ローリングサンダー杉山

ひっそりブログ名変更。雷神ドンナーのように、今日も怒りの雷撃を放ってスッキリするぜ!!

名言を吐く:ビンボー人は生活に追われて忙しい。金持ちは金をひろうのに忙しい。

もうなんて言うか、
金持ちって、ホントに金のニワトリが産んだタマゴをひろうのに忙しい感じなんだろうな? と思った。

「オズの魔法使い」みたいに、黄金の道が見えてる、というか、ビンボー人には見えないもの
が見えている、と思う。

名言を吐く:カッコイイことを言うには、カッコ良くないと恥ずかしい

ジジイとか、きもいオッサンがカッコイイことを言っても、つらいw

ケネディとか、オバマが言うと「おおっ!」ってなったが、

トランプが何か言っても、「髪型がダサいのに、何言ってんの?」
って反発したくなる。

北の将軍様がミサイル、とか言っても「髪型がダサいのに、何言ってんの?」
って反発したくなる。北の国民は、ホントウに将軍様のことをカッコイイと思って
いるのか?

北もアメリカも「髪型がダサい」で一緒だろ? 仲良くしろや、って感じ。

名言を吐く:発明しなくても、もうタイムマシンはあります。

そういえば、タイムマシンはもうあるし、もう乗ってるわ。
制限のあるやつに。
1)遅い。一年かかって一年しか進まない。
2)未来へは行けるけど、過去へは行けない。
3)未来へ行くのに一瞬じゃないから、歳をとっちゃう。

ダセぇなw タイムスリップしたいな。時をかけるオッサンw

名言を吐く:人々が欲している物作んないで、自分が好きなもの作っちゃう=ビンボー人

人々が欲している物作んないで、自分が好きなもの作っちゃう=ビンボー人

ゴッホなんて、生前は5点くらいしか売れてない。しかも買ったのがテオ(弟)とかw
当然ビンボー人。

だから、ラノベを例に取れば、素直に「異世界転生物」書いとけば、ビジネスチャンスが
ある。つまり、ネタがかぶってても、まだ需要がありそう。

だけど、自分の好きな物を世に出す=ギャンブル なんだよなw

基本的に、世の中「錯覚」です。「才能など幻想」 なんです。

例えば、人間全員に、野球の才能があったら大変なことになると思う。
つまんなくて、野球というスポーツは無くなるだろう。

アフリカの草原に、ライオンしかいなかったら、ライオンは絶滅だ。

世の中が全部スティーブ・ジョブスだったら、ケンカしすぎて、何もできないだろう。

だから貴重なんだな。貴重だから手に入れたくなる。

でも、凡人が一番、楽。気にくわなければ文句言ってればいいんだからね。
「うまい」とか「まずい」とか「ふつう」とかね。
そういう、凡人の意見で、世の中動いているからね。

名言を吐く:書いてない駄作の事で悩み、書き終わったら名作じゃないかと錯覚する

昔から、「新人賞」とか興味がある。
今月は、雨が続き外へ出れなかったもので、

「若者が書くという、ラノベをオッサンも書いてみむとてすなり」by土佐日記
みたいな気分になった。

まぁ結果的に「才能がすべて」だな。凡人には書けません。

はい、以下のような理由です。

「書いてない駄作の事で悩み、書き終わったら名作じゃないかと錯覚する」

結局、永久に書き終わらないんですw 雑念が多くてw

駄作でも何でも、一つ最後までできたらエライです。

才能があれば、「とにかく量産できて、やがて質が上がる」 というグラフを描く
のだろうけれど、凡人はそんな曲線描きません。

以上です。

超簡単なライトノベルの書き方−中高生むけ?

大体、物語は 「うまくいかない事を解決する」 がテーマな訳でして。

まず、「うまくいかない」のスケールと世界感な。

「うまくいかない」は、世の中とか政治とかを考えるよりも、
「身近な悩み」が一番設定しやすい。「自分の悩み」なら、すぐ書けるでしょ?

で「どうしたらいいの?」と考えてみよう。

SFなら、主人公になったつもりで、宇宙船で逃げるとか、ライトセイバーで戦うとか、
世界感に合わせて考えよう。

例1)ダースベーダーがデススターを起動すると、星が一個なくなっちゃうよー
   =>どうしたらいいの?

例2)地位も金もなくて、オッサンになってしまったよー=>どうしたらいいの?

例3)もう、一生女にもてないよー=>どうしたらいいの?

例4)クリスマスの夜、ナカトミビルがテロリストに占拠されちゃったよー
   =>どうしたらいいの?

例5)うちはビンボーだし、オヤジはビフに頭が上がらないし、車が壊れて
   デートに行けないよー=>どうしたらいいの?

はい。つまり、例2) と 例3) の場合、「いまさら無理じゃん。じゃ、もう、死んだら?」
と言いたくなります。

例1)は、頑張ってベーダーを倒せば? と言いたくなりますし、
例4)は、頑張ってテロリスト倒せば? と言いたくなります。
また、例5)は、過去まで行かなくとも、なんとか車を借りてデートに行けば解決できそうです。

うん。「死ねよ=>転生したら逆転したぁ!!」って、アホでも思いつきます。

あとは根性で文字を羅列しかないよね。いいんじゃない。これで「なろう」に投稿できますね。
簡単なライトノベルの書き方、でした。
 
うーん。でも転生したら解決するのは安易過ぎなんだよなぁ。
糞みたいな配牌でも生きなきゃならないのが、リアルな人生なんだけどなぁ。

それにしても、例2) と 例3) って ベーダーやテロリストを倒す方が簡単なんじゃないか?
と思うほど、転生以外の解決策が思い浮かばねぇわw 
やっぱ、死んで、転生に賭けるしかないよね。

メシを食いながらテレビを見れなくなった理由

昔は、夕メシを食いながらテレビを見ていた。
最近はダメ。
理由が判明。

1)バラエティ番組をほとんど見ない。
  ドリフとかひょうきん族とか見てたけど、見ないなぁ。つまんねぇもんw 何もかもw
  マツコデラックスとか、映るだけで不快。

2)ドラマを見ない。ホントつまんねぇw なんだろう? 
 武田鉄矢の「刑事物語」なら、ドラマ化したら見ないでもない。

3)アニメも見ない。何もすることが無い程暇なときの、最後の切り札。

4)映画を見ない。逆に面白い映画だったら集中するので、メシを食いながら見れない。

5)「水戸黄門」が無い。ながらテレビには水戸黄門が最適。やってない。
 十月からのお楽しみ。

歳をとると「珍しい見世物」がなくなるから、若いときは沢山テレビを見るのかもな。

「座頭市物語」にはまる

主題歌「おてんとさん」にはまる。

歌詞が深い。深すぎる…。

凄い作詞家だ。

めんない烏、めんない千鳥 この歳になって初めて「めんない」の意味が
分かったw

ネット社会バンザイ!!

勝新太郎、裕次郎、ひばり、みんな若くして死んじゃった。惜しい…。

匹敵する人が、俺の人生には二度と現れない気がする。

この俺が、甲子園球児に涙するだと!? バカな!?

岡山の高校。

幼稚園時代からの幼なじみ(男同士)。

中学時代は、バッテリーを組んでいたが、高校で別になる。

ピッチャーの方は、岡山代表で甲子園出場が 3回。

キャッチャーの方が今回初めて、岡山県大会で、相方の高校を破り、
初出場。

キャッチャーの方は、相方のバットを預かり、甲子園に臨んだが…。

ああ、ノーヒット。福島の高校に 6−0 で敗れる。

高三だから最後の甲子園。

ドラマだなぁ。いい人が、勝って欲しい人が、勝つとは限らない。
スポーツって残酷です。

オッサン or ジジイになってからは、何を始めても見苦しい

「山川の日本史」みたいな本を、本屋で見かけた。

懐かしい。昔は日本史が嫌いだったが、現在は興味があるので、読みたい。

しかし、オッサンになってからの勉強は、ムダムダムダムダァーー!!

中高生くらいならば、
「勉強したくなった=>良い大学=>優良企業=>良い生活」
と良い方向に人生が転換するのだが、オッサンの勉強は無意味。

老化防止にしかならん。

オッサンのステージは、「若いとき勉強した成果を社会で発揮する」状況
なのであって、オッサンの勉強は、即有効なものではない。
取っただけの資格、すなわちペーパードライバーのようなもの。

ま、知的好奇心を満たすのは良いんじゃね? って事で。

オッサンになってからのスポーツも見苦しいなぁ。

でも、スポーツの場合は見苦しいのを我慢すれば、健康的ではあるわな。

ジジイのスポーツは危険ですらある。

テニスをしている初心者ジジイを見ると、「止めとけ! 体を壊すぞ!」
と言いたくなる。

歳をとり、若いときに鍛えた動作(芸)にさらに磨きがかかる。
無駄な力が抜けて、ステキ。は非常に理解できるが、

初心者ジジイの動きは、間接やら筋肉の動作が、見苦しいを通り越して
惨たらしいのだ。無駄な動きが多すぎて、体を壊しているようにしか見えぬ。

自分で言っといて名言だと思うが、歳を取るということは「磨きを掛ける」
ということであって、新しいことを始めるには、遅すぎる。

人間の可能性は、歳を取ってからも無限。なぞと言うようなヤツは、
信用ならん。ウソつきだ。

名言を吐く:満員電車が嫌なら、ロールスロイスに乗ればいいのに

「満員電車が嫌なら、ロールスロイスに乗ればいいのに」

アントワネット様が言いそうな名言w

満員電車ねぇ。
肩がぶつかったとか、足踏まれたとか、コロコロがうざいとか。
座ってるヤツはいいよなー、とか。
ホント、生存競争です。「蜘蛛の糸」に出てくる血の池です。

ここで言いたいのは、ロールスが無理、という事ではなく、「発送の転換がいいよね」
って事。アントワネット様のセンスはいいと思います。

通勤がロールスだったら、ホント世界が違うでしょう。
そういう世界が体験できたらな、と憧れます。

「蜘蛛の糸」に出てくる血の池に漬かっているならば、脱出したいです。

蜘蛛の命を助けたら、お釈迦様がロールスをくださるかもしれません。
そりゃ、変な宗教だw

名言を吐く:小さな穴から覗いてるよねー

なんか、アフォリズムというか、自分で思いついた名言をストックして行くw

「小さな穴から覗いて、世界全体が分かった感じになってる」

そうね。旅行もあんましないし、心も狭いし、ホント、狭い人間ですわ。すんません。
記事検索
猫温度計
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ