厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

洒落怖

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『奇妙な客・ごぜさん』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
87:本当にあった怖い名無し:2009/09/24(木) 14:38:39 ID:F+Llxd8k0
線路
東京駅と高尾駅の間を往復する中央線は、利用者が多くとても混雑する路線であり、
しょっちゅう
いわゆる「人身事故」で止まります。
私はその運転をこの半年しているものですが、同僚の間で

様々に噂をされている幽霊を見たことは、1ヶ月前まではありませんでした。

しかし1ヶ月ほど前から、立川まであと少しのとある駅の下りホーム手前に、毎晩いるんです。
赤黒い色のワンピースを着ていて、眺めの髪に少しウェーブがかかったような感じの若い女性で、
最初はいつも線路脇からうつむいて線路を眺めていました。

最初に見たときは急ブレーキをかけましたが、すぐにすっと消えてしまいました。ものすごく驚いて
なぜかしびれた指先を眺めながら、しばらく呆然としていましたが、すぐに我に返り、遅延に対する
いくつかの処置をしながら駅へ電車を入れました。

その後も、夜間にその駅に侵入するときには必ずその人がおり、
電車が近づくと消えてしまうと
いうのを繰り返していました。

ただ、一昨日の夜は、近づいても消えず、彼女は線路に向かって歩いてきたのです。
どうすることも
できず、私はそのままその幽霊を轢きました。

そして、昨晩彼女は、線路上から初めて、こちらを見上げました。電車の下に消えていきながら
かすかに笑ったように見えたその顔は、目のあたりがぼうっと暗くなっていて、
そこには何も
見えませんでした。

今日の休みが終われば、明日はまた勤務します。私は明後日の朝を迎えることができるのか、
よく分かりません。乗客の皆さんを巻き込むような事故だけは起こさないようにと思っています。
トンネル続きを読む

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『祓い師の末路』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
260:本当にあった怖い名無し:2012/07/28(土) 18:09:25.29 ID:rqU+hWsB0
トンネルの女の子
実体験です。

先日体験した話。
隣町との境となるトンネル・Yトンネルがあって、そこに霊が出没すると地元では囁かれている。
トンネルを通っている道路はたった一本で町と町とを結んでいるから、交通量が多い。
トンネルの幅員は広いものの、事故が起きても仕方無い程車が多い。

トンネルの長さは500m強で、少し傾斜があって真っ直ぐ通っている。
昼間に自転車でトンネルを通った時、前から鞠が転がってきた。
驚いて向こうを見ると、和服の女の子がしゃがんでいた。
察するに、この女の子が鞠を転がしたのだろう。

近付いてみると、11、2歳の子に見えた。
女の子に注意しようとした瞬間、急に体が動かなくなった。
金縛りのようだけど、その体制のまま硬直して動かなったと言った方が近い。
女の子は動かなくなった俺に微笑みながら近付き、乗っていた自転車から下ろした。

そして信じられない力で、抱っこの容量で跨いでいた自転車から俺を離すと、そのまま引き摺った。
歩道と車道は柵で遮られているけど、そこから車道の方に俺を落とそうとしたんだ。
案の定車が向かってきて、「やばい、轢かれる!」と思って目を瞑った。
だけど、幸い寸での所で止まっていた。

気付くと柵に手足を掛けて車道を覗き込むような体制になっていて、体も動くようになった。
運転手に「何をやっているんだ!」と怒鳴られたが、今までの出来事を信じてもらえる訳もないので、唯謝った。

自転車に乗って逃げようと振り向いた時、さっきの女の子が立っていて、
「今度は人の頭を転がしたかったのに…」と言った。

女の子はくるりと後ろを向くと、笑い声を上げながらトンネルの壁に溶けるように消えていった。

二度とYトンネルを通りたくないんだけど、隣町に行くにはこの一本道しかない。
切実な悩みです。誰か助けて(´;ω;`)ブワッ
トンネル続きを読む

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『乳母車、じーっとこっちを見たままの女性』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
転載元:http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1486902088/
蓋
続きを読む

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『カラオケ店の子供・賑やかなホームページ』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
351:本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 16:03:33 ID:8v54OCMd0
樹海
4年前くらいだったかな?

友達と4人で樹海にいったんだよ、近くのペンションみたいなの借りて。

深夜の12時頃にそろそろ行くかってなって
一番自殺者が入りやすい入り口みたいな場所から

入ることにして行ったんだけど何か薄気味悪いにごった電話BOXがあって

その先を進むと看板があった、
その看板の前にキツネのお面つけて黒っぽい着物みたいなの

着た裸足の人が一人で深夜に懐中電灯も持たないでつったってて
俺らをみた瞬間ダッシュで木の茂ってる

方に消えてったのはホントに気持ち悪かった
85続きを読む

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『寂れた旅館の鏡』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
暗い続きを読む

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『絶対に入ってはいけない辻』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
伊勢神トンネル02続きを読む

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『お前はよく人の目を見てる』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1482745850/
【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『黒田君のギター』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4717904.html
怖い
続きを読む

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『自然災害の驚異』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
蓋続きを読む

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『防空壕の光の正体』『デジャブ』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
698: 本当にあった怖い名無し:2011/07/12(火) 04:45:00.37 ID:Vb81EvdJO
タクシー
俺もタクシーで怖い体験したことあるよ


友達と焼肉食いに行ってたらふく飲んで食って街中で別れたんだわ
んで、まぁ終電(路面)の時間が過ぎてて給料日前でタクシーで帰るのも嫌だったし
ふらふら歩いて帰ることにしたんだが、やっぱり遠くてコンビニの前に止まってたタクシーに乗ったのよ

俺「○○までお願いします」
運転手「はい」

んで走りだしたんだけど、いきなり猛烈に窓ガラスを叩く奴が現れたんだ

「おい!お前!止まれ!!おいっ!!」

最初はビビったけどよく見たらオッサンだったし、なんやこのキチガイ とか思ったんだけど

「おいっ!俺のタクシー返せ!お前!ふざけるな!」

タクシーの運転手の服装してた。その後は俺無言、家につくまえに降りたわ
夜
続きを読む

【閲覧注意】死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?『不気味なモノ』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
88: 本当にあった怖い名無し:2011/06/28(火) 03:32:30.61 ID:4uEcWbpnO
見えない手相
空気読まずに書くわ。

前に、職場の先輩(Aさん)とご飯を食べに行った。
将来の話になったんだが、
私が「未来がわかればいいんですけどねぇ。占いとか行きたいなー」と言うと
Aさんはうっすら苦笑いをして、「私、行ったことあるよ」と一言。

「えっいいなー!! 何占いですか?」
「手相。3年前かな。友達と行ったんだけど」

中華街だかどっかのお店で、Aさんと友達(Bさん)の2人で入ったんだそうだ。
中には小さな部屋?広間?みたいなのがあって、ドアが一つ。
そのドアの向こうに占い師がいた。
多分、客が2人以上いた時に、順番待ちをしやすい様になっているんだろう。

なんだか想像通りというか、何というか。
胡散臭いな、と思いつつ奥の部屋に入った。

部屋は基本1人ずつだが、本人達が希望すれば2人以上で入ってもいいらしい。
AさんはBさんと2人で入った。

先にAさんが見てもらう。
正直、まぁまぁという感想。
当たっているっちゃ当たっているが、よくわからない事もあった。
まぁ、占いなんてそんなモンだろと思ったし、聞きたいことも聞けて、そこそこ満足した。

次にBさんが見てもらう。
占い師がBさんの手を見た瞬間、怪訝な顔をした。

「……これは……ちょっと」


90: 本当にあった怖い名無し:2011/06/28(火) 03:33:25.54 ID:4uEcWbpnO
続き

「え、何ですか」とBさんが聞くと、顔も見ずに「帰って下さい」と一言。

「え、どういう事ですか」
「すみません。あなたの手相は見る事は出来ません。お帰り下さい」
「見れないって? よくわからないんですけど」
「言葉のままです。私は何も言えませんし、何も見れません。お代はお返ししますので、帰って下さい」

Bさんは食い下がったのだが、占い師は見れない。帰れ。の一点張り。
どう説得しても無理そうなので、渋々店を出た。

占い師の態度が感じ悪かったので、また別の店に入り直す気にもなれず、そのまま2人は別れた。

それから二週間経ったか経っていないか、それくらいの頃。
Bさんは交通事故で亡くなったそうだ。

「見れないっていうのがね。まさか、将来が無いとかだったのかなって、思ったりして」

Aさんは寂しそうに笑っていた。
不気味
続きを読む
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ