チャウチャウは10対10のスクエアな体型の筋肉逞しい犬です。決して短足ではありません。 縦の溝のみで形成される、しかめっ面には余計な皺や目が隠れる程の弛みは要りません。内反手術はチャウの特徴ではありません。それらの必要のない健全なチャウを作っていく必要があります。 今年で33年目、まだまだこれからで~す☆

☆☆ NYAN CHOW メンバー☆☆
***FEMALES***
CanCH
レニ(Canada輸入犬)

ペイジ(USA輸入犬)

AMCH
チョビン(Norway輸入犬)

フィオナ(Canada輸入犬)

アフィン(自家繁殖犬)

フレイヤ(Canada輸入予定)

***MALES***
IntCH&BISCH&CH.
クラウス(自家繁殖)

CH.
マカタ=まぁくん(自家繁殖犬)

AMCH.
ドクターペッパー(USA輸入犬)

ルーファス(自家繁殖犬)

**Export組**
BIS/CanGCHシーヴォ@Canada
CHキング@Lithania
ティファニー@UK
CanCHワンダー@Canada
清子@Canada
黒美@Canada
ナタリー@USA

詳しくはNYANCHOW Web Siteをご覧ください。
チャウチャウを広く知ってもらうために、ブログランキングに参加しています♪
ぜひ、ワンクリックお願いします☆


にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村
NYAN CHOW Info
18才からCHOW CHOW LAND KENNELに通い始め、プロハンドラーの麻生氏について全国のDog Showに行っていました。早いものでチャウチャウに携って33年以上が過ぎました。

獣医師である夫と子供とチャウチャウの為に埼玉県~仙台を経て岩手県に移り住んだのが1998年。

海外の友人達の協力の元、現在イギリス・ノルウェー・カナダ・アメリカのチャウを輸入し、健全・スクエア・性格の良さを基本に趣味でショーとブリーディングに取り組んでいます。

自分の理想のチャウを作る為のブリーディングですが、一緒に生まれたペットも健全で飼いやすいチャウである為にも我が家のチャウは全てヘルスチェックを行っています。
ブリーディングに適しない両親はブリーディングから外します。
そこに、オスメスいるから子犬が生まれる的な行為は一切しません。

チャウチャウに関わる事なら何でも御相談ください。メールも大歓迎です♪

子犬のお問い合わせは、HPのメニューから入って、
『子犬の譲渡に関して』 を読んで頂いてからメールで、お願いします。
(必ず自己紹介を一緒にお願いします)
http://nyanchow.wixsite.com/chowchow
最新コメント

日本に限らずの話なのですが
いろんな国のチャウ達を見ていて思うのですが
上腕や前腕が若干短いね~とか
胸が広いとか狭いとか~
そんなレベルの話でなく
大丈夫か?って思う繁殖を普通にしてる人
本当に多くてびっくりするよね
まともに歩けないチャウはチャウ以前に
犬としてどうだろう?
そして、その犬をあげるジャッジや
それで繁殖する人
そういう人に限って股関節だ
遺伝子検査だは全く関係ない様で
本当に恐ろしい・・・・
その人にとっては、形がチャウチャウで
子犬のうちに売れてしまえば良いのであろう
そもそも繁殖出来るレベルなのか?
ちゃんと検査してみようよってレベルです
CH取ったら繁殖適応って思っている人が
まだ沢山いるのでしょうか?
チャウとして可愛いのと
犬として健全というは全く違うし
そしてチャウとして見ると
一部がかなり誇張していても
良いと思ってしまう人が
世界にも、まだまだいるんだね
そういうところが盲目になるんでしょうね
それで勝ててしまえば尚更なのかもしれない

昔、写真でチャウの上半分を隠して
下半分のチャウを見ただけで
その隠した上を想像できるか?
それが想像通りであった場合
それがバランスが良いチャウである
それで判断できる!
とか言われた事もありましたけど
それって、まともな形が
頭に入ってる人限定だからね。笑
分かってる人に通じるだけで
頭だけデッカくて毛が長くて
下半分が短か~い足を見てきて
それを普通に想像する人だと
それをやっても意味がないよね。笑

他の犬との違いからのチャウらしさ
というのを考える今日この頃
さて何故チャウのスタンダードには
その文字が必要なのか?
そして、それと逆に何故??
他の犬には、ある文字が
チャウのスタンダードにはないのか
不必要なのか?を考えながら
またスタンダードを読み
色んなことを考えてみているんですけどね
チャウとしてだけを見てきてたことが
また違って見えるんだと斬新(笑)


JKCの犬種標準図鑑
昔は、毛が長くてシワだらけのチャウだった
時期もあったけど、結局キングソロモンの様な
いでたちのチャウに戻ってきて納まりました
これは故高木氏も(笑って)喜んでいました


一般外貌(JKC)
活動的、且つコンパクトで、カプリングは短く、
本質的にバランスが良く取れており、
ライオンの様な外貌をしている。
また気高く、威厳があり、しっかりした体躯構成を
しており、尾は背負っている。
常に自由に動けなければならず、
けっして活動の妨げになったり、
暑い気候の中で苦痛を感じたりするほどの量の
被毛があってはならない。
青みがかった黒い舌が特徴である。

他の犬種のスタンダードには
歯は42本完全を要求されているのが
ちゃんと文字で書いてあったりする
って事が斬新だった!笑
チャウは歯列と噛み合わせには拘っているが
本数は全く書かれていない
欠歯の文字もない
書かれている事柄から離れた分だけ
評価がマイナスとなるだけ
スタンダードが良いチャウとしての
最低基準でしかない事を思い知らされる感じ

歯で言えば要は門歯が大事だから
と、理解できる
歯列の違いで、あのチャウらしい顔を
表現する風貌があきらかに
変わってきてしまうから
門歯が真平らに並んでいること
これがラウンドが強いと違うんだよね
マズルの幅が変わってしまうから


尾についても

尾付は高く、背負っている

のみ書かれている
他の犬のように下げた時に飛節に達するとか
先に向かってカーブする、とか
二重に巻いていても良い、とか
巻いては、いけない、とか
いっさい書かれていないのです
実際に巻尾だったりカーブだったり
真っすぐな
尾を持つチャウがいるからね
高い位置に背負っていると言うことが
必要最低限の基準なんですね
その先はブリーダーのこだわりの部分(笑)

目については大きく変化した文章になった
(ここでは何度も書いているけどね)
アーモンドアイという文字は無くなり
オーバル(卵型)だし

目の大きさのみが問題となって
欠点とされることはない

って文章になったんだよね~
何故なんだろう?
目型は頭部の作りと
かなり関係もあるのだけれども・・・
アーモンドアイとたとえ書いて無くとも
目の形に拘りたいのがブリーダーだと思う


足についても
小さく、丸く、猫脚の様な指趾で
しっかり立っている
大きく丸くではないのですよ
(実際同じサイズ位の他犬種よりも大きいのにね)
さて何に比べて何か?が大事なのかも。笑


他の犬種に比べると、チャウって
凄くザックリしてるのね・・・
って新たに思ったのであった(笑)
あくまで他と比べて(笑)

チャウの海外のサイトやチャウクラブでは
当たり前にスタンダードに書かれていない
パーツの部分や細かい解説があるのですが
それを一切読んでいないであろう
ブリーダージャッジでない人は
この細かい部分を知らずに
何処で判断するのであろうか?

前にも、ここに書いた1:2:4:6の長さの
比率や、体格の基準になる比率の図
FCIのスタンダードには当然だけれども
一切書いていない
チャウをやってる私たちには
当たり前に目にしたり
知ってることであっても
そうでない人には日本では特に
目に止まるところにない
スタンダードの文章だけで
例えばアメリカのチャウクラブで
図解説している、あの図の形が
思い浮かぶだろうか?
何処かの国の大きなショーで
勝ったチャウだけを1度目にしたりして
それだけが基準になっていたり
してしないであろうか?
だから、毛に騙されるし
襟周りがゴージャスで
ちょっと早く動けると、良いチャウだと
勘違いしかねない気がする
確かに国によっては徒競走か?笑
っていうリングも目にすることが出来ます

良いチャウと良くないチャウ
全部丸裸にしても、どれが良いのか
きっと分からないのかも知れない
コートの状態ひとつで、有名なチャウの
ブリーダー達でさえも判断が狂う事も
実際あるのを見ている(笑)
目が見えると余計な情報も
時には判断を狂わせるんだね
目をつぶっても触って、その自分の手で
判断できるのが必要だよね

どこかの国で余興的なもので
目隠しで触ってジャッジするのも
やってみても楽しいかも知れない(笑)
ハンドラーも見えないだろうし
楽しいかも♪


DSC04710
今年は雪が多いね~
DSC04711
DSC04714
DSC04715
DSC04716
DSC04717
息子と母だけだと、物足りないらしい。笑
DSC04718
DSC04719
DSC04720
DSC04721
DSC04722
DSC04723
DSC04724
DSC04726
DSC04728
あーちゃんは、シーズンで隔離中

いつも読んでもらって
ありがとうございます!そして
コメント、メール、ラインなどで
お返事ありがとうございます♪
今年も、宜しくお願いします♡

文字を大きくして見たのですが
そして行を開けないで書いてみました
どっちが見やすいのか?パソコンと
スマートフォンでも違うのでしょうけれど
どうでしょうか??笑

ブログランキングに参加しています。
チャウチャウを正しく知ってもらうために
ポチっと、ご協力ください♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ

にほんブログ村



1986年東京都東久留米市チャウチャウ専門
ChowChowLandから始まりました
G7 porofessional Handlerの麻生雅治氏に付いて
全国のShowに行っていました。
詳しい事はこちら→My Info
2000年に友人からAMCHを輸入
新たな血統で健全なチャウ作出を目指し繁殖再開
現在、海外のブリーダーと連携して
Breeding&Showingを楽しんでいます

これまでの輸入犬・輸出犬はこちら→Import & Export

JP_Ch3IncipitKrasimir
JKCCH.INCHIPIT KRASIMIR  (WAKA)
Norway INCIPIT Kennelから輸入
img129
WAKA at puppy

img056 (1)
JKCCH. AKAKURO NYAN'S CHOICE (RUSS)
Cruft Show BOBラインのオスで
15のヨーロッパ・Championタイトルを取得した
CH.Wiski Blek Djaloの子をINCIPITのメスにかけて
持ち込み腹で
イギリスで出産した子犬をイギリスから輸入



HIMG0015a
CanCH.BESHIA'S HOKULANI AT NYANCHOW(LANI)
Beshia kennelからカナダチャウチャウ・メス
NO.1になってから輸入しました。

chobin
AmCH. INCIPIT STARCHILD(CHOBIN)
Cruft Show BOBラインのオスで
15のヨーロッパ・Championタイトルを取得した
CH.Wiski Blek Djalo
最後の子犬という事で
INCIPITよりプレゼントされた子
両親NorwayにてFCI IntCH
検疫の間にアメリカへ送りCH完成後輸入 
母は1/2アメリカ・Paramountの血統で
メスでCCCI National BOB獲得のAMCH.Maria Mariaの孫
ラス同様短いカップリング・素晴らしい歩様・性格優しく賢いメスです
Eldridge9646
Beshia Fhryny Fisher O'Nyanchow(ImpCanada)(FIONA)

Grand&CanCH.MI-PAO'S WENDELLが父
母スムースのメス


img111
KLAUS
BIS/IntCH/CHNyanChow's Aire D'ore(Selfbred)(KLAUS)

若干16ヶ月でAll Breed BIS♪
FCI champion&JKC champion完成

aaa
B86I8120
CH.Nyan Chow's Reincarnation (MAKATA)

ラス亡き後Brillante息子まぁくん

DSC02712
Nyan Chow's Brillante A Tempo(BURI)
Owner; Mrs.Kazumi K

ラス&レニの息子
オーナー様の繁殖協力でラスの血統が残せそうです
カナダに行ったシーヴォの同胎
抜群な性格・ショートボディと張りのある毛質

538744_434267173251041_100000032870409_1661809_965671219_n
CH.Nyan Chow's King Cunami O'Incipit(KING)

リトアニアに自家繁殖犬を輸出 Jr CHを完成

img213
G.C.CH.Nyan Chow's Espressivo A Tempo(SIVO)

カナダに自家繁殖犬輸出
WDSの同時開催チャウチャウブリードショーで
BOB獲得
JapanChow初のヨーロッパでの快挙
カナダでグランド・チャンピオン完成 R・BIS取得
何年も連続カナダ・チャウチャウ・ナンバー1~3に入賞中

13995639_10153696852767097_7405739945745133574_o
カナダに行ったセルフレッドのワンダー
IMG_0081_1
G.C.CH.Nyan Chow's Time Works Wonders(WONDER)

クラウスとフィオナの子ワンダーもカナダChowridge kennelで
グランドチャンピオンを完成しました
現在カナダチャウオスNo.1です

2017年にブラックのメス黒美(くみ)カナダChowridgeに行きました
同胎のナタリーはアメリカPadow kennelへ
received_10211199044065549
Nyan Chow's Masquerade To Padow(NATALIE)


DSC06666
Nyan Chow's Overture For Chowridge(KUMI)



DSC07971

DSC07969
Nyan Chow's Save Your Soul(自家繁殖犬)


a
AmCH.Redcloud Chowlamar' Dr Pepper(PEPPER)

アメリカの名門ケネル レッドクラウドケネルと
チャウラマーケネルの共同作を輸入できました。
共同オーナーはT・KANDA氏
OFAの予備チェックをクリアして来ました、
色素が濃く、とても健全で明るく賢いオス犬です。

DSCN2337
DSCN2352
Nyan Chow's Breakfast At Tiffany's(TIFFANY)

念願だったイギリスに自家繁殖犬を輸出
これは、日本のチャウでは2回目の出来事で
チャウにとっては大きな一歩です
この娘の子孫が、将来日本に返ってくる予定でしたが
なかなか出来ないので、期待薄

我が家ではチャウチャウに発生の多い股関節形成不全の発生を
ブリード面でも管理面でも減らすための検査と環境作りをしています
そのため繁殖に使うものは
時にはチャウチャウに発症の多い甲状腺のチェックもします
そして全てをクリア出来ないものは繁殖に用いません
もちろん凶暴性など性格に問題のある犬は繁殖から外します
これはチャウチャウの未来のために最も重要なことです

DSC02128
DSC08052
DSC07675
DSC07666
DSC07658
DSC08022
DSC07645
DSC07349
DSC06704
DSC06143
DSC06101
DSC06170
DSC03211
DSC03167
健全なチャウチャウの繁殖に良い環境は欠かせません。
DSC04392
DSC04395
1494384215638
DSC07674
DSC07915
DSC07369
DSC04699
DSC07835
DSC05015
1494384136342
雨の日でもある程度の運動が出来るように
屋根付き屋根無しなど約500坪の敷地に自宅・動物病院・ケネルを
作りました。運動場もアスファルト・砕石・土・デッキなど
大きい運動場は約200坪です。
通常の病院内のチャウ部屋の他に、隔離の犬舎も2棟
ショーから帰ってきた犬は、直ぐには家にいる犬と一緒にせず
必要な日数を隔離犬舎&遊び場などを利用して管理後
他の犬達と一緒にさせています
我が家は動物病院ですので、そこは一切手抜きが出来ません
HIMG0006
DSC00865
DSC00886
チャウチャウだって思い切り走り、飛びまわる事が出来る
本当に健全で筋力に溢れた犬種なんです♪


DSC01113
DSC01326
DSC00895
DSC03531
DSC03578
DSC04264
DSC04548
子犬は南側全面UVカットガラスの窓のある産室兼子犬部屋で育てます
早期離乳は特別な事情を除いてはしません
最低3ヶ月頃まで親、兄弟、姉妹と、ゆったり過ごします
この大事な社会化期終了までの生活や躾などを終えてからのお渡しで
昔あった様な新しい家でのチャウ独特のトラブルも殆どなくなりました
本当に大事なことだと実感しております
Day2-7_Top_Male_Under_Female
子犬は生後1ヶ月齢からシーズン中であればフィラリアの予防薬の投与
2ヶ月齡、3ヶ月齡、4ヶ月齡と、全頭検便後に予防接種&マイクロチップ
お腹に虫がいないのに関わらず虫下しをするという事はしません
必要最小限の投薬に努めています
DogShow目的での繁殖ですが全部がShow用なわけはなく
ペットでお譲りします
(送料以外はワクチンマイクロチップ・フィラリア投薬・
血統書申請代金など全て込みで30万円~です)
HP子犬の譲渡に関してをよく読んでから連絡をお願いします
こちらから→子犬のお問合せ
チャウチャウは、飼育に手間もお金もかかる犬種ということを
理解の上、飼っていただきたいと思っています
どこに出しても恥ずかしくないクオリティと健全な
性格の良いチャウチャウを作出しています
aa
DSC00426
DSC00615
22851811_1927535614163248_6510578031099116103_n
DEANa
自分に出来る最高の環境・管理をいつも目指して
頭の中にある理想のチャウを目指しています
チャウチャウに携わって33年目、生涯勉強です
これからもチャウチャウの為に頑張っていくつもりです

24
37



ブログランキングに参加しています。
チャウチャウを正しく知ってもらうために
ポチっと、ご協力ください♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ

にほんブログ村

 コメント一覧 (5)

    • 1. フリシアちゃん
    • 2019年01月15日 09:49
    • 大型犬を飼う時な、色々なブリーダーさんに話を聞いて(笑)色々歩きましたが
      遺伝子検査や股関節の検査をやらない方が、あの時代ほとんどでした
      大型犬を飼ってる人達にも、会いにいき
      沢山の話や情報を整理すると、股関節の病気で安楽死や
      莫大な治療費の支払い等、悲しい話を沢山聞きました
      繁殖を無謀に行い、儲けとかを考えてやって欲しくない事ですよね😅
      目をつぶっても触って手で判断!私は大賛成(笑)
      フィッちゃん(笑)相変わらず可愛いですね
      文字大きくて助かります(笑)


    • 2. フリシアちゃん
    • 2019年01月15日 09:51
    • 追伸
      飼う時なではなく
      飼う時に〜(笑)です😅
    • 3. MIKA
    • 2019年01月16日 18:41
    • フリシアちゃん
      私達は仕事柄どうしても病気で苦しむ子を診る機会が
      多いので、やはり、そこはまず!という感じなんですよね
      一般の飼い主さんでは、大変なことを多く聞く人
      逆に全く聞かない人、色々いると思うんですけど
      私達の仕事をしていて犬仲間がいると
      そう言う大変な話を多く聞くんで
      パピーミル的な話聞くと怒りがわきます
      犬達が可哀想なだけでなく、その先にもっと多くの
      苦しんでいる飼い主や悲しむ人たちがいるのでね。
      出来ることしない人は、命にかかわって欲しくないね

    • 4. フリシアちゃん
    • 2019年01月16日 21:01
    • 私も大型犬を飼うのをきっかけに!
      検査をきちんとした、繁殖者探しになりましたが
      本当にあの時代は、やってる方は少なかったです
      飼い主さん達と話す事がなかったら、どうなっていた事か
      仕事柄お辛い選択や、色々診てきた事と思います😭
      私もパピーミルは反対ですね
    • 5. MIKA
    • 2019年01月17日 17:13
    • お蔭で出会えてよかったぁ~~♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 何とキノコ!
  • 何とキノコ!
  • 何とキノコ!
  • 何とキノコ!
  • 何とキノコ!
  • 何とキノコ!
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード