*にゃんきち日報*

にゃんきち一家のトホホな日常..._φ(・ω・` )

今年の手仕事*2016

あと2週間ほどで2016年ともお別れです。
今年も結局あれやこれや思い患うことが多い一年でしたが
それでもすきま時間に手を動かす楽しさをぼちぼち満喫出来たのではないかと思います。

さて、では今年一年の完成品を振り返ってみましょう。

一番思い出深いのはやはりアップリケサンプラー。
作り始めるときはいつだって野心に満ちてすぐ完成させるつもりなのに
気付くと何年もかかっちゃうんだよな。
a4
 でも妥協せずみっちりキルティングを入れた大満足の一枚です。
本当にがんばったな〜自分。

そのほかのキルトものはほんのちょっぴりですが…
a3
 こうして見ると30'sの布を使ったものばかりですね。
明るい布は広げて眺めるだけでも楽しいですが、
やっぱり暮らしの中に取り込んでこそ、より色柄が生き生きするな、と最近思います。 


ステッチものは実用品として作ったものが多いです。
a5
 見事に赤い糸ばかりですね(笑)。
DMCの糸はもちろん発色もよくふっくら具合も抜群で文句なしなのですが、
Olympusの糸の雰囲気も好きで、特に#1122のちょっと抑えた赤が
自分の好みにしっくりくるので何かと愛用しています。
 

今年はミシンを買い換えたこともあり、例年よりもたくさんバッグを作りました。
a7
 特に子らの体操着などを入れるトートバッグを作り始めてからはミシンが楽しくて
なにゃかんやで5つも袋を作ったんですね。
やればできる子だわ、私(自画自賛)。

バッグを作るとなると大きな布が必要ということで何度かユザワヤにも足を運びました。
行けば行ったでつい余計な布を買う訳で…
そんな布を生かしてポーチやペタンコバッグも作りました。
a6


今年も一番時間を費やしたのは編みもの。 
お気に入りの道具を使うと編みもの時間がもっと楽しくなるので
色々な石やビーズでマーカーを量産しました。
a8

途方もない時間がかかっていますが、やっぱり自分サイズの服を
作れるって楽しいです。a2
 最近はシルクの糸がお気に入りですわ、ほほほ。

相変わらず巻物も好きです。
a1
 サイズにこだわらなくていいのが気楽で楽しいです。
せっかくなので上等な糸で編むと、針の滑りもよく、編んでいて気分も高揚するし、
完成後首に巻いた時の肌触りも抜群にいいので本当に幸せに感じます。.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 
来シーズンに編みたい糸も入手済みなのでまだまだ巻物は増える予定です。


つらつら書いてみると結構手作りライフを満喫した一年だったような気がします。
来年も暮らしに沿ったものを楽しんで作っていこうと思います。

少し早いですが今年も一年お付き合いいただきありがとうございました。
来年もぼちぼち更新しますのでどうぞ時々覗きにきてください。


2016.12 にゃんきち




 

Grand Marquoir*2 とくるみのオーナメント

s1
随分久しぶりに(前回upは2月でした)Grand Marquoirをステッチしました。
大分目もあやしくなってきたな、と感じた1ブロックでした。
なんとか刺せるうちに完成させないとな。

デザイン:La grille mystere du <<Grand Marquoir>> / Isabelle Haccourt-Vautier
リネン:Lake side linen 40ct.
糸:DMC 115 2本どりで 

stitch8
クリスマスも間近になってきましたが、その前に
「しめ飾り作り」の参加者を集めなければならず 毎日営業活動中です(涙)。
今年はご不幸があったご家庭が多いようでなかなか定員に達しません。
そろそろタイムリミットが近いので本当に胃が痛くなる思いです。。。。

上の写真は多分年内最後の完成品となります。
BBDのデザインから小さなものを拾い出しくるみのオーナメントを作りました。
まだクリスマスの飾り付けもしていませんが、というよりしないまま終わりそうです。
なんかもう、季節の行事を楽しむこともままならない余裕のなさに泣けてきます。

デザイン:Christmas Garden by Blackbird Designs 2011
リネン:ステッチ用ではないもの
糸:Olympus #1122 


 

やっぱり好きだな。

w1
編みものをしていると短い毛糸くずが少しずつ溜まってきます。
メリノあり、シルクあり、コットンあり色々な糸の集合体ですが
どれも大事な作品の切り落としなので、コツコツ袋に溜めておきました。
そろそろ小さな編みぐるみに詰め込めるくらいの量になったので
いざスタッフィング☆

詰め込んだのは編みぐるみではなくてパッチワークのわんこちゃん。
w2
 お友達のインスタで見かけて久しぶりに作りたくなって
これまた大事に取っておいた30'sの小さな端切れを使いまわして組み立てました。

案外ピースが多くて難儀しましたが、超かわいい子ができあがりました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
先述の毛糸の切れ端たくさんと、今年ほんの少しだけ収穫したラベンダーを詰めています。
w3
今回は意識して黄色い布を多用しました。
何かと気持ちが沈みがちなので、せめて布くらいは明るく、ね。



おまけ:先日作ったあみねこちゃんとサイズ感がぴったり♥
w4

生活にすごく役に立つという訳ではないけれど

やっぱりパッチワークは、
やっぱり小物作りは楽しいね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

自分の生活の一部にこうした楽しみがあって本当によかったと思います。

 
 

Mailin*1とお買いもの

ma3
Mailinはフロントパネルの模様がシンプルながらこじゃれた雰囲気のセーターです。
デザイナーのIsabell Kraemerさんの作品は指示もシンプルかつ的確で
初心者の私でも余り悩まずに編み進めることができるので安心して取りかかることが出来ます。

パターン自体は問題なしだったのですが…
アルパカで編んでみたい衝動が抑えきれず、昨年から色々糸を変えたり
針を変えたりしながら何度も編んでは解くを繰り返していました。

結局糸は指定よりも細いのですが、ピエロのArlesのDK1本どりで
指定より太めのUS#9(5.5mm)の針を使って編むことでなんとかゲージを得ました。
ちょっとスカスカする気もしないでもないのですが、アルパカのよさを生かした
軽くて柔らかなセーターにしたいと思います。

パターン:Mailin by Isabell Kraemer
糸:Pierrot Yarns Arles DK(color:02)
針:knitprodreams(#9,80cm) 


さてさてさてさて。
別に懺悔という訳ではありませんよ。
来年編む予定ですから(苦笑)
昨年母にプレゼントしたLinLinShawl、私もやっぱり欲しいので
先日お値段がぐっと手頃になった時にお取り寄せしました。
前回編んだMalabrigo RiosのカラーネームSolisのかもす
青〜緑の色の移り変わりはそれはそれば美しかったのですが、
折角新たに買い求めるのであれば違う色を試してみたくなるのが人情というものです。
ma1
今回選んだ色は大冒険のLotus。
画像からもわかるように枷によって大分色の比率が異なるだろうな、と危ぶまれますが、
それがこの糸の個性だし、ショールなのでどうせグルグル巻きにするので
それ程細かなことは気にならなくなってしまうと思います。
なので、その都度出てくる色の変化も素直に楽しもうと思います。 

ところで、カラーネームのLotusですが、単純に「水連」を思い浮かべていたのですが、
他にも意味があったようです。
大辞林第三版によると、
.リシャ伝説で万事を忘れさせる甘い果実。
これをたしなむ人々の国に上陸した部下たちが、帰国を忘れてこれを食べるのを欲したため、
オデュッセウスは泣き叫ぶ彼らを無理に船に連れ戻したという。ロートス。
蓮はす。
なのだそうです。
ドラマティックな意味もあるのですね。さて、malabrigoではどちらの意味を込めたのでしょうか。


ついでに…
ほら、FrenchCancanで丸丸1枷Sandの糸が余っちゃったから…
ma2
買っちゃった。SilkymerinoのPartyPink。
とんでもなく明るいピンクと黄色ですが、これでアームウォーマー的なものを編もうと思っています。
小物は明るい色が映えますからね〜。














 

ガーデントート


s5
編みものをする時は、作品ごと道具一式と毛糸玉を紙袋に入れて保管しています。
じつは編みものを始めたころは、どうせうまくいかなくなって
すぐに飽きてまたキルトや刺繍に戻ると思っていたのですが
文章式のパターン&YouTube先生との出会いにより、案外趣味として長続きしています。

となると、やはりいつまでも紙袋のままではなんとも自称手作り大好きさんとしては
物足りないものがあり、いつかは色々な道具もきれいに収まる
編みもの専用のプロジェクトバッグを作らなくてはいけないねえ、と思っていました。

目星をつけていたのは最近トートバッグ作りでお世話になっている赤峰清香さんの本から
ポケットたくさんのトートバッグ。
ただし、パーツが多いのでちょっと準備が面倒だな、と躊躇しておりました。

先日、ようやく今シーズン用のショールが完成したので、縫うなら今、
と休みの日に布を引っ張り出し、一気に仕立てました。
本来ならば帆布で仕立てるのですが、家にある色々な端切れの集合なので、
接着芯を貼って補強したり、裏布をつけたり、色々手間が増えています。
s10

今回、持ち手と底の部分に初めて帆布を使いましたが、素直な布でとても扱いやすく、
今まで食わず嫌いをしていた自分をちょっと悔むくらい。

後ろ面はポケットなしのすっきり仕立て。
s6

本では中にポケットをつけていませんが、使い勝手を考えて3個つけ足しました。

一つ目はプロジェクトノートやテキストを入れる大きなポケット
後ろ面内側一面がポケットになっています。
s9 (2)

2つ目は鋏を入れるポケット。
サイドに適当に。端切れを鋏に合わせて折って内袋に縫いつけ。
s7

3つ目は鋏と反対側のサイドにペン用の小さなポケット。上に同じ。
s8
この3つのポケットがあるだけでもぐんと使い勝手がよくなりました。

これで、中に毛糸を入れた袋とお道具色々を詰め込んで、
いつでもどこでも持ち歩きできるプロジェクトバッグの完成です。
ついでに画像では見えませんが、かばんがガバチョと開かないように
結ぶ紐も袋口に縫いつけてあります。
思いのほかよいバッグに仕立てられてよかったよかった。


参考:
★ガーデントート
 長く愛せる大人のバッグとポーチ / 赤峰清香 /日本ヴォーグ社   

 
※拍手コメントもありがとうございます(*^^)


 

Honey Cancan*2

s3
レースエッジの三つ編み模様がチャームポイントのFrenchCancanが編み終わりました。
特に難しいところもなく、さくさくさくっとストレスなく編める楽しいパターンでした。
編みあがりは模様もふっくらもりもり♥

指定では、本体とエッジで毛糸の使用量は約半々となっていたので、
そのつもりで編んでいたのですが、思ったよりもエッジでの毛糸使用量が少なく
用意した毛糸が丸丸一玉余ってしまいました。
s2

かといって小さいのか、というとそうでもなく、水通し前でも180cm長と
なかなか使い勝手の良いサイズとなりました。

水通しして形を整えて陰干しし、(あまりぐいぐい引っ張ると
折角のレースモリモリが潰れてしまいそうで。)210cm長・40cm幅としました。

着画は登校前の超忙しい時間帯に嫌がる娘に無理やり巻きつけて(笑)。
s4

マラブリゴのシルキーメリノ、本当にチクチクナッシング★で
上品な艶もあり、素敵な糸でした。
せっかくなのであまった糸で小物を編もうと思います。


パターン:French Cancan / Mademoiselle C
2882

糸:Malabrigo Silkymelino Sand ×3skein
針:knitpro US#7 


2016*11月の庭

niwa5
11月も半ばを過ぎました。
ええ、もう一カ月とちょっとでグッバイ★2016 なわけですよ。
わけですよ…。。。

早いですね、はやいですね。
この一年を振り返っても果たして自分は何を成してきたのかと
迷い子のようになってしまいますよ。
庭の木々もだいぶ紅葉&落葉し、冬が近いな、と感じます。

niwa1
 
最近は気付いた時に少しずつ手を入れているのでバラもだいぶ小さいですが
つぼみを次々つけていて、寂しくなりがちな庭がぽっと明るく灯されています。

niwa3
 
niwa2
 
そうそう、この冬に新しくガブリエルと夜来香の大苗(バラです)を予約しようと
ホームセンターに行ったところ、園芸コーナーで売れ残っていた素敵バラを見つけたので
予約は取りやめてこちらをお持ち帰りしました。

niwa4
 ツンととがった花弁とよく香るのがチャームポイントのシェエラザードです。
キルトにしても花にしても名前から入るところがある私ですが、
シェヘラザードは中学の頃大好きだったクラッシック楽曲のタイトルでもあるので
こちらも文句なし、です。
まとまった時間が取れるときに地植えしようと思います。


さて、最近の手仕事の記録。
クロスステッチは夏モチーフの❤がようやく刺し終えました。
秋・冬も引き続き、と言いたいところですが、他にもやりたいことだらけなので
ひとまずは違うステッチに取りかかろうと思います。
これは多分お茶碗敷きかトイレットペーパーホルダーになると思います。
niwa6

それ以外ではフレンチカンカンや(これはレースボーダーがあと1/2)
FDPのキルティングを毎日少しずつ進めていますが

最近インスタでお友達が作っているパッチのわんこちゃんがかわいくてかわいくて。
私も久しぶりに作りたくなっちゃいました。
例のごとくゴミ袋のようなお宝ちび布袋から使えそうな小さい布を取りだしてアイロンをかけ
niwa7

あとは、これに合わせて必要な枚数を印つけ&カット
ああ、メイコがかまってと邪魔してきましたがなんとかここまで終了。
niwa8
あとはゆっくり好きな時に進めようと思います。


身内が入院してから作り始めた編み猫さんですが、
思いのほか症状が重く、それとともに手も止まってしまいました。
編み猫といえどやはりいきものを模したものなので、
最後のいのちを吹き込むところで息が苦しくなってしまってどうしても前に進めなかったのです。

先日担当医の説明を聞き、改めて、願いを込めて最後の組み立てを行いました。
neko

どうか、予想外の回復が起きますように。
祈らずにはいられません。



参考:ねこやまさんの編み猫さん


 
livedoor プロフィール
Archives
Recent Comments
Categories
おしらせ
*コメントに関して*
あまりに記事と関係ない内容の書き込みや明らかに「どうなのよコレは?」といったコメントはにゃんきちの独断でさくっと削除いたしますのであしからず!