3.猫のシャンプー

運営者情報
猫の毛質別に合わせたブラシングの方法やグルーミングの仕方などを書いています。
猫と一緒にブラシング♪トップ >  猫のシャンプー > 3.猫のシャンプー

3.猫のシャンプー

猫って、濡れるのが嫌いだから
いざシャンプーを始めると暴れたり・引っかいたり
途中で「イニャ〜」 ダッシュ!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ!と逃げたり
あたり一面水浸し。。。 何てことはしょっちゅう(ーー;)


シャンプが嫌な理由を聞いてみると
 ・シャワーの音
 ・長い時間、じっとしている事
 ・ドライヤーの大きな音  以上だそうです
ストレスを感じさせないように、手早くしなくては〜 (・◇・)ゞ

シャンプーされた後の猫はぐったりしているはず。
自分のニオイを付け戻すためのグルーミングが忙しいかも
半日以上はあまりかまわず、猫の好きにさせてネェ (。・m・)クス

予防注射の前後2週間
食後・少しでもいつもと違う、
と思われる体調変化がある時はシャンプー禁止だよ




★猫のシャンプーの手順
1.ぬらす
人肌程度のお湯で、お尻からソォーとお湯をかけ
全体をよく濡らす

顔に直接お湯をかけたり、耳の中に水を入れないようにネ


2.泡立てる
シャンプーを全体にまんべんなくかけて
毛の流れに沿って、首から下へマッサージするみたいに泡立てる

指先を立ててゴシゴシやると 痛がって逃げるよ
シッポは両手の平で包み込み、もむようにすればウンチもきれいに♪
顔周りは、シャンプーが目や耳に入らないように
片手で顔を固定させて、指で丁寧に
 (あごは、食べこぼしの汚れが付きやすいから忘れずに(☆゚∀゚)
指の間って、結構汚れがたまってバッチイ ヨ


3.すすぎ
シャンプーのすすぎ残しがあると皮膚病になる事もあるから
首から下に向って全体をしっかりすすいで下さい (人^ω^)

顔周りはシャワーではなく、スポンジなどを使って優しく
リンスは 時間を置かずに全体に馴染ませたらすぐ流してしまってOK
お腹側は結構すすぎ残す事があるから、
前足を持ち上げて「起立!」させた状態でシャワーを当てると上手く行くよ
それと、『わきの下』『内股』『おしり』もすすぐのを忘れないで〜〜

リンス
薄めて首の位置からかけて全体に馴染ませたら
すぐに流しましょう (・∀・)つ
時間を置くのは、猫にとっては負担だよ。


4.かわかす
すすぎ終えたらすぐにタオルでスッポリ包み、
水分をしっかり取ると同時に「えらかったネェ〜」安心させて♪

顔にドライアーを当てるのはNG! 目や鼻が乾くのを嫌がるよ
ドライヤーは 猫から見えないように後ろから使うと意外とジットしていてくれる
猫を触ってヒンヤリしていたら、乾いていない証拠
湿ったまんまですと、身体が冷えてしまうので『コーム・ピンブラシ』を使って根元まで乾かすようにしましょ~

ドライヤーは意外と温度が高くなるので
猫から20cmは離して使うようにネッ


★我が家の猫の場合
・長毛猫の場合 
Mixなんだけど、毛が長いので
耳の後ろやシッポが皮脂でベタついて、毛が束になって固まっていました
本来なら「スタッドテール」用のケアークリームが良いのですが
台所用の中性洗剤を薄めて、固まりをほぐし
シャンプーでしっかり洗い流しています。


ohuro

・短毛猫の場合
キッキ(老猫)はとにかくシャンプー嫌いなので
お湯でタオルを濡らし、軽く絞り全身をフキフキ♪ 

ホットタオルで拭くだけでも きれいになってるッス

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔