最近、食品についての不祥事が続いている。
ミスタードーナツ、不二家などなど、ちょっと前では、
雪印食品などが懐かしいところ。

 この不祥事って、食品そのもののミスが原因で
会社が潰れたり、何となく不買運動になったりしている。

 でも、食品に関してというともっと気をつけなくては
ならない食品があるような気がする。
 アメリカ産の牛肉だ。これに関しては、日本人は以外と
楽観的なような気がする。

 かなり、ずさんな管理のアメリカ産牛肉になぜ、不買運動的な
ことが自然と起こらないのかが不思議。

やっぱり、戦争に負けた国だから?アメリカ万歳やから?
売れなければ、輸入しないのにね。資本主義なら。

まあ、加工食品になったらわからないからかな。どうなんでしょう?