このエントリーをはてなブックマークに追加
    2:2013/09/16(月) 23:11:12.05 ID:

    今日も今日とて残業地獄。時計を見たらもう午後11時を回ってる。大きな伸びをした後にため息一つ。

    関節がパキポキいい音を立てる。無論、仕事が多いのは喜ぶべきだが、どうしても疲れは溜まってしまう。

    ちひろさんからもらったスタドリの効力はとうに尽きてしまった。


    「今日はこの辺でいいか」


    孤独なつぶやきが、薄暗い事務所にむなしく響く。


    「鍵はどこだったかな、えーっと……」


    ちひろさんから預かった鍵を探すも、書類の山に紛れてしまったのかなかなか見つからない。
    【三船美優「耳かきはいかがですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2013/04/04(木) 14:24:04.47 ID:

    学校の授業ってのは、ひどく退屈なもんだ。

    アイドル生活が充実してるってのもあるけどな……。

    ……やっぱ、会いたくなっちまう気持ちってのは、どうしようもねー。

    あいつは今日も学校まで迎えに来るとか言ってたし、すぐ会えるだろ。
    【【R-18】モバP「あちゃー。拓海は笑顔よりエロ顔の方が得意だったかー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2012/11/27(火) 14:33:25.68 ID:

    居間

    セイバー「……」ペラッ

    士郎「珍しいな、セイバーが読書なんて」

    セイバー「ライダーから借りました」

    士郎「そっか。今日の昼食はなにがいい?」

    セイバー「シロウにお任せします。それよりも飲みたいものがあるのですが」

    士郎「飲みたいもの?ジュースならオレンジとアップルぐらいしか今はないな。お酒は藤ねえが持ってきた焼酎とウイスキーならあるけど」

    セイバー「シロウ、オチンポミルクとはどのような飲み物ですか?」

    士郎「……」

    セイバー「あ、いえ、牛乳の類であることは名称から想像できます。しかし、飲んだ者の全てが奇声をあげながら美味だと賞賛しているので気になってしまって」

    士郎「その本にそう書いてあったのか?」

    セイバー「はい」
    【セイバー「シロウ、オチ〇ポミルクとはどのような飲み物ですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2013/02/17(日) 20:54:14.24 ID:


    プロデューサー好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
    プロデューサー愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる
    プロデューサー好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
    プロデューサー愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる
    プロデューサー抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて

    P「」
    【P「ん?机の上に手紙が」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2:2013/09/15(日) 14:04:15.27 ID:




    留美(近頃は担当するアイドルが180人を越えてますます忙しくなってるP君…)


    留美(彼のために何か……そう思って料理を始めてみたけれど、やっぱり自分の舌だけじゃ心配だわ…)


    留美(P君に振舞う前に、事務所のみんなに試食してもらいましょう)



    みちる「ご飯食べさせてもらえると聞いて!」


    留美「まだ呼んでないわ」
    【和久井留美『試食をお願いしたいのだけど』】の続きを読む

    このページのトップヘ