*にゃんきち日報*

にゃんきち一家のトホホな日常..._φ(・ω・` )

OctagonのTownBag*5

じりじりとしか進まず、サクッと完成レポートできないオクタゴンのバッグです。
それでもマチも用意できたことですし、組み立ての準備に入りました。
oct
ミシンでバッグを組み立てるときには、
マチ針でおさえるだけでは針が当たりそうで怖いし、
ずれるし、必ずカーブで焦ってマチ針が指に刺さるし、と
散々な事態が待っているので(私は、ですよ。あくまでも)
手間がかかっても先に出来上がりの2mm内側をしつけで縫い合わせておきます。

oct1
以前読んだえむさんの誌上レクチャーでは半返し縫いをしていたと思うのですが、
そこは若干手抜きでちょっと細かめにぐし縫いするにとどめています。
あらかじめ出来上がりの1mm内側をキルティングしてあるので
カーブがあるバッグでも、マチ針が迷わず打てます(*'-'*)。
ここまで準備しておくと、ミシンをかけるときに怖い思いをしなくて済みます。


さて、それと並行して進めているローマンストライプのキルティングですが、
最初は落としキルトだけで終わらせる予定でしたが、
ピースの真ん中にも1ライン入れたほうがしっくり落ち着くので、
もうひと手間かけることにしました。
oct2

最初に使いたいと思ったリミットの年内は過ぎてしまったことですし、
最早急いで仕上げる必要もなくなりました。
後でこうすればよかった、と思わないに越したことはないので
気が済むまで手を入れようと思います。
きっと次は完成報告です。



参考:オクタゴンのタウンバッグ /斎藤謡子のパッチワーク教室3
アップリケとエンブロイダリー /文化出版局 より 

 

AbbeyのCowl再び

我が家では朝のまったりタイムにでかたんは勉強、ちびたんは読書、
私は適当にだらだら過ごしています。
最近になって、6時25分から「テレビ体操」をしています。
TVの見るだけ予約をかけると、勝手に時間通りチャンネルが変わるので忘れ知らずです。
TVのおじさんに挨拶、ピアノの人に挨拶、体操、と一通りこなして朝ごはんへと移行します。
たかがラジオ体操、されどラジオ体操。
この10分弱で随分体の血のめぐりがよくなることを実感する毎日です。
おじさんもやればいいのにね〜
女三人バタバタ体操していても、布団にもぐって出てくる気配ナッシングです。


ちびたんが年末に一生懸命頑張って編んたAbbeyのCowlは
糸のもちもち感が素晴らしく、首に巻くととても暖か。
一度洗ったら目もふっくら揃い、もっちり感が更に増しました。

先日ちびたんが、今日は学校早帰りだから巻いていかない〜
と玄関にほったらかして登校したところ、
すかさずでかたんがいそいそ巻いて出かけました。

maf2

妹の作ったマフラーを巻く屈辱よりもかわいらしさと暖かさに負けた姉(≡ω≡.)
仕方がないのででかたん用にも編むことにしました。
(糸はちゃんと買ってあるところがなんとも(笑))

何種類かのデザインを少し編んでみましたが、
凝ったデザインにすると、糸が太くて持っている玉数では必要な長さが取れないので
結局ちびたんとおそろデザインに決めました。


妹のピンク系の糸とは随分趣が異なり、
思い切りボーイッシュな配色ですが、姉よ、大丈夫でしょうか…
まあ、制服の上から巻く分には違和感ないと思うけれど。

maf
 1玉で約28cmの長さになりました。
4玉あるのでちびたんのCowlと同じくらいのサイズになると思います。
(ちびのは帽子を解いた分があるので、若干毛糸が多い。)
さて、他に作りたいものが控えておりますゆえ、ガシガシ編みましょう。



 

OctagonのTownBag*4


doct2
オクタゴンのタウンバッグ一枚目のキルティングがおわりました。
こちらの面は本指定通りのピースワークなのでキルトラインもそれにならって。

doct1
キルティングにはメトラーの臙脂の糸を使っています。
FDPではコストパフォーマンスのよさと入手が容易なDualDutyを使っていますが、
このバッグは先染めの布 + 厚手の接着芯 仕様なので
きっと糸が負けてしまうと予想されたからです。
久しぶりに使ったメトラーですが、糸の毛羽立ちもほとんどなく、
たくさんキルティングしても糸がへたらないことを再認識しました。

次にキルティング糸を新調するときはやっぱりメトラーにしようかな。

本当は今年ドームに行って在庫が心もとないキルティング針とアップリケ針、
そして糸を調達してこようと思ったのですが、
残念ながら週末にPTA関係の予定が入ってしまったので諦めることにしました。
(娘も受験生だから平日夜帰宅は避けたいしね。)
そのうちQPのネットショップで買うことにします。



参考:オクタゴンのタウンバッグ /斎藤謡子のパッチワーク教室3
アップリケとエンブロイダリー /文化出版局 より
  

どんど焼きと塩レモン

dondo
ちびたんの毎年の年の初めの楽しみに「どんど焼き」があります。
一年間書きためたお習字と正月飾りを燃やして
字の上達と一年の健康を願う行事です。

今住んでいる地域では1月14日、と指定されており、雨が降ろうが雪が降ろうが
おかまいなしに実行されます。
2年前だったかな?大雪の中じいさんたちがひっそり火を焚いていたのを見たときは
「あ゛あ゛あ゛ーーーやってるのかーー」とほぞをかみましたが、
今年は幸い天気に恵まれたので余裕を持って準備できました。

今年はちびたんが早帰りだったので、どんどで焼くお団子のほかに、
おやつにもふかしたての団子を用意しました。
こちらは形もフリーダム(笑)
ちびたんは鳥型をこねこねしましたのよ、ほほほ。

夕方には字の上達と、なぜか受験合格を火に願い今年も無事に行事を堪能しました。

受験、といえば、来月の受験を目前にして手が震えるほどありがたいお守りを頂きました。
菅原道真公のご加護がうちののんびり娘にもありますように!
本当にありがとうございました。


dshio
昨年一大ブームだった塩レモン。
正月に実家でレモンをもらったのでためしに作ってみました。
もうすぐつけて2週間。
最初は塩レモンどりでも作ろうかと思います。

クックパッドで調べると、塩の濃度は人それぞれのようなので
ひとまず濃い濃度で試してみます。
レモン1.5個分:250g(0.5個はカツで使った半分w)
塩:200g
1/5スタートです★
 

FDP-Quilting*5

FDP
時々しか広げられていませんが、少しずつキルティングを進めています。
ようやくセンター4ブロックにきっちり格子が入りました。

いいね!
裏からも。
fdp1
みちみちっと入ったキルティング、
身もだえするほどいいね!!
あ〜キルトやっててよかった

問題は、これをキルティングしようと広げると、折りたたんだ暖かいところに
めいこが入り込んでお昼寝を始めてしまうこと。
他のキルトではそんなことないので、きっと中厚シンサレートってとても暖かいのでしょう。
もっと進めたい気持ちはそっと脇にしまって、
今日も寄り道ニッティんグへと移行するにゃんきちなのでした。




 

Up On Top

ontotop1
今更ながらお正月ネタですが…

毎年年始には子らと実家の近くの海まで出かけて初日の出をみる
という恒例行事があります。
太陽が水平線から顔を出すまでひたすら防波堤の上で待つのですが
これがもう寒いのなんのって。
毎年かっちり防寒していっても長い時間潮風に当たっているうちに芯から冷えてしまいます。

そこで今年は急きょレッグウォーマーならぬブーツトッパーというものを編んでみました。
年末超ぎりぎりの思いつきでしたが極々小さいものなのでなんとか間に合いました。

家にあった半端糸なので色はごく地味ですが、コットン芯にアルパカの毛をまぶした
糸なので、とても柔らかく暖かな仕上がりになりました。
10代・20代では気付きませんでしたが毛糸って本当に暖かい。
身につけるとじんわり暖かさが体にしみてきます。
出来はどうあれ、体が喜ぶものを自分で作って身につけられるのは
この上なく幸せだな、と思います。


パターン:Up On Top /by bruggadung! (Ravelry free)
糸:Pierrot Yarn Lara 1玉
針:knit Pro #8(4mm) 

 

OctagonのTownBag*3

年始草々おじさんが発熱し4日間寝込み、
その間、子らが同時に発熱し、一日で華麗に復活し、
(予防接種打っているからね)
よしよし、さあ新学期、と思ったらワタクシ発熱

多分、インフルエンザ。
多分。

でも病院行く前に熱が下がりました。
2日間ほど寝込み、熱で体中腫れあがるような感覚を久しぶりに味わい、
そして全身関節痛〜い現在。

それでもなんとか回復したからまあよしとしましょう。
久しぶりのインフル(多分)、辛かったわ。



joctbag1
こちらまだ元気なころの年始針作業の成果。
オクタゴンのタウンバッグの後ろ側に使うローマンストライプのピースワークが終了しました。
ピンクと白メインの柔らかい色合いです。

joct2
前後で随分と雰囲気が違うtopとなりましたが、壁にかけて使う予定なので
気分で掛け替えられていいかな、と思っています。
口布もカットしたので早くしつけがけまで進めなくては
またしわしわになっちゃうわね〜と思っていたらの発熱でした。
ちゃんちゃん。



参考:オクタゴンのタウンバッグ /斎藤謡子のパッチワーク教室3
アップリケとエンブロイダリー /文化出版局 より
 
livedoor プロフィール
Archives
Recent Comments
Categories
おしらせ
*コメントに関して*
あまりに記事と関係ない内容の書き込みや明らかに「どうなのよコレは?」といったコメントはにゃんきちの独断でさくっと削除いたしますのであしからず!




  • ライブドアブログ