cc49b319.jpg和服を着ない理由はいくらでも思いつきます。
着付けを憶えるのが大変。
着付けに時間がかかる。
締め付けるので苦しい。
ダイナミックな動作が難しい。
メンテナンスが大変。(正絹だったら洗いばりウン万)
決まりごと(季節によって着てはいけない素材、柄がある)がうるさい。
高価である。

洋服だって、フォーマルなものは同じじゃない。という向きもありましょうが、
普段はGパンTシャツで過ごしているような普通の人にはハードルが高いですわな。
ですから今時の若い子が着ているのは素直に応援してあげましょう。
着こなしのルールが違っていても、着付けが変でもあまり目くじらを立ててはいけません。

逆に着物を着る理由。
1.お稽古ごと(お茶や踊り)に着る。
2.職業で着る。
3.お洒落着として楽しむ。
4.廃れ行く日本文化を憂いて着る。

私の場合は3であります。
ただ、ここしばらく体調が悪かったので縁遠くなってました。
着付けの教室に通っていた頃は毎週着ていたのですけどね。
今日は元気だったので、久々に袖を通してみました。
千鳥格子のポップな柄で探偵風。足下は足袋じゃ寒いから靴でご勘弁。
同じく千鳥格子の帽子を合わせてみました。ちょっとクドいかな。

あまりにも久しぶりだったために着付けに手間取り過ぎました。名古屋帯結びを思い出し思い出し、所要時間1時間くらい?!
調子の良いときは20分以内で全て身につけておりましたのに!
今後はこの数値を目指すべく和服をヘビーローテーションしましょう。

和服を着る理由が増えました。
5.タイムアタック(笑)