厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

洒落怖

【閲覧注意】現実的で洒落にならない怖い話『出たらヤバイ』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 15:27
耳の中へ
48 :おさかなくわえた名無しさん :03/03/25 15:56 ID:0dlWASTz
うちの彼女昔寝てる時に耳にゴキブリ入って大騒ぎだったらしい。
今は寝る時耳栓しないと寝れないんだと。えらいこっちゃ。


49 :おさかなくわえた名無しさん :03/03/25 16:21 ID:OgCZyl+8
>>48
彼等はバックできないから

これマジで嫌だ。トラウマになる気持ち分かる 
 

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/09/29 15:41
アレが耳に入る話は聞いたことあるなあ。
ある人が夜寝てたら耳元でガサガサ聞こえたんだと。でも眠かったから
放置してそのまま寝た。

次の日起きると耳の奥が異常に痛い。しかもガサガサ動いてる。
堪えきれず病院に行き、耳の奥を漁ってみたらどうやら巨大な黒い物体が耳の奥でぴったり収まってる。
しかし取り除こうにも中の物体は奥に奥に逃げ込もうとして一向に取り出せない。
その間も患者は痛みで堪えきれなさそうにしてる。

仕方なしに耳に注射を差し込んで、その物体を薬品で殺すことにした。
それはしばらくもがいていたもののやがて動かなくなった。
しばらくして、苦心してその物体を引っこ抜いてみると、
それは巨大なゴキブリだった、と。
影続きを読む

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『怪奇現象の多い家』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
838: 本当にあった怖い名無し:2011/11/13(日) 01:54:46.11 ID:FoyRfkCO0
真夜中のトイレ
さっきの事

マジ怖かったのでとりあえずここに書きます
私は今高1で小6の弟がいます

家はニ階建て一軒家
今、訳あって一階の和室で母と弟と3人で寝ています
母と弟は既に寝ていて、私も寝ようとして一旦布団に入りました
ですが、寝る前に何か本を読もうかと2階の自分の部屋に取りに行ったんです
本を持って階段を降りようとした時、急に尿意を催して2階のトイレに入りました

水を流そうとした時、ドアの向こうから声が聞こえました
「お姉ちゃん、トイレ漏れそう、早く代わってー」
と弟の声が
そしてドンドンとドアを叩く音

鍵はかけてました
私は開けようとしましたが、ふと妙に思いました
一階にもトイレはあるのに、どうしてわざわざ二階のトイレに……
「〇〇?(弟の名前)」
……名前を呼んでみましたが
無言

うんともすんとも言わない
そして、もう一つ気が付きました
私の家の階段は歩くと必ず音が出ます
建て付けが悪いのか、いくらこっそり歩いてもギシギシと。

なのに
それが
聞こえなかった


839: 本当にあった怖い名無し:2011/11/13(日) 01:55:10.38 ID:FoyRfkCO0
開けようとした鍵に手をかけたまま固まりました
何かがいる気配はするんです
でも弟じゃない気がして…
声も出せませんでした

それに、本当に漏れそうなら再度催促するはずです
黙って待ってるような子じゃない
開けるのが怖くて、怖くて
主観では15分位たったと思いましたが実際はもっと短かったんでしょうね

気配がふっ、と消えました
トイレで一晩過ごすのも嫌だったのでドアをそうっと開けました
誰もいない

階段を降りる音はしなかったので、もし弟で私を驚かせようと
2階に隠れているのなら殴ってやろうと思いながら階段までたどり着きました

弟には会いませんでした

どこかの部屋に隠れているのなら別ですが、
2階にいるのが怖かったので私は探そうとはせずに階段を降りました

まあ深夜なので寝てる家族にも気を使って音を立てないように歩きましたがやっぱりギシギシいいました

和室に入ると、私が出た時と同じように母と弟が寝ていました
弟は寝たフリなのかと思い抓ったりくすぐったりしましたが爆睡していました
今2人の隣の布団の中から投稿してます

読みにくくて、あまり怖くなかったかもしれませんが私は本当に怖かったです
もし声に応じて開けていたら…なんて考えないようにしています
読んで下さりありがとうございました
トイレ続きを読む

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?『白い傘と白い服』『盗まれたユンボ』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
265: 本当にあった怖い名無し:2011/08/22(月) 01:12:16.34 ID:eBRqoQY1O
道を教えて下さい
「道を教えて下さい」
夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。
足が異様に細くバランスが取れないのかぷるぷると震えている。
同じように手も木の枝のように細く、真っ赤なハンドバッグをぶら下げている。

はあはぁと何度もため息なのか呼吸なのか分からない息を吐き、
僕に聞いているはずなのに視線はまったく違う方向を向いている。
「あ・・あの。どちらへ・・・?」
やばい人っぽい。

僕は早く答えて立ち去ろうと思った。
「春日谷町1-19-4-201」
「・・・・・・」
そこは僕のアパートの住所だった。

部屋番号までぴったりと合っていた。
「し、知りません」
僕は関わり合いたくないと本気で思い、そう答えた。
すると女はゴキッと腰が折れ曲がるほどにおじぎをして、
またふらふらと路地の奥へと消えていった。
竹続きを読む

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?『モニターに写る女』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
810: 本当にあった怖い名無し:2011/08/17(水) 00:01:36.54 ID:4ELqM2dW0
浴槽
温泉地に旅行に行ったときのこと。

浴槽に入った瞬間グニャリとした感触を足に感じた。
驚いて足下を見ると、浴槽の床全体に裸の人間がぎっしり詰まっている。

思わず絶叫をあげてしまい、慌てて風呂から飛び出した。
落ち着いてもう一度見直したときにはもうなにもなかった。
人達の体は仰向けにうつ伏せ、横向きとバラバラで、
まるでパズルのようにぴったりと隙間なく浴槽に詰まっていた。
廃墟
続きを読む

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『騒音トラブル』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
412: 本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 21:21:37 ID:mVAiyCew0
女の子の家族の絵
中学の頃の先生から聞いた話。長い話だったんだけど、
自分なりに短めにまとめてみます。

先生がまだ大学生の時、大学の先輩が教員免許を取るために小学校に実習に行ったそうだ。
先輩は受け持ちになったクラスの子供達とすぐに打ち解け、
大変な実習もどうにか乗り越えられそうだった。

実習終了まで後わずかとなったある日、
受け持ちのクラスの女の子の家が火事になり、
二階の子供部屋で寝ていた女の子とお兄ちゃんが亡くなってしまった。
一階で寝ていた両親と生後数ヶ月の赤ちゃんはどうにか逃げ出して助かった。

突然の訃報にショックを受けたクラスメイト達は、
みんな泣きながらお葬式に出席した。
お葬式の後学校へ戻った先輩は、クラスの子達が授業の時間に描いた絵を見ていた。
絵の課題は「家族の絵を描きなさい。」
みんな思い思いに自分の家族を生き生きと描いている。

その中に亡くなってしまった女の子の絵もあった。
大きな画用紙に描かれた家族の絵。
お父さんが赤ちゃんを抱っこして、お母さんと一緒に花壇に水をやっていて、
二階の窓からは、女の子とお兄ちゃんが三人に向かって手を振っている。
そんな、家族の日常を描いたほのぼのとした絵。

…先輩はハッとした。
今回の火事で逃げ出せたのも外に居る設定で描かれていた三人。
逃げる事が出来ずに亡くなったのは家の二階に居る設定で描かれていた二人。
「まさかとは思うけどさぁ、二階に居て手を振ってるのって、
火事で身動き取れなくて助けて欲しくて手を振ってる姿だったり…しないよな。」
先輩はそう言うと黙り込んでしまったという。
階段
続きを読む

洒落怖でyabeeeeと思った話貼ろうぜ『まるはっちん』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/27(土) 03:22:18.01 ID:WsSNcJ8V0
[中の人]

前にバイトしてた店で体験した話。

普段は2人でバイトに入っている日だった。しかし、その日は
ちょっとした事情で、オレ一人だった。
いつもなら二人でやる仕事を一人でこなしたオレは、めちゃめちゃ疲れて
ぐったりしながら店を閉めて、外に出た。
その店はレンタルビデオ店で、営業時間外の返却用に返却ポストが外に用意してあった。
営業時間中はポストが使えないようにしてあるから、中の鍵を開けてあるか
最後にポストの入り口を突いて、ポストが空くことを確かめる。
その日は、なんとなく…本当になんとなくポストを覗いた。


中の誰かと目が合った。

それから家の近くのコンビニまで必死に走った。
次の日、確かめてみたが何の異常もなかった。
影続きを読む

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『民宿のトイレ』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
716: 本当にあった怖い名無し:2011/12/13(火) 16:30:32.65 ID:JPu2Tjzf0
変なものに付きまとわれた話
高校の時、変なものに付きまとわれた話

そいつは下校時、特に部活やらで帰りが遅くなったときによく出てきた
ふと振り返ると曲がり角とか死角になる所から (´・ω| こんな感じでこっちを見てる
AAで書くとかわいらしいが実際は肌色か白か灰色かわからない顔色で、
目はフルオープン髪は乱れてはいないが櫛で梳いてないようなボサ気味

性別は「男みたいな女」とも「女みたいな男」とも見える

最初はストーカーみたいなのか池沼さんかと思ったが、ヤツが電柱から見てた時に違和感が

影がない

無性に気になり「オイなんだよ」くらい言ってやろうと近づくと
シュルシュルっと引っ込んで目の前まで来たころには消えた

この日はこれ以降何もなし

ある日、また現れた
今度は凝視しながら離れてみた
すると今度は逆に段々せり出てきた、肩から胴、足、足?足がない…
ていうか裸なのかタイツなのか体は顔と同色で下半身がヒョロヒョロしてる
ようは人間の顔の付いた一反木綿だ

いきなり一直線に飛んできた、体はなびいて顔だけこっちに向かってくる様で
パニックになり猛ダッシュで逃げた、目は離せなかった、追いつかれると思った瞬間

横から衝撃が… 気付かず道路まで出て原付にはねられたらしい…

病院で気が付いた、俺をはねたオッサンが顔くしゃくしゃにして何度もあやまってた
その後、友達も一緒にはねてしまったと言われた
気が付いたら現場から消えてたから事後処理は被害者俺一人ってことで済ませたらしい

もちろん友達なんかいなかったから
「僕一人でした、おじさんの見間違いでしょう」って完全に棒読みで言った

はい
続きを読む

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『カナちゃんの夏休み 黒い影』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1475158566/
わいが現代妖怪を紹介していくで~
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4950522.html
廃校
続きを読む

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『トーテムポール・ネットストーカー』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
338: 本当にあった怖い名無し:2010/06/21(月) 10:31:00 ID:+iNPvIQ60
雑踏
駅からうちまでは歩いて7分。

コンビニや24時間営業のレンタルビデオ屋があって明るいし夜でも人通りが絶えない。
昨日も仕事が遅くなり、コンビニで夜食を買って帰ろうとしていた。

駅を出て思わず足が止まった。
誰もいない。車も通っていない。時計を確かめる。21時。
正月でもこんな状態を見たことがない。不審に思いながらもコンビニへ行く。
店内も無人だ。店員の姿も無い。怖くなって何も買わずに飛び出した。

コンビニからマンションまでは3分も掛からない。
エレベーターのボタンを押す。
二階三階・・・・ついた。家のドアに鍵を差し込んだ瞬間、唐突に思った。
駄目だ。これは罠だ。このドアを開けたら取り返しがつかなくなる。
何でそんなことを思ったのか。

夢中で無人の町を駅に駆け戻った。駅の構内に着いたとたん、ざわめきに包まれた。
私は雑踏の中にいた。
駅を出る。行き交う人々。コンビニの前を通る。立ち読みする人たち。店の前で座り込んでる少年達。
マンションに着く。ホッとしてエレベーターに乗る。

家のドアを開けた瞬間、舌打ちが聞こえた。
正邪気宇続きを読む

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『みっちゃん』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
125:本当にあった怖い名無し:2011/11/01(火) 22:58:08.54 ID:TG3R4WFS0

工場で夜勤勤務していた時の話。

話をまとめるのが苦手なので、読み難いかもしれませんがお付き合いください。

普段は3~6時くらいに仕事が終わるのですが、その日は仕事も特に無く0時過ぎに帰れる事に。
特に何事も無く車で1時頃にボロ家(アパート)に着き、駐車場にバックで車を停めようとした時の事でした。

いつもならただ前後に注意しながら車をバックさせるだけなのですが、
その日はなぜかバックしている最中に顔を上げてアパートの方に目を向けました。
すると、3階の窓の方に顔があり、その顔は私の方を見ていました。
普通に顔があるだけなら「誰か起きてるんだな」と思って別に気にしないのですが……

その顔、緑色な上に皺で顔がただれていて口と目が空洞のように真っ暗だったんです。
視界に入った途端にゾクッと嫌な感じが全身に走り、毛が逆立ちました。
勿論すぐに顔を下に向けましたし、すぐにブレーキを踏んだその振動のおかげか、
とりあえず車を駐車場に停める事に集中する事にしました。


その後は上を見ないようにして車から降りて、自分の部屋までダッシュしました。
それでも無性に怖くて仕方なくて、すぐに親が寝ている布団を揺すり起こし今起きた事を説明しました。
「あの部屋の人、悪戯好きだから」とか慰めでもいいから言って欲しかったのかもしれません。
しかし、親から帰ってきた言葉は私の期待を裏切るものでした。

「あの部屋、結構前から誰も住んでいないよ」と。

去年の11月2日にあった話しでした。
日記を読み返していたらこのときの事が書きなぐってあって「あぁ、丁度明日で1年か」と思い投下。
ちなみに今でも3階のその部屋には誰も入居していません。ボロのせいかなw
雨
続きを読む
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ