厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

哲学

人の行動には「理由」があると思ったら生きるのが楽しくなった

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/23(木)01:19:40 ID:fbV
よく理不尽な事を言われたりされたりすると思うがそれらは「理由」があってそうなってる
わかるかね?
人生で役に立つであろう法則を貼ってく
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4893885.html
おこ
続きを読む

夢は別次元の自分の記憶説

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/14(火)04:38:57 ID:EV2
常にそれだとは言わんが、別次元の自分の記憶が混じってる気がする
この世で触れてはイケない謎ってなんかある?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4751049.html
寝る
続きを読む

キリスト教が一番ヤバい件

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 18:24:14.90 O
イスラム教帝国は異教徒には寛容でユダヤ教もキリスト教も共存してた。

現代イスラム教とユダヤ教の対立も元はキリスト教が悪い。

十字軍もユダヤ人差別もキリスト教。

今は人権派みたいな顔してるけど諸悪の根源はキリスト教じゃね?



続きを読む

バットとボールはセットで1ドル10セント。バットはボールより1ドル高い。ボールはいくら?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/01(火) 16:26:33.48 ID:QD2UYmd40
「人間の非合理性」を科学する

「バットとボールはセットで1ドル10セントします。バットはボールより1ドル高い。ボールはいくらですか」
という問題を、有名大学の学生の5割以上が誤答する。

こうした非合理性はどこから来るのだろうか。

筆者は最近『Wall Street Journal』紙に、ノーベル経済学賞を受賞した
プリンストン大学のダニエル・カーネマン教授が

一般向けに書いた新著『Thinking, Fast and Slow』を紹介するコラムを書いた。
プロスペクト理論[人間の心理的傾向を考慮した意志決定論]で有名な同教授による、素晴らしい本だ。

まずは、単純な算数の問題を紹介しよう。
「バットとボールはセットで1ドル10セントします。バットはボールより1ドル高い。ボールはいくらですか」
大多数の人は、すばやく自信を持って、ボールは10セントだと答える。しかしこれは間違いだ。
正しい答えはボールが5セントで、バットが1ドル5セントというものだ。
興味深いことに、高等教育を受けていても事態はあまり変わらない。

ハーバードやプリンストン、マサチューセッツ工科大学の
学生たちも、50%以上が間違った答えを出してくるという。

カーネマン教授は、上記のような問題を50年間にわたって人々に出してきた。

同教授のシンプルな諸実験は、われわれの思考についての考え方に深い影響を与えてきた。
哲学者や経済学者、社会学者たちはこれまで、人類を合理的な存在と考えてきたが、同教授とその同僚は、
われわれは自分で信じたいほど合理的な存在ではないということを明らかにしてきたのだ。
http://wired.jp/2011/11/01
セット続きを読む

【悲報】日本、偉大な思想家が一人もいない

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/10(金)23:11:11 ID:CxT
ドイツ
ルター ライプニッツ ゲーテ カント ヘーゲル ショーペンハウアー ハイデガー フロイト ニーチェ マルクス

フランス
デカルト モンテーニュ パスカル ルソー サルトル カミュ メルロ=ポンティ フーコー レヴィ=ストロース デリダ

イギリス
ロック フランシス・ベーコン ホッブズ アダム=スミス ベンサム ヒューム ラッセル ミル

インド
ブッダ シャンカラ ナーガールジュナ ラーマクリシュナ ガンディー

中国
孔子 孟子 荀子 老子 荘子 朱熹 王陽明 韓非子 孫子

ギリシア
ソクラテス プラトン アリストテレス ピタゴラス ヘラクレイトス ゼノン エピクロス

イタリア
キケロ セネカ マルクス=アウレリウス トマス=アクィナス マキャヴェリ


日本
聖徳太子(笑) 空海(笑) 親鸞(笑) 道元(笑) 本居宣長(笑) 西田幾多郎(笑) 福澤諭吉(笑) 内村鑑三(笑) 和辻哲郎(笑)
2ch系怖い話の恐怖度ランク付けしようぜwwwwwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5164602.html
_1943
続きを読む

宇宙はどうやって出来たの? なんで無から星やら生命やらが生まれるの?

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
2ch系怖い話の恐怖度ランク付けしようぜwwwwwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5164602.html
Hubble_ultra_deep_field
続きを読む

自分の中で発見した法則、またはルール

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/01(水)00:28:13 ID:Mkl
テンションがやたらに高いやつにいい奴は少ない
お前らがいる世界は存在しているのか?水槽の中の脳が見せた世界じゃないのか?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4881459.html
法則
続きを読む

日本の新興宗教の信者数が軒並み激減

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 02:15:07.64 0
  日本の新宗教界に異変が起きている。天理教、立正佼成会など大手の信者数が軒並み激減しているのだ。
その背景には何があるのか、宗教学者の島田裕巳氏が解説する。
 * * *
 創価学会の信者数は今のところ横ばいだが、他の新宗教に目を向けると信者数の減少に歯止めがかからず、
もはや消滅の危機を迎えている。

 文化庁「宗教年鑑」にその傾向ははっきり表れている。江戸末期に成立した天理教は1990年に約180万人いた
信者数が2015年に約117万人と、25年間で3分の2に縮小している。

 立正佼成会も同じ期間に約633万人から約283万人と半分以下にまで落ち込んでいる。注目すべきは、
2014年から2015年の1年間だけで実に26万人減少していることだ。このペースで減り続けると約10年後には
教団は消滅する計算になる。

 この背景にあるのは先進国に共通する「宗教消滅の危機」と同じ理由による。

 1990年代以降にインターネットが普及し、人は何か悩みを抱えても、教会の門を叩くより、
まずはネットで検索するようになった。

 日本人の多くは欧米では日曜日に教会に行くものと誤解しているが、ヨーロッパではミサに集まるのは
高齢者ばかりで、その数も年々減っている。アメリカでさえ無宗教が増えている。

 そうした社会ではすでに宗教的カリスマを必要としなくなり、心の拠り所は“ゆるキャラ”で充分ということになる。

 日本の新宗教が信者を増やしたのは、高度成長期に地方から都会に出てきた人を取り込めたことにある。
希薄になった人の繋がりを宗教に求めたからだ。しかし、現代の若者は何か困ればスマホがあり、
人間関係はSNSで築く。それでは宗教の出る幕がない。

 その意味では、創価学会も同じかもしれない。聖教新聞を配るバイトは敬遠され、日々の生活で経を読む勤行を
あげれば報われるといった信仰心は薄れていく。しかし、前述したように、宗教を超えた日常を基盤とする組織を
構築できたことが、他の新宗教にはない強みとなっている。

 新宗教の教団が軒並み消滅した後でも、その枠を超えた創価学会だけが、人的ネットワークの強みを発揮して
生き残る可能性は高い。
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_480409/
戦争が発明したもので打線組んだwwwwwwwwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4880846.html
PL塔0
続きを読む

正論のパラドックスというのを考えてみた

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/02(木)20:27:40 ID:JXg
正論とは正しい論である
論だけで正しくはなれない
正論は正しくない

的な感じのを構築したいんだがアドバイス頼む
2ch系怖い話の恐怖度ランク付けしようぜwwwwwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5164602.html
正論
続きを読む

死後の世界語る部

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 03:18:21.11 ID:UBPkzyl10
どうなるンゴ?
【閲覧注意】一番ビビった検索してはいけないワード
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4618400.html
cult_kanyuu
続きを読む
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ