ぼうけんのしょJ

あと少しのけいけんで 次のレベルになるでしょう。

【千葉】格ゲー対戦情報【気が向いたら更新】

※不定期更新※
千葉県で(ある程度)定期的に行われてる格ゲーの対戦会、イベント等まとめ

間違っている、情報が古い等あれば教えていただけると助かります。
イベントとして開催しているものとは別に、プレイヤーが決まった曜日に集まって対戦するような物も書いていけたら便利だと思うので、情報お待ちしております。


■月曜日
電撃FCI (船橋ファンファン) [大会orフリープレイ対戦会]

■火曜日


■水曜日
DOA5 (ラッキー中央店フェリシダ) [対戦会]
恋姫演武 (船橋ファンファン) [フリープレイ対戦会]

■木曜日
DOA5 (船橋ファンファン) [フリープレイ対戦会] (不定期)

■金曜日
GGXrdR (船橋ファンファン) [対戦会]
3rd (船橋ファンファン) [対戦会?]

■土曜日
BBCF (五井チャリオット) [週末大会] (不定期)

■日曜日


ちゃんと出せてる!?リバーサル



アスナをプレイヤーWイグニッションか切り札状態にして
2C>2C(追い打ち)>最速jc〜と繋げると、相手と五分の状況を作る事が出来ます。

1.
ダミーに2C>2C(追い打ち)jc>着地2ABを覚えさせて、自分はリバーサルで2ABを打ちます
結果は相打ち

2.
ダミーに2C>2C(追い打ち)jc>着地2ABを覚えさせて、自分はリバーサルで2ABを打ちます
結果は一方的に負け

3.
ダミーの状態をジャンプに設定して、2C>2C(追い打ち)>ジャンプ*n
で相手の動きと完全に一致してる事の確認

どうやらリバサは、起き上がりに最速で技が出せた場合だけではなく、
起き上がりから1F遅れた入力でも表記が出るようです。


以前の記事で
でリバーサル必殺技>ずらし押し でCAが出てる事を書きましたが、今回のは2ABなのでずらし押しだった場合は2Aor2Bが漏れるはず。
リバサに2Aや2Bを出した場合はリバーサル表記は出ません。

↓↓以前の記事↓↓
同時押しあれこれ



で、ここからちょっとややこしいかつ、確証の取れない話。
PS4+SHARE機能を使った録画をキャプチャーギャラリーで再生という環境なので30FPS(最速でコマ送りしても2F刻み)の動画しか取れていないのでもしかしたら間違いかも知れませんがその点はご了承ください。


画面上に【REVERSAL】表記の出る条件は恐らく
1.起き上がりに出す最初の技が2AB、必殺技等の対応技である
2.起き上がり最速〜1Fまでに入力が完成している
事だと思われます。

最初の動画でも使ったリバサ2ABを例にすると

1.起き上がりに最速で2+A+Bを入力
リバーサル表記が出て、結果は相打ち

2.起き上がりに1F遅らせて2+A+Bを入力
リバーサル表記が出て、結果は一方的に負け

3.起き上がりに最速で2+A>1F遅らせてBを入力
リバーサル表記が出ず、結果は一方的に負け(画面上の見た目は2と同様)

という事になるんじゃないかなーと。
動画を取って1Fずつコマ送りにする環境がある方がいれば、是非試して頂きたいところですね。


今回はこの辺で。
何かありましたらコメントか自分のツイッター(@jam_wo)までお知らせください。

闘神祭2016電撃FCI観戦のススメ

いよいよ明日10/15(土)に闘神祭2016が開催となります。
闘神祭2016公式HP

電撃FCI部門は11:30〜13:15の間で行われます。
今回は知っておくと今より少しだけ観戦を楽しめるかも知れない、観戦ガイド的なものを。



【現在のキャラランク】
現在のキャラランクはこんな感じ。各地のプレイヤーが上げているキャラランクを参考にしました。

S:シャナ 達也 ユウキ

A:黒雪姫 アスナ 桐乃 黒子 大河 蓮太郎

A-:クウェンサー 美琴

B:静雄 智花 雪菜 セルベリア 深雪
 エミリア キリト アキラ アコ

人により評価は分かれるので、あくまで目安として。
キャラの強さもあるが、サポートの相性等もあるので正確にキャラランクをつけるのは正直難しい所。
特にアコは関西に強豪プレイヤーがいるおかげか、関西での評価は高めだったりする。



【現在の主要サポートあれこれ】

◎伊里野 加奈(イリヤ)
20161014101038
5Sは呼び出し硬直が無く、硬直を気にせずスムーズに呼べるのが強み。
呼びだすと鉄人定食を食べ始め、食べ終わると画面上に皿のアイコンが出現する。


20161014101106
食べ終わった後のテーブルを攻撃する事で、皿を飛ばす事が出来る。
A攻撃で飛ばせばすぐに発生する飛び道具に、B以上の攻撃で飛ばせば時間差で落ちてくる飛び道具になる。


20161014101150
3食目を食べ終わると画面が暗転し、花火が上がる。
この花火の威力が高く空中ガード不能なため、有利な状況から仕掛ければ相手に強力な択を仕掛ける事が出来る。
おまけにこの花火が上がった後は攻撃力と防御力が20秒間上昇するため、花火を出すだけでも意味があるスゴ技。


20161014101308
6Sはイリヤが相手の後ろから攻撃を仕掛ける。切り札中はサポート呼び出しモーションが無くなるので、ガードしながら6Sを出すのが特に強力だ。




◎ルシアン
20161014101416
特に強力な6S。呼びだすと画面が暗転し、ルシアンが相手に追いかけられるモーションがはじまる。


20161014101425
ルシアンは攻撃を当て、モンスターに追いつかせる事で返す事が出来る。場所とタイミングにより1〜3回で追い返す事が出来るので、可能なら追い返したい。


20161014101517
美琴はこのルシアンを殴ろうとする相手を攻撃するのに優れているため、非常に相性が良い。
Ver.UP後の美琴の評価が上がったのはルシアンのおかげと言っても過言ではない。


20161014101755
ルシアンを追い返す事が出来ないと、モンスターの大群が押し寄せてくる。
ここに合わせて択を仕掛けるのがシンプルかつ非常に強力。


5Sはルシアンがシールドを構える。相手が攻撃しなくても、一定時間で攻撃をしかける。
相手の攻撃を取った後の反撃はそこまで発生が早くないため、A攻撃等はシールドを取られてもガードする事が可能。



◎セルティ
20161014101929
5Sが非常に発生が早く、ヒットするとダウンを奪える攻撃。
上への判定もそこそこある為、ジャンプしようとしたところに引っ掛かる事が多い。
サポートの回復速度も早いので、非常に回転率が良い。


6Sはセルティが上から降ってくる攻撃。降ってくるまで時間がある為、ダウンを取ってからの起き攻めに使える。



◎ドクロちゃん
20161014102031
5Sはドクロちゃんが上から降ってくる攻撃。対空に使える他、中距離でのお見合い状況でジャンプしようとした相手に引っ掛かるのが強い。


20161014102117
6Sは弾速の早い飛び道具。ジャンプの出がかりに引っ掛かったりする。これ単体でも結構なダメージがでるのが強い。


持っているだけで縦軸、横軸共に強力な攻撃があるため、プレッシャーをかけやすいが呼び出しから攻撃発生までが早いため、起き攻めには使いづらいという点もある。



◎椎名ましろ
20161014102341
5Sは発生が早く、対空に使える。ましろの頭上に書いたバームクーヘンはそのまま横に転がっていくため、対空+横押しに使えるのが強い。


20161014102425
6Sは数キャラ分離れた所にましろが移動して、そこから猫を4匹出す攻撃。
後に出てくる2匹は画面に長く残るため、相手からすると非常に邪魔である。




◎司波 達也
シャナの性能と非常にあっているため、シャナ使いが選ぶ事が多い。
20161014102537
6Sは銃を斜め下に向けて撃つ攻撃。ヒットorガードさせる事で次に出す2ゲージ技の威力がアップするという変わった性能を持っている。


20161014102634
性能がアップした2ゲージ技を出すと、青いエフェクトと達也のカットインが入る。
シャナ+達也のコンボは大体5割以上減るので、見てて凄さが分かりやすいだろう。


5Sは達也の周りに広範囲の当身判定の攻撃を出す。
当身を取られるとキャラの周りに特殊なエフェクトが出てきて、立ちガードorしゃがみガード以外の行動が取れなくなる。
投げ抜けは出来るがジャンプが出来ないため、相手に連続で中下段+投げの択を喰らう事になる。




【有力チームピックアップ】


☆なりたけスペシャル:にが (桐乃) OZ (達也)
電撃FC稼働当初からトップを走り続けている二人が組んだチーム。
野試合でも圧倒的な強さを誇り、間違いなく今大会の優勝候補だが今までの大会では結果が残せていないのが気になるところ。
今大会でも普段通りの強さを発揮し、今年こそ優勝することが出来るか!?

尚「なりたけ」とは千葉、東京、名古屋等に店を構えるラーメン屋である。
"こってりらーめん"の名にふさわしいインパクトのラーメンは一度食べたら病みつきになる事必死だ!



☆Janne da arc:T.I(シャナ) Kジロー(ユウキ)
横浜勢の二人が組んだチーム。KSB2016というイベントの電撃FCI部門も同じチームで出て準優勝している。
T.Iは現在のGRADEランキング1位のプレイヤー、攻めっ気の強いプレイスタイルで相手を圧倒する。
Kジローは智花からユウキにキャラ替えをしたが、各サポートを使ったセットプレイをかなり煮詰めており、相手に何もさせないで勝つことも。
一番の不安はメンタル面、己との戦いに勝てるかどうかが見所か!?



☆国木田:ハナ (里見蓮太郎) ○ (黒雪姫)
関西の強豪二人が組んだチーム。
共に黒雪姫、蓮太郎のGRADE1位のプレイヤー、非常に手堅いプレイをするので大会での安定感もありそうだ。
世間では準強キャラと言われている蓮太郎だが今回抜けているのはこのチームだけである。
蓮太郎使いの希望の星となれるか!



☆ばくおん!!:ジン(アスナ) せがわ(雪菜)
ばくおん!!のチーム名の通り両プレイヤー共にセルティをメインサポートにしているチーム。
ジンは基本に忠実な手堅いプレイからセルティのセットプレイで相手を確実に倒していく。
せがわは使い手の少ない雪菜で勝ちあがって来た強豪。キャラ特性であるリフレクトガード不能のポテンシャルを使いこなし、強キャラにもめげずに立ち向かう。
イリヤやルシアンが蔓延る電撃FCIの世界にばくおんを轟かせる事が出来るか、その活躍に期待したい。



☆Not D-1 覇者枠:XYLiSH(桐乃) たか(美琴)
前回覇者のきしりっしゅと関東の強豪美琴使いが組んだチーム。
最後の岡山ファンタジスタでの予選を勝ち抜き、見事通過した。
きしりっしゅは非常に早い展開の攻めが得意としており、鋭い差し込みからの怒涛の攻めで一気に相手を倒していく。
たかは美琴ルシアンの性能を最大まで引き出しているであろう美琴使い。
向かってきた相手は捌き、有利な状況でしっかりと攻めるメリハリのある戦法で確実にペースを掴んでいく。
大会強さと安定感、その両方をあわせもったチームである。



闘神祭もいよいよ目前、今回の全国大会はどのキャラが活躍するのか、一体優勝は誰になるのか。
当日予選は誰が抜けるのか。どんなコスプレが出るのか!?

楽しみにしつつ、当日を迎えようと思います。
今回はこの辺で。


追記:
当日は
☆しまだりゅう:じゃむを(セルベリア) ひろひろ(キリト)
チームで自分も参戦しますので、良かったら応援よろしくお願いします^^

詐欺飛びと相殺の検証

今回は詐欺飛びと相殺について気になる事があったので検証しました。


まずはこの画像をご覧ください。

20160826160001kenshou


自キャラを桐乃(切り札状態)にして
上:AのレシピでJ攻撃を重ねた場合  下:BのレシピでJ攻撃を重ねた場合
の結果がそれぞれ表A、表Bになっています。


表の黄色の部分、大河の乱舞(5F)が詐欺飛び出来る、出来ないは攻撃を重ねる高さと重ねる技が関係してきます。
J攻撃の着地硬直は JC:4F JB:3F JA:2F
大河の乱舞は発生5Fの為、JCを重ねた場合ガードする事が出来ない
(詐欺飛びには空中持続が最低1F必要+着地硬直4Fのため)


レシピAはJCで乱舞ヒット、JBで乱舞ガードという丁度良い(差が分かりやすい)レシピになってます。
レシピAとレシピBは大河の乱舞を喰らう条件から、1Fしか差が無いというのが分かります。
(赤字になってるところ)



こんな感じで検証してました。


当身系の2ABに対して相殺を取られた場合はJAとJBJCで停止時間に差があるようですね。
ちなみに黒雪の2ABだけでなく、静雄の2ABでも確認出来ました。


この結果を書きながら、大河の乱舞は差が出るのにその他の相殺関連は差が出ないのが気になりました。
相殺が絡まない場合は純粋なJ攻撃の着地硬直が反映されてますが、
桐乃2ABに関しては重ねが1F遅れたレシピB全てが空中カウンターするという結果に。
1Fしかずれが無いレシピならレシピAのJA、JBがガード可能でJCだとガード出来ないという事になるのでは??
と思ったので、次は着地硬直について調べる事に。


次の動画をご覧ください。





JBヒット→着地ガード
JB相殺→着地ガード
JBガード→ドッキーン
JB空振り→ドッキーン

となってます。
つまり、J攻撃がヒットor相殺した時は着地硬直が0になるという事で間違いないと思います。
桐乃の2ABをガード出来るのにはこういう理由があったんですね。


個人的にこの現象にすごく疑問を抱いていたのでなんだか分かってスッキリしました。
このスッキリを電撃プレイヤーの一部の方にでもお伝えできれば幸いです。


また何か思いついたら書こうと思います。

気になっている事等ありましたら是非コメントか
自分のツイッター(@jam_wo)までお知らせください。


今回はこの辺で。

カンニング補正あれこれ

覚醒切り札を出した暗転中に、相手が攻撃を出しているとかかる特殊な補正
通称「カンニング補正」がある事は結構有名かと思います。

今回はカンニング補正について。


まずこちらの動画から




静雄の5Bにシャナの切り札を合わせた時の2A>5Bは
275>341 ダメージですが
その後の2A>5Bは
275>385 ダメージとなってます

初段のダメージは変わってませんが、2段目以降に補正がかかるようです。
補正がかかるのは相手が技を振った硬直中のみ、2発目以降全ての技に補正がかかるので、いつもどおりにコンボを決めると中々にダメージの差が出ます。

ただ、実戦だと判断が難しいからか空振り確認からそのままコンボに行くよりも直接乱舞で割り込む事が多いですね。

CA、乱舞の性能によりここはキャラ差があったので覚醒切り札持ちのキャラの各ダメージを調べてみました。

20160812112200kanning
カンニングでダメージに差が出る物は色がついてます


キリト、蓮太郎、達也、ユウキはカンニング乱舞が1技扱いなのか、カンニング乱舞で全くダメージが変わりません。
特に乱舞のダメージも高い達也!ずるい!

他の記事でも書きましたが、覚醒切り札を使われそうな状況では安易に技を重ねない事が大事ですね。


今回はこの辺で。


何かご意見、ご指摘、間違い等があればコメント等頂けると嬉しいです。


※今回のカンニング補正は周りのプレイヤーの方々から情報を提供して頂きました、教えてくれた皆さんに感謝!

削りダメージあれこれ

今回は軽めの内容です。

削りダメージがあるものについて調べてみました。

削りダメージでは相手を倒す事が出来ない、そもそもダメージが大きくない、時間経過で回復する
などの要因から、削りダメージが試合に与える影響はあまり大きくないですが
削れる技を知っておくと体力五分の状況…特に開幕の最初の一手の時に無料リフガを有効に使う事が出来そうです。ゲージは大切に!


■共通システム
5AB、2AB、4AB、打撃切り札

■サポート
上条6S
ブギポ5S、6S(実ダメージあり) [実ダメージ500+白ダメージ1500]
強化魔王5S、6S
一通5S
イリヤ5S、6S
ゼロ6S
ルシアン6S(戻りのみ、実ダメージあり) [実ダメージ300+白ダメージ500]

後は各キャラの必殺技、EX技で削れますが一部例外があったので面白い物だけ紹介しようと思います。

・智花
何故か智花の必殺技、EX技はパスもシュートも削りダメージが設定されていない
シュートの爆発(?)部分、パスの氷、花火の部分に削りが無いだけで、ボールを空中ガードすると削れました。

・黒雪姫
フラッシングC派生後のJ攻撃が必殺技扱い(?)になり削れる

・雪菜
2ABが他の技に比べて削りダメージがやけに大きい

・クウェンサー
空挺作戦(空中波動)に削りダメージが設定されていない



今回はこんな所で。

何かご意見、ご指摘、間違い等があればコメント等頂けると嬉しいです。

怪しい挙動あれこれ

電撃FCIも細かなバージョンUPがされて、見つかったバグが修正されてますね。
今回は修正されたもの、そうでないもの含めて電撃のちょっと怪しい挙動を紹介しようと思います。



■イリヤの空中発動バグ



イリヤの5S(3食目)を丁度良く攻撃して止めると、3食目をストックした状態になります。
その状態で空中サポートキャンセルで5Sを出すと空にイリヤが出てきます。
2.30でもう修正されて空中に出る事は無くなりましたが3食目をストックする現象はまだ残ってるみたいですね。
3食目ストックはバグじゃなくて仕様って事ですかね!
ついでに言うと皿飛ばし始動のコンボでイリヤが回復を始めるのもバグじゃないかって思うんですがどうなんでしょうね



■桐乃の切り札バグ



切り札演出中のサポート回復を見ると、2P側の桐乃だけヒットした瞬間から回復が始まってます。
桐乃使いの中にはテクニックと主張した方もいるようですが、どうやらバグだったようで2.31で修正されました。



■デンデンバグ



話題になったバグですね。自分も良く使ってました
切り札が一つでも残ってる時、CA暗転中に素早くA+Cを2回押すと、
切り札マーク一つで2回分攻撃力の上乗せが出来るというものです。
2.31で修正されてアーケードではもう使えないですね。



■投げ抜けエスブラバグ



投げ抜けする側がパワブラ仕込み投げ抜けをした場合、投げと同時にA+B+Cが成立すると投げ抜けとエスブラが同時に起こるバグです
2.31で修正されてアーケードではもう起きないようになってます。
猶予が1Fしかないので中々お目にかかる事が出来ないバグでしたね。



■(切り札中)切り札仕込み投げ抜け



最初はA+C同時押しボタンを使ってます
通常時は切り札演出+切り札マーク使用+投げを喰らう
切り札時は切り札演出+切り札マーク未使用+投げを喰らう となります

ポジションリセット後はC>Aずらし押しで入力してます
通常時は切り札演出+切り札マーク使用+投げ抜け
切り札時は切り札演出+切り札マーク未使用+投げ抜け となります

動画では覚醒切り札のエミリアでやってますが、打撃切り札のキャラでも可能です。
2.31でデンデンバグが修正されて、切り札関連の処理が変わってるのでもしかしたら出来なくなってるかも知れないですね。



■投げ抜け後ルシアン



ルシアン5Sは通常時は当身>打撃という動作を行いますが
5C>サポートキャンセル5SやJC>着地5S等で相手がのけぞり中に5Sを出すと、
当身モーションがでないで、即座に攻撃モーションが出ます。

投げ抜け後は投げ抜けした側が+3Fの状態になります。
そこから5Sを出すと即座に攻撃モーションが出るので、投げた側の硬直中はのけぞり中と判定されてるみたいですね。


■掴んでくれないヴィルヘルミナ



通常相手を捕まえて多段ヒットするヴィルヘルミナの6Sですが、
ある一定以上の高さでヒットさせると掴んだ直後に離してすぐ落ちてきます。
見た目が面白い。



最後の方はバグとはちょっと違いますが面白い挙動なので今回動画にしてみました。

他にも何か怪しい挙動を知ってる方は教えてくれると嬉しいです。



今回はこの辺で。


何かご意見、ご指摘、間違い等があればコメント等頂けると嬉しいです。

インパクトなんちゃらあれこれ その2

前回は

・インパクトスキル
・インパクトブレイクに
・相殺

についての基本的な部分を書いたので、今回はもうちょっと突っ込んだ所を書いていこうと思います。



■応用編その1 相殺返し
前回少しだけ書きましたが、相殺返しでやる行動にも色々あるので
その種類とメリットデメリットなんかについて書いていきます

基本的には5AB(発生12F)を相手がリバサで出してきた場合を想定してます



○通常打撃
B攻撃の持続を重ね、そのまま最速キャンセルのC攻撃で潰す等

・メリット
相殺は1〜8F目までなので、持続を1F目にしっかり重ねられれば安全
相手の5ABの攻撃がそもそも当たっていないので乱舞やコンブラのフォローもできない
ゲージが無くてもできる

・デメリット
持続をしっかり重ねるのがシビアなのと、発生が早い技を持つキャラしかできない
桐乃の2ABや当身系2AB等発生の早いものには出来ない



○5AB
相手の5AB発生前にこちらの5ABor2ABで相殺返しする

・メリット
相殺が1Fからなので、重ねるのが多少遅れても間に合う
ゲージが無くてもできる
キャラによってはノーゲージでダウンが取れる

・デメリット
相手の5ABを一度相殺で取る形になるので相手側が各種行動でフォローできる
相殺を取るのが早すぎる場合、最速で出すと相殺時間が切れてしまい発生負けする



○jc>空中ガード
jc可能技を重ね、相殺確認してからjcからガードする

・メリット
ガードしてから落ち着いて反撃ができる
5ABをガードした場合、EX技は撃てないのでフォローがコンブラ、CA、乱舞、切り札に限られる

・デメリット
地上、空中共にしっかり重ねないとjc>ガードが間に合わない
空中技を重ねる場合は低すぎるとjcできずに着地してしまい、
タイミングによっては着地硬直に相手の攻撃が刺さる



○コンブラ
相殺確認後にコンブラを当てる

・メリット
基本的に安全

・デメリット
ブラストが無いとできない
タイミングが早すぎるとコンブラも相殺を取られてしまう事がある



○乱舞(63214+BC)
相殺確認後に乱舞を当てる

・メリット
基本的に安全

・デメリット
ゲージがないとできない
タイミングが早すぎると乱舞も相殺を取られてしまう事がある



それぞれの行動にメリット、デメリットがあるので覚えておきましょう。
ゲージやブラストがある時はコンブラ、乱舞辺りが安定行動なので倒しきれる時なんかはちゃんと決めたいですね。


--------



■応用編その2 4ABの相殺を利用する
基本的には中段属性を利用した崩しとして使う4ABですが、長い相殺時間を利用してこんな使い方もできます。




ゲージがあれば乱舞やロック技等を当てる事で回避出来ますが、そうじゃない場合はコンボを中断してガードしなければいけないので、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

そこで4ABの長い相殺時間(11F〜21F)を利用する事で、遅れて発生する設置系サポートを防ぐのに使えたりします。
実戦で狙うのは難しいかも知れないですが、覚えておきたいテクニックですね。



続いてこちらの動画




猶予はかなり短いですが、7F技でも確定させる事ができます。
リバサパワブラには相殺から確定反撃、ガードする相手には中段が当たる仕組みです。
タイミングは凄くシビアですが練習する価値ありです。




今回はこの辺で。


何かご意見、ご指摘、間違い等があればコメント等頂けると嬉しいです。

インパクトなんちゃらあれこれ その1

今回は電撃の共通システムでもある

・インパクトスキル(5AB、2AB)
・インパクトブレイク(4AB)
・相殺


についてです。


20160614201151
電撃勢の間では○ABという呼び方が分かりやすいの定着してる気がしますが、
達也だけは何故か正式名称を言ってくれます。さすがですお兄様!


■インパクトスキル(5AB、2AB)
一部例外はありますが大体の打撃系インパクトスキルが

・1〜8Fに相殺判定が付いている
・殆どの技が発生12F


となってます。
切り返しに使われる事が多いですが、何か攻撃を当てた場合相殺が起こり画面が一瞬止まります。
分かりやすい音もなるのでしっかり確認すれば見てから返す事もできます。

インパクトスキルヒット時は通常技と同じようにEX技、CA、サポート、切り札、コンブラでキャンセルできますが、
ガード時はCA、切り札、コンブラでしかキャンセルが出来ないのも覚えておきたいですね。


---


■インパクトブレイク(4AB)
キャラ差は無く、全キャラ同じ性能をしてます。

・発生22F
・相殺11〜21F
・中段


攻撃発生と同時に相殺判定も切れます。

ヒット時、ガード時ともに他の行動でキャンセルは出来ず、動作中〜着地の間に攻撃ボタンを押すと追加の打ち上げが出ます。
打ち上げは追加入力のタイミングによりズーム(大)、ズーム(小)、ズーム無しの3種類があり
それぞれダメージや補正が変わります。入力が早いズーム(大)の方がダメージ面では優秀です。
打ち上げをガードされると後ろに跳ね返り、着地後まで操作不能の長い硬直があります。
とても危険なので4ABを出す際はヒット確認するのが安全です。

ガード時はガードした側が+2Fの状況となります。
最速のタイミングで打ち上げを入れ込んでも連続ガードにならず、
暴れやジャンプをした場合は打ち上げズーム(大)始動の手痛い連続技を喰らってしまうので注意です。

この打ち上げをガードされた際、基本的には着地まで動けないはずなんですが
何故か跳ねかえった直後のみ、ガード出来るタイミングが存在します。




狙って起こすのは難しいですが、打ち上げをガードされた際は諦めずにレバーを後ろに。


---


■相殺について
インパクトブレイクや一部の必殺技等で相殺を発生させると画面が止まりますが、
ジャンプ攻撃地上のA攻撃は相殺を取られると 動けないフレームがあります(恐らく7F)

相手のリバサ5AB(発生12F)に対して5Aを重ねた場合
相殺取られてから7F硬直するので
発生12F-相殺した1F-硬直7F=4F となり相殺後は相手の攻撃が4Fで発生するのでそこからjc>ガードが間に合いません

B攻撃以上をガードされた場合は動けないフレーム等は無いのでjc>ガードが間に合います
しっかり持続を重ねれば
発生12-相殺した1F=11Fとなるので10Fまでの攻撃で5ABを潰す事ができます。

20160614231043
20160614231057
成功すればリターンが大きいですが、シビアなのが難点。





ここでインパクトブレイクの欄に書いた一部例外ですが、
覚えておいた方が良いのが桐乃の2AB(通販アッパー)です。


20160614201316
桐乃使いの頼れる味方、通販アッパー。



通販アッパーだけ発生が早く
相殺1〜8F
発生9F

となっています。


20160614000000sousai


一般的な発生12Fの5ABは4F目に相殺を取った場合でも行動可能ですが、
桐乃の通販アッパーは2F目に相殺が起こった場合、硬直中の相手に攻撃が当たります。

通販アッパーへの相殺返しや確認してのジャンプガードが難しい理由がこれです。
反応が遅いとかタイミングが取りづらい訳ではなく、そもそも通販アッパーの1F目に相殺を取らないと返せないので桐乃と対戦をする時は覚えておいた方が良いですね。


今回はこの辺で。
次回はその2になる予定ですので気長にお待ちください。


何かご意見、ご指摘、間違い等があればコメント等頂けると嬉しいです。

覚醒切り札あれこれ

持ってるだけでただただ強い覚醒切り札
FCIになって打撃切り札の性能が上がった事もあり打撃と覚醒の格差は縮まりましたが、まだその強さは健在です
今回はそんな覚醒切り札について書いていこうと思います


20160604014100
カンニングはずるいぞ!やめたまえ!!



覚醒切り札の全体フレームは暗転前6F+(暗転)+硬直Fとなってるようです

・黒雪姫  6+0F (6Fまで無敵)
・達也   6+0F (6Fまで無敵)
・シャナ  6+1F (7Fまで無敵)
・蓮太郎  6+2F (8Fまで無敵)
・ユウキ  6+3F (9Fまで無敵)

・キリト  6+5F (11Fまで無敵)
・エミリア 6+6F (12Fまで無敵)


この中でキリトとエミリアのみ、
切り札暗転後に相手が目の前にいると投げが確定します

20160604014437

20160604014502
シビアになりますが、暗転時にダッシュをしていても投げが確定します。
その場合は暗転後に後ろ方向に投げましょう。




余談ですが、智花はダッシュの出始めに智花が少し浮くせいでダッシュ直後の投げが出せません。
ダッシュの際によく見てると分かりますが智花の高度が低くなってからじゃないと投げが出ないので注意しましょう。
暗転した際に高度が低い状態であれば、智花も投げる事は可能です。




切り札後の状況は有利Fも出せる技もサポートも変わってくるので一概には言えませんが
各キャラの気をつけるべき点だけざっくりと書いていこうと思います


■全キャラ共通
A系統は持続が短いので暗転時に攻撃が発生してるとほぼスカされます。
暗転時に何かモーションが出ているとほぼ乱舞が確定。
切り札を出した側が2ゲージ以上ある時は意識した方が良いでしょう。


■シャナ(-1F)
ほぼ五分な状況なので基本は普段と一緒です
シャナの5Cは上に判定が無いので投げを読んだらジャンプが有効
ジャンプにはシャナ側が5Aを引っかける事が出来るので読み合い

シャナの特殊な点として、切り札後にA大太刀を出すと言う択があります
A大太刀は暴れに負けますがガードされた場合EX飛燕でフォローでき、
ジャンプにはA大太刀が当たるのでそこからサポート等を絡めたコンボで大ダメージを狙える太い択
シャナおに相手の時は頭に入れておいても良いかも。

リバサ切り札をどーしても咎めたい場合は起き上がった所に先に投げを置く必要がありますが、難しいです。


■黒雪姫(0F)
完全五分な状況ですが、画面暗転時間が短くA攻撃も7Fと遅いので
相手が動いてなかった場合に正しい判断をするのは黒雪側もかなり難しいはず。
投げを読んだらジャンプガード、暴れを読んだら6Fまでの技で暴れが有効ですが、
モードグリーンからの2ABという一点読みの強気の行動がある事を覚えておきましょう。
何もしてない状況から2ABを出してくる奴は相当"できる"やつか相当やべーやつです


■キリト(-5F)
目の前で切り札を出すという状況があまりないですが、
そんな状況が来たらまずは投げましょう。確定です。
投げが通らない距離ならB攻撃でもキリトのAに勝てたりするので覚えておきましょう。
目の前でジャンプするとほぼ一点読みになりますが、二刀流5Bで落とされます。


■蓮太郎(-2F)
最速の5F技を持ってる蓮太郎ですが、-2Fなので7Fで相打ちが取れます
ただ、蓮太郎側が投げを選択した場合は負けてしまうので投げを読んだら飛びましょう
それに対して蓮太郎は5Aor5Bを振るという読み合いにはなってしまうので、暴れるなら6Fまでの技が良いです

蓮太郎は暗転後2Fまで投げる事が出来るので、投げを重ねるのがまだ現実的です
かなり優秀で切り返しに使う人も多いのでリバサ切り札読みの投げ重ねを覚えるのもアリだと思います。


■エミリア(-6F)
目の前で切り札を出すという状況があまりないですが、
そんな状況が来たらまずは投げましょう。確定です。(コピペ)
怖かったらバックジャンプをすれば5Aも空中ガードになるくらい有利です。
暗転後にB攻撃を振っても大体勝てます。
キリト、エミリアの両キャラは暗転後の隙が大きい分無敵も長いので、
早めに重ねたB攻撃がスカされる事もあるので注意しましょう。


■達也(0F)
最高の性能を持ったとんでもない覚醒切り札です。
本体が5F技持ち、暗転時間が長くて確認も楽、おまけに五分と全部揃ってます。
5Cの判定も上の方にあるので、投げを読んでジャンプをしても5Cがガードになります。
基本的に目の前で出された場合どうしようもないので、
切り札を出しそうなタイミングの達也には密着しないのが吉です。
さすがですお兄様!


■ユウキ(-3F)
ギリギリ投げが確定しませんが、それなりに不利フレームがあります。
-3Fだと暴れあいもこちらが有利ですし、投げを読んだらジャンプが有効です。
キリトエミリアと一緒で早めに技を重ねすぎると、
無敵でスカされて乱舞ではなく普通のコンボを喰らってしまうので気をつけましょう。
リバサ切り札を読んだら投げ重ねも有効です。




と、ここまで覚醒切り札を出された後の状況について色々書きましたが
何より大事なのは
リバサ切り札を持っている相手に安易に技を重ねない事です

相手が目の前で切り札を出したけど、よく分からないから
とりあえずガード…
とりあえずバックジャンプ…
などという選択をしてる方も居るのではないでしょうか。


手癖で行動するのではなくキャラ毎の性能を理解して、その状況にあった適切な対応をしていきたいですね。

今回はこの辺で。


何かご意見、ご指摘、間違い等があればコメント等頂けると嬉しいです。
カウンタ

Profile
カテゴリ別アーカイブ
イベントまとめ
記事検索
  • ライブドアブログ