いまきたこうぎょう。

のんびり、ゆったりとスマホゲームを作ったり作らされたり。

なんかね。すっげぇケツがいてぇんですよ。
朝から痛かったんですが、それでも杉の木を伐採しに行ったのがトドメみたいで。
座っても、寝てても、立ってても痛いんです。
人間、ケツに負担をかけて生きてるんだなって実感しました。
これからはケツに優しく生きていこうと思っています。

こんばんは。今北です。


◆1週間チャレンジ2日目の進捗です。

 8

今はこんな感じです。

「わかんねーよ!」っていう声が多そうですが、こんな感じで作っていますよっていうことが伝われば。

 Unityのレイアウトって、他人のをあまり見る機会がないですけど、他の人のUnityレイアウトも見てみたいなぁ。



1日目…題材を考える。「脱出ゲーム」に決定。2D素材(部屋)を作る。シナリオ(ルート)を考える。大雑把なレイアウトを考えて、部屋を移動できるようにする。

ここまでやったので、おおよその準備はできたはずです。
さて、今日はケツの痛みに耐えながら、中身を実装していきます。

汎用的な、スイッチやフラグ類の整備。
メッセージ表示用のメソッドを作る。
というプログラム的な下準備を経て、中身の実装。

・オープニングをつくる。
・部屋の中のオブジェクトをタップしたら、反応するようにする。
・アイテムをゲットできる。
・アイテムをゲットしていたら、指定の場所で使用する。
・イベントが発生する。


これを、必要ぶんちまちまと入れていくだけ。
各オブジェクトにButtonを付けて、イベント発生させてSwitchで分岐してるだけ。
もっと効率いいやりかたあるのかな?よくわかんないです。

あと、お約束のパズルっぽいのと、暗号っぽいのも入れました。
あまり複雑なのは作れないので(時間的よりも技術的な問題)、簡単なやつ。
「みたことある!」ってなってもスルーしてくださいね。

で、アイテムを取ってアイテムを使って…を繰り返して、条件を達成したら部屋1を攻略できるようにまできました。

9
 
こんな感じね。

今日はここまで。
明日は部屋2を作っていきます。


あと、タイトルは


「ドット絵脱出ゲーム ~悪徳武器屋からの脱出~」
にしました。 
アイコンも作らないとね。

わりと順調なので、ヒントも入れれたら入れたいと思います。


・残工程
部屋2
エンディング

ヒント
広告
ストア 


1週間チャレンジ、なかなか集中してぐわーって一気にやらないといかんっていう自分への戒めになっていいかもしれませんね。
1か月とか1年とかだと絶対に中だるみしちゃいますけど、「来週にはリリースしないと」ってなると、かなり気が引き締まります。 
大がかりなのは作れませんが、ちょうどゆぼクエも実機テストでかなり引っ掛かっているので、いい気分転換になりますね。

では、(たぶん)また明日。 

寒くなってきましたね。こっちでもそろそろ雪が降りそうです。
今北です。


◆1週間チャレンジって?

[プリンキピア]の作者であるTOMEさん(起業しようとしてみたり円周率割り切ったりしていろいろ炎上してるひと)が、Unityを使って1週間でゲームを作ってみようと企画したもの。

素因数分解で900京を目指せ!〜素数をつないで落ちつくんだ

こちらが1週間で完成させたもの。



よーし、オジサンも1週間チャレンジでなにか作ってみるよ!

◆暇なの? バカなの? 死ぬの?

暇じゃありません。
むしろゆぼクエの開発をしたりしながらの苦難の道を選びました。

ゆぼクエも同時進行でやります。
おじさんがんばります。




◆題材を考えよう

今、流行りは「脱出ゲーム」。
たくさんでてますもんね。
あまりにゲームゲームしてなくて、演出なども凝ろうと思えば凝れるけれども、そこまで必要ないかなぁっていう。
和尚のUnity本でも題材にするほど、オーソドックスなスタイル。

よし、これでいこう。


◆じゃ、スタート・・・の前に。

脱出ゲームって、実はあんまりやったことない。
どうしようか。
というわけで、カンタンそうなのをいくつかやってみた。
うん。これくらいのライトなのならできそうだ。
DLは期待できなさそうだけど。


◆素材

脱出ゲームって、部屋の画面が主なんだよね。
脱出ゲーム用のフリー素材を探してみたけど、ピンとこない。

なら、3Dで作ってみるか。


・・・ごめんなさい。私が悪かった。
1週間チャレンジではじめての脱出ゲームにトライするのに、その前段階として3Dにチャレンジするのはバカも大馬鹿だと知りました。
これはこれで、いずれ時間をとって勉強します。
いつかは3Dのゲームも作りたいですね!


◆というわけで落ち着いたのは2D。

といっても、絵心があるわけじゃないです。
ハルシオンシステムさんとこの「いかくん」もまともにかける気がしません。

題材としては、「ドット絵RPG風脱出ゲーム」。



◆題材が決まったので、仕掛けを考える。

あまり難しいことはやらない。
部屋の数、ギミック、アイテム、ひととおりの流れを考える。
普通は絵にかいて考えるんでしょうけど、会社でおえかきはちょっと無理なので、頭の中で考えてテキストにメモる。


◆Unityでデザインする。

デザインといっても、それほど大したものじゃなくて必要そうなオブジェクトを配置してレイアウトを作った。
それだけじゃ何なので、部屋を左右のボタンで移動できるようにした。


302


こんな感じ。

1日目はここまで!


◆目標

大目標 → 12/15リリース(Android)
iOSは審査にいま4日ほどかかるぽいので、ちょっとあとまわし。

広告はAdmobバナー+動画なんかはあどふりくん。
ヒントは間に合えば付ける。ヒントが間に合わなかったら動画もつけない。
採算はあとまわしで、とにかく作ることを目標にします。

こんにちは。

12月に入ってからいろいろとバタついてて、なかなかアレがコレです。
今北工業です。


◆12/2にゆぼクエ!の予約を開始して、土日が経過しました。


ゆぼクエ!ですが、予想を遥かに上回るペースで予約を頂いております。

300

予約TOP10で、最高順位を更新です。

160

ちなみにいままでの最高順位が「放置勇者プラス」の12位。




ひとケタですよ奥さん。

下にスクエニやらコエテクやらケムコやらがいるんですよ奥さん。


土日月と、起きてチェックして2度見する日々でした。
ものすごく有り難いことです。
制作に力が入ります。
応援のコメントもたくさんいただいてまして、ほんとに皆さんの応援のおかげで製作を続けていられるんだな、と改めて思う次第でございます。

丁度同じ日に、いたのくまんぼう和尚が

[お水のパズル アキュア アヒルームへようこそ!ダンボー参戦!]
aQuaD_promo1

Android
iOS
Amazon

なんていうバケモノを投下してきましたが、それにもめげず、ゆぼクエは奮闘してくれています。
私は一瞬めげそうでした。

ちなみにスマホゲーでダンボーコラボは初らしいです。
宣伝したので心優しい和尚様はさらに広めておいてくれることでしょう。



とりあえず深く考えずに「1月か2月」と締め切りをふわっと設定しましたが、実際のところリリースできるかどうかはわかりませんが…なんとか頑張ります。
人間は締め切りを設定してからが強いんだって誰かが言ってたような気がしますし、言ってないかもしれません。


まあ、ランキング的なものはここらが限界だと思いますし分不相応な場所にいるのも緊張するのでそろそろ落ちていくことでしょうが。
個人でもまだ頑張れるし、夢も持てるんじゃないかなっていうアレをソレできたらいいな!(語彙力の限界

ではまた。

↑このページのトップヘ