5.猫の歯磨き

運営者情報
猫の毛質別に合わせたブラシングの方法やグルーミングの仕方などを書いています。
猫と一緒にブラシング♪トップ >  猫の耳・歯・他のケアー > 5.猫の歯磨き

5.猫の歯磨き

猫って 虫歯にはならないから、
  歯磨きなんてイラナイよねと思ってました Σ(=゚ω゚=;)

でも、口内炎や歯垢がたまって、歯周病になってしまうんですって。

子猫(できれば2ヶ月ぐらいから)のうちから
口の中を触られることに慣れさせる。
指にガーゼを巻き付け、奥歯をキュキュと擦るといいです。


猫も7歳になってくると老化が始まってきます
毛がばさばさになったり
目や耳が遠くなり、味覚も衰える

特に【歯】
私達人間でさえ、
歯医者に行くのは・・・あまり好きでは無いですよネェ(^^;A)
猫にとっての歯の治療は、 全身麻酔 となるためにかなりの負担がかかります

・歯肉の炎症が進むと、歯がグラグラと動く・抜ける
・口を触られるといたがる
・「よだれ」が増えた
・ゴハンを食べるのに時間がかかる


↑のような症状、また、
 猫の口臭が『くさい!!』と顔をそむけたくなる場合は
 内臓疾患の疑いがあります。
 病院で診察を受けて見てください


★こんなグッズで歯磨きもアリ(・∀・)つ



Virbac 猫用酵素入りビルバックチュウ
食べやすいように小さく切って
おやつ感覚で食べさせると
歯垢と食べかすをもきれいに♪
  歯をきれいにします。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔