このブログに書いてあることは、リチャード・コシミズの著書を読むとすべて理解できる。

 _AA115_richard1_AA115_
『3.11同時多発人工地震』

ある父兄からが来た:
「娘が先週から気管支炎で、昨日、早くから寝せて、家庭教師の先生の時間をずらして頂きました。お稽古へは大分遅くなってしまうかもしれませんが、娘を連れて行きますので、よろしくお願い致します。」(日付: 2011年11月19日12:35)

それですぐにお返事を書いた:

「了解です。
お嬢さんが咳を始めたのはいつ頃からですか。
3.11以降ではありませんか。
アメリカ軍が東京湾のうみほたるで連日核爆発を試みていたので、核を使用したその日から多くの人が気管支炎で悩まされています
3分でかたちが変わる黒い雲、ジェルのような雨、突風など、私も怪しいと思っていました。
私たちは縄文人の末裔ですから、本能的に対処法を知っていて、竹炭を部屋中に置き、竹酢を浴びるほど使用し(うがい、洗髪後のリンス、顔と全身に塗る、竹炭米・パンを主食にする)などの処置をしたために、大変軽くてすみました。
今も竹酢をパソコンの横に置いて、たまに変な咳をしたくなったら、すぐに顔や腕に塗ることで咳をしなくて済んでいます。
竹は放射能を吸い取りますから多分効果があるのだと思います。
ご参考まで」
リチャード・コシミズ氏の『3.11同時多発人工地震』を読むまで私は勘違いしていることがあった。
地震発生機ハープでプラズマ波を使って東日本大震災を起こしたのだと思っていた。
ところが、実際はボーリングで海底に穴をあけて、そこに核爆弾をしかけて、爆発させて地震を誘発したのだと知り、1年以上前から地震発生機ハープに固執していた自分は何も見えていなかったのだと感じた。

朝日ニュースターの『愛川欽也 パックイン・ジャーナル』に次のような意見を送った:

タイトル: 中身のない空しい議論 

メッセージ:
この番組がなぜつまらないかというと、根本的なところを押さえていないから。
今日も原発のことを話していたけれど、「爆発してしまって」などと、あたかも3号機が壊れて爆発したような印象を国民に植え付けるのは、通常のニュースと同じ。
お金を支払って見ている視聴者には本当のことを告げるべきではないのか。
無価値な情報しか流さないのなら視聴を取りやめたい。
1)国際ユダヤ金融の指示によりアメリカ軍が爆破してその痕跡が残らないようにただちにコンクリートで封鎖してしまった、
2)20キロ以内を封鎖して誰も来られないようにしているから、そのような暴挙が可能だった、
3)太平洋に汚染水を放水させることでアメリカ軍が日本海溝に仕掛けた核兵器による地震誘発[気象庁は3回爆発したと言っている)の際に出た放射能を福島のせいにできる、
4)アメリカ軍が日本全国で行っているボーリングで開けた穴の中で核爆発を起こして日本全国を地震による恐怖で覆い尽くそうとする際に出た放射能の言い訳として福島原発を爆破したと本当のことを言えばいいではないか。
私は親子三代東京に住む者として、アメリカ軍が東京湾内のうみほたる近辺で核兵器を使用して地震を起こさせようとしていることに強い怒りを覚える。
東京の裏庭に出入りしないでほしい。
私たちはサンフランシスコ湾で核兵器など使用していないのだから。
アメリカ軍が毎日同じ時刻に人工地震を起こしても、液状化現象と震度3程度しか起こせなかった。
どうしてこのことを誰も非難しないのか。
東京湾は私たちが生活する場所に一番近い海。
『朝日ニュースター』もやはりユダヤ資本なのだろうか。
フジや日本テレビとは違うと思って安心していただけに残念だ。 
 

そして同じく朝日ニュースターの『闘え、山里ジャーナル』には、こんなふうに送っておいた:

脱原発デモは、原発は危ないから石油を使おう、そうするとそのデモの結果、国際石油資本つまりユダヤ人、ブッシュ家などの世界の黒幕が儲かるしくみです。
近い将来水や空気からエネルギーを得ることが実用化しますから、石油はそのうち価値がなくなりますので、今のうちに儲けておこうということでしょう。
反格差デモが行われ、逮捕者が出て、世の中が不穏な雰囲気になり、それが第三次世界大戦への引き金になれば、ユダヤの軍産複合体政府は大喜び。
戦争がなければ軍産複合体の国家は儲からないので、早く戦争を始めたくてうずうずしているので、山里の番組では、デモを煽るような発言は控えるべきでしょう。
あちらの策略にハマるだけですから。
それより、東京湾で平気で核兵器を使い連日人工地震を起こし、黒くて汚い雨を降らせ、東京在住の多くの人々を気管支炎にしたあの人たちに対しての抗議のメッセージを送るため新たなデモをつのるというのでしたら、意義があるでしょう。
東京生まれの私にとって、かけがえのない東京湾はふるさとの海
そこを放射能で汚されたことに対して怒りを感じます。
東京湾で核爆発をされたこと自体を知らない人がたくさんいるのですから、その事実を教えて、それに対してのデモをしたらよいと思います。
リチャード・コシミズ氏をゲストで呼ぶというのはとても良いアイデアだと思われます。
今一番旬なジャーナリストは、リチャード・コシミズ氏とベンジャミンフルフォード氏です。
この二人を交互に呼べば、視聴率が一気に上がることでしょう。
どうぞ、頑張って下さい。
 ---------------------------------------------------------------------------
fujimages
富士山:

先月だったか、ここへ泊りに来た静岡の友人に、
「富士山が狙われている。富士山のまわりに正確に真四角に核爆弾を地中奥深くに埋めて、各爆発させ、富士山を爆発させようとしている人たちがいる」と言ったら、なんのことを言っているのか何もわからなかったようで、「そんなSFじみたことを言って、どうしたの」という顔をされた。
ったくもう、危機感がないのだから。
私は静岡県のお茶が出荷できないというニュースを聞いた時にすぐに、妖しいと思っていた。
福島からこれほど通り静岡県でどうして放射能が検出されるのだろう。
間にたくさんの県があり、そこでは静岡県より放射能濃度が低い。
地理的に言って、静岡県で高い放射能が検出されるなどあり得ないのではないだろうか。
とすると、静岡県で起きた地震は人工地震は地震兵器ハープでやったのだなと思っていたけれど、本当は、湯堕屋の指示で在日X軍が実行部隊として、核爆弾を使用して富士山に地震を起こさせているのだということがわかった。
一般のニュースでは福島のことばかり言うけれど、静岡の富士山は日本の富士山だから、これが爆破されてしまったら大変だから、日本全国が富士山の件でもっと騒がないといけない。
日本全国に地震を起こして日本をパニックに陥れて、在韓米軍が日本に援護に駆けつけ、その隙に北朝が一気に南に攻め入り、3日でソウルを占領し、東アジアを不安定にして、第三次世界大戦に持って行こうなどという95歳のおじいさんの書いたシナリオどおりにならないようにしないと。
本当に碌でもないことを考える人がいるものだ。
日本は江戸時代までは独立国家だから、あの頃の方がずっとよかったかもしれない。
私は今でも江戸時代で構わないと思う。
現に花のお江戸の猫旅館の女将なのだし、江戸時代のおもしろいお仲間もいてとても楽しい。
静岡の人にすぐにリチャード・コシミズ氏の『3.11同時多発人工地震』を送ろうと思う。
日本人がみんなで富士山を守らないと。

静岡の友人に送った
「富士山が危ない状況にあるのに、静岡の人がその危機に気がつかずにのんびりと日々を過ごしているのはよくないのでを送りました。
2,3日中には着くでしょう。
また、静岡には富士山地震誘発のための地下爆破で多量の放射能が使用されましたから、お茶に放射能が含まれて当然です。
福島原発となんの関係もありません。
静岡に充満している放射能です」

リチャード・コシミズの本を読んだら友人は青天の霹靂とぶったまげるだろう。
そして、まわりの人やダンス教室の人にすぐに触れて回るはず。
コシミズの本は回し読みしないで、アマゾンから買ってあげてほしい。
この人自費出版だから収入は書籍販売と講演スピーカーしかないはず。
協力したいからファンクラブに入った。 


元米軍兵:

ところで、東日本大震災の直後、福島原発に水素爆弾をしかけるために米軍兵がたくさん来日していたのだが、3号機を爆破して大量の放射能を撒き散らした後は、のうのうと仙台へやってきて、瓦礫の撤去作業などを手伝っているようなパフォーマンスをしていたようだ。
そういう演技が必要だったのだが、そこに、すでに米軍を除隊して宮城大学の先生に赴任が決まっている元米兵の男がいた。
ところが宮城大学は震災直後ということもあり、その男を英語(英文学?)教師に雇用することができないと判断し、1カ月分の給料を補償金として支払った。
この元米兵以外にも当大学で新学期かあの雇用が決まっていたのに、1カ月分の給料だけで雇用されなかった教員は何人もいたのではないだろうか。
大抵の人たちは1か月分の失業手当を貰うと、それぞれの県へ帰って行って次の仕事を捜すなど現実の生活を始めたのだが、この人は半月仙台に留まって毎日ボランティアをして瓦礫の撤去をしていた。
軍隊にいたから腕力があるからそのようなことは得意だったからと言っていた。
津波直後、仙台市内には宿泊するところがなかったから、元米兵は、そこで作業パフォーマンスを繰り広げていた米軍に毎日軍用車に乗せてもらって、仙台から外へ連れて行ってもらい、また翌日米軍の車で仙台に通っていたとのこと。
米軍兵だった時のIDがあったからそれが可能だったと言っていた。
その人に質問のを送ってみたい気になってきた。

質問1)米軍兵たちは宮城に来る前に福島にいたのか。
質問2)米軍兵たちは福島ではなにをしていたのか。
質問3)いつもはペルシャ湾にいるはずの航空母艦が地震の時にはどうして日本のそばにいたのか。
質問4)米軍が福島から仙台に入ったのはいつか。
質問5)仙台にはイスラエル兵も多数来ていて、日本人の死体から身分証明書や旅券を集めていたようだが、日本人旅券4名分を持った兵士が国外退去になったけれど、あのイスラエル兵は何をしに来たのか。作業中に遭遇したか。一緒に作業をしていたのか。
質問6)2週間にわたり仙台に通っていた時、宿泊していたのは民間の民宿かそれとも米軍基地だったのか。

こんな質問に答えてくれるかどうかわからないけれど、一応聞いてみようと思う。
海兵隊の人はみんな様々な薬品を注射されて40代ともなったら廃人同様になって、身体だけでなく、感覚や感情、脳も相当いかれていると思うから、ちゃんと答えてくれないかもしれない。
だめもとでいいから聞いてみよう。    (ここまで平成23年11月19日土曜日)



平成23年11月20日 日曜日

東日本大震災は、湯堕屋のテロ(実行部隊:米軍)による同時多発人工地震で、核爆発させたのであって、自然の地震ではない。
自然の地震だとの前提で話を進めていると、奴らの思うつぼ。
だから、人工地震だということを踏まえて議論を進めるべき。
リチャード・コシミズの本を読みましたか。
-------------------------------------------------------

というコメントを マイ日本のブログに残す。
原発について意味のない討論を繰り広げているサイトの掲示板にどんどん同じコメントを残すのもよいだろう。 

平成23年11月21日 月曜日

朝の朝日ニュースターで、海底5000メートルのところで放射能が見つかったと言っていた。
前後の脈絡がなくてそれだけを伝えている。
一般人はまるで、福島原発から流れでた放射能汚染水がそこまで行ったかと思うではないか。
海底で見つかった放射能こそ、米軍が核爆弾を使って何度も同じところを爆破して人工地震を起こした証拠。
本物のニュースはそこまで言うべきではないか。
知っているのに怖くて言えないのか、バカで今になってもまだ事の真相を知らないのかどちらか。

それについてリチャード・コシミズが「朝日新聞のちっとヨワイ記者さんのためのニュース解説」でおもしろく説明している。
--------------------------------------
ところで、東北地方の人にリチャード・コシミズやベンジャミンの本を紹介したら、今朝こんなお返事が来た。

「リチャード・コシミズさんの本を読んでいる最中です。ベンジャミン・フルフォードさんの本は手に入れたところです。

放射性物質はどうかわかりませんが、6年前に盛岡から沼宮内まで車で通勤していた頃、俗に言う「ケム・トレイル」を頻繁に目撃していました。
夕方五時ごろ岩手山を右手に見ながら南下していると、夕映えのなかを白い煙を撒き散らしながら、複数のジェット機が飛び交っていました。
世界中の大気をいじっているヤツラがいることは、間違いないと思っています。
-------------------------------------
これを読んで、怒りが湧いてきた。
 「ケム・トレイル」はどこか遠くの話なのではなく、自分の知っている人が実際に見たのだ。
そこでこんなお返事を出した。

「リチャード・コシミズの本は、東北の方すべて、のんきに構えている富士山近辺の方や、自分は安全だと思っている九州の方にも、そして首都東京は安泰だと信じて東京湾の核爆弾使用を知らない都民、つまり日本人全部の方に読んでいただきたいと思います。
 
 ベンジャミン・フルフォードは非常に頭のいい人だと思います。
前は文章がよく飛躍して、好きではありませんでしたが、最近、日本人のゴーストライターが書いているのか、
文章が格段に良くなりました。
恐らく本人が書いているのではないと思います。 

目撃なさった「ケム・トレイル」ですが、それのせいで世界中の蜜蜂が多く殺されました。
蜜蜂がいないと受粉ができないので農業や自然の山野に壊滅的な影響を与えます。
岩手県でそんなことをしているのですね。
ためしに岩手県の養蜂農家に聞いてみて下さい。
ケム・トレイル目撃以降、蜜蜂が跡形もなく消え失せて、蜜の収穫量が格段に減ったと答えるでしょう」
 
平成23年11月22日 火曜日
 
福島原発の側にいた多くの日本人が、米軍が3号機を爆破した際にまともに爆撃をくらい、即死したそうだ。 
焼け焦げた死体もあったとのことで、それをすぐに始末しなければならなかったとのこと。
だから危険だからという理由で現場に人を近づけさせないようにして処理した模様。
非戦闘員である市民たちが原発施設爆破のための実行部隊によって殺されていった。 
 リチャード・コシミズ氏の『3.11同時多発人工地震』を読めば読むほど怒りが湧いてくる。
これをここで止めてはいけない。
正しくぶつけなくてはならない。
理性と知性で行動する人を神様が助けて下さるそうだ。
自分のHPのところどころに同時多発人工地震を知らせるリンクをつけておくのもよいかも。
とりあえず、竹炭熊本菊池村の野菜・お米・炭を紹介する頁にはコシミズ氏の頁へのリンクをつけた。 
 
平成23年11月23日 水曜日

世界の闇を語る父と子の会話集』を読み始める。
これは再版。よく情報を集めているし、説明が上手。
私のような人にもわかる。 
 
平成23年11月24日 木曜日 

リチャード・コシミズ氏とベンジャミン・フルフォード氏が対談した後、コシミズ氏にいやがらせの電話が何度も入ったようだ。
両方とも命を狙われている正義派の物書きだから、命と引き換えに文字を書く。
大田龍先生が亡くなられた今、日本で一番尊敬されているジャーナリストは リチャード・コシミズ氏とベンジャミン・フルフォード氏ではないかと思う。
ちなみに『勃発!第三次世界大戦』( ベンジャミン・フルフォード著)を貸した人から感想が送られてきた:

--------------------------------------------------------------
  いつもお世話になっております。先日お借りした本の感想です。
 
戦争というものは、決して起こってはならないものです。
人と人が血を流し合って殺しあうことは、神への冒涜であると思います。
しかし、世の中は戦争を乗り越え、工業や産業化が伸び豊かな生活を手に入れました。
豊かな生活につきものの利便性は何にも変えられないものです。ただ、その豊かさや資金力から更にもっとと手を伸ばす闇の世界が成り立っていくのは至極当然のことでもあると思います。
何故ならば人間の思想は自由だからです。
著者ベンジャミン・フルフォードの様に、自身の生命を賭けて世界中から情報を収集し、世の中の人たちに伝えていくことは、ジャーナリストの本来持ち得なければならない使命なのかもしれません。
現代の様に情報報化社会に生きている私たちは、何が真実で何が真実ではないのかをするどく見分ける直感と心眼を持たなければ生きていけなくなっていくでしょう。
100年掛けて練り上げた第三次世界大戦は、どの様なことがあっても防がなければならないのです。私たちの子孫の為に・・・
きれいごとの様に思われるかもしれませんが、世の中は私利私欲に走らずに心の豊かさを追及するべきです。心の豊かさがない限り、闇の世界が
目的を達成したと同時に、更なる次の闇の支配を考え続けるつづけるはずです。
この地球は神が創ったものであり、私たち人類や生けとし生けるものはすべておいて神の創造物です。
善と悪が向き合うのであれば必ず善が勝ち、世の中は神の望んだ素晴らしいものに変わっていくと信じています

簡略ですが、あまりにも壮絶な世界がはびこっている事をこの本を通じてわかりました。
お貸ししていただき有難うございました。
-----------------------------------------
それから、 リチャード・コシミズ氏の『3.11同時多発人工地震』を送った友人からこのようなメールが来た:

「3.11同時多発人工地震テロ」の本が届きました。ありがとうございます。
この本一冊で原発・日本・世界の関係が少しでも分かり、私の様な無知なものが少しでも勉強できる事が嬉しいです。本当にありがとうございます。
--------------------------------------
こうやって自分のまわりの人からだんだんに「歴史は湯駄屋なしには語れない、今の日本の辛さ悲しさも湯駄屋が大いに関係しているということ」をわかっていって、それがどんどん広がって、世の中での常識になるほど浸透してほしい。そのために自分はこの事実をコシミズ氏やベンジャミン氏の本を紹介することで行うのだと思う。
私的には、亡くなった大田龍先生の書き方が好きだった。

コシミズ氏の英語サイト(3.11同時多発人工地震)をコスタリカ人に送ったら、すごくびっくりしてすぐに家族や友人にも送ってくれた。
ひとつのメールがどんどん大きく広がるのだ。
だから、その英語の頁のリンクを一人ひとり外国の人々に直接送ることが小さいながらもコシミズ氏の行動を支援することになるのだと思う。
 
平成23年11月25日 金曜日 

コシミズ氏の英語サイト(3.11同時多発人工地震)をメキシコ人に送った。
メキシコはイスラエル建国を国連決議する際、賛成しないで、投票を棄権したからイスラエルがそれを根に持って、いまだにCNNやBBCなどを使って思い切りメキシコの悪いイメージを宣伝するような番組作りでじわじわと執念深く復讐されている。
  つづきは『日本全土で核爆発しないで