utsu_man

755: マジレスさん (アウアウウー Sacf-A/OY) 2022/07/07(木) 11:22:56.10 ID:25Y14FqOa
同居している彼女がいるのですが、メンヘラ気質です。
今日「認知の歪み」というワードをTwitterで知ったのですが、本当に彼女にぴったりの言葉でした。
なので、彼女に「認知の歪みあるんじゃない?」と教えてあげたいのですが、
彼女の性質上、私が他人と接触するの嫌がるため、私はTwitterをしていないことになっています。
そのため、Twitterで知り得たことだということを言うことができません。
ただ、彼女は「そんな言葉どこで知ったの?」と必ず聞いてきます。
『「認知の歪み」という言葉をどういった経緯で知ったのか』について、何か自然な説明はできないものでしょうか?

彼女が嫌がっているのにTwitterをしているのは、もうすぐ同居を解消して別れようと思っているからです。ただその前に、あなたは認知の歪みがあるんじゃないか(というよりほぼ確実にある)ということを伝えてあげて、治療に役立ててほしいという、エゴです。すみません。



757: マジレスさん (アウアウウー Sacf-mlcT) 2022/07/07(木) 12:37:45.33 ID:LrNx8TQfa
>>755
認知の歪みは本人が底付き体験したなど
ご本人が気がつかないと意味がありません
余計なお世話はしない方がよいのでは?



759: マジレスさん (アウアウウー Sacf-A/OY) 2022/07/07(木) 12:42:17.06 ID:c8oHEqsXa
>>757
なるほど、私が「認知の歪みがあるんじゃない?」と教えても意味はなく、彼女自身で「認知の歪み」というワードにたどり着かなきゃいけないということですね。
認知の歪みの内容は、調べる限り普段の彼女に当てはまる項目が大多数だったので、いつか自分で気づけるように祈る程度にしておきます。
ありがとうございます。



773: マジレスさん (ブーイモ MMef-EZNn) 2022/07/07(木) 21:48:40.49 ID:aIdi36vvM
>>759
そういうのは、自分が認知の歪みがあるっていうテイで話したらいいよ。
周りに言われたから調べてみたら、自分がそうかもしれないっていう相談を彼女にしてみて
その診断を彼女にもやってみる?みたいに促して
2人とも認知の歪みがある者同士。に。



管理人回答
別れる彼氏に「認知の歪み」があるから治療に役立ててと言われて、素直に治そうと努力する可能性は低いです。彼女の性質に「他人と接触するのを嫌がる」とあることから、見捨てられ不安を抱える「境界性パーソナリティ」で依存体質と仮定すると、同居までした彼氏に言われた「認知の歪み」に対して、強い負のイメージを抱えてしまうことになりかねないです。
別れる前提なら、どんなアドバイスも責任感の伴わない押しつけになってしまう恐れがあります。

相談文に「すみません」とあることから、相談主さんの性格の攻撃性は低く。別れようと思っている彼女に対しても、後ろめたさがあるように感じます。恐らく同居によって親しさが深まるにつれ「理想化とこきおろし」「試し行動」などの、精神的な不安定さに心が折れていると推察します。

相談文に「彼女が嫌がっているのにTwitterをして、別れようと思っている」とあることから「彼女の要求に応じるうちに、要求が膨れ上がり、振り回され制御出来なくなってしまった。」ところに、相談主さんの悩みの本質がある気がします。

相談主さんが、彼女に対して気を使い過ぎて、振り回されてしまう原因になっている面もありそうです。人間関係にも「序列」があって、気を使い過ぎて迎合してしまうと、序列が低く捉えられがちになります。彼女に悪意は無く、大体の人間が無意識化の序列感覚を持っています。迎合しすぎると、人の悪い面を引き出してしまったりします。ですが、彼女の嫌がることを避け、要求に応じるのは普通の感覚なので、相談主さんが悪い訳ではないです。

なので、時には衝突することも必要ですが、精神的に不安定なときの衝突は、ショックを与えすぎてしまう可能性もあるので、抽象的ですがバランス感覚が大事です。衝突と言っても愚痴の言い合いをする訳ではなく、本音でぶつかり合うのがお互いにとって大切です。最初のうちは、なんで私の事を理解してくれないの?と非難されるかもしれないですが、何度も本音でぶつかっていくうちに、徐々に時間を掛けて信頼関係が高まっていくと思います。Twitterがやりたかったら、Twitterがやりたいと本音で伝えるのが良いです。迎合するだけだと行動が制限されていきます。出来ることと出来ないことに、線引きをして伝えてください。

彼女の要求について、相手への配慮を欠いた要求、相手に自分の機嫌を取ってほしいというのは、行為としては「甘え」ですが、彼女としては甘えている訳ではなく、精神的な辛さにより、うまく制御出来ない要求になっていると思います。なので「甘え」と切り捨てない理解が必要です。甘え自体は悪い行為では無いので歪んだ甘えとします。甘えが出てしまう原因の一つとして、幼少期に無償の甘えを十分に満たせなかったことにより、大人になってからも身近な相手に、無償の甘え・愛情を要求してしまうことが考えられます。大人になってから幼少期の無償の甘えを求めても満たすことは難しいので、要求が通らなければ「恨み」や「失望」などの感情が生じ、要求が通れば「ドーパミン」により脳の報酬系を刺激し、もっともっとと要求が膨れ上がり求めてしまいます。そのような一方的な要求をし続けてしまうと、人間関係もうまくいかなくなってしまうことになるので、彼女自身も心の中の甘えに気付くことが必要ですが、自身の心の甘えに向き合うのは反発も強いので、パートナーの支えも大切です。自分の為に相手が何かをしてくれるのは当たり前じゃないこと、何かして貰ったら感謝の気持ちを身につけることが大事です。

「無償の甘え」と「投影」により、身近な支援者に八つ当たりをしてしまう可能性が高く、他責思考になってしまい、親しい人間関係が築けない原因にもなるので、彼女自身が気付けるようにならないと、何回も人間関係で躓いてしまう恐れがあります。

要求が依存化してしまうのは、脳内物質のバランスが崩れている可能性もあるので、バランスを整える必要があります。夕方や寝起きにイライラや不安感を感じる人は、「セロトニン」が不足している可能性があるので、朝の散歩をしたり、食事、睡眠、運動など規則正しい生活を心がけたりすると効果的です。ついでに口内環境、腸内環境も整えると精神的に安定します。
セロトニンにより精神の安定の土台が出来たら、愛情ホルモン「オキシトシン」を整えます。オキシトシンはスキンシップをしたり、ペットと触れ合ったり、ぬいぐるみを抱きしめたり、良い人間関係を構築したりすることで分泌されます。人間関係に「自己愛性パーソナリティ」ぎみの人がいればボロボロになるので避けるように促してください。現在の人間関係に問題が無いなら、幼少期の家庭内不和に原因がある可能性もあります。子供は家庭内不和があると何とかしようと、親の機嫌を取ったりなど頑張りすぎてしまいます。子供には家庭内不和をどうすることも出来ないので無力感を抱え、大人になってからも心の内に、壊れた人間関係を抱え続けているので、愛情飢餓に陥りやすいです。
愛情飢餓の状態でドーパミンが出ても、愛情ホルモンは満たされないので、買い物依存などの依存症の原因でもあります。
脳内物質のバランスを整えていけば、要求の依存化も多少は緩和されます。
幼少期に家庭内不和があるのなら、穴の開いた状態なので、カウンセリングを受ける、メンタルについて学ぶなどをして、徐々に時間を掛けゆっくりと、自分について理解し受け入れることで、少しずつ心の穴も埋まっていくと思います。

「認知のゆがみ」も治せれば、精神的な不安定さは緩和されます。
彼女自身が認知の歪みを認識するのが一番良いのですが、認知のゆがみがあるから治したほうがいいと伝えても反発が強いので、彼女に認知の歪みがあるなと感じた時に、こんな考え方もあるんじゃないと誘導してあげるのも良いと思います。認知の歪みは幼少期から長い期間、身についていた性格なので簡単には治らないと思います。反発、混乱を乗り越えて理解し受け入れることで、歪みに気付けるようになります。

長々と書きましたが、ここに書いた通りにやろうとしても、ほとんどうまくいかないと思います。なので、彼女を治したいのならば、共依存化しない最適な距離感で、長期的に支え続けお互いが精神的に成長することが大事です。別れるならば、その後のことは良いも悪いも運次第です。同居までしてるので楽しかった時期もあったかと思います。なので、心が折れそうなときは「星の王子様」を読んでみるのも良いです。
”きみがバラのために費やした時間の分だけ、バラはきみにとって大事なんだ”
”かんじんなことは、目に見えないんだよ”など考えさせられます。

人の性格を変えるのは難しいです。ですが、彼女の性格を変える必要はなく、良さも強さも、元々彼女自身に備わっていると思います。なので、彼女自身の良い面を引き出していくことが大事です。

”君の中には、君に必要なすべてがある。
「太陽」もある。
「星」もある。
「月」もある。
君の求める光は、君自身の内にあるのだ。”

ヘルマンヘッセの格言ですが、ヘッセ自身、精神的不安定さを抱えていました。「車輪の下」は周りの期待に応えすぎて押しつぶされた、少年の苦難を描いた自伝的小説です。人の期待は重いものです。彼女が「誰か」の期待を背負い過ぎていないかも注意が必要です。人の期待に応えようとするなど、自分の価値、評価を他者に委ねてしまうと、自分を見失いがちになります。自分の考え、自分の本当の気持ちを大事にすることが大切です。

他にも足るを知ること、他者と比較しないことなど、精神の安定の為に必要なことを挙げたらキリがないので、自分自身でメンタルについて学んでいくのが良いと思います。youtubeを見たり、アマプラ入ってれば無料で読める本が沢山あるので学びやすいです。

メンタルについての本を読んでいくと、精神的に安定してるのは運が良かったにすぎないと感じます。SNSなどによる承認欲求の歪みや、トー横キッズなどを見るに精神に不調を抱えて苦しんでる人達が増えてるように感じます。なので、精神面への理解を広め、学んでいくのが大切になってきてます。精神面を学ぶことが広まれば自然と、相談主さんの彼女も「認知の歪み」について目にし学ぶ機会が訪れると思います。




認知の歪み



境界性パーソナリティ











無償の甘え




脳内物質


投影



受動攻撃





アンテナサイト様Pickup
元ヤクザのワイが裏社会の疑問に答えるスレ

最高に秀逸なコピペ貼っていこうや

ラピュタの神エンディングのあとパズーとシータはどうなったの?

世界一深い洞窟。クルベラ洞窟がヤバい

【闇深】弁当業界のタブースレ

2ちゃん史上最大の奇跡ってなに?