厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

心理テスト・占い

心理学とか言うインチキ似非科学wwwwwwwwww

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/17(水) 15:41:23.251 ID:ljllqMm/0
存在価値ないやろ
心理学

続きを読む

心理学者「無能ほど自分の能力が高いと思っている。上から目線で物事を評価する人が典型」

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/07/30(月) 09:13:41.04 ID:4jLGrwJ/0
ダニングクルーガー効果というらしい
上から
続きを読む

女はなぜパワーストーンで騙されてしまうのか?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
パワー
続きを読む

君たちの精神状態はどのタイプ?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。 2018/06/17(日) 06:37:37.03 0
一般人
no title


メンヘラ
no title


開き直ったメンヘラ
no title
続きを読む

「最初に見えた動物」で、あなたの性格を診断

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2017/11/21(火) 10:01:20.68 ID:T8dyDE4W0
no title
続きを読む

お前らちょっと手見てみ? 選ばれし者のみが持つX型手相

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [GB] 2017/10/29(日) 13:50:47.01 ID:Y+Mcn5hP0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
「手相」は東洋の占いというイメージが強いが、実は西洋には12世紀から「Palmistry(パーミストリー)」と呼ばれる
手相術があった。今回はその手相のちょっと変わった話題をお伝えしたい。

■全人口のわずか3%が持つ「X印」とは
古代の科学である手相術はヒンドゥー・ヴェーダ占星術にルーツを持つ。「Palmistry(パーミストリー)」はインドが
発祥の地で、その後チベット、中国、エジプト、ペルシャ(現在のイラン)を経て世界中に広がったと考えられている。
エジプト学者たちの中には、マケドニアのアレキサンダー大王は手のひらに変わった印が付いていたという意見を唱える
者がいる。両方の手のひらにX型の線があったのだ。偉大なリーダーであったアレキサンダー大王はそもそも手相術に深い
興味を持っており、彼の動きはすべて手相に沿って計画されていたというのだ。
このX型の線を仮に「X印」と呼ぶが、これを持つ人は非常に少なく、全人口のわずか3%に過ぎないといわれている。

no title

no title


モスクワのSTI大学の研究者たちは、このテーマを分析するため200万人を超える人々を調査し論文を発表した。そして、
その研究でX印をどのような人が保有し、その人の運命を決定づけているかを報告している。
この研究では生存者と死者の両方が調査対象とされ、手のひらに珍しいX印がある人たちには1つの共通点があることがわ
かった。それは、X印を持つ人々は、何らかの偉大な功績を成し遂げて、代々人々の記憶に残るということだ。

これらの人物は専門分野における著名な組織のリーダーか、あるいは名の知れた個人であるという。また、片手だけにX印
がある人物は生きている間に有名になり、両方の手のひらにX印がある人物は、死後も歴史に名前が刻まれるとも報告して
いる。
この印を両方の手のひらに持つ人物には、先に挙げたアレクサンダー大王、そして第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラ
ハム・リンカーンがいる。そして現存する人物では、ロシアのリーダーであるプーチン大統領もこの印を持つ。オバマ前大
統領も多くの写真を見ると、この印を持っていると思われる

(以下略)
http://tocana.jp/2017/10/post_14903_entry.html
続きを読む

『良心をもたない人たち』――身近に潜む“サイコパス”にご注意を TOP7

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CN] 2017/10/26(木) 15:42:53.69 ID:OG/bHgc10 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
「サイコパス」の認知度は、某アニメの影響もあってか、ずいぶんと上がったように思う。メディアの影響で、「猟奇的な殺人者」
「暴力的な犯罪者」というイメージが強いかもしれないが、学術的な見地から考えた時、そういったサイコパスはごく一部だという。

サイコパスの特徴は、以下にまとめられる。

1.社会的規範に順応できない
2.人をだます、操作する
3.衝動的である、計画性がない
4.カッとしやすい、攻撃的である
5.自分や他人の身の安全をまったく考えない
6.一貫した無責任さ
7.ほかの人を傷つけたり虐待したり、ものを盗んだりしたあとで、良心の呵責を感じない

3つ以上当てはまった場合、精神科医の多くは「反社会性人格障害」を疑うそうだ。
https://ddnavi.com/review/407603/a/
サイコ
続きを読む

デートで使える心理テクニックを教えてくれ!!!!

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/24(木) 15:43:12.181 ID:Q2S7ojHOa
よろしくお願いします。
地球とか人類の謎を異星人から教わった話
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4820526.html
デート
続きを読む

【画像】お前ら手相で「ますかけ線」っていう珍しい手相知ってる?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/06(日) 12:15:40.902 ID:pPJHWs8d0
【閲覧注意】最恐の毒キノコ決定戦
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4045561.html

これなぜか手相番組じゃ絶対出てこないんだけど手相がマジで「て」の形してんだよ
片手はちょいちょいいるみたいだけど両手共にとなると相当らしい
no title

左 no title


↑俺の手だけど画像だとちょっとグロいかも

この手相の特徴は強運、成功者に多いらしい
ただこの手相持ってる中でも強運を発揮できる奴は限られるらしく多くは埋もれていくそうだ



続きを読む

人を操るサイコパスの避け方5つ

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [IN] 2017/07/13(木) 14:26:55.10 ID:IGDeVW4t0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
職場でのサイコパスの見分け方

『パーソナリティー研究ジャーナル(Journal of Research in Personality)』に掲載された2010年の研究では、
刑務所行きとなるサイコパスとビジネスで成功するサイコパスの違いを調査している。

調査の結果、成功を収めるグループは他のサイコパスにも共通する基本的特徴・習慣である不誠実さ、搾取、傲慢(ごうまん)さ、
後悔や自己批判の少なさ、冷淡さ、感情の薄さがみられることが分かった。

サイコパス対処方法

1. ひるまない
サイコパスは脅迫や攻撃によって他者を支配しようとする。話すときにあなたを見下ろす姿勢を取ったり、オブラートに包んだ脅迫をしたりするかもしれない。
しっかりとした態度で自分の立場を固持し、いじめや嫌がらせは人事部に報告しよう。

2. 冷静さを保つ
冷静さを失うと、サイコパスはこちらの感情を操作可能だと感じ、あなたを支配する力を強めてしまう。相手の行動が許し難いものであっても、
冷静さを失わないよう努めることだ。

3. 相手の話をうのみにしない
サイコパスは追い詰められると、責任を他人に押し付けようとする。そうした言い訳を聞き同情してしまえば、相手の思うつぼだ。
本当は自分が被害者だということを示すための長話には惑わされないようにしよう。

4. 会話をサイコパス自身に戻す
サイコパスが誰かのせいにしようとしたときは、会話を向こうに戻すこと。「大丈夫ですか? 今日はミーティングで自制心を失っていたので、
少しストレスを抱えているのではないかと思っていました」などと言う。相手の欠陥を指摘すれば、その武装を解除できる。

5.サイコパスは可能な限り避けること
不快な人と同じ職場で働くと、心身の健康に深刻な害が出ることが研究から明らかになっている。そのため、可能ならサイコパスは避けるべきだ。
https://forbesjapan.com/articles/detail/16928
転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499923615/

どんどんオカルトを語れ『畑を耕したら尋常じゃない程の骨←翌日消える』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5236033.html
松永
続きを読む
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
プロフィール

zarathustra1116@yahoo.co.jp

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ