厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

後味の悪い話

後味の悪い漫画か映画教えてください!

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/30(火) 15:52:07.015 ID:0DG4XM+q0
見たい
これ知らないと損するぞってぐらい便利なサイト貼ってけ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4677134.html

セブン
続きを読む

【閲覧注意】後味の悪い話『フィリップKディック「探検隊帰る」』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『黒田君のギター』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4717904.html
怖い
続きを読む

【閲覧注意】後味の悪い話『白線の上は安全地帯』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
958: 本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 02:41:07 ID:JKvomNn50
後味悪いというか切ない系だけど、
たしか星新一あたりが審査員をやってた一般公募のショート・ショートで
入選作を集めた投稿作品集の中の一つ。

舞台は近未来で、主人公の女性には3歳ほど年下の恋人がいた。
本気で彼との将来を考える仲だったが、そう思えば思うほど世間体で年の差をネックに感じる。
そこで主人公は一大決心し、5年ほど冷凍冬眠を受けることにした。

目覚める頃には、今はヒヨッ子の彼も妻帯の適齢期になり、自分は2歳年下の良いバランスに収まる。
彼氏は「年の差なんかどうだっていいじゃないか」と乗り気ではなかったが、
主人公の決意は固く、人工冬眠に就いた。技術的な限度だったか彼との約束でだったか、
1年ごとにいったん目覚めて、改めてまた眠り直すことになっていた。

1年目の眠りを終えて目覚めると、彼は「なあ、考え直してくれないか」と主人公に訴えかけた。
それでも主人公は、「二人の将来のため、ここは我慢のしどころよ」と、再び眠りに就いた。

2年目を終えて目覚めた時、彼は「本当にお願いだ、もうやめてくれ。
君には一瞬のことかも知れないけど、僕はずっと一人で待っているんだ」と懇願した。
主人公はやはりまた3度目の眠りに就いた。3年目を終えて目覚めた時、そこに彼の姿はなかった。

代わりに、彼からのメッセージを渡された。
『君が前回の眠りに就いてから数ヶ月後、僕は末期の病気が発覚し、余命半年の宣告を受けた。
このままでは君が次に目覚めるまですらもたないので、僕も冬眠の処置を受けることにした。
君が目を覚ましたら、どうか僕も一緒に起こして欲しい。』

メッセージを読んで、主人公は次の眠りには入らず、彼を起こして最期の時間を共に過した。
世間体だとか釣り合いだとか、そんなつまらない点ばかりに気をとられて
彼と過ごせたはずの一分一秒をもっと大事にしてこなかったことを、今さらながらに後悔した。
後悔
続きを読む

【閲覧注意】後味の悪い話『ファニーゲーム』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
ファニー

ある夏の午後、ショーバー一家が休暇を過ごすためにレンジローバー

クラシック音楽のクイズをしながら別荘に向かっていた。

途中、隣人のベーリンガーと挨拶をかわす。そこには白いシャツと白いズボン、

白い手袋を身に着けた見知らぬ2人組の男もいた。


別荘につくと妻アンナは夕食の支度にかかり、夫ゲオルクと息子は明日のセーリングの準備にかかる。

そこに、ベーリンガーの所にいた2人組の1人が

「ベリンガー婦人は今お料理をしていますが、卵がなくなってしまったようです。

ご迷惑ですが、4個くらいもらえたら大変ありがたいんです...」と話しかけてきた。


アンナはそれを受け入れて卵を渡すが、男は2度も落として割ってしまう。

そして3度目の訪問時、ゲオルクに「帰ってくれ」と言われ、平手打ちを食わされると男の態度は豹変し、

近くにあったゴルフクラブでゲオルクの脚を殴りつけ、一家全員をソファーに縛り付ける。

2人は悪びれた態度を微塵も見せず、くつろぐように家を占領し続けた。

夜になると、2人は一家にある提案をする。

「明日の朝まで君たちが生きていられるか賭けをしないか?」と。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ファニーゲーム

続きを読む

【閲覧注意】後味の悪い話『ドラマトリック・パントマイムで人を殺す女』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
896: 本当にあった怖い名無し:2011/02/01(火) 13:09:23 ID:B44WJgO90
自分の体験した話です。小学二年生くらいの時。

ある日の夕方、親戚の一家から車で遊びに来ると連絡があったので、
私はうちから歩いて五分ほどの所にある駐車場でみんながくるのを待っていた。

待っていたら見知らぬ爺さんが近寄ってきた。
どうやら酔っ払っている様子で、
「お嬢ちゃん、もうすぐ暗くなるしこんなところに一人でいたら危ないよ、おじいちゃんと一緒においで」
みたいなことを言われた。

あっけにとられていると、問答無用で手を握られ、どこかへ向かって歩き出す爺さん。
私は声も出せず、爺さんを怒らせたら何をされるかわからない!と思い、
ただ手を引かれるままについて行った。
そう言う時に限って人通りが全くなかったのをよく覚えている。

少し行くと個人経営の酒屋さんがあって、爺さんはその前で立ち止まると
「お嬢ちゃんはここでおとなしく待ってなきゃだめだよ、おじいちゃんはお酒を買ってくるからね」
と言い残して店の中に入っていった。
私は爺さんが完全に店の中に消えたのを見ると猛ダッシュで家まで逃げ帰った。
当時は怖くて、親にも友達にもその話はできなかった。

それから少し経って小学校の社会科見学で隣町の農家に行った。
施設を見学した後に農家の主人のお話を聞くことになり、
みんなで集合して待っていると主人登場。
その主人が例の爺さんだった。

私は、
「どうしよう!顔を見られたらあの時の子供だってばれるかも!ばれたら殺されるかも!」
と思い、お話し中ずっと下を向いていた。
Cube続きを読む

後味の悪い話『お金がどうとかじゃなく、あなたの良心で決めなさい』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
bokeての画像が100枚たまったから貼っていく
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5265832.html
後味続きを読む

漫画家臼井儀人の死怖すぎひんか?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/04(土)17:52:29 ID:EUd
こわい 
2009年9月11日、かねてより登山が趣味であった臼井は妙義荒船佐久高原国定公園・荒船山へ単身で日帰り登山に行くと言って、早朝自宅を出発[3][4]。列車を乗り継ぎ、下仁田駅からタクシーで登山口の内山峠へ向かい[5]、そこで目撃されたのを最後に連絡が取れなくなった。翌朝になっても帰宅しなかったことから埼玉県警察春日部警察署へ捜索願が出された[4]。このことは著名な人物の失踪事件として、各種マスメディアでも報道された。

9月19日になり、荒船山の岩壁にておよそ高さ120mの崖下に転落している男性が登山客によって発見され[6][7]、佐久消防署に通報された[8][9]。現場の状況から行方不明となっている臼井本人であることが疑われ、9月20日に群馬県警察の捜索隊が現場へ直行し、男性を収容して下仁田警察署へ搬送[6]。家族関係者により遺体の確認作業が行われ、骨が折れて顔は判別できないほど損傷が激しかったが、最終的には歯型(歯科データ)が決め手となり[10][11]、収容された男性が臼井であることが判明し、死亡が確認された[7][10]。満51歳没(享年52)。

当地での警察による検視の結果、死因は全身強打による肺挫滅であり、死亡推定時刻は11日午後頃と推定された[6][11]。滑落現場は過去に事故例がほとんどないことから[6]、事件性の有無についても捜査が行われたが、現場から発見されたデジタルカメラに残っていた最後の画像は、崖の下を覗き込むように撮影されたものであったことが判明したことから、事件性はなく、写真を撮っている際に、誤って足を滑らせて転落したのであろうと報じられた[12]。写真のタイムスタンプなどから、最後の写真は9月11日の12時20分頃に撮影されたと推定されている[13]。
2ちゃん史上最も有名なコピペwwwwwwwwwwwwwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5095361.html
クレ
続きを読む

【閲覧注意】後味の悪い話のあらすじ『ミスト』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
12:本当にあった怖い名無し:2012/01/18(水) 17:15:41.46 ID:tD++1Tde0
冠婚葬祭板の「不幸な結婚式」スレから
334 名前:愛と死の名無しさん[sage] 投稿日:2012/01/13(金) 15:39:38.27
新郎が殺人で少年院上がりの結婚式。いじめの延長で同級生を殺してしまったんだが、
少年院を出た後は大学まで出て、しっかり社会人になって結婚、式を挙げた。

その結婚式に、殺された被害者側の親とその取り巻きみたいのが
乱入してくるという前代未聞の式に遭遇したことがある。
恨みを抑えながら、加害者側が幸せの絶頂の時期になるまで我慢していたのだろうか。

ご結婚おめでとうございまーすとか言いながら乱入してきて、
皆にはサプライズの人か?みたいな目で見られていたが、
ズカズカと司会者に向かっていってマイクを奪い、加害者側と被害者側の関係を説明。

その後もいろいろあったが、一番印象に残ってるのは、泣き崩れるウエディングドレス姿の新婦に、
動物かなにか?の血をバケツ一杯ぶっかけたシーン。とにかく凄惨だった。
「人殺しの嫁にはその方が似合ますよー」とかいう内容の理由をマイク越しに大声で言っていた。

取り巻き連中は「ひっとごっろし♪」というコールを延々と続けているし、まさに地獄絵図。
ただ、式自体は最後まで続けられていた・・・
まだまだ内容のある式になったが、酷すぎるし長くなるからもう書くのやめるが、
因果応報ってあるんだよねという話
-------------------------
bokeての画像が100枚たまったから貼っていく
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5265832.html
後味続きを読む

日航機墜落事故怖すぎ・・・

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2017/10/25(水) 03:05:00.42 ID:vl677Dgt0
もう飛行機に乗れない
笑ったボケてを貼ってくスレ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5280799.html
JA8119_at_Itami_Airport_1984
続きを読む

【閲覧注意】後味の悪い話『JIGSAW デッドオアアライブ』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
12:本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 09:28:21 ID:H8x7IPVC0
プチ後味悪話で、郷里の昔話。

江戸時代になかなか強い相撲取りがいて、殿様がパトロンになっていた。
ある夏の日、その相撲取りがパトロンである殿様が乗った駕籠を担いでいると、
殿様が「暑い暑い」とぼやく。
相撲取りはひょいと駕籠を橋の欄干から川に突き出し
「これで涼しくなったでしょう」と言った。

相撲取りは打ち首になったが、死の間際に
「今後この国に強い相撲取りが出ないよう呪ってやる」と叫んだ。

何が後味悪いって、今でも幕内にほとんど郷土出身力士がいないんだ…
kらう続きを読む
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ