1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:36:38.38 ID:btIjEx4z0
聞きたい
脳


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:37:42.79 ID:btIjEx4z0
脳は5%ぐらいしか力を出してないんだっけ?
本気で100%使えば一体どうなるんだろうな



13:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:39:45.98 ID:pY8w+xfY0
>>5
それまじかw w w
どんだけ脳みそエコ仕様だよw w w w w w w w w w w w



15:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:40:07.50 ID:TSAXwwFLO
>>5
人間は本来30%の力しか出せない
だが北斗神拳は残りの70%を引き出すことに極意がある
これが天龍呼吸方



16:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:40:09.98 ID:VFQ3Im4t0
>>5
神経細胞が一割くらいで他の部分も
脳機能の維持やらなんやらに使われているらしいぞ



21:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:41:10.42 ID:btIjEx4z0
>>16
それは脳機能の維持だけだろ?
考えたり記憶したりする力はめちゃくちゃ少ないんじゃないの?



43:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:47:21.03 ID:AP37YjiV0
>>5
なんかホントは90%くらい使ってるって説もあるらしいぞ



52:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:49:54.28 ID:9QJXOvPx0
>>5に関してだけど
脳をあまり使わないのは記憶に関してだけだったような気がする
人の脳は覚えては忘れてを繰り返すのが短所だったり長所だったり



61:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:51:22.86 ID:btIjEx4z0
>>52
ってことは未来の人間の脳に驚異的な記憶力が備わってると期待できるのか!?



113:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:03:59.93 ID:MXElfa9G0
>>61
亀だが、普通に絶対記憶能力もってる人いる



119:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:04:41.83 ID:q+WuhMtP0
>>113
それって確か自閉症の人だよな?



144:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:08:39.74 ID:MXElfa9G0
>>119
自閉症というか、障害
記憶は感情とかも記憶してるから失恋とか親をなくしたときの
悲しみがずっと続いてて人と会いたくないって人がいる
忘れるってことも人にとって大事なことなんだよな



154:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:10:26.96 ID:q+WuhMtP0
>>144
なるほど、絶対記憶ってあんまりよくないんだな



145:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:09:20.19 ID:jXQWPaHA0
>>119
サヴァン症候群(サヴァンしょうこうぐん、savant syndrome)とは、
知的障害や自閉性障害のある者 のうち、ごく特定の分野に限って、
常人には及びも つかない能力を発揮する者の症状を指す。



8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:38:30.03 ID:omaCowwMO
脳細胞は死なない



9:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:38:56.43 ID:btIjEx4z0
>>8
どゆこと?



29:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:44:00.94 ID:omaCowwMO
>>9
ニューロンそのものは老いても劣化しないってこと
劣化してるのは信号を送る機構



18:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:40:26.99 ID:+yVP+CKeO
能の構造は宇宙に似ている



32:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:44:19.17 ID:AXQYrA2o0
>>18
これな
脳
http://www.brain-book.com/report/cell-brain.html



39:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:46:25.46 ID:btIjEx4z0
>>32
sungeeeeeee



20:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:40:53.13 ID:se9p0nRr0
ロボトミー
ロボトミー
1935年、ジョン・フルトン(John Fulton)とカーライル・ヤコブセン(Carlyle Jacobsen)が
チンパンジーにおいて前頭葉切断を行ったところ、性格が穏やかになったと報告したのを受け、
同年、ポルトガルの神経科医エガス・モニスがリスボンのサンタマルタ病院で外科医の
ペドロ・アルメイダ・リマ(Pedro Almeida Lima)と組んで、初めてヒトにおいて
前頭葉切裁術(前頭葉を脳のその他の部分から切り離す手術)を行った。

その後、1936年9月14日ワシントンDCのジョージ・ワシントン大学でも、
ウォルター・フリーマン (Walter Jackson Freeman II) 博士の手によって、
米国で初めてのロボトミー手術が激越性うつ病患者(63歳の女性)におこなわれた。

当時に於いて治療が不可能と思われた精神的疾病が外科的手術である程度は抑制できるという
結果は注目に値するものであって世界各地で追試され、成功例も含まれたものの、
特にうつ病の患者の6%は手術から生還することはなかった。
また生還したとしても、しばしばてんかん発作、人格変化、無気力、抑制の欠如、
衝動性などの重大かつ不可逆的な副作用が起こっていた。


しかし、フリーマンとジェームズ・ワッツ (James W. Watts) により術式が「発展」されたこともあり、
難治性の精神疾患患者に対して熱心に施術された。
1949年にはモニスにノーベル生理学・医学賞が与えられた。
しかし、その後、抗精神病薬の発明と飛躍的な発展がされたことと、
ロボトミーの副作用の大きさと相まって規模は縮小し、
脳神経学では禁忌とまでにされて追い込まれる事になる。
また、モニス自身もロボトミー手術を行った患者に銃撃され重傷を負い、
諸々の施術が(当時としては)人体実験に近かった事も含め、槍玉に挙げられ廃れる事になる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/精神外科
http://ja.wikipedia.org/wiki/ロボトミー殺人事件



89:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:59:11.70 ID:Czxz6S5/0
>>20
コレは本当にワクワクする



28:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:43:39.17 ID:Syp5vPot0
頭を叩かれると脳細胞が1000個以上死ぬ




というのはガセ



30:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:44:06.56 ID:btIjEx4z0
>>28
脳細胞って何個ぐらいあるんだ?



88:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:58:24.56 ID:xmV+/yng0
>>30
神経とグリア合わせて1500億ぐらい



92:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:59:39.42 ID:btIjEx4z0
>>88
sungeeeeeeeeeee



33:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:44:21.00 ID:YmteT0q50
「人間は脳の1割ほどしか有効に使っていない」という俗説があるが、
これはグリア細胞の機能がよくわかっていなかった時代に、
働いている細胞は神経細胞だけという思い込みから広まったものと言われる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/脳



41:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:46:58.80 ID:btIjEx4z0
>>33
じゃあガセってこと?



46:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:48:15.87 ID:V+kw1MScO
>>41
わりと有名なガセ



48:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:49:19.34 ID:btIjEx4z0
>>46
そうなのか…
脳の未知なる能力に期待してたんだけどな



40:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:46:50.84 ID:A2nwitCq0
脳には痛覚が無い
…って本当なんかな



53:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:49:58.09 ID:OwhghJR20
>>40
それは本当

ボクサーの赤井?が自分の脳さわって
吐いたとか言ってたな

脳を触ると吐き気を催すらしい



957:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 04:19:57.71 ID:a80z7Dh10
>>53
それ聞いたことある
赤井じゃないけど自分の脳触ったらゲロるんだって



57:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:50:24.44 ID:9r0xUmsf0
>>40
痛覚神経が通ってないので
痛みは感じません



59:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:50:41.56 ID:pQA+dH3F0
人間は猿よりも進化しているように見えて
実際に使っている脳の部位はほとんど猿と同じ古い部分



65:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:52:15.09 ID:btIjEx4z0
>>59
そもそも猿と人間の差って何なの?脳の大きさ?



78:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:55:36.79 ID:pzHwBtQM0
>>65
大脳新皮質が発達したのが人間



83:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:56:43.96 ID:pQA+dH3F0
>>78
大脳新皮質って思ったより使ってないんだよね
だから人間は意外と直感で不合理に行動しちゃうっていう



103:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:01:35.90 ID:jXQWPaHA0
>>83
しかしその不合理さ故に生き残れた部分はある
高所恐怖症とかがそれ



75:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:54:47.87 ID:9QJXOvPx0
脳細胞と宇宙の話だけど
今の宇宙はまだ赤ちゃんの脳みたいなものなんだと思う
これから先何億年とかゆう単位じゃなくもっと先には
地球が他の星と親交を交わしたりして情報交換するようになると思う
それが脳の発達と同じでこれによって全宇宙に情報伝達をするんだなと
今宇宙が大きくなっていっているのも成長しているから


全部俺の妄想



81:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:56:16.18 ID:btIjEx4z0
>>75
学校の先生に聞いた話では、人類が他の星とコンタクトとれるようになるまでには
とっくに地球なんか滅んでるらしい



84:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:57:19.30 ID:9QJXOvPx0
>>81
それが脳細胞の消滅なんじゃないのか?



87:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:57:59.06 ID:btIjEx4z0
>>84
ごめん意味ワカンナイ



94:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:00:08.15 ID:iHkI6JT80
>>87
いろんな星それぞれが脳細胞のひとつかなっていう



127:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:05:58.03 ID:MXElfa9G0
>>94
宇宙って脳の構造とにてるらしいな
宇宙は巨人の脳とか聞いたことがある



137:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:07:38.70 ID:iHkI6JT80
>>127
巨人の脳に俺らがいてその中に小人がいてその中に…



148:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:09:45.71 ID:q+WuhMtP0
>>137
俺の脳細胞一個一個の中に地球があるってこと?



156:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:11:10.86 ID:iHkI6JT80
>>148
お前の何個もの脳細胞のうちのひとつが地球的な考え



160:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:11:48.27 ID:yFu+ZTwb0
>>75
ちょっと面白かったw



93:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 23:59:54.31 ID:pzHwBtQM0
視覚の座標は後頭部付近
だからそこらへんに影響出るようなぶつけ方すると目の前がチカチカする



100:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:00:53.41 ID:btIjEx4z0
>>93
あー 確かに転んで頭ぶつけると目の前が真っ白になる



95:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:00:14.96 ID:MAwulikr0
細胞の自殺ってなんていうんだっけ?



101:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:00:59.56 ID:EBfy+YMK0
>>95
アポトーシス



104:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:01:52.25 ID:q+WuhMtP0
アポトーシス詳しく
Apoptosis_scheme
アポトーシス
多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために
積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた
細胞死(狭義にはその中の、カスパーゼに依存する型)のこと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/アポトーシス



114:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:04:01.57 ID:EBfy+YMK0
>>104
お前がガンにならないのはアポトーシスのおかげ



122:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:05:02.25 ID:q+WuhMtP0
>>114
アポトーシス感謝 もっと詳しく



135:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:07:22.35 ID:EBfy+YMK0
>>122
お前の指が5個に分かれてるのもアポトーシスのおかげ



142:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:08:22.06 ID:q+WuhMtP0
>>135
アポトーシス感謝感謝 もっと詳しく



153:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:10:23.02 ID:EBfy+YMK0
>>142
これ以上は分からん
ただ細胞がプログラムされたとおりに死んでいくってだけ



158:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:11:40.09 ID:q+WuhMtP0
>>153
細胞の一つ一つが死ぬ時期をプログラムされてるってこと?



176:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:14:33.56 ID:EBfy+YMK0
>>158
そうなんじゃね
俺も受験生だからちょっと勉強しただけで詳しくは知らない



106:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:02:35.77 ID:q+WuhMtP0
高所恐怖症って潜在意識が生み出した
自分の身を守るシステムってことか!sungeee
高所



111:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:03:39.36 ID:jXQWPaHA0
>>106
そんな感じ
赤さんをガラス板に乗っけるとハイハイしなくなるという知見がある



115:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:04:18.08 ID:q+WuhMtP0
>>111
なんで?



134:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:07:00.71 ID:jXQWPaHA0
>>115
下が見える=高いところ=落ちて死ぬ可能性=危険
ちなみにそこで母親の顔色を窺って、笑顔だと進み続ける
これは赤さんが早期から社会性を持つことを示した有名な実験なんだ



140:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:07:58.93 ID:q+WuhMtP0
>>134
赤さんsungeeeeeee



107:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:02:58.25 ID:iHkI6JT80
体中の痛覚がなくなったらいいなって思うけど
それはそれですごい怖いよな



109:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:03:28.13 ID:q+WuhMtP0
>>107
ていうか痛みって何のためにあるの?
寝られなくなる



118:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:04:34.30 ID:jXQWPaHA0
>>109
痛みによって傷や病気に気付くため
足とれてて気付かなかったら失血死すんだろ



124:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:05:43.46 ID:q+WuhMtP0
>>118
じゃあ痛すぎたら失神するのはなんで?



129:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:06:09.28 ID:57NEwH/r0
>>124
エラー出まくると落ちるだろ



108:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:03:00.07 ID:P9TT7/8E0
脳の手術をするとき、意識を保ったまま開頭して
脳の一部に電極を当てることによってわざと言語障害を起こさせて
言語野を特定して、そこを避けて手術するらしい



112:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:03:51.16 ID:q+WuhMtP0
>>108
怖いな



116:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:04:20.31 ID:iHkI6JT80
>>108
それで元に戻んなくなったりしたと思ったら…



372:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:49:39.86 ID:4QJpWxQQ0
>>108
昔TVでやってたな
電極当てながら手術して、患者が喋らなくなった部分が言語能力部分だってやつ



168:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:13:36.74 ID:JqaNNlVE0
脳は二つに切ると二人の人間になる



180:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:15:20.71 ID:iHkI6JT80
>>168
嘘乙



204:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:20:37.28 ID:JqaNNlVE0
>>180
いや、マジだ
癲癇の治療で脳梁を切った人に、
右脳と左脳の情報伝達を出来なくして
片方の脳だけにわかるように文字を見せて
もう片方の脳だけにわかるように
今見せた文字は何か尋ねると答えることが出来ない



219:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:23:59.56 ID:jXQWPaHA0
>>204
分離脳患者は左視野に見たものを右手で紙に書いて答えられないってやつな



169:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:13:37.36 ID:nmUtc/EE0
サヴァン症候群は人間のある機能を犠牲にする代わりにものすごい能力を生む
視力の代わりに絶対記憶を備えるとか
まさに悪魔の取引




187:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:16:35.46 ID:MAwulikr0
>>169
ほとんど意味ねえなそれ
視力がなくなって聴力がすごくなったってのは聞いたことある



193:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:18:30.47 ID:iHkI6JT80
>>187
ベートーベンだかだれだか忘れたけど目が見えない作曲家とか
耳が聞こえない作曲家とかいたよな

そんなもんなのかな



198:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:19:08.28 ID:MXElfa9G0
>>193
あれはもう経験やセンスのすごさだろ



197:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:19:03.80 ID:nmUtc/EE0
>>187
前テレビで見た日本人には
確か目が見えないのに一度聴いた音をピアノで一発で弾く人
数分間の曲を一回聴いただけで完璧に
しかも目が見えてない



196:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:19:02.39 ID:q+WuhMtP0
ベートーベンって耳が聞こえないのにどうやって作曲したんだろうな



202:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:20:03.72 ID:57NEwH/r0
>>196
骨伝導で音を聞いた
具体的にははで



211:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:21:31.20 ID:KIxfFd9g0
>>202
タクトをくわえてピアノに触れたんだよね



214:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:22:13.82 ID:57NEwH/r0
>>211
らしいけど聞きかじりだからよく知らないんだよな



216:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:23:29.49 ID:KIxfFd9g0
>>214
ピアノとタクトと耳栓使って
実際にやってみるといいかもね



221:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:24:48.34 ID:57NEwH/r0
>>216
骨伝導なら音叉を頭とか顔に当てれば体験出来る
なんか面白いからオススメ



225:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:25:29.97 ID:iHkI6JT80
視力のない人が手術で視力を取り戻しても
手で物体に触れるまでそれがなんだか判断できない
とかいう映画があったような



232:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 00:26:51.61 ID:c2BAE8vF0
>>225
未解決の哲学の問題だな
開眼問題なんだけど、カタカナの名前忘れちゃった
医師であるロックの論争が有名



258:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:31:34.70 ID:8JJTfxnr0
>>232
哲学じゃなくて、脳が視覚情報を処理出来ないんじゃなかったっけ
生まれながらの全盲の人に限ってか
視覚情報の処理は1才位までで覚えないと、
それ以降は二度と普通の視覚は手に入れられないと聞いた



269:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 00:34:02.61 ID:c2BAE8vF0
>>258
ロックの論争は経験論に関わる話で、今でも哲学の一部として扱われているよ
もちろん科学的な分析もされているんだろうけど

たしかオリジナルは、盲人が触覚で
立方体と球を判別できる場合、その盲人が開眼したらそれら
二つの立体の区別をつけることができるのかどうか、だったと思う



239:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:29:00.95 ID:nmUtc/EE0
哲学は面白い
この世から生物が消えても、夕焼けは赤いのか?
とか



241:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:29:28.42 ID:q+WuhMtP0
>>239
赤いんじゃないの?生物の有無に関係してるの?



255:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:31:17.13 ID:57NEwH/r0
>>241
赤と認識する者が居ない状態で、赤は赤たり得るのか?
みたいなことかと思った



274:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:34:43.30 ID:q+WuhMtP0
>>259
なるほど!
ていうか俺は、俺が赤色だと思って見てるものは、
吉田は黄色(俺にとっての黄色だけど、吉田は「赤色」と呼んでいる)に
見えるってことを考えたりするwww



518:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:20:12.85 ID:37nOESBr0
>>274
それよく考えるわ



541:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:26:32.41 ID:JocOZ0sb0
>>518
そういうのを逆転クオリアと言う。
これは脳にまつわる話ではなく、心の哲学領域の話だけどな。
なぜなら、お前の意識の中でお前が何を感じているか(色が何色に見えているか)は、
なにをどうやっても客観的に示せないからだ。
(例え脳波などを測っても、それと意識は直接結びつかないし)
800px-Inverted_qualia_of_colour_strawberry
逆転クオリア
心の哲学で議論される思考実験の一つ。
同じ物理的刺激に対し、異なる質的経験(クオリア)が体験されている可能性を考える思考実験である。
逆転スペクトル(英:Inverted spectrum)とも呼ばれる。
色覚の赤と緑が入れ替わっている例が代表的例として論じられるが、
他の感覚様相(聴覚や痛覚)の場合でも論じられる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/逆転クオリア



246:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:30:04.17 ID:P1wjro050
お前が見てる「赤」と俺が見てる「赤」は同じ色か?
とかね



265:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:33:29.37 ID:JqaNNlVE0
>>246
クオリアってやつか
これ考えてるといつも自分が良く分からなくなる



286:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:36:42.71 ID:8JJTfxnr0
>>265
脳の数字を数える部分と、色んなを認識する
部分が繋がっちゃってるひとの話を聴いた事がある
例えば9と言う数字が赤く見えるとか
そう言う人たちは俺等とは違う世界に住んでるんだよな



290:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 00:37:18.11 ID:c2BAE8vF0
>>286
共感覚だ
Synethsesia
共感覚
ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の
感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。
例えば、共感覚を持つ人には文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする。
英語名 synesthesia は、ギリシア語で共同を意味する
接頭辞 syn- と感覚を意味する aesthesis から名づけられた。感性間知覚。

http://ja.wikipedia.org/wiki/共感覚



294:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:38:12.65 ID:MXElfa9G0
>>286
普通の人でも勝手に文字にイメージの色つけない?



310:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:39:57.80 ID:8JJTfxnr0
>>294
そうじゃなくて視覚的に赤く見えるらしい
黒板一杯に6と書いて、その中にひとつだけ9を混じらせておくと、
一面真っ青のなかに赤色があるように見えるらしい



319:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:41:17.15 ID:MXElfa9G0
>>310
数字が図形に見えるって自閉症の人いたな
めっちゃ計算がすごい



333:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:43:30.48 ID:KIxfFd9g0
>>319
3と7がそれぞれパズルのピースで
合わせて10にすると形が整ったピースになるとか
そんな感じ?



337:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:44:18.88 ID:MXElfa9G0
>>333
そう、色も使ってたかは忘れた



369:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:49:26.14 ID:KIxfFd9g0
>>337
色も使うのか
足して答えが9とかだったら
完成まであとちょっとなのに!って感じるのかな



387:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:51:34.57 ID:YdfcK5870
>>369
8+7で7の中の2が8に入って15になるのは気持ちいい



421:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:57:28.48 ID:xlkTioA/O
>>387
すげー分かるわ



281:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:35:50.89 ID:MXElfa9G0
脳は勘違いを起こしやすい、いろいろな興味深い
人体実験あるからググってみるといいかも
囚人に目隠ししてお前は後何分で死ぬとか言ってると、
傷をつけさえしてないのに本当に死ぬとか
ブアメードの血
ブアメードの血
人は悲しみで死ねるという実験
1920年にある国で行われた実験でした。
死刑囚にできるだけ苦痛を与えないという条件で行われた人体実験だった。

医師は目隠しをして横たわった死刑囚の手首と足首にメスをあてがった。
床には血を受け止める桶が置かれており、
死刑囚は自分の手足から血がしたたり落ちるぽたぽたという音を聞いた。
やがて死刑囚は眠るように静かに息を引き取った。

医師は死亡を確認した。
しかし、驚いたことに死刑囚の手足に傷痕はなかった。
実は、医師はメスをあてただけで切ってはいなかったのだ。

そして傷口にあたる場所には、ゆっくりと水滴が落とされた。
桶の中に落ちていたのは、血ではなくただの水だったのだ。
しかし死刑囚はそれを血だと思い込み、多量の血が流れていると思いこんで死亡したのだ。

この恐ろしい実験の目的は、人間が強いストレスにより死に至るかを確かめることだった。
一滴の血も流すことなく死刑は執行された。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210816882



285:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:36:33.68 ID:q+WuhMtP0
>>281
これ世にも奇妙なryでもあったよな
本当にそうなんのかな?



305:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:39:03.99 ID:+Y962qW40
アレはどうなんだ

鏡に写った自分に向かって「お前誰だ」って言いまくってると精神崩壊するって噂は



478:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:08:03.25 ID:qKpVEO/D0
>>305
これどうなの?



482:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:08:32.10 ID:q+WuhMtP0
>>478
ナチスの実験だったか?確かガセではない



486:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:09:10.82 ID:GqcpVFB60
>>478
ゲシュタルト崩壊がどうとか

ゲシュタルト崩壊
467 ゲシュタルト崩壊1/4 sage 2006/05/16(火) 16:29:54 ID:k4IXe2x40
ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい

鏡に映った自分を見ながら 『 お前は誰だ 』 と言ってみてください
いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノでは無いんです
鏡に映った自分の眼を見ながら 『 お前は誰だ 』 と言ってみてください

何か不安感というか、奇妙な感覚に囚われるかと思います



大戦中 ナチスがユダヤ人に行なった実験に

人格をコントロールするという名目で
一日数回 被験者を鏡の前に立たせて、鏡の向こうの自分に話し掛けさせ
(例えば『お前は誰だ』とか言わせ)精神の変化を観察記録していったそうな。
実験開始後
10日間経過したころには異変がみられ始めた。
判断力が鈍り
物事が正確に把握できなくなり、
そして3ヶ月経った頃にはすっかり自我崩壊し
「自分が誰だか分からなく」なって 狂ってしまった。


..というのを以前軍板で見たんですが


当事、好奇心旺盛だった友人(以下 )と僕は

「ウソくせー 試しにやってみようぜ」という事になった


468 ゲシュタルト崩壊2/4 sage 2006/05/16(火) 16:32:01 ID:k4IXe2x40
その日、自宅の姿見の自分に向かって「お前は~  とやってみた
夜中、閉めきった部屋だったので不気味極まりないのですが
テンション上がってたので怖くは無かったです
しかしすぐに 気分が悪くなり 吐き気を催し
(僕の顔がキモかったからでは無いです)
やっぱヤバいなと思って私はやめた。

次の日

友人Aに 怖くてちょっとしか出来なかった旨を言うと
「うわ、ダッセー あんなもん怖くもなんもねぇよ」と子馬鹿にされました。
そして二人の間でこの話題はここで終わったのです。

しばらく経って鏡の話など忘れてしまった頃、

Aがしばしば学校を休むようになった。
登校している時に 何かあったのかと聞いてみたが
「ん.. 何でもない」と、どこか上の空のような感じでした

それから数日後

夜中 急にAから電話がかかってきた。そして受話するや否やいきなりAが

『俺って オレだよな? 俺って、相田XXX(Aの本名) だよな?』 と変な事を聞いてきた

『な?な?』って 今にも泣きそうな声で聞いてきた

僕が「何おかしな事言ってんだよ、お前は相田XXXだろ」と答えてやると

『そっか...そう だよな。』と
Aは少し落ち着いた様子でこう続けた
『実はさ、あの後も 何度か鏡に向かってやってたんだ。
 いや、別にナルシストなわけじゃないんだけども鏡の自分に話し掛けてると
 不思議と気分が良かったんだ』
『何かどんどん自分が自分じゃ無くなっていく感覚が気持ちいいんだ』


469 ゲシュタルト崩壊3/4 sage 2006/05/16(火) 16:34:12 ID:k4IXe2x40

おいおいヤバいだろそれは...

私はすぐに止めるようにAに言ったのですが、
『いいんだ、 いや、大丈夫だから、これでいいんだ だいじょうぶ、
 いや コレで良いんだ』と
壊れたオーディオみたいに繰り返し、私が「おい!」と言った瞬間電話を切ってしまった。

心配になってもう一度電話をかけてみたがなかなか出ない。

12回コールしたところでやっと出たAは一言こう言った。

  『 お前.. 誰だ? 』


すぐに断線し それから二度と電話は繋がらなかった。

そしてAは全く学校に姿を見せなくなった

後日

全く連絡のつかないのを不安に思ったAの親がAの下宿先に行ったんだが
Aの奴 すっかり頭が狂ってて、親の顔も認識できなくなってて
唖然とする両親を尻目に
ヘラヘラ笑いながら洗面所の鏡に向かって
ずっと話し掛けてたそうな

勿論、鏡に映った自分とである。


その後Aは実家に連れ戻され地方の病院に入院したので

詳しいことは分かりませんが
人づてに聞いた話によると 今では精神状態も大分良くなったそうな
ただ、Aの病室には自分が映る鏡や鏡面の金属製の物は一切置いてないのだと


470 ゲシュタルト崩壊4/4 sage 2006/05/16(火) 16:35:21 ID:k4IXe2x40

私もまさか、短時間であんなにおかしくなるのとは思わなかったんですが

件の鏡の実験には続きがあって

ある被験者を普通の鏡だけでなく合わせ鏡で行なったところ、
通常の倍の速度で精神に変調が見られたそうだ。

そう、Aの洗面所の鏡は三面鏡だったんです


家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい

鏡に映った自分の眼を見ながら 『 お前は誰だ 』 と言ってみてください
何か不安感というか、奇妙な感覚に囚われるかと思います。
暗示にかかりやすい人は お手軽かつ、簡単に狂うことができるので
絶対に継続してやらないで下さいね。

最近顔を洗って鏡を見たら知らない女が映ってて驚いたが、

よく見たら自分の顔だったって事が良くあるんです。

 私って私ですよね?

http://ja.wikipedia.org/wiki/ゲシュタルト崩壊



641:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:48:11.01 ID:7DIu44ip0
>>305
亀だけどそれ怖いね
でも毎日毎日鏡に向かって「お前誰だ」って言ってたら
最初は「ばかじゃねーのw」って思いながら
やっていたとしても絶対その内発狂するわ確かに

あと認知症といえば祖母がそれなんだけど、
昔から服用続けている便秘の薬と睡眠薬と薬と化粧品のことだけは忘れない
その日の出来事や3分前に食べた食事のこととかはすぐ忘れちゃうのに
あれ一体何なんだろうね
認知症にならない高齢者の方が多いのに、何でなる人いるんだろう



654:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 01:54:00.13 ID:EW4dfART0
>>641
新しい事を覚えるのは記銘という。
覚えておくのは保持という。
脳の動きが違うらしい。
新しい記憶と古い記憶も、保存してある場所が違うらしい。
記憶は難しいのです。



320:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:41:37.84 ID:nmUtc/EE0
犬には赤が見えないらしい
鳩は人間より多くの色が見えるらしい



326:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:42:41.74 ID:57NEwH/r0
>>320
虫の見る紫外線の世界はどうなってるんだろうな?
花の蜜も分かるらしいぞ
ハナカマキリはその蜜にすら擬態してるらしいけど



327:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:42:46.00 ID:q+WuhMtP0
誰か、生物の種類によって色の見え方が違うことを俺にも分かるよう説明してくれ



356:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:47:06.46 ID:nmUtc/EE0
>>327
人間の視界
紫外線||紫藍青緑黄橙赤||赤外線
↑ ↑ ↑
見えない 見える 見えない


紫外線紫藍青||緑黄||橙赤赤外線


||~紫外線紫藍青緑黄橙赤赤外線~||



363:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:48:26.02 ID:KBAnPAlf0
>>356
鳩SUGEEEEEEE
鳥
動物たちには世界がこんな風に見えている
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51350804.html



336:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 00:44:03.78 ID:EW4dfART0
脳の真ん中の棒だけ生きてれば人は死なない

左空間無視といって、左半分が認識できない病態がある

乳児の頭蓋骨は開いていて、脳をフニフニできる



343:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:45:05.01 ID:q+WuhMtP0
>>336
脳の真ん中の棒って何?抽象的な表現じゃなくて?



358:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 00:47:20.06 ID:EW4dfART0
>>343
脳幹っていう棒みたいなのがある。これが生命維持を司ってて、他は必要ない。



370:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:49:34.37 ID:DjtrxThw0
>>358
寝てる時も脳幹だけは起きてるんだってな

俺らと違って働きもんだ



375:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:50:02.56 ID:q+WuhMtP0
>>358
へぇ~
初めて知ったわ



362:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:48:25.53 ID:jXQWPaHA0
>>336
半側空間無視で画像検索 
お花の絵が有名
虫
http://ja.wikipedia.org/wiki/半側空間無視



384:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:51:23.48 ID:NO9k2NAZ0
>>336
そういえば人間の頭蓋骨は完全に脳みそを
覆っているわけでわなくて、切れ目が入ってるらしいな
だから脳が成長によって大きくなっても圧迫されることはない
大人になるに連れて切れ目は小さくなっていくんだっけ?



395:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:52:37.14 ID:57NEwH/r0
>>384
そうそう
だから赤ちゃんの頭は無闇に触らないようにしよう
俺の親曰くグニグニしてるらしいな



350:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:45:55.55 ID:b6Y/d80J0
唯一アポトーシスがない細胞が癌だってのは皮肉な話だよな



360:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:47:35.32 ID:fuf+gC0L0
>>350
癌に定期的に栄養と温度を与え続けたら永遠に増え広がるのかね



394:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:52:23.36 ID:3tMdB2BK0
>>360
癌の実験とかで使われるヒーラ細胞は60年くらい前のやつだよ



397:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:53:14.68 ID:fuf+gC0L0
>>394
SUGEEEE!
人間の細胞でさえ5年で全部生まれ変わるってのに……



359:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:47:27.67 ID:7JPc/yK40
そういや小さい頃数字に性格付けなかったか?

1はおとなしい女の子とか
なんか決めたんじゃなくて元からその数字はこのイメージなんだって
数字が色付いて見えるのに似てる



368:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:49:25.69 ID:JqaNNlVE0
>>359
おまおれ
でも小4位でそういうのなくなった



378:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:50:37.15 ID:57NEwH/r0
>>368
擬人化は幼少期なら誰でもするよな
絵本もそれに合わせて作られてるんだろうな
まあ、大人に成ってもする人も居るけどさ



415:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:56:26.77 ID:NO9k2NAZ0
て を 振 こ て せ ま る る も  こ 歩  鳩
い 安 り れ い る た  ゚ な 丶 の く  は    _,,_
る 定 な ら る  と  丶   ど 自 首 こ 歩    /´o ヽ      ┼┐  白
 ゚ さ が の  ゚ 振 ル    し 転 振 と 行  ,.ィゝ     l       ││  ヒ
   せ ら こ    ら │    た 車 り で  時   ̄ヽ     l      │└ /ヾ」
   る 歩 と    な ム    と に は 知 に    l     ヽ___
   た く  よ    い ラ    き 乗 丶 ら  首   /  ,,...---`ニニニ==、,,__
  め の  り    こ ン    に せ 歩 れ を   l  / ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ l三三三>
   と は 丶    と ナ    も  て 行 て 振    |  iヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ/三三/''ー- 、
   考 視 鳩   が │   確 移 時 い り   ヽ. ヽ、ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ.∠三=‐''´>‐--‐'
   え 覚 が   知 で   認  動 以 る な     ヽ、`'''ー‐---‐'''´_,,...--‐'''´
   ら 情 首    ら 歩   さ  さ  外  ゚ が       `''ーッ--t_,r'''´
   れ 報 を   れ か   れ せ に    ら       _/._/




422:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:57:52.83 ID:q+WuhMtP0
>>415
このAAを使う時が来るとは思わなかっだろう



448:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:02:15.91 ID:GqcpVFB60
>>415




485:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:09:04.14 ID:JqaNNlVE0
>>448
パントマイムうめえww



489:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:11:02.39 ID:HmP5JEUOO
>>448
この驚愕の手ぶれ補正技術をカメラに応用できないだろうか



429:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 00:58:59.80 ID:k4444HhI0
幻肢
幻肢痛
怪我や病気によって四肢を切断した患者の多くが体験する、難治性の疼痛。
あるはずもない手や足が痛む症状。
例えば足を切断したにも関わらず、つま先に痛みを感じるといった状態を指す。
あるはずのない手の先端があるように感じる、すなわち幻肢の派生症状である。


詳しい原因は判っていない。脳内にある体の各部位に対応するマップが、
その部位を失ったにも関わらず更新されないことが影響しているのではないか、という説がある。
電流を流した万力で潰されるような痛みがあるという。


痛みを感じているはずの部位は実際には失われている為、
痛み止めの薬や麻酔などは当然のごとく効果がない。
内部に鏡のある箱に失っていない手を入れ、「グー・パー」などと動かすことで痛みが消える、
または緩和する、という治療法がある。この療法は鏡療法、鏡治療、ミラーセラピーなどと呼ばれる。
この治療法の効果には個人差があり、決定的な治療法は見つかっていない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/幻肢痛



434:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 01:00:02.48 ID:c2BAE8vF0
>>429
ラマチャンドラン医師の話か



438:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:01:24.17 ID:k4444HhI0
>>434
そうそう あの本おもしろかった



436:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:00:52.31 ID:JocOZ0sb0
脳が普段2割しか使われていないというのは、事実だが大きな誤解を招く表現。
これは「一度に使われる脳の部位は2割程度」と言っているだけで、
「8割は常に使われていない」なんてことは無い。
(例えば計算してるときと、ジョギングしてるときでは、脳の全く別の領域が働いている)



446:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:02:02.35 ID:f6DkPThd0
>>436
なんかすっきりした



467:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:05:46.12 ID:HmP5JEUOO
無意識に~してた
とかあるけど実際脳はそんなこともぜーんぶ意識してる
心臓の拍動とか

脳スゲー



474:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:07:07.18 ID:q+WuhMtP0
>>467
マジで?どんだけ気配り屋さんなんだよ脳
脳と修学旅行いったら絶対UNO持ってきてくれるよな



483:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 01:08:32.99 ID:EW4dfART0
人の脳は、運動にまつわる事を忘れる。
つまり、今日運転しててこの信号で止まった、とか曲がる時こうした、などを覚えていない。
強迫神経症の人はこの失われた記憶が気になって仕方がない。



487:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:09:37.68 ID:q+WuhMtP0
>>483
ふむふむ



508:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:16:41.06 ID:HmP5JEUOO
まあ大脳とか無くても脳幹さえあれば生きれるもんな

首無しの鶏とかいたはず
数十日間首が無い状態で生きたらしいな

「奇跡の首無し鶏」マイクの残したもの
http://x51.org/x/03/10/2502.php



512:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:18:09.83 ID:JqaNNlVE0
>>508
しかも死因が食べ物を喉に詰まらせて窒息死だもんなwww



553:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:28:37.80 ID:NO9k2NAZ0
脳の障害で狂牛病思い出した
色々言われてたけど、全然解明されてないんでしょ?
日本では忘れられつつあるけど怖すぎ



580:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 01:34:12.79 ID:EW4dfART0
>>553
異常プリオンが増殖する。
普通のタンパク質を、βシート状(悪いやつ)に変える。
わかっていないのが怖いっていうよりも、
生物じゃないものが感染する、っていうのが怖い。
ただの蛋白質が感染する。ありえない。



576:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:33:51.27 ID:uxnfFzB30
見た夢を毎朝起きたらすぐさまメモした女がいた

30年かかさず習慣的にメモを取り続けたがそれを読み返すことはなかった。

ある日妻が死に、荷物を整理していた夫が大量のノートを見つけた。
夫は妻の日記と思い、読むのを躊躇いつつも読み耽った。
来る日も来る日もコツコツと読んだ。
3年を過ぎたあたりで夫はあることに気付く。

前にもこの話しどこかで聞いた気がすることに。
なんとほぼ三年周期で同じ内容が書かれていたのだ。

医学的には脳が見せる夢は、メモリのようなものらしい。
人により差はあるが確実に同じ夢を見るようになっている。



584:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:35:16.25 ID:q+WuhMtP0
>>576
確かに同じような夢を何度も見ることはあるよな。前の夢の続きとか



614:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:41:16.30 ID:NO9k2NAZ0
こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげは たごんを にしんき する ときに その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?



624:
忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/01/06(金) 01:43:40.77 ID:3H6NPf9z0
>>614
不思議ちょっと考える所もあったけど読める



635:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 01:46:41.53 ID:EW4dfART0
鬱病は重くなるとまったく動かなくなる。
うんことかも垂れ流す。

そんな重度の鬱病の人に、電気を流すと治る。しかもめっちゃ治る。
理由はわかってない。



637:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:47:14.39 ID:q+WuhMtP0
>>635
じゃあなんで鬱病の人に電気治療しないよ?



643:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 01:48:30.20 ID:EW4dfART0
>>637
治るけど、再発する。
そしてだんだんきかなくなる。
だから電気痙攣療法は最後の手段。



658:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:55:25.49 ID:/dOetiRz0
天地逆転して見える眼鏡かけて生活してたら何日かで
裸眼で天地逆転する



702:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:07:29.07 ID:CeqsXszi0
>>658
大学でその実験ビデオ観たことある!
上下逆に映るメガネかけて生活するやつ。
最初は上下逆の生活に短時間で慣れるけど、
裸眼に戻すと慣れるまでの時間が余計にかかる
みたいな結果だった気がする



660:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:55:36.62 ID:zks0vxbG0
「心が痛む」ときは脳でほんとに痛みを感じている



676:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:00:41.86 ID:7DIu44ip0
>>660
kwsk



698:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:06:16.20 ID:jXQWPaHA0
>>676
カップルを使った実験もあった
別々の個室で、彼女の方は脳を計ってる
隣の部屋で彼氏に電気ショックを与える(フリをする)
彼氏が悶える声(演技)が聞こえる
彼女の痛覚を司る部位が活性



668:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 01:57:09.27 ID:6+UaX7yp0
死ぬ前には脳から麻薬のような効果を有する物質が出てるらしい



681:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:01:53.39 ID:b6Y/d80J0
>>668
走馬燈とか、事故寸前に周りが遅く見えたりするのとかと関係ありそうだな



669:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:58:06.50 ID:dwixCYEr0
記憶って脳だけで記憶しているんじゃないそうな。体全体で記憶してるんだとか



670:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 01:58:55.14 ID:57NEwH/r0
>>669
自転車の乗り方とかか
反射も体で覚える感じだな



701:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:07:06.79 ID:KBCWFDsC0
視覚について
光が三原色なのは錐体細胞に3種類あるからだけど、
これが二種類しかないと色弱(色盲)になる。
じゃあ3種類より多い人もいるのかと言うと、まれにいるらしい(つまり4原色以上)。
ペンキの緑色と草の緑色がまったく別の色に見えたそうだ。

これは教科書に載ってたから多分ガチ



703:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:08:21.14 ID:wMLyk/770
>>701
すげーな
ワインレッドとか紅とか似た色の判別とかも完璧にできるんだろうな



713:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:11:17.53 ID:JocOZ0sb0
>>701
鳥とかはデフォで4元色のも居る
人間が見ると雄雌見分けつかねー!って鳥でも
4元色で映るカメラで見ると全然模様が違ってたりするとか



712:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:11:04.78 ID:4SkeMidW0
スゴいよな脳って
点が3つあるだけで
マンガみたいに人の顔って認識するんだぜ
人面魚
顔
シミュラクラ現象
人は他人や動物に出会った場合、敵味方を判断したり、相手の行動、
感情などを予測したりする目的で本能的にまず、相手の目を見る習性がある。
人や動物の目と口は逆三角形に配置されていることから、
点や線などが三角形に配置されたものを見ると、脳は顔と判断してしまう。


オカルトブームの到来の都度、
しばしば話題に取り上げられることの多い心霊写真は、この現象で説明がつくものが多い。
森や林、木々の重なり、岩、滝など自然のものの多くは複雑な陰影を宿す場合が多く、
撮った写真を丹念に観察すれば、どこにでも見つけることができる。

その鮮明度によっては、かなり人間の顔に近く見えることがある。
その際、その場所が自殺の名所や、過去に因縁めいた伝説がある場所である場合は、
そうした先入観と恐怖心からその場所で亡くなった人の顔に
違いないと強く思い込んでしまう心理状態に陥りやすい。


かつて話題になった人面魚などもこの現象の最も知られた一例である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/シミュラクラ現象



718:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:12:39.50 ID:q+WuhMtP0
>>712
あっちゃんを遠くから見たら人間の顔には見えない
これはあっちゃんは真ん中にパーツが寄りすぎて一つの点に見えるかららしい
どっかの偉い教授が言ってた



741:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:20:24.95 ID:ieTchkyz0
>>718
あっちゃんすげえwww



722:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:14:23.00 ID:UyOjBKZl0
Σ(∵)なにぃ



724:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 02:14:28.37 ID:brjS2+fP0
過去レス読んで 不正確な情報がいくつかあった
なんか気になるので 完全に自己満足だが訂正しようとおもう

脳細胞はアポトーシスはほとんどと言っていいほどしない
だって脳みその中身変わったら別人になっちゃうじゃん

でも死ぬ細胞もいる
最近の研究では 歳をとってたからでもごくごく少数なら脳神経細胞も増殖するとわかった

脳で使われる伝達物質は体の別の場所でも使われてる+脳の血管には
すごいバリア(Blood Brain Brrier)があるから ドパミンとか
エンドルフィンをぶち込んでも脳には染み込んで行かない


L-dopaはドパミンの前駆体で BBBを通過できる大きさなので ドパミン産生不全である
パーキンソン病に効くが 大体は体の他の場所で吸収されるからやっぱあんま効き目薄い

使いすぎると慣れてきちゃって効果薄まる 麻薬みたいに量が増える



730:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 02:15:48.65 ID:c2BAE8vF0
>>724
gj



727:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:15:20.56 ID:QmzbYN0u0
あくびとか何なんだろうな
人にうつるとかいうけどさすがにシンクロ率すごくないか



731:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:16:32.67 ID:WsFGrA2B0
>>727
アクビは脳が酸素不足だって合図で、
他人がそれを見ると自分が酸素不足なんだ!と感じてアクビが出る云々って聞いた



737:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:18:37.05 ID:QmzbYN0u0
>>731
俺もそうだとおもったんだが、その説も怪しいとかなんとか



747:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:24:17.78 ID:WsFGrA2B0
フリードリヒ2世が人間の言葉と隔離して
子供を育てたら全員死んだって話があるけど、あれってどういうことなんだろう

フリードリヒ2世の実験
様々な言語が飛び交うパレルモで育ったフリードリヒ2世は、
人は自然には何語を話すのか疑問に思い、生まれたばかりの赤子を集めて
一切話しかけずに育てたところ、いずれも死んでしまったという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)



750:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:25:17.16 ID:57NEwH/r0
>>747
浦沢のモンスターによると愛が無いからだとか



768:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:31:39.26 ID:RBdmxBSN0
自分が殺されたりする夢を見ると脳が死んだと判断して本当に死ぬ



770:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:32:32.95 ID:OPEvlZOy0
>>768
ガチ?



772:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:33:09.58 ID:2IUq63T+0
>>770
結構言われてるけどどうなんだろうな



774:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:33:12.66 ID:57NEwH/r0
>>770
経験則から言うとガセ



776:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:33:51.26 ID:7DIu44ip0
>>768
これたまに聞くけど本当なの?
それなら、そもそも何で殺される夢なんか見ちゃうんだろう
無意識下に現実の生活に絶望とかしているからこその自己防衛なのかな
形は違うけど、自殺みたいに思えるし不思議



783:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:35:05.18 ID:r273vo5Z0
>>768
目隠ししたまま水滴を手首に当てて、これは血だと吹き込むと死ぬやつとは違うの?



791:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:38:59.94 ID:RBdmxBSN0
>>783
違うんじゃない?
俺も海外の論文を端的に見ただけだからよくわからん



802:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/06(金) 02:41:38.39 ID:brjS2+fP0
>>791
強力な暗示下において 脳の錯覚が実際に
身体にフィードバックされるってことをいいたいのでは?



810:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:43:22.52 ID:b6Y/d80J0
>>802
あれか、鉛筆持っただけで火傷するやつ



820:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:45:35.10 ID:UyOjBKZl0
>>810
そういや電源切られたストーブに
熱いままだと思って触ったら火傷した、って話しあったな



824:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:47:37.24 ID:dM/9YfaT0
>>820
バキであったなww大人が幼児に熱くない火鉢を
ふざけて押し当てたらワンワン泣いて
ミミズ腫れができて本当に火傷したみたいになったってやつ



846:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:52:10.16 ID:P1wjro050
明晰夢とは違うけど、たまに叩かれた訳でもないのに
頭をカナヅチでドつかれた様な鈍痛感じるのは何?



849:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:53:02.70 ID:57NEwH/r0
>>846
俺も寝る時に一瞬だけ爆音が聞こえるけど、何なんだろうな



854:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:53:34.14 ID:UyOjBKZl0
>>849
それ精神病



859:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:55:06.29 ID:57NEwH/r0
>>854
え・・・?詳しく頼みます



865:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 02:57:23.52 ID:UyOjBKZl0
>>859
いや、俺も詳しく知らんがテレビで医者がそういう現代病が増えてるって
主に女性に多いらしい
寝ようとすると爆音が鳴る、とかだったら早めに医者に見てもらえ



874:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 03:00:41.45 ID:RBdmxBSN0
頭内爆音症候群ってやつか?
怖いなこれ
突然、頭の中で大爆発 - 頭内爆発音症候群とは
http://x51.org/x/04/03/3047.php



925:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 03:32:41.12 ID:rd9cT3uN0
とりあえず脳には感謝している



926:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 03:33:20.79 ID:sMVWw30a0
>>925
その感情を造り出しているのも脳だから
自演乙




939:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/06(金) 03:44:14.25 ID:3Cby9QBG0
脳ってほんと神秘的だよな




作者「この作品と作品は世界観つながってますw」

「あ、育ちがいいんだな」って思う瞬間

【都市伝説】君は信じる?【謎】

【画像あり】夜のサービスエリアの魅力『グーテンバーガー』

古代ローマの文化とか歴史でおもしろい話ない?

吹いた画像を貼るのだ『沖田総司』