厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

イラク

「イラクで何が起こったのか」 米イラン問題、河野防衛相が分かりやすく時系列でまとめてくれてるぞ

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: ヒマラヤン(愛媛県) [US] 2020/01/08(水) 20:04:23.35 ID:B2htGj4/0 BE:135853815-PLT(12000)
河野太郎@konotarogomame
ブログ更新:イラクで何が起こったのか
https://twitter.com/konotarogomame/status/1214834191126261762

イラクで何が起こったのか

2020年1月8日(日本時間)、イランから発射されたミサイルが米軍及び有志国も駐留するアル・アサド及びエルビルの二つのイラク軍基地に着弾しました。
イラン革命防衛隊は、地対地ミサイルの発射を発表しています。

イラクで何が起きたのか、公開情報で時系列に見ていきます。

2019年10月以降、イラクで米軍が駐留する基地に対する攻撃が多発しました。

バグダッドで10月2日、タジ空軍基地で10月28日、バグダッドで10月30日、アサド空軍基地で12月3日、バラド空軍基地で12月5日、
バグダッドで12月9日、12月12日、ロケット弾などでの攻撃がありました。

アメリカ人には被害はなかったもののアメリカはソレイマニ司令官の関与を主張。

12月27日、対ISIL有志連合が駐留するイラク中部キルクークのイラク軍基地にロケット弾30発以上が着弾し、
米軍が契約する民間人が1人死亡、米軍兵士4人とイラク治安部隊2人が負傷しました。

29日、アメリカはこの攻撃を含む米軍への相次ぐ攻撃を行ったとしてイスラム教シーア派の武装組織カタイブ・ヒズボラの拠点5カ所
(イラク西部3カ所及びシリア東部2カ所)へ「防御的対応」として精密攻撃を実施。

12月31日、カタイブ・ヒズボラに対する米軍による攻撃に反発したイラクの民衆がバグダッドにあるアメリカ大使館を襲撃し、
大使館の建物が損傷し、米国務省はイラク在住のアメリカ国民に対し、イラク国外への退去を要請。

アメリカは、イランと関係の深いシーア派民兵組織がデモを扇動し、デモの中に民兵組織の制服を着た構成員を確認したと主張。

同日、大使館防護を目的にクウェートから海兵隊を緊急展開するとともに、エスパー国防長官が空挺師団から一個大隊(約750人)を緊急展開する計画を発表。

1月2日、エスパー国防長官は、イランとその代理勢力がアメリカへの攻撃を実施する兆候がある、局面は変化し、米軍はイランへの先制攻撃を辞さずと警告。

(続く)
河野太郎
続きを読む

【悲報】第三次世界大戦、ツイッタートレンド1位になる

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/01/04(土) 06:25:31.18 ID:wDzIeshla
いったいなにがはじまるんです? 
WWⅢ
続きを読む
スポンサードリンク
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
哲学ニュースnwkプロフィール

zarathustra1116@yahoo.co.jp

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ