先日、証券口座を開く際に必ず聞かれる「特定口座」と「一般口座」、さらには「源泉徴収のあるなし」について質問を受けました。

「どれが一番いいんでしょう?みなさんどれを使ってるんでしょう?」といった質問です。

結論としては「特定口座の源泉徴収を利用してる人が多いです。」

一般口座とか特定口座の話は、納税にかかわる話です。納税ということは所得に対して税金が課されますよね?でも株の売買してて自分でひとつひとつの株利益について所得計算するのは大変なことです。

特定口座はそうした投資家の手間を省くために証券会社のほうが計算をしてくれるからとっても楽ですね。

そもそもなんで一つ一つの取引に対して、こんなこといちいちやらないといけないかというと、株の納税については「年間取引報告書」ってやつを書け〜!って国から頼まれてるんです。そういうルールなんです。

つまり、一般口座とか特定口座の違いはこの報告書を自分でまとめるのか?証券会社がまとめるのかの違いです


で、源泉徴収ありなしについてですが、これは、株で利益を出した時点で税金を払うのか?それとも確定申告しにいって納税するのかです。「あり」の場合は証券会社がそのつど税金払ってくれます。

源泉徴収なしの場合は、確定申告だから後でひとまとめにして税金を払うので、投資に回せる資金が多くなります。これが源泉徴収なしのメリット。だってそのつど税金取られたら、そのつどちょっとずつ減っていっちゃいます。株やってる当の本人としては「ちくしょ〜毎回毎回勝手に引きやがって〜ちょっとずつ減ってくじゃないか!!怒」ってことになります。


次に、確定申告がキーワードになりますが、確定申告の場合、扶養からはずれるという問題があるんです!これが一番大きいです。

配偶者が株をやって儲ける、子供が株で儲ける・・・その儲けた額が大きいと扶養から外れて税金が高くなる可能性があります。源泉徴収ありなら、たとえ、奥さんや子供が儲けても税金の面で有利です。

つまり、腕に自信があって、「この息子只者ではない・・・」という子供さんがいる場合は源泉徴収ありにしてください。


じゃあ源泉徴収ナシにはメリットないの〜?って感じですが、これはさっきと逆に、腕に自信が無くそんなに儲ける自信がない人にオススメです。


前提として、株の利益が20万円以下の場合、税金払う必要ありません。でも源泉徴収ありだと勝手にそのつど利益が出たら税金としてもっていかれます・・・つまり、20万まで儲けられない人にとっては税金の取られ損がでてきます。簡単にいって、家族そろって株に自信がある場合は源泉徴収ありで自信ない人は源泉徴収なしのほうがいいという区別になりますね。

人気株ランキングです

初心者から始める株取引入門に戻る