★自宅での猫のトリミング

運営者情報
猫の毛質別に合わせたブラシングの方法やグルーミングの仕方などを書いています。
猫と一緒にブラシング♪トップ > ★自宅での猫のトリミング
メニュー:★自宅での猫のトリミング:目次
  • 自宅で猫をトリミングする場合の注意
  • 猫の爪きり
  • 猫の爪きりはどれを選ぶか
  • 爪トギで困った
  • 猫のブラシング
  • 猫のブラシの種類
  • 短毛型猫のブラシ選び
  • 短毛ミッシリ型猫のブラシ選び
  • 長毛型猫のブラシ選び
  • 3.猫のシャンプー

自宅で猫をトリミングする場合の注意

猫はもともと飽きっぽいものです。
ケアーしている途中で「もう。イニャー!」と逃げ出したり・暴れたり。
それをムシして、続けているとケアー嫌いな猫になっってしまいますよ。


★猫の体調やご機嫌のよいときにケアーを行う。
★暴れたり・噛みついてきたらそこでヤメ!

 猫の方から、「またやってー♪」と近づいてきたときに続きをやりましょう。



◆ケアーの順番
1. 爪きり
 爪が伸びた状態で、ケアーを始めると
 あなたを 引っかく危険が。 あらかじめ切っておく。

  

2. ブラッシング
 猫が目を細めて気持ちが良さそうにしているくらいの力加減で。
 力を入れすぎたり、無理に毛玉を引っ張ると
 痛がってブラッシング嫌いになってしまいますのでご注意を


3. シャンプー
 長毛種の猫の場合は
 シャンプーする前に【スタッドテール】ケアーをしておく。


教授ネコ

4. 耳・目・歯・アゴのお手入れ
 猫自信では上手にケアー出来ない場所です。
 病気になっている場合もありますので、
 しっかりチェックしましょうね

 


猫の爪きり

kiki

猫の爪きりの仕方を説明するのに
撮影モデルが 逃げ隠れしてつかまらない!!
理由は、猫用お道具箱の中には
【イタイ事される道具がある】と覚えているからです

暴れるから、身まで切るんでしょ!
と言っても猫には通じないかぁ。。。(´−д−;`)
(←ママのせいで、爪きりが嫌いになった「キッキ君」)


伸びすぎた爪は、
何かに引っかかって折れたり、抜けてしまったりすることがあります。

ケガの防止と家具やフローリング等のキズの防止にもなるので、 
子猫の場合・・・7〜10日に1回
老猫の場合・・・2〜3週間に1回
は切ってやるのが理想ですね。



★猫の爪きりの仕方

1.猫をしっかり膝の上に抱き、
 爪切りをしたい指の肉球を押すとプニョ♪と爪が出てきます。

 そのときに、光に透かして見ると ”赤い筋が ”これが【神経と血管】
 これを切ると、『イタ〜イ!!』を覚えてしまい
 次からは切らせてくれなくなるので注意してくださいね。



2.最初は、プニョ♪と出てきた爪の【白い部分の先っちょ】
 ほんの少しを切るだけでOK!
 次ぎはもう少し深めに。 徐々に深く切るようにすれば、
 猫も、あなたも 爪切りになれて、痛い思いをしなくなるですよ (^∀^)




猫が押さえつけられるのを嫌って、身体をよじって逃げようとする場合は
ムリにやり続けると、引っかく・噛みつくのでこれまた注意です。

私の場合は、四肢の全部の爪を一度に切ろうとしないで、
今日は右の前の足だけ・・・明日は左前足、と時間差で攻めてます。

子猫の場合は
「寝ている間にそぉ〜〜っと1本ずつ」というのもアリかなぁ。(⌒∇⌒)


また、友人の場合は
猫の首から下をバスタオルですっぽりくるみ、
 1本ずつ手を出して切ってるよ と言ってました♪




猫の爪きりはどれを選ぶか

猫の爪きりには、大きく分けて「ギロチン型」と「ハサミ型」があります
さてさて、どちらの方が使いやすいのでしょか?




ハサミ型は、細かい調節がつけにくく、
刃の間のどこで切れるかわかりづらい。


ヘタすると、神経や血管まで切ってしまい、
猫が「痛い!」を覚えてしまうと
次からは、爪きりを見るだけで逃げる事になってしまう。





ギロチン型は爪きりを握ったときに、動く刃の方を上に持ち、
下から爪きりを入れて、
引っかかった部分だけを「プチン」と切ればOK!


ミリ単位で調節つけれますので、最初はほんの少しから始め、
慣れてきたら血管や神経を切らない程度に深爪することも可能です



見た目には「ハサミ型」の方が使いやすそうですが
猫の爪は丸っこく曲がっていますね。

猫の手を血まみれにしたくないから
私は、猫の爪きりには『ギロチン型』をお勧めしまーす^^





爪トギで困った

★★せっかく買ってあげた爪とぎ器は使ってくれないのに
タンスや柱でバリバリと爪とぎをやってませんか??



叩いても・大声で叱っても 『プイ!』
とソッポ゚向くだけでやめてはくれません。

これ、結構ムカつくんですよね (`ε´)ぶーぶー


ネコの爪とぎは、古い爪をはがす目的と【ここはボクの縄張りだぞ〜】
というマーキングの意味もあります。

ですから、爪とぎ自体を辞めさせる事は出来ません。

タンスや柱での爪とぎをやめさせるのではなく
飼い主である私達が 『爪とぎ器』 を使うように工夫して、
大切な家具への被害を減らすしかないみたいですね (-д-)ノ


1.「爪とぎ器」を、立てたり・寝せて見たり別の物を用意したり、
 いくつか試して見る。

2.いつも爪トギをしている場所に、「爪とぎ器」を置く

3.買ったばかりの「爪とぎ器」を警戒する場合、
 あなたも一緒に爪トギのマネをする^^;
 というか、ニャンコの手を取って爪とぎのマネをさせる




★2ニャンズの場合

itazura5カーテンによじ登ったり
ソファーでバリバリ。よく爪とぎをやってました
しかっても、新しい物に変えても同じ事!!
(#`皿´) ムキーーーー!


ある時、爪とぎ器に 古いカーテンの端切れ巻き付けて見ると
不思議な事に爪とぎ器でおとなしくやってくれるようになりましたヾ(=^▽^=)ノ


 




猫のブラシング

★ ブラシングのコツ 

猫ってもともと飽きっぽいのでブラッシングの途中で「もう、い〜〜」
と暴れだしたり噛みついたりするときは、そこでヤメ!

もう少しだからと、しつこくやると猫がブラッシング嫌いになったり
あなたのことを、嫌いになってしまうかもぉ〜 (⌒〜⌒)


一気に全身を終わらせようとせずに
今回は右側・わき腹だけ、次は左側・わき腹 ⇒ おなか
と言うように分けてやる方がいいみたい。

猫が気持ちがいいニャーという力加減で、ご機嫌を伺いながらやってね (*゚▽゚*)


あ!スプレーを使う場合は、猫に直接シューとすると
ビックリするので手やブラシ(スリッカー)に付けてからダヨ 




★ 猫のブラシングの手順 

1.いきなりブラッシングをすると嫌がるので話しかけながら
「手やラバーブラシ」で顔周りや耳の後ろをナデナデ♪

‡毛を掻き分けて、ノミ・ダニがいないかのチェックを!
黒いツブツブの汚れがあるとノミがいる証拠。


2.ご機嫌よさそうだったら(^^;)「コーム」で毛並みに従って
【首から背骨】⇒ わき腹方向 ⇒ おしりや後ろ足 ⇒ ひっくり返しておなか側 ととかしてあげる

‡おなか側を嫌がる場合は 途中でヤメ


3.身体についた抜け毛をそのままにしておくと猫が舐めて飲み込んでしまうので、
「ラバーブラシ」で整えて終了♪

‡胃の中で固まって吐き出されないと【毛球症】と言う病気になる




★ 長毛猫さんへ

◎ 毛玉
耳の付け根・首・わきの下・内股は とにかく毛玉が出来やすい(><)
カチコチの固まりになる前に、指でほぐしてコームの先などで丁寧にとかしてネ
ムリに引っ張って、「痛い!!」を覚えさせないように〜

ガンコな塊は ハサミで切る!

毛玉だけを持ってブチと切ると・・・ブサイクになるから
皮膚に対して縦方向に切ったほうが身体を傷つける心配もなくGOO♪


◎ スタッドテール
おしりに近いシッポの上の方はベタベタと脂っぽく汚れやすいので、
パウダーをときこんだり・シャンプーが必要です

シッポを手のひらに乗せ、毛の流にそってとかす
 ⇒ 逆毛を立てるように流とは逆に ⇒ 最後は左右に分けてとかすとゴージャスな仕上がりに♪




★ ブラシを嫌がる子へ

◎ 簡単、ハンドタオリング
1.水(ブラッシングスプレー)で手のひらをたっぷり湿らせる
2.指を広げて、毛の流とは逆にナデナデ♪
3.手に付いた毛を洗い流しながら、毛の流に沿ってナデナデ。 終了です^^;

 

面白いほど毛が付くけど
手が毛だらけになるのはイヤだなぁ〜 と言う方は
グルーミンググローブやウエットタオルを使用するといいよ




猫のブラシの種類

ブラシングをすると言ってもたくさんのブラシがあって、
どれを使えばいいのか?? ですね。。。(*´Д`*)



【コーム】

・毛と毛のもつれをほどいたり
・ノミ、ダニのチェック
・グルーミングが終わった後の仕上げにも使う

どんな種類の猫にも使えるので
1つ持っている方がいいヨ (・∀・)


【ラバーブラシ】

皮膚をマッサージ・抜けた毛を取り除くのにも効果があります。
グルーミングの最初や終わりに使うと良いでしょう。


【ブリストルブラシ】

動物・人間などの天然毛ブラシで
毛つやをよくする効果があります。
毛と毛の間隔の違いや毛の長さなどの違いでいろいろな種類が用意されていて、
毛が硬い猫には、ブラシの毛も硬いもの
長毛種の猫には、毛と毛が密集していない、長めの毛のブラシを選ぶと良いでしょう。


【ピンブラシ】

・ピンの先がゴムになっているもの
・ピンの先が尖ったもの、丸いもの
・柔らかいピン、ピンの先にゴムがついているものなどの種類があります。

中毛〜長毛種で巻き毛、モジャモジャした子には
毛玉をほぐすために必需品です。


【スリッカーブラシ】

絡まった毛や固まった毛などを取り除くのに大変便利♪
細い針金がいっぱい生えてるようなスリッカーブラシは、
誤った使い方をすると、皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

卓球のラケットを持つようにもち、
手首を使ってスリッカー全部を使うような感じで
皮膚と平行にあたるようにブラッシングしましょう。


【グルーミングスプレー】

おもに長毛種猫さんに使い
毛玉をほぐすときにおこる静電気を防止したり毛つやを出す。

ドライヤーの熱から被毛を守ったりしてくれます。

 



短毛型猫のブラシ選び

短毛スムース型

neko7


・日本猫・ミックス
・シャム
・アビシニアン など

短い毛でアンダーコートも少なく、抜け毛も少ないので、
【コームとラバーブラシ】で週に1回ぐらいはお手入れを〜♪
ブラシを嫌がるようだったら【ハンドタオリング】でもOK



★ ブラシングのコツ
 

1.頭からしっぽに向かって細目のコームでとかし、
  ノミやノミの糞がないかもチェック。

 

2.次に固めのブラシで毛の流れに沿ってブラッシング。
  仕上げにラバーブラシを使うと、
  表面に浮いた抜け毛が効果的にとれます。

 

3.ハンドタオリングをやるときに、自分の手を濡らしてやってたけど、
  手が毛だらけになるのがイヤな方には、
こんなグッズもあるんです (☆゚∀゚)




短毛ミッシリ型猫
c

・アメリカン ショートヘヤー 
・ロシアンブルー など

触るとフンワリ柔らか♪
【コーム・ピンブラシ】で毎日、短時間でも良いのでお手入れが必要です♪

抜け毛が目立つようでしたら、サットとかすだけでかなり抜け毛が取れるこういうのもあった方が^^;

【ピンブラシ】
ラバークッションと先丸ピンが
皮膚をいためることなく安心です。

【艶出しブラシ】
コームでお手入れをした後の艶出しは、これ♪
急いでブラッシングすると、ポーンと飛んで行っちゃうけど
覆い持っていれば、ブラシへの恐怖心も少ないみたい



短毛ミッシリ型猫のブラシ選び

短毛ミッシリ型猫
c ・アメリカン ショートヘヤー 
・ロシアンブルー など

 

触るとフンワリ柔らか♪
【コーム・ピンブラシ】で毎日、短時間でも良いのでお手入れが必要です♪

あ! ピンブラシは、先がとがったのよりも丸いほうがオススメ!
豚毛ブラシも使いやすいよ(・◇・)ゞ

 

  【72%オフ】【セール】ファーバスター Cat【税込1950円以上で送料無料】【在庫限り】

超・目玉!! 在庫限りだけどすごく格安!
前もって毛玉やもつれをほぐしておいて、
サットとかすだけでかなり抜け毛が取れる。
力を入れて地肌をこすると怪我してしまうので注意が必要です。

   【10P24feb10】 ヤマヒサ ピンブラシ L

ラバークッションと先丸ピンが
皮膚をいためることなく安心です。(=^・^=) 
  HB−70 木製小判型ツヤ出しブラシ S【税込1950円以上で送料無料】

コームでお手入れをした後の艶出しは、これ♪
急いでブラッシングすると、ポーンと飛んで行っちゃうけど
覆い持っていれば、ブラシへの恐怖心も少ないみたい
(⌒-⌒)

 

★ ブラシングのコツは「短毛種」の場合と同じッス (^∀^)

 



長毛型猫のブラシ選び

長毛セミロング型猫
MaineCoon ・メインクーン
・ソマリ など

 

チンチラなどと比べると、少しだけ毛質にコシがある子。
抜け毛もかなり多めで、お手入れは毎日必要です。

特に、耳の後ろ・脇の下・シッポの付け根・内股は毛玉になりやすので、
【コーム】で全体のもつれをほぐしてから。
しつこいもつれ毛には【ピンブラシ・スリッカー】で丁寧にほぐしてネ
ガンコな毛玉は、ハサミで切るしかないっす (゚皿゚メ)

 

長毛絹毛型猫
chinchira ・ペルシャ 
・チンチラ など

 

細く長く柔らかい上に、抜け毛がフワフワと舞いやすい
お手入れに一番手がかかる子^^;

毎日、欠かさずお手入れが必要となるので
子供の頃からブラッシングをする事に馴れさせルことが大事です

 

  【痛くないラバーブラシ(長毛)】長い毛の猫ちゃん用です。毎日のお手入れにきっと役に立ちま...

長毛猫にも やっぱりオススメ ヾ(=^▽^=)ノ  
  【72%オフ】【セール】ファーバスター Cat【税込1950円以上で送料無料】【在庫限り】

超・目玉!! 在庫限りだけどすごく格安!
前もって毛玉やもつれをほぐしておいて、
サットとかすだけでかなり抜け毛ガ取れる。

力を入れて地肌をこすると怪我してしまうので注意が必要です。

毛玉取りコーム・刃付・ミニサイズ半額セール

頑固な毛玉も簡単に取れる刃付きの毛玉取り専用櫛。
チョピット重いけど使い易く簡単に毛玉が取れました。

もつれ取りに最適!人間工学から生まれた手の負担を軽減するエルゴノミック・スリッカーブラシS...

持ち手が握りやすいのでもつれ毛をほぐすのに疲れにくい♪
スリッカーの角も丸くなってるので、
猫にぶつかっても痛くなーい(^∀^)

  ホームビューティー犬猫用 両目グシ S【税込1950円以上で送料無料】

市販のコームの中では珍しく『ピンの先が丸い』
目が粗いのと細かいのがあるから
顔周りのブラッシングや毛玉カットするのに便利だよ♪

  APDC グルーミングスプレー

あるとすごく便利♪
ブラシングするときにシュー♪とするだけで
毛艶はよくなるし
アロマの臭いが、心地よく
猫(犬)独特の臭いがなくなってお気に入りでッス

 

★ブラシングのコツ
この種の猫さん達は
絹のように細く、毛がもつれて毛玉ができやすいですね。
とかしにくいお腹や内股は、猫を仰向けにしてとかすのがコツ。(・◇・)ゞ

 

毛先がとけていても、根元のほうが固まっていることがあるので、
コームがスムーズに通るまでとかします。

無理にほぐそうとすると、猫はとても痛がるので、
決して無理に引っ張ったりしないでください。

 

毛玉が大きくなり、フェルト状に固まってしまった場合は、
猫の皮膚を傷つけないように注意しながら、ハサミやバリカンでカット。

自宅でできない場合は、
トリミングサロンなどでケアをしてもらうとよいでしょう。

 

ガチガチに固まってかなりひどくなった場合は、
全身麻酔をしてバリカンで刈らなければならないこともあります。

毛玉は、皮膚炎などの原因にもなりますので、
毎日のブラッシングでしっかりケアしていきましょうね。(。・ω・)ノ゙

 



3.猫のシャンプー

猫って、濡れるのが嫌いだから
いざシャンプーを始めると暴れたり・引っかいたり
途中で「イニャ〜」 ダッシュ!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ!と逃げたり
あたり一面水浸し。。。 何てことはしょっちゅう(ーー;)


シャンプが嫌な理由を聞いてみると
 ・シャワーの音
 ・長い時間、じっとしている事
 ・ドライヤーの大きな音  以上だそうです
ストレスを感じさせないように、手早くしなくては〜 (・◇・)ゞ

シャンプーされた後の猫はぐったりしているはず。
自分のニオイを付け戻すためのグルーミングが忙しいかも
半日以上はあまりかまわず、猫の好きにさせてネェ (。・m・)クス

予防注射の前後2週間
食後・少しでもいつもと違う、
と思われる体調変化がある時はシャンプー禁止だよ




★猫のシャンプーの手順
1.ぬらす
人肌程度のお湯で、お尻からソォーとお湯をかけ
全体をよく濡らす

顔に直接お湯をかけたり、耳の中に水を入れないようにネ


2.泡立てる
シャンプーを全体にまんべんなくかけて
毛の流れに沿って、首から下へマッサージするみたいに泡立てる

指先を立ててゴシゴシやると 痛がって逃げるよ
シッポは両手の平で包み込み、もむようにすればウンチもきれいに♪
顔周りは、シャンプーが目や耳に入らないように
片手で顔を固定させて、指で丁寧に
 (あごは、食べこぼしの汚れが付きやすいから忘れずに(☆゚∀゚)
指の間って、結構汚れがたまってバッチイ ヨ


3.すすぎ
シャンプーのすすぎ残しがあると皮膚病になる事もあるから
首から下に向って全体をしっかりすすいで下さい (人^ω^)

顔周りはシャワーではなく、スポンジなどを使って優しく
リンスは 時間を置かずに全体に馴染ませたらすぐ流してしまってOK
お腹側は結構すすぎ残す事があるから、
前足を持ち上げて「起立!」させた状態でシャワーを当てると上手く行くよ
それと、『わきの下』『内股』『おしり』もすすぐのを忘れないで〜〜

リンス
薄めて首の位置からかけて全体に馴染ませたら
すぐに流しましょう (・∀・)つ
時間を置くのは、猫にとっては負担だよ。


4.かわかす
すすぎ終えたらすぐにタオルでスッポリ包み、
水分をしっかり取ると同時に「えらかったネェ〜」安心させて♪

顔にドライアーを当てるのはNG! 目や鼻が乾くのを嫌がるよ
ドライヤーは 猫から見えないように後ろから使うと意外とジットしていてくれる
猫を触ってヒンヤリしていたら、乾いていない証拠
湿ったまんまですと、身体が冷えてしまうので『コーム・ピンブラシ』を使って根元まで乾かすようにしましょ~

ドライヤーは意外と温度が高くなるので
猫から20cmは離して使うようにネッ


★我が家の猫の場合
・長毛猫の場合 
Mixなんだけど、毛が長いので
耳の後ろやシッポが皮脂でベタついて、毛が束になって固まっていました
本来なら「スタッドテール」用のケアークリームが良いのですが
台所用の中性洗剤を薄めて、固まりをほぐし
シャンプーでしっかり洗い流しています。


ohuro

・短毛猫の場合
キッキ(老猫)はとにかくシャンプー嫌いなので
お湯でタオルを濡らし、軽く絞り全身をフキフキ♪ 

ホットタオルで拭くだけでも きれいになってるッス