*にゃんきち日報*

にゃんきち一家のトホホな日常..._φ(・ω・` )

今年作ったもの

早いもので、もうこの記事を書く時期になりました。
今年は外出も多くあまりたくさん作れなかったな、と思ったのですが
画像を見てみると簡単にできるものをこまごま作っていたようです。
ざざざっとまとめた画像、一気公開です。


2014年は編み物三昧の一年でした。
40超えて新たに出来ることが増えるというのは本当にうれしいこと。
ラベリーさまさまです。
まずは必要にかられてたくさん編んだ手まわり品から。
knit1


巻物・着るもの、自分で作ることが出来る喜びを感じた一年でした。
knit2
 

ちっちゃいものは息抜きに♪
knit3


反面、はかどらなかったのがキルト。
針を出すとめいこが寄ってくるのが怖くてなかなかはかどりません。
キルティングに入ってしまえば大丈夫なんですけどね。
kquilt



ステッチは夏にポーチをたくさん作ったのでちょっと数多め、かな。
kstitch


最近目がかすむのでなかなか紙を細かく細工するのが難しくなってきましたが
やっぱりバラ窓は素敵だと画像を見て思いました。
来年もまた切ろっと。
kother

今年もいろいろ走り回った一年でした。
大変だったこともいつかきっと自分の血肉になると信じれば 
案外やり過ごせるものです。
どうせ過ごすなら人生前のめり、
面倒くさいからいやだいやだと逃げ回ってばかりいないで
おなじやるなら笑ってやろう、
愚痴は一緒に頑張っている仲間内でだけ、力いっぱい罵倒しまくろう(笑)、
そう心がけた一年でもありました。

思えば随分我慢強くなったし、許容範囲もふえたな、と思います。
ほとんどの人は知ることもない世界も知ることが出来たし、
自分の可能性を広げることが出来たのだから結果オーライです。
何もしないでウジウジ・めそめそするだけの以前の私なんてもうまっぴらごめんなのさ〜。


年が明けてからはでかたんの入試やふたりの入学準備もあり
今までよりもさらに手は動かせず更新もままならなくなるとは思いますが
のんびりと書きつづっていこうと思いますので
またお立ち寄りいただけたら嬉しいです。

では、皆さま、よいお年をお迎えください。
(今年は年賀状は失礼させていただきます。
PC上のご挨拶で申し訳ございません。)


 

Aidez*1 準備

aidez
英語パターンを使っての編み物を初めて1年ちょっと。
編み図を読みこなせない私には、
言葉で動作を説明してくれるこの方法が非常にあっているようで、
とにかく形に出来る、ということが楽しくて仕方がない。

今の私なら何度も挫折したモリモリのアランも、もしかしたら編めちゃうかもしれない。

そんな期待に胸ときめかせてラベをさまようこと数日、
アランなのに軽くしかも初心者向け、というデザインに出会いました。


aidez2
早速ゲージをとるついでに模様編みの練習も。
編み目はがったがたですが書いてあることが解る!編める!!
(でも画像の模様編み間違えている〜)
感動です。

ちなみに今回アランのブランケットを編もうと思って買ってあった
アトリエトワインさんのアンゴラウール極太を使っています。
極太で100gのかせなので玉にすると存在感がものすごいです(笑)。
幅は指定ゲージが取れましたが高さが3.5inchで若干足りない。
対策は編みながら考えようと思います。

編んでいるときは硬さが勝ちますが、(糸割れは無。)
軽く水洗いしてブロッキングしたらふっくら柔らかになりました。


提供パターンは前後身頃別ですが、一続きに編んでしまう予定。
自分で間違えないようにパターンを書き直しておく必要があります。

実際に編み始めるのは多分2月ごろですが
うーーん、完成が楽しみ(気が早すぎ。)

参考:3673 Aidez by Cirilia Rose
糸:Atelier Twine アンゴラウール 極太
針:knitpro#11(8.0mm)





 

黒いとり*手直し

10月に黒いステッチをお茶の缶細工に仕立てましたが、
蓋のサイドに貼りつけたリボンがほんの少し太かったため
上から見たときに形がいびつに見えてしまい、とても残念に思っていました。

気に入らないものが目の前にあると気持ちがもやもやするので
作り直すことにしました。
can1
蓋の幅よりほんの少し幅が狭いリボンを巻いてみました。
上から見たときのバランスがとてもよくなったと思います。

最初に貼っていたリボンはそのまま本体に巻きつけました。
can

底は天面と合わせてBWのネル地で。
can2
私が持っているカルトナージュ本とは違う仕立て方ですが、
今回はこちらのほうがきれいにできたと思います。

うん、これなら満足♪
今年はまだ2週間残っていますが、恐らくこれが今年最後の完成品になると思います。


図案:Freechart by luli
リネン:Zweigart 32ct.
糸:マタルボン 黒 ・赤 


 

Margot*1

早いものでもう年賀状の投函受付が始まったのですね。
毎日どたばた走り回っているうちにあっという間に年が明けてしまいそうです。
今年度は色々希有な体験をすることが多い一年でしたが
来年度もまた変化の年となりそうです。

とりあえず、ちびとでかが卒業&入学なので
4月まではその二人のことでも忙しくなりそうです。
とにかくでかたん、受験がんばっちくりー。

Margot
昨年長年の憧れだった風工房デザインのマントを編もうと思って
購入しておいた毛糸がありましたが、
普段自転車で移動する私にとってマントやポンチョの類は
あまり実用的ではないことには敢えて気付かないふりをしていました。

今年になって編みたいものが爆発的に増え、実際使える時間と相談してみると
編みたいは編みたいけれど、自分にとって実用的でないうえに時間のかかるものよりも、
使いたくて編みたいものを優先すべきだとの結論に達しました。
そう、この毛糸を使って他に編んでみたいものができちゃったのよ〜。

ということで編み始めました、Margot。
Ravelryのフリーパターンで、シンプルで使い勝手のよさそうなプルオーバーです。
マント用に配色糸も用意してあったので思いつくままに縞模様を入れていこうと思います。

さて、うまく出来ますように。
オンシーズンで着られるように編みあげられますように。

参考:568Margot by Linden Down(Ravelry Free) /size:M
糸:Pierrot Yarns Fontaine(MC:03、CC:02,05,07)
針:Knit Pro#6(4mm)



 

小さな菊もなか

kiku3
今日はおじさんが忘年会で帰りが遅いので
普段21時就寝の私が珍しく夜更かし。
油断するとうたたねしてしまうので、眠気覚ましに小物をチクチク。

小さいものなのであっという間に完成しました。
kiku
やっぱりカワイイ菊もなか。
サイズ的にはシザーフォブかな。

後ろもぷりっとかわいい。
kiku2
ちいさくてぷにぷに。
身もだえですな。

っていうか、まだ夫帰らず。
次は何しよう…。





無条件で愛くるしい

h1
数日何も予定がなく、家でぼんやり過ごしました。
久しぶりに昼間っからめいこを膝に乗せて編み物三昧。
楽しい時間はあっという間ですね。

余裕ができたからか、久しぶりに布の片づけをしようという気も起きました。
そして最早お約束、出てきた端切れにきゅんきゅんしてしまい、
ちまっとヘキサゴンをつないでしまいました。
ええ、布の片づけはまた途中で放り投げですわ。

7mmのヘキサペーパーライナーの入った缶には
以前カットしておいたフィードサックも入っていたのでついでにこちらもつないでみたり。
h2
うにゅにゅ、かわゆい。
ちっこいってのは全く罪な存在だわ。


せっかくなので最後まで仕立ててしまおうとおもいます。
h3
こんな感じかな?


今日からまた忙しくなりそうです。 
がんばりまっせ。


 

September*5

september
今年もミカンの手伝いに行ってきました。
例年よりもだいぶ収穫量が少ない気がします。
体調が良くなかったため夏の手入れをほとんどしなかったとのことで
あまり質も良くないような気がします。
跡を継げるような収入がない農家はどんどん廃業を余儀なくされます。
青空にミカン色が映える段々畑も1/3位は荒れ地になっていると聞きました。
うちもいつまでつづけられるかな、と
日本の農業問題をそのまま目の前に突きつけられている気がします。




最近の空き時間はほぼ編み物に占拠されていたのですっかり忘れていましたが
今年度はちびたんの卒業に合わせて’September’を完成・額入れする約束でした。

危ない危ない、久しぶりに図案を広げました。
ひとまず左隅の果物かごをやっつけましたので
残ったのは外枠と文字のみ。

油断せずコツコツ続けようと思います。




図案:THE PRAIRIE SCHOOLER Book No.173 'SEPTEMBER'
布:Zweigart 32ct. Belfast アンティークアイボリー
糸:指定糸  

 
livedoor プロフィール
Archives
Recent Comments
Categories
おしらせ
*コメントに関して*
あまりに記事と関係ない内容の書き込みや明らかに「どうなのよコレは?」といったコメントはにゃんきちの独断でさくっと削除いたしますのであしからず!




  • ライブドアブログ