厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

nwk議論

人生の意味とは何か?を考える

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
人生において目的や意味とはあるのか、あるとすればそれはいかなるものなのかという問いである。自然な日本語では「人生の意義」などとは表現せず、むしろ「生きがい」という表現のほうが定着している。

この問いは、経済的に豊かな国でほど切実な問題となってくる傾向がある。経済的・物質的に豊かな国の人々ほど、ひどい「空虚感」や「心のむなしさ」にさいなまれている人の数が増える傾向がある。アブラハム・マズローは人間は基本的欲求のすべてを満たして、ようやく「自己実現の欲求」といった高次欲求にかられ始める、と言っているが、「豊かな社会」は基本的欲求を満たしやすい社会なので、高次の欲求が発現しやすく、それが満たされない苦しみにさいなまれやすいという面がある、と諸富は言う。

人生において、このような命題が人の心を捉える時期は3つある、とも言われる。思春期、中年期および老年期である。思春期を経た者の多くは、その段階なりの解答を持つ。中年期にもこのような問いが心を捉えることがある。これは「中年期の危機(en:Mid-life crisis)」などとも呼ばれる。深層心理学者のユングがこのような中年期の危機の問題に早くから関心を抱いた。 傍から見ると特に何の問題もない人で、むしろ財産・地位・家族などについては恵まれた状態の人に、このような問いで悩む人が多くいる。若いころに、「財産・地位・家族などを手に入れれば幸福になれるに違いない」と思い込み、ひたすら頑張ってきたのに、いざそれらを手に入れてみると、まったく幸福という実感が無く、自分の人生に「大切な何か」が欠けている、という気がして仕方なくなり、「人生のむなしさ」を痛感する人が多いのである。 この段階で、あらためて「残された人生で、私は何をすることを求められているのだろう?」「自分の人生を意味あるものにするためには、今後どう生きてゆけばいいのだろう?」という問いに真正面から向き合うことになるのであり、そして老年期にも、このような問いが心をとらえることがある、と諸富は述べる[3]。 神谷美恵子は以下のことを指摘する。 「自分の存在は何かのため、またはだれかのために必要であるか」という問いに肯定的に答えられれば、それだけでも充分生きがいをみとめる、という人は多い。老年期の悲哀の大きな部分はこの問いに充分確信をもって答えられなくなることにあろう。よって老人に生きがい感を与えるには、老人にできる何らかの役割を分担してもらうほうがよい。また、愛情の関係としても老人の存在がこちらにとって必要なのだ、と感じてもらうことが大切である。

この問いは、そもそも自身の価値観の決定あるいは態度決定に関する問いであるので、学問や科学は、この問いに対する解答を与えてくれはしないとマックス・ウェーバーはしている。

この問いに対する回答は宗教や哲学の中に見出すことができる。あるいはそれらを表現した文学や音楽などの芸術作品の内にも見出すことができる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AE%E6%84%8F%E7%BE%A9
おまえらの夢をわりとマジに教えろください。
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4216342.html
道続きを読む

日本と韓国の問題を冷静に議論してみよう!

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
台湾!!日本の皆!助けて!!
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4645462.html
韓国
続きを読む

日本の景観問題を考える

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
【画像】日本一美しい村が美しすぎてヤバい
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4642898.html
435_1続きを読む

【閲覧注意】本当にやった復讐『復讐からは何も生まれないって本当にそうなの?』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
【閲覧注意】本当にやった復讐『合コンクラッシャー・呪詛』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4279393.html
仕事続きを読む

死刑反対派って被害者遺族の痛みも考えられないの?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
ハルノートを受け入れれば良かった。
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4640389.html
死刑
続きを読む

インターネットの匿名性について考えよう

このエントリーを含むはてなブックマークに追加

匿名だから何言っても大丈夫…って、本当にそれ「匿名」?

あなたはSNSに自分の本名や顔写真を載せていますか? Facebookの台頭により、Twitterやその他のSNSでも顔写真や本名を公開している人が多く見受けられるようになりました。

その人の“人となり”が分かって親近感を感じる一方で、やっぱり怖いのは個人情報やプライバシーの問題。「「ネットの実名制」は本当に荒らしやネットいじめを減らすの?」では、ネットの実名制をいち早く導入した韓国では、ネット荒らしや誹謗中傷が0.9%しか減少しなかったとご紹介しました。

この記事に、多くのネットユーザーが「ネットの実名制」についてコメントを寄せていたので、今回はそんな中からニコニコユーザーの声をご紹介します。

http://news.livedoor.com/article/detail/8580488/

何回見ても笑えるボケて(bokete)画像集めたよ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4636727.html
猫
続きを読む

クローン人間の禁止は科学の発展の妨げでしかない、何か問題でもあるの?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
日本におけるクローン技術規制法のように、世界各国でヒトクローンを禁止する枠組みができつつある。理由としては、先ほど出たような寿命が短いというような問題の他に、「外見の全く一緒の人達が何人もいると社会制度上大変なことになる」「優秀な人間のクローンをたくさん作り優秀な人間だけの軍隊を作る」、「独裁者がクローンで影武者を立てる」などといった事態が起こるから、ということが挙げられるが、上記のように根本的に不可能なものがある。また、「優秀な人間だけの軍隊・野球チーム・サッカーチーム」などという存在は、生まれてきたクローン人間に強制的に軍人やスポーツ選手の道[8]を歩ませない限り不可能であり、これは「クローン人間に普通の人間並みの人権を認めない」ということになり人権上問題があるばかりか、ある意味奴隷制度にもつながりかねないものである。なお、研究上ネアンデルタール人等といった古人類のクローンについては規定が明確ではなくグレーの部分がある。絶滅した古人類をヒトとして扱うか動物として扱うかは本来法的に問題にならないが、クローン技術で復活させて研究する等といった、技術的な進歩次第では人類進化のための研究を認めるか等を考慮する必要性が発生することも考えられる。

菅沼信彦はいくら法規制をしたとしても、権力者が自分のクローンを作ろうとすることは止められないだろうと述べている。

加藤尚武は、「(クローンの作成が)ドイツでは禁止されているから、アメリカで作ろう」というような事態が起きないように、全世界共通の倫理基準を作るべきだと主張している。

このような禁止措置はES細胞、iPS細胞などの生命科学の発展の障害となる可能性があり、考え方の対立が問題となっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/クローン
何回見ても笑えるボケて(bokete)画像集めたよ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4636727.html
クローン
続きを読む

日本の教育について議論してみよう

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
笑いについての考察・分析をしてみよう
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4636861.html
Classroom2
続きを読む

二元論的考えかたによる対立問題、好きと嫌いだけで普通がないの?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から構成される、または二つからなる区分に分けられるとする概念のこと。例えば、原理としては善と悪、要素としては精神と物体など。
http://ja.wikipedia.org/wiki/二元論
魔法の天使クリィミーマミってなんでいまだに人気あるの?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4486315.html
対立
続きを読む

ビートたけし「東大生の親はほとんどが東大出身」「貧乏人のせがれは、あらゆるチャンスがない」 日本の「世襲される格差」を指摘

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
ビートたけしが、2月24日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、日本の「格差」について持論を語った。

放送では「マジメな者がバカを見る?問題だらけの生活保護をどうにかしろスペシャル」と題し、生活保護の現状について、自民党の武見敬三参議院議員、共産党の小池晃参議院議員、経済評論家の門倉貴史氏と議論を展開した。

出 演者からさまざまな意見が出る中、たけしは、バラエティ番組「たけしのコマ大数学科」(フジテレビ系)で共演した東京大学の学生は、「その親もほとんどが 東大出身、親の年収も高く、素晴らしい塾に行く」という恵まれた環境であったことを明かした。「生まれたときから教育の格差はできちゃってて、そっからも う始まってる」のだと主張した。
http://news.livedoor.com/article/detail/8601119/
たけし「スーパーが普及して商店街が寂れた。安くていい物が買えるけど、店と客の人間関係はなくなった。」
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4318580.html
TakesiKitano
続きを読む
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ