厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

哲学

【画像】道徳の教科書「ふと横を見ると、大柄な人がいるのに気づく。」

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/03/05(金) 13:47:14.545 ID:VfyXPRgCd
      
no title
続きを読む

なぜ人間は名前をつけないと物を認識出来ないのか

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 21/02/25(木)03:28:13 ID:EmY
目の前になにかがあっても名前をつけないと存在を認識できないのはなぜや
ai_image_gazou_ninshiki
続きを読む

哲学の問題のスワンプマンについてどう思う?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/04(月) 00:12:42.105 ID:WonUWwLg0.net
詳細はぐぐるか優しい誰かが教えてくれるだろう
ちなみに俺は同一じゃ無い派だ!!!!!!!!!!!
A=AではなくA=Bの時点で同一ではない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ある男がハイキングに出かける。道中、この男は不運にも沼のそばで、突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばの沼へと落ちた。なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥と化学反応を引き起こし、死んだ男と全く同一、同質形状の生成物を生み出してしまう。

この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う。スワンプマンは原子レベルで、死ぬ直前の男と全く同一の構造を呈しており、見かけも全く同一である。もちろん脳の状態(落雷によって死んだ男の生前の脳の状態)も完全なるコピーであることから、記憶も知識も全く同一であるように見える[1]。沼を後にしたスワンプマンは、死ぬ直前の男の姿でスタスタと街に帰っていく。そして死んだ男がかつて住んでいた部屋のドアを開け、死んだ男の家族に電話をし、死んだ男が読んでいた本の続きを読みふけりながら、眠りにつく。そして翌朝、死んだ男が通っていた職場へと出勤していく。
http://ja.wikipedia.org/wiki/スワンプマン
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1430665962/
四大ウザい論法「悪魔の証明」「論点のすり替え」「人身攻撃」
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4834600.html

Raffael_058
続きを読む

日本人って宗教的・哲学的考えがないよね

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 21/02/16(火)19:55:36 ID:qvx
ゆえにもろい
ぎり
続きを読む

【おはよう哲学】ブッダという人類史上最高の思想家

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/02/11(木) 05:08:17.11 ID:JVTNkVCr0
「この世の物質・事象は全て相対的なもので、知覚が見せる幻のである。絶対的か価値観など存在しない。喜びや悲しみなど最初からないものと知れ」


ちょうど同じ頃の中国春秋時代に、荘子という大天才が同じ結論に達した
仏陀
続きを読む

【哲学】生きる意味って何だと思う?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/29(金) 19:15:19.303 ID:ukKkcVgA0NIKU
マジレス頼む
ぎり
続きを読む

宇宙って気の遠くなるほどの年月をかけて産まれては消えてくらしいな

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。 2021/01/24(日) 11:46:14.31 0
証明された学説をかき集めると
10万年後、今見える星座のほとんどが形をとどめてないらしい
20億年後、今より明るくなった太陽に地球の海が蒸発してほとんどの生命は死滅するらしい
40億年後、天の川銀河とアンドロメダ銀河が一つになるらしい
80億年後、太陽は赤色巨星と化し地球は飲まれるらしい
1兆年後、宇宙が膨張しすぎて新たな星が誕生しなくなるらしい
100兆年後、宇宙が縮小していくらしい
10の45乗年後、全ての物質は崩壊してブラックホールのみの時代になるらしい
10の107乗年後、ブラックホールも蒸発して無の空間になるらしい
そこからさらに途方もない年後、宇宙には何も存在しなくなるらしい(ダークエラ)
時間が意味をなさないままさらに時間を進めていくと、波打つ真空が超高温となり爆発して新たなエネルギーが生まれるらしい(ビッグバン)

生命とは何か考えさせられるな
宇宙
続きを読む

押井守「宮崎駿はいま限りなく不幸になってる」

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 山形 ◆KOXgMCLfNY 2021/01/14(木) 00:23:43.90 0
「あれほど孤独な人間はいないって。もう?ちゃんですら相手にしなくなった。
そりゃそうだ。完全におかしくなってるんだもん~奥さんにもパージされた」
「監督稼業滅多斬り」より
押井
続きを読む

「死」のトリビア教えてくれさい

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 忍法帖【Lv=30,xxxPT】 :2011/09/01(木) 01:00:02.11 ID:DlgDfLmb0
人は死ぬと300グラムくらい軽くなる


2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 01:00:24.75 ID:6vGH90F40
というのはガセ
魂の重さは21グラム
ダンカン・マクドゥーガルはアメリカ合衆国マサチューセッツ州の医師。
人間が死ぬ際の体重の変化を記録することで魂の重量を計測しようと試みた実験で知られる。

彼は6人の患者と15匹の犬を使い、死ぬ時の体重の変化を記録しようと試みた。
その結果、人間は死の際に、呼気に含まれる水分や汗の蒸発とは異なる何らかの重量を失うが、
犬ではそういった重量の損失が起こらなかった、と報告した。
この実験結果は、1907年にニューヨーク・タイムズや医学雑誌「American Medicine」に掲載された。

この実験結果は測定のずさんさや標本数の少なさなどから科学的な信憑性は認められていない。
マクドゥーガル医師は患者のうち2名では計測に失敗したと自ら認めている。
また、死の瞬間をどう設定するか、などの測定の基準もはっきりとしていない。

しかし、これを契機として「人間の魂の重さは21グラムである」という俗説が広まった。
この21グラムという値は6人の患者での平均結果と言うわけではなく、
一人目の患者での結果である4分の3オンス(およそ21.262グラム)に由来する。
2003年に制作された映画『21グラム』のタイトルは、
「人間の魂の重さは21グラムである」というこの説を元にしている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ダンカン・マクドゥーガル
死続きを読む

「哲学的ゾンビ」 「世界5分前仮説」←有り得ないと解りつつ不安になるよな

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/08(水) 22:23:45.548 ID:au9GnsDJ0.net
下手なホラーより怖いわ
「物理的化学的電気的反応としては、普通の人間と全く同じであるが、意識(クオリア)を全く持っていない人間」と定義される。

デイヴィッド・チャーマーズが1990年代にクオリアの説明に用いた思考実験であり心の哲学者たちの間で有名になった。

ホ ラー映画に出てくるゾンビと区別するために、現象ゾンビ(Phenomenal Zombie)とも呼ばれる。おもに性質二元論(または中立一元論)の立場から物理主義(または唯物論)の立場を攻撃する際に用いられる。ゾンビの概念を 用いて物理主義を批判するこの論証のことをゾンビ論法(Zombie Argument)、または想像可能性論法(Conceivability Argument)と呼ぶ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/哲学的ゾンビ
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1428499425/
【閲覧注意】この間行った恐怖の村の話
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4693864.html
ゾンビ
続きを読む

「死」のトリビア教えてくれさい

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 忍法帖【Lv=30,xxxPT】 :2011/09/01(木) 01:00:02.11 ID:DlgDfLmb0
人は死ぬと300グラムくらい軽くなる


2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 01:00:24.75 ID:6vGH90F40
というのはガセ
魂の重さは21グラム
ダンカン・マクドゥーガルはアメリカ合衆国マサチューセッツ州の医師。
人間が死ぬ際の体重の変化を記録することで魂の重量を計測しようと試みた実験で知られる。

彼は6人の患者と15匹の犬を使い、死ぬ時の体重の変化を記録しようと試みた。
その結果、人間は死の際に、呼気に含まれる水分や汗の蒸発とは異なる何らかの重量を失うが、
犬ではそういった重量の損失が起こらなかった、と報告した。
この実験結果は、1907年にニューヨーク・タイムズや医学雑誌「American Medicine」に掲載された。

この実験結果は測定のずさんさや標本数の少なさなどから科学的な信憑性は認められていない。
マクドゥーガル医師は患者のうち2名では計測に失敗したと自ら認めている。
また、死の瞬間をどう設定するか、などの測定の基準もはっきりとしていない。

しかし、これを契機として「人間の魂の重さは21グラムである」という俗説が広まった。
この21グラムという値は6人の患者での平均結果と言うわけではなく、
一人目の患者での結果である4分の3オンス(およそ21.262グラム)に由来する。
2003年に制作された映画『21グラム』のタイトルは、
「人間の魂の重さは21グラムである」というこの説を元にしている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ダンカン・マクドゥーガル
死続きを読む

ネガティブな名言を貼っていくよ

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/11/28(土) 15:00:03.230 ID:sMrLe93ya
心に響いた言葉を貼っていくから興味のある人は見ていってよ。
ネガティブじゃないじゃんとか、名言じゃないじゃんていうのがあるかもしれないけど、そのへんは許してね。
ではスタート!
ぎり
続きを読む
記事検索
スポンサードリンク
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
哲学ニュースnwkプロフィール

zarathustra1116@yahoo.co.jp

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ