZI0
サンジェルマン伯爵

サンジェルマン
サンジェルマン伯爵
18世紀のヨーロッパに中心に活動したと伝えられる人物である。実在の人物としてはこの時代に
アヴァンチェリエと呼ばれて活躍した国際的山師で、都市伝説の人物としては数々のフィクションの逸話で有名。
http://ja.wikipedia.org/wiki/サンジェルマン伯爵
オーパーツとかの話しようぜ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4348453.html



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:32:48.49 ID:7pN8P2au0
>>5
こいつが一位だろうな



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:27:48.81 ID:KTgJf77E0
聖徳太子

409px-Prince_Shotoku
聖徳太子
ある時、厩戸皇子が人々の請願を聞く機会があった。
我先にと口を開いた請願者の数は10人にも上ったが、
皇子は全ての人が発した言葉を漏らさず理解し、的確な答えを返したという。
この故事に因み、これ以降皇子は豊聡耳(とよとみみ、とよさとみみ)とも呼ばれるようになった。
しかし実際には、10人が太子に順番に相談し、そして10人全ての話を聞いた後
それぞれに的確な助言を残した、つまり記憶力が優れていた、という説が有力である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/聖徳太子



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:28:17.89 ID:d7xdpw1P0
徐福
180px-Jofuku_park03bs1600
司馬遷の『史記』の巻百十八「淮南衝山列伝」によると、秦の始皇帝に、「東方の三神山に長生不老(不老不死)の霊薬がある」と具申し、始皇帝の命を受け、3,000人の童男童女(若い男女)と百工(多くの技術者)を従え、五穀の種を持って、東方に船出し、「平原広沢(広い平野と湿地)」を得て、王となり戻らなかったとの記述がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/徐福



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:29:53.84 ID:FTU6NcGDI
浮世絵師にいたな
名前忘れたけど



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:32:36.19 ID:ecLCW4f60
>>9
写楽な
仕事量が人間業とは思えないレベル

Toshusai_Sharaku-_Otani_Oniji,_1794
東洲斎写楽
寛政6年(1794年)から翌年にかけて、およそ10ヶ月の期間内に約145点余の錦絵作品を出版した後、
浮世絵の分野から姿を消した。本名、生没年、出生地などは長きにわたり不明であり、
その正体については様々な研究がなされてきたが、現在では阿波の能役者斎藤十郎兵衛
(さいとう じゅうろべえ、1763年? - 1820年?)だとする説が有力となっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/東洲斎写楽



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:33:43.96 ID:7pN8P2au0
>>16
複数人の有名画家が写楽の名前で出してたとか聞いたんだが



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:37:09.57 ID:ecLCW4f60
>>19
浮世絵師集団のペンネームだって説もある
でも作風が似すぎてるんだよな



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:36:34.31 ID:kRVRnHsE0
>>9
写楽?

幕末なら川崎尚之介とか西郷隆盛
他に思い付くのは、伊能忠敬とか間宮林蔵とか林羅山とか山本勘助とか弓削道鏡とか天智天皇とか



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:30:22.78 ID:U7CKhhpW0
斎藤一てさるみたいなかおの写真無かったっけ
斉藤



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:41:47.65 ID:ecLCW4f60
>>11
あれは本当に本人のものかわからないんだとさ



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:31:07.36 ID:uuxIofmF0
海の民

海の民
海の民
東地中海沿岸を放浪し、古代エジプトの第19王朝後期
また特に第20王朝のラムセス3世5年にエジプト領内への侵犯を試みた諸集団に使われる総称的呼称である。
「海の民」という語はエジプトの記録では用いられていなかったが、後世一般化した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/海の民

人類史上最大のミステリーって何?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4203471.html



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:32:20.07 ID:ToubDTF90
武内宿禰だっけ
歴史に飛び飛びで現れるタイムトラベラー
Takeuchi_and_the_infant_emperor
『古事記』『日本書紀』で大和朝廷初期(景行・成務・仲哀・応神・仁徳天皇の5代の天皇の時期)に棟梁之臣・大臣として仕え、国政を補佐したとされる伝説的人物。建内宿禰とも表記される。紀・巨勢・平群・葛城・蘇我氏などの中央諸豪族の祖とされるが詳細は不明。神号は高良玉垂命とも。
http://ja.wikipedia.org/wiki/武内宿禰



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:37:09.57 ID:ecLCW4f60
>>14
あれは複数の人物の功績をまとめたとかどうとか



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:33:23.70 ID:3w4E+hb40
卑弥呼は
『魏志倭人伝』等の中国の史書に記されている倭国の王(女王)。邪馬台国に都をおいていたとされる。封号は親魏倭王。後継には宗女の壹與が女王に即位したとされる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/卑弥呼



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:33:59.48 ID:nGrBXA7mO
新撰組なら山崎丞のほうが謎多い
http://ja.wikipedia.org/wiki/山崎烝



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:43:48.79 ID:LSNTVV3w0
上杉謙信



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:53:40.24 ID:ecLCW4f60
>>29
そんな謎あるか?(´・ω・`)



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:54:42.89 ID:7pN8P2au0
>>31
女説
男色説
後継問題
実は無敵じゃなかった説

ありすぎんだろ

382_1
越後国の戦国大名上杉謙信が実は女性であったとする説である。
上杉謙信にまつわる逸話、伝説、俗説は数多く存在し、女性説もその俗説のひとつである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/上杉謙信女性説



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:54:27.99 ID:hu+jqOf+0
ニコラテスラ

83_1
http://ja.wikipedia.org/wiki/ニコラ・テスラ

フィラデルフィア事件のような都市伝説教えて!
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4518223.html



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:57:03.82 ID:27mNnEofO
前田慶次郎も史料と呼べる記録は断片的なもんばかりで、実像はよく分かってないそうだね。
本名も生没年もはっきりしてない。
前田慶次って本当にあんな強かったの?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4243617.html



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 00:59:58.79 ID:ecLCW4f60
>>36
ほとんど後世の創作だろうな(´・ω・`)



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:00:34.34 ID:7pN8P2au0
>>37
そう考えるとすげえガックリくるよな
義経とか



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:06:04.35 ID:ecLCW4f60
>>39
義経は『義経記』とかの影響が大きいね。弁慶との対決とかも創作らしい

坂本龍馬も、子供の頃におねしょしまくったりいじめられてたとかは創作らしい



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:00:18.83 ID:sFQgq0900
神武天皇



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:03:30.58 ID:4yaFze8JO
和宮
替え玉説もあるね、京と江戸で和歌の作風が違うとか
あと遺骨の左手首から先が見当たらず肖像画・銅像にも左手が描かれていない

和
和2
和 宮が埋葬された増上寺の徳川家墓所は、現在の東京プリンスホテルの場所にあったが、1950年代に同地が国土計画興業に売却されたため、和宮をはじめ、歴 代将軍及びその正側室の墓所と遺骸も発掘・改葬された。その際の調査結果をまとめた『増上寺徳川将軍家墓とその遺品・遺体』によると、和宮の血液型はA型 かAB型で、身長は143.4cm、体重34kg(いずれも推定)であり、骨格の形状から極端な反っ歯と内股が特徴の小柄な女性であったと推定されてい る。また不思議なことに、左手の手首から先の骨がいくら探しても見つからなかった。増上寺にある和宮の銅像や日本女子会館にある和宮の銅像も左手は不自然 に隠れており、また肖像画には左手が描かれていないことから、彼女が生前何らかの理由で左手首から先を欠損していたのではないかとの推測もある。

古墳はともかく、陵墓や陵墓参考地の大半が宮内庁の方針により事実上の学術調査不可となっている現在、和宮は墓所が発掘調査された数少ない皇族である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/和宮親子内親王
「えっ?」ってなる日本史・世界史の雑学教えてくれ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4513998.html



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:03:32.95 ID:rF+uTPljO
戦国時代なんかでも一級資料揃ってなくて謎多い人多いよね
小説とか漫画、ゲームとかで知名度高い武将でも以外とふわっとしてる気がする



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:05:59.66 ID:Rq1V2WRX0
謎が多いっていうか
最終定理とかいう、学問上の大いなる謎を残して
逝きやがったフェルマーはかなりズルいと思う

フェルマーの最終定理
3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない
自然数 (x, y, z) の組み合わせがない、という定理のことである。フェルマーの大定理とも呼ばれる。


フェルマーが驚くべき証明を得たと書き残したと伝えられ、長らく証明も反例もなされなかったことから
フェルマー予想とも称されたが、360年後にアンドリュー・ワイルズによって完全に証明され、
フェルマー・ワイルズの定理と呼ばれるに至る。

http://ja.wikipedia.org/wiki/フェルマーの最終定理
数学SUGEEEEEEEEってなる話聞かせて
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4249561.html



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:08:43.21 ID:FaPbtPkP0
真田十なんとか
存在しなかったとか聞くけど
誰が作ったんだよ

真田
http://ja.wikipedia.org/wiki/真田十勇士
【シンドバッド】架空の人物の世界史【ガリバー】
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4467540.html

 


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:09:28.79 ID:7pN8P2au0
>>49
江戸時代の人間だったっけ?明治?



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:13:34.62 ID:ecLCW4f60
>>51
大正時代の立川文庫じゃね?



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:13:57.31 ID:FaPbtPkP0
>>59
ほー
サンクス



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:10:12.47 ID:OFsRlf6x0
果心居士くらいしか思いつかない

果心居士カシンコジ
38: 本当にあった怖い名無し:2012/02/18(土) 09:19:04.30 ID:rEHskAmL0
筑後の生まれとある。大和の興福寺に僧籍を置きながら、
外法による幻術に長じたために興福寺を
破門されたという。
その後、織田信長の家臣になりたいという思惑があったらしく、信長の前で幻術を披露して

信長から賞賛されたが、仕官は許されなかったと言われている。

猿沢の池の水面に笹の葉を放り投げると、たちまち笹の葉が魚になって泳ぎ出した。
上記の術を信用しない男の歯を楊枝でひとなですると、歯が抜け落ちんばかりにぶら下がった。

松永久秀とはとくに親交があり、久秀が「幾度も戦場の修羅場をくぐってきた自分に恐ろしい思いをさせることができるか」と
挑んだところ、数年前に死んだ久秀の妻の幻影を出現させ、震え上がらせた。

豊臣秀吉に召されとき、果心居士は秀吉がだれにも
言ったことのない過去の行いを暴いたために不興を買い、捕らえられて磔に処された。

しかし、このとき果心居士は鼠に姿を変えて脱出し、それを鳶がくわえてどこかに飛び去ったともいう。

古老茶話によると、次のような記述が見られる。

「慶長17(1612)年7月、因心居士というもの、駿府公の御前に出る。
神君むかし御覧あるもの也。いくつになるぞとおたずねこれあるところ、八十八のよし申し上げる」
生没年不明だが現存していた記録だけが残る。幻術師
不思議やオカルト話を披露するスレ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4230242.html



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:10:28.66 ID:4yaFze8JO
天海は明智光秀とその子の二世で一人だった説もあるね



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:11:51.13 ID:BrcorZeA0
黒人の侍 弥助のその後
http://ja.wikipedia.org/wiki/弥助



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:12:13.46 ID:7pN8P2au0
>>55
気になる



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:13:18.00 ID:ie9NJEFm0
カスパル=ハウザー

Kaspar_hauser
カスパー・ハウザー
ドイツの今もって素性の不明な孤児。
16歳頃に保護されるまで長期に渡り牢獄に閉じ込められていたため、
その性質上しばしば野生児に分類される。
発見後に教育を施されて言葉を話せるようになり自己の生い立ちを語り出すようになったが、
その全貌が明らかになる前に殺され、判明している事実は断片的で、謎が多い。
特異なまでの鋭敏な五感を持っていた事で有名。
文献も多く、暗殺現場となったアンスバッハでは現在祭礼が二年毎に行われている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/カスパー・ハウザー



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:18:38.88 ID:Rq1V2WRX0
>>58
一番わからんのは、何故アイツがそんなに有名になったかという事だ
ンな正体不明くんを気にするほどゆとりのあった時代でもなかろうに



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:16:09.30 ID:kRVRnHsE0
マリーアントワネット



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:25:24.69 ID:ecLCW4f60
>>63
そんなに悪い人物じゃなかったらしいね。世間に疎いだけで



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:50:47.23 ID:kRVRnHsE0
>>69
替え玉説あり



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:28:40.58 ID:p8GcbeiUO
鉄仮面

鉄仮面
仮面の男(かめんのおとこ)は、フランスで実際に1703年までバスティーユ牢獄に収監されていた「ベールで顔を覆った囚人」。その正体については諸説諸々。


囚人は1669年に、ルイ14世の大臣からピネローロ監獄の
監獄長サン・マールに預けられ、監獄長自ら世話をしたという。
以降、サン・マールの転任と共にその囚人も移送され、サントマルグリット島を経て、
1698年にバスティーユに移送された。当時のバスティーユの看守は、
「囚人は常にマスクで顔を覆われ、副監獄長直々に丁重に扱われていた」と記録している。


なお、鉄製の仮面を常に着用していると言うイメージになってしまったが、実際には布製のマスクだったといわれ、
それも人と面会する時にだけ着用させられていた。
もし人前でマスクを取ろうとすれば、その場で殺害せよとの指示が出されていた。
そのため、牢獄で世話をしていた者も囚人の顔を知らなかった。


囚人は1703年11月19日に死亡。彼の所有物などは全て破棄されたという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/鉄仮面



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 01:29:39.33 ID:7pN8P2au0
>>70
ロンドン塔に幽閉されてた奴?



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 02:00:10.12 ID:+PR4gmTx0
蝉丸



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 02:04:36.55 ID:ecLCW4f60
>>77
万葉集の歌人も謎多い
柿本人麻呂とか



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/27(火) 02:35:14.25 ID:PzLiast/0
アナスタシア皇女
アナスタシア
ロシア帝国ロマノフ朝の皇族。ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世とアレクサンドラ皇后の第四皇女。ロシア大公女。1917年の二月革命で成立した臨時政府によって家族とともに監禁され、翌1918年に十月革命で権力を掌握したウラジーミル・レーニンの命により、わずか17歳の若さで銃殺された。

アンナ・アンダーソンらが、自分がアナスタシアであると主張したことにより、アナスタシアが生存しているとの噂が広まり、そこから「アナスタシア伝説」が生まれた。またこれをもとにハリウッドで2度の映画化がなされている。この伝説を下敷きにした物語も多く、日本でも夢野久作が『死後の恋』を著している。

1984年にアンダーソンは亡くなり火葬されたが、1994年に本人のものとされる切除された小腸の標本が発見された。同年に行われたDNA鑑定では血縁がないと結論されているが、一部の論者は、その標本の出所や保存された理由、証拠が提出された状況に不審な点があるとして、それが本人のものではない可能性を訴えている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アナスタシア・ニコラエヴナ



転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377530687/
洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html