PHOTO044-1ジャパンダンスアートHP 

イケメン・インド人から習うヨガの講習会
-----------------------------------------------------------
踊る人に大切なのは、筋肉よりメンタル:


踊るためならなんでもするというような強い気持ちがあれば、人はいくらでも芸術的であり続けられるのだろう。

まあ、踊りは、片手間で、別に上手になってもならなくても、どちらでもいいんだけど、くらいの人は、結局ものにならない。 

私、そういうの本来やろうとしてることじゃないし、別にこういうの、できるようになる必要って、特にないんだけどみたいな発言をする人は、誰にも育ててもらえないだろう。だから、お稽古場ジプシーをやって、堂々巡りでぜんぜん上手にならない人をしばし、目にする。

だから、私は自分が何かを習いに行くとき、
「私がまさに必要としているのは、こういうことだったのです。ありがとうございます」と言う。
習い上手というか。
習い下手よりいい。 
ドイツ語も、ラテン語も、フランス語も、ジャズ・ダンスもそうやって、いつも、先生のお気に入りになって、一番前で学んだ。

飽きっぽい人は、上達しない。
同じ事を繰り返しできないと、踊りは上手にならない。
例えば、上達の状況はこういうかんじ:
 クリック!


平成28年7月18日 月曜日 海の日