*にゃんきち日報*

にゃんきち一家のトホホな日常..._φ(・ω・` )

huehukuro1
夏祭りのお囃子の練習が始まったころ、
下の娘に笛の袋を頼まれました。
今までは踊り手だったのですが、今年から笛にもチャレンジするそうです。

さて、高校生ともなれば、今までのようなかわいいだけの布ではなく、
大人っぽくかっこいい和柄がよいとのことでしたので、
ちょっとそこまで布探し。
そこで見つけたのが、画像のQuiltGateのねこ柄。
大柄なので柄とりが難しいかな、と思ったのですが黒猫が超かわいくて〜♡
ちょっとブリーチの夜一さんっぽくないっすか?
もうね、ひとめぼれですわ。

笛のサイズから適当に作ることにしました。
ええ、適当です。もうサイズも忘れちゃった。てへっ

ついでにお祭衣装になった時にお財布を入れるポシェットも
お揃いで作り直しました。
せっかくなのでにゃんこの顔がいい位置に来るように柄合わせ♪
うん、超かわいい。
huehukuro3
ファスナーは布のお花の色に合わせて臙脂で。

おまけ:今まで使っていたポシェット
huehukuro2
布は小学生のころのおちびちゃんが選んだもの。
やっぱりねこ柄でした(^^

去年はおまつりの頃はがっつり入院中で、後で動画を送ってもらって
一人病室のベッドで静かに泣きながら見ていましたが
今年は会場で見ることが出来そうです。
嬉しいな。



パターン:適当

お友達から譲っていただいた大事な大事なフィードサック。
自分で大事に持っていたフィードサック。
feed1

大事にしていても、しまい込んでいては意味がないので
生活の場で活躍するようにとミニマットを作ることにしました。

電話の上にはらりとかけたり、わんこのお水の皿の下に敷いたりしたら
素敵じゃないかしらね。
途中経過はちょこちょこインスタで上げていましたが
ようやくブログでも出番が。

キルトラインは迷いましたが、トリプルラインの格子で。
3本だとキラキラ度があがると思いませんか?
feed3

キルティングに使った糸は10年位前に買ったCribQuiltの青い糸。
the若山さんカラーですね(^^
木製の糸巻がとても素敵なのです。
feed4

はい、完成画像。
そういえばサイズを測り忘れましたが、それほど大きなものではありません。
小ぶりでかわいいコレクションキルトになりました。
feedquilt2

フィードサックは個性豊かで元気いっぱいで、かわいいですね(^^
裏は超お派手なウサギ柄。
そしてお約束のマジックサイン★
feedquilt
いやはや、楽しかったです。
ありがとう。

おまけ:ピースを切る出すときに出た端切れでBisbcornuを作りました。
キルティングしていないので本当にあっという間に完成★。
ついでなので、シルクのあまり糸で作ったふさふさもつけてみました。
うん、かわいいかわいい。


feedbisco1
fedbisco2


まだ編んでいるのかい?と言われそうですが
のんびり出先で編んでいます。
病院の待ち時間は、いつ呼ばれるのか追いつかないので
もっぱら居眠り専門です。
おかげでなかなか進まないのかなあ。

hasukai3

画像の長さでちょうどマラブリゴレース1枷終了です。
今はあと20リピートでフリルに入ります。
夏になる前には編み終わらないと手汗が(汗)。

デザイン:Hasukai Cowl / Hiroko Fukatsu
糸:Malabrigo Lace Polar Morn
針:knitpro #8(4.5mm) 

あとひと月ほどで、ガンと診断されて一年、
一先ず治療が終了して半年がたちます。

今日の診察で検査の結果を聞いてきました。
ちょっと気になる数値もあり完全に安心はできないけれど、
今のところは問題ないでしょうとのこと。
心配しても病気は予防できないですからね〜、と
のんびり言われました。

とりあえず一年を乗り切れば再発の可能性はぐっと下がります。
なんとかあと半年、つつがなく過ごせますように。
神ではなく、自分自身の体に祈ります。

久しぶりに土日ともお休みの週末を迎えています。
お天気もまずまず。
花粉症もちの家人がいる我が家では、毎年春になっても
毛布を洗ってしまえずに困り果ててしまうのですが、
ようやくそのチャンスがやってきました。

早速毛布を洗濯機にぎゅうぎゅうに詰め込んで
ベランダでふかふかに干します。
ああ、やっとこれで毛布がしまえる。
幸せですわん。

さて、幸せと言えば、ぜいたくにフィードサックを使った小物を作りました。
feedwan

私が感じるフィードサックの魅力は
何といってもとろりとした柔らかな感触につきます。
長く着ているお気に入りの服のように、手に、布どうしに
しっとりとなじむ感触。
針を打ちながらうっとりと幸せを感じながら縫い上げました。
feedwan1

今回は3cm角のスクエアをつなぎました。
普段作る2cm角のわんこよりもだいぶ大きくなってちょっと焦りましたわん。
feedwan2
ちょっと頭が重くて自立はむつかしいのですが、壁に沿わせればOKなので良しとしましょう。
このサイズだと、ただつなぐだけではなく、キルティングまでしてから
成形したほうがよさそうですね。
うん、でもたぶんもうこのサイズでは作らないと思います。
だって、詰め物を詰めても詰めても終わらないんだもの〜。








インスタに上げておいてこちらに記録を残していないものが
まだまだあります。
常に涙目のせいなのか、文字を見るのが結構億劫なのですね。
そういえば、本を読むのも最近は億劫になっています。
嗜好の変化、だけで説明がつかない気がします…。
読んでいる時間に感じる焦燥感、なのかな。わからないな。

initial1
3月の末に職場の仲良しさんに色々お礼の気持ちを込めて
モノグラムのポーチを贈ったのですが、
先日会ったら、娘ちゃんが同じイニシャルだから取られちゃったと。

ならばもう一つ作るわよ、でも今回はイニシャルだけね。
と、作り始めました。
'M'は素敵なデザインが多いのでデザイン選びも楽しいですが、気づけばいつも同じものかも。

布合わせの確認をしようと、カメラを構えたらすかさずクロコがお邪魔虫。

何個も作っているポーチなので、仕立てはサクサク♪。
initial2

黄色がよく似合う人なので、中は懐かしのMarcus Broth.のコットンをチョイス。
initial3
こちらも気にいってもらえてよかったです。


いわゆるワイヤー口金ポーチシリーズはこれで一段落です。

18cmのワイヤー口金ポーチを作っているときに、
これは、いわゆるモバ編みの時に編みかけのものを入れて持ち歩くのに
ちょうどいいサイズだと気づきました。
巾着でもモチロン良いのですが、
ワイヤーが入っている分、カバンの中で
針が保護されるかしらとの思惑もあります。

ただし、ファスナー口だと毛糸が引っかかってしまうことが予想されたので
ファスナーはなし。
代わりにフラップを付けました。
(本当はマグネットボタンで閉じるようにする予定でしたが
面倒くさかったので省略。本当はつけたほうが良いと思うのよ~)
wireknit

内布は以前ちょこっと買ってあったリバティ。
勿体ながって使わないでいたら使わないで終わっちゃいそうなので。
もうね、どんどん使うわよ。
wireknit2
実際使ってみるとこんな感じです。
当たり前ですが、ワイヤーが入っているので、口ががばちょと開いて安定するので
なかなか使い勝手良好ですわん。

wireknit3


二つ並べるとこんな感じ。
ファスナーがない分、プロジェクトバッグのほうがへにゃっとしています。

wireknit1

5月だというのに夏のように暑い日が続いています。
この頃は休みの日に少しずつ家の片付けをしています。
5年くらい家でゆっくりした時間を過ごすことが無かったので、
すっかり家の中がカオスに😅
断捨離なんて素敵な話ではなく、
5年分溜まった埃をまずは掃除をしなくてはいかんね、と思っています。



ワイヤー口金ポーチは、4個目にしてようやく自分用のものを作りました。
こちらは少し大きめで、18cmのワイヤーを使っています。

帆布を使ったり、持ち手を付けたり、
細々小技が効きつつしっかりした作りになっており
バッグインバッグにするとよいそうです。
wirel1
持ち手用のコードが無かったので
本体と同じ布で作りました。


確かに沢山入ります。
wirel2
けど、沢山入るから却って入れすぎちゃうかも(苦笑)


すぐれものポーチ/ 日本ヴォーグ社

このページのトップヘ