坂本先生のやっているLuxyart写真素材販売に参加して
こんなの作った:でも、騙されて30万円失した!!!


これ、猫写真サイトだ!
IMG_20181231_200234のコピー2











DSC00024s


あれ、いくらだったかしら。
30万円。
平成30年4月25日のこと。
インフォトップという販売代行会社が間

他の人は、もっとリッチコースで、50万か80万か、120万円くらい払っているそうだ。

それで、その後どうなったかについて記録しておこうと思う。

写真が1枚3万円で売れるというサイトがあると電子メールで誘われ、坂本まりさんのビデオを見る。
実際には300円くらいしか価格がつけられなくて、しかも、売れても数ヶ月に一度あるかないかくらいだと、その時知っていたら、30万円なんて金額の契約なんかしなかった。
まわりの人で、このサイトで写真が売れた人を1人しか知らない。
そもそも坂本さんが自分の写真を1枚3万円で売っていたサイトに登録したいのに、坂本さんが、急ごしらえで作った、誰も知らない新しいサイトだった。あれ。
MLMになっていて、自分のサイトから入会した人を紐付けして、その人の売れた写真の%も入って来るとビデオで言っていた。
実際には、紐付けされていない。
えー、なんで。
そんなこと聞いてなかった。
SNSでラクシーアートをどんどん宣伝するようにレッスンの中で言われたが、最初に約束された機能が付帯していない。嘘だった。
宣伝しても結局、ラクシーアートが儲かるだけで、自分に利益がないから、宣伝するのに躊躇している人が多いようだ。
詐欺案件として、契約解消を申し出て、返金してもらった人がいるとのことだけど、そういう人が何人いるのか知りたい。
一期生への対応をしていないうちに、すでに二期生を募集して坂本さんは集金済み。
すごい神経。
これ、計画的な詐欺。
期生も一期生が感じたことと同じストレスを感じながら半年のコース期間を過ごすのだろう。
気の毒だ。
主催者坂本まり氏とのコミュニケイションが取れないことに、不安を感じる。
三雲弁護士に相談したら、なんと言うだろう。
そんなもの、すぐやめろと言うだろうから、相談するのやめよう。
百万円以上投資させられてしまった人は、今後どうするのだろう。
セイウチみたいな田舎のおっさんが頑張って、ワールドベンチャーを人に勧めてるという話も出たけれど、自分で4名申し込んででも、ともかく下を4名確保することというのは、やりすぎだと思うし、そのような勧め方は、不誠実。
すでに市場が飽和状態になっている場合は、いくら頑張ってもMLMはできない。
私が飽和状態という言葉を使ったら、そのような言葉は使わないようにして下さいとセイウチの女友達から注意された。
では別の言葉で言うとなんだろう。
商品浸透度が高いと言えばいいのだろうか。
例えば、携帯電話。
これ飽和状態。
だけど、20世紀の1990年だったら、まだ持っていなかった人もいた時代だから、持っていない人に対して販売できた。
今は、買い替えさせるしか売りようがない。
人口は一定数しかいないので、飽和したら、そこで頭打ち。
ワールドベンチャーは、年間13万円の自動引き落としの出費があるから、余裕のある人にしか勧められない。
現地までの飛行機代もかかるから、マイレージで無料特典旅行ができる人でもない限り、ツアー料金にプラスして航空運賃が上乗せされる。
私はいつもマイレージを使って無料で行くから、なんかお得感があるのでやっている。
自分がドリームトリップツアーを一度も楽しんでいないのに、人だけ誘うのは、どうかと思う。
旅を楽しむために入っている人もいるのだから、ワールドベンチャーを、お金儲けの手段としてだけ捉えるのは、本来の旅行クラブから外れている。
少なくとも私は楽しんだし、これからもドリームトリップのツアーに参加する予定。
人との出会いも楽しいし。
まだこれから流行らせられるもの、飽和状態になっていないもの、ほどんどの日本人が知らないものをやらないとダメだと感じる。
その意味で、チェコ系オランダ人が教えてくれたDascoinを始めたのは良かったと思う。
これは、日本語で入って来た情報ではないこともうまく行く原因。
日本語で情報が随所で見られるようになったら最後、誰もが知ってしまうから、価値はない。
日本でまだ流行っていない、外国人だけがやっているうちが、始め時。
こっそり、ひっそり、静かにやっていれば、飽和しない。
だからあんまり流行ってもらっても困るなと言うのが正直な感想。



集会記録:

平成31年1月27日 日曜日 午後2時
出席者:9名(うち男性2名)
世田谷、埼玉県鶴ヶ島市、江東区、千葉市、埼玉県のどこか、雰囲気は港区だけど居住地不明、新宿区
成果:Fotokameradというグループができた。ドイツ語で嬉しいけれど、なんと、ひらがな表記になっていた!!!
うっそー!
どーして!
感想:
現役業界人のキュートなファッションに圧倒された。
長く生きてると、散財度合いも多いようだ。
聖歌隊が山本太郎に似ている。
今日、この会ができたのも、笑顔を絶やさない世田谷さんのおかげ。
口角を上げているから、美人に見える。
こういう人にメイクしたい。
毛沢東ヘアのセイウチに削除された私に手を差し伸べて下さったことに感謝している。
ああ、今日は楽しかった。
------------------------------

1月28日
「Fotokamerad」が「寺子屋かめらーと」になっていた。
写真という文字が消えていて、笑える。
------------------------------

1月29日
坂本先生ビデオ。
ラクシー会員に、無料奉仕のお手伝いを募集していたから、耳を疑った。
数千万円から1億円以上の瞬間最大収入を得たのに、どうして時給千円で、スタッフを雇わないのだろう。
坂本先生に大きな収入をもたらした人たちは、お客さん。
プロジェクトの質を上げたかったら、客の善意にすがって、無料奉仕を期待するのではなく、客ではない人にちゃんと報酬を支払って、仕事としてやってもらうのがいいのではないか。
こういうビデオなら、出さないほうが良かった。
多分これで、人間性を疑う人が出て来たのではないか。
青天井に膨れ上がった巨大予算で行われる東京五輪が、無料奉仕のボランティアに手弁当で仕事をさせようとしているのと同じ。
参加者の写真の質の文句を言う前に、
システムをきちんと完成させてないうちに、販売して資金を得て、コース終了してもまだシステムが完成していなくて、怒って辞めている人もいるのに、第二規制を募集してさらに集金して、みんなの怒りが頂点に達したのに、それを理解していなくて、人に無料奉仕させようとしている。
あーあ、こんなビデオ出したら、余計に離反者が出るのになと思ってしまった。
コメントできないビデオなんか出すと、人は、自分の思いを別の形で外に出す。
それよりは、「ご意見はどうぞ、こちらへお寄せ下さいね」と手を差し伸べているほうが、まだ好感が持てる。
よほど怖いのだろう、質問されるのが。
周りにちゃんとした人はいるのだろうか。
この30万円があったら、私、ワールドベンチャーの旅行に行っていたかも。
--------------------------------------------
1月30日

「この動画にはコメントできません」となっているのは、相当批判が来ているということなんだなと思いました。書き込み自由にしたら、たくさんご意見来てしまうのでしょうね。という書き込みを「寺子屋かめらーと」に昨日したら、なんと、24時間以上経っても誰も何も言わない。
岩のようになってしまっている。
なんでかというのは、わかる。
自由に意見を述べられる場ができて安心したような気が一瞬したのだけど、実際には、
「いいことしか書いてはダメ、ネガティブ発言お断り」、
「ワールドベンチャーに入会する人の心が揺らぐようなことを言ってはいけない」
など、情報統制が入っていることに反発しているのだと思う。
人は表現の自由が妨げられると、途端に拒否反応を示すものだから。
--------------------------------------------
1月31日

ラクシーアートの会員の方がお一人いらして下さって、坂本さんのビデオの内容は、昨年と言ってることが同じだとのこと。
自分は2期生まで募集して億のお金を稼いでいるのに、無料奉仕で働かせようとするその姿勢、すごすぎ。
なんで、時給千円払いますから、お仕事していただけますかと言わないのだろう。
人からは取る、自分からは払わない。
一体どういう人なのかわかる。
-------------------------------------------
2月1日

ラクシーアートの会員が、ワールドベンチャーに入るのは、自由だけれど、ワールドベンチャーは、お金のある人が入会する組織。
まず初年度に17万円かかる。それプラス飛行機代。
私はマイレージを使うから、これまでのワールドベンチャーは、全て飛行機代無料で参加したので、ツアー代金だけ。
でも、普通の人はそこに飛行機代が必要になるから、お金に困っていて稼ぎたいビジネスとして参加するようなものではない。
その費用が払えて、海外で困らない語学力があるなら、入会すればいいと思う。
ヨーロッパでのワールドベンチャーのツアーは、全員英語が母国語並みに話せる人たちばかりだったから、食事の席でみんなで和気あいあいできたけれど、アジアでのツアーは、英語が全くできない(!)XX人やXX人が大勢来ていて、自分たちだけで固まって母国語で話して、他の人と会話が成り立たなく、テーブルマナーもめちゃくちゃで、見ていて恥ずかしい。こういうのに来るの、まだ早いんじゃないのと言いたくなるレベル。その人たちは、国際的なツアーに来るよりまず、最低必要な国際な場での食事マナーや語学力を身につけてから、参加すべき。日本人でも、テーブルマナーのできない人や、英語が堪能でない人は、他のツアー客が眉をしかめるかも。
------------------------------------------------------------
2月3日10日か忘れた

教会で良いことを考えた。
昔出してそのままお蔵本になっている『ジャズの女王物語』をスキャンしてテキストにして、電子出版しようということと、猫の写真集を出そうということ。
猫の写真を世間に出したくて、luxyに入ったけれど、30万円払って1枚の写真さえ売れない。
それなら、自分で猫の写真集を作って、電子出版すればいい。
費用はゼロ円だし。
-------------------------------------
2月の真ん中
なわけで、5匹の猫を選んでちょとした文章をつけて、50枚の写真を選んで、はじめの言葉、終わりの言葉を書く。
やだ、書いているうちに、泣いてしまった。
各章ごとに泣くものだから、なかなか進まない。
-------------------------------------
2月18日
アマゾンkindleからマリカ猫エッセイ『Cat Book猫の年代記』第1巻を出版。luxyは30万円出して、自分の猫写真50枚出したわけだけど、自分で出版したら、同じ枚数を無料で出したことになる。

sDSC09741表紙feb18のコピー3
2月19日
なんだか気になって、アマゾンkindle出版のサイトをチラ見したら、出版したその日にすでにこの本買って下さっている方がいらっしゃる。ありがとうございます。
マリカ猫エッセイ『Cat Book猫の年代記』は、第2,3巻出す予定。
ということは、写真売りたかったら、30万円払ってluxy使わなくても、無料で、売ることができるということがわかった。
ああ、なんて無駄な出費をしてしまったのだろう。
luxyから資金を取り戻して、秘密の「アレ」に投資しようと思う。
それなら、4万円払うと毎日40円来るし、12万円だと毎日3百円来るし、元金も戻って来る。ラクシーの前にこれに入っていたらと思う。
-----------------------------
2月20日
詐欺暗号通貨かもしれないorchidの事務局に連絡して、返金を求めるメールを送った。
luxyはどうやって返金してもらうのだろう。
専門家がいるようだから、ご相談させていただこう。
いつ咲くか知れない花を待つより、入会した翌日から、毎日入金がある「アレ」の方がいいし。60万だか120万だかを元金にした人は、毎日3600円もらえるとのことで、それでおかずを買えばいいから、アレの案件はやっぱりすごい。
本当にいいものは、誰でも見られるネットになんか出てこない。人とののつながりの中でだけ、いいお話というのは来るのだと、つくづく感じた。
------------------------------------
2月21日(木曜)
ここのところ、展開が早い。
朝、イアロスに辞め方の質問をした。
午後は、ラクシーアートに以下のメッセージを送った。
さて、お返事が来るかどうか。
-------------------------------------------------------
坂本先生、

入会を募っていた紹介ビデオと実際の内容が異なりますね。
写真1枚3万円で売っていたのは、どの写真サイトのことですか。
私たちは、それに入りたかったのですよ。
まだ何もシステムが出来上がっていない新しい団体ではありませんよ。
入会前にそこの説明をしましたか。
第1期生への対応もしていないのに、第2期生を募集したり、
ご自分は大きく儲けたにもかかわらず、受講生(お客さん)に
ボランティアでパトロールのタダ働きをさせようとしたり、
少々眼に余ることがありました。
多くの皆さんがそのような気持ちのようです。
ワールドベンチャーを無理やり押し付けようとしたのも
間違いでしたね。
あれは、貧乏な人がやるようなものではなくて、
お金がある人が余裕でやるものです。

お辞めになった方達のグループがあり、
交渉の模様など、色々お話しは伺っております。
一人一人バラバラに交渉をしないで、
みんなでまとまって裁判をしようという人も
現れて来ているようです。

サイトの「よくある質問」というところには、
辞め方が書いてありませんが、恐れ入りますが
辞め方のご説明を教えていただけますか。
できましたら、48時間以内に教えていただければ幸いです。
ここ数日以内にメンバーがみんなで集まって、会合を開くことになっておりますので、その席で発表できればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------
お返事が来るといいなあ。で、来ない時のことを考えて、ラクシーアートの本社のウェブ上から、以下のメッセージも送ってしまった。
-------------------------------------------------------------------------
ラクシーアートに入会した方で、まだ辞めずに、活動をしていこうと思っている方は、何人くらいいらっしゃいますか。
もしそのような人たちがいるとしたら、相当お花畑で、坂本まりさんがターゲットとしている格好の餌食ですね。
私が知っている人たちは、皆、坂本まりさんに対して、不満を抱いていて、いつ辞めるか、いつ裁判をするかという話ばかりです。
会員を無理やりワールドベンチャーに加入させてしまったことも、道徳的に考えて、問題でしょう。
私は、詐欺に遭ったと感じていますので、東京都の消費者センターへラクシーアートの報告をします。
その後、返金要求をします。
私の払った30万円をお返し下さい。
------------------------------------------------------------------
今まで坂本まりの評判サイトみたいなものって、見ないようにしようとしていた自分が間違い。ちゃんと見ればよかった。

私なんか被害額が30万円だけど、中には、100万円、200万円とすごい金額の被害に遭った人たちがたくさんいることを知って、今更ながら、この事件の大きさに驚愕しています。
坂本まりさんのこの写真販売ビジネスに賛同して、応援した人々がたくさん名前を連ねていますが、その人がまず、みんな危ない高額塾運営の人たちなのだから、その時点ですでにこれはアウト。
まず東京都消費者センターへ持って行き、ラクシーアート本社のある、中央区の警察に被害届を出すことなのだとだと思う。
最高に馬鹿だと思うのは、600万円も払ったおめでたい田舎のおっちゃんがいるということ。
しかも未だに自分が騙されていることに気づかないで、坂本まりさんに言いくるめられて、ワールドベンチャーまで入会して、坂本まりさんを儲けさせている。
すごい人がいるものだ。
私は30万円返金してもらうまで諦めない。
-----------------------------------
2/22
visaに電話して請求元がインフォトップだとの情報を受ける。
消費者センター(03-5273-3830)で支払停止抗弁書の書き方を教えていただく。
これの最後の2頁をクレジット会社とインフォトップにすぐに送る。あと20万円残金が残っているので、それの支払いを止め、支払い済みの10万円を取り返します。一括で支払ってしまった人は、取り返すのが大変だと思います。24回にしてよかった。
--------------------------------------------
平成31年2月24日 日曜日 午後2時
第2回:寺子屋会合
参加者:業界婦人、山手婦人、平塚婦人、テクニカル専門家、猫親
今回は、防空壕ではなく、茶の間でやった。
円形お膳はすごい。何人でも座れる。でも5名以上になったらやはり秘密基地へ移動しないと場所がない。
ワールトベンチャー、オーキッド、投げゼニ、ノアコイン、ラクシーアート、なんだ、結局同じところにお金払って来た方々なんだ。
で、結局、ネットから得た情報で参加したから、損するのだろう。私は、投げゼニは、良心的だと思う。
-------------------------------
時の経つのは早いもので、時はすでに、れいわ元年になっていた。
2月の半ばに4万で参加した「あれ」が、9月の始めに100万を超えたので、これをこのまま突き進むことにする。
気がつくと、一緒に頑張る、元ラクシーアート被害者の人が3名になっていた。
ラクシーアートには損をさせられたから、これでは絶対に利益を出そうと、結束が固い。
事実私たちは毎日チャリンチャリンと、確実に利益を出している。
怖がって参加しない人もいるから、私の4万円がどうやって100万になったか、見せてあげたい。


以下は記録として残しているだけ。
ラクシーアートの主催者が、ラクシーアートを検索した時、ラクシーアート被害者の会のブログとかあった方が、いいかなと思って。
あんな奴、忘れましょう。
時間をかけるだけもったいない。
私たちには、大きな未来が待っている。
そちらの方に時間をかけた方がいいと思います。
-------------------------------------------------------------------------
ラクシーアートの本社電話03-5537-6672に電話した記録:
平成31年2月25日 月曜日 午後2時40分 お話中。受話器外してるのかも。
平成31年2月25日 月曜日 午後2時45分  留守番電話。電話の内容は返金要求に決まっているので、直接喋るのは、怖くてできないのだろう。
------------------------------------
平成31年2月26日 水曜日
坂本先生に対しての集団訴訟サイトなるものができたと知らされて、びっくり。
あはは、みんな考えることは同じ。
被害者同士の連帯感、一体感。
------------------------------------
平成31年3月1日 金曜日
一番いいのは、他の積極的な方達がおやりなように、坂本さんのご自宅に内容証明を送ることでしょう。
〒251-0037
藤沢市鵠沼海岸2-10-41
それを送らなくても、いきなり裁判所からの書類を送ることはできるから、内容証明送付のプロセスを抜かしても構わない。
坂本さんの旦那様の歯科医院に送っている人もいるけれど、それも大変良い作戦だと拍手。
--------------------------

               
-------------------------
お金が必要な人は、今スグ見てね!

究極のネットATM


楽しい業界のお仕事