いまきたこうぎょう。

のんびり、ゆったりとスマホゲームを作ったり作らされたり。

こんばんは。再エントリーです。

前の記事はどうやら間違っていたようなので、新しく書きますです。
すみませんです。
ほんとすみませんです。

◆前置き

 
前置きとして、消す前の状態をざっくり書くと

プライバシーポリシーはブログかHPかどっかにアップしておいて、GooglePlayのストア掲載情報にそのURLを書いておけば、アプリの更新は別にいらないよ!

ということでした。


◆本題

 これは何だい?

(全員無視)


気を取り直して。

1つめのGoogleからのメールでは、
「ストア掲載情報にプライバシーポリシーURLが記載されているから、特に問題はないよ」
 ということでした。

じつはそれから数時間後、もうひとつメールが来ました。

「前に問題はないと言ったな。あれは嘘だ」

 いや別に「嘘だ」と書いてあったわけではありませんけどね。



プライバシーポリシーに関して、Googleからメールが来た人。
・アナリティクスなどを利用している人
・カメラなどを利用している人
・その他、Googleのプライバシーポリシーに関するメールが来た人

3/15までにやらなければならないことは、二つです。

1・GooglePlayのストア掲載情報に、デベロッパとしてのプライバシーポリシーを記載したURLを入力する。
 プライバシーポリシーって何をどう書けばいいのさ?っていう人は

 プライバシーポリシー

 を参考に、ブログやHPに書いて、その記事のURLを入力すればOKです。
 名前とか変えるくらいで大丈夫だと思いますが、心配な方はググればそれっぽい書き方の記事がたくさんありますので参考にしてください。

 ストア掲載情報の一番下にある
名称未設定 2
ここですね。ここに、ブログなりHPなりのURLを入力してください。
ブログやHPのトップじゃなく、ポリシーが記載されたページをちゃんと入れてくださいね。

 2・アプリ内に、プライバシーポリシーを記載した画面を作成する。
 これがめんどくさい…アプリ内にプライバシーポリシーを表示した画面を作成し、更新しなければなりません。

no title

こんな画面を作れっていうことですね。



なお、ソースを紛失した、Unityのバージョンをあげると不具合でそうで怖いなど何らかの理由で更新できない人は、アプリ削除の可能性が非常に高いとのことです。 

私の場合、Unity4.6あたりで作ったアプリが、強制的にREAD_PHONE_STATEを付与されていたため、プライバシーポリシー違反ということでした。
そういう人は、APKからAndroidManifestを直接編集して、アップすれば大丈夫とのことですが…これがめんどくさいのよね…



というわけで、前回のは誤報で、APKもきちっと更新しないといけないということがわかりました。
該当される皆さん、早めの作業をしてくださいね(はぁと

私は…いっそ、公開停止にしてしまおうかとか考えてますが…
どうせ…DLも売り上げもゼロに近いし… 

前回の記事では誤報を流してしまったことで、見ていただいた方、TwitterでRTしていただいた方にはご迷惑をおかけしました。
お詫び申し上げます。 

皆さんこんにちは。
ゆぼクエ!は1月か2月といったな?
すいませんちょっと延期しそうな感じです。

今北です。

◆放置勇者が累計5万DLだよ!ありがとう!

gameicon


リリースして1年半。
無印・プラス・iOSいろいろごちゃまぜにして、累計5万DLを突破してました。
DLしていただいた皆さん本当にありがとうございます。
今北工業のアプリの中でもダントツのDL数を更新し続けてくれています。
売り上げ的にはアレですが。ええ。アレです。

まだバグも残ってますし、時間を見てちょくちょく直していきます。

というわけで、また「動画広告みたらクエスト実行時間50%OFFキャンペーン」をやります。
24時間クエが12時間に!
ワオ!オトクだね!

Android版はすでにやってます。
iOS版は今日審査に出したので、来週の中頃かな。

GooglePlay-badge-rearrange



3/1までのキャンペーンです。この隙に24時間クエまわしまくって、レアなアイテムをゲットしましょうね!



なんかキャンペーンしまくってて、キャバかパチ屋かって思ってきました。
次は10万DLかな。
いくかな。どうかな。かなり無理ゲーですわ。

期末進行でいろいろ忙しいですが、なんとかボチボチ活動しております。
今後ともよろしゅう。

ではでは。

こんにちは。雪ですね。
こっちはもう雪止んで快晴ですが、車とか気を付けてくださいね。

年が明けてから、アプリ開発がぜんぜんできてない今北です。

◆何が起こったか。

タイトルからして頭悪い感じですが、何が起こったかというと。
昨年末から、「悪徳武器屋からの脱出」で、ちょっとしたことが発生しました。

14

この画像は、GooglePlayのデベロッパーコンソールのスクショです。
レビューをして頂くと、こんな感じで色別のグラフで推移が見られるんですね。
で、この真っ赤なのは☆1評価。
「悪徳武器屋からの脱出」は、4日間で13件の☆1評価をいただきました。
ネタになることが大好きな今北としては大歓迎ですが、まぁちょっと異常ですよね。
広告がうざい、落ちる、致命的なバグがある、などの理由で☆1になってしまうのはわかります。

ですが、この13件の評価には、レビューコメントがついていませんでした。
もうひとつ、日本語フルネームでのレビュー。
わかりやすい共通点で、「業者じゃね?」という疑いが。

ツイッターでネタにしてみたのですが、やっぱり皆さんからも「業者じゃね?」というメンションが。

アプリには評価という仕組みがあり、ユーザーさんは「面白い」とか「面白くない」とか、他のユーザーがこのアプリをインストールするかどうかを判断するためのコメントができますね。
しかし、このコメントにも一定のルールがあります。

コメント投稿に関するポリシー

こちらになります。
このポリシーを守らず、時折攻撃的なコメントをされる方がいらっしゃいますが、ルール違反なのでやめましょう(キリッ


◆たすけてぐーぐる先生


それはそれとして、今回の評価は

・評価の不正な上げ下げを目的として、レビューを偽装しないでください。

に該当するんじゃね?ということで、Googleに調査を依頼。
業者あるいは私のことが大嫌いな人の手による、評価を下げることが目的のレビューではないか、ということですね。
GooglePlayあるいはiTunesにおける「評価」というのは、開発者にとってわりと死活問題です。
レビューの☆の数を参考に、「これ怪しいやつ」とか「面白くない」とか判断しますからね。
☆4なら「あ、わりと面白いぽいからインストールしてみよう」となりますが、それが☆2だと「評価低いな。やめとこう」ってなります。
というわけで、悲しいことに「評価の上げ下げ」を商売にしてる汚い人たちもいます。
まぁその業者にたいしてどうこう言うつもりはありませんが、こちらとしても、そういうのはGoogleやAppleはきちんと味方になってくれます。たぶん。

今回の件は、個人による攻撃というよりも、「脱出ゲーム」という今ホットなジャンルに参入したことによる洗礼かなと思ってますが。個人だったら、こんなDL数稼げていないヤツよりも放置勇者で攻撃したほうがマシです。
評価が高いヤツを落とせば、それだけ自分のところの評価が相対的にあがる、すなわち私のところからユーザーを奪えるっていう感じですかね?

まあDL数もゴミみたいな私のところを攻撃したところで、私が面白がるだけですが。

そんなわけで、Googleに対して「ちょっと調べてよ」といったところ、Googleからは「OK。調べるわ」という返事。


◆やるなGoogle先生

それから数日、正月もまたいで私はすっかりこの件を忘れておりました。
そんな中、Google先生からお手紙が。
今北さんたら読まずに食べた。
いえちゃんと読みました。

「お前んとこの例の件な、アレ調べてみたらポリシー違反だったわ。だから消したぞ。安心しな」

という内容。
うむ。業者が金かけてこんなことやってたのなら、その金が無駄になった。よかったよかった。
詳細については一切の報告がなかったため、同一IPだったとかどこらへんのポリシーに違反してたのかさっぱりわからないので内容はアレですが、どうやらポリシー違反した評価は消えたようです。
よかったよかった。


review

よくねえよ!

あろうことかGoogle先生、ポリシー違反のあった評価だけではなく、全期間の評価をすべて抹消してくれた模様。
おかげで☆4以上を保っていた悪徳武器屋からの脱出の評価はゼロに。
果てしなくすっきりしました。
しかし現時点でのDLが


000

果てしなくゼロに近いこの悪徳武器屋からの脱出、再び評価を頂ける日が来るのでしょうか…!


業者に遊ばれ、Googleにも遊ばれた悪徳武器屋からの脱出は



GooglePlay-badge-rearrange

↑このページのトップヘ