ブログネタ
ペット関連ニュース に参加中!
nagare

今朝、少し雨が降った
外の水の音が変わったので、雨が強くなったのか?とベランダに出てみた
すぐ近くを流れる川の水の量が変わったので、音が変わったようだ

気付くと、川の中に小さな犬
初めは平坦な場所にいたのだけど、雨のせいか流れが強くなっていた
少し離れた所に飼い主がいた
飼い主の方へ歩き出した犬
川の流れが強くなったのに、大丈夫なの?
飼い主が迎えに行ってやればいいのに・・・と思っていたら
犬が流された
段々に流れる構造になっている川
上から落ちてくる水にアップアップの犬
それでも飼い主は動かない
時々顔を出していたが、だんだん潜っている時間が長くなる
溺れてるん違うの?と思ったが動かない飼い主

しばらくして、またベランダに出てみると
飼い主の隣に通りすがりの男性がいた
水の中に入った飼い主。高齢なのか水の流れに足元がおぼつかない
通りすがりの男性は飼い主が流されるのでは?と心配そう

その時はすでに犬の姿がなかった
飼い主は犬がアップアップしていた辺りを探すが見つからない
通りすがりの男性は犬を探し、下流へ走るが見つからず
飼い主は川から上がり、下流の方も探してみるが見つからない

akirame


その後、川を眺めながら帰っていった飼い主
もう少し早く川へ入っていれば助けられたはず
そうしなかったのは、飼い主自身が高齢なのかもしれない
家に帰って家族になんて話すのだろう?
家族は居るのだろうか?
そんなコトを考えた

以前、近くの川で雨の後、急な増水で子供達が亡くなる事故があった
それ以来、雨が降ると消防署やらパトカーが
急な増水の危険があるので、川に近づかないようにとスピーカーで呼びかけながら通るが
この場所はウォーキングをする人や水遊びをする人が多く
誰も耳を貸さない

この辺りの雨は強い物ではなかったけれど、上流の方は分からない
ちょっとした油断で事故は起こるんだなぁ

あの犬、いつかはどこかで見つかるんだろうか??
いつもの散歩のコースだったんだろうなぁ